<   2010年 10月 ( 32 )   > この月の画像一覧

 

新橋の蕎麦「竹泉」

この間の火曜日の話。

んー14:00回るかあ。
新橋にやってきて、とりあえず何か食べないとな。
と・・・とりあえずとはいっても食事のとりあえずはやだな。

この近くに何か・・・おや、こんなビルが林立する中に渋い行燈が。
手打ちそばか、いいね~ここにしよ。

「竹泉」だ。

e0173645_1335527.jpg

蕎麦屋って、お昼14時くらいで一度閉まって、夕方また営業を始めるところが多かったりするんだよね。
だから、助かるわあ~

もちろん、客はC級呑兵衛だけ。

「・・・。」

んーお品書きを見て悩んでしまった。
冷たい蕎麦をずずっといきたい気持ちで眺めたら、妙にさあ、車海老の文字がちらつくわけよ。
車海老天もり、車海老天大もり、車海老二色天もり・・・

えーい!
車海老天もり(1890円)!
あー神様、私はまた清水の舞台から足を滑らせてしまいました。
しかしながら、舞台下の木々で微妙に助かってしまい、また足を滑らせることができるのです(何の話をしとんねん)。

蕎麦自体はせいろか田舎がチョイスできる。
蕎麦の風味を楽しみたかったから、今回は田舎で。
e0173645_1333920.jpg
e0173645_1335051.jpg
e0173645_1334445.jpg

ちょっとちょっと、この車海老は贅沢ですなぁ。
身がぷりぷりなしっかりとした肉付きの車海老でございます。
そりゃ、美味いって。
また、衣がサックサクだし。

蕎麦は太めで、ザルは二重。食べ応え十分。
帰り際に名刺をもらい、みてみるとショルダーが・・・手打ちそば・活魚・地酒
うっそーん、酒を呑みに来たい!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:西新橋 竹泉
場所:東京都港区西新橋1-5-10 天野ビル地下1階
時間:11:00~15:00、17:30~22:00頃 土日祝休
電話:03-3508-8166

by nonbe-cclass | 2010-10-31 14:19 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「石橋一刀流」

石橋の焼鳥店の中でも・・・いや、焼鳥店というのはおかしいか。
池田・石橋だとどうしても焼鳥のイメージが強いんだけど、串焼きというジャンルですな。
そうなると、このあたりでは珍しいかしら。

石橋にある「石橋一刀流」
串焼だから、鶏以外にも牛や豚の串もあるわけ。
どちらかというと、牛ホルモン串がメインかしら。

串焼きの前に・・・
鶏の生ハム(500円)と、刺身では牛レバ刺し(720円)をいただくかな。
生ハムとかスモーク系は美味しいよねえ~
ビールや焼酎より、ワインあたりが合いますかなあ。
e0173645_1185339.jpg
e0173645_119236.jpg

しばらくすると、串焼きがやってきた。
牛串は、牛ねぎま(190円)、ハラミ(190円)とミノサンド(180円)。
肉柔らかくてジューシー、んでもってミノサンドがジュワーと旨味が広がって美味いわね。
e0173645_1195912.jpg
e0173645_11123313.jpg
e0173645_11131227.jpg

鶏串は、鶏こころ(160円)、鶏ねぎま(180円)、そして砂ずり(140円)。
んー鶏も柔らかいねー
e0173645_11131810.jpg
e0173645_11132411.jpg
e0173645_11133517.jpg

酒は、「おかがいも」(480円)を。
鹿児島は川内のオガタマ酒造のお酒。ここは「鉄幹」で名の知れた酒造会社ですな。
おかがいも・・・なんとも長閑な響きだけど、丘の畑にできるお芋さん、鹿児島の方言だそうな。
しっかり日に当たって、甘みが増しそうな・・・想像するだけで美味しそうな芋だ。
甘くて美味しいお芋さんなら、野生動物も見逃すわけないわね。イノシシ対策もしっかりと。
あっさりとさわやかな呑み口なのに、甘みがふわーっと広がる。
e0173645_11132941.jpg

お野菜も。
万願寺唐辛子(150円)と、椎茸(150円)。
椎茸は茎の部分もしっかりといただく。うめー
e0173645_11134149.jpg
e0173645_11134934.jpg

シメなんだけど、気になるのが塩ラーメン(500円)に、うめクッパ(450円)。
今回は塩ラーメンにするかな。しっかりしたスープに、つるっとした麺。
e0173645_1113587.jpg

