<   2014年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

石橋の居酒屋「むげん」

これ…石橋温泉が営業している時からあるビルなんだけど、比較的新しいよね。いま、石橋温泉跡地にはマンションが出来、隣のこのビルには赤提灯がぶら下がる。

その赤提灯の店、串かつの「むげん」に入る。    

e0173645_07442712.jpg

冒頭、何でそんな話からしたかというと、この店構え。どう見ても、スナックかラウンジにしか見えない。だから、この串かつの店以前に、そうした店が入っていたのかしら、と思ったから。
入口に案内の看板が出ていたので良かったが、店先に情報がないと、なかなかハードルの高い店構えだ。

入ると、ゆるい弧を描く10席のカウンターと、奥に6人ほど座ることのできるテーブル席が1つ。壁が黒いのもあって、かなり高級感のある雰囲気になっている。

e0173645_08022543.jpg

カウンター席と調理側との敷居は低く、終始段取りを眺めることができる。店の人も静かだし、全体的に高級感満載で家族で来るのは失敗かなぁ~と最初思ったけど、あまり、そうした先入観は持たない方がいい。

生ビール(450円)を注文した後、ハゼ系の魚を模った串入れ、4種のタレ(ポン酢・岩塩・ソース・醤油)、瑞々しい野菜と、付き出しで山芋とろろがやってくる。

e0173645_07443187.jpg
e0173645_07443485.jpg

さて、本家の串かつの話だけど、単品で注文することもできるんだけど、大きくは2パターンかしら。
1つは、おまかせむげんコース(1本120円~)。これは、他店でもよくある、「順番に揚げていきますので、よろしいところで止めて下さい」スタイルですな。
もう一つは、串かつ定番7本セット(980円)。ちょい飲みや、とりあえずこれを頼んで後は単品、というスタイルですな。

今回は、串かつ定番7本セットから始めた。まずは牛串、ヤングコーンから。衣は、きめの細かい歯触りと香ばしい揚げ具合で、サクッと軽め。
あ、ヤングコーンが、ほくっと美味い。

e0173645_07585883.jpg
e0173645_07590193.jpg

茄子には甘めの味噌を・・・柚子の風味がきいてますな。そして、ささみ。

e0173645_07590488.jpg
e0173645_07590665.jpg

これは、お好み天。魚のすり身で、かまぼこみたいな感じですな。紅生姜と紫蘇がいいアクセントになって美味いや。

e0173645_07591659.jpg

こちらは、舌ひらめと椎茸。
わ!、ふわっふわの身がたまらんなぁ。白身の味の濃さもハマるわ。

e0173645_07592482.jpg
e0173645_07591492.jpg

ここからは単品で注文。
大海老に、トマトの豚肉巻き。トマトと豚肉の相性がいいな~

e0173645_08004735.jpg
e0173645_08005091.jpg

サーモンタルタルにチューリップ。タルタルがこってりしてそうで、ちょっとした酸味が気持ちいい。ホロホロと崩れるふっくらサーモンもグー。
チューリップは、こんがりな感じで仕上げてあり、かぶりつくとザクザクっとした衣がクセになる。

e0173645_08005257.jpg
e0173645_08012218.jpg

あじ、山芋に豚へれ。
へー、あじも茄子と同様に味噌で食べるんだ。この味噌、さっぱりして美味いんだよな。
山芋は、海苔巻で揚げてある。軽快なシャクシャクした食感はやっぱりいいわー
豚へれは、肉厚なところをいただける。ヘレなのでジューシーさはイマイチだけど、柔らかい肉肉した食感が楽しめる。

e0173645_08012821.jpg
e0173645_08015514.jpg
e0173645_08020828.jpg

あー食べた。
勘定を済ませ店を出る際に、ご主人曰く、「次回は、おまかせコースを是非」と。
おまかせむげんコースだと、今日食べたようなもの以外にも、創作串かつがあるのかもね~、じゃあ、今度来るときはおまかせにしよ~
今日のこれで、酒も呑んで一人3500円くらいかな。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:むげん
場所:池田市石橋1-12-8
時間:17:00~23:00 月休
電話:072-786-4917

  【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-30 21:25 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

雪に笑い雪に泣け!渋温泉・志賀高原2泊3日(1)

