<   2013年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

福島の居酒屋「まぐろ専門居酒屋 おふくろ」

福島に19時に集合ね・・・へー馬刺しが美味い店かぁ、いいねえ・・・店は別途連絡するわ、か。ふんふん、とメールを読んで、数日後。

「おふくろ」という店までは良かったが、まぐろ専門居酒屋ときてひっくり返った。
馬刺しちゃうんかい…

さて、JR福島駅、久々の福島やな。このJRの高架下に、OK一番街・二番街と、馴染みやすい雰囲気を醸し出す飲食店が軒を連ねる。今回は、駅出て東側に信号を渡ったところにあるOK一番街、「まぐろ専門居酒屋おふくろ」だ。紫の暖簾が期待させますなぁ。
e0173645_9545432.jpg

なるほど、まぐろをはじめ新鮮な魚介を提供するそのお店が、馬肉料理も扱っているわけか。
今回は、馬肉料理をコースで予約してくれているわけね。

あ、最初に書いておくね。
今回は、馬づくしコース(3500円)。これね、馬肉料理だけでなく2時間飲み放題付きというから驚き。しかも、500円アップで、店内のお酒が飲み放題ときた。もちろん、500円アップやー。
なので、これから色々書くけど、会計は1人4000円ぽっきり(写真は3人前ね)。

最初に、もやしの和え物(ナムル)と黒枝豆。
いやー喉が渇いてたし、このアテで始まると、最初のビールが速攻なくなった。
e0173645_955253.jpg

おー馬刺しがきたきた。赤身、霜降りに、ヒレ。馬肉は、本場熊本産ですな。
最近、何かと馬刺しを食べる機会はあるんだけど、この馬肉は柔らかいねー。赤身も、他だったら筋張ったりするんだけど、まったくそんな気配ないし、むしろ、この滑らかな質感がたまらんな。
e0173645_955761.jpg

サシが入った霜降りにしてもヒレにしても、全く脂っこくなくて上品な甘さが堪能できる。肉質ももぐもぐしたいタイプの弾力感がたまらない。

そして、馬肉ユッケ。馬肉が細切れでなく、たっぷり切り身なのよね。さっきも書いたけど、滑らかな質感と、もぐもぐしたい肉質がこのユッケでも楽しめる。
e0173645_9551323.jpg

さて、酒の方なんだけど、焼酎と日本酒はこんな感じのラインナップ。森伊蔵がなくて魔王(これらだけは1人1杯)だったんだけど、それよりも、日本酒がこれら飲み放題でこの値段だと、えらい価値があると思うんだけど。
e0173645_1632347.jpg
e0173645_1632116.jpg

広島は呉の「宝剣」。とっても、あっさりした飲み口ながら、旨味がしっかりあるウマウマタイプ。
e0173645_9561019.jpg
e0173645_9552448.jpg

馬肉サラダは、玉ねぎ、青ネギやカイワレを上にのせ、ちょっと七味をかけて、タタキな感じで。そして、馬のヒレカツ。さくっと軽快な衣との相性がういいですな。馬肉もやわらかいままだ~
e0173645_9552977.jpg
e0173645_956535.jpg

途中、「魔王」を挟んでいる間に、出し巻き卵が出てきた。あ、この出し巻き、いいおダシきいているなぁ。
e0173645_9561596.jpg

さて、ここでまたまた、馬肉の盛り合わせが出て来たぞ。これは、焼きものですか。そういや、馬肉って、焼肉で食べたことないんじゃないかな。
焼きは、最初の馬刺しで出てきた赤身、霜降り、ヒレに、加えて、ふたえご、タンだ。ふたえごは希少部位で、バラのええ部分だ。赤身を脂で挟んだ感じですな。
e0173645_9562910.jpg

これを石焼にしますか…これら、みんな生でそのまま食べれるクオリティなので、焼き具合はお好みで。ふたえごはとろけるような柔らかさだねータンも、ぷにっとした食感が酒の肴にピッタリやな。
e0173645_9562291.jpg

