<   2014年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

【お知らせ】関西のみなさまへ

突然ですが、仕事の都合で、30年以上過ごしてきた石橋を離れ、拠点を東京へ移すことになりました。
明日30日、大阪で仕事を終えた後、そのまま東京入りします。

「石橋」をホームグラウンドにブログを書いてきたこともあり、地元各店舗の方、大阪大学の関係者・学生のみなさんをはじめ、たくさんの方とお知り合いになれました。また、普通のおっさんの酒飲みブログにもかかわらず、特に、関西の方を中心に、非常に多くの方に気に入っていただき、食べ歩きの参考にしている、との声も嬉しかったですね。一緒に飲みましょうとお誘いもいただき、楽しかったです~


今日は大阪最後の夜ということで、石橋は「うめちゃん」へ。

石橋で最後に挨拶出来たのは、なんとWヤングの平川さん。以前から「文吾寿司」で面識があったのですが、偶然にも「うめちゃん」に来店。「東京で遊び過ぎんようにしなはれや(笑)」と笑いを交えての激励をいただきました。

ここ最近は全然時間がなくて、普段足を運んでいる店にも挨拶できず、このまま石橋を離れるのは忍びない(本当に申し訳ないです)のですが、それは、来阪できた際に、改めて立ち寄らせていただこうと思います。

C級呑兵衛のブログ、facebook、twitterは引き続き書いていく予定です。さすがに関西ネタが減り、東京方面のネタが多くなるんでしょうが、しょーもないネタや、なんじゃそれ的なネタを放り込んでいくスタイルは一切変えるつもりはないので、これからもご愛顧のほどを。

石橋をはじめとした関西のみなさん、本当にお世話になりました。そして、石橋にも有難う!
7月から関東方面のみなさん、よろしくお願いします。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-06-29 23:29 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(10)  

「舞鶴港とれとれセンター」で魚介三昧

この間、久々に舞鶴の道の駅「舞鶴港とれとれセンター」に行った。
昼頃から綾部の二王公園でパターゴルフをして、遅めのランチ狙いだ。

e0173645_14302332.jpg

海鮮市場では、新鮮な魚介を中心に海産物がずらっと並ぶ。市場の中を、ぷらぷらするだけで楽しい。
ずわいかにや、いか、天使のえびも売ってますなー

e0173645_14312649.jpg

この大きないかは、こういかかな。いからしくなくコロンコロンですな。

e0173645_14312829.jpg

見ているといつまでも見てるので・・・
ここは、やはり牡蠣でしょ。夏の岩牡蠣ね~舞鶴の育成岩がきが、夏の風物詩と言わんばかりに、軒先の一番いい場所で、ものすんごいアピールしてくる。やっぱり、でかい牡蠣ですなぁ。

その場で生牡蠣を食べることも出来るぞ。すでに殻をとってレモンまで添えてくれている。大きさによって、価格は異なるが、だいたい1000円くらいまでかな(C級呑兵衛が行ったのは5月頭なので、これから行く人は、ちょっと安くなっているといいね)。

e0173645_14313342.jpg
e0173645_14313132.jpg

でっぷりとした牡蠣を一気に頬張る。
濃厚なミルキーさよりも瑞々しく清々しい潮の香り、この食べ応えに泣ける。

e0173645_14313533.jpg

食前牡蠣をいただいたところで、遅めのランチ。
海鮮市場の中にある吉本水産「とれとれ寿司」に。

e0173645_14322660.jpg

ここで注文したのは、特選ちらし(税込1500円)。いくら、ウニも入っとりまっせ。本当は、踊りあわびの軍艦巻(1貫580円)も食べたかったんだけど、完売しちゃってた、残念。

e0173645_14322854.jpg

さて、特選ちらしをいただいた後は、再び市場散策に・・・食後のデザートに焼物いただきますか。ここの市場は、ご飯の入った丼もって、食べたい魚介をその場で捌いてもらって海鮮丼にすることもできるんだよね。あと、焼いてもらうこともできる。

e0173645_14330049.jpg

敷地内には、テーブル席があるので、食べたいものを注文して座って待っていると呼んでくれる。番号ではなく魚介の札を渡されるので、「いかさん~できました」みたいな感じになる。
車なのでアルコールは呑めないけど、ノンアルコールをガンガンいってやるー

e0173645_14330513.jpg


あかん、お腹一杯や・・・
これからは、海水浴やキャンプの季節ですな。日本海に出掛ける人は是非~

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-06-29 10:56 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

