ワゴン王

基本的に新幹線は嫌いだ。いや、正確に言うと新幹線は好きだが、「東京~名古屋」間がだるくて何とも落ち着かない。
で、結局どうなるかというと、「寝る」か「酒を飲む」しかないのだ。
ま、この時点で「それは自分だけの理論じゃないかよ」と瞬時に感じ、「その後の展開が読めるわ」と思った方は、その客観的に物事を見る素質を大切にしていただきたい。その通り

私は通称「ワゴン王」と呼ばれる。
新幹線に乗る前、500mlと350mlのビールに「干し貝柱」の定番アイテムを買い込む。350ml2本でもなく500mlだけでもないのは、この量を飲み終わる頃にだいたい車内販売がやってくるからだ。継続してビールを補給するための生活の知恵だ。

車内販売のワゴンでは、ビールは1本ずつしか買わないため(もともとあまり冷えていないからまとめて買うと苦痛な試練になる)、ワゴンがくるたびに止めてはビールを買うというスタイルになってしまった。たちの悪いおっさんこの上ない

# by nonbe-cclass | 2005-11-03 08:45 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

ミヤンマービール

火曜日、東京は成城で仕事だった。東京についてからも結構な距離があるので驚いた。

帰り、新宿で切符を買い東京駅まで出たが、少しだけ時間があったのでスタバのような感じの店に入った。はなから酒を飲むつもりでいるのに、だ。・・が、メニューをみると、ビールの中に「ミヤンマービール」というのがあったので、他には目もくれず、それを注文した。

「333(バーバーバー)」(ベトナム)「シンハ」(タイ)など、アジア系のビールは何種類か飲んだことはあるが、国名そのものじゃないかの「ミヤンマービール」は初めてだった。少し、フルーティな感じがするが、酒飲みには嫌味やクセのない味わいなので、これは美味かった。

おかげで、新幹線内での本呑みの食前酒ならぬ呑前酒になった。

# by nonbe-cclass | 2005-11-02 21:57 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

千鳥足だと・・

新梅田食堂街の中では老舗『味楽』は昭和24年創業だ。食堂街の中でもいい雰囲気を醸し出している店構えだ。

カウンター席について顔を上げると、「そんなにびっしり細かくお品書きを書くならもっと大きなホワイトボードにしなさいよ」と思うくらい、びっしりとメニューが書かれたボードが目に入る。じ~っとみていると絵が浮かんできそうだ

旬のものも色々と扱っているが、安いのが有難い。
こういう雰囲気のところでは、何故かサバ生ずし(880円←これ結構いい値段)が食べたくなる。
他で食べる生ずしよりも酢が利きすぎていないので、とてもあっさりと味わえる。美味い。
黒豆の枝豆(480円)あたりもお手軽一品にしては、味に香ばしさよく出てて良かった。

新梅田食堂街はトイレが店舗内に無くフロア内にあるため、いちいち出て行かなければならない。
一緒に行ったイニシャルTは、途中「絶好調な千鳥足」から「不安を感じる千鳥足」になって、トイレからなかなか戻ってこなかった。食堂街は一見迷路のようになってそうだが、そんなに複雑ではないのだが・・
2度目にトイレに立ったイニシャルTを気にかけて、店のお母さんは、「お店はここだよ~」と言わんばかりに、ずっと店から顔を出してイニシャルT待ってくれていた

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味楽
場所:大阪市北区角田町9-25(新梅田食道街)
電話:06-6313-4461
営業:17:00~23:00 日休

# by nonbe-cclass | 2005-11-01 09:23 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)