「久保田」でおなじみの朝日酒造から、「参乃越州」。「越州」シリーズの特別純米だ。爽やかな口当たりなんだけど、なるほどバランスの良い奥行きのある味わいですな。
e0173645_9563635.jpg

そこまで磨いて米残んのかいな…と思わせる、超高精米歩合22%の酒。
亀の井酒造の「くどき上手 穀潰し」出羽燦々22% 純米大吟醸だ。「穀潰し」とはえらいネーミングだが、その意味を知ると、あえてチャレンジする力強い酒蔵の意気込みを感じる。ところが、酒は力強いどころか、上品でその爽やかさが日本酒じゃないみたい。
e0173645_9564324.jpg

シメの握りは、漬けバージョンと共に。馬肉の甘みを楽しむならノーマルバージョンだし、寿司というところだと味付けされてる漬けバージョンも捨てがたいですな。美味い!
e0173645_9564990.jpg

水ナスにお吸い物。
e0173645_9565552.jpg
e0173645_957479.jpg

そこで、終わりかと思わせておいて、最後に朝日酒造、「久保田 千寿」特別本醸造を一杯。
e0173645_9571091.jpg

お店の方、みなさん親切で、楽しませてもらったねー
日本酒、これからもいいのが入って来そうなので楽しみですな~
今度は、活魚もいかないと!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まぐろ専門居酒屋 おふくろ
場所:大阪市福島区福島6-1-26 OK一番街内
時間:17:30~23:00(土は18:00~22:00) 日祝休
電話:06-6453-3286

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-29 17:48 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

中津の居酒屋「大阪はなび」

いやー久々やな。
ここに来ると、「来た」というよりも、「帰って来た」というホッとした感覚が湧きあがるな。
大阪は中津、「大阪はなび」だ。駅から少し歩いて静かな一画に、アジアの夜を思わせる賑わいがたまらない。
e0173645_15365699.jpg

ここにないメニューってあるのかよ、って思うくらい壁から天井から一面にメニューが…
案内された場所、ビールケースを椅子に腰をかけると、微妙に高いテーブルに気が抜ける。狭いし、ゴチャゴチャしてるし、うるさいし…でも、こーでなきゃダメなんだよな。
e0173645_829029.jpg

まずは、ここの名物、本鮪刺身(900円)から。でっかい切り身が男前なんだけど、滑らかさと瑞々しさが目から伝わってくるよねー。ウマウマの逸品だ。
e0173645_15342395.jpg

牛肉のたたき(350円)に枝豆(100円)。
あ、地元の日本酒扱っているのか…じゃあ、岸和田寺田酒造の「元朝(がんちょう)」(450円)。初めてきいたな~あわーい黄色をしてますな。意外とすっきりとした辛口。
e0173645_15343557.jpg
e0173645_15345651.jpg

そうそう、ここに来たら食べなきゃ気がすまない、厚切ベーコン(600円)。このダイナミックにカットされたベーコンにかぶりつくと、じゅわっと旨味が広がる。くーウメー
e0173645_15352789.jpg

ぷりんぷりんのいか下足(500円)。はじける弾力なのに、柔らかくてウマウマー
ここに、高槻は富田の「清鶴」(480円)。地酒ラインナップが、かなり、マニアックな気がするな… まろやかな口当たりが気持ちいいですなー
e0173645_15351681.jpg
e0173645_15354324.jpg

日本酒が進むと、それにあわせた肴がほしくなるよな。
大とろの〆鯖(350円)に、タコポンズ(600円)。この〆鯖のしっとりさと言ったらないねーたまらんわ。
e0173645_15355412.jpg
e0173645_1536876.jpg

店員さんの一人が、「まちの宣伝部長」としての私をテレビで見たことがあったようで、番組は終わったんだけど、こうして話のきっかけになるというのは、やっぱり、嬉しいもんですな。
また、来よー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大阪はなび
場所:大阪市北区中津1-18-7
時間:17:00~26:00(土日祝は~24:00)
電話:06-6376-4648

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-29 09:32 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

