<   2011年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

谷町の居酒屋「あっぱれとも屋」

谷町ランチシリーズ。
ランチなんだけど、やってきたのはこちら。
e0173645_17583864.jpg

「ここは寺か!」と思わせる、渋い看板に「菊正宗」の金文字。
そこに目がいくんだけど、店の名前は「あっぱれ とも屋」
ま、見るからに居酒屋ですな。立ち飲みなのね。

で、ここがランチで有名なのはカツ。
本当は厚切りロースカツ定食を食べたかったんだけど、行った時にはすでに売り切れていた(他の人はいったい何時に昼を食べに来ているのか知りたいところだが)。
なので、ノーマルのロースかつ定食を。
e0173645_17592032.jpg

立飲みベースなので、カウンターでなければ小さなテーブル。
ご飯に味噌汁・・・落ちないように並べて・・・このキャベツ盛りも倒壊させてはならない。
e0173645_17592948.jpg
e0173645_187237.jpg

ロースは厚めに(これでノーマルなんだよな)カットされているのに、めちゃ柔らかい~
そこに、このカリサクッの衣がグーッ。
昼にかっつりいきたい人、是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:あっぱれとも屋
場所:大阪市中央区常盤町1-1-2
時間:11:30~13:30、17:00~23:00
電話:06-6943-5300

by nonbe-cclass | 2011-10-30 18:18 | ・谷町でランチ | Trackback | Comments(0)  

梅田のタイ料理「チェディルアン」

Jr.がこの間、修学旅行だったのね。
その間に、辛い物を食べに行こうと、良妻と梅田に出てきた。
辛い物であれば、やはりタイ料理ですな。
やってきたのは、西梅田ハービスENT にあるタイ国政府公認のレストラン「チェディルアン」だ。
店内のインテリア、独特な空間がエスニック情緒をかきたてるね~
e0173645_912325.jpg

まず、ビールは・・・シンハ。
お、グラスもオリジナルですか。
e0173645_8422572.jpg

さて、まずは、早々に辛いところいきたいから・・・お、やっぱりあるね。
ソムタム タイ(980円)。フレッシュな青パパイヤにパームシュガー、カシューナッツの入ったサラダだから、あっさり甘めの野菜サラダじゃんと思いがちなんだけど、唐辛子やニンニクが入るので基本辛い。
うめ~
e0173645_8422864.jpg

そして、御存知生春巻きですな。
ポピァソット(780円)、鶏のササミとエビが巻かれた生春巻き。フルーツで作られた特製ソースと、ちょい辛ソースの2種類で。
e0173645_8423770.jpg

野菜をふんだんに使った料理が多い中、チェンマイ名物ベジタブルディップをいただきますかな。
ナムプリック ワンニー(980円)、その時その時で野菜のラインナップがかわるのかな。
シェフ手作りの本日のディップはこちら。
見た目も華やかなら、カン・トーク(ランナー王朝(チェンマイ)時代に王族が来客をもてなす際に料理を盛る丸い篭)も雰囲気いいなぁ。
エビの入ったディップは、ミンチの入った辛口タイプ。
実は、この時点で結構口が辛いことになっていて、ビールはお替りするわ・・・なんだけど、このガツッとあるキャベツ助かる~もーうさぎ状態だ。
e0173645_8424150.jpg

そして、みなさま御存知、トムヤムクン。
・・・なんだけど、今回はせっかくだから、ちょっとえーやつにしよ。
「クン」は海老という意味なんだけど、ここの海老のクラスを変更して・・・トムヤム ロブスター(1480円)。
はい、ドーン。
e0173645_8424862.jpg

250gクラスのロブスターの半身が入るビッグロブスターのトムヤムクン。
トムヤムクンは、世界三大スープの一つなんだけど、甘いんだか、酸いんだか、辛いんだかの複雑な味わいを醸し出すスープ。基本、酸い辛いスープのイメージがあるんだけど、これは、いい甘みとコクが先行する。海老の味噌でもたっぷり入ってるのかい?というようなコク。
これは美味い!