川西能勢口の焼肉「勝っちゃん」

あれ、食べ放題になったんや・・・
何年か前に来たことがあったんだけど、まさか提供スタイルが変わっているとは予想だにしていなかった。
阪急川西能勢口駅から南へ歩いて10分程かしら、焼肉の「勝っちゃん」だ。

e0173645_07355762.jpg

以前は、A4クラスの黒毛和牛が楽しめる店だったが、100分(ラストオーダー70分)の食べ放題システムに。国産牛食べ放題、お手軽コース(80品)2480円、満足コース(90品)2980円、特選コース(100品)3480円がある。それぞれに、幼稚園児以下は無料、小学生半額、シニア料金などが設定されている。

んー、じゃあ真ん中とって、満足コースにしようかな。
各テーブルにあるタッチパネルで注文するタイプで、ご丁寧にラストオーダーまでの分読みも表示されている。

e0173645_07371390.jpg
e0173645_07371421.jpg

最初にべローンとやってきたのは、国産牛リブロースステーキ。網に置いたら、これだけでいっぱいじゃん。薄切りにしているので、炙る感じですぐに食べることが出来るぞ。

e0173645_07374115.jpg

手切り厚切り牛塩タン
メニューの写真と・・・という前に、どこの部分を指して「厚切り」と言っているのかを確認したいところではある(笑)けど、塩タンが食べたかったので、別にそこはいいや。

e0173645_07374219.jpg

あ、また・・・べローン系が好きなんだな(笑)
はみでるロースと、寄り添っているのは、厚切りハラミステーキ。豪快にお肉を食べることが出来るというのは嬉しいもんですな。

e0173645_07374603.jpg

ミスジステーキに、ハラミ
食べ放題だけど、なかなかいい感じのお肉ですなぁ。ハラミが肉肉してウメー

e0173645_07374827.jpg
e0173645_07375376.jpg

ローストビーフサラダ。「ワンカルビ」でも必ず注文するんだけど、これ硬くなくて、肉の繊維質をしっかり楽しめるな。

e0173645_07375498.jpg

べらぼうに頼んだ気はないんだけど、満腹感が・・・でも、酒あるし、酒の肴にコリコリ、いか焼きをもらおうかな。

e0173645_07381359.jpg
e0173645_07381879.jpg

量はいらないけど、もうちょいお肉という時にいいアイテム、この薄いのは国産牛みぞれ焼き。網に置いたらすぐに焼けるので、これをおろしポン酢でいただく。

e0173645_07382007.jpg

ドリンクはビールを中心に呑んでいたんだけど、ドラゴンハイボールというのが気になっていたので、注文。紹興酒「古越龍山」のハイボールだって。
んーお腹はいっぱいなんだけど、シメにはやはりクッパを食べとかないと。

e0173645_07403109.jpg
e0173645_07403847.jpg

限られた時間で、色々食べたい気持ちは分かるが、最初に一気に注文するのは避けて、1人前のボリュームを確認してからにしよう。心配しなくても、苦しいくらいお腹いっぱいになるから。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:勝っちゃん
場所:川西市栄根2-22-6
時間:17:00~22:30(土日祝は16:00~)
電話:072-767-9229

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-29 10:00 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

梅田の中華料理「金明飯店」

何だろう、ここのところ中華料理比率が高い気がするな・・・濃い味を求めているのかしら。こりゃ間違いなく、ぶーちゃんまっしぐらだな。

もう、だいぶと前の話なんだけど、
大阪駅前ビルでランチにしようと思って、入った店が中華料理「金明飯店」。もともと、駅前ビルの地下2階の通りってごちゃごちゃした感が満載なんだけど、「金明飯店」は、店個別としても、中華の雰囲気を醸し出すごちゃごちゃした飾り付けが印象的。

e0173645_12151079.jpg

意外と人気店のようで客でごった返している。1人だったので、カウンターに案内される。麻婆豆腐が美味しそうだったので、麻婆丼とラーメンのセット(600円)を注文するかな。値段も良心的だねー

