<   2014年 02月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

石橋の居酒屋「虎太郎」

久々におじゃましたねー、石橋の居酒屋「虎太郎」だ。
ビルの地下に向かう細い階段を降りた先、店内はなかなか広い空間なんだよね~

e0173645_20000529.jpg

さて、最初はいつものように、造り盛合せ(1030円)から。
大振りにカットした赤身、はまち、サーモン、剣イカに・・・あ、盛り合わせには珍しい、くじらおばけも!
特に前列3種・・・脂がのって、しっとりした舌触りがたまらんわね。

e0173645_20000816.jpg

そして、貝王としては外せない、焼はまぐり(580円)。醤油で香ばしい風味をつけて。
くーウメー

e0173645_20001099.jpg

さて、こちらは珍しい馬タン刺し(780円)。
ムニムニ食感で、とける脂によって、しっとりとした舌触りに甘さがやってくる。なかなかの美味ですな。

e0173645_20001298.jpg

特製オムレツ(380円)に、あらびきソーセージとほうれん草バター炒め(400円)。
ほうれん草バターってベーコンと合わせることが多いけど、このあらびきも食べ応えがあっていいね~

e0173645_20001487.jpg
e0173645_20001815.jpg

馬タン刺しもモグモグしながら・・・
酒は栃木、宇都宮酒造「四季桜」特別純米酒(600円)を。あ、あっさり爽やか~でも、旨味もしっかり。

e0173645_20001614.jpg

山芋とろろ焼(420円)は、見た目デザートみたいですな。中には、ふわふわのとろろが待っているんだけど、この茶色くかかっているのはポン酢。こってりに見えて、めちゃさっぱり~

e0173645_20002146.jpg

さて、シメにはカルボナーラ
カルボナーラは、パスタでは定番のメニューだけど、この店はちょっと変わっている。パスタの代わりに、チキンラーメンを使っているんだよね。
池田が、インスタントラーメン発祥の地ということで、市内を中心にいくつかの店舗で、このチキンラーメンを使ったオリジナルメニューを出しているのだ。
チキンラーメンって、もともと味がついている麺でしょ。だから、パスタと違って、麺は麺でしっかりした味を主張してくるから面白いよね。美味い~

e0173645_20002562.jpg

あー食べた食べた~
気になるメニューがあるなと思った人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:虎太郎
場所:池田市石橋2-3-36 オリエンタルビルB1F
時間:17:00~翌4:00(L.O.3:00)
電話:072-763-1100

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-25 21:12 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「らんぷ亭」

も~ブログがなかなか追いつかないなぁ。
年末に旅行が続いたから、それを書ききるのに時間かかちゃってるんだよねー

年末ネタがまだあったりするのよ。
石橋の居酒屋「らんぷ亭」にも行ったんだよね。

お造りは剣先(600円)を。瑞々しくて美味い~

e0173645_18301389.jpg

「らんぷ亭」に来たなら、お肉には注目しておきたいところ。
ユッケ(1200円)をいただこう。ユッケやタタキには、贅沢にもハネシタ使ってるんだよね。ピリ辛な味付けに、肉の脂からでるコクとの相性がよく、美味い!

e0173645_18303112.jpg

さっぱりと、ジャコパリサラダ(550円)・・・わ、カリカリのじゃこがわっさーとまぶしてあるな。
Jr.がオムライス(650円)を注文。シンプルだけど、何だか懐かしい味わい。

e0173645_07434710.jpg
e0173645_18302120.jpg

とん平焼きならぬ、いか平焼き(550円)。豚の代わりに、たっぷりのイカが入ったコナモンなんだけど、駄菓子感覚でペロッといけちゃう。これおススメ~

e0173645_18301815.jpg

エビチリソース(650円)がこれまた美味しいんだわ。食べ応えのあるプリプリ海老はもちろんなんだけど、このソースが絶品。ケチャップ色の強い味付けが多い中、ここは溶き卵がはいった優しい味わいで、飽きがこない。

e0173645_18302460.jpg

豆腐と牛肉を煮込んだものが、小さな器ででてくるかと思ったら、意外と小鍋で出てきた肉豆腐(550円)。えのき、水菜もたっぷり入って、すき焼きみたいになってますな。ウメー、日本酒が進む一品だ。

e0173645_18301628.jpg

いつも、期待を裏切らない安定感ばっちりのお店で嬉しいなぁ。
今回も、しっかり食べて飲んで、満足な時間だったぞ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:らんぷ亭
場所:池田市石橋2-2-7 石橋セントラルビルB1F
時間:18:00~27:00 日休
電話:072-761-4088