長野の中華料理「いむらや」

先月の話(も~、ブログが追いつかん・・・)。

仕事で須坂に向かう途中、長野で昼食をとることになった。
今回はC級呑兵衛一人ではなく、旅を共にしたメンバーが、長野の知り合いにいいお店がないか、現地で確認をしていた。
笑ってしまったのは、美味しいお店を紹介してくれるのかと思いきや、「長野ならこれ」と、地元の人がよく食べるご当地のグルメ情報だった。でも、「地元の人が食べる」というのは、興味をそそるよねー

で、やってきたのは、「いむらや」。味の道くさ、というショルダーがいいですな。
e0173645_1842473.jpg

ほー中華か…町の食堂ってな感じで、入口のメニューケースがなんとも昭和テイスト。
e0173645_18425239.jpg

わお、店は大学前のラーメン屋が如く、オールカウンター。最初に注文・精算を済ませるタイプだ。厨房、レジ対応、みなお母さんたちが切り盛りしている。

注文したのは、その是非と言われた、焼きそば(520円)を・・・焼きそばなんだね。

「!」

「・・・。」

はい、ドーン。
e0173645_18425643.jpg

ウソやろ…なんじゃ、このボリューム。

焼きそば…ソースのやつじゃなくて、堅焼きそばですな。
平打ちの麺を揚げ、それを皿に盛った段階で、すでにマウンテン。ここに、粘度の強そうなあんかけが、もっさりかかる。タケノコ、キクラゲにキャベツなど具だくさんだな…てっぺんには錦糸卵とえんどう豆、皿の両脇にはチャーシューがペロンと。
これで、520円とは驚き。

だいたい、この手のものが出てくると、「でも、意外とペロッといけちゃいますよ」とかに落ち着きそうなんだけど、いやいやいや・・・途中で、心折れそうになったぞ。
八宝菜のような味とは違い、結構甘めな仕上がりなので、暫く食べ進むとやはり飽きが来てしまう。しかーし、ここで、登場するのが、辛子酢だ(ま、テーブルに常設されているんだけど)。これをさっとかけることによって、酸味と辛みが食欲をそそる。というより、このあんかけに合うなぁ。
もちろん、完食。

客がどんどん増えてきた・・・焼きそば、これ標準サイズなんだけど、大盛りを注文する人続出…すごい、本当に地元の人達に愛される店なんですな。

く、苦じい…

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:いむらや石堂店
場所:長野市大字南長野南石堂町1423
時間:11:00~20:00
電話:026-226-2238

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-28 09:35 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

犬鳴山温泉 山乃湯

先日、関西国際空港に行った時だ。
Jr.に付き添って飛行機を見に来ることは別にヤじゃないし、今回は、ダイバード狙いという事もあって、なかなか関空では見ることのできない飛行機も飛来してきたので、それはそれで良かった。
が、せっかくなら、もひとつ温泉でも入って帰りたいところだ。

空港から連絡橋を渡ったところ、りんくうにもスーパー銭湯「りんくうの湯」があるけど、まず、温泉、そして、源泉かけ流しにこだわりたいところだ。
それが、関西国際空港から車で30分程度、大阪は泉佐野市にあるんですな。
犬鳴山温泉だ。
その名の通り、犬鳴山に湧く温泉で、犬鳴川の渓谷に宿がポツポツとあらわれる。

高速道路を抜けてから府道62号線を少し進むと、すぐにうねる山道になる。その途中で、左手に急こう配の下り坂が突然出てくる。看板には、大きく「湯元温泉荘」とあるけど、その下り坂の下に、今回の目的地がある。「山乃湯」だ。
e0173645_10534185.jpg

正面の入口があるのかどうか分からないけど、駐車場からはここが入口になる。わくわくするねー
e0173645_10534740.jpg

階段をあがると、おかあさんが待っている。お風呂に入りたいことを伝えてお金を払う(700円だったかな)と、今来た階段を降りる。あ、なるほど、さっきの入口左手にあったのか。
e0173645_10535662.jpg
e0173645_1054279.jpg