プァー(レモングラスとハーブの冷製)の中から、殻付きフレッシュオイスターを(1個398円(3個より))。生ガキの上に、香草とチリペーストがたっぷり。
e0173645_8425123.jpg

そして、シャンハイ パットキーマオ(1480円)。板春雨入りタイバジルの辛口酸っぱらい炒め。
ホーリーバジルと唐辛子、コクのあるカピ(シュリンプペーストで蝦醤)やナンプラーで味付けされたもの。
これは、されほど辛くなくなぁ。この板春雨がもー結構腹にきますな。
e0173645_8425861.jpg

麺かご飯を食べようと思ったんだけど、お腹いっぱいで・・・
エスニック料理、気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:本格タイチェンマイレストラン&ヌードル チェディルアン
場所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT 5F
時間:11:30~14:00、17:00~24:00 日祝休(土曜日不定休)
電話:06-4790-4578
e0173645_843114.jpg

by nonbe-cclass | 2011-10-30 13:20 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

虎ノ門の蕎麦「砂場」

先日、仕事で東京出張の時のこと。
移動中に、霞ヶ関から新橋方面へ向かって歩いてたんだけど、どこかでそろそろお昼を食べないと、混みそうだなあ・・・

何が食べたいっていうのはないんだけど・・あ、「砂場」みっけ。
e0173645_22374822.jpg

ビルの1階にあるんだけど、砂場の年季の入った看板が渋い。
サラリーマンが次々と入っていくな・・・特に、年配の人の姿が目立つ。

砂場は、藪、更科と共に三大蕎麦の一つですな
なんか、砂場って蕎麦(食べ物)のイメージと結びつきにくいよね。やっぱり、公園などにある砂場を思い浮かべてしまう・・・が、もともとの意味合いは、そう外れてもいない。
関西の人にとっては、更科は知ってても、砂場は馴染みがないかもしれないけど、これ、大阪が発祥なのよね。砂場は、大坂城築城の際にあった、資材(砂・砂利)置場のこと。今の、西区新町あたりなんだって。
ここに、蕎麦屋「津国屋」「和泉屋」があったらしく、場所的なものもあって「砂場」と呼ばれるようになったとか。
でも、大阪には今、砂場の蕎麦ってのがないんだよね。

さて、中に入ろうとすると、プチ行列が出来てるな・・・あ、なるほど、先に食券を買うのか。でも、 券売機ちゃいまっせ。店の女将なのかしら、手際よく食券をさばいていく。
食券を手に取ると、席に案内してもらえる。
へー、外観からは想像できなかったけど、いい雰囲気のお蕎麦屋さんですな。

注文したのは、いかと長ねぎかき揚げ丼と、もりのセット(1000円)。
e0173645_22375654.jpg

あ、結構蕎麦のボリュームあるんだね~うれし~
つけ汁はそんなにたっぷり入っていないので、ちょっとだけ蕎麦をつけて。
いい歯ごたえと喉越し。濃い目というより、少し甘辛い感じの印象が強い。
e0173645_2238833.jpg

でね、天婦羅が美味しいのよ。
白ネギの香ばしさと柔らかいいかが、さっくさくの衣で揚がってくる。このかき揚げも、えらく盛ってますなぁ。
美味い!
e0173645_223836.jpg

んー仕事でなけりゃ、酒飲みたかった・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大坂屋 虎ノ門 砂場 西新橋店
場所:東京都港区西新橋1-4-1 砂場ビル
時間:11:30~13:30、17:00~22:00(土は11:00~15:00) 日祝休
電話:03-3501-9806

by nonbe-cclass | 2011-10-29 11:48 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「Bonds」

あれ、こんな所にこんな感じの店あったけかなー
ビルの2階に、創作料理のダイニングバーのようですな。
e0173645_22451628.jpg

「Bonds」。ちょっと、入ってみようかな~

そうですな~「酒をメインにして、ちょこっと食べたい」、そんな時に使えるお店。
アメリカンアンティークがあるかと思えば、ほー日本酒「久保田」シリーズ勢揃いですか・・・
確かにバーなんだけど、あまりクローズドな感じもなく、気さくにお酒も食事も楽しめる感じ。

ビールを注文しながら、イカとセロリの塩炒め(600円)。
わお、このイカめっさ柔らかい。いやん、この味付け酒進むわ。
e0173645_22443917.jpg

モモ肉のガーリック焼き(600円)。
e0173645_22445286.jpg

アボガドわさび(350円)は、ネーミングそのままに、山葵醤油でアボガドをいただこうというもの。
アボガドのクリーミーさに山葵醤油あうよね~
e0173645_2244573.jpg