うめクッパ(450円)は、こってりした後にさっぱりといただけるのでおススメ。
e0173645_1114438.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火串焼 石橋一刀流
場所:池田市石橋1-8-10-2-D 石橋ステーションプラザビル2F
時間:月~土・祝前17:00~5:00(日祝(祝前日は除く)は~24:00)
電話:072-734-6933
e0173645_118218.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-31 12:40 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)  

三方五湖の「ドライブインよしだ」

天気が怪しい中、若狭散策。
こりゃあ、雨が降る前に三方五湖みとかないと。
お昼を後回しにして、三方五湖を観たのは正解だった。

で、レインボーライン、来た道をもう一度戻る。
一般道に出る合流地点のところにドライブインを発見。周辺には何もないので、ここに入ることに決めた。

「ドライブインよしだ」だ。
お土産も買えるし、食事もできそうだ。

「ん?梅干し・・・いか丼?」

そうそう、三方五湖に向けて車を走らせていると、妙に梅の工場や店が多いと思ってたんだよね。
梅と聞くとどうしても、和歌山は南部(みなべ)をイメージしてしまうんだけど、
福井には、福井梅というブランドがあることがわかった。
天保の頃より、湖畔で栽培されているようだ。
e0173645_10152859.jpg

で、も一つ、イカ丼か。興味あるな。
おし、これ食べてみよ~

建物は、三方五湖の水月湖に面しているので、お座敷に上がると眺めがいいぞ。
じゃ、イカ丼セット(1350円)ね。
イカが美味いのかしら、イカ丼にゲソ揚げのセットなんてのもありますな。
e0173645_025032.jpg
e0173645_025445.jpg

あ、美味そう!もっとシンプルなものかと思ってたぞ。
刺身のイカは短冊でてんこ盛り、
ん?ここにとろろ(山芋)がかかってるんだけど、オオバや山葵を混ぜ、特製ダレとの合わせ技だ。
海苔をまぶして卵を落としてある。
全部まぜまぜして、ずるずるっと掻き込む。イカ甘くてグー
イカオクラなんてあるけど、ネバネバ系とイカは合うんでしょうな。

イカ丼に加えて、鯖のへしこも単品でいただく。
イカ丼のさっぱりさに、この塩分が嬉しい。糠漬けだからなのか、ご飯のお供に最高。
酒呑みとしては、酒めちゃ呑みたいところなんだけど。
e0173645_025836.jpg


若狭・三方五湖へ来たなら是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ドライブイン よしだ
場所:福井県三方上中郡若狭町海山70-3
時間:8:30~18:00
電話:0770-47-1438
e0173645_0251721.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-31 10:57 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

若狭散策

先週の日曜日(10月24日)の話。
以前に行こうと思っていて、結果的に行かなかった若狭
今回は、ドライブで行ってみることにするか。

日本海側へ向かうときは一般道で行く時が多いんだけど、
今回はまっとうに、中国道経由舞鶴道で日本海を目指す。
舞鶴道は小浜西までで、ここから国道27号線で更に東へ車を走らせる。

はい、いきなりたぬきドーン。
e0173645_17563417.jpg

福井県は若狭、まずは、三方五湖
三方五湖を眺めるには、梅丈岳山頂からがいい。有料のレインボーラインに入り、山頂公園を目指す。
公園についたら、さらにケーブルかリフトに乗って高台へ。
おーリフト、微妙に怖いね~でも景色いいやあ。
e0173645_18103621.jpg
e0173645_2328759.jpg
e0173645_23312799.jpg

公園からは三方五湖が一望できるんだけど、それ以外にも色々と・・・
「ふーん、恋人の聖地ねー」
NPOが地域活性の一環として全国に、「恋人の聖地」を認定してるんだそうな。
大阪だと、枚方市天之川がそうなんだって。
e0173645_18154517.jpg

その「恋人の聖地」とは別に、「誓いの鍵」というのがありますな。
鍵を買って誓いを立てる、ここに鍵をつけるといつまでも残るわけね。
んーその鍵の数が半端じゃないねー手すりにびっしり10万個以上あるそうな。
e0173645_23145872.jpg

パワースポットなのかしら、「誓いの鍵」のところに、さらに「かわらけ投げ」もありますな。
小さな皿のような、このかわらけ(天日乾燥の皿)に願いを書いて、湖の方に高く投げる。
湖自体に届くわけではもちろんないけど、もともとの由来としては、天狗に届くように・・・だからね。
決して、ストレスで投げないように(笑)
e0173645_1816645.jpg
e0173645_18161440.jpg

あとは、和合神社
これ、珍しくて一社両拝。つまり、表面背面両方から拝めるようになっている。
e0173645_23341230.jpg
e0173645_2339977.jpg