2013年12月28日(土)。
そろそろ22時半を迎える頃、C級呑兵衛ファミリーは名神高速道を走り、大津SAにいた。
これから信州に向かうため、現地での積雪、その積雪による道路規制などは、ある程度気にしていたんだけど、
特に、今日から冷え込みが厳しくなり、各地で積雪になるというニュースがちらほら聞こえていた。
・・・いやいや、もう大津の段階で雪降ってんじゃん

e0173645_11375844.jpg

こんな所からガンガンに降られると、所要時間にも影響するし・・・今回の旅は、なにかと雪で苦労しそうだなぁ。
んー、ま、考えても仕方がないし、腹ごしらえしよー
SA内のレストランで食券を買って、カウンターでチケットを渡す・・・よくあるスタイルなので、商品が出てくるまでカウンターで待ってたら、「席でお待ち下さい」と促される。
え? あ…一歩下がって分かったけど、こんなところに注意書きが…。食券発行の段階で、厨房には注文通るタイプなのね。恥ずかしい思いをしたぞ。

e0173645_11375422.jpg

とにかく旅に出たのなら、家を一歩出た段階から旅を楽しみたいところ。それこそ、SAは、その土地その土地のグルメや特産品を扱っている場所として、楽しみたいところだ。
で、注文したのは、滋賀県ならではの近江牛コロッケ・バスフライカレー(850円)だ。近江牛を口にすることはまあ稀にあっても、琵琶バスはなかなかお目にかかれない。要は、ブラックバスのことで、琵琶湖の外来魚駆除を目的にメニュー化されているものだ。淡水魚の生臭さもなく、あっさりといただける。

e0173645_11375335.jpg

大津SAを出発してからは、速度規制こそないものの、雪が結構視界を悪くする。
23時半に彦根近く、多賀SAに到着。もうここになると、雪も「降りしきる」状態になっている。

e0173645_07512318.jpg

恵那峡SA、梓川SAなど休憩をとりながら信州に入り、明けて5時頃には湯田中温泉エリアに入った。車はレンタカー、前輪駆動だがスタッドレスタイヤ、ここまでの道のりは、特にチェーン規制(信州中野ICまでは規制なし)ということもなかった。

さて、思案のしどころだ。
ここから、志賀高原まではそれほど離れていない。リフトは、おおむね8時を回ってからの稼働なので、今この時間は、仮眠タイムだ。スキー場まで行って、駐車場での車中仮眠も考えたが・・・

やって来たのは、長野電鉄湯田中駅から徒歩5分位のところにある「ホテルゆだなか」だ。
「おいおい、夜も明けていない早朝に」と思われるかもしれないが、ここの温泉は、24時間営業なわけ。オールナイト(22時以降~翌9時)で2,500円、休憩室で仮眠を取ることもできる。

e0173645_07594968.jpg

しかも、ここ嬉しいのが、源泉かけ流し100%なのよね。源泉名はやまはね温泉で、含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉。低張性弱アルカリ性高温泉。

みな、完全に寝静まっている時間帯でしょ、温泉貸切状態。
浴槽から湯が溢れ出る豊富な湯量。え?いくつ浴槽あるのよ。いい温度で極楽極楽~。長旅の疲れがとれるわー(眠気はとれないけど)。

e0173645_07595178.jpg
e0173645_07595413.jpg
e0173645_23344560.jpg
e0173645_23344847.jpg

オールナイト利用での仮眠には、大広間でのざこ寝、スキーヤーズベッド、リクライニングがあったんだけど、「リクライニングが空いてますので」と案内してくれた。部屋の中に、一人ずつのリクライニングチェア16席。毛布もついているのね。
わずかな時間でも、身体が横に出来るのは有難い。

・・・1時間位しかないけど、6時半頃には起きようかなぁ・・・と思って目を閉じて、次、目を覚ましたら7時を回っていた

親切にしてもらえたホテルの方に御礼を言って外に出ると、あらまぁ、いい天気。
朝日で淡いオレンジの光を浴びた、信州の山々が雄大で素晴らしいですな。

e0173645_23433527.jpg


湯田中温泉郷から、志賀高原まではどうだろう距離にして15km弱。何も弊害がなければ15~20分ほどで到着する。これなら、8時くらいには志賀高原に着けるか、と車を動かした。

・・・が、そうは甘くなかった。
国道292号線を進み、もうすぐ峠に入るという手前、上林地区に差し掛かった時だ。

「ん?検問?」

違った・・・ここから先は、チェーン装着が必須で、条件をクリアしていない車は、引き返すか、横にそれてチェーン装着を促される
実は、事前に色々と調べてたんだよね。スタッドレスは装備するけど、チェーンもいるかいらないか。これが、意外とはっきり書いた情報がネットで調べても出てこない(ま、雪山行くならチェーン携行はすべきなんだろうけどね)。レンタカーで車を借りる時も、店で聞いて、「どこのスキー場も、駐車場までは除雪して行けるようにだいたいしてますけどね」というもんだから、それを鵜呑みにして、今、ここにいる。

ここを通過できるのは、チェーンを着けているか、4WDのスタッドレスだ。んなもん、この車のスタッドレスで通過できるわけないじゃん!
でさ、引き返しになるんだけど、こっちも「はい、そうですか」というわけにはいかない。「だったら、どうやってスキー場に行くのか」を確認しないと。
その係員の一人に聞いた。「バスで行くというのもあるけど、チェーンをガソリンスタンドで買うかやね。
そう、バスのことも事前に調べたんだよ。ところが、本当にはっきりしない情報ばかりで全く分からない。長電バスの時刻表がどこにも出てこない。こんな状態だと、絶対に使えない。