ササミのチキラー揚げ(680円)。
「チキラーって何やねん」と思いながら、確認もせず注文したんだけど、出てきたら「あーそうか」。池田なので、「チキンラーメン」なわけですな。揚げ物の衣としてチキンラーメンが使われるパターンだ。
これ、香ばしくて美味しいわね。
e0173645_2245386.jpg

気まぐれチャーハン(600円)だから、どんなものがでてくるかはその日のお楽しみ。
e0173645_22444659.jpg

シメというか、飯系ではチャーハン以外にもパスタもあるのね。
アスパラとベーコンのクリームパスタ(600円)いただこうかな。クリームだからもっとこってりしてるかなと思ったけど、あっさりして食べやすい。
e0173645_2245972.jpg

洋食系のフードが充実してるかしら。
一通りのアルコールが揃っているので、自分好みの酒と肴で、隠れ家的な空間で、ゆっくり時間を過ごしてみては。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:Dining Bar Bonds
場所:池田市石橋1-8-11 2F
時間:18:00~24:00 日休
電話:072-763-5678

by nonbe-cclass | 2011-10-27 22:32 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

石橋の居酒屋「たぬき屋」

久々かしら・・・我が家から最も近い焼鳥屋の一つ、「たぬき屋」
そんなに大きな店ではないけれど、ちょっとした座敷もあるしアットホームな雰囲気が漂う。家族で行っても気兼ねなく焼鳥を堪能できると思う。

お造り盛り合わせ(750円)は、きも、ささみの盛り合わせ。
値段の割には、そこそこのボリュームありますな~
e0173645_1024752.jpg

うまそ、枝豆は枝付きで。
e0173645_1025796.jpg

串焼きは2本からね・・・はつ(260円)、ももねぎ(ねぎま:260円)にねっく(260円)。
粒大きいし柔らかいですな~味付けは好みで注文できるみたいだけど、デフォルトはタレ。
しつこくなく、あっさりといただける。
e0173645_1025323.jpg
e0173645_103662.jpg
e0173645_1031036.jpg

Jr.は焼鳥屋では、いつも焼鳥丼を注文するんだけど、妙に星形の漬物に目が行く。
e0173645_103227.jpg

手羽(340円)に、てーる(260円)。
e0173645_103154.jpg
e0173645_1032731.jpg

さて、酒なんだけど、日本酒・・・お、「秋鹿」か。
5000本限定モデルの「秋出し」があるのね・・・じゃ、じゃあそれ。
わお!こんなにクリアな感じなのか。
日本酒好きな人は、「秋鹿」にたどり着く人が多い。正直、C級呑兵衛は、嫌いではなくて、いいとは分かっても、クセがあるので積極的には飲まないのね。でも、この「秋出し」のクリアさと旨味はグ~
e0173645_1032130.jpg

串などとは別カテゴリで、さつま地鶏というメニューがある。日本三大地鶏の一つですな。
じゃあ、ももジュージュー焼(980円)と、ももタタキ・ハーフ(750円)を。
繊維が細かいのかしら、肉質は適度に弾力がありながらも、柔らかくいただける。
タタキうめー
e0173645_1033553.jpg
e0173645_1034957.jpg

あとは、この店の人気メニュー、つくね餃子(380円)。鶏ベースの餡を包んだ餃子なんだけど、あっさりの中に脂の甘みが美味しいですな~
e0173645_1034286.jpg

シメには・・・ん?なんだ?この胡椒飯(450円)て。
頼んでみるか。
e0173645_1035665.jpg

ほうほう、シンプルに胡椒のかかったご飯ですか。
このまま食べてひりりもいいが、スープを入れてぶっかけにするのが美味い。
わちゃー酒飲みアイテムだな、こりゃ。
やっぱり、漬物は星形・・・
e0173645_104342.jpg

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:自然派 本格焼鳥 たぬき屋
場所:池田市井口堂1-10-15
時間:18:00~24:00 火休
電話:072-761-8901
e0173645_1023823.jpg

by nonbe-cclass | 2011-10-26 22:32 | ・阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

京橋のうどん「自家製麺うどん甘味処 おにかま」

先日の話。
もー、Jr.が吉本新喜劇で活躍する松浦真也(ギターの人)が好きで、それきっかけで、これまでテレビを通してでしか観ることのなかった吉本新喜劇を、実際に足を運んで観に行くようになった。
おかげで、家族みんなで応援してるんだけど、
先日、NGKではなくて、京橋花月で松浦真也が出演するからということで、Jr.と二人で観に行ってきた。