そして、五木ひろし・・・この地出身ということもあり、「五木の園」なんてのもあったね。
e0173645_23342779.jpg

この後、一旦昼食をはさみ(別記事で紹介するね)、一路小浜へ。
向かった先は、若狭フィッシャーマンズワーフ
レストランや海産物や特産品が色々と並ぶ。
寿司や造りあたりが良さげ。結構、みんな買ってるなあ~
e0173645_2351670.jpg

この段階ではすでに雨が・・・あー結構降ってきちゃったなあ。
でも、せっかくの機会だし・・・ということで、蘇洞門めぐり遊覧船に乗る。
50分くらいかけて、蘇洞門海岸を遊覧するんだけど、雨だしガラス窓曇るわで撃沈。
蘇洞門海岸の名勝大門・小門をカメラに収めるのも一苦労だわ。
この絶景、天気良かったら最高やろうね。
e0173645_23511410.jpg

おいおい、雨本降り・・・てか、結構な雨足になってきた。
若狭フィッシャーマンズワーフの後には、すぐそばの「濱の湯」へ。
1時間程度だけど、露天風呂も気持ちよかったあ。
「おいおい、これバスクリンちゃうん」と思ってしまうほどグリーンな湯船、これは海草風呂で、
海草アマモのエキスが使われているんだそうな。
e0173645_03573.jpg

あと内湯大浴場、おやおや、この間、長野で食べた「まこもだけ」の風呂ですか。こまかく切ったものは袋に入って湯船に浮いていたんだけど、切る前の長い枝状のものは束でくくって、そのまま湯につかっていた。
e0173645_031412.jpg

風呂上り、せっかく福井に来たこともあって、郷土料理の焼き鯖すしを頬張る。
ん~香ばしくて美味いや。
e0173645_032349.jpg

帰りの中国道の渋滞にはやられたが、また足を運んでみたい若狭ですな。

by nonbe-cclass | 2010-10-31 00:21 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback(1) | Comments(0)  

梅田の焼肉「茜」

今回、ちょっとだけ待てば入ることができた~
一度、入ってみたかったのよね。
梅田の焼肉「茜」だ。
阪急梅田駅高架下、ホテル阪急インターナショナルや阪急電鉄本社の前あたりという立地。
おしゃれな店に囲まれるように、昔からの雰囲気をそのままに頑張っている。
カウンター席だけの店内であまり広くはないが、わいわいと庶民的な焼肉が楽しめそうだ。

「ごめんな、このイスだけ小さいねんけどあんた大きいから」
そうそう、座高が高いから・・・コルァーッ!
いやいや、全然、構わんですよ。予備イスまで出してる繁盛ぶり。
カウンターそのものもそんなに幅がないから、七輪は厨房側に一段下げて、と。
e0173645_11575866.jpg

じゃあ、まずは生レバー(700円)から。
e0173645_1223068.jpg

おすすめは、塩タン(900円)。
「何枚か焼くねー」と店のおかあさんが、網に置いていく。
カウンターが広くないから、皿も早く下げたいもんね。
おっ・・・柔らかいし、この塩胡椒の加減がグー。
e0173645_1224011.jpg
e0173645_1224763.jpg

生もの、生レバー以外にも・・・山かけユッケ(900円)もらお。
肉そのものも美味しいんだけど、山芋と卵も合いますなあ。
e0173645_1225914.jpg

上ハラミ(600円)と、お店おすすめのバラサキ(490円)。
バラサキは何て言ってたかなあ・・・バラだとは思うんだけど、普通のバラほど脂っこくなく少し肉肉した感じの部分(下の写真、右下あたりの肉)。
e0173645_123843.jpg

そして、バラはバラでも上バラ(780円)。
うん、柔らかくてうめー
e0173645_1232285.jpg

塩タンもお勧めだけど、上ミノもいいねえ。
上ミノ(580円)が美味いので、おかわりしちゃった。
e0173645_1242034.jpg
e0173645_1242798.jpg

店のお母さんたちがみんな明るくて、
火の様子をみながら時々前にやってきては、ちょっとした会話が弾む。
こってこてな感じだけど、気兼ねしなくていいや。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭火焼の店 焼肉 茜
場所:大阪市北区芝田1-15-15
時間:17:00~26:00 日休
電話:06-6375-2212
e0173645_1158154.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-30 17:23 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

