<   2014年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

 

石橋の居酒屋「宵ノKOFUKU」

8月の話なんだけどね、
東京には戻らないといけないんだけど、顔だけでも出しておこうと、石橋の「宵ノKOFUKU」にやってきた。

毎月、魅力な「利き酒の週末」が開催されているにも関わらず、時間が遅すぎたりして、意外とその恩恵に与ることが少ないc級呑兵衛。今回も限られた時間で、サクッと飲みとあいなった。

さて最初は、秋田は新政酒造「新政」なんだけど、「92%純米 なまざけ」から。「新政」史上、もっとも磨かない精米歩合92%ときた。昔ながらの純米酒とうことで、江戸時代の低精米歩合で造られた酒だ。

e0173645_00271203.jpg

なんだろう、醸造酒のようなもったりした重みのある味わいが先にくるんだけど、もちろん、醸造アルコールは入っていない。それを口の中で転がすと、何だろう、妙に爽やかに通り過ぎるんだよな…あんまり、体験したことのないような味わいなんだけど、お米をしっかり感じることのできる一杯ですな。

e0173645_00271855.jpg

ま、いつもの宮崎鶏たたきも頼んで、と。

e0173645_00272067.jpg

さて、次は、同じ「新政」の「ほぼ全麹純米酒 火入」
さっきの92%も「ほぼ磨いていない」感じだけど、こっちは通常20%しか使わない麹を「ほぼ全量」使った酒だ。麹だけで造ってるのね~
これは飲んでびっくり、ジュースみたい。店の説明書きに「完熟リンゴのような味わい」とあるんだけど、ごもっとも。いや~美味い。

e0173645_00272219.jpg

「ダメよ~、ダメダメ!」こんなの出しちゃあ。
へしこのピューレ、このざらっとした舌触りと、濃厚な塩加減とコクが泣ける。こんなん出されたら飲みが加速するではないか!

e0173645_00272706.jpg

もういっちょ、「新政」の「再仕込み貴釀酒 火入」
そもそも貴醸酒って何?って話なんだけど、水でなしに、酒で酒を仕込む酒をいう。それだけでも面白いのに、これは、その貴醸酒を水代わりにして、さらに酒を仕込む再仕込み。
古酒なのに、ツンと来るきつさや味に嫌味が全くなく、こんなになめらかに気品高くなるもんかねぇ…とつくづく考えて飲んでしまう一杯。ウマウマ。

あかん、時間がないから今日はここまで。
また、寄りますー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:宵ノKOFUKU
場所:池田市石橋2-15-33
時間:18:30~26:00 木・第3水休
電話:072-761-6803

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-30 00:53 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

蒲田の居酒屋「のんき屋」

蒲田は京急蒲田駅からすぐの京浜蒲田商店街「あすと」、このアーケード通りに何軒も一杯飲み屋があるんだけど、今回は、焼鳥の「のんき屋」の暖簾をくぐってみる。何度か前を通っているんだけど、そのたびに渋い感じの暖簾が気になっていた。

e0173645_19312266.jpg

こってり庶民的なムードが漂う店内、カウンターを通り過ぎた奥が広くなっていて、テーブル席では10人強がそれぞれに酒を楽しんでいる。
10席ほどあるカウンター席、入口近いところに腰をかけて、と。

小さなTVの下に時計という違和感、こってり年季の入った扇風機や招き猫。
木板壁に短冊メニューが色々とあるなぁ…概ね、500円までの一品が充実しているな。
さて、瓶ビール(600円)をとりあえずもらって、串焼きをもらうか。

e0173645_19312571.jpg

注文したのは、カシラ(100円)、ネギマ(100円)、シロ(100円)に若どり(110円)。
ネギマだけ、身がちっちゃ。白ネギの方が大きいじゃん。
串焼きの塩は、酒飲み好みな加減でグー。若どりの表面カリッ、身がジューシーなのが美味い!
あと、ここのカシラ、ほかの店のものより、もっちり食感でいいねぇ。

串焼きには、ニンニクダレもおススメだそうで、増し価格で出してもらえるので、好みでどうぞ。

「ん?」

店のオリジナルかしら、のんきカツなんてあるな。あ、そういや、暖簾には「やきとり」と「串かつ」も掲げてあったな。
よし、じゃあ、そののんきカツ(350円)もらうか。

e0173645_19312762.jpg

ネーミングはオリジナルだが、豚バラの串カツだ。大阪の串に比較すると、少し大きめかしら。とろみのあるソースをかけていただく。
衣はしっかりボリュームがありながら、さくっとかじってみると、全然油っぽくない。こりゃ、サクサク食べれてしまう。