で、結果として、すぐ近くにあるガソリンスタンド、出光(志賀高原上林SS)で、チェーンを買う羽目に。
スキー滑る前から、チェーン代13,000円だっせ。しかも、車はレンタカーだから、車を所有しないのに、チェーンだけ所有することになる
出光のお兄さんがめちゃ親切で、チェーン装着をしてくれる。昨日今日のところで、一気に気温が下がったようで、除雪しても、逆にアイスバーンになって危険だとも。調子こいて無防備な状態で峠を越えようとして、ハンドルがきかなくなると、自分の車が立ち往生することで、ものごっつい渋滞を引き起こすことになるという。

e0173645_23433825.jpg

高い買い物をしたものの、気持ち的にはかなり余裕が出る。ま、保険と思って何事も安全運転ですな。

この先、結構な峠に差し掛かるんだけど、どつぼ踏んだのが、4WDのスタッドレス。いくつかの場所で、完全に滑って動けなくなっていた。これ、チェーンもってないと全然だめじゃん。

わーわーきゃーきゃー言いながら、無事、志賀高原スキー場エリアに入る。ここからも少し車を走らせ、到着したのは、焼額山スキー場だ。
8時半近くにはなったが、アクシデント&パニックな割りには早く着いて助かった。

e0173645_00283720.jpg

さ、滑る準備滑る準備!
続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-28 00:39 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

京橋の銭湯「ユートピア白玉温泉」

この間、京橋に降り立ったときのこと。
昼酒が楽しめたらいいかなと思っていたのと同時に、明るい昼間に、銭湯にでも浸かりたいと思っていた。それは、朝、家を出る時から思い描いていたので、タオルだけは持って出ていた。

京橋で、昼間に営業している銭湯を調べていると、「ユートピア白玉温泉」が出てきた。朝、6時から営業をしているのか…ここを目指すことにしよう。

京橋駅から、居酒屋の並ぶ道を東へてくてく歩き、蒲生エリアに入る。静かなエリアで、小さな会社やマンションが林立するエリアなんだね。
途中、各方面の道が集約された、5差路な広い場に出た。ここからは、結構戸建てもある住宅街というところで、えらいところにビジネスホテルがあるな、と「ホテル光洋」を横目に、そこからすぐのところに、突然にインパクトのある建物が目に飛び込んでくる。

e0173645_10241729.jpg

何で、「白玉」みたいなかわいい名称になってるんでしょうなぁ。
場所からしても当たり前なんだけど、本当に地元に根付いた銭湯という感じがムンムン出ている。入って、受付のある2階へと上がる。

脱衣所から、カラカラと扉を開け中に入ると、左右にカラン、浴場中央に2つの浴槽が並んでいる。一つはちょっと浅めになっている。
そこから、左奥に続いて「炭酸泉」と書かれた浴槽があり、寝湯やボコボコのエステバスも備わっている。あ、念のため「白玉温泉」とあるけど、温泉ではないんだよね。炭酸泉も人工炭酸泉が使われている。

あ・・・さらに奥、明るい日差しが入るガラス窓だな、と思っていたら、その向こうに露天風呂があるのか。あら、なかなか立派じゃないですか。

e0173645_10241987.jpg

温泉ではないんだけど、地下150mから汲み揚げた原水を沸かしているんですな。「温泉と同じ位の薬湯の効果がある」のかどうかは分からないけど、湯のあたりは柔らかいよ。明るくてすんごく見づらかったけど、テレビもあるよん。

e0173645_10242168.jpg

この露天風呂の隣りに水風呂があるんだけど、なんか妙だ・・・
だって、水風呂なのに、あの夏の「かき氷」で良く見かけるサイン(赤文字で氷、その下に波のようなデザイン)が…

「!」

あ、水風呂ちゃうわ、氷風呂って書いてある!
水風呂のところに、一定のタイミングで、氷が落ちてくるという仕掛けだそうで…暫く見てたけど、残念ながら、その奇抜な光景を目にすることは出来なかった。

もう一度、露天から中に入って…サウナもあれば、子供用プールもあるのか。石橋温泉を思い出すなぁ。
プール浴槽は独立しており、お湯というよりは、水に近い温度だった。

客もほとんどなく、じっくり浸かることが出来て良かった。

ここの銭湯は、メディアで取り上げられることもあるようだけど、
C級呑兵衛が行った時、テレビでも見かける格闘家が、テレビ関係なく全くプライベートで来てたよ。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-27 07:35 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗」

