<   2009年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

池田の「いけだラーメンフェスタ'09」

今日、そして明日11月1日の2日間、阪急池田駅前のてるてる広場で「いけだラーメンフェスタ'09」が開催されているのね。落語で盛り上げる一方、インスタントラーメン発祥の地ということもあり、ラーメンの街としても勢いをつけたいところですな。
ま、池田ということだけでなく、国道171号線沿いを中心にラーメン店激戦区ですな。

会場では、最初に食べたい店のチケットを買って各店舗のテントに並ぶ。
ラーメンはいずれも1杯300円(ハーフサイズ)。チケットを買うと、もれなく景品交換券がもらえる。
e0173645_13513354.jpg

ラーメンフェスタとはしているが、麺くくりということで、うどんも参戦だ。
Jr.もC級呑兵衛も最初に注目したのは、吉野商店の「大阪うどん」だ。池田は呉服町にある製麺会社で飲食店ではないんだけど、大正7年の創業の老舗だ。今回は、その製造麺とだしが味わえるというわけ。
うどんの店は多くとも、大阪うどんを食べさせる店は少ないからね。
e0173645_1352518.jpg

大阪うどんはやわい(柔らかい)というけど、だしに絶妙に絡ませるための工夫や、その中にある弾力はしっかりあったりするんだよね。切口が丸く喉越しがつるっとした感じが特長ですな。
あーおだしも落ち着く味やわー。Jr.めっちゃ食ってるって。

どの店も魅力はあるんだけど、次に是非というのが、やはり台湾ラーメン「龍馬」だ。
昔の話だけど、もーベロンベロンに呑んだ後、めっさ深夜に歩いて食べに行ったわ。
台湾ラーメンと呼ばれるものは、実は日本オリジナルのもので台湾にはない。この「龍馬」では、その台湾ラーメンのベースとされている「坦仔麺(タンツーメン)」として出している。
何で是非かというと、昨年、池田の店を閉じて九条に移転したんだよね。だからこういう時でないと、なかなかありつけないから。
この、あっさりで甘みが勝つのに、後からピリ辛がくるスープがたまらない。
e0173645_13525361.jpg

Jr.が次に選んだのが箕面の「らーめん菜菜」だ。
ここもスープが個性的で、鶏がらベースのスープなんだけど、白菜を煮込んであるので、甘みがすごく引き出されている。
e0173645_13532549.jpg

そして、同じ醤油ラーメンでもオリジナルの細麺がインパクトの池田の「嘉づ家」。ラーメンなんだけど、和食を感じさせるスープ仕立てだから、ネギとの相性がとても合う気がする。
e0173645_13534395.jpg

良妻は、こってりを1つ食べたいということで、箕面ではおなじみ「こくぶらーめん」を選ぶ。
ここは、ラーメンを受け取ってから、自分でキムチや紅しょうが、にんにくスライス、にんにくフレークあたりをトッピングできる。お、やっぱり、こってり豚骨が濃厚ですな。
e0173645_1354773.jpg

最後は、池田の「屋台風かすうどん かすまる」だ。
かすうどん、というもの自体初めてだったりする。牛ホルモン(小腸)を切って素揚げしたものがわらわらっと入っておりますな。あっ、ここもスープ濃い目だな。美味い美味い。
e0173645_13542133.jpg

景品交換券は少し歩いて、インスタントラーメン記念館へ持っていく。
すると枚数分のチキンラーメンがもらえるよん。

by nonbe-cclass | 2009-10-31 22:45 | ・池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

石橋のイタリアン「オステリア・ジャダ」

「はあ?」

台湾旅行行っておいて、「結婚記念日は何かないの?」やと?
どの口が言うとんねん、この口かーっ!

