<   2011年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧

 

京都の中華料理「膳處漢 ぽっちり」

「ほー、膳所ってそういう意味だったのか」
読み方も難しいわね。京都の膳所(ぜぜ)
むか~しむかし、大津宮の頃(んーすでにピンとこない)。
都へ食物を供する御厨所(陪膳浜(おもののはま))に由来するとか。膳の所で膳所か。
ええ料理人がわっさーとおったんでしょうな。チャングムでいうところのスラッカンみたいなものかしら。

で、なんでそんなことを思ったかというと、
この間、京都でお昼を食べようと入った店の名前から。
店はこちら。
e0173645_11232572.jpg

この重厚な建物と大きな暖簾に、敷居高そうで入るのびびっちゃう。
中華料理「膳處漢 ぽっちり」だ。
暖簾をくぐって店内に入っても凄いなぁ・・・
客人と食事とか、接待とかにいいねー次々と予約客がやってくる。
e0173645_11235836.jpg

「膳處漢」の膳處は膳所の旧字体として、
漢は、京の街並みが中国の都に似ていたところからついているそうな。

膳處漢のお弁当(1600円)をお願いしよ。
春キャベツのスープにお弁当がやってきた。その時々の旬の食材を使っているんだって。
e0173645_1124293.jpg
e0173645_11243624.jpg

美味い!全体的に、すっごい優しい味付けになっているなぁ。
しっかり味はついてるし、食材の良さも活きてるし、でも辛いとか甘いとかという単純な表現がしづらいわけ。
ま、これは是非食べに行って。雰囲気もとってもいいしね。

Jr.は小龍包を美味そうに・・・独り占めしてた。
e0173645_11244174.jpg

店の奥、Barでっせ。めっさ格好いい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:膳處漢 ぽっちり 京都店
場所:京都市中京区錦天神山町283-2
時間:11:30~15:00、17:00~23:30
電話:075-257-5766

by nonbe-cclass | 2011-04-29 12:26 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

谷町の居酒屋「鉄板焼酎処こんご」

谷町ランチシリーズ。

色々食べ歩くと、この周辺の店って、「ご飯お替り無料」「味噌汁お替りサービス」というのが結構あったりする。そもそも、ランチのボリュームがあるところに、ご飯お替り無料までくると、お腹いっぱいで昼から仕事する気がなくなるぞ。

今回は、「鉄板焼酎処こんご」
居酒屋の中でも、庶民的なタイプで気さくな感じが居心地いい。

ハンバーグ定食(800円)にしよ~
ご飯、味噌汁、つけもの、一品付き。しかーも、ご飯のおかわりができる。
一品付きって言っても、これ、一品が3品ありませんか・・・
e0173645_16131497.jpg

そもそもメインであるハンバーグだって、このごつごつとした手造り感とボリュームなわけで、お替りしなくたってお腹いっぱいは必至だ。
嬉しいことに、ご飯はかやくごはんにもできたぞ。

このお店、「カープのお店」なんだそうで。
確かに、壁には広島カープの写真が・・・
特に、笑わせてくれたのはメニュー。鉄板&カープというところから、広島焼。なるほどね。
そして、アラカルトも充実しているんだけど、中に、宮崎地鶏メニューなんてのもありますな。
素材にもこだわっているんだろうけど、「地鶏といえば宮崎、宮崎といえば日南、広島カープのキャンプ地」というつながりになっている。とにかく、カープに結び付けたいわけですな。

夜の居酒屋も賑やかそうで、利用してみたいね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鉄板焼酎処こんご 本店
場所:大阪市中央区島町1-2-3 三和ビル1F
時間:11:00~14:00、17:00~23:00
電話:06-6943-1338

by nonbe-cclass | 2011-04-29 11:14 | ・谷町でランチ | Trackback | Comments(0)  