吹田の「天ぷら食堂 魚徳」

JR吹田駅から少し南へ歩くと、細い通りの商店街に出会う。中通商店街だ。
この道幅がとっても体に馴染んじゃう。
この通りには、ちょっとした列ができる美味しそうなベーカリーショップや、かわいい店構えのイタリアン、渋い寿司屋などが並ぶわけ。
e0173645_10322852.jpg

今回は、その通りにある食堂に足を運んでみることにした。
地元に根付いた食堂、「魚徳」だ。
e0173645_10324553.jpg

このお店では、先代から引き継がれる天ぷらが味わえる。
厨房は店の奥にあるんだけど、天ぷらだけは入口のところで揚げている。
もちろん、できたてのアツアツがいただける。
e0173645_10325078.jpg

食堂なので、まあ~なんでもあるって感じ。壁に掲げられているたっくさんのメニューをみてしまうと迷ってしまう。
やっぱり、天ぷらを食べたいので、上天ぷら定食(1155円)を注文。
白米に赤だし、そして天盛りというシンプルな定食なんだけど、
若主人が揚げているのをみているとわくわくするね。
e0173645_1033375.jpg
e0173645_1033868.jpg

軽くてふわっとしたやさしい衣。
アチチ・・・うわっ、海老うめー
身がプリッ。

あとね、ここに来たならばってら(420円)は是非食べてみて。
ビジュアルからして艶々してますなあ。
この〆具合というのかな、酢の香りが絶妙。
e0173645_10331690.jpg

店に入ったときはまだ空いていたんだけど、これ時間違ってたら入れなったかも。
地元の人達が次々とやってくる。
その中で、すごいなあと思ったのが、
注文の際に、「量はあんまりいらんねやけど」など、メニューをいう前にお腹具合やニーズを話すお客がちらほら。
すると、大将が「ほしたら、こっちがいいかもな。それを少なめにしとこか」と、一つ一つ丁寧に話をして決めていくわけ。地元感たっぷりというか、コミュニケーションがしっかり根付いた食堂なんだなあ、と感じたね。
お腹具合も気持ちもホカホカする店でしたな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:天ぷら食堂 魚徳
場所:吹田市朝日町27-23
時間:11:00~15:00、17:00~20:00 木休
電話:06-6381-2022

by nonbe-cclass | 2010-10-30 11:30 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(2)  

長野の蕎麦「油や」

話が前後しちゃうけど、この間長野に行ったときの話。
大阪へ戻ろうという時に、やっぱり蕎麦だけは食べて帰りたいなと思って、
時間もないから、駅前の店に入ることにした。

蕎麦屋なんだけど、名前は「油や」
もりそば天丼(990円)にしよー
e0173645_107320.jpg

盛り蕎麦にミニ天丼がついたセットですな。
時間がなくて、慌てて食べた感じだったんだけど、
蕎麦は歯ごたえがあってボリュームもありましたな。

店内はもろ昼時だったこともあって、満員御礼でちょっとパニック気味だった。
駅の近くに、こうしたいい感じの蕎麦屋がいくつもあるからうらやましいよなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:油や
場所:長野市末広1355-5
時間:11:00~23:00
電話:026-224-2288
e0173645_107996.jpg

by nonbe-cclass | 2010-10-30 10:28 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋「やまざき屋」でウチワエビ

「うちわ?」

ちょっと前の話なんだけど、
やまざき屋の前を通ると、みかけないメニューが目に飛び込んできた。
海老かぁ、ちょっと食べてみたいなあ。

この日は海老がええ感じ。

まずは、宮城のシマエビ(450円)。
宮城よりも北の海域で獲れる海老で、名前の通り縞模様が特長。
e0173645_92832100.jpg

ボタンエビのような身のぷりぷり感、これ美味いですな。
お造りでいただき、頭の味噌部分もチューチューしてしまった。

そして、愛媛のウチワエビ(600円)。
これまた、ペシっと上から叩かれたような形がユニーク。
ガンダムでいうと、モビルアーマーのグラブロですな。
海潜って、伊勢海老見たら「お、伊勢海老!」となるが、
海でウチワエビを見つけたら、「あーなんやあれ?触ってだいじょうぶかぁ。深海系?」とか思っちゃうだろうなあ。
でも、比較的流通しているみたい。
e0173645_9283850.jpg

伊勢海老に比べると小ぶりな海老なんだけど、伊勢海老に匹敵する味!
味が濃厚で、身の食感は伊勢海老のようにぷりぷり。

by nonbe-cclass | 2010-10-30 10:01 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