・・・ま、そうは言っても、それを口実にワインを飲みに行くのも一つか。
あまりかしこまって遠出するのも疲れるし・・・じゃあその逆で、近くてカジュアルにワインや食事が楽しめる店に行くか。

石橋にあるんだよね、いい店が。 「オステリア ジャダ」だ。
e0173645_13423938.jpg

徳利と猪口系のC級呑兵衛がイタリアンとは珍しいが、もちろん評判も聞いてるし、これだけ前を通り過ぎてたら入ってみたくもなるわね。
テーブル席数席とカウンター、それほど大きな店ではないんだけど、それがかえって気さくな感じと落ち着くなー感が漂う。
ワインは赤が好きで、結構しっかりしたのが好みなのね。ヴィニウスカベルネ(フランス)のフルボディー(3500円)にしてみるかな。いい香りの後に残る適度な渋みがええですわー
e0173645_13423086.jpg

さて、まずは、前菜の盛り合わせ<5種>(1200円)をいただきますかな。
これは日によって変わるんだろうけど、今回は、生ハム・カポナーラ・秋ナスのバルサミコマリネ・サンマのアグロドルチェ・自家製パテ カナッペ。
バルサミコ酢久しぶりやわ~秋ナスとはあるけど、牛蒡など他の野菜も一緒だ。それにしても、どれも美味いですな。
e0173645_13431833.jpg

シーフードのピザ(980円)はカリモチ食感の生地に、海老・タコがたっぷり入り、ベストボリューム。
鴨胸肉のロースト(1400円)は、しっかりした肉質ながらも、噛むほどに旨みがでる逸品。下に敷かれたポテトとしめじも、この甘めのソースで美味しくいただく。
e0173645_1343387.jpg
e0173645_13434294.jpg

結構、お腹の方もいい感じになってきたので、ラストパスタで占めるか。
e0173645_13434364.jpg

オステリアは「居酒屋」のことで、そいういう意味ではカジュアルにわいわいと呑んでいこスタイルなわけで、そういったところでは正にいい雰囲気を醸し出してますなあ。スタッフもめちゃ気さくな感じ。
でも、だからと言って出過ぎないところが凄いなーって。だから、1人でも来たいと思えるし、大勢ならそれはそれで盛り上がれる感じだわ。

美味い料理が堪能できて、料金は良心的。文句なしのオステリアですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:Osteria giada(オステリア ジャダ)
場所:池田市石橋2-1-5 ヴィラ ヴァン クレール1F
時間:18:00~25:00(L.O.24:15) 木休
電話:072-761-7177

by nonbe-cclass | 2009-10-27 19:20 | ・阪急石橋駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

激旅!台湾3泊4日(最終回)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~最終回:火鍋と寧夏道夜市~

20日夕方、迪化街から一旦ホテルに戻って休憩した後、タクシーで「豪門世家健康理容名店」へやってきた。
足つぼマッサージをいっちょやってもらおうと思いましてな。

e0173645_1157465.jpg
e0173645_11571799.jpg


日本の芸能人も数多く訪れることをウリにしているみたいなんだけど、入口で受付するおばちゃん軍団がなんか観光客向けでやだなー
でも、親切なんだけどね。
Jr.は横で座って待ってもらう(あっジュース出してもらってる)として、良妻とC級呑兵衛は足つぼマッサージ(NT$700:約2100円)を始める。良妻はパラレルで、美顔マッサージ(NT$800:約2400円)もやってましたな。

おっちゃんによるマッサージだったんだけど、これが結構ききましたな。
途中で痛い部分があって、これを容赦なくグリグリされた時は、痛すぎて内臓がこみ上げてきそうだったわ。
「ケンコウケンコウ」なんて言ってたけど、まあ痛さが我慢できるんなら健康か。