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-24 07:53 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

天神橋筋6丁目の「麻拉麺 揚揚」

そういえば、そんなに担担麺を食べることってない気がするんだけど、たまに、担担麺を食べるために店を選ぶってなことがある。麺ももちろんなんだけど、あの赤いスープがコクもあって、身体がたまに欲するんだよね~

担担麺は、もちろん中国のものなんだけど、
冒頭の話のように、汁ありのものは、完全に日本向けにアレンジ(日本発祥)されたもの。しかもこれ、陳健民がリリースしたのね。
「じゃあ、本場中国はどうなんだよ!」と言われると、汁なし担担麺がそれにあたる。

さて、少し前の話になってしまうんだけど、汁なし担担麺の美味しい店があるという事で連れてきてもらったのが、天神橋筋商店街にある「麻拉麺 揚揚」だ。

e0173645_15564785.jpg

本場広島風・・・
汁なし担担麺が中国のものだというのはさっき書いたけど、それを日本で同じように始めたらあまり見向きされなかったから、結果的に、汁ありが主流になったのね。で、「本場と同じ汁なしの担担麺を」と頑張ったのが、広島だったというお話。

さて、「麻拉麺 揚揚」の汁なし担々麺(500円)を。食券を買うタイプだ。
買った後に、麺の太さ(ふつう、太い)、麺の量(ふつう、大盛、特盛(100円追加))の他、唐辛子の量(零(0)~肆(4))と、四川山椒の量(零(0)~肆(4))を伝える。C級呑兵衛は、参(辛い)・参(痺れる)をチョイス。

お、きたきた。
麺が見えないほどに、青ネギどっさり、その上にミンチがのせられている。

e0173645_15564915.jpg

壁にも、でかでかペイントされているんだけど、
「麺がきたら三秒以内に混ぜ始め最低十回混ぜる」とあるので、早速、がっさがっさ混ぜて、ずずっとすすってみる。

お!美味いじゃん。
底麺にあるタレが、ラー油も入っているのか油っぽく麺をコーティングし、かつ、ピリ辛でなんともクセになる。汁なしって、食べにくいのかしらと思ったら、全然そんなことないね。山椒もいいアクセントになってるわ。

e0173645_15565284.jpg

天秤棒かついで売っていたのが始まりで、担ぐ字をあてて担担麺
そうなると、店によっては、「担担麺」を土辺の「坦々麺」と書く店があるけど、あれは間違いになりますな。

 ■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:麻拉麺 揚揚 大阪天六本店
場所:大阪市北区天神橋6-7-24
時間:11:00~23:00
電話:06-6358-9700

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-23 07:22 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「家庭料理 うさぎ」

東京出張の帰り、日本酒をちょっとだけ飲みたいと思い、ふらっと立ち寄ってみた。
阪急十三にある「うさぎ」だ。
東京駅を出る時に、立ち食い蕎麦を食べて腹もちが良かったのか、また一から食事というほどでもなかった。うまい具合に、付き出しで牛肉たたきやスペアリブなど、小腹を満足させる惣菜が並んだ。

酒は、「獺祭」磨き三割九分純米大吟醸 夏仕込しぼりたて生酒
華やかな吟醸香が素晴らしい。美味しいーわー

e0173645_12052684.jpg

そして、奈良は桜井、今西酒造「三諸杉」純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒
口に含むと、深みのある甘みにぐっと引き込まれる。美味い!


e0173645_12053159.jpg

「鴨あるけど食べる?」と聞かれて、それが刺身であることが分かると、即「いります」返事。刺身ということは・・・と思って聞いてみると、やはり、ツムラ本店の河内鴨だ。それを確認できただけで、すでにパブロフの犬状態。

e0173645_12052910.jpg

この河内鴨、適度な脂からか、滑らかな質感に噛むほどにコクのある味わい。
いやぁ、酒の肴に贅沢な一品ですなぁ。

さらに一杯。宮城、山和酒造店「山和」純米吟醸無濾過生原酒
日本酒度は+1なんだけど、ぐびっといくと、タン元に辛味。でも、さっと引いて後味がめちゃ爽やか~
くーウメー