サクッと呑んで、しめて1360円。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:のんき屋
場所:東京都大田区蒲田4-20-3
電話:03-3732-0364

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!●にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-29 07:48 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

東京のタイ料理「沌」

そういや、エスニック料理最近食べてないなぁ。東京駅周辺でランチできるところ、どこかないかな。

調べてみると、東京駅に隣接するパシフィック・センチュリー・プレイス丸の内の中にあったので、行ってみることにした。
ビル地下に、派手な装飾の店を発見。タイ料理の「沌」だ。タイ料理の店で、漢字の店名ってあるのね。

e0173645_22461059.jpg

外観に負けず劣らず、店内もエスニックムードたっぷりですな。すんごい繁盛してて、案内されたのは8人席の丸テーブルで相席。テーブルの真ん中から天井へと延びる木…

さて、注文したのは相盛りランチ(1080円)。
相盛りというのは、ガパオガイとタイカレーの組み合わせだ。ガパオガイとは、ガパオはバジルのことで、ガイは鶏を意味するんだけど、鶏挽き肉のバジル炒めですな。カレーは、グリーン・レッド・イエローからチョイスできるぞ。
今回は、グリーンカレーをチョイス。

e0173645_22460877.jpg

きたきた。ライスに目玉焼きものってるぞ。
ガパオガイは、ミンチの肉肉した食感を楽しんでいると、後からピリッと程よい辛さがやって来る。特段、バジルの味が強いということではないんだけど、甘辛い味わいの中に、どことなく爽快な感じがやって来るのがそうなのかもしれない。

グリーンカレー、辛いんだけど好きなんだよねぇ~
鶏肉と茄子がごろごろっと入って食べ応え十分だ。この辛いのに、ココナッツミルクの甘さとコクがたまらんて。

タイ料理って、ほんと複雑な味だよねー、日本にはない味というか、やっぱり調味料やハーブは現地のものを使っているそうな。
エスニック料理が食べたいなと思った人は、是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:沌 丸の内PCP店
場所:東京都千代田区丸の内1-11-1
   パシフィック・センチュリー・プレイス丸の内B1F
時間:11:00~16:00、17:00~23:00(L.O.22:00)
   土日祝は、11:00~16:00、16:00~22:00(L.O.21:00)
電話:03-3217-3811

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-28 08:33 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

蒲田の銭湯「蒲田温泉」(大田区の銭湯5)

うちからはちょっと遠いのは遠いんだよな…
でも、ちょっとした中毒みたいなもんで、あの激アツにお見舞いされたい衝動に駆られることがあるんだよなぁ。

JR蒲田、京急蒲田から線路に沿うような形で南へ下って…どうかなぁ15分はあるくかな。蒲田本町というエリアに入ると、アーケードのない商店街に入っていく。そうは言っても住宅街で、飲食店が林立しているようなところじゃない。
静かで暗い夜道なれど、急にぼわっと赤い明かりが…蒲田温泉に入る路地に、門型の看板がお出迎え。銭湯に来たんだけど、地方の温泉地にやってきた心地だ。

e0173645_11242614.jpg

今でこそ、何度と足を運んではいるが、
大阪からの出張の際に、ここを訪れたことはあるんだよな。ホテルに泊まって、恒例の銭湯巡りってやつで。

その時にも書いたけど、入口から昭和ムードたっぷりな感じが何ともたまらない。やっぱり、完全な温泉地色満載だ。
その名も「蒲田温泉」

e0173645_11242901.jpg

脱衣場はロッカーが50ほどはあると思うんだけど、天井が低いので空間的には狭く感じる。でも、老舗の貫禄というのか、妙に落ち着いた空気感がある。

浴場に入ると、天井は高くなり、左手壁面と浴場中央に島がありカランがある。全部で30ほどはあるかな。ボディソープやシャンプーの備えはない。

浴場右手にはサウナと水風呂がるんだけど、ここのサウナは大田区南エリアらしく、追加料金なしで利用できる。
右手奥には、白湯槽があり、底面からのボコボコと電気風呂とに区切られているる。何やら鉱物を通した湯だしで、ラドンと同様の効果が得られるそうな。

で、やはり、ここは浴場左手奥の黒湯槽だな。
半円を描いた茶色いタイル槽で、3人くらい入ったら満員でーすくらいの大きさだ。
黒湯も、銭湯によって色がまちまちだけど、ここはもはやコーヒーだ。
中で区切られていて、湯温が異なっている。それぞれに、湯の温度が何度か分かるようにデジタル表示されている。
ぬるい方でも40度をきることがないので比較的熱い方なんだけど、
高温湯は少なくとも45度程度はあるので、何も考えずに足を突っ込むと、一度ヒリヒリした足を冷やすために、ヘリの部分で三角座りをすることになるぞ。