JR吹田工場一般公開

以前は、こうした工場公開がよくあって、鉄道ファンが押し掛けてたもんだけど、
福知山線事故以降、JR西日本としてこうしたものも含めてイベント的なことは控えられていた。
が、今回ひっさびさに吹田工場が一般公開された(23日)。吹田市制施行70周年記念事業の一環として
開催されたようだ。
JR吹田駅から、線路沿いに多くの人達がぞろぞろと工場に向かう。
e0173645_2239845.jpg
e0173645_22391254.jpg

車輪の移動や、車両そのものの移動も実演され、多くの来場者が熱心に見ていたね。
もう車両持ち上がったら、超人気タレントの如くフラッシュの嵐だわ。
e0173645_22392043.jpg
e0173645_22401151.jpg

人気スポットは、やはり車両撮影会かしら。
普段目にする車両から、懐かしの車両までがずらっと並ぶ光景は、こうした見学会がないとお目にかかれないからね。
e0173645_224061.jpg

関西快速・紀州路快速で使用される225系5000番台
e0173645_22394036.jpg

サンダーバード(681系)と、急行きたぐに(583系)
e0173645_22394535.jpg

そして、今回の一番の注目株かしら、485系(白鳥)と489系ボンネット(雷鳥)。
どちらも、今ではお目にかかることができないからね。
かつては、あれだけ頻繁に目にしていたのに、いつの間にやら懐かしの特急になってしまったんですなあ。
e0173645_22395095.jpg

最後は、125系。小浜線、北陸本線で活躍する車両ですな。
e0173645_22395453.jpg

車両がずらっと並んでいるところから、少し違うところに目をやると、クモヤ145が。
e0173645_2240079.jpg

撮影会とは別に、車庫内では新快速でおなじみの車両は、乗車して車内で休憩もできたね。
そして、はるかでは運転席での写真撮影ができたから、それはもー2時間待ちですよ。
e0173645_22403257.jpg
e0173645_2240167.jpg
e0173645_22402446.jpg

立ち入りはできなかったけど、車庫内で湘南色113系や、「ん?これ新車?」みたいな車両も見かけたから、とりあえずシャッター切ってきたぞ。
e0173645_22403823.jpg
e0173645_2240445.jpg
e0173645_22405316.jpg

電気機関車もお願いしたいですなあ。

by nonbe-cclass | 2010-10-28 23:26 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

長野電鉄な車両達

阪急電車に毎日乗っていると、他社線に乗った時にすごく気になることがある。

色だ。

阪急電車はどの車両であっても、色はマルーン(あずき色ですな)に統一されている。
昔の列車・車両はこの色だったから、それを今でもイキにしているのですかな。

じゃあ他は、というと、
例えば、阪神電車。普通電車は青、急行や特急は赤・・・種別で色を分ける、これは分かる。
それに、JR環状線はオレンジ、西日本エリアはグレーに青・・・エリアや路線で色を分ける、これも分かる。
が、南海電車あたりになるとついていけない。
通勤車両は青とオレンジ、特急「こうや」「りんかん」は赤、ラピートに至っては、形状が奇抜なら色も青ときた。
小田急も、特急ロマンスカーだけでも新型車両が出るたびに形状も色も変化してきた。

そんな話をする一方で、
経営的な観点からも、他社の車両を譲り受けることでバラエティ豊かなラインナップになっているのが長野電鉄。

先日、須坂からの帰り、「おいおい、次、特急か」
特急に乗れば、停車駅も少なく長野まで早く着くんだけど、特急券が別に必要なわけ。
でも、特急券は100円だから、じゃ、これ乗っちゃお。
で、列車を待っていたら、「おいおいおい、ロマンスカーきましたけど」
元小田急電鉄10000形特急車両を使用した1000系「ゆけむり」だ。なんか不思議な感じだね~
お、前の方空いてるじゃん。
特急券は特急に乗ることができる権利であって、指定席券ではないので空いてれば好きなところに座れるぞ。
いい眺め。
e0173645_20482941.jpg
e0173645_20483390.jpg

長野電鉄オリジナルの車両ももちろんあるぞ。
特急に使われる2000系。
この流線型が、愛嬌たっぷりですな。チョコレート色の方が、もともとの塗装で復活色ですな。
e0173645_20481636.jpg
e0173645_2048212.jpg

須坂駅では、すでに引退したOSカー10系も。
色あせた感じもまたグー
e0173645_20482551.jpg

この先、2000系車両の代替として導入が決まっているのが、なんと、JRの成田エクスプレス(253系)だ。阪急には阪急の魅力があるけど、長野電鉄には長野電鉄の魅力がありますなあ。

by nonbe-cclass | 2010-10-26 22:05 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)