京都の居酒屋「かき屋 だいやす」

京都は錦市場、言わずと知れた京の台所。
何度と訪れては、その活気に酔いしれる。
e0173645_2125680.jpg

もうねえ、魅力。
酒飲みにはたまりませんなぁ。

おやおやぁ、あの酒屋の店先にあるのは・・・
「津之喜酒舗」では、フレッシュな大吟醸をその場で飲ませてくれる。コップで630円。
うっめー
e0173645_2195126.jpg

今飲むシアワセ・・・そんな札かかってんだけど、その通りですな。
飲みながら・・・「なんか肴がほしいな」と思っているところに、おちゃめなアイテムを発見。
e0173645_2110576.jpg

蛸玉子(150円)。ちっちゃな蛸が串にささってるんだけど、この蛸の頭(胴)の部分にウズラ卵が入ってるわけ。手前にはイカバージョンもありますな。
もー食べ歩きにどうぞ、って言ってるようなもんですな。
海外からの観光客も多いから英語表記もあるんだけど、オクトパスへの反応はどんなもんなんでしょうな。
このアイテムは、1軒だけでなく鮮魚をあつかう店数店で見かけたぞ。

「お、ここは入らんとあかんやろ」
店先で、牡蠣を殻剥きして焼いてるんだもの。
「かき屋 だいやす」だ。
e0173645_20543978.jpg

カウンターと奥に少しテーブルがある。
さくっと呑みには最高ですな。

焼き牡蠣は、1つ180円。伊勢は麻生の浦(おおのうら)の牡蠣だそうな。
肉厚のプリプリがやってくる。あかん、美味い・・・すぐお替り。
e0173645_20543227.jpg

もー他にもツブ貝やさざえ、大あさりなど貝王としてはたまらないラインナップ。
酒飲みおっさんがたむろする感じではなくて、観光や買い物でちょっと立ち寄る人達が多いから、女性一人でも立ち寄れる感じだぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:かき屋 だいやす
場所:京都市中京区錦小路通高倉東入中魚屋町509
時間:12:00~20:00 (L.O.19:50)
電話:075-221-0246

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2011-04-27 22:23 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

有楽町の焼肉「叙々苑 游玄亭」

この間、東京は有楽町に仕事でやってきた。
お昼食べなきゃ、と思いながらも「慌てて掻き込むのもやだしなぁ」と駅近くでキョロキョロしていると、見慣れた店名が目に飛び込んでくる。
「叙々苑」だ。

メディアでガンガン紹介されるから超有名、芸能人御用達みたくなっている。
ランチでは利用したことがあるんだけど、夜はないですなあ。
我々が普段食べるカルビあたりは2000円を下らないし、ハラミやロースも1500円以上する。
ま、一部店によって違うにしても、基本、肉はホルモンを含めても単品で1000円は下らない。
それだったら、近場でリーズナブルでクオリティ高い焼肉店はいっぱいあるから、それで十分だわーって思っちゃう。どこかで、一度は食べておきたいけどね。

阪急百貨店も入る有楽町マリオン、ここの上に「叙々苑 游玄亭」がある。
おし、歩くのも面倒くさいからここにしよ。
エレベータで11階へあがり、フロアに出ると、ほーほー高級感漂う店構えですな。
e0173645_1219821.jpg

店内はおそらく広いんだろうけど、実は各テーブル席、他の客が気にならないように高めの仕切りがあるから、何がどうなっているのかあまり分からない。
テーブル席に着いて、注文したのは焼肉ランチ(1300円)。
国産牛とだけ書いてあるんだけど、和牛でない可能性もあるってことか・・・

人の話は最後まで聞かないとあかんね。
肉が出てくるまでに、店員がドレッシングを2つもってきた。
「2つありまして・・・」と説明を始めたもんだから、「その辛口のやつで」って言ったんだけど、
そのまま説明し続けて、「どうぞ両方お試しください」。おーおーチョイスじゃなかったのか。こっぱずかしいじゃないか。
e0173645_12184943.jpg

