<   2013年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

石橋の居酒屋「らんぷ亭」

ビルの階段をトントンと降りると、民芸調の渋い入口が出迎えてくれる。
昭和56年創業、石橋の居酒屋「らんぷ亭」だ。もともとは、旭丘に店を構えていたそうな。
e0173645_10472383.jpg

カウンター席に腰をかけて、と。
今日のおススメが書かれた黒板をみて・・・
まずは、生ビール(500円)に、牛造(1000円)から。しっとりとした舌触りの牛刺し、噛むほどに甘みが出てきて、やっぱり美味いですな。
e0173645_10472881.jpg

そして、造り盛り合わせ(800円)。
ラインナップは、タコ、下足、はまち、かつおのタタキ。ハマチの脂のノリがたまらんねー
ん?お造りによく敷きづま(大根のけんのことね)があったりするんだけど、このハマチの下の紫蘇をめくると、お漬物が敷いてあったぞ。最後まで、酒が手放せない盛り合わせですな(笑)
e0173645_10473218.jpg

お店の雰囲気からすると、和風の献立しかないようにみえるが、そんなことはない。いや、むしろ意表を突くメニューが面白い。
いきなり、カウンターテーブルの上が華やかになる…トマト・チーズ・ガーリックサラダ(500円)。
e0173645_1047361.jpg

そして、「中華料理」カテゴリーから、いつものミンチ&卵レタス包み(650円)を。これ、包むという作業も楽しいし、レタスの食感も心地いいから、ついつい手が伸びてしまう。
e0173645_10474236.jpg

もう一つ、「中華料理」から、にら炒め(550円)。
焼いたレバーがあまり得意でないので、ニラレバだと頼まなかったと思うんだけど、よく見たら、にら炒めじゃないか。これはいっとこう。
お、この味付けたまらんなぁ。塩胡椒加減と醤油の風味が絶妙。ご飯ほしくなるな…にらももやしもシャキシャキだぜ。
e0173645_10475089.jpg

「韓国料理」カテゴリーからは、いか辛炒め(550円)。コチュジャンなどで作られたヤンニョムは、甘辛くてウマウマ。
e0173645_10474619.jpg

いやー満足満足。
また、行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:らんぷ亭
場所:池田市石橋2-2-7 石橋セントラルビルB1F
時間:18:00~27:00 日休
電話:072-761-4088

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-30 11:47 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

堺のラーメン「プノンペン」

先日、堺の「とれとれ市」に行っと時のこと。せっかくなので、もう少し堺を堪能してから帰ろうと、温泉やスイーツを考えていたところに、衝撃なワードが飛び込んできた。

「プノンペン」

堺といえば、歴史ある街で国際色も豊かなのは認めるが、フランシスコ・ザビエルは浮かんでも、プノンペンは出てこない。んー、プノンペン・・・ご存知、カンボジアの首都ですな。

とにかく、そのワードにつられてやって来た。
e0173645_1075339.jpg

「・・・。」
いやいや、まったく想像していた範疇を超えた仕上がり。
完全に、エスニック料理を食べさせるアジアンテイストな店をイメージしていた。
オレンジの暖簾に、「プノンペン」のカタカナ。

実は、地元では有名なお店で、かなりメディア取材を受けている店なのだ。
なんでも、主人がカンボジアに行った際に、この味が忘れられないということで、日本で再現したというラーメンが話題だとか。
カンボジア料理ってあまりイメージが沸かないんだけど…でも、よくよく考えたら、オリジナル再現だから、カンボジア料理でもなければアジアり料理でもなく、個性豊かな日本のラーメン店ということですな。
あ、メニューも麺ありなしがチョイスできるだけなので、ますますラーメン専門店ですな。

さて、その本題のプノンペンそば(1000円)をいただくかな。
しばらくすると、大きな器に、なにやらどっさりなラーメンがやってきたぞ。
e0173645_108219.jpg

