<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

日帰り旅~美作・湯郷温泉~

真魚市かきまつりで1日過ごすのは難しいなぁ。その近くで、Jr.が楽しめる所、どこかあるかなあ。
家を出る前に色々と考えてたんだんけど、なかなかと決め手がない。

結局、
真魚市(まないち)から国道374号線を北上し、湯郷温泉に向かっていた。
温泉くらいしか思い浮かばん・・・

真魚市のかきまつりでは、牡蠣の入った味噌汁しか口にしていないから、昼近くになるとさすがに腹が減ってくるわね。

「ん?」

「たまごかけごはん」のノボリを発見。「農マル園芸 美作農園」だ。
この間の「食堂かめっち」同様、たまごかけごはんが300円で食べ放題だ。
大きなビニルハウスのような中が、カフェテリアになっている。
e0173645_1683019.jpg
e0173645_1685221.jpg

こだわりの卵は、アルムの里のこだわり卵「ネッカ卵」、米はこの美作農園産のヒノヒカリ「父ちゃん米」だそうな。
ご飯にあうトッピングも充実してるんだけど、今回の注文ではなにもなくシンプルに。
たまごかけごはんを受け取ると、セルフでしょうゆや漬物を自分でほしい分だけとるシステム。
e0173645_16195291.jpg
e0173645_16201360.jpg

醤油は4種類あるねえ。大月醤油のたまごご飯醤油に、同社の昔造り醤油、カツマル醤油の納豆ご飯・玉子ご飯醤油、そしてアサムラサキのかき醤油。
悩むから、少しずつ味わっていこう!

卵の黄身がきれいな濃い黄色をしてるし、すごくしっかりしてるな。うん、うまい!
e0173645_16313817.jpg

醤油それぞれに個性があって美味いなあ。C級呑兵衛のオススメは、アサムラサキのかき醤油。一番味がしっかりしていて、牡蠣エキスの旨みたっぷり。

んーおかわりはどうするんだろう・・・
聞くと、ご飯の器だけ受付のところにもっていくと、ご飯を装い、卵をまた一つくれる。
そりゃ、おかわりするでしょ。
・・・あー食った食った。

食事の後なんだけど、Jr.にちょうどいいアトラクションが。
この「農マル園芸」で急遽、いちご狩り。となりにハウスがあるんだよね。
e0173645_16394749.jpg

持ち帰りはできないんだけど、40分で食べ放題とな。2つのビニールハウスを行き来して赤い実を探す。
ハウス内はそれこそ温室なので、湿度の高いヌクヌク状態。
たまごがけご飯をしっかり食べた後でかつ、この室温でしょー「食後のデザート」なんて優雅なもんじゃない。

さちのか、あきひめ、アイベリー、かなみ姫、紅ほっぺ・・・イチゴにはたくさんの種類があるんだねえ~食べ比べると、確かに味がぜんぜん違うわね。いちご狩りなんて幼稚園以来?ぶりだったけど、いや新鮮新鮮。
e0173645_16501337.jpg
e0173645_1650345.jpg
e0173645_1650428.jpg

駐車場は結構、車で一杯なんだよね、このあたりの人気スポットなのかな。

この後、湯郷温泉に到着。
宿泊じゃないから、日帰り入浴できる「湯郷鷺温泉館」へ。
600円なんだけど、これがなかなかいい設備ですなあ。日によって男女入れ替わるみたいで、この日のC級呑兵衛は「静の湯」
写真は撮れなかったけど、内湯は大浴場に寝湯、ミストサウナがあって、露天は大浴場や洞窟風呂、小さめの「楽園の湯」「小次郎の湯」と結構なもんでしょ。いやあ、ゆっくり身体を温めさせてもらいましたよー

その後、この湯郷で体験ということで、Jr.が土ひねりに挑戦
予約なしに突然連絡を入れて、体験させて欲しいとお願いしたところ、快く受け入れてもらえたのが「湯乃郷窯」だ。
1時間ほどの体験で、後日焼きあがったものを送ってもらえる。
e0173645_16561115.jpg