先月の話。
石橋の居酒屋「魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗」。

いつもの感じで、お造りを注文しようかな、と思ったところ、
おススメの比内鶏のセットがあるということで、これをお願いすることにした。

比内鶏味わいセット(1980円)で最初にやってきたのは、皮ポン酢・比内タルタル・タタキのプレート。あー、このなめろう?つくねの生状態?のようなタルタルが、鶏身の甘みが良く出て美味いですなぁ。

e0173645_17591334.jpg

次に、焼鳥。
たまひもって、なかなか自分から注文することないから新鮮だわ、美味い!

e0173645_17591982.jpg

そして、造りがドーン。
はつ、ずり、ささみ、きも、もも、そして、たてがみ。このたてがみ、バターの様な滑らかな質感で、口に入れるとすぐに溶けちゃう。
このセット、いつもあるわけじゃないと思うけど、お得で美味しいとこどりですな。

e0173645_17592695.jpg

さて、ほっこりと肉豆腐に、酒は「菊勇三十六人衆」(340円)。ひりっと痛快な辛口が楽しい。

e0173645_17591666.jpg

福岡の高橋商店から「繁枡」雄町390円)。
キレがあるんだけど、雄町の旨味が引き立つ一杯。銀杏つまみ出したら止まらん・・・

e0173645_17592839.jpg

ちょっと変り種なところで、野菜を食べようと思って「サラダ」カテゴリから、バーニャカウダ(600円)を注文。
今まで、焼鳥や鶏の造りなど、和テイストな料理がテーブルに並んでいた中に、急に華やかな設えが…
これは、フォンデュと同じような感じで、野菜をこの温めたディップにつけて食べる北イタリアの料理。ディップは、アンチョビやオリーブオイル、ニンニクで作られるんだけど、この店では、このディップに、自家製アンチョビソースを使ってるそうな。
ん~、コクがあって美味しですなぁ~

e0173645_17593141.jpg

シメは、いつものとおり胡椒飯(450円)で。
あー美味しかった~満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗
場所:池田市井口堂1-10-15
時間:18:00~26:00
電話:072-761-8901

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-26 10:19 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

「R&W」「田舎」「壺屋やちむん通り」「那覇市第一牧志公設市場」~食の暴走 那覇2泊3日(11)

食の暴走 那覇2泊3日。

飛行機を見るのに、結局は、昼過ぎまでいた航空自衛隊那覇基地を出発。昼食もとっていないので、基地をでてすぐのところにある「R&W」那覇金城店に入ることにした。13:30頃かな。

e0173645_15032670.jpg

C級呑兵衛には、あまりなじみのないハンバーガーショップだけど、沖縄といえばこの「A&W」は外せないようですな。日本国内で、沖縄以外にも出店していたようだけど、根付いたのは結局沖縄だけだったとか。

何にしようかな…へ~50周年かぁ、歴史あるんだね。
これを記念し、スペシャルメニューとして、A&Wバーガー(550円)が、1年間限定で販売されている。ビーフ、黒糖ペッパーポーク、クリームチーズ、オニオンリングなどをはさんでいるのか・・・じゃあ、これにしてみようかな。フライとルートビアのセット(840円)にしよう。

e0173645_15033207.jpg

ハンバーガーは、がっつりインパクトのある食べ応え。ちょっと、クリームチーズが分厚い気がしたけど、このグリルした肉がジューシーで美味い。

ドリンクのルートビアは、もともと、アメリカで、病気の友達を元気づけるために約14種類のハーブをもとに作られたドリンクなんだそうな。身体に良さそうな原料に加えて、バニラなども入っているので、漢方の味わいに妙な甘味が加わる。
これ、おかわり自由なんだよね。いやぁ、お替りするほどはいらないな(笑)

e0173645_15033341.jpg

どうだろう、国際通りから南に10分くらい歩いたところに、「壺屋やちむん通り」がある。「やちむん」とは焼き物のことで、静かな雰囲気の通りに陶器店が軒を連ねる。

e0173645_15490055.jpg
e0173645_15490682.jpg
e0173645_15490867.jpg

すんごい高そうな名工作品のようなものもあれば、ちょこっと可愛い小物までバラエティに富んでいる。シーサーひとつとっても、色んな大きさ・素材・表情があるんだねぇ。

e0173645_15491006.jpg

「壺屋やちむん通り」から国際通りに戻る途中、「那覇市第一牧志公設市場」に立ち寄る。市場に入る前から、賑わいのある商店街が続いているんですなぁ。商店街そのものはどこでもあるんだけど、見ていると、ちょいちょいこの辺りでしか売ってないんだろうな的なものがさりげなく扱われている。

e0173645_16080376.jpg
e0173645_16160085.jpg
e0173645_16084936.jpg

場外商店街の雑多な雰囲気と、「那覇市第一牧志公設市場」の境が分からんな・・・碁盤の目のように路地はあるし、アジアの市場を感じる雰囲気が半端ないな。鮮魚などを買って帰るのはちょっと厳しいので、「ぶたりめ」をはじめ、いくつかの豚製品を買うことにした。

e0173645_16291715.jpg
e0173645_16275662.jpg
e0173645_16304507.jpg

さて、ここに来た時から、ずっと気になっていた店がある。薄暗い路地に黄色い看板で「ソーキそば専門」、店先には、何やらごちゃごちゃと色々書いたものが…
えーい、入ろう。