ほーこれは、かなり野菜たっぷりですな。
素材にこだわっていて、国産のセロリ、トマト、豚肉に、青森ニンニク、岩湧山の美味しい水、そして、自家栽培で無農薬の杓子菜を使っている。この杓子菜って、なかなか栽培に手間暇かかるみたい。白菜のような感じなんだけど、茎あたりの歯ごたえがシャキシャキして美味い。
e0173645_108595.jpg

鶏ガラベースで、ちょっと辛め。そばはオリジナルブレンドの玉子麺、細めなんだけどプリッと感が楽しめる。

話題の一つに是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:プノンペン
場所:堺市堺区中之町西3-2-33
時間:11:00~19:30頃(売切れ次第終了) 木・第3水休
電話:072-238-3287

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-29 12:24 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「宵ノKΘFUKU」と「利き酒の週末」

先日の週末、25時を回って石橋まで帰って来たところで、「宵ノKΘFUKU」に立ち寄った。
時間が時間だったんだけど、ちょっとだけ日本酒呑みたかったのよねー

最初は、爽やかなところからいってみたいので、初亀醸造の「初亀」純米吟醸 べっぴん辛2を。辛2(辛辛)とあって、日本酒度は+10。でも、それを感じさせない香り爽やか、後味すっきりなお酒。
e0173645_10251548.jpg

そして、必ず注文する宮崎地鶏のタタキ(800円)。
クーっ、毎回うまいぜ~七味、あけがらしの少しピリッとしたところがたまらん。
e0173645_10252171.jpg

「へー、じゃあ飲んでみようかな。」
微生物の世界というタイトルで、酵母による味の違いを楽しむ利き酒ですな。
じゃあ…秋田は新政酒造「新政」から、微生物の世界利き酒セット 第二回きょうかい六号の純米酒VS原株六号の純米酒(700円)を。
e0173645_10252875.jpg

約80年前に「新政」の吟醸もろみから発見された「きょうかい六号」。最新の「協会6号」で醸した純米酒と、80年前当時に近い特殊な「きょうかい六号」である「原株6号」から出来た純米酒。
「味の違いなんて素人に分かるのかしら」
なんて話してたら、全然違うからびっくり。面白いねー
前者が、非常に当たりの柔らかいまろやかな味わい。一方、「原株6号」の純米酒は、酸が少し出て、全体的にぐっと力強さがでてくる感じ。そうねぇ、個人的には前者の方が好きかな。

燗もいっとくかな。
神奈川川西屋酒造店の「丹澤山」麗峰 阿波山田錦六十 純米を、上燗で。
e0173645_1025353.jpg
e0173645_10254182.jpg

ん~落ち着くなー。燗なんだけど、何ていうのフォルムがしっかりしてるというか、しっかりしてるなー
なんか、香ばしい味が欲しくなるな。あ、いぶりがっこもらおうかな。
いぶりがっこ スモークチーズ添え(600円)。
e0173645_10254734.jpg

あ、そろそろ閉店時間じゃないかしら、いやぁ来て良かった良かった。


さて、「宵ノKΘFUKU」月例の業務連絡~
---
冷酒?燗酒?・・・夏ノ涼酒を求めて!! 『利き酒の週末Vol.26 七夕月ノ酒編 』
日程:7月5日(金)、6日(土)、7日 (日)の三日間。
開始時間/18:30~23:00 の内にスタート(2時間15分制)【予約可】
会費:3,000円/人 (セルフお酌です・飲み残しは厳禁です)
内容:旬の地酒を中心に10種類、利き酒し放題。珍味、和らぎ水付き。 (※酔いはOK、酔っ払いはNGです)
利き酒は2時間15分以内を目安にご協力をお願いします。

◎通常営業もしております。
利き酒のお客様も通常メニューの箕面ビールや酒肴を別途ご注文できます。
※※四名以上のお客様は予約をお願いします。
お待ちしております!
---