おっと、24時になる前に店を出るとするか。
また、来よー


「・・・。」
話が終わるようにみせかけて・・・

そういえば、昨年11月にここを訪れていた。
10周年を迎えたということで、ひっさびさに訪れて超満員だったんだよね。何とか店に入ることは出来て、その時、初対面の人とも仲良くなり、一緒に呑んで楽しかったわー

いかのわた煮に、きずしを肴に・・・

e0173645_14213927.jpg

酒は、伊賀は若戎酒造「真秀(まほ)」育酛純米吟醸(650円)から。クリアな喉越しに程よい旨味が広がる。
ちょこちょこっと、牡蠣やお肉など一品を出してもらいながら、神戸市の小山本家酒造「空蔵(くぞう)」全量雄町 無濾過生原酒 純米吟醸(750円)。お米の香りが引き立つ旨口な酒ですな。

e0173645_14213866.jpg

そして、山形は鶴岡市竹の露合資会社の「白露垂珠(はくろすいしゅ)」純米吟醸限定無濾過しぼりたて生原酒 美山錦
濃厚な中にも、上品な香りがいいね~お肉との相性もピッタリ。

e0173645_14214163.jpg
e0173645_12080105.jpg

超満員でバタバタしているはずなんだけど、何だかんだ言いながら、美味しい肴と美味しいお酒でバッチリ満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:私選旨酒 家庭料理 うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
営業:11:30~14:00、17:30~22:30 日祝休
電話:06-6309-0321


【 C級呑兵衛からのお知らせ】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-22 15:30 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

須坂・長野探訪~雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(9)

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日。
今回が最終回。

「地獄谷野猿公苑」を出発した後、「近くで、ひとっ風呂入りたいねー」ということで、須坂市にある関谷温泉「湯っ蔵んど」にやってきた。

e0173645_22463894.jpg

ここへは、以前、仕事で立ち寄ったことがあるんだけど、肝心の温泉には入っていなかったんだよね。
入館料は600円。建物そのものもまだ新しいし、空間も開放的。それだけでも気持ちいいんだけど、蕎麦、ジェラート、石窯焼きピザ・・・とにかく、「地産地消」で「美味しいもの」にこだわるメニューやショップが並ぶのが凄い。

おーっ!
浴場に入ると、広々とした大浴場がたまらんわね。露天風呂を望むガラス窓から、明るい外光が差し込む。
内湯には、大浴場以外に、寝湯や源泉浴がある。そして、露天風呂は・・・わ、これもでか!他に、岩風呂・桶風呂もあるぞ。
温泉は、低張性弱アルカリ温泉で、源泉の温度が36~38度程。基本加温なんだけど、湯量は豊富なので源泉100%。源泉かけ流しでないのと、消毒が残念ではあるけど、この充実した設備と浴槽の広さには脱帽だ。この昼間の風呂の爽快感といったらないね~最高!

お風呂上りには、土産や地元のものを扱う館内のショップへ。
あーそやそや、糠漬けに使う野菜が欲しかったんだよな・・・お、面白い形をしたかぶを見つけたので買ってみることに。これも、もちろん信州須坂の地野菜だ。

e0173645_22464174.jpg

Jr.は、C級呑兵衛のススメで盛進堂の「栗中華」をゲット。どら焼のように、カステラ生地の中に餡と栗が丸々1個入った和菓子。これ美味しいんだよね~、Jr.も気に入ったようだ。

e0173645_22464468.jpg

今日は12月31日、明日からの正月のことを全然考えていなかったが・・・「え?白みそないの?」という話に。
関西では、正月に白みそ雑煮を食べる風習があるんだけど、うちの場合は、元日が白みそで、2日が水菜の入ったすましと決まっている。
「じゃあ」ということで、年末で営業しているか心配だったが・・・あ、開いてた!「塩屋醸造」を訪れた。ここのお味噌は絶品だからね~
何でも、信州の白みそは、関西でイメージしているものほど甘くないんだって。

e0173645_22464682.jpg

せっかく、ここまで来ているので、長野電鉄須坂駅をチェックしとこうかな(特に、意味はないんだけど)。
おー構内の販売コーナーに、えのき山盛り~

e0173645_22464888.jpg

さて、須坂を離れ、この後、車は長野市内に入る。
ま、家族で長野に来ているので、やはり、善光寺だけはお参りしておかないと。

が、先に昼飯。
「蕎麦にとんかつですか・・・。」、変わった組み合わせだなと思い入ったのは、仲見世にある「丸清」だ。
もりそばセット(950円)は、蕎麦とミニヒレカツ丼のセットになっている。

e0173645_22465496.jpg

あ、ソースカツ丼なのね。そういえば、伊那でもソースカツ丼を食べたけど、長野も福井などと同様、ソースカツ丼が有名なんだね。この老舗「丸清」も、その草分け的存在のようだ。