世間話をしながら丁寧に教えてもらうのんびりした時間。
ちょっとしたコップやぐい呑みを作って、少し余った土で箸置きなんかを作る。
そして、一通りの作業を終えたところで、せっかくだからと窯も案内してもらえた。タイミング的に火は入ってなかったんだけど、ここで寝ずの作業がまた行われるんだね。
e0173645_17171143.jpg
e0173645_171835.jpg

かきまつり、いちご狩り、温泉、土ひねり・・・結果的には盛りだくさん日帰りの旅でしたな。

by nonbe-cclass | 2010-02-28 17:26 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)  

千日前のお好み焼「福太郎」

イニシャルH氏おすすめのコナモン。
大阪は千日前、「福太郎」に連れて行ってもらう。

お好み焼、ねぎ焼の店なんだけど、
酒を呑むこともあって、まずは一品から注文することに。
まずは、なんて言ってるが、一品も魅力的なメニューなのよね。

くじら刺身(680円)、生だこポン酢(580円)に、かきのバター焼(880円)。
e0173645_14315014.jpg
e0173645_1432266.jpg
e0173645_1432950.jpg

くじらは臭みなくあっさりといただける赤身。
牡蠣は鉄板で焼いてるのに、粒が大きくってプリプリ。ん~バターがきいて美味い。

今回6人でテーブルを囲んだんだけど、コナモン談義に華がさく。
岸和田のかしみん焼きも、地元の店の話から他の地域への展開までの話題でえらく盛り上がる。
コナモン嫌いはおらんのでしょうな。で、生活に密接に絡んでいて、それぞれにこだわりがあるんだよね。
かしみん焼き、C級呑兵衛はまだ食べたことがないんだよなあ。
e0173645_14562038.jpg
e0173645_1504460.jpg

さ、まずは豚平焼クラシック(580円)だ。そして、オーソドックスなぶた玉(780円)から。
生地が美味いなあ。外はしっかり、中ふわって感じ。
お好み焼きを食べに来て「キャベツ」にこだわっている、っていうのをあまり表立ってPRしているのをみたことがないが、この店では「松浪」を使っているとのこと。甘みのある泉州キャベツで、自ら収穫にも行っているそうな。
e0173645_15213757.jpg
e0173645_1521487.jpg

食べだすと止まらんね。
焼きそばも食べちゃお。
すじ焼きそば(980円)にミックス焼そば(980円)。ミックスは、海老やイカが入った塩焼きそばだ。
e0173645_15292487.jpg

シメ?なのかどうかも分からない状態だけど、やはりラストはねぎ焼きですな。牛のねぎ焼(1180円)にすじねぎ焼(980円)がやってくる。さっきのキャベツもそうだけど、素材にこだわってるんだね。牛は神戸牛ですよ~豚も鹿児島国産だしね。
あつつ・・・、あ美味!醤油ダレであっさりといただきながら、じゅわっと溢れる旨みを楽しむ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:福太郎
場所:大阪市中央区千日前2-3-17
時間:17:00~24:00(土日祝は12:00~23:00)
電話:06-6634-2951
e0173645_15383959.jpg

by nonbe-cclass | 2010-02-28 09:40 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

京都の「地主神社」

「え?あ・・・いや、んーそうですか?じゃあ」

先週の話。
仕事(「エア参拝」)で、京都へ行ってきた。
向かった先は、清水寺の中にある地主神社だ。「ぢぬし」ではなく「じしゅ」と読むのね。
清水寺の境内にある神社って不思議な感じがするけど、地主神社は清水寺の鎮守社なんですな。
清水寺同様、こちらも世界文化遺産。

平日だというのに、修学旅行なのか制服をきた生徒がたくさんいるし、海外からの旅行客もあいまってちょっとした初詣状態になっている。
すんごい人気ですな。

すんごい人気の理由は、「えんむすびの神」、恋愛成就ですな。

仕事を終え現場を離れる時、神社の方から絵札や神饌などをいただいた。
「え?あ・・・いや、んーそうですか?じゃあ」
C級呑兵衛にえんむすびですか。

どうしよー恋愛せなあかんな。

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2010-02-28 09:06 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