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:宵ノKOFUKU
場所:池田市石橋2-15-33
時間:18:30~26:00 木・第3水休
電話:072-761-6803

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-29 11:33 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

本郷のラーメン「らぁめん かすが」

「さー、この後は、どこかでラーメン食べよー」、そうブログに書いといて、その後が続いていなかったね。本郷三丁目「鮮魚家」のことを以前に書いたけど、ホテルに戻るまでには、その1軒では終わらず、ラーメン屋を探していた。

ホテルに近いところで、遅い時間でも営業している店を条件に、ある店を目指して店の前までやって来た。今風の感じで、「こだわってます」というところを、前面に出している店構えだ。
別に、ここで良かったはずなんだけど、ふと、振り向くと、道路の反対側にもラーメン店があるわけ。こことは対照的に、店内の様子も分かる庶民的な店構え。

んー・・・ぱっと入りやすくて、気を遣わない方がいいから、そっちにするか…
くるっと向きを変えて、やってきたのは、「らぁめん かすが」だ。
e0173645_11432955.jpg

一番、シンプルなとんこくラーメン(550円)にしてみるか。
最初看板を見た時、「とんこく」と書いてあるところに目が留まった。単純に「とんこつ」じゃないんだって。「とんこつ」よりも、コクが主張されているのかしら。

お、きたきた。
ラーメンは、しょう油とんこつ。のり、メンマ、わかめ、チャーシューが盛りつけられている。なんか、昔からあるラーメンという感じが好きだな~
e0173645_11433466.jpg

C級呑兵衛は、ラード層を含めこってりコクの味噌ラーメンが好きなんだけど、スープを飲んでみると、好みの方向じゃあないかぁ。
こってりぎとぎとじゃないし、しょうゆでもあるし、全体的にはあっさりと仕上がっているはず・・・なんだけど、奥行きがあるというのか、脂のコクがしっかりとある。
e0173645_11433834.jpg

麺はストレートで少し硬め。ずずずーっていけるやつね。スープが麺にまとわりついて相性がいい。
シメのラーメンだったんだけど、普通に、昼でも食べに来たいよなぁ。
家の近所にあってほしい店ですな…

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:らぁめん かすが
場所:東京都文京区本郷4-25-11
時間:11:30~15:00、18:00~25:30 日休
電話:03-3815-5673

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-24 07:47 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

石橋の韓国料理「多香」

石橋には、韓国料理の店が多いんだけど、その多くは、居酒屋を兼ねる家庭料理スタイルだ。そんな中、韓国伝統茶・健康茶をキャッチに展開しているのが、阪急石橋駅すぐの「多香(タヒャン)」だ。
野玉坂会館という施設に店があるのも、違う意味でキャッチだ。
e0173645_12584276.jpg

入口にメニューが色々と出ているので、どんなものが食べられるのか、料金も分かるんだけど、実際に入ってみるのは初めてだ。
階段をトントンとあがり2階に出ると、天井から吊るした店の看板と、奥へと続く廊下。
ん?入口はあの奥正面の扉なのか?…でた、久々の緊張感
e0173645_1473388.jpg

奥正面の扉に向かって進むと、まさかの右手に入口を見つけてしまった。
なるほど、ますます勇気のいる入口だな(笑)
e0173645_12585287.jpg

ところが、扉を開けたその先には予想外の展開が広がる。
思ったよりも広い空間で、奥には5席ほどのカウンター、左手には座敷で4人掛けテーブルが3つ。そして、店の真ん中には、大きな木のテーブルがどっしりと構えている。もともと、会館という殺風景な空間のはずなんだけど、調度品に韓国のものを取り入れていることで、落ち着いた感じになっているのもいいですなぁ。