さて、話はその手前、ランチのお話。
京橋に出て、何か食べるかなーとJr.と相談したところ、「うどん」。
じゃあ、ということでやってきたのが、「おにかま」
e0173645_22203218.jpg

店奥のカウンター席に案内されるんだけど、腰を掛けても厨房の作業がしっかりと見えてしまうくらいの開放感。
何にしようかな~おススメは、店名に同じく「おにかま」か。
これに、この時期だし・・・きのこトッピングで(700円)。
え?おにぎりつくんですか?じゃ、昆布で・・・いやん、美味しそうなおにぎりが登場。
うどんの茹でには少し時間がかかるので、それまで我慢できずパクッ。
e0173645_22203752.jpg

そして、しばらくしてうどんがでてきた。えのきが、うどんを覆うようにわさーっと。
今回は冷でお願いしたんだけど、適度なコシとモチモチ感に対して、こののど越し感がたまらんねー
それに、このダシ・・・すごいいい香りで、ずっと飲んでたい。。
美味い!
e0173645_22204425.jpg

Jr.は同じおにかけなんだけど、なめこver.…でも、こちらは、別の器に入って出てきたね。つけ麺風にいただくのかしら。醤油ベースで濃いめに味付けしてあるのね。
e0173645_22205032.jpg

一作業終えては、その場で麺をこねたりと忙しそう。
でも、注文を受けてからの作業がとても丁寧で、うどんが出てきた時には、「作品が出来ました」的な感動を覚える。

京橋にやって来た時には是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:自家製麺うどん甘味処 おにかま
場所:大阪市城東区野江1-1-7
時間:11:30~15:00、17:00~21:00 水休
電話:06-6935-1715

by nonbe-cclass | 2011-10-24 23:12 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「麺屋 天地神」

あれ?こんな所にラーメンのお店あったっけ?
普段、山手にはあまり行くことがないので、単純に気づいてないだけなんだけど、何だか、ラーメンが食べたくて探していたら、このお店が出てきた。

散歩がてら行ってみるか。
国道176号線荘園口東交差点を北へ。ひたすらバス道を北へ進むと、池田は辻ヶ池公園、箕面は牧落へと延びる道路の交差点にあたる。
この交差点のすぐ北側にあるお店、「麺屋 天地神」だ。
e0173645_18232543.jpg

今年の4月にオープンしているそうだ。

ささ、ちょっとビール飲みたいから先に餃子もらおうかな~
お、餃子は、普通のと・・・ラー油餃子(400円)ってのがあるな、じゃ、これにしよ。
わお、美味そう~
手作りの餃子はパリッと焼き上げて、これだけでまず、うまうま。
この上にかかっているラー油もオリジナルで、「極うまラー油」は18種の食材を使ったもの。
香ばしい風味がたまりませんな。ビールが進むって。
e0173645_18232856.jpg

そして、タイミングよく出してもらった、ラーメン。
今回は、シンプルに醤油ラーメン(600円)をチョイス。
e0173645_18233850.jpg

ほうほう・・・ラーメンは、国産豚、鶏、多種野菜等を長時間じっくり煮込んだスープか。
とんこつスープがベースではあるんだけど、ごってりぎとぎととは逆で、あっさりしながら旨味がしっかり出ている。ん?でも、何か魚の風味がするんだけどなぁ。
店主と話してみると、関西の人は、納豆もそうだけど、においやギトギトが苦手な人が多いよね。だから、関西人が好むあっさりタイプのとんこつに仕上げたという。で、醤油ラーメンにはイリコが入ることで、和テイストな味わいになっている。

麺は、細麺ながらもちっと感がある「薩摩麺」。スープによく馴染むんだわ。
チャーシューも柔らかいなぁ。こちらも、国産豚を使用してて、とろけっちゃう。
シンプルなんだけど、一つ一つにこだわりが感じられるね。

洋食の居酒屋の中で研究が始まり、現段階で、あえて、この場所でトライアル。今後、どうビッグにでてくるか楽しみですな。
とりあえず、今度は塩ラーメン食べに行こう~(一番のおススメだって。塩めちゃこだわっているそう)