ラーメンは、黄金色に澄んだスープ。
これは鶏がらベースかしら、あっさり醤油味。中華料理店のラーメンって、中華そばとはまた違うんだよねー
喉越しのいいツルツル麺との相性ばっちり。

e0173645_12150381.jpg

そして、麻婆丼。
あ、美味いやん。辛さは程よい感じなんだけど、炒めた香ばしさと、山椒の風味がよく効いていて食欲がそそる。最近、こんな感じの麻婆豆腐食べてなかったから嬉しいな。

e0173645_12150190.jpg

ランチ時はかなりごった返すので、あまりゆっくりは出来ないけど、
リーズナブルでボリュームのある中華を食べたい方は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:金明飯店
場所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル B2F
時間:11:00~23:00
電話:06-6341-2788

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-23 22:31 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

大原野「善峰寺」と高槻「樫田温泉」

4月のネタがまだ書ききらんなぁ・・・

・・・ホンマ、ちゃんと調べて来なあかんわ。
京都大原野の十輪寺を満喫した後、また、山道を登って駐車場へと向かっていた。車を
止めていた「よしみね乃里」のご主人に御礼を言ったところで、

「この上にある「善峰寺」もついでに見てみる?」

知らないということの恐ろしさ(笑)
車で向かうと、目茶苦茶大きい駐車場が待っていた。

善峰寺は、超歴史があるお寺で、平安時代中期に開かれたんだよね。
この山門からのど迫力に圧倒されるね。
あ・・・西国三十三所観音霊場じゃないか、朱印帳もってきてないよ。そんなしょっちゅう来れるところでもないのに・・・

e0173645_14472625.jpg

山門を抜けた先にある入母屋造りの観音堂(本堂)。
へぇ、こころとからだの痛みを癒してくれるお守りかぁ・・・俺は、そんな生っちょろい痛みじゃないぜぃ(笑)

e0173645_08460109.jpg
e0173645_08460356.jpg

観音堂から右手に階段があるんだけど、階段を上がりきったところの松が凄いわ。トンネルの様になっている・・・いや、そんな甘いものではなかった。
「遊龍の松」と呼ばれるもので、国指定天然記念物なんだね。樹齢600年以上の五葉松なんだけど、高さはC級呑兵衛よりもちょい高いくらいのイメージだけど、長さがこれ・・・40m!、日本一の松と呼ばれるわけですな。

e0173645_08544800.jpg
e0173645_08521402.jpg

善峰寺がそもそも山奥にあるところに、広大な境内もなかなかアップダウンが激しい。
一番高いところにある薬師堂に向かうと、その道中からもお堂前からも気持ちいい絶景が広がる。

e0173645_09105785.jpg

もう今の時期に書くことじゃないけど、
桜もなかなかの迫力で見ごたえ十分でしたな。境内中腹にある多宝塔、経堂の前の桜が、モッコモコなうえに、上から覆いかぶさるように咲き誇っている。
これは桂昌院しだれ桜」と呼ばれるもので、桜がもみじとの合体木で絡み合った結び木になっている。樹齢300年以上のしだれ桜、徳川綱吉の生みの親、桂昌院の手植えだそうな。

e0173645_09110167.jpg

一通り境内を巡って、山門に戻ってきた。
山門前にお土産を売る茶屋があるんだけど、その場で本当に焼いている手焼きせんべいが香ばしくてウマウマ。

e0173645_09264095.jpg
e0173645_09264157.jpg

さてさて、この後が大変だった。
地図で、善峰寺から真西に目をやると、京都府と大阪府の県境にあるポンポン山、さらにその西側に高槻樫田温泉というのがある。
観光の後に、ちょっと温泉でも入って帰ろうと、この高槻樫田温泉を目指すことにした。

善峰寺から一旦山を下り、高槻へ抜ける京都府道・大阪府道733号(柚原向日線)へ入る。これがもーすんごい山道。車のすれ違いがあると、かなり面倒くさいことになる峠道で、昼間でも薄暗く、何度も「本当にこの道で合っているのかしら」と考えてしまうほど。
途中、道標や大原野森林公園などがあるんだけど、誰を対象にこんなところに造ったのか分からない・・・も、そう思うくらい山の奥。
でも、穴太・善峰巡礼古道ってあるから、ここを歩いて峠越えするってことだよな・・・

e0173645_09341018.jpg
e0173645_09341473.jpg

どうだろう、30分とはかからず高槻樫田温泉に到着。
ひっそりと、隠れ家的な施設ですな。

e0173645_09342157.jpg

泉質は、低張性、アルカリ性の冷鉱泉17.0℃。なので、加温が前提にはなるんだけど、残念ながら循環・消毒あり。でも、設備はきれいに整っていて、浴槽は内湯1つ、露天1つ。特に、大自然の中での露天風呂が楽しめるぞ。
温度的には40度ちょっとくらいかしら。風呂上りでも、身体がポカポカと保温状態が続く。