冒頭に、「韓国伝統茶・健康茶をキャッチに」って書いているのに、茶を飲みに来たわけではない。ランチね、ランチ。
注文したのは、テンジャンチゲ・・・ま、出てくるまでに少しかかるだろうから、ビールでもひっかけるか。
ビールが出て少しすると、おぼんがきて、そこには4種の小皿が。ミッパンチャンは、韓国料理の嬉しい食文化の一つですな。これが、酒の肴になるし…
e0173645_12585820.jpg

わ、なんか、ごついかぼちゃの器が来たぞ。おぼんに置いて蓋をとると、何やら具だくさんですぞー
e0173645_15224573.jpg
e0173645_1259412.jpg

テンジャンチゲ(980円)のテンジャンは韓国味噌のことだから、簡単に言ってしまえば味噌汁だよね。ただ、具だくさんで美味しいんだよね~。ジャガイモ、大根、人参、白ネギ、あさり、豆腐に・・・このきゅうりのようなものは、韓国かぼちゃでエホバクと呼ばれるもの。ズッキーニに近いのかな。特段、苦みもなくホクホクといただける。
e0173645_12591046.jpg

C級呑兵衛は、ご飯をチゲに入れて雑炊のようにして食べるのが好きなので、今回もその食べ方で、がっつりいただきました。がっつりいただいても、野菜たっぷりなのでヘルシーだと思うよ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:多香 (タヒャン)
場所:池田市石橋2-18-2 野玉坂会館2F
時間:11:00~23:00 日休
電話:072-761-3000

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-23 08:52 | ・阪急石橋駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

西巣鴨の銭湯「稲荷湯」

先日、泊まりの東京出張だったので、
ホテルにチェックインしてから、以前より行きたいと思っていた所へ向かうことにした。

都営三田線の西巣鴨駅を降りて、住宅地の中を歩いていくと、ぼーっと、ぼんやり白く光る「稲荷湯」の看板を発見。もーここからして、何か昭和の世界に飛び込んだ感じ。下駄をカランコロンならして、桶もって誰かが来そうだね。
e0173645_23532436.jpg

欲を出して、都内で源泉かけ流しの温泉銭湯を探すこともあるけど、今回は、昔ながらの街中の銭湯だ。
この建物は、昭和5年からのものでそれはそれは、落ち着いた空間を演出している。
e0173645_23533057.jpg

建物の横、駐車場のような敷地の奥にたくさんの薪が。燃料とのハイブリッドもあるとはいえ、井戸水を薪で沸かすというものが残っているんですな。
そして、入口の右手、絵馬のように「わ」の木板がかかっている。これね、板に「わ」の文字で「わいた(沸いた)」。裏返すと「ぬ(抜いた)」なんだって。いくつかの銭湯で使われる判じ文字、こうした、ちょっとしたものにも粋を感じますなぁ。

番台は入口入ったところ、もちろん男湯女湯の境にある昔ながらのタイプだ。
写真撮れないけど、年季の入った構えであることはもちろん超感動なんだけど、なんだこのピカピカの床は。え?変なところに気が付くって?いやいや、目につくんだって。木床のこの鼈甲飴が如く、歴史はあっても、丁寧に手入れがなされているところが、もてなされてる~って感じ。

脱衣所から浴場は、ガラス越しに見渡せる。この景色もいいわぁ。
入って・・・お、ケロリン桶ではなく、木桶か。渋い!
ドーンと、壁に描かれた富士山。実はこれ、毎年、描きかえられている。風呂上りに番台のおかあさんと話が出来たので、「同じ画を描きかえるんですか?」と聞いてみると、実はそうではないそうな。もともと、富士山以外の景色にも描きかえるけど、そうしたところ、男湯から「男湯は富士山に決まっとる!」とクレームになって、それ以降は、ずっと男湯は富士山なんだって。でも、その周りの部分は、少し変えていたりするという。