沖縄そばの「田舎」だ。

e0173645_16362783.jpg
e0173645_16363452.jpg

おかあさんが1人で切り盛りしているのか。いくつかメニューがあるんだけど、オススメソーキそば(350円)にしようかな。

e0173645_16363052.jpg

見た目薄い色合いのダシに、ソーキがコロコロと3つ。薄味かしら…とか思ったら、これが、なかなか濃いめのダシがきいて美味い!
麺は、平麺でごわごわっと硬めの茹で。ソーキもよく煮込んであるんだろうね、ほろほろっと崩れる柔らかさだ。
いやぁ、これで350円とは素晴らしい。

旅の最後は国際通り周辺で、土産を買うか。
やっぱり、昼の通りも活気があっていいですな。あ、通りにも歩行者天国になるんだ。

e0173645_17142010.jpg

ま、歩行者天国でなく、おっさんが天国気分な光景もあったけどね。

e0173645_17142658.jpg

とにかくも、ごちゃごちゃハデハデな土産物店が並ぶので、まっすぐ歩けないわね。何か、気になるとすぐ店に入ったりして。

e0173645_17142455.jpg
e0173645_17244463.jpg
e0173645_17142836.jpg

この後、20:50発のPeachに乗るため、那覇空港に向かう。
搭乗手続きも済ませ、出発を待っていたところ、飛行機の到着遅れでまさかの20分遅れ。この時間からの出発遅れはやだなぁ。
売店見るって言っても、小さいの一つしかないし…あ、全然関係ないけど、ここPiTaPa使えるんだ。それに、ANAカードも1000円以上買ったら10%割引も適用されるのね。

結局、23時を回って関西国際空港に到着した。
これ、もし、電車で来てたら家に帰れなかったところだっせ。

e0173645_17243193.jpg

次の日、またいつも通り仕事だというのに…ま、めいっぱい遊んできたわけだから、また明日から頑張りますか。

食の暴走 那覇2泊3日(完)

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:田舎 公設市場南店
場所:那覇市松尾2-10-20
時間:11:00~19:00

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-25 17:49 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

「エアーフェスタ2013」~食の暴走 那覇2泊3日(10)

食の暴走 那覇2泊3日も3日目。
初日、豪雨に始まった今回の旅だが、終始、どんよりとした暗い雲が空を覆って、殆ど晴れ間見ず仕舞だな・・・

沖縄ホテルで朝食バイキングを済ませ、一行が向かった先は、航空自衛隊那覇基地
実は、初日に那覇市内を車で移動している時に、今日、航空ショーがあるという告知看板を目にしたわけ。細かい観光スケジュールを消えていない我々は、これに行こうという話に収まっていた。

「エアーフェスタ2013」会場は、午前中はまだマシだったけど、お昼前後になると、人がわっさーと押し寄せた。

e0173645_10553622.jpg

昨年、小松で航空ショーを体験しているので、あの猛烈な人混みを考えると、今回は全然余裕な感じもするが、こうしたイベントは、どこであっても本当に幅広い層に支持されてるんですなぁ。

那覇空港は、小松空港に同じく民間機・航空自衛隊で滑走路が共用なんだけど、小松空港と違うのは、管制が航空自衛隊ではなく、国土交通省が担っている点。ま、いずれにしても、民間機と戦闘機が一緒に見られる空港なわけ。
で、那覇空港って、実際に来て思ったけど、すんごい離発着数が多い。航空会社も多く、見ていて退屈しないや。

e0173645_10383955.jpg
e0173645_11151997.jpg
e0173645_11152885.jpg
e0173645_11171332.jpg

展示も充実しているなぁ。ここは言葉で書くより、写真だよね。
まずは、F-2。青の濃紺迷彩色が、渋い!

e0173645_11184025.jpg

これは、T-4。ブルーインパルスでも使用されたタイプだけど、これはレッドドルフィン。鼻先が丸っこいので、確かにイルカのようですな。

e0173645_10383854.jpg

RF-4E。通称、ファントムⅡ。

e0173645_11184749.jpg

UH-60JA(ブラックホーク)に、CH-47チヌーク

e0173645_11363022.jpg
e0173645_11363255.jpg

タンデムローターのCH-47チヌーク…で、でかいヘリコプターだなぁ。これ、前部から乗って、実際に中に入ることが出来たぞ。ま、がらんとした空洞だけどね。

e0173645_11420428.jpg

戦闘機以外にも、地上から航空機を撃墜するミサイル「ペトリオット」をはじめ、武装品の展示や装填実演なども行われている。

e0173645_11383070.jpg
e0173645_11383247.jpg
e0173645_14204488.jpg
e0173645_11383785.jpg

