桜井の中華料理「秀林」

んー最寄りの駅となると阪急桜井駅だなぁ。
阪急石橋駅からでも歩けないことはないけど、この時期はさすがに暑い・・・
国道171号線の半町交差点、
まさに交差点の角にある中華料理のお店「秀林」

e0173645_09394034.jpg

大きな看板が目をひく街の大衆中華、
外観だけだと、中ではトラックの運ちゃんがワシワシ大盛りのご飯を食べてそうなイメージだけど、全然こってりムードでもなく、老若男女、おひとり様、ファミリーや飲み仲間などオールマイティに使える雰囲気だよん。
店内に入り左手が厨房になっていて、それをL字で囲むようにテーブル席がならぶ。どうだろう30人くらいのキャパかな。
厨房前にカウンターはあるんだけど、客席として使っている感じじゃなかったな。

奥のテーブル席に案内されて・・・冷房がきいて涼しんだけど、まずはビールをもらおうかな(生中450円)。
へー、それにしても結構お客さんでいっぱいだなぁ。

e0173645_09395389.jpg

とりあえず、お昼を食べに来たので、定食いっとくか。
ランチメニューがあって、メインにライス(漬物付)・サラダ・蒸し鶏・スープ・デザートがつくパターンをベースに、他にも、焼き飯や丼のセットもあって全部で17種類。ごはんは1回おかわり出来て、700円~850円という価格帯も良心的~

今回はマーボ豆腐(720円)を発注。
ご飯もなかなかわんぱく盛りですな。マーボ豆腐は、少し粘度高めで柔らかい豆腐がたっぷり入っている。見た目家庭的な雰囲気を醸し出しているが、なかなかの辛さとコクがありましてな、ご飯がご飯が進む君だ。

e0173645_09400762.jpg
e0173645_09401591.jpg

良妻は海老チリソース(830円)を。
チリソースは辛いことなく、プリップリな海老を甘ウマで絡めている。

e0173645_09404718.jpg

あ・・・しまった。
生ビールと餃子のセットがあったのか。じゃあ、ビールのお替りはそれにしよ。定食を食べたとこだけど。生中450円なのに、生ビール(中)と焼き餃子(5個)で500円と超お得。
こんがり焼きあげてあり全然油っぽくないし、餡もしっかり入ってフカフカと食べ応え十分だ。

e0173645_09405519.jpg

もーお腹一杯じゃないか、という状態ではあるんだけど、
どうしても食べたいものが・・・このお店、500円~800円くらいの価格帯で、めちゃ一品ものが充実してて、メニュー見たら食べたくなってくるんだよね。
その中から1つ、鶏軟骨四川風炒め(780円)を。

e0173645_09410782.jpg

鶏軟骨をサクッと軽快な衣で揚げて、これを白葱と唐辛子で炒めたもの。
これ・・・唐辛子は食べないにしても辛いぞ。じんわり頭皮から汗が出てくる。でも、揚げた鶏軟骨はほんのり甘めでコリコリ食感が抜群・・・なのに、後から全力をあげて辛いのが追いかけてくる。おーこれはビールが進む。

色々食べてみたいのが満載だったから、今度は酒の肴に一品狙いで行ってみたいな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中華料理 秀林
場所:箕面市半町4-4-37
時間:11:00~24:00(L.O.23:30) 月休(祝の場合は翌日)
電話:072-725-3156

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-08-12 20:36 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の中華料理「チャイナ」

中華でちょっと飲みしましょかということで、
久々に、石橋の中華料理「チャイナ(彩七)」へ。いつも満員御礼だから、今回はしっかり予約してやってきたぞ。阪急石橋駅から少し歩くんだけど、池田市民文化会館(アゼリアホール)の、道路をはさんだ西側にある街の中華屋さん。

ランチもお安い街の大衆中華ではあるんだけど、小龍包やふかひれ蒸し餃子などを筆頭に、手間暇のかかる美味しそうな予感満載の一品料理が、いちいち目に飛び込んでくるんだよね。