衣がサクッといった後、柔らかいヒレ肉の美味いこと。ソースは甘めなんだね。
エッジがきいて、歯ごたえの良い蕎麦もグー。濃味のダシでズズッといただく。

e0173645_22465234.jpg

「丸清」を出て善光寺に向かう途中、「八幡屋礒五郎」に立ち寄る。
ここの七味唐辛子が好きなんだけど、缶が小さいから大きいのないのかな・・・あ、あるじゃん。ラージ缶になるとちょっとグレードの高いステンレス缶になるのか。そこまではなぁ・・・ミディアム缶というのがあったので、これにしよ。

e0173645_09242234.jpg

善光寺仁王門をくぐって、すぐ右手にある「つち茂物産展」。ここでまさかの、食後のデザートに、信州名産おやき
カツ丼に蕎麦食べてるのに、いけちゃうのよね。野沢菜のおやきを、店内で腰掛けさせてもらって、頬張る。

e0173645_22470031.jpg

善光寺は、相変わらずのど迫力。あ、明日から正月だから、山門に「賀正」と掲げられているね。

e0173645_22470257.jpg

そして、国宝の本堂。江戸中期の撞木造り、屋根は総檜皮葺き。やー立派ですなぁ。「遠くとも一度は詣れ善光寺 救え給うぞ弥陀の誓願」、そうね、一度は詣でておきたいスポットだ。

e0173645_22470377.jpg

もう、善光寺は規模が大きすぎるので、お守りは自販機でお願いします(笑)

e0173645_22470596.jpg

おいおい、お守り自販機で喜んでいる場合じゃない。何だかんだしているうちに、もうすぐ16時になるじゃないか!
あかん、そろそろ、大阪に向けて帰らないと…

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日 完

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-22 10:17 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

地獄谷野猿公苑~雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(8)

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日。
12月31日(火)、「ホテル西正」を出発し、チェーンを買ったガソリンスタンドに向かう。「チェーン外す時、また寄って下さい。こちらで外しますので」という言葉に甘えて、のこのことやって来たのだ。
その時に、「地獄谷野猿公苑」へ行こうと駐車場の場所を尋ねたんだけど、そこからすぐとはいえ、実際、現場に来てみると、「おいおい、ここまではチェーン必要だったんじゃ・・・」と思わせる状況じゃん。駐車場までは全然大丈夫で、どちらかというと、駐車場内がかなりの雪で、かなり気を遣う状況だった。道路から駐車場が微妙に坂になっていて、そこは凍ってやんの。

車だけじゃないな…普通の靴で来ているから、つるっつる滑って歩きづらい路面じゃあないか。

e0173645_17523031.jpg


少し歩いたところに、看板を発見。「地獄谷野猿公苑」の入口だ。おっと、ここから1.6kmもありますか。おー本当に山道を歩くんですな。こうして、山中をひたすら歩くのって久々だな。寒いし足元悪いけど、朝の森の清々しさといったらない。
ビックリしたのは、海外の観光客比率がめちゃくちゃ高いことだ。歩いている人、日本人観光客より多いんじゃないか・・・と思うくらいだ。

e0173645_17523427.jpg

e0173645_17523880.jpg

山道を30分ほど歩くと、川沿いに少し開けた場所に出た。この雪景色も、日本の風景って感じで風情がありますな。が、ここがゴールじゃなかった。入口から30分歩いてきたところで、「地獄谷野猿公苑 入口」の看板を目にするショックさ。

e0173645_17524659.jpg

e0173645_17524868.jpg

ここから、階段を上り数分で受付に到着。
「サルを見る時の注意」って、箕面の滝以来かしら・・・そんな感じで中に進んでいったら、箕面とは明らかに違う光景が・・・
温泉に入る猿を見に来たんだけど、そこに至るまでの道沿いに、さりげなくいるんだよね。しかも、人に対して驚くことなく、おとなしい。