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:麺屋 天地神
場所:池田市畑1-6-24
時間:11:00~15:00、17:00~24:00
電話:072-752-0136

by nonbe-cclass | 2011-10-23 08:41 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

梅田のうどん「釜たけ流うめだ製麺所」

もう結構な人達が行ってるとは思うけど、
先日、梅田の「釜たけ流うめだ製麺所」で、会社のメンバーと出先帰りにお昼を食べることになった。
e0173645_17301833.jpg

わー何にしよ~かなー
ちく玉天ぶっかけだと面白くないかしら・・・鶏天ぶっかけ(780円)にしてみるかな。
入口入ってすぐ右手に食券の券売機。

「え?なんで?だって、写真見たら全部のってるやん」
一緒にいたメンバーが、鶏天ぶっかけだから鶏天はあるにしても、天ぷらは好みで、トッピングだから別に頼まないと、というのだ。
そうなの?とか思いながら、麺は大盛り(100円)にして、とうもろこしの天ぷら(100円)を買ってみた。

で、しばらく待っていると・・・
e0173645_17301937.jpg

しっかり、写真通りに天ぷら乗っとるやないか(怒)
しかも大盛りが、かなりボリューミーな形に見えるのですが、気のせいでしょうか。

で、若干ショックを受けているところに、
「お待たせしましたー」と、とうもろこし天ぷらの追加分がやってきた
e0173645_17302737.jpg

まったく・・・ま、いいや。早速、いただこう。

あまり薀蓄好きじゃない(そもそも語れないし笑)ので、感覚で表現すると、
なんばの「釜たけうどん」とは、麺がまったく違うと思っていい。
もともと、C級呑兵衛は、どちらかというとエッジのきいたハード系の麺が好きなんだけど、それと比較するとかなり、のど越しの良い滑らかな麺だ。コシはしっかりあるけど、大きく主張することなく、どちらかというと、麺のモチっとした食感が勝つ。ツルモチッですな。
喉越しがかなりいいので、ズズズッといける。今回、冷のぶっかけで食べてるんだけど、温かいダシでもいただいてみたいなぁ。美味い!!
天ぷらもアツアツでサックサク・・・おいおい、このとうもろこしや人参の甘いこと。

いやあ、美味かった。讃岐うどんというカテゴリではないのかしら。ま、気にせず、今度、あったかいの食べに来よう。
皆さん、ガセ情報には注意して注文をしよう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:釜たけ流 うめだ製麺所
場所:大阪市北区角田町5-1 OS楽天地ビル1F
時間:11:00~23:30(麺切れ終了まで)
電話:06-6360-6037

by nonbe-cclass | 2011-10-22 18:17 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

激旅!ソウル2泊3日2011(7)

足つぼも終わって・・・おっと、12時回るな。
昼飯の場所を探すか。時間的にもここから遠出はできないから、明洞の中ですませることにした。
焼肉やスープなどをいただいてきたので、ソウル最後の食事は海鮮に決めていた。
メイン通りから少し入ったところにある、海鮮料理専門店「明洞多島海鮮」だ。

「・・・。」
まあ、よくこれだけ入口をゴチャゴチャ感満載にできるな(笑)こういうの好き。

随分とメディアに取り上げられている様だが、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のハン尚宮役ヤン・ミギョンや、ペ・ヨンジュン、日本ではスマップ等も来店したことがあるようですな。
外観もごちゃごちゃするなら、店内も・・・壁や天井に、来店客の写真がびっしり張られている。
e0173645_1055249.jpg

さてさて、店のおかあちゃんが身振り手振りアーンド片言の日本語でおススメを話してくれる。
じゃあじゃあ、これとこれを・・・
すっかり慣れてしまった副菜の小皿並び。
e0173645_11192649.jpg

さて、やってきたのが、醤油蟹醤(中)w30,000(2,100円)。醤油漬けにした蟹なんだけど、カンジャンケジャンといった方が、ひょっとすると馴染みがあるかも。
醤油漬けの味もしつこくないので嫌みがないし、何よりも蟹の身が甘いこと。
e0173645_11193173.jpg
e0173645_11193660.jpg

Jr.は、どこかで食べたいと思っていた冷麺w6,000(420円)を注文。
量多い多い・・・麺は、極細麺でコシはあるんだけど、柔らかい感じですな。
e0173645_11194780.jpg