川西能勢口の「しゃぶしゃぶnewKOBE」

シャーカ、シャーカ、シャーカ・・・

大きなブロック牛を、ミートスライサーで1枚1枚カットし皿に盛っていく。
んーこの光景、映画「Mr.BOO鉄板焼」の中で観て以来かも・・・

川西能勢口で「昼どうするよー」
C級呑兵衛ファミリーは、あちこち歩いては悩んでいた。同じ店ばっかり行ってもなぁ。

アステ川西も下行ったり、上行ったり・・・
で、「あ、ここ入ったことないしここしよか」と決めたのが、
「しゃぶしゃぶ new KOBE」だ。
e0173645_17161931.jpg

カレー屋やうどん屋が如く、カウンターオンリーの一人鍋(しゃぶしゃぶ、すき焼き)が楽しめる。カウンターオンリーなんだけど、主婦同士やファミリーも来てますなあ。

注文したのは「しゃぶしゃぶランチ」、
これ牛か豚が選べるんだけど、これに野菜盛り合わせ、うどんにご飯がつく。牛しゃぶS(シングル)で735円、W(ダブル)でも890円という素晴らしい価格。
も、もちろん牛のWでいただきますよー
このほかに、すき焼き(785円)や特選牛丼なんてのもあるぞ。
e0173645_17191727.jpg
それに、C級呑兵衛として気になったのは、隣のおっちゃんが一品頼んでは一杯やってる光景。こういう店で、昼酒とは素晴らしいチョイスですな。ま、店の人と知り合いみたいな感じでもあったんだけど、そうかあ、こういうところでも呑めるんだよなあ・・・

結構いい感じのボリュームで満足満足。一人鍋って、自分のペースで楽しめるからいいよね。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:しゃぶしゃぶnewKOBE アステ川西店
場所:川西市栄町25-1 アステ川西店 3F
時間:11:00~21:00(L.O.20:30) 第3火休(祝の場合は翌日)
電話:072-755-2321

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2010-02-26 00:06 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

お安い自動販売機~10円自販機~

いつものように、出勤前に朝日新聞を読んでいた。

「へー売り切りたい飲料をこうして自販機で安く売るわけか・・・考えるなあ。」
ワケあり在庫を減らす策として考えられたそうだが、消費者からすると、例えばコーヒーが10円で買えるとなればうれしいわね。

ふーんと思いながら、どこの話かなと思ったら、

「おい、会社と目と鼻の先やないか!」

早速、現地調査に行ってみる。

にゃはは、あるある。
売り切れ続出ということも書いていたが、行った時は10円飲料が買えたぞ。
e0173645_21203079.jpg

コーヒー以外の飲料もあるわね。
ただ、全てが10円というわけでなく、50円や80円(それでも安いんですけど)あたりもラインナップとしてあるのね。

このあたりは、中央卸売市場前、問屋が多く並ぶエリア。
この自動販売機は、大阪地卵の前にある。
こうしたちょっとしたアイデアで、景気を乗り切るなにわの商人・・・いやあ、学ぶべきものが多いですな。

by nonbe-cclass | 2010-02-24 21:24 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

真魚市かきまつり

日曜日、
岡山は備前市、真魚市(まないち)という漁港へやって来た。
この時期、この沿岸で開催される「かきまつりリレー」のひとつ。
大阪からだと、赤穂や坂越の方が近いんだけど、今回だけは、仕事やらでこの備前市のイベントしか足を運ぶことが出来なかったのだ。