さあ、台湾最後の夜は鍋でしめますか。
「豪門世家健康理容名店」から少しタクシーを走らせたところにある「川鍋」だ。
建国高架道路沿い、南京東路と交差する少し北側にある。

e0173645_115745100.jpg
e0173645_11575860.jpg


ここで火鍋をいっときますか。
仕切りの鍋で、辛いのと辛くないのとが一度に楽しめる。もともと、グルメよりも「この鍋いいよなあ・・・子供は辛くないものを、親は辛い鍋ができるもんなあ」なんて家で話してたわけ。
ここでも、台湾特有の注文記入方式。メニューと価格が書かれた紙を渡され、欲しいものを自分で数量記入する。
日本人観光客も多いのか、日本語も併記されているね。

e0173645_11582826.jpg
e0173645_11584040.jpg


基本はNT$350(約1050円)で、キャベツや豆腐あたりはデフォルトで鍋に入っている。これをベースに、自分の好きな食材を追加するわけね。

牛肉(NT$200:約600円)は頼むとして、野菜を中心にいただきたいところ。ニンニクの茎(NT$80:約240円)、もやし(NT$80:約240円)、季節野菜(NT$80:約240円)あたりをチョイス。どれも、一皿ずつしか頼んでないんだけど、おーおーどれも量多いよなあ。

e0173645_120694.jpg
e0173645_1201484.jpg
e0173645_120286.jpg


鍋だけど、辛いのは麻辣鍋、辛くないのは白湯(豚骨スープ)だ。
これね、炭火でやるんですよお。

e0173645_1204950.jpg


嬉しいのが調味料、鍋をどうやって食べるかというタレの部分ですな。
店の一画に調味料が用意してあって、ごま油や沙茶醤(甘辛いニンニク風味ソース)、ねぎ、ピーナッツ粉、香菜、しょうゆ等を自分で好みのものを入れることができる。「チャングムの誓い」の調理場みたいだね。

e0173645_1211186.jpg


「こらこらこら」

エビ(NT$200:約600円)、特製団子(NT$100:約300円)、カキ(NT$200:約600円)と頼んだんだけど、カキ多いって。
まあ、日本のものと比較して随分と小振りだけど。え?何、この紅茶の葉を受けるみたいなやつでカキを掬うってか。

e0173645_12130100.jpg
e0173645_1213992.jpg
e0173645_1215233.jpg


いや、でも野菜たっぷり採れて・・・お~スープええ感じで辛いやんかー
頼みすぎたかなって思ったけど、ペロッと完食。

晩飯が終わっても、台湾の夜は終えんぞー!
台湾最後の夜市は「寧夏道夜市」だ。
場所的には迪化街近く、圓環美食館があるロータリーそばだ。

e0173645_1221351.jpg


ここはまた他の夜市と違い、屋台にテーブル席がついてるものもあるんですな。
おーおーそこのチマキ美味そうですなあ。

e0173645_1224215.jpg
e0173645_1225145.jpg
e0173645_123726.jpg


あの麻雀ゲームまたあるなあ・・・Jr.も気になってるみたいだし、1回やってみるか(NT$30:約90円)。おかあちゃんが簡単に説明してくれたんだけど、要はビンゴゲームだな。

e0173645_1232465.jpg


牌を伏せた状態でジャラジャラし、そこから15個牌を取る。
ビンゴカードが如く、予め牌の目が描かれたシートがあり、15個の牌をひっくり返しながら、同じ目のところにおく。で、縦横斜めに揃えばビンゴー。
他にも数種類のゲームを楽しんで、戦利品をゲットする。これはこちらの将棋ですかなあ。

e0173645_124520.jpg
e0173645_1241520.jpg
e0173645_1242644.jpg
e0173645_1243820.jpg