さっき、駐車場からの入口で、出てくる客とすれ違ったんだけど、ラッキーなことに浴場独占状態じゃないか!
e0173645_10541235.jpg

こじんまりした浴場ですな。単純硫黄冷鉱泉なんだけど、源泉が20度をきるので、加温しているタイプだ。その他には手を加えていないそうな。湯は少し黄緑色に濁っている。ほのかに硫黄の香りが漂い、ヌルッとした質感。湯の花も多く浮いてるぞ。
e0173645_10542348.jpg
e0173645_10542815.jpg

ガラス窓の外には、濃い緑が広がる。実は、この光景も癒されたりする。
風呂上りのさっぱり感、肌のさらさら感がサイコーですな。
受付の横には、ちょっとした休憩所もあるので、何度でも入ることができるぞ。
気になる人は是非。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-26 08:08 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー15 ~讃岐うどん六平

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」

「橋本製麺」を後にして、買物などもあって高松市内へと車を進めた。買物を終えると、そろそろ大阪に向かって帰る時間になってくるな。
うどんはすでに5軒食べて続けていたので、もう無理かなと思っていたんだけど、買物を終えたその周辺で、ラスト1軒行くことに決まった。
今回、まったく予定に入っていなかったんだけど、やってきたのは「六平」だ。
地元の小麦粉「さぬきの夢2000」を扱うお店だそうな。
e0173645_1014464.jpg

時間も時間だからねー、客は我々だけだ。
何でも、味噌煮込みがおススメらしいが、このタイミングではさすがに厳しいなぁ…
で、結局、かけうどん(200円)に。Jr.は、なめこおろしうどん(520円)頼んでたな。
e0173645_101494.jpg
e0173645_1015894.jpg

ほ~、少し太目の麺でコシはあるんだけど、軽やかでしなやかな麺なんですなぁ。お出汁も、主張しすぎず自然と身体に染み込んでくるような優しい味でしたな。

今回は、なかなか個性派ぞろいで面白かったな。
前日入りで、しかも、第2日曜日というところに随分と助けられたな。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」 完。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:讃岐うどん六平
場所:高松市多肥下町773-3
時間:11:00~19:00 月休(祝日の場合は翌日)
電話:087-868-1326

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-23 10:26 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「活魚 いきおい」

久々に、石橋の「活魚 いきおい」にやってきた。
うまい魚が味わえる店として定評があって、いつも客で賑わっている。

他の居酒屋と違い、魚介の造りメニューがかなり充実している。悩むので、おまかせのお造り盛り合わせをお願いした。アオリイカ、平目、カツオ、カンパチ、しまあじ、はも、ホタテ貝柱、まぐろは・・・カマトロ?かしら。滑らかすぎる舌触りに泣ける(写真は2人前)。
e0173645_8291697.jpg

貝柱好きのJr.(親に完全に似とる)は、別に、活ホタテ貝柱炙りすだちと塩で(800円)を。あ、甘くて美味いなぁ。
e0173645_8292198.jpg

ほーこの時期に、生カキポンズ(900円)ときたか。この牡蠣、かなり濃厚でクリーミーな逸品。産地を聞くと、北海道は仙鳳趾(せんぼうし)産だとか。やっぱり、厚岸で獲れる牡蠣なんですな。
e0173645_829252.jpg

日本酒は、「春鹿」純米を5寸瓶(1合800円)をもらおうかな。
そこに、松茸と旬のキノコ天ぷら盛(1000円)。風味ある松茸~、今年初めてかな。それに負けじと舞茸や椎茸も身が肉厚でウマウマ。
e0173645_8293183.jpg
e0173645_8293871.jpg

Jr.が、ここでまさかの肉うどん(700円)。あ、でもこれダシ美味いなぁ。
e0173645_8294360.jpg

で、こっちは、生ミンククジラユッケ(900円)。クジラメニューがいくつかあったんだけど、やっぱり生で食べたくてユッケにしちゃった。
e0173645_8294823.jpg

新鮮な魚介と、旬のもんを楽しみたい方は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:活魚 いきおい
場所:池田市石橋2-1-10 ドルーム石橋1F
時間:17:00~24:00(L.O.23:00)
電話:072-786-4353