おいおい、これで小かよ・・・
海鮮湯(小)w30,000(2,100円)、具だくさんのヘムルタン(海鮮鍋)だ。
e0173645_11194274.jpg

火をかけて、ぐつぐついってきたら、おかあちゃんがやってきて、鍋の中に入るイカやタコなどをはさみで豪快にチョキチョキ。最初は分からなかったけど、この鍋にはいったいどれだけの魚貝が入ってるんだ?
e0173645_11195165.jpg

え、あ・・・すいません、器にまで装ってもらっちゃって。

はいドーン。

えび、わたりがに、いか、たこ、白子、ムール貝をはじめとした貝数種・・・巻貝も入ってますけど。店にある魚介全部入れてんじゃないのと思うくらいのボリュームだ。
ピリ辛感もあるけど、まあ、これだけの魚貝が入ってるわけだから、スープが美味いに決まってるわね。
旨味たっぷりのスープの味もクセになる。
e0173645_11195772.jpg

あかん、朝飯に牛テール食べて、マッサージの後に豪快な昼飯でしょ・・・腹がパンパンだ。
瓶ビール2本ほど飲んだかな・・・で、ぜーんぶで合計w83,000(5,810円)でございます。
平日ということもあってか、日本人はいなかったな・・・とにかく、サラリーマンメインの現地の人で満員御礼状態。お店の人も愛想良くて満足満足。

さ、ホテルに戻ろう。今回のツアーでは、ホテルのチェックアウトが14:00までOKだったのね。
今から、戻って荷造りしてチェックアウトするか。
って思い、ホテルに戻ったら、以外にチャッチャと片付きチェックアウトできてしまった。
おいおい、ガイドさんとの集合時間まで微妙に時間が・・・

さすがに、全く想定外時間・・・どうしよ。地図観たら、近くに市場があるみたいやな。状況分からんけど、行ってみるか。
市場に向かう途中で、すでにおかしいことになっている
どうもですな家具街のようで、店の外に商品が炸裂している。
e0173645_12114976.jpg
e0173645_1212238.jpg
e0173645_1212741.jpg
e0173645_12121724.jpg

ホテルの周辺は、文具街だし・・・なんか、まとめないとダメなのかしら。

お!すごいやん、この市場魅力!「中部市場」というそうな。
e0173645_12243278.jpg

ちょっと観光客には買い物は難しいと思う(基本、量り売りだわ)けど、このアジア感は是非、体験してほしいですな。野菜、乾物、魚介なんでもござれだ。
e0173645_12245696.jpg
e0173645_1225103.jpg

小魚の煮干しワールドに緑豆地帯、なんや分かれへん麩みたいなん。
e0173645_12264680.jpg
e0173645_12265458.jpg
e0173645_1227426.jpg

まるで、家の軒先みたい・・・
e0173645_1242729.jpg

わお、さすが韓国。
唐辛子や香辛料もこんな感じで売られてるんだね。
e0173645_12281853.jpg
e0173645_12282821.jpg

さ、15:30、ホテルのロビーでガイドさんと合流し空港へ向かう。
バタバタっと手続きを済ませた後、さらにバタバタさせてくれたのはJr.だ。
どうしても、仁川で飛行機を色々みたいという。土産もまだ若干買わないといけないのに・・・

もーここから、空港内をバタバタ歩き回る。
ただ、難しいのは、ハブ空港というのは大韓航空やアシアナ航空にとっての話であって、海外から色んな航空会社が乗り入れているかというと、これはまたちょっと違う。
まあ、大韓航空だらけ(当たり前だけど)。
e0173645_12502989.jpg
e0173645_12504188.jpg

おいおい、やばいって、もう搭乗時間が・・・
しかーし、最後の最後で。
オール2階建てのA380や
ガラス越しだから、いいショットは撮れないけど、と、とりあえず、シャッター切っとけー!
e0173645_12574591.jpg

この後、さらに驚いたのは、関西国際空港に到着し、滑走路を移動している時のことだ。
窓の外を見ていると、ハワイアン航空などが止まっているなーとか思っていたら、1機外れたところに・・・
「あー!ANAの787や!」
ボーイング社の塗装だからすぐに分かるわね。おいおい、また、カメラ使われへん時に・・・
え?今、関空にいるんかいな・・・最後のサプライズでしたな。