ん?列が出来てるな・・・屋台には「蛋黄芋餅・香酥芋丸」とあるな。
なんや分からんけど並ぶか。

e0173645_1245988.jpg
e0173645_125742.jpg


蛋黄芋餅(NT$20:約60円)をひとつ。ドーナツみたいな揚げもんで中身は黄身、黄身はアヒルですな。
揚げもんに黄身でしょ、ちょっとモサモサするわね。
ちっちゃい割には、地味にボリュームあるところで攻めてくるねー

e0173645_1252318.jpg


おやおやー
屋台から人通りに向けて赤い生地が・・・「雞脚3元」とな。
○印の中に李の文字、「家郷滷味」という屋台だ。

e0173645_1254487.jpg
e0173645_125522.jpg


おいおい・・・
アニメ「妖怪人間ベム」でベロが、「これ面白いぜ」と持っていたのは鳥の脚。下を引っ張ると、マジックハンドみたいにその指の部分が動く、そんなシーンが浮かび上がった。
何をどう見ても鳥の脚だわね。何でもチャレンジ、1つ買うか(NT$3:約9円)。
屋台の人は「え?1つ?」みたいな感じだったけど、大丈夫だよね。そんなたくさん買っても扱いに困るわ。
滷味というのが「醤油で煮込んだもの」という意味らしいんだけど、見た目かなりリアリティ(ま、そのものですから)というか、ディテールにこだわった質感といいますか、見れば見るほど抵抗したくなりそうだけど、実はこれ意外と美味い。味付けがいいのかしら、ま、食べるというよりはカジカジするんだけど、酒がすすむ一品だ。

e0173645_1262725.jpg


うあーー
激動の台湾だったな。ホテルに戻ってぐったりだわ。いや、でも荷造りは今しとかないと。
なにせ、最終日(帰る日)はホテル出発にむけてのロビー集合が、

早朝5:05だから

「・・・。」

10月21日(水)、
朝5:05にはちゃんとチェックアウトしてロビーで待ってたさ。

e0173645_1271037.jpg
e0173645_127178.jpg


慌てさせるわりには、微妙に遅れてガイドがやって来る。
バスはホテルを出発した。まあ、真っ暗だわね。
だけど、車窓を眺めていると、暗闇の中に所々ポッと明るく、屋台が営業を始めている。
朝早くから頑張ってんだね。こういった感じでも食べてみたかったなあ。

e0173645_1273782.jpg


空港に到着し、一通り手続きを済ませた後、最後の悪あがきでまた小籠包を食べることにする。

e0173645_1275914.jpg

「義美 港式焼臘点心世界」で、モーニングセットみたいなのにするか。豆乳がついてくるのね。
空港内だからさっとできると思いきや、蒸しに時間がかかるじゃあないかあ。
土産などを一通り買った後だったからまだ良かったんだけど、実をいうと搭乗時間かつかつになっていたのだ。

e0173645_1282266.jpg


ようやく出来上がったのはいいんだけど、急いで食べないといけない反面、激熱がお見舞いされるから、あせるあせる。
肉汁が殆どない残念な小籠包ではあったが、この状況下ではかえって助かったのかもしれない。

e0173645_128411.jpg


C級呑兵衛ファミリーらしい、パニック&アクシデント。台湾でもそのスタイルは揺るぎないものでしたな。
また、是非行ってみたいですな。

【激旅!台湾3泊4日・完】

by nonbe-cclass | 2009-10-20 23:55 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(0)  

激旅!台湾3泊4日(その7)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第7回:台北101・迪化街~

圓山からMRTを乗り継いで、板南線市政府駅に降り立った。
何か、MRTでの移動がどんどん面倒くさくなってきたな。
改札を出てから「台北101」はこちらって案内あるんだけど、出口付近は工事もしてるし、外に出てもどっちに進むか分からんわ。
少し歩くと、向こうに見えた見えた。「台北101」が微妙に霞んでるんですけど、これ結構距離あるんじゃないの。
あっ、ちょっと雨かしら?ぱらついてない?