今回、温泉で利用しているんだけど、
ここの施設、高槻森林観光センターが運営していて、産直品の販売や、レストラン、屋外バーベキュー場や、しいたけ狩りが出来るしいたけセンター、子供達が遊べる遊具広場など、なかなか充実しているぞ。

e0173645_09341837.jpg
e0173645_09341926.jpg

ちょっとしたドライブを楽しみたい人は是非~

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-22 11:34 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

富山の銭湯「森の湯」

町の銭湯っていいよね~
都内でめっさお洒落な銭湯があるかと思えば、昔ながらの唐破風の構えであったり・・・でも、そんなのは全体の数からすると少なくて、ほとんどは、そんなに特徴ある建物でもなく、「お、こんなところにあるのか」と街中に溶け込んだ感じであるんだよね。

公民館か何かの入口を思わせる煉瓦張りの建物、富山市内にある「森の湯」だ。
少し前に行ったんだけど、やっぱり、ブログに書いとこ―

e0173645_11453321.jpg

これといって「ゆ」の暖簾もないんだけど、中に入り下駄箱へ。
何か銭湯というより、この先に食事処でもありそうな入口だな・・・定休日が書かれているホワイトボード、一品メニューでも書かれていそうな勢いだ。
あ、それに、ちょくちょくあるんだけど、男湯女湯の識別にトイレマーク(ま、トイレ用に作られたマークかどうか知らないけど笑)。

e0173645_11453586.jpg

大人400円とはお安い。
浴室にはからんが20弱、カラン上のタイル画には鯉ときましたな。大阪市営地下鉄の御堂筋線のレトロな照明を思わせる蛍光灯がまた渋い。
お風呂は軟水で、気泡風呂、マッサージ、そして、富山なのでもちろん薬湯・・・コンパクトだけど充実したラインナップ。
どうだろう、温度は40度くらいかな。だいたい、寒い地域の銭湯に行くと、激熱をお見舞いされるパターンが多いが、ちょうどいい湯加減で落ち着くわー

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-21 18:55 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「穂」

オープン前から、「あ、ここに居酒屋出来るんやー」と思っていたんだけど、ようやく行く機会に恵まれた。阪急石橋駅西口を出て、「松屋」手前を左に曲がった奥。
居酒屋「穂(みのり)」だ。

e0173645_08540420.jpg

店に入って左手にカウンター、右手にテーブル席がある。そんなに大きな店ではないけど、肩肘張らない気さくな店の雰囲気が落ち着く~
外に立ててあったメニューだけを見ると、天ぷらと串焼きのお店なのかなぁと思うんだけど、一品や、その日のおススメもあるぞ。

ということで、まずは生ビール(380円)に和牛たたき風(580円)を。たたきではなくてたたき風なのね・・・薄くカットされたお肉はめちゃ柔らかいんだけど、加えて肉肉しさがしっかりと楽しめる一品。

e0173645_08540627.jpg

お造りもいくつかあるんですなぁ・・・お願いをして、さしみ盛合せを。
カツオたたき、イサギ、アジ、天然たい、たこ。タイのもちもち食感がたまらんわね。

e0173645_08540887.jpg

さて、このお店のメインはやはり、天ぷらと串ものみたいなので、そこもしっかりいただいておくか。
天ぷらは、単品で注文も出来て価格帯は100~400円。一人で行っても、好きなものだけ注文できるからいいよね。
今回は、天ぷら盛り合わせ(480円)をお願いする。海老、茄子、たこ、かぼちゃ、しろみ魚の5点盛りを天つゆで。
ふかっとした衣ながら、さくさくっと軽快な食感がグー。

e0173645_08541020.jpg

あれ、あの「霧島」・・・
「赤霧島」な形状なんだけど、初めてみたパッケージなので、すかさず注文。
「茜霧島」(450円)だ。「霧島」シリーズに新商品か。黄金千貫のDNAを受け継いだ「タマアカネ」という芋を使っているんだって。
一口呑んだら、それまでの「霧島」と全然違うのがすぐに分かる。だって、めっさフルーティなんだもの。面白いのは、単にフルーティじゃなくて芋のコクとかまろやかさがしっかりあるんだよね~