浴槽は、富士山の麓にあるんだけど、広い方が41~42度、1つが45度前後。時間がそうなのか、浴場内は自分以外には客は2人ほどで、浴槽は、独り占め状態だ。

「ぬおっ、あっつ!」
でも、これがえー。おー極楽極楽。

風呂上り、ぽっかぽかの身体に、縁側からのゆるい風が有難い。あ、下、池になっているのか。BGMもなく静かだ…時に、浴場内から、木桶のコーン!という音が聞こえるだけ。
あ、フルーツ牛乳ないやーん、残念。じゃあ、缶ビールにしよー
e0173645_23533586.jpg

え?写真右手に違和感がある?合成写真じゃなく、ここから撮るとこうなるんだもの。

そう、知っている人は知っている、実はこの銭湯、映画『テルマエ・ロマエ』の舞台となったところですな。ルシウス(阿部寛)を模ったパネルが飾られているし、主演の阿部寛については、50年間入浴無料券が掲げられている。
e0173645_1051935.jpg

入口には写真撮影禁止とあったので、撮らないつもりだったんだけど、
涼んでいる間、番台のおかあさんと話をしている中で、「縁側の方だけ撮っていいですか?」と尋ねてみたところ、快く許可をだしてもらった。
映画公開後は、かなり客が来たようで、撮影したい人が押し掛けたんだろうね。でも、それは一時的で、今は、普段通りの静かな銭湯に戻ったそうな。なんか、もっと、普段から銭湯利用してほしいよなぁ。

このルシウスパネル、160cmくらいなんだけど、「等身大ではないんですよ。」
阿部寛の身長って、190㎝くらいあるんだって。

暫く、おかあさんと話をしながらの時間を過ごし、身体だけでなく、こころも温まったぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:稲荷湯
場所:東京都北区滝野川6-27-14
時間:14:50~25:30(日は13:50~) 水休
電話:03-3916-0523

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-22 11:13 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

北野白梅町の「粟餅所・澤屋」

この間、Jr.と一緒に、
来年公開の映画のエキストラに行って来た。やー、ちょっとしたシーンを撮るだけなんだけど、凄いたくさんの人が関わって、何度も同じことをやり直して…いい作品を作るって大変だよね~
どんな作品に仕上がるのか、公開されたら観に行くぞ~

朝から終日かかるとおもっていた撮影は、意外と早く終わった。
撮影の間は、昼食をとる時間は設けられなかったんだけど、帰りにお弁当をもらえたので、そばにあった北野天満宮の境内で、美味しくいただく。

そこから、駅に向かって歩き始めたんだけど、「お、これはいい店構えですなぁ。」
あわ餅…か。どんなんだろ。「澤屋」だ。食後のデザートに入ってみるか。
e0173645_2358433.jpg

入ったとたんに、数人で「おいでやす~」。これが、本当に心地いい響き。全然、営業的な感じじゃないんだよな。

入ってすぐ、左手にカウンター。ここに数人従業員が立ち、みんなで団子を作ったり、持ち帰り客対応したりしている。
店内は、それほど広くないが、テーブル席があるので、中で食べることもできる。粟餅一客550円。まぁ、なんとも素朴な和菓子なんでしょう~
e0173645_23575997.jpg

餡が3個、きな粉が2個。
それにしても、粟そのものを食べる機会ってないですなぁ。もぐもぐしていると、ところどころ、つぶつぶしたものが歯に当たる。餡は、ほどよい上品な甘さで後にひかない。きな粉も相性がいいね。
なんでか、こういう所にくると、茶が美味い。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:粟餅所・澤屋
場所:京都市上京区北野天満宮前西入紙屋川町838-7
時間:9:00~17:00(売れきれ次第閉店) 木・毎26日休
電話:075-461-4517

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-19 07:41 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

堺の「とれとれ市」

ふと、軽く魚介バーベキューを楽しみたいと思い、久々に、堺にある「とれとれ市」にやってきた。毎週土日のみの営業なんだけど、ここにやってくるとテンションが上がるね~
朝市な感じ、バーベキューな感じ、お祭り的な感じをミックスしたようなスポットだ。
e0173645_751175.jpg