漁港そのものは長閑な感じなんだけど、イベントのために近辺はちょっと渋滞、漁港も人で賑わっている。
e0173645_2253360.jpg

イベントの目玉はやはり、詰め放題かしら。
1000円でビニール袋に入るだけ牡蠣を入れて持って帰れるんだって。
軽トラに、どわーっと盛られた牡蠣、自分で好きなものを選んでひたすら詰める。
そりゃーここぞとばかり、「それ、指がつりますよー」と思うくらい、持つところカツカツくらいまで詰めてる人もいたね。
e0173645_2254133.jpg

・・・が、これにすごく並んでたから、C級呑兵衛は牡蠣汁(200円)とショッピングにとどめた。
e0173645_2219773.jpg

e0173645_22105725.jpg

e0173645_221015100.jpg

とにかく、魚貝が新鮮で安いわね。
とりあえず、いか王としてはいか買わないと。6杯で1000円。
あと牡蠣は、箱に入っている殻付を1000円で。帰ってから数えると、こぶりながら40個ほど入ってましたな。
C級呑兵衛は牡蠣は生で食べることが多い。今回も、もちろんそのつもりだ。
ここのイベントに限らず、牡蠣まつりでは基本、生食販売はしていない(なんかあったら具合悪いでしょ)。
話を聞いても、買い手の自己判断に委ねるのね。「でも、わしらは生で食べても全然大丈夫やけどな」という話が出るので、我が家は自己責任の下、生で食べる。うん、美味い。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2010-02-23 22:23 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

神戸南京町の「ぎょうざ大学」

「へー、その「大学」っていう店の餃子が美味いんですか」
イニシャルH氏となんでか中華の話になって、話題が南京町に移った。

話によると、その「大学」という店の餃子が美味いらしく、皮と餡が別々になった生餃子の持ち帰り用があるとか。で、それを持って帰るとき結構ニオイがするらしい。

そんな情報から、良妻に行ってもらうことになった。
あらかじめ店の概観の写真を見てから行ったから分かったものの、情報なしでいくと見つけにくい店のようだ。女性一人で入るには少々勇気がいる感じだとか。

皮と餡が別々になったものはなかったようだが、持ち帰りの餃子を抱えて電車に乗る・・・
e0173645_13554427.jpg

モア~

にんにくのニオイ・・・ビニール袋を二重にしているにも拘らず、こじ開けてニオイを放つ強烈さだとか。良妻が途中で、人の多い梅田経由を避けたいと思い、JR尼崎から宝塚線で川西池田に向かっている。しかも、座れるのに座ると他の客に迷惑がかかると思い、人から離れて立っていたという。

で、C級呑兵衛が仕事から帰るでしょ、その袋開けるでしょ、「ぬあっ!くっさ」
これを、たっぷりと水をかけて焼き上げると、皮がもちもちぷりぷりで美味いんだ。ニオイほど強烈な味がするでもなく、ビールにとても合う逸品に仕上がる(食べた後はくさいかもしれないが)。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ぎょうざ大学
場所:神戸市中央区元町通2-3-5
時間:12:00~21:30(日祝12:00~19:30) 月休
電話:078-332-2233

by nonbe-cclass | 2010-02-23 12:12 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

のせでん旧塗色「100周年記念号」

「あー、そんなとこに書いて・・・」

20日、土曜日の話。
金曜日が渋谷でイベント、そのまま東京泊で土曜日は朝5時起き。
9時半には蛍池のホームに立っていた。

眠いし疲れているし・・・とか思いながら、そのまま向かった先は日生中央だった。
のせでんの旧塗装がラストランということで、それを一目見ようと思ってさ。
Jr.と良妻は先に向かって、その車両に乗ってやんの。
e0173645_2151531.jpg

C級呑兵衛はラストラン後の日生中央駅奥にある留置場でのイベント、ちょいと並んで行ってきましたよー
写真を適当に撮り終えたところで、マジックペンをもらう。

Jr.が緊張しながらも、その車両にキュキュっと文字を書き出した。
すると、すぐ横にいたおばさんが、「あー、そんなとこに書いて・・・」
Jr.が一瞬「え?」とひるんだが、いやいやいや間違ってないですよー

