おばちゃん、そりゃないで

「NU」を出て、もう1軒新梅田食堂街に足を進めた。時間が少し遅いのか結構閉まってるなあ。

そんなとき、1軒の店からおばちゃんがいらっしゃいと呼び込みをしてきたので入ることにした。カウンターメインの居酒屋「山守屋」だ。他の店が閉まっているのもあってか、店内は一杯だ。C級呑兵衛には親しみのわく雰囲気だ。

漬物とえいひれあたりを注文し、1杯焼酎を飲んだかと思うと満員だったカウンターの客が急にさっと引いた。

え?なに?もう店じまい?「おばちゃん、めちゃめちゃ時間ないやん。今入ったとこやろ」

どうも、店が云々というよりも食堂街自体が閉まるみたいで、2杯目の焼酎はあわてて喉に流し込む形で店を出ることになった。食堂街の照明も落ち始めている。

一品は美味かったかって?漬物とえいひれじゃ分かんねーよ

# by nonbe-cclass | 2005-11-11 21:49 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

NUで野郎二人ですわ

以前勤めていた会社の同僚から、もう何年かぶりに久々に連絡があり梅田で飲むことにした。彼もその会社を辞めて新天地でスタートを切ったばかりだった。

「NUの前で19時に待ってるで」・・また~今話題の「NU」なんて、こ洒落たとこで待ち合わせるんじゃないよ。C級緊張するではないか

・・って、結局「NU」9Fにある「BARBARA market place」(バルバラマーケットプレイス)を予約していたようだ。
東京の「BARBARA」はフランス料理のイメージがあるが、茶屋町は「マーケットプレイス」という名のとおり、色んなメニューが取り揃えられている。フランス料理以外にもヨーロッパの料理が目に付く。それに酒の種類も豊富だ
呑むほうに注力していたので、あまり料理は口にしなかったが、注文したものは、サラダのドレッシングからして、みな自分好みの味だった。

店内の雰囲気自体は照明からしてお洒落なバーだが、店内は広く開放的なので「ワイワイガヤガヤ」が似合う窓側はカウンターになっているので、雰囲気を楽しみたいならこちらがオススメだ。今回は、このカウンターの一番奥で、おっさん2人はキャーキャー騒いできた

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:BARBARA market place
場所:大阪市北区茶屋町10-12 NU chayamachi 9F
電話:06-6359-7222
営業:11:00~24:00

# by nonbe-cclass | 2005-11-11 20:08 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

久々じゃん!・・で一杯

いつもの帰宅途中・・
阪急梅田駅の改札口にさしかかろうとした瞬間、「おっ!」
どのくらいご無沙汰ぶりだったかの知人が偶然にもすれ違う。

二人の共通点は、北海道ローカル番組『水曜どうでしょう』にハマっていることで、互いにメールのやり取りはあるものの「普段どうでしょうの話が出来る人がいない」と思っていたところにバッタリだったのだ。

彼、イニシャルNは食事を済ませた帰り道だったが、軽く呑む程度に、と「かっぱ横丁」の居酒屋『め組』の暖簾をくぐった。

旬の造りということで、さんまやかんぱちを注文した。あと、箸休めにチャンジャだ(チャンジャは箸休めになるかもしれないが、酒休めにはならない)。
特に「さんま」。脂がのっていて、口に入れた瞬間とろける感じがした。美味い!ビールから切り替えて、焼酎「黒甕」のロックにしよう。

・・と、ここまではよかったが・・
カウンターに座りトークに華が咲いていたのだが、厨房の雑な立ち振る舞いで食器を片付ける音がガチャガチャと耳障りなほど、うるさすぎるのが気になり、店のイメージはよくなかった。幼い頃言われたこと無かったかい?「お片づけは静かにしなさい」と。

申し訳ないが、「落ち着いて話をしたい」「デートに使いたい」ならお奨めはできない。味は良いと思うだけに残念だ。ま、私が「デートに使いたい」シチュエーションを想定する必要があるのかといえば、それ以上のコメントは控えさせていただくとしよう(笑)

ま、でもイニシャルNとは、「いやあ、『どうでしょう』鑑賞会で鍋でもつつきたいですなあ」と、終始和やかな雰囲気で梅田を後にできたので良かった。

# by nonbe-cclass | 2005-11-09 23:38 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)