はじめはやはり熱かったが、何度も体験していると、風呂上がりの爽やかさや身体の温まり感などがクセになっちゃって、逆にぬるいのが頼りなくなってくるから不思議だ。

蒲田に来たなら、まずはおすすめしたい銭湯だ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蒲田温泉
場所:東京都大田区蒲田本町2-23-2
時間:10:00~25:00
電話:03-3732-1126

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-27 23:00 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)  

日本橋の天ぷら「天松」

八重洲・日本橋界隈でのランチシリーズ。
今回は、国道1号線の起点、まさに日本橋のたもとにある天ぷらのお店「天松」だ。渋谷道玄坂に昭和6年に創業した老舗で、江戸前天ぷらが楽しめる。

e0173645_23520276.jpg

天ぷらってなかなか敷居が高いんだよなぁ。「天松」もその例にもれず、夜の食事だと、最低見積もっても5000円はくらいはするんだけど、「お昼のお献立」だとお手軽な定食があったりする。

中に入ると、番台じゃないな…司会台みたいなところで、食券を販売か。そして、中に進むと、お…天ぷらを揚げる姿が一部始終見える13席あるⅬ字カウンター。いかにも、これから天ぷらいただきますーという構えだ。

さて、注文したのは、天ぷら定食(1000円)。
先客の分を揚げたその後、頃合いを見計らって、ご飯やみそ汁がのったお膳がやってきた。

e0173645_23515663.jpg

天ぷらは5種。えび、まめ、いか、茄子、きす。一つずつ丁寧に揚げてもらい、目の前の皿に出してもらう。
軽い!口の中を舞う衣。これはいいですなー
素材そのものも美味いんだよね~特にいかが柔らかくて驚いたり、きすのほくほく感がもー。

e0173645_23515353.jpg
e0173645_23515910.jpg

サラリーマンはもちろんいるんだけど、三越が目の前だからか、おじいちゃまおばあちゃまが多かったですな。
ちょっと天ぷら食べたいな~と思った人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天松 日本橋店
場所:東京都中央区日本橋室町1-8-2
時間:11:00~14:00(土日祝は11:30~14:30)、17:00~21:00
電話:03-3241-5840

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-27 09:39 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

赤羽の居酒屋「川栄」

まじか…朝11時に来て行列とは。

週末、ドラマ「孤独のグルメ」で登場した店に行ってみようと、電車にのって赤羽にやってきた。うなぎと焼鳥の店「川栄」だ。

店は、11時半からだったんだけど、11時には駅に着いちゃったので、現場確認だけしておこうと店に向かったら、げ、もう並んでんじゃん…
駅から近い、明店街という繁華街の中にある店だ。

e0173645_07485415.jpg

じゃあ、並んでおこうかな。
開店前に、何人ですか?と店の人が確認をしてくる。1階席、2階席…座敷もあるのか。何人で来ているかで、事前に振り分けているようだ。
結局、開店直前には30人程度の列が出来ちゃってたよ。

e0173645_07485813.jpg

c級呑兵衛は、1階席へと案内された。うなぎや鶏を焼くところの横を通り過ぎて、そのまま奥へ進むとテーブル席が見えた。なかなか、店内も渋いですなぁ。ドラマ「孤独のグルメ」の松重豊、久住昌之のサイン色紙がまぶしい。
他のサインをみてみると、随分と以前から色んな芸能人が来ているんだね。吉田類が放浪記ですでに2007年に来てるし、スポーツ選手も多いなぁ。…もともと人気店なところに、「孤独のグルメ」で拍車かけたみたいな。

e0173645_07490043.jpg

1階は、4人席テーブル3つに、2人席テーブル1つ。あれだけ並んでいたから、すぐに店内がいっぱいになるのかと思えば、一気に客を入れないのか…

さて、一通り注文を済ませて待っていると、付き出しが出てきた。合鴨ロースの燻製だ。おいおい、出だしからスモーク&ジューシーな逸品じゃあないか。朝11:30に言う話じゃないかもしれないが、これは酒が欠かせないわ。

e0173645_07490323.jpg

来た来た、珠鳥(ほろほろ鳥)のお刺身とたたきを一皿に、合わせ盛り(1200円)。ニンニク醤油でいただく。
ほー肉が柔らかいねぇ。むっちりしっとりとした食感で、噛むほどに滋味。あっさりしているんだけど、コクが出てくる。皮炙りもいい感じ。

e0173645_07490807.jpg

焼物は、1種類2本以上からとなっている。鶏は、岩手県産の五穀味鶏を使っているそうな。
ねぎ間(150円)から。わお、なかなかの大振りですな。あ、真ん中にはレバがはさまっているのか。タレはとろみがあるんだけど、意外とあっさり甘め。鶏身の風味がいいねえ。美味い!