トレイにご飯、スープ、サラダ、キムチ・・・そして、白い四角い器で肉がやってきた。
肉はタレで来るんだけど、この味は嫌いじゃないですな。
「叙々苑」は炭火ではなくロースタータイプ。
e0173645_12185784.jpg
e0173645_121916.jpg

人目を気にせずとか、匂いが服につかないとか、夜遅めまで営業している、落ち着いた店内、そんなことから利用しやすい店になっているのかもしれませんな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:叙々苑 游玄亭 有楽町マリオン店
場所:東京都千代田区有楽町2-5-1 有楽町マリオン11F
時間:11:30~22:45(L.O.)
電話:03-3218-8989

by nonbe-cclass | 2011-04-24 15:33 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

十三のラーメン「ばっこ志」

この間、京都へ行くのに、
京都でお昼だとちょっと遅くなるかと思い、移動途中の十三で軽く食べることにした。
まぁ、十三に降り立つと酒が飲みたくなるところなんだけども・・・

阪急十王駅東口を出て、駅に沿う商店街の中にある博多ラーメン「ばっこ志」へ。
酒飲みに十三へ来るたび、前を通ってるんだけど、入るの初めてだったりする。
タイミングが悪ったのか、ちょっと待つことに。
しばらくして、中に案内されると店主はじめ、気さくな感じで愛想よく出迎えてくれる。
e0173645_10345825.jpg

食券タイプなので、最初に券売機でチケットを買って、と。
らんち 菜(800円)というのにしてみるか。

あんまり予備知識もつことなくきたから、外で待っている間に雑誌で取り上げられた記事見てたんだけど、ここは2号店なんだね。庄内が本店なのか。
博多一風堂で修行か・・・そのノウハウが活きてるらしい。

らんち 菜は、とんこつらーめんと高菜ごはんのセット。
お、きたきた。
e0173645_10344522.jpg

ぎっとぎと濃厚なとんこつじゃなくて、少しあっさり目な仕上がり。
いや表現が難しいな・・・誤解のないようにいうと、あっさりといってもコクがないんじゃなくて、
牛乳かクリームでも入ってるのかしら・・・と思うほどのクリーミーさがあるわけ。
しっかりとんこつを食べているはずなんだけど、どこかで「洋食食べてるんだっけ」的な感覚になるほどの上品なスープで、後味があっさりするのよね。

ちょっとだけ、紅生姜のせて・・・
e0173645_1035622.jpg
e0173645_10351552.jpg

で、また、麺が美味い。もちろん細麺なんだけど、
博多ラーメンでよくある注文時、麺の茹で具合どうするかって話。
ここではあえて聞かれなかったけど、絶妙な感じで出てきたぞ。
C級呑兵衛はもともと麺は硬めが好きなんだけど、硬すぎることなく、このスープとよく絡む頃合いでグー。
また来たい、と思わせる味でしたな。

「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ばっこ志
場所:大阪市淀川区十三東2-12-41
時間:11:30~14:30、18:00~25:00 水休
電話:06-6886-5180

by nonbe-cclass | 2011-04-24 11:10 | ・食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

貝塚の「鰻や 竹うち」

この間、ロケで貝塚市まで出かけた時のこと。
ロケの多くは、大阪駅で集合しロケバス移動なんだけど、今回は、現地、南海貝塚市で集合となった。
集合時間からすると、貝塚で昼食をとらないとな・・・

で、駅周辺を少し歩いたんだけど、ピンと来るものがないなぁ。
色々と探して・・・なるほどなるほど、そういうのもあるか。

と、決めたのは、「鰻や 竹うち」だ。
そういやなかなか、鰻を食べるという機会がないな、と思って。
e0173645_10255917.jpg

お・・・店内は思ったより広いんだ。
店の感じからは分かりにくいんだけど、「鰻や 竹うち」は数店舗展開されているようで、堺にあるのが本店。

注文したのは、とーんと、松丼(1600円)。
注文してからの調理になるので、しばし・・・
お、きたきた。
e0173645_1026536.jpg

思ったより、大きい器でボリューミーですな。
鰻は、見た目より皮がしっかりと炭火で焼いてるんだろうね、パリパリ、そして香ばしい。
身がこれまた肉厚でしっかりして、でも、ほわっと柔らかいわけ。