e0173645_09505077.jpg
e0173645_09511390.jpg

お、湯けむりがみえた。ほー結構、観光客がいるんだなぁ。
ある程度近寄っても大丈夫だし、人に対して危害を加えることもないねー

e0173645_07493571.jpg
e0173645_07494692.jpg
e0173645_07494948.jpg

温泉に気持ちよさそうに入る猿も良かったけど、それ以上に、ほのぼのした光景を発見。おそらく、温泉が通るパイプなんだろうね、それが温かいものだから、そこに何匹も乗っかるわけ。

e0173645_07535587.jpg

パイプにべったりひっつくものもいれば、数匹で寄り添うのもいたり・・・

e0173645_07535277.jpg
e0173645_07535627.jpg

さて、一通り観て、また来た道を戻って行くんだけど、
さっき見た、川沿いにあった建物が気になってたので、そちらに向かってみる。「後楽館」という旅館なのか。100年以上の老舗なんだね。
ここで、名物の笹ちまきをいただく。5個で700円。もち米を熊笹の葉でつつんで、ここの温泉で煮ているそうな。緑色のきなこでいただく。
もちもちっとした食感、素朴な味わいがホッとするな~

e0173645_07595171.jpg
e0173645_07595344.jpg

さ、山を下っていくぞ。
続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-20 22:28 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「丸一屋」

絶対、以前に入ったことあると思うんだけど、ブログには書いてないんだよななぁ…日曜日の夕方、仕事帰りに阪急十三駅で途中下車。西出口から続く商店街を抜け、交差点を渡ったところにある居酒屋。

「丸一屋」だ。

e0173645_07482909.jpg

かけつけに瓶ビールをもらい、ホワイトボードに書かれた今日のおすすめを確認する。
基本的になーんでもある感じなので、その時の気分でチョイス出来るのが嬉しい。なるほど、お造りあたりもあるので…さざえのお造り(600円)をもらおうかな。

2個のさざえが、手際良く調理され盛り付けられる。きも(尻尾の部分)は、鉄板で少し焼き目をつけて。
ぬぉ!こりっこりやな。歯を当てても、ゆっくり噛みきれる弾力ある肉質。ウメー

e0173645_07483129.jpg

きもが、これまた全く臭みがなく、大人な苦味だけがまとわりついてくる。いかん、こりゃ日本酒に切り替えなきゃ。

e0173645_07483376.jpg

そして、わけぎ酢みそ(350円)。
湯引きしたタコとわけぎに、どわっと酢味噌がかけられる。わけぎが、しゃきしゃきで美味い!なかなかいいボリュームで、酒飲みには有難いアイテムだ。

e0173645_07483743.jpg

「おいおい、うどんかよ・・・」

と思わせた、湯豆腐(300円)。
豆腐はどうだろう…半丁くらいかしら。これが、うどん鉢みたいなのに入って出てくるんだけど、ダシも、とろろ昆布込みで、うどん並みに入ってるわけ。
でも、このダシを肴にこれまた酒が飲めるので、実は有難い。
三つ葉、ゆずがいいアクセントになっている。

e0173645_07483547.jpg

いい感じで、ちょい呑みが出来たな。こういう店はホント有難いですな〜
気になる人は是非〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸一屋 本店
場所:大阪市淀川区十三本町1-8-14
電話:06-6390-0018

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-19 07:23 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(7)

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日。

夕食を済ませてホテルを出る。
出て右手すぐのところにある、五番湯「松の湯」。他の人が入っていたので、写真は撮れなかったけど、細かいタイル張の床面・・・そういや木床が多い外湯の中で、かえって珍しく見えますな。

e0173645_12031708.jpg

「え?また行くの?」
2日連続の射的で「面白屋」へ。ま、やるからには戦利品ゲットするまで帰らんぞ。

e0173645_12033526.jpg
e0173645_12033719.jpg

そして、二番湯「笹の湯」
ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物泉で、肌にいいさらさらな質感が気持ちいいんだけど、これ、また誰か水入れたなぁ・・・少しぬるめじゃないか。

e0173645_14060175.jpg
e0173645_14060575.jpg

おいおいおい・・・

このコンパクトな浴槽がおちゃめな三番湯「綿の湯」。さっきの二番湯「笹の湯」に同じ泉質のはずなんだけど、少し乳白色の湯なんだな。
さっきの二番湯「笹の湯」が根性なしのぬるま湯だったので、油断をしていたら、ここは激熱!
これは、すぐに入れないぞー、久々に骨のある湯だぜ。「うおーっ、ぬっ、ガー」といちいちうるさく叫びながら、じわじわ肩まで浸かる。