派手なテントをくぐって、一番奥まで行くと、バーベキューコンロの貸し出し受付がある。
2時間貸し出しで2500円(Aセット)だ。この2500円には、コンロ以外に、焼肉セットがついてくる。下の写真が、そのセット。ビールや一品が付いたBセットとかいうのもあったな…
e0173645_7512213.jpg
e0173645_7513019.jpg

施設の中には、テーブル席がずらっと並んでいて、ここでバーベキューをする。だから、天気関係なくできるわね。ただ、夏は送風機とかを回しているけど少し蒸し暑い(でも、店には近いというメリットもあるんだな、これが)ので、外のテントがいいかもね。ちょっと風が通るし。
e0173645_7514282.jpg
e0173645_7514898.jpg

さて、敷地内には魚介や野菜、果物を扱う店が並ぶ。バーベキュー向けだけでなくて、近海物の魚介も販売しているぞ。
e0173645_752052.jpg
e0173645_7521447.jpg

お、貝王としては、貝コーナーを見逃すわけにはいかない。単種類もあれば、盛り合わせもあるねー
e0173645_752741.jpg

わ、この色んな貝が盛られたセットが2000円か。これにしよー
ごつい岩牡蠣と大あさりは、殻を開けて渡してくれる。
e0173645_7523263.jpg
e0173645_7524676.jpg

あ、活海老もいっとかないと。ピシピシはねる海老を3尾。
e0173645_7525291.jpg

逸る気持ちを抑えながら、先にお肉を焼いちゃう。
そして、待ちに待った、貝類をごろごろおいていく。クー、ぷりぷり牡蠣がウメーなー
e0173645_75351.jpg

ホタテだって、食べ応え十分だ。焼きすぎないところで、ジューシーにいただく。
e0173645_7531147.jpg

ちょっと、焼物に飽きたなーとか思ったあなた、フルーツのお店もあるし、漬物だって売ってるんだから。胡瓜の浅漬けブリブリいわして、また、貝を食べ続ける。追加で、イカとタコも買っちゃったよ。
えとね、この敷地内には、他にお造り盛り合わせや、おでん、天婦羅、焼きそばやご飯もの何でもござれだ。ドリンクは、もちろんアルコールもソフトドリンクも販売されている。
e0173645_7531995.jpg

あとは、小さな子供達には、スーパーボールすくいなどを扱う駄菓子屋的なものや、専用の遊べるスペースもあったぞ。
e0173645_753262.jpg

まあ、みんな友達同士、ファミリーから大人数まで賑わってるぞ。ガンガン飲み食いして、みんな幸せそうだ。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とれとれ市
場所:堺市堺区大浜西町23 堺出島漁港内
時間:10:00~17:00 (土日のみ営業)
電話:072-221-7272

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-17 23:06 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「憩家 楽」

久々にやってきた、石橋の「憩家 楽」
久々にというよりは、何度か覗いたら満員御礼で入れなかったのもあるんだけどね。
e0173645_991990.jpg

食材にこだわったお店で、特に、魚と野菜が楽しみ。そして、炭火焼もお得意分野だ。

早速、注文注文。
活たこのねぎたこポン酢(520円)に、お刺身特撰盛合せ(980円)。
ねぎたこというだけあって、青ネギと紫蘇がふんだんにちりばめられている。湯通ししたたこは、柔らかいんだけど、しっかりした質感が美味い。
造りは、中トロ、カンパチ、ひらめ、甘えび、赤貝。おいおい、造り美味いやないかぁ・・・赤貝の甘みもいいし、中トロの滑らかな舌触りがグー
e0173645_993993.jpg
e0173645_994453.jpg

シーザーサラダ(780円)は、生ハムとガーリックトースト添え。ドレッシングには温泉玉子が入っていて、くずしながらかける。葉野菜がシャキシャキして美味い。
e0173645_995778.jpg