「!」

食べ進めるうちに・・・ご飯の間にも鰻がはさまっとるやないか。
鰻丼といえばタレも大切ですな。ここはタレが甘すぎないので、食べ進めても飽きがこなくて最後もあっさりとするところがうれしい。
e0173645_10261137.jpg

最近、鰻たべてないな~という方は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鰻や竹うち
場所:貝塚市中925
時間:11:00~21:00 不定休
電話:072-432-3325
e0173645_10255354.jpg

by nonbe-cclass | 2011-04-24 10:01 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

まじで!?ルスツ2泊3日2011(5)

ルスツ2日目の夜は、バイキングを。
バイキング旬祭市場「オクトーバーフェスト」へ。
普段、夕食にバイキングを食べに行くことはなかなかない気がするけど、
北海道の旬の食材をつかった「北海道バイキング」が開催されていたから、行ってみることにした。
おっと、考えることは皆同じか・・・満員御礼ですな。
店名の「オクトーバーフェスト」から分かるけど、ビアホールだよね。カジュアルで賑やかな感じがいいですな。
話それるけど、本場のオクトーバーフェストは1回体験してみたいよなぁ。
e0173645_759181.jpg

かには、ずわいと毛ガニが食べ放題ね。
e0173645_23373234.jpg

みてよ、これ。
オレンジの部分、これ全部いくらでっせ。
造りにまぐろ、ホタテ貝柱、サーモンなどがあるので、このいくらと合わせて自由に盛って海鮮丼にする人が多かったな。
e0173645_23373831.jpg

他にもホタテの醤油焼、旬野菜のてんぷらに鍋・・・まー色んなもんがありましたなあ。
かにかにいくらかに、いくらいくらかに・・・あかん、自分の好きなものを好きなだけ食べてしまった・・・

最終日の朝、朝食をルスツタワーの「ボナペティ」へ。
宿泊はルスツタワーが人気なんだけど、C級呑兵衛ファミリーはノース&サウスに。ノース&サウスだと、建物出るとすぐゲレンデだからね。
昔はなかったんだけど、ノース&サウスとタワーを結ぶモノレールが出来ていた。
街中を走るモノレールをイメージされると困るけどね・・・
e0173645_23375840.jpg

んー確かにタワーの方が設備がきれいだわ。
e0173645_2338663.jpg

「ボナペティ」入口にゲレンデ情報が。
雪質は「ザラメ」か・・・そうそう、そういう表現があったな。
この時期だから、パウダースノーなんてのは期待していないけど、陽がさし夕方に向かうにつれ、雪が重たくなるんだよね。雪というより、水を含んだ氷粒の集まりみたいになるから、滑りにくいなあと思っていたけど、まさにこの表現ぴったり。
e0173645_23381261.jpg
e0173645_23382040.jpg

朝食がバイキングになると、ついつい食べちゃうんだよなぁ。和も洋も食べたいんだもの。
ルスツ特産長芋のたたきや、手造り豆乳豆腐などオリジナルも充実。
e0173645_23382641.jpg
e0173645_2338337.jpg
e0173645_951513.jpg

最終日だけど、夕方近くまでは滑れるからガンガンいっとこ。
Jr.もボーゲン楽勝になったこともあって、中級クラスを調子こいて滑ってるや(スパルタが功を奏した感じかしら)。初日のぐずりは何処へいったのやら。
e0173645_23384087.jpg

15時前後にはゲレンデを後にし、タワー内の大浴場でゆっくり浸かる。
この時間は、ほぼ貸切状態だ。外の景色も眺められるし、こりゃノース&サウスの大浴場よりいいや。
ホテルの中には、コンビニ含めショップが結構あるので、お土産も概ねここで完結できるから助かるわ。
e0173645_23384741.jpg