e0173645_08541485.jpg

串は、中落ちカルビ(200円)と、てっちゃん(150円)を。
中落ちがこれまた柔らかいねー、てっちゃんもぷりぷりでウメー。

そして、梅しそせせり串(200円)に、自家製つくね(150円)。この店のおススメでもあるつくねは、しっかり焼き上げているのに、ほろほろと口の中でほぐれる柔らかい仕上がり。餃子の餡食べてるみたい(笑)
せせりは定番メニューにあるんだけど、梅しそせせりは黒板メニューだったので、いつもあるかどうかは分からないけど、せせりのいい弾力との相性がいいですな。

e0173645_08541890.jpg

1人のみ、ファミリー、友人同士・・・気軽に入れるお店なので、気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:呑み処 穂
場所:池田市石橋1-10-6 津田ビル1F
時間:17:00~25:00(L.O.24:00)水休
電話:080-8514-2107

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-21 10:54 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

千里中央のラーメン「北海屋」

美味しいものを楽しくいただけるのは幸せを感じる瞬間なのかもしれないが、ボリュームミーなものを必死で食べていると、幸せを通り越し、健康な自分に改めて気づかされる。

少し前に、千里中央「北海屋」に入った時のこと。
ラーメンのお店なんだけど、どうやら、チャンポンが人気のようですな。
じゃあ、チャンポン(680円)を頼んでみようかな。

「!」

いや、多い多い。ほない食べれるかな・・・
メニューには、ちゃんぽんの写真もあったんだけど、平面的だったので、まさかこんなに深さのある器とは思っていなかった。

はい、ドーン。

e0173645_07545648.jpg

チャンポンて美味しいよね。
この塩味のきいた豚骨ベースのスープが好きなのよね~、お、味はしっかりしているものの、あっさりとしているからついつい食べ進んでしまう。
キャベツてんこ盛りなところに、ニンジン、蒲鉾やいかゲソが顔をのぞかせる。この下に多加水の丸麺がある・・・んだけど、そこまでたどり着くまでが大変だ。野菜たちをワシワシ平らげないと、一向に姿を見せてくれない。

チャンポンの量を確認してから注文しても良かったかもしれない、ギョーザ(1人前7個:270円)。こんがり焼いてもらって有難いですな。具もジューシーで美味い。

e0173645_07550697.jpg

がっつり食べたい人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:北海屋
場所:豊中市新千里東町1-3 せんちゅうパル3F
時間:11:00~16:00、17:00~21:00(土日祝は11:00~21:00) 水休
電話:06-6832-2662

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-21 08:50 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「中島酒店(くれは)」

この間の平日昼間、阪急十三の「十三屋」で酒を呑んだ後、駅へ向かって歩いている途中に、「中島酒店(くれは)」の前を通り過ぎる。十三では、名の知れた立ち飲みの銘店ですな。
そのまま、通り過ぎて家に帰るつもりだったんだけど、中に客がいるようだし、もう開いているなら、と、ちょっとだけ立ち寄った。

e0173645_12285728.jpg

勢いよく店に入ったものの、店の人は視界の中にはおらず、おっちゃん1人が呑んでいた。
少しすると、店の人が出て来たんだけど、「開店前ですんで、出来るもん限られますけど。」
しまった・・・入口手前でおっちゃんが呑んでるから、もう営業始まってるかと思ったじゃないか。後から考えれば、暖簾まだかかってなかったか・・・
店の人のこのセリフは、純粋にそう受け取るべきなのか、「あんさん、出直してきなはれ」と言われているのか悩んだぞ。そんな時に、1人呑んでいるおっちゃんが、「いいんですよいいんですよ、もう飲めますから。」と、適当なトークで割り込んできた。店の人の思いが後者だと、おっちゃんに蹴りを入れたい衝動に駆られているはずだ。

完全に気まずい状態のまま、芋焼酎(290円)ロックを注文する。
出来るもんが限られていると言われても、何が出来て出来ないのかが分からんな・・・
そこで、あんぺい(200円)を。もう夏ですなぁ・・・ひんやりと柔らかな食感がグー。こんな感じの一品メニューがたくさんあるぞ。

e0173645_12290705.jpg

いくら気まずいといっても、焼酎1杯に一品で締めて500円以内ということになれば、ますます店との距離を作ってしまいそうだ。店の人は、そんなことを思ってはいないはずなのに、小心者というのは妄想の世界がすごい。