そして、精悍な顔が並ぶブルーインパルス。まさか、小松以降、また見ることが出来るとは思わなかったなぁ~

e0173645_11392385.jpg

8時に開場してから、地上展示だけでなく、午前中に集中して飛行展示も目白押しだな。午後からは、ブルーインパルスのアクロバット飛行がスタンバイしている。
やはり、F-15機動飛行や、F-15・T-4混成航過飛行が見もの。くー相変わらず、この腹にズシンとくる爆音がいいねぇ。

e0173645_11392504.jpg
e0173645_14342781.jpg
e0173645_11400735.jpg
e0173645_14343456.jpg

いやぁ見応え十分。しかし、ここでまさかの…

我々一行は、一番の目玉である、午後からのブルーインパルスアクロバット飛行を見ずして、この場を引き上げることにした。

続く。

e0173645_14342544.jpg


【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-25 14:52 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「神の」

年明け5日に、石橋「神の」の暖簾をくぐる。
特に、和のメニューが充実しており、何にするか迷うのが楽しみだ。

e0173645_08032613.jpg

今回は、入って左手にあるテーブル席へ。
まずは、生ビール(500円)をお願いし・・・まずは、お造りからにしよう。単品メニューもあるけど、いつもの通り、盛合せでお願いする。

e0173645_08031075.jpg


マグロ、ひらめ、いか、いくら・・・あと、鯛は松皮含め2種。中でも、白身が美味いなぁ…適度なムニムニ弾力感がたまらん。いくらが入っているからか、まだまだ正月気分がぬけないや。

次に、牛タン塩コショウ焼(900円)。
焼いたものが出てくるから、少しもすると固くなってしまう系のアイテムだが、これはそんなことがなく、タンがそもそも柔らかいのと、このスパイシーな味付けがやみつきになる。

e0173645_08031522.jpg

こちらは、鶏ももネギ塩焼(800円)。
ごろごろと鶏ももをふんだんに、白葱と塩だれで炒め、水菜を加えた一品。あー酒の肴にええわー

e0173645_08031253.jpg


出し巻玉子(500円)は、鰊棒を添えて。やっぱり、正月気分が…
あ、玉子ふわっふわっで美味いなぁ。

e0173645_08031978.jpg

酒は、「春鹿」純米(600円)になり、すっかり、ほっこり落ち着いたところで、この小鍋、豆腐鍋(500円)だ。豆腐鍋は細かな設定があり、ベースの味付けが、出汁・割醤油・ポン酢から選べるようになっている。今回は、出汁をチョイス。
湯豆腐がくるんだろうけど…とか思っていたら、本当にちょっとした鍋ですな。しめじに水菜、はるさめが、ぐっつぐつに煮えた出汁で揺らいでいる。
あ、山椒きいてる!これも日本酒にぴったりな一品だ。

 

e0173645_08032113.jpg

そして、ラストは、この店の名物かき揚げでしめる。
貝柱がガンガンに入って旨味たっぷりなところに、このサックサク感がたまらん。

e0173645_08032332.jpg


いやあ、美味しかった~満足満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:神の
場所:池田市石橋1-7-3
時間:17:30~23:00 日休
電話:072-761-6601

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!


にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-01-25 10:20 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

谷町の「食堂チアリ」

谷町ランチシリーズ。 

毎日のことだから、いくらローテーションしても、さすがに同じような店で、同じようなメニューを注文することになる。いい加減、飽きのくるランチに嫌気がさしているところ、久々に変り種が飛び込んできた。

分かりやすい場所にはあるんだけど、外観がハデハデしていないので、思わず通り過ぎてしまう。
「食堂チアリ」だ。ちょっとしたお洒落なカフェな雰囲気。

e0173645_10474859.jpg

この日、注文したのは、焦がし魚醤の具沢山ヌードル(800円)。毎日あるメニューなのかどうか分からないけど、もう、このメニューみただけで美味しそうなんですけど。

暫くしてやってきた・・・おっと、なかなかなボリューム!
あらー、ヌードル系に薩摩芋の天ぷらとは、讃岐うどんくらいでしか見かけないよね。
最初、魚醤に惹かれてチョイスしたんだけど、白菜、白葱などの野菜もたっぷりですなぁ。ここに、牛肉と、台湾ラーメンのようにミンチもトッピング。
 
e0173645_10472230.jpg

麺は加水の丸麺ストレートで、喉越しを心地よく過ぎた後は、コシしっかりでモチモチ。
お~、スープうめー!何やろう、一言では表現しにくい複雑な味やなぁ。焦がし魚醤というだけあって、醤油の風味を最大限に引き出した仕上がりなんだけど、エスニックというよりは、おダシのきいた和食を味わっているよう。