さ、そろそろルスツを出発するか。
帰りのリゾートライナーはニセコからの乗客と一緒。
なので、ルスツを出てからすぐ休憩・・・
休憩場所は・・・そう、きのこ王国(もうええって)。
ま、おトイレ館まであるので、あえて利用させていただきますか。
e0173645_10112222.jpg

いや~何かとバタバタしたけど、十分に楽しめたかな。
天気も概ね良かったしねー
e0173645_23385332.jpg

しかーし、この後、飛行機は関空行き
お、B737-800か。
ぐったりしているところで、関空からさらにバスで、伊丹空港経由蛍池まで戻らなきゃならない。
家に着いたのはほぼほぼ24時・・・
ま、こういうことにならないよう、みなさん旅行は計画的に。

まじで!?ルスツ2泊3日2011(完)

by nonbe-cclass | 2011-04-23 10:22 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

まじで!?ルスツ2泊3日2011(4)

ルスツ2日目。
朝食は、ホテル内でバイキング。どこのレストランにいくかな・・・クレセントホールにするか。
和洋中一通りあるんだけど、ここは他のバイキングより中華系が気持ち多いかな。
ま、とにかくですな、スジコ食べ放題なもんで、ごはんにドサー
e0173645_19194386.jpg

さて、今日は、ルスツスキー場三山の中でも、最も高いイゾラに行くぞ。
Jr.がロクに滑れないにもかかわらず、に。
でも、中級でも横幅の広いロングコースだから、結構滑れたりするんだよねー
Jr.も、「あれ?中級でもいけるんちゃうん」とか、調子こいてたりする。
e0173645_19195596.jpg

天気は微妙な感じもするけど、山頂でも記念撮影。Jr.ももちろんここまでやってきたぞ。
e0173645_1920153.jpg

・・・ま、そこまではよかった。
が、ここでJr.が大失態
さっきの山頂で記念写真を撮った後、改めてスキー板を履くんだけど、
あれだけJr.に、「板は斜面に対して横向けろ」とアドバイスしていたにもかかわらず・・・
片方の板が、斜面を音もなくツィーッと滑り出す

「あー」とか、Jr.叫んでるんだけど、
どうせ、斜面に板滑らせるなら、コース上に滑らせろよ!滑って取りに行くから。
お前・・・ゴンドラ降り場の下をくぐらせるコースとるか!柱の向こう側に行っちゃったよ。
e0173645_19201143.jpg
e0173645_19201810.jpg

ゴンドラ降り場の係員の人に、お願いをして取ってもらう。建物下だから、雪の整備できてないでしょ、意外と雪深で係員の人も足とられないように慎重に・・・
ほんと、ご迷惑おかけしてスビバセンネー

羊蹄山・・・ほんと富士山みたいですな。頭のてっぺんだけ、どうしても雲が退いてくれなくて。
e0173645_19202432.jpg

お昼は、みそラーメン。幻のタマネギ「札幌黄」を練りこんでるんですな。
e0173645_1920312.jpg
e0173645_19203688.jpg

昨日は、夕食の後にゲームをしようとして営業終了だったこともあり、今日は警戒心むき出しのJr.。絶対、夕食前にゲームをするんだという行動がアリアリだ。

スキーを終えて、お風呂も入って・・・じゃ、ゲームするか。

お~カン・アレーまだあるやないかー!C級呑兵衛、得意中の得意ゲーム。
これ、エキスポランドにもあって、必ず戦利品を獲得してたもんだ。
え?C級呑兵衛がはしゃいでちゃ意味ないか。
e0173645_19204118.jpg

良妻が鬼才を発揮したのが、ボーラーローラー
ボーリングの球を指定の位置で止めるのが、C級呑兵衛には全然できない・・・なのに、良妻は何回連続で出来るんやー!
え?良妻がはしゃいでちゃ意味ないか。
あ、やばい・・・何をやってもうまくいかないJr.の雲行きが怪しい・・・
e0173645_19205371.jpg

