塚本の焼肉「安来」

塚本に美味しい焼肉のお店ありますねん~
以前からその話を聞いていて、ようやく来ることができた。

JR塚本駅の北側、淀川通りを跨いだ少し先。
焼肉・ホルモン「安来」だ。
わ~、めちゃ好きな雰囲気やわぁ。これぞ正統派、まちなかにある地元焼肉屋さんだ。

e0173645_11065175.jpg

店内も昭和ムードたっぷり。ピンクの電話をはじめ、老舗の貫禄に妙に落ち着かされる。カウンター席とテーブル席があり、20人ほどのキャパかしら。お肉はガスで焼くタイプのなので、要所要所にコンロが用意されている。

e0173645_11065409.jpg

生ビール(600円)をもらって、と。
基本的な部位は一通りある感じで、全体的に良心的な価格だと思うよ。

まずは、塩タン(1100円)。
どのお店でも最初、塩タンから発注することがほとんどなんだけど、その塩タンのクオリティで、そのお店の良さを計るところがどこかにあったりするんだよな・・・最初に冷凍もんで出てきた時のショックっていったらないからなぁ。
いやぁ、いいタンが出てきたなぁ。食べる前から美味いやつやん。

e0173645_11065759.jpg

あ、おいしー
こりこり食感はもちろんなんだけど、このしなやかさと、噛むほどに旨みが広がるのがたまらんわね。これええわー

タンがこの感じだと、間違いなくツラミが美味いんじゃないか・・・間髪入れず、ツラ(780円)も塩で発注。
やっぱり正解だわ。ツラミじゃないようなきれいなビジュアル。この塩胡椒な感じも含めて、完全に酒の肴でいけそうだな。
うん、ツラミのもつ歯ごたえをそこそこに、噛むほどにじゅじゅわ旨みがほとばしる。ウメー、こりゃいくらでも食べれるな。

e0173645_11070152.jpg

タレで、上ロース(1250円)、ハラミ(980円)、バラ(980円)を。
上ロースがこれまた柔らかいこと。ここの漬けダレはこってり濃い目なんだけど、これとの相性がよくて、がっつり焼肉食べてます感があるね~
ハラミも食感がたまらんわ。

e0173645_11065998.jpg

食べてる途中に、この後にもう1軒行くことが判明。おいおい、がっつり食べちゃってるよ・・・いや、でも美味しい焼肉だったなぁ。
また来たくなるお店だな。気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:安来
場所:大阪市淀川区塚本4丁目5-18
電話:06-6308-4550

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-11-06 21:58 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

蛍池のオイスターバー「OYSTER HOUSE kai」 oishii

前から気になって行きたいなーと思っていたんだけど、ようやく、ランチでおじゃまする機会がやってきた。
阪急蛍池にある「OYSTER HOUSE kai」だ。
駅の東側、国道176号線をはさんだ向かい側、交番前交差点の路地を入ったところにある。カフェのような明るくキュートな感じが、入りやすい雰囲気をつくってるよね~

e0173645_12373482.jpg
e0173645_12373783.jpg

「OYSTER HOUSE」とはあるんだけど、牡蠣だけでなく、イタリアンをはじめ欧風料理が楽しめるお店なんだよね。カフェを思わせる外観に、店内もシンプルながらお洒落な空間が奥へと続く。

今回はランチで。
ここのランチがまたいいわけ。3種あって・・・

 ・日替わりパスタランチ (980円~)
 ・ラクレットチーズランチ (1280円)
 ・広島県産牡蠣フライランチ (980円)

牡蠣フライを目当てに来たんだけど、ランチにラクレットチーズって、どんだけ魅力やねん・・・
牡蠣料理以外にも、結構豊富なアラカルトだったり・・・おいおい、カクテルが凄い数だけど、ドリンクメニューもかなり充実してるなぁ。欧風バルって感じかな。
このあたりで、ラクレットが食べられるお店といえば、阪急石橋の欧風バル「Ambiente」くらいしか思いつかないんだけど、実はこの「OYSTER HOUSE kai」、その「Ambiente」なんだよね。
牡蠣のお店でありながら、ラクレットも食べられる欧風バルという、何ともお贅沢なスタイル。

広島県産牡蠣フライランチを発注。

ワンプレートでやってきた。牡蠣フライが3つ。

e0173645_12374813.jpg

「いやいや、3つじゃ物足りないでしょ」と思ったあなた、甘い。
これ、写真では伝わりにくいかもしれないけど、1個がでかい~
お箸で1つ牡蠣フライをつまむでしょ、ずっしり重いし大きいから、ずっとつまんでいると手首疲れるよん。一口は無理。