e0173645_07490653.jpg

はつもと(150円)がこれまた、タレとの相性バッチリ。こりこり感と、ムニムニ感が同時に楽しめる歯ごたえ、最高。

e0173645_07491075.jpg

いや~落ち着いた雰囲気だったし、いい時間が過ごせたな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:川栄
場所:東京都北区赤羽1-19-16
時間:11:30~14:00、18:00~21:30(日祝は11:30~17:00)水休
電話:072-761-6803

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-26 07:57 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

蒲田の居酒屋「おみっちゃん」

「つぶしたて」というインパクトのある言葉に惹かれて入った、蒲田の焼鳥「おみっちゃん」。比較的新しい店構えだな。

e0173645_19483804.jpg

店内に入ると、奥へとカウンターが続く。15席くらいかしら。
レジそばに腰をかけてメニューをみると…焼鳥と掲げているので、すっかり鶏をつぶした話かと思えば、恒例の豚か…豚のつぶしたてって、想像したら引くわ。

e0173645_19484362.jpg

さて、何を頼むかなぁ…え?豚の刺身がある?豚を生で食べるというのは、あまりなじみがないなぁ。よし、じゃあ、この限定10食とあるハラミ刺(550円)をお願いしよう。

e0173645_19485004.jpg

ほー、くせが全くなくあっさりしてるんだな。肉肉した食感を楽しめるし、噛むほどに仄かに甘みが出てくる。こりゃ美味いですな。
それにしても、敷いてある白ネギのボリュームがすごいな。そない、いらんて(笑)

生ビールからトリスハイボール(380円)へ。

e0173645_19485516.jpg

さて、串を頼むか…メニューをみると、串はいずれも140円。結構珍しい部位があるなぁ…おっぱいはまだメジャーかもしれないけど、オオガリ、キク…意味が分からん。

結局、チョイスしたのはキク、ハツモト、ねぎま
え?ねぎまは鶏なのね。そのあたりの線引きがまだ全然読めない。

e0173645_19485971.jpg

キクって、腸の周りの脂身だそうで、これマルチョウとかが近いかな、ムニムニホルモン系だ。なかなかの美味。
そして、ハツモトはコリコリしっかり質感がたまらんわね。なんでだか、一番下に白ネギが刺さっている。
ねぎまは粒大き目、しっかり質感タイプで食べ応えあり。

気軽に入れるタイプの店なので、気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:つぶしたて焼き鳥 おみっちゃん 蒲田店
場所:東京都大田区蒲田5-18-6
時間:11:30~13:30、17:00~翌5:00(土日は17:00~24:00)
電話:03-5703-0722

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-25 00:35 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

東京の居酒屋「北海道八雲町」

え?あ、店名がそうなのね…

八重洲・日本橋界隈でランチ…「無炉爛」の海鮮丼のことを書いたところだけど、海鮮丼ネタを続けちゃおう。
実は、東京転勤になって、勤務初日に「ここ、いいっすよ」と連れていってもらったお店。「ご当地酒場 北海道八雲町」だ。もはや、店名が地名だ。

豪華!!海鮮丼(1000円)をもらうかな。
なるほど、ホタテ貝柱の殻つきでインパクトあるね~
見た目のインパクトだけでなく、鮪、ぶり、サーモンなどに加えて、蟹爪、帆立貝柱、いくらもあって、ネタのボリュームもインパクト大だ。そこにきて、ネタが新鮮で美味い。
御飯がしっかり入っていて、いいボリュームに仕上がっている。

e0173645_08245731.jpg

ランチ時には、コーヒーが無料というのもいいですな。

冒頭に「もはや、店名が地名」と書いたけど、実は、ここ居酒屋スタイルのアンテナショップになっている。八雲町の味に惚れこんだ民間会社の社長が始めたものなんだけど、八雲町ももちろんお墨付き。実際にお店に行ってみたらわかるけど、これでもかと八雲町の良いところをPRしているぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ご当地酒場 北海道八雲町 日本橋別館
場所:東京都中央区日本橋2-2-4 せっつビル2F
時間:11:30~14:00、17:00~23:30(土は17:00~23:00) 日休
電話:03-3548-8713

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-23 09:49 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