で、焼酎をおかわりしつつ、つぶ貝煮付(260円)を追加でお願いする。
ここでは、酒の値段も肴の値段も破格なんだけど、缶詰や乾きものなどもメニューになっている。このつぶ貝煮付も缶詰じゃないかなと思うんだけど、冷蔵庫から出したかと思えば、そのままレンジで一度温めてから出てきた。あーこれで十分十分。つぶ貝美味いなぁ。

e0173645_12290903.jpg

結局、営業が始まるくらいの時間に、店を出ることになった・・・
おー外はまだ明るいぜ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中島酒店(くれは)
場所:大阪市淀川区十三東3-28-4
時間:16:00~21:00 日祝休
電話:06-6304-6096

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-15 13:07 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

蛍池の居酒屋「若竹」

阪急蛍池駅、国道176号線沿いに渋い白提灯。
このあたりでは年季の入った店構え、「若竹」だ。敷居が高そうな感じがしたけど、店の前まで来ちゃったから入ってみることにしよ。

e0173645_11173686.jpg

入ると、カウンターに常連客が数人いたんだけど、
店に入ってすぐ右手にテーブル席が1つあったので、ここに案内される。20名クラスの宴会もできるキャパらしいので、見えている以外にも座敷があるんだろうね。

さて、まずは泉州水なすぬか漬け(480円)。いい漬かり具合で、瑞々しさ満載だわね。

e0173645_11180263.jpg

そして、九州の味‼辛子蓮根(580円)。
久々に、辛子蓮根食べたな。このわずかに鼻に来る辛子のツーンが、酒を進ませるんだよね。

e0173645_11180395.jpg

水なす・辛子蓮根を肴に、ビールで喉を潤したところで、日本酒に切り替え。酒は白鶴の「杜氏鑑」(600円)。
それに合わせるように、造りの盛合わせがやってくる。盛合わせのメニューがなかったので、2人前で適当に見繕ってもらったら、ごっついのが出てきた。

e0173645_11182481.jpg
e0173645_11182710.jpg

「何人前やねん・・・」と思わせる全体的なボリュームもさることながら、切り身の粒の大きさのごついこと。
ネタは、活はもおとしに、鯖キズシ、明石蛸ぶつ切りに、かつおたたき、おばけだ。かつおはポン酢でいただくんだけど、わお!薬味たっぷり。あ、ポン酢がまろやかで酸味控えめ、美味いですなぁ。おいおい、明石蛸の、噛み応えのある男前な食感がたまらんな。

e0173645_11184017.jpg

店のおかあさんが、とても気を遣ってくれてるわけ。カウンター客の相手をしながらも、所々で様子を見に来てくれて一声かけてはまた戻って行く。一見の客には有難いですな。
メニューにはなかったんだけど、鮎の塩焼き(500円)を勧められたのでお願いすることにした。
あーやっぱり、このほろ苦さと風味豊かな白身が美味いなぁ・・・荒塩だけでも、どんなけ酒飲めるか(笑)

e0173645_11184198.jpg

店に入るときから、「どうする?注文する?」と悩んでいたんだけど、結局、最後に注文したのが、活・天然岩かき(大1700円、中1200円)だ。とーんと、大いっちゃえ。牡蠣は三重産で、大きな皿にドカーンと1粒。
ここに、酒は池田の「呉春」(600円)を。
岩牡蠣だけど、こってり濃厚なミルキーさがあるわけではなく、どちらかというとあっさりと瑞々しい感じだったな。食べ応え十分だ。

e0173645_11191920.jpg
e0173645_11193765.jpg

おかあさんが、この牡蠣の殻を植木のところに置いておくといいからと、しきりに持ち帰りを勧めてくれたんだけど、これを置くとなると、その代わりに植木をのけないといけないくらいのスペースしかないので、丁重にお断りした。

家族で行ったんだけど、非常に居心地のいいお店だったな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:若竹
場所:豊中市蛍池東町2-5-3 クレール若竹ビル 1F
時間:11:30~13:30、16:00~22:30 火休
電話:06-6841-2472

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-15 12:16 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)