一旦中断し、夕食をはさんで再度チャレンジ!
競馬ゲームにスマートボール。
スマートボール・・・ボーリングのように小さなボールを投げて、途中段差で浮いたボールが、点数の書かれた枠に入る。なかなか高得点をとるのが難しいわけ。
e0173645_192121.jpg
e0173645_1921883.jpg

これ、後から係りの人に高得点をとるコツを教えてもらい、それからというものJr.が絶好調。
良かった、機嫌よくなって・・・

by nonbe-cclass | 2011-04-18 23:26 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

谷町の中華料理「AJITO」

谷町ランチシリーズ。

中華料理の中でも、「四川」の文字が目につく「中華居酒家 AJITO」
ランチ時は、なかなかの繁盛ぶりだ。
ランチは・・・ぷり海老のチリソースランチ、本格四川麻婆豆腐ランチ、四川タンタン麺ランチ、四川サンラータン麺ランチ。魅力たっぷり。

四川サンラータン麺ランチ(880円)にしてみるか。
サンラータン麺にライス、サラダ、点心ね。

酸辣湯は、台湾行った時に「鼎泰豊」で食べて以来じゃないかな。
酸辣湯は書いて字の如く、酸い辛~いスープ。ちょっと、とろみもあったりして美味なんだよね。四川料理の一つだ。
e0173645_18242499.jpg
e0173645_18242939.jpg

お、レッドな感じできましたなぁ。想像してたよりレッド。
・・・なんだけど、だからといって激辛ではないんだよな。
自家製の調味料にこだわるお店らしいんだけど、辛みにコクというか奥行きがあって、「また食べたいなぁ」と思わせるんだよね~
ボリュームも結構いい感じで、満足できるランチだぞー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中華居酒家 AJITO
場所:大阪市中央区糸屋町1-2-3 大手前恵ビル1F
時間:11:30~14:00、17:30~22:00 日祝休
電話:06-6910-0022
e0173645_18243474.jpg

by nonbe-cclass | 2011-04-17 19:00 | ・谷町でランチ | Trackback | Comments(0)  

石橋の寿司「文吾寿司」

最近、仕事らしい仕事してないから、もー早く帰ることにしちゃって。
深夜残業でタクシー帰りどころか、残業もほとんどしてなかったりして。
そうなると、夜中、小腹が減って立ち寄る店へも、行く機会がぐっと減ってしまったりするわね。

それでも、週末や一人飯の時なんかは、ちょっと顔を出しておきたいところだね。
先週、久々に石橋の「文吾寿司」の青暖簾をくぐった。
e0173645_1085092.jpg

やっぱり、ここは落ち着くわ~
ま、今回はJr.と一緒なんだけどね。さび抜きの握り注文も、「あいよ」の一声で手際よく。

C級呑兵衛は、瓶ビールに・・・決まった握りばっかり食べるから・・・
とり貝に白身(ひらめ)。ひらめ甘くておいしいのよん。
e0173645_1081842.jpg
e0173645_1082449.jpg

赤貝(400円)にアジ。赤貝は、やっぱり瑞々しくて「貝食べてますー」ってのがたまらんわ。
アジ(250円)は脂のって、軽いしっとり感が舌にまとわりついてくる。
e0173645_1083012.jpg
e0173645_1083841.jpg

ネタの中で、イカやエビは一番安い(200円)んだけど、もうねえ、イカもエビも好きなのよ。
e0173645_108444.jpg

あれ、他のお客さんではっきり写真見えなかったけど、この店に野球解説の八木氏が来たのかな?だとしたら、大将、阪神ファンだから、嬉しかったんじゃないかな。どんな経緯でここに立ち寄ることになったんだろうね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:文吾寿司
場所:池田市石橋2-1-9
時間:17:30~25:00 日休
電話:072-761-2831

by nonbe-cclass | 2011-04-17 13:52 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)