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-23 09:54 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「宵ノKΘFUKU」の利き酒の週末

10月、「宵ノKΘFUKU」利き酒の週末のご案内~
日本酒好きな方は是非~

---
『利き酒の週末Vol.29 ~醸成月ノ酒 編~』

日程:2013年10月4日(金)、5日(土)、6日(日) の三日間。
開始時間/18:30~23:00 の内にスタート(2時間15分制)【予約可】
会費:3,300円/人 (セルフお酌です・飲み残しは厳禁です)
内容:旬の地酒を中心に10種類、利き酒し放題。珍味、和らぎ水付き。
    (※酔いはOK、酔っ払いはNG) 利き酒は2時間15分以内を目安にご協力をお願いします。

◎通常営業もしております。 利き酒のお客様も通常メニューの箕面ビールや酒肴を別途ご注文できます。 ※※四名以上のお客様はテーブル席の事前予約をお願いします。 ご来店をお待ちしております
---

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:宵ノKOFUKU
場所:池田市石橋2-15-33
時間:18:30~26:00 木・第3水休
電話:072-761-6803

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-22 08:18 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗」

先月の話。
石橋の居酒屋「魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗」へ。まー相変わらず人気店ですなぁ、お客さんで賑わってる。

さてさて、カウンターに腰をかけてと。
まずは、ここのおすすめのつくね餃子(380円)からいっとくかな。このパリッと焼き上げているんだけど、もちもちする皮がいい。それに何と言っても、中の餡が美味いんだよね。鶏ミンチから溢れる肉汁がたまらん。
e0173645_81983.jpg

そして、鶏お造りからズリ造り(500円)を。なかなかのボリュームですなぁ、有難い。どうにも、このしゃくしゃく感がやめられん・・・
e0173645_811750.jpg

串ものは、はつから(2串260円)。こちらはたれ焼きで。プニプニした触感、柔らかい。それに、タレがさらっとしつこくないんだよね~
e0173645_812377.jpg

酒は、佐賀・五反田酒造の「東一」(1合680円)から生うすにごり。
このお店では、ハーフ(5勺)が出来て、1合の値段の半額に50円を加えた値段で呑める。だから、この「東一」だと、390円ですな。酒は、例外を除き、指定がなければ熱燗で出すことになっている。
おーバランスがいいですなぁ~、ふんわりとお上品な柔らかい口当たりと風味がグー
e0173645_813148.jpg
e0173645_82256.jpg

あっさりと、地鶏ユッケ(580円)頼んじゃお。酒は、山形は鯉川酒造、「鯉川」中取り生吟(1合680円)。あ、これも、出出し優しい口当たりながら、辛味を主張する爽やかな味わいですな。メニューのところ・・・イメージは「工藤静香」だそうな(笑)。
e0173645_813972.jpg

いつものももねぎ(2串260円)と、ねっく(2串260円)を。
くーウメー
e0173645_814678.jpg

モモのたたき(680円)に、別府は上原酒造の「不老泉」、参年熟成原酒山廃仕込(680円)。「不老泉」は、ぐっといいところを最初にもってくる、舌を安心させる香ばしい味わい。
e0173645_815510.jpg
e0173645_82117.jpg

激レアチキン南蛮(580円)は外せないですな。揚げた衣から、生の鶏身が垣間見える。お手製のタルタルが爽やかで美味いんだよねー、おススメ。
e0173645_821880.jpg
e0173645_822647.jpg

シメは、やっぱり胡椒飯(450円)だな。
何だろうな、食べ進むほどに、どんどんと胡椒も追加でふってるんだよな、口ヒリヒリしてんのに。でも、そうでなきゃ胡椒飯じゃない感じもするし。いや~これ、ハマるわ。
e0173645_823627.jpg

いやー満足満足~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魂をゆさぶる酒専門・焼鳥 燗
場所:池田市井口堂1-10-15
時間:18:00~26:00
電話:072-761-8901

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-21 10:17 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー15 ~橋本製麺所