e0173645_14151266.jpg

六番湯「目洗の湯」は・・・お、有難い、広めの浴槽じゃないか。風情もいいですな。
この湯で目を洗うと、眼病が治ったといういい伝えがあるんですな。あーちょうどいい湯加減や~、さっきまで、ぬるいのと激熱のと極端なお見舞いされたからなぁ。

e0173645_14075428.jpg
e0173645_14075821.jpg

22時頃にホテルに戻り、部屋飲みをほどほどに、明日に備えるか。九湯めぐりがまだ終わっていないので、明日朝一から、さばいていくぞ。

明けて、12月31日(火)
8時の朝食までにと、九湯めぐりは始まっていた。
7時の段階で、七番湯「七操の湯」の湯に浸かっていた。鉄分が多い泉質のため、赤茶っぽい湯の花がたくさん浮いている。

e0173645_16012513.jpg
e0173645_16012810.jpg
e0173645_16015016.jpg

八番湯「神明滝の湯」
浴槽に入るこの入口の扉が、どうにも家の中の仕切り戸みたい。向こうに茶の間があったらどうしよう・・・
他の外湯と泉質は同じだと思うんだけど、少し、青みがかっている気がする。あ、ちょっと熱めかしら・・・あ、でも、ちょうど頃合いの温度で快適~

e0173645_16413175.jpg
e0173645_16412904.jpg

そして最後は、ホテルと目と鼻の先にある四番湯「竹の湯」へ。
ここも、少し青みがかった湯ですな。
短い時間で色んな効能の湯に浸かったから、最強の身体になるんとちゃうやろか。

e0173645_16290369.jpg
e0173645_16244265.jpg

さて、これで一通り外湯を巡ったので、最後、渋高薬師に向かう。九番湯「大湯」の前・・・
げ、この階段を上るのか。

e0173645_17055740.jpg

渋高薬師は、行基がこの地で温泉を発見した時、その効能を知らせるために薬師如来を刻んで祀ったもの。なかなか、歴史を感じさせる構えだ。

e0173645_17060003.jpg

ここでお参りをして捺印をすれば、満願成就。巡浴祈願手拭い、全部捺印できたぁ~

e0173645_17060358.jpg

ホテルに戻って、すぐに朝食。
さ、しっかり食べて、帰り支度するか。何も特別なものはなかったけど、その分、気を遣わずゆっくりと出来たので、「ホテル西正」にはホントお世話になったな。

e0173645_17060738.jpg

そのまま、大阪に帰るのも勿体ないので、少し観光をして帰るとするか。
続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-15 17:33 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(6)

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日。

横手山頂ヒュッテで、ロシア料理と美味しいパンを堪能し、昼を回ったところでようやく滑りに入る。横手山頂からはまず、渋峠方面、渋峠スキー場のゲレンデ側に降りていくことにした。きっつい冷え込みは相変わらずだが、さすがにここの雪質は最高ですな。

e0173645_09184827.jpg

ウェーバーコースを滑り降りたところには、渋峠ホテル
「マジンガーZの、あしゅら男爵か!」・・・途中で増築でもしたの?と思ってしまう建物、真ん中で色が変わっているんだよね。
でも、よーく見ると、「ぐんま」「ながの」の文字が…そう、ここ県境の宿で、建物が長野県と群馬県にまたがっている。

e0173645_09333553.jpg

渋峠第1ペアリフトに乗り込み、先程のウェバーコースとリフトをはさんで反対側、グミュートコースを滑走して、横手山エリアへ戻っていく。

e0173645_09481458.jpg

横手山頂からキングコース、第2スカイリフトをくぐって第2ゲレンデへ。横手山からの雄大な景色も最高ですな。

e0173645_10044709.jpg
e0173645_10045072.jpg
e0173645_10045304.jpg

第2ゲレンデ前で、たまたまシャトルバスが行き来しているのを見かけ、これに乗って、熊の湯スキー場に移動してきた・・・が、移動してきて早々、レストラン「ベル・ドール」で休憩。地ビール「志賀高原IPA」と野沢菜でまったり。あ、風味豊かで美味い!