食材に徹底的にこだわり、安全・健康だけでなく、心から和む食事を提供する…心身ともに気を遣ってくれる食事がいただけるなんて幸せですな。
本当に、ほっとする一杯をいただきましたな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:チアリ
場所:大阪市中央区石町2-3-13
時間:11:00~15:00、18:00~22:00
   (日祝は12:00~14:30、18:00~21:30)土休
電話:06-6945-5507

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-24 07:33 | 谷町でランチ | Trackback | Comments(0)  

「ジャッキーステーキハウス」~食の暴走 那覇2泊3日(9)

食の暴走 那覇2泊3日。

「琉球料理 えなみ」でたらふく飲み食いをし、店を出る頃には23時近くになっていた。
完全に酒に飲まれて、一足早くホテルに戻るのが1名いたが、残る4人はここで終わらなかった。

我々一行は、眠らない街、歓楽街の松山から西へ歩き始めた。
どうだろう、20分くらい歩いたかしら。閑静な住宅街を通り抜けた先にある店に到着だ。
タクシーの移動でも良かったところを、「歩いて少し腹を落ち着かせる」という訳のわからない挙動が、少しでも役に立つことを祈る。

「ジャッキーステーキハウス」だ。
沖縄でステーキを食べるとなったら、まず筆頭に挙がる超有名店ですな。1953年創業の老舗だ。
もう、ステーキを食わせる気満々の店構え。

e0173645_08453688.jpg

まさかの2日連続、夜中のステーキかぁ。
昨日はまだ、呑んだ後、少し時間が空いたから腹に余裕があったが、今日は食べてすぐだからな…
このやんちゃでコミカルな看板が挑発的だね~
混んでて、ちょっと待つとかにならないのかな…

e0173645_08453976.jpg

あ…すぐ入れるのね。クソッ、すきがない…

e0173645_08454146.jpg

さて、店の中に入ると、何だろう、懐かしい大衆食堂の雰囲気に、165系のクロスシート的なテーブル席(え?意味が分からないって?)が印象的。昨日の「ステーキハウス88」もそうだけど、もっとアメリカンな感じかと思ったら、意外と日本的なんだよね。ファミリーレストランの走りのようなセピアな空気感が、当時のハイカラなイメージを残している。
それにしても、こんな時間にステーキを食べに来る客が多いとは…「ステーキハウス88」と比較すると、結構若い客が多いかな。

e0173645_08454300.jpg

注文したのは、がつんとテンダーローインステーキ(250g:2100円)
昨日は、サーロインだったが、あっさりヒレに期待してみる。最初に、スープとサラダがやってくる。ご飯がないこのセットは、どこも同じスタイルなんだね。

e0173645_08454519.jpg

きたきた。
「琉球料理 えなみ」で、店の好みや、肉の焼き具合をどうするかという話が出た。肉のボリュームがボリュームなので、ある程度レアで持ってきてもらって、後は鉄板の熱で焼き上げるといい、ということだった。
で、レアで持ってきてもらったら、こんな感じ。もはや、炙りって感じなんだけど・・・これを食らうって、俺は野獣か。

e0173645_08454713.jpg

なるほど、テンダーロインというだけあって、肉質そのものは繊細で柔らかい。赤身のアニマルな味わいがたまらんわね。

ただ、個人的な好みとしては、昨日の「ステーキハウス88」に軍配が上がる。これは、肉をどのような形で味わうかが違うから、本当にそれぞれの好みだと思う。
「ステーキハウスジャッキー」は、肉そのものの味を楽しむ。肉そのものに味はついていないので、ここに、ステーキソースをかけて食べるスタイルだ。
「ステーキハウス88」は、肉そのものにスパイスが効いているので、ソースを使わず、そのままでも楽しめる。
そういう意味でいくと、「ステーキハウスジャッキー」の肉をソースでなくて、塩胡椒で食べると、最強なのかもしれないね。

e0173645_08455015.jpg

ていうかさ、結局、またペロッと食べちゃってるんだよね。
恐るべし、沖縄のステーキ。

さ、早くホテルに戻って寝るぞ。
続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ジャッキーステーキハウス
場所:那覇市西1-7-3
時間:11:00~25:30
電話:098-868-2408

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-01-23 10:31 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

「琉球料理 えなみ」~食の暴走 那覇2泊3日(8)