いやーバタバタの韓国だったけど、また機会があればまた行きたいですな。

韓国のブログはここまで。また、地元ネタにもどるね。
これ以外の韓国ネタがあれば、Facebookで展開するのでよければどうぞ。

激旅!ソウル2泊3日2011 完

by nonbe-cclass | 2011-10-22 13:13 | ・激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(1)  

激旅!ソウル2泊3日2011(6)

あっという間に最終日かよー
これで、午前や午後一便の飛行機だと厳しいよな。19時過ぎ発の便にしといてやっぱり良かった・・・

さて、出発までの時間、今日は買い物をメインにするとはいえ、有意義なものにしよう。
8:30。朝の南大門市場にやってきた。
e0173645_22253115.jpg

人出はまだまだこれからという感じだったが、実は、ここには買い物に来たわけじゃーない。
「おいおい、ここ入るんですか」・・・狭い道の奥、カオスな空間に入り込んでいく。
e0173645_22295595.jpg

で、やってきたのが、「チンジュチッ」
創業60年の老舗だ。ここで、朝飯朝飯~
e0173645_22355751.jpg

中に入ると、これまた地元感満載の食堂という感じですな。
e0173645_22415414.jpg

ここで、何を食べようとしているかというと、コリトマッだ。ぶつ切り牛テールのスープですな。
キムチが小皿でやってきた後、少し待っていると・・・かなりグツグツしたコリトマッがやってきた。
e0173645_2250332.jpg

これ、どうやって食べるかなんだけど、この中に入っているぶつ切り牛テールをまず、別の器に取り出す。
おいおい、ごついのが3つも入ってますけど・・・
で、この牛テールをほぐして、にんにく・ニラがたっぷり入った醤油ダレにつけていただく。
e0173645_22501839.jpg
e0173645_22502473.jpg

朝から、これはこってりではないか・・・と思ったら、全く。
まず、数時間煮込んであるから、牛テールがめっちゃ柔らかい。ホロホロと身がほぐれる。
スープも牛テールも、香辛料などで個性的な味がついているわけではないので、これくらいのタレにつけた方が確かに美味い。
スープも、このまま飲んでも悪くはないが、塩や副菜のキムチを入れて、自分流の味付けにするのが一般的なようだ。コリトマッには、カクテキがつくのが定番だそう。
スープには、ご飯をいれて、と。いやぁ美味しいなぁ。

店内には、何人かの客がいたが、おそらくは市場の人達ですな。1チーム、おっちゃん連中が朝から焼酎も入ってご機嫌ご機嫌。ま、これが市場の元気の源かもしれませんな。

少しだけ、市場を散策して、この後、明洞へ向かうことにした。
e0173645_7594785.jpg
e0173645_759537.jpg
e0173645_80419.jpg

免税店があるロッテ百貨店、明洞で簡単に買い物を。
なんか、化粧品あたりは安いみたいねーJr.には好物の韓国のりを。
「海苔海苔天国」で。
e0173645_891892.jpg

朝の明洞はまた雰囲気が違うね。ドラマ「美男ですね」のロケ地、明洞聖堂も。
e0173645_7563717.jpg
e0173645_7564769.jpg
e0173645_7565213.jpg

この後、昨日諦めのつかなかった足つぼマッサージに再度チャレンジ。明洞の東端にある「伝統足マッサージ足道」にやってきた。
午前中ということもあってか、すぐに対応してもらえることになった。
e0173645_823098.jpg

テレビでよく見る椅子に座って足裏をゴリゴリされるタイプではなく、施術台に寝てふくらはぎなどのオイルマッサージも含めた足つぼマッサージ。45分でw18,000(1260円)だ。
結構歩いてるから、ふくらはぎのマッサージが気持ちいい。足つぼマッサージは、足指1本1本まで結構丁寧にしてくれる。ところどころで、痛い部分はあったんだけど、全体的には心地よかったな。
顔にタオルをしているから、状況はよく分からなかったけど、一方での良妻は痛いところ炸裂ー!だったようだ。あまりの痛さに足を反射的に引っ込めてしまっても、すぐに足をひっぱられてグリグリやられたようだ。絶対、身体どっか悪いんやで。
おまけに何故か頭皮マッサージまでされた。

by nonbe-cclass | 2011-10-22 10:51 | ・激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)