このイベントでは、この旧塗色の車両に寄せ書きが出来るというのも目玉の一つ。
Jr.がまた最初の方に書いたもんだから余計、「そんなことして大丈夫?」みたいなことになったわね。
おばさん、孫と一緒に来たのか分からないけど内容わかってなかったみたい。説明したら、マジックもらいに行ってたぞ。
e0173645_21512562.jpg

んーせっかくだし、C級呑兵衛も書いとこうかな。
「ほんま おつかれさん!」
e0173645_21533626.jpg

by nonbe-cclass | 2010-02-22 21:54 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

ポン太近況

e0173645_1912230.jpg

「ハムちゃ~ん」とか言うと、
「名前つけてんねんから名前で呼んだらんかい!」と良妻に怒られる。

ポン太・・・あれ?なんで、ポン太って名前になったんだっけ?
まあ、いいや。
はじめは、めちゃくちゃ警戒してなつかなかったけど、今では人にも少し馴れてきた感じ。
・・・というか、一度、外に出して遊ばせてしまうと、自分のなわばりを確認したいのか、とにかく「出さんかい!」と声に出せない分、金網をガジガジする。夜中寝てる時に、これはたまったもんじゃない。

一応ね、ゲージも買ったんだけど、
ここ最近、腕力つけやがって簡単に登る始末。
e0173645_198065.jpg

by nonbe-cclass | 2010-02-18 19:13 | わが家のペット | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「KIKAN TARO」

「宮崎地鶏炭火焼が食べたいなぁ」と思っていたところだ。

石橋の「KIKAN TARO」。本店は池田にある。
このあたりで、宮崎地鶏の炭火焼が楽しめる店って、意外とないんだよね。「KIKAN TARO」以外だと、蛍池の「車」くらいしかパッと出てこない。

「おっ、今日は空いてるじゃん」と思って油断してたら、学生呑みとバッティングで、まあやかましい。
学生ノリの盛り上がりは全然いいんだけど、他の客がまったく視野に入っていないのが課題だ。
酒の呑み方知らんのが完全に出来上がって、妙に移動するし、でかい声は出すしで、こちとら不機嫌極まりない。

しかーし、串を頬張れば機嫌はすぐに直る。
それに、この造り盛り合わせ(1250円)もどうだい。ずりが大きいねえ~
もも肉も滋味でこの歯ごたえがグー
e0173645_22501069.jpg

鶏は宮崎地鶏、地頭鶏(じとっこ)。
このしっかりとした食感と旨みがやっぱり美味い。

せせり(350円)もねぎまもウメー
希少部位も色々充実してて、松葉もソリもありますな。
e0173645_22503147.jpg

e0173645_22505897.jpg

ソリ(380円)は、ソリレスのこと。
腰の付根というか、ももの付根というか、とにかく一羽から2個しか取れない超レアもの。
もちろん、この店でも限定ものだ。
e0173645_2252869.jpg

これ食べたかった~
宮崎地鶏もも炭火焼(950円)。
しもたー近づいて撮りすぎて、カメラのレンズに脂が・・・最後の店の外観写真、妙にキラッとしてるの分かる?拭いてもとれなくて。
それにしても、この炭で炙った真っ黒けの地頭鶏、しばらくモグモグしてたいわね。
e0173645_22522665.jpg

焼物以外では、塩ユッケ(610円)を箸休めに。温泉玉子、ねぎをしっかり絡ませて頬張る。
寿司屋じゃないけど、トロ(320円)なんて串もありますぞ。
e0173645_22531467.jpg

e0173645_22524959.jpg

酒、特に焼酎のラインナップも充実しとりまして、久々に「純芋」や「佐藤」(黒)をいただきましたな。
鶏も、その日仕入れのその日使い切りだから新鮮だし、オススメ。

e0173645_2254738.jpg
■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:飲んかた屋 KIKAN TARO 石橋店
場所:池田市石橋1-8-10 ステーションプラザビル2F
時間:17:00~03:00 日休
電話:072-761-8941

by nonbe-cclass | 2010-02-17 22:54 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(0)