蒲田の居酒屋「俺のやきとり」

「俺のフレンチ」「俺のイタリアン」など、「俺の」シリーズはどこも人気のようですな。まぁ、c級呑兵衛はお洒落なものに縁遠いので、なかなか、フレンチやイタリアンって行かないんだけど、
蒲田にだって、「俺の」シリーズあるんだぞ!。でも、あっ…蒲田っていうところに合わせたな…「俺のやきとり」と「俺の焼肉」だ。

今回は、「俺のやきとり」へ。
蒲田東口商店街の中にあるんだけど、1階が立ち飲み形式になっているのもあるんだけど、とにかく、この店の前だけは他店に比べて人が多い。

e0173645_08565029.jpg

焼鳥店なんだけど、ワインやらシャンパンやら妙にお洒落。ていうか、メニュー見て笑ってしまったんだけど、「俺のやきとり」とはうたっているけど、焼鳥枠は右下の方にちょこっとあるだけで、大半は何やらカタカナが多い品ばかり。

おし、じゃあ生ビール(480円)に、フォアグラと鮪のエスカベッシュ(680円)から。ま、c級呑兵衛も、焼鳥店に来て魚を所望しとるやないかというお話。炙りの鮪がしっとり美味いですなぁ。フォアグラのコクもグー

e0173645_08565485.jpg

そして、九州男大倉氏 活きびなご和風カルパッチョ(480円)。ま、今のところ、魚からは抜ける気はない、と。
さっきの料理は、エスカベッシュだったからスペイン料理、今回はカルパッチョだからイタリア料理。生の魚を意識してたら、同じような系統を頼んでしまった。
造りを周囲のジュレでいただくスタイルなのね。きびなごがあっさりして美味いですなぁ。噛むほどに仄かな甘みが広がって来る。

e0173645_08565796.jpg

はい、頭を切り替えて、焼鳥へ。
串は、鶏と豚を区別してくれているのが有難い。写真は2本ずつになっているけど、1本単位で注文できる。え?安っ!
ねぎ間(59円)と、純けい(59円)。あ、肉質ほどよく、噛むほどに旨みが広がる。

e0173645_08570298.jpg

砂肝(89円)と手羽先(120円)。
特に、手羽先が美味いですなぁ。結構、皮をパリッと焼き上げてあるんだけど、中は身がふわっとジューシ~。

e0173645_08570768.jpg
e0173645_08570437.jpg

ドリンクも含めてリーズナブルなのに、どれもこだわりのウマウマ料理ですな。なるほど、人気があるのもわかるわ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:俺のやきとり 蒲田
場所:東京都大田区蒲田5-26-5 栄屋ビル1F・2F
時間:16:00~23:00(L.O.22:30)(土日は15:00~)
電話:03-5710-3914

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-21 10:19 | 蒲田めぐり | Trackback | Comments(0)  

日本橋の中華料理「大勝軒」

8月末の話だから、今書いちゃうと、ちょっと季節外れ感がでちゃうな。

恒例の八重洲・日本橋周辺でのランチ。
この日は、日差しも強く、とにかく暑かった。腹は減っていても、がっつり食べるパワーがどうにも出ない。何か、冷たいものを入れたいところだ。

そんなことを考えながら歩いていると、不意に目の前に現れた建物。ここだけ時間がゆっくり流れているかのような空気感。
中華料理の「大勝軒」だ。

e0173645_22063070.jpg

それにしても、この何とも言えない緑の建物に惹かれますなぁ。大正時代の建造物ってこんな感じだったりするけど、このお店、昭和8年創業とのこと。
中に入ると、赤いパイプ椅子のコテコテ大衆食堂なんだけど、照明がランプのようでハイカラなので、時代を感じる独特の雰囲気を醸し出している。
1階22席、2階もあるようですな。クーラーはもちろんあるし、よくきいているんだけど、天井真ん中に扇風機が回る。

何を食べても美味そうな気配はプンプンするんだけど、今回、注文したのは、冷やしそば(並:850円)。
お、なかなかいいビジュアルでやってきたぞ。

e0173645_22063360.jpg

要は冷やし中華ということなんだけど、
麺のボリュームがあるところに、キュウリ、ハムや錦糸卵を、何とか乗せてみました的なことになっている。

あ、麺のこのコシいいなぁ。のど越しのつるっと感も気持ちいい。
そんなに酢をきかせることもなく、でもしっかり味のかけ汁も食欲をそそる。ランチで食べたかった条件をドンピシャでかなえてくれた。

今度は、他の料理も食べてみたいですな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大勝軒
場所:東京都中央区日本橋本町1-3-3
時間:11:00~21:00(土~14:00)日休
電話:03-3241-2551

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-09-21 08:49 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)