冷菜を・・・もーここに来たら、蒸し鶏(ネギダレ)(350円)は必須発注。
この蒸し鶏、ホント柔らかくてうまいんだよね~。どっさりのったネギがいい感じなんだけど、ネギダレはいい塩梅で塩味をきかせながら、生姜もいい仕事していてとっても爽やか。

e0173645_19120033.jpg

焼き餃子(5個200円)。
良心的な価格設定なのに、これがなかなか肉汁ジューシーでスパイシーな仕上がり。そりゃビールが進むって。

e0173645_19471549.jpg

小籠包(3ヶ500円)。
ここの小籠包は、もちっとした皮だけど取り上げるときには気をつけて。破ってしまうと、せっかくの肉汁がこぼれるからね。餃子もそうなだんけど、この点心というか饅頭系が美味しいんだよね~

e0173645_19573971.jpg

炒め物も食べようかな・・・海鮮XO醤炒め(750円)。
ぷりぷりのエビ、いか、ホタテの魚介と青梗菜を合わせたもの。魚介から出る旨みが加わったXO醤が美味いんだな~

e0173645_19574628.jpg

続きまして、揚げ物を。
春巻(2本400円)に鶏の唐揚げ(500円)。
あら、唐揚げおいしー。鶏身が瑞々しいところに、衣が全然油っこくなくてサクッサクなんだよね。そうそう、全体的に、中華料理なんだけど油っぽい感じがあまりないのが嬉しい。

e0173645_19575005.jpg
e0173645_19575398.jpg

冒頭の蒸し鶏もそうだけど、箸休めアイテムの冷菜が安くて有難い。
ピータン(200円)に、きゅうりのピリ辛漬(200円)。

e0173645_19573510.jpg
e0173645_19574341.jpg

シメに焼飯いっとこか(500円)。
全然べちゃっとしてなくて、どちらかというと、もちもちふかふか。

e0173645_19575606.jpg

あかん、また食べ過ぎた・・・
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:チャイナ(彩七)
場所:池田市天神1-1-16
時間:11:30~14:30、17:00~21:30(L.O.21:00)月休
電話:072-763-1147

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-08-09 07:43 | 阪急石橋 中華 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「和食巧房 ちりとてちん」

久々に白暖簾をくぐろうかな。
阪急石橋、国道176号線井口堂交差点にある「和食巧房 ちりとてちん」
大きな赤提灯もさることながら、落語のチラシや、側面の窓ガラスに貼られているPOPのキャッチなコピーが色々気になる。

e0173645_09441177.jpg

もちろん、このお店のことは以前にも紹介はしているんだけど、今回はまた違う切り口で書こうかな。なので・・・
このお店は「日本酒セルフの店」なんだけど、そのシステムについて知りたいよという人は、まずはこちらを読んでね。

e0173645_10142339.jpg

とりあえず、「中」(約170ml)グラスと受皿を手に取って、
酒は・・・伊賀の森喜酒造場から、「るみ子の酒」純米 9号酵母超辛 瓶火入れを受皿までこぼし波波に入れる(中サイズで黄色マークの酒の場合は680円)。
「るみ子の酒」あるあるじゃないけど、ラベルの柔らかなタッチとは異なり、しっかりとした味わい。すっきり爽やかな口当たりに始まり、アタタタ・・・と、ひりり感が後から追ってくる。ま、酒度+14だもんね。美味い。
あわびの入った付きだしが香りよく味がよ~しゅんで、日本酒に合うわー

e0173645_10145156.jpg
e0173645_10144896.jpg

さて、酒の肴は・・・
品書きの中央、ひときわ目立つし、わざわざ朱書きで「通好み」って書いてあるから頼まないわけにはいかないな・・・ひらめ昆布〆(890円)。
おいおい、めちゃくちゃ美味いな。このしっとり滑らか質感と、ひらめのもつこのもっちもち食感がたまらんな。ここに、ホント昆布がいい感じでよくきいているんだわ。