食の暴走 那覇2泊3日は、2日目の夜。

今日の夜は、あらかじめ予約をしているという店にやってきた。
おや、なかなか敷居の高そうな料亭ですかな…琉球料理と酒膳「えなみ」だ。

e0173645_11334922.jpg
  

店に入り、すぐ左手の個室に案内される。
ビールの肴に最初に出てきた小鉢。砂肝、島らっきょ、青菜のおひたし。

e0173645_11390872.jpg

そして、お造りの盛り合わせ。しゃこ貝、島たこ、ミーバエと沖縄らしいラインナップ。ミーバエはハタで、しっかり食感で白身で旨味がある。

e0173645_11391236.jpg

こちらは、スーチカ。豚の三枚肉を塩漬けにしたもの。塩漬けといっても、そんなに塩辛いものではなく、酒の肴にぴったりな一品ですな。

e0173645_11391448.jpg

酒は、途中からもちろん泡盛に。
醤油入れの様に、細い注ぎ口がついた陶器の入れ物に入って出てきた。この陶器、カラカラと呼ばれるそうな。これがベースになって、焼酎を入れる九州の千代香(ぢょか)が生まれたみたい。

e0173645_11452434.jpg

ソーミンチャンプルが来て、その後に、コロッケ?…どぅるてんというものだ。聞くと、たろいもを蒸してマッシュして、コロッケみたいにしたもの。芋に粘りが相当あるのか、ねっとりねばりが強く、モチっとうまい。

e0173645_11391855.jpg

くーぶいりちゃー(昆布の炒め物)に、あ・・・この紫の葉っぱ、ハンダマだ。ホテルチュラ琉球の朝食に出てきたやつですな。ぬめりがあって、身体に良さそう。
そして、アーサ(アオサ)の茶碗蒸し。潮の香りが心地いいですなぁ。

e0173645_11464944.jpg
 
e0173645_11392267.jpg

お、ボリューミーに、アグーのソーキが出て来たな。
結構、普段食べる角煮は、しっかり煮込んであるものの、味付けそのものは比較的あっさりしたものが多かったりするんだけど、これは、結構、酒飲みアイテムで濃い味つけになっている。

e0173645_11433353.jpg

急に、何か可愛いのが出て来たな…
あ、豆腐ようだ。これ、泡盛の風味が口いっぱいに広がった後、チーズみたいに、超濃厚でしっとりした舌触りがたまらんのよね。ピンクがかった色になっているのは、紅麹を使っているからだ。

e0173645_11424919.jpg

でました、ナーベラー味噌炒め
ナーベラーとは、へちまのこと。ピリ辛に味付けされているんだけど、ナーベラーそのものはクセもないので、非常に食べやすい一品だ。

e0173645_11435712.jpg

これは、メンバーで賛否両論な評価だった、ポチギ
見た感じで分ると思うけど、ソーセージですな。ハワイなどで食されているポルトガル風のピリ辛ソーセージだ。
何が賛否両論なのかというと、普通は、ソーセージを作るにはポークを使うと思うんだけど、これ、ヤギなわけ。
これが出てくる前に、ヤギの造りやヤギ汁の話になって、クセのあるものを(アレンジなしに現地のものそのまま)ちゃんと食べたことがない、と言ったところ、これが出てきた。
なるほど、C級呑兵衛にとっては、それほど気になる…いや、ま、ちょっとクセがあるか、ってな感じだったが、この味に慣れてない人が食べると、箸の伸びないことがあからさまに分かる。

e0173645_11440882.jpg

鶏のチューリップ揚げがでて、最後にカツオだしのソーメンがシメに。あ、生姜がきいて美味いじゃん。わー・・・お腹パンパンだわ。

e0173645_11442359.jpg

最後に、泡盛の紹介をしておこうかな。
まずは、沖縄県酒造組合の「海乃邦」から、10年古酒43度。おー…香りがぐっとくる感じと、この深みというかコクが良いですなぁ。

e0173645_11461170.jpg

そして、容器からして個性的な、瑞泉酒造「瑞泉」おもろ21年古酒。これ、12000円位する結構なグレードの泡盛だっせ。「瑞泉」の安定感はあったとしても、もう別物って感じですな。重厚感のある味わいがクセになる。

e0173645_11461347.jpg


これは、呑んだことがあるよん。ご存知、国泉泡盛の「どなん」。「どなん」にも幾つかのグレードがあるけれど、これは、もちろん60度だ。日本国内で醸造している酒としては、最高峰の度数ですな。美味いんだけど、喉がヒリリと焼ける。

e0173645_11461525.jpg

最後に、久米島の久米仙から、「久米仙」の「球美」18年古酒。これは、43度ですな。あら、これはあたりが柔らかいというか、滑らかですなぁ。ウメー

e0173645_11461659.jpg

いかん、相当呑んじゃったなぁ…ま、相当に食べてもいるけど(笑)
これで、一人1万円くらいだったかな。随分と、地元のものをいただきました。

さ、店を出るとしよう…

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:琉球料理 えなみ
場所:那覇市松山2-20-13 ミネビル1階
時間:17:00~23:00 日休
電話:098-863-1530

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2014-01-23 08:30 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)