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」

「須崎」で4軒目だったんだけど、この時点でまだ、午前10時かよ。
「これは、まだまだ行けるなー」とはいかんて。そろそろ、次行くには、少し時間を空けたいな。

そこで、琴弾公園、仏生山温泉などいくつかのポイントを巡り(それは、別途書くね)、15時前に5軒目に到着した。
5軒目は、「橋本製麺所」だ。ここは、前回の讃岐うどんツアーで来たんだけど、「道久製麺所」に同じく、器を持参しないといけないところだったので、諦めたんだよね。今回は、準備万端だ。

以前に来た時は、ここに来るまでに、店の前を何度も往復したぞ。この店構えでは分からん・・・もともと農機具を扱う店だったみたい。
e0173645_75382.jpg

この時間だからなぁ…製麺は終わり、静かだ。居間からテレビの音が漏れ聞こえる。
「こんにちはー」と、何度か声をかけるけど反応がないなぁ…ちょっと大きめの声で「こんにちはー!」、あ、お母さんの声が返ってきた。横になってはったかもな。申し訳ない。

うどんは1玉70円。
e0173645_7531643.jpg

「ここで食べてもいいですか?」と問うと、「どうぞどうぞ」。
打ち立て茹でたてにはならなかったので残念なんだけど、すごく小麦の風味が引き立つ麺で美味かったぞ。
e0173645_7532246.jpg

お母さんも一緒に腰をかけて、少しおしゃべり。台風が過ぎたところなので、この辺りは大丈夫だったのかとか、そういうえば、そもそも四国は雨が少なく水不足だねー、とか。
昨日までの天気がウソのように晴れ上がったまぶしい日差しが、パイプ椅子に差し込み、長閑な時間を創り出していた。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」 続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:橋本製麺所
場所:高松市仏生山町甲1120
時間:10:00~15:30
電話:087-889-0812

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-21 08:33 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー15 ~須崎

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」

今回は、三豊市を中心にうどん巡りをしている感じだな…
「道久製麺所」が海寄りなら、今度の店は、国道11号線・高松自動車道を跨いで東側。
住宅が並ぶ道を「この辺かなぁ」と進んでいくと、いきなり建物前で横一列に座ってうどんを食べている人達が目に飛び込んでくる。あ、食べるスペースかぁ…そこではなくて、向かいに店があった。

4軒目は、「須崎」だ。
「上杉食品」に同じく、うどんやというよりは食料品店だ。建物の左手は食料品店で、うどんを食べる人は右側にある細い入口に並んでいる。
e0173645_7412321.jpg
e0173645_742527.jpg

「あ、そんなに並んでないや」と、外観の写真を撮りながら店内に進むと…わ、並んどるやないか。
注文は、温冷はチョイスできるものの、しょうゆうどんのみだ。並んでいると、店の人が注文を聞きにくる。
e0173645_743088.jpg

温冷のチョイスがあったからか、後先で麺をもらうことに。器に単純に麺が入っただけの状態だ。
器を渡された、その右手に玉子・薬味コーナーがある。並んでいる人もいる中、あまりスペースがないので、さささっと仕上げて・・・
e0173645_7431026.jpg

薬味を入れた後、出口専用みたいな感じで、食料品店の中を通って表に出る。

「?」

あれ?お金どのタイミングで払うんだ?表出ちゃってるぞ。

うどんには、ねぎとしょうが、そして生卵を落してみた。
e0173645_7431653.jpg

お、ちょっと麺が他よりも太いですなぁ。あ・・・美味いわ。硬すぎず柔らかすぎず、でもコシはしっかりというタイプ。ずずずっといきやすいタイプですな。
食べた後は、器をもってうどんを渡されたところへ。完全自己申告制・・・うどんは小200円で、生卵落したからプラス20円。食料品店にもちろんレジがあるんだけど、そこでの精算ではないので、お間違いなく。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー15」 続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:須崎
場所:三豊市高瀬町上麻3778
時間:9:00~11:30頃 不定休
電話:0875-74-6245

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-09-19 08:09 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)