e0173645_10145497.jpg

ここに来るといつも思うんだけど、
酒を進ませる肴、料理がやっぱり魅力なんだよな。酒を次々行く感じに見えるかも知れないけど、逆ね、料理が美味しいからついつい酒が進むパターンだ。
久々に「雁木」いこ。
岩国は八百新酒造、「雁木」純米無濾過生原酒を。
柔らかく旨味が口の中でふわっと広がりながらも、しっかりヒリリ感をもってくる辛口。やっぱり好きやわぁ。

e0173645_11022489.jpg

料理人のご主人に、今日おすすめありますかー?という話を切り出すと、メニューにはないんだけど、大きなキスがあって造りもできるということで、話を最後まで聞かず速、発注。あ、これか、確かにでかいな。

e0173645_11164116.jpg

しばらくすると、淡いピンクの白身と、あ、骨も揚げてある~
キスはなかなか造りで食べることがないので嬉しいですな。淡白っていうカテゴリにはなるんだろうけど、甘味もしっかりしているし、脂のしっとり感と旨みがたまらんですな。わさび醤油でいただくもよし、もう一つ、しょうがとこの優しい酢醤油との組み合わせが美味し。
骨せんべいもサックサクでウメー

e0173645_11164459.jpg

今回は、ゆっくりご主人と話ができたんだけど、
ずっと前から気になっていた店内の所々にある、鉄道関連のシールや各種部品・・・
「あれ?鉄ちゃんでしたっけ?」と問うと、全然「鉄ちゃん」というほどのこともなく、面白いと思ってこうしているとのこと。たまに、鉄ちゃんのお客さんが掘り下げトークで来るらしい(まぁ、そうなるだろうな笑)けど、そんなのは全然わからないんだって。

e0173645_11330945.jpg

ただ、この話きっかけで、「これは、貴重やと・・・」と奥から出してきたのが、こちら。

e0173645_11331279.jpg

おいおい、こりゃ阪急電車・・・運転士が運転席に置いている時計と、車両の横に車両番号などとともにある社章じゃん。しかも、一昔前のデザイン・・・なんでこんなのが手に入るんだよ(笑)、いや、やっぱり鉄ちゃんな気がするな(笑)

わーわー話をしながら、お願いをしていたひと品。
お造りいったので、焼き物か炊合せが食べたいなぁと思って。
水茄子とハモと松茸のたいたん(1250円)。
もー松茸ですかぁ。なかなかたっぷり入ってるな。ハモは軽く揚げてあるのね。

e0173645_11445197.jpg

色目は濃いけど、気持ち甘めのある優しい味付け。
水茄子はしっかり火が通りダシもしゅんでるのに、しゃくしゃくっとした食感って残るもんなんですな。大ぶりにカットしてあるので、食べごたえ十分。ハモはあられがごとくクリスピーな食感も楽しみながら、ホクホク白身がグー。松茸も存分に楽しませてもらったぞ~

ご飯が少し欲しかったので、シメに自家製スルメイカの塩辛茶漬(750円)を。
自家製スルメイカは、塩度高めの酒飲みアイテムに仕上がっており、惜しげもなくご飯の上にもられている。最初に、そのまま白米といただき、その後、ここにアツアツの茶をかけて掻き込む。くーうまいなー

e0173645_11445688.jpg

ご主人曰く、「塩辛よりも梅干褒めてもうた方が嬉しい」
茶漬けに付いてきた香物。ぬか漬けももちろん自家製なんだけど、この梅干・・・でかいなぁ。これも自家製は自家製なんだけど、梅そのものも自家製なんだって。

e0173645_11445961.jpg
e0173645_11450230.jpg

「!」
ヌオー、塩辛い&すっぺー!
なかなかの塩度で仕上がってるな、昔の梅干~みたいな。ただ、梅が大振りなので
身がとろっとろだ。これだけで、また酒が飲めそうだな。

あー食べた食べた。
ここは「日本酒セルフの店」ではあるけどバーやバルではないので、酒だけをガンガンに飲むというお店ではなく、やはり、旬のものや手間暇かかった美味い肴を楽しむお店だと思うね。
気になる人は是非~

「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:和食巧房 ちりとてちん
場所:池田市井口堂1-10-13
時間:17:00~23:00 水休
電話:072-763-0511

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

# by nonbe-cclass | 2017-08-06 12:22 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)