e0173645_10233791.jpg
e0173645_10234070.jpg

熊の湯スキー場は、滑走距離が最大でも1km程度で、そんなに大きなスキー場ではないんだけど、結構楽しめる。
というのは、他のゲレンデではあまりないんだけど、木々の間をすり抜けて滑ることができるんだよね。でまた、木と木の間に妙な山が出来たりして、ちょっとしたジャンプが出来るので、子供達がキャーキャーいって盛り上がっている。

e0173645_10234319.jpg
e0173645_10234658.jpg
e0173645_10234907.jpg

まじか・・・
とにかく、滑れる時間まで目いっぱい滑って、そろそろ帰ることにしたんだけど、激渋滞。昨日はそんなことなかったのに・・・

e0173645_10535171.jpg

これがまた危険で、路面が完全に凍っているわけ。
今回の旅行で、レンタカーなのにチェーンを購入する羽目になったものの、これで随分安心・安全を買うことが出来たはずだ。それでも、この路面に出くわしてしまうと、歯が立たない。この渋滞なので、ほとんどアクセル踏めない状態ではあるけど、ブレーキを掛けると、完全にタイヤが滑ってるよな・・・
とにかく、志賀高原にスキーに来るなら、スタットレス・4WDとか関係なく、どの仕様であっても、チェーンは必須だ

これのおかげで、ホテルの夕食時間に間に合わず。ま、連絡して「大丈夫ですよ」という話しだったが、結果、1時間遅れで戻ってきた。聞くと、この渋滞は、特段珍しいものではなかったみたいなんだけど、いつもこんな感じなら、もうちょっと道路に何か対策打ってくれよ的な。

さて、夕食。
わー、おぼんに所狭しと器が並んでますな。お造りは、地元の信州サーモンと鯉の洗い。ウメー
ボリュームたっぷり、お野菜も滋味で美味いし、満足満足。

e0173645_10534855.jpg

さ、明日は大阪に向かって戻っていかなきゃならない。
夕食を早々に済ませて、また夜の温泉街に繰り出さなきゃ。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-15 11:23 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「治助」

ちょいちょい行こうと思って、店の前までは来るんだけど、いっつもいっぱいで入れないんだもの。
石橋の居酒屋「治助」だ。

テーブル席に案内されると、横にパイプ椅子をイーゼル代わりに準備し、今日のおすすめが書かれたホワイトボードを据え付ける。小さな文字で、魅力的な肴がぎっしりと書かれている。

まずは、造り五点盛(1380円)から。
マグロ、カンパチ、ケンイカ、平目、ブリ。マグロもブリも大き目にカットされて食べ応えバッチリ~、華やかな盛り付けも嬉しいよね。

e0173645_07553325.jpg

酒は「神亀」(580円)。
枡の中にワイングラスを入れて、酒が注がれる。やっぱり、この安定感が美味い!

e0173645_07553546.jpg

なまこというと、やはり、伊勢産なのかしら・・・伊勢赤なまこ(680円)。他ではあまり見かけない、薄目で大きめなカット。コリコリした硬い食感とはまた異なり、しっとりとした質感を噛みしめる食感が楽しい。

e0173645_07553724.jpg

鳥の唐揚げは、衣に醤油ベースの味が付いていて、この香ばしいカリサク感がたまらん。鶏肉も柔らかくて瑞々しい。
そして、ほっかほかの出し巻き(480円)。

e0173645_07554003.jpg
e0173645_07554269.jpg

ふぐ皮ポン酢(580円)であっさりと。ふぐ皮のゼラチン質が、ムニムニした食感が気持ちいい。

e0173645_07554623.jpg

酒を焼酎「黒伊佐錦」(420円)にかえて、安納いもの天ぷら(480円)を。この安納いもって、本当に甘いよね~
これ、天ぷらだけど、どう考えてもスイーツだもんな・・・単に甘いだけでなく、このしっとりとした質感がまたいいんだわ。

e0173645_07554460.jpg

さっき、箸休めに注文したもろきゅうなんだけど、まさか、こんなビジュアルでやって来るとは思わなかった。胡瓜も、ここまで刃を入れてもらえると本望でしょうな。このもろみ、塩加減がいい感じでウメー

e0173645_07554804.jpg

店を出る時、
店の方が、入口まで送り出してくれる中で、「温泉とか旅に出てるテレビに出てる人ですよね。」と。番組は終わっているんだけど、結構見てもらっている人がいるんですなぁ。いやぁ、有難いことですな。

やっぱり、今日も美味しかった。また、来よ。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:和創料理 治助
場所:池田市石橋2-13-3 フォレスト石橋1F
時間:17:00~24:00 日休
電話:072-762-1211

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-14 07:43 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)