「ぬぉ!あっつ!」

油キレッキレのザクザク衣が香ばしくて美味いところに、後から潮の香りが追いかけてくる。最近、広島産の生牡蠣もちょくちょく食べるけど、広島産は、生よりも蒸したりするのが風味がぐっと出て一番美味いと思う。このフライも格別ですなぁ。
ここに、自家製タルタルがまた合うんだなぁ・・・酸味が強すぎず、このフライとの相性抜群。
ミートボールな惣菜と、サラダが添えられた内容なんだけど、満足できるランチだよん。
どうしても、牡蠣フライをもう少し食べたい!嬉しいことに、250円で追加ができるようになっているぞ。

実はおじゃました時、他にもお客さんが入っていたんだけど、
赤ちゃんを連れたお母さんや、小さなお子さんを連れたファミリーも。そう、とても爽やかで明るい店内なので、普通に洋食レストランのように利用できる。お子様プレートランチも用意されているぞ。

せっかく来たんだし、生牡蠣も食べたいよな。
全国の漁港から、その時その時で選りすぐりの牡蠣が直送されているそうな。
あ、全4種類盛り合わせ(1950円)なんてのがありますなぁ。はい、お願いします。

e0173645_12374172.jpg

選ばれし本日の生牡蠣は・・・岩手県釜石産、厚岸産、サロマ湖産、仙鳳趾産の4種でございます。
ま、この時点でいずれも味が濃くてコクがあるものが勢ぞろいってところなんだけど、その中でも、サロマ湖産は比較的あっさり目で瑞々しい感じ。王道、厚岸の牡蠣は安定の旨みで、釜石産もええ環境でお育ちになった濃い味わいがたまらん。

e0173645_12374503.jpg

そして、別格なのが仙鳳趾産。なんか、いけ好かないくらい大ぶりで陣取り方が半端ない。もー、仙鳳趾産は最高に美味いよね。それを分かった上でのこのビジュアル、ひょっとして・・・うおーこれは、かなりクリーミー。岩牡蠣の濃厚なクリーミーさ以上のクリーミーさが、も~口一杯に広がる。美味い!
盛り合わせ以外にも、もちろん、単品1個からでも注文できるぞ。


1人飲み、女子会、ファミリー、ランチ使い・・・幅広いターゲットとシチュエーションに使い勝手がとても良い、しかも美味いときたもんだ・・・

牡蠣を肴に昼酒も出来てしまうじゃないか・・・
旬の食材によりメニューも変わるようなので、楽しみだよね~
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:OYSTER HOUSE kai
場所:豊中市蛍池東町1-6-8 リバーサイドビルⅡ
時間:11:30〜15:00(L.O14:30)、17:00〜23:00(L.O22:30)
電話:06-6858-8677

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-11-05 10:22 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

和歌山の食堂「ねぼけ食堂」

ちょっと前の話。
仕事で朝早くから、眠い目をこすりながらの和歌山入り。
お昼を挟むことになったので、近くに何か食べるところがないか散策。

JR和歌山駅東口、ロータリーを抜けてすぐ北に入る路地沿い。
赤提灯が目に入り近づいてみると・・・大衆食堂じゃないか。ここにしよー

「ねぼけ食堂」だ。

e0173645_09264281.jpg
e0173645_09264410.jpg

中に入ると・・・あ、テーブル席はなくて、カウンターだけなのね。

「・・・。」

メニューブックもあるんだけど、それ以上に所狭しと短冊メニューがガンガンに貼られている。とにかく、クセがすごい。
いちいちキャッチコピーが書いてあるんだけど、ものによってはキャッチコピーだけで短冊1枚使っているのもあるし…

e0173645_09293224.jpg
e0173645_09294806.jpg

悩むなぁ。茶がゆも捨てがたいんだけどなぁ。
でも、「ねぼけのおすすめ麺類」ともあるし、やっぱり、和歌山ラーメンになるかな。
お母さんが一人で切り盛りしているのかな、注文すると静かに準備を始めた。

e0173645_09300806.jpg

和歌山ラーメン(550円)。
キャッチコピーは、「!!おかえりのあったかさつまる味わい!!」
濁りをみせる豚骨醤油系。軽い粘度をもたせつつまろやか~、何がという飛び抜けた特長があるわけではないんだけど、キャッチの通り、何だか懐かしい味わいだ。
トッピングは、かまぼこ・メンマ・チャーシューで、麺は細めのストレート。スープとの絡みもよく、ズズズッといける。

あーほっこりした。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ねぼけ食堂
場所:和歌山市黒田1-1-15
時間:7:00~22:00 不定休
電話:073-473-5090

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-11-04 18:42 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)