酒を日本酒に…久々の「浦霞」純米吟醸(580円)を。
e0173645_910294.jpg

そこに、特大ししゃも(2尾520円)と、万願寺とうがらし(300円)。
ししゃもは、川魚が如く串焼きされて出てきた。ししゃもそのものもなかなかありつけない中で、えらい大振りでびっくり。なんだろう、こんなにししゃもの味や、身の質感をしっかりと楽しめることってないよな…美味い!
e0173645_910842.jpg
e0173645_910199.jpg

「くどき上手」純米吟醸(580円)に、博多辛子明太子のチョイ炭火焼(580円)。さっきの「浦霞」に比べると、「くどき上手」は、すっきり喉越しがいい。
e0173645_9103533.jpg

あかん、やっぱりおにぎり食べたい。おにぎり(2ヶ300円)は、1つずつ焼塩さけ・梅干しをチョイスできるので、2つとも焼塩さけとかでもOK。米が甘くて美味いな。能勢町の室木さんの田んぼで秋に収穫された新米なんだって。地元の食材ってのも嬉しいですな。

おにぎりがやってきて、「え?具は中でなく外にのせただけ?」
いやいや、これ、外から見て分かるように、具材を外にも少しおいてあるんだね。中にはもちろん、しっかり具材が入っている。
おにぎり、皿に3つあるけど、Jr.が1つ具なしの塩むすびをリクエストしたのね。
e0173645_9102731.jpg

いや~美味かった。満足満足。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:憩家 楽
場所:池田市石橋2-2-3 プラザアベニュー1F
時間:17:00~23:30(金土は~24:00) 日休
電話:072-762-8051

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-16 10:25 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋の焼肉「たんたん」

C級呑兵衛って、攻める部分がある一方で、マニュアルがあるかの如く、ある種決まったものを繰り返す傾向も備えている。焼肉の食べ方がまさにそうで、生ものとタンに始まり、ハラミ中心の肉を頼んで、シメはクッパか冷麺・・・
でも、生レバーがメニューから消えたことで、出鼻くじかれた感があって、それ以降かしら、「ちょっと違うものも頼んでみようかな」となり始めた。

先月の、石橋の「たんたん」

出出し、タンに始まり、ハラミは特選ハラミ(1680円)を。なんか…いつもと違うものを頼むのはいいんだけど、妙に単品の単価が上がっていくのがヤダな―(笑)
それにしても、このハラミ、普段食べるものと比較して、しゃくしゃく感よりは、しっとりとした肉質が際立つ逸品だ。分厚くカットされているのも魅力ですな。
e0173645_10493426.jpg
e0173645_10494323.jpg

特選和牛盛(3種:4980円)は、イチボ、マル芯、ラム芯。イチボはちょいちょい食べることはあるけど、マル芯、ラム芯を単品で注文することってないよなぁ。
マル芯は、モモ肉の真ん中、希少部位ですな。あっさり柔らかな部位。
ラム芯は、ラム(ランプ)の真ん中、赤身なのにめちゃジューシーな味わい。さっきのイチボと、このラム芯で構成されているのがランプと呼ばれるところだ。
e0173645_10494884.jpg

いずれも、希少部位の赤身なんだけど、パサつく、硬いなんてありえない。しっとりとした質感ながら、全く脂っぽくなく柔らかい。でも、肉肉した感じが確実に楽しめる、という泣ける部位ですな。

上ミノ(780円)の注文率も上がってるな…これは結構、店によって味が違うんだよね、臭みが残る店も案外と多い。いい食感を残しながら、柔らかく食べられるようにしてあるし、臭みもないねー美味い。
e0173645_10495285.jpg

シメはクッパで。
あっさりクッパもいいけど、気持ちピリ辛なクッパも美味いわね。
e0173645_10495757.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:たんたん
場所:池田市石橋1-7-21
時間:17:00~23:00 火休
電話:072-762-4129

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-15 10:32 | ・阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)