e0173645_11384465.jpg


東洋一といわれる508mの高さを誇る「台北101(臺北國際金融大樓)」、竹をイメージしてるんだそうな。
中に入ると、吹き抜けのショッピングモールになっているのね・・・さて、展望台に向かうかい(NT$400:約1200円)。

e0173645_1139938.jpg
e0173645_11391912.jpg


室内展望台は89階。なんやねん、みんな携帯電話で話して・・・あっちゃうわガイドか。各方面の眺望に合わせたガイドが聞けるんだけど、これ無料で貸してもらえる。
あの下の黄色い屋根は、國父紀念館ですな。

e0173645_1140289.jpg
e0173645_11401163.jpg


ん~それにしても景色が微妙だなあ。
天気が悪くて遠くまで見渡せないのもあるんだけど、高さが微妙な感じがするなあ。
ラスベガスのストラスフィアタワーに行ったことがあるんだけど、それより高いわりには、どうもスリル感に欠ける。日本と同じように建物が密集してるからかなあ。
91階までいくと屋外に出ることも出来るぞ。

e0173645_11404818.jpg
e0173645_1141360.jpg


さ、「台北101」を離れ少し歩いたところに、光復市場という庶民の台所があるんだけど、この周辺にいくらかお店がありそうなんだよね。
信号渡ったあの道の奥かな・・・観光場所でもない、これくらいの道幅でごちゃごちゃしているのがいい感じ。

e0173645_11412619.jpg
e0173645_11413383.jpg
e0173645_11414143.jpg


実は1軒行きたかったところがあるのよね。
おー地元の人達が買ってる買ってる。「三六九素食包子」だ。

e0173645_11415635.jpg


とにかく、かなりまとまった数で買って帰る客もいて、店の方も注文聞きながら蒸してる状態で、なんとなく慌しい感じ。
頭上にメニューが書かれているプレートがかかっているんだけど、えーと、ガイドに載ってたのは、あれ何て名前だったかなあ・・・いいや、ガイド開いて指差して「これ下さい。」
すると、おねえさんは「了解」という顔をしたかと思うと、蒸しあがったところのアツアツを手渡してくれた。

雪裡紅素包(NT$20:約60円)だ。

わ!大きい、手のひらサイズですな。
雪裡紅(セリホン)というのは、見た目が水菜と春菊の間みたいな野菜で、中国カラシナとも言われてるみたい。
これを細かく刻んで浅漬けにしたものが、饅頭の中にたっぷり入ってるわけ。
ふっくら生地の中に絶妙な塩分としゃきしゃき歯ごたえが絶妙。Jr.も、これはがっつり食べてたね。

e0173645_11422942.jpg


さあ、ここからは迪化街(ティーホワチエ)へ向かうとしよう。
ここからだと、ちょっと距離があるんだけど、もうMRTはいいや。タクシーに乗ろう。
たまたま近くに、ホテル「グランド・ハイアット・タイペイ」があったので、ここからタクシーに乗ることにしょう。

いいホテルなんでしょうなあ、ホテルマンに「どちらまで?」と聞かれたので、ガイド誌をみせた。
すると、彼はタクシードライバーに口頭で行き先を伝えた。
そして、C級呑兵衛ファミリーはタクシーに乗り込むと、念のためにドライバーに再度ガイド誌をみせた。
ここからだと、少し距離があるだろう・・・そう思ってたら、いつの間にやらウトウトしていた。

タクシーが止まった。
あれ?そんな時間が経った?「降りて、この道をまっすぐ行ったところだから」とジェスチャーで案内される。
降りると、少し雨が降っていた。タクシードライバーが言うように道をまっすぐ進むと、市をなしてる感じの通りが続く。

e0173645_1143010.jpg
e0173645_1143978.jpg


「おかしいなあ・・・」
かなり歩くんだけど、一向にイメージ通りのところにたどり着かない。迪化街はそもそも古い街並みだし、乾物の問屋が多いところなのに、どうみても食べ物の店が多い。

随分と歩いたし、だめだ、こりゃ誰かに聞いてみるか・・・
ここでも、たまたまあった「全家」のお世話になる。店員は若い女性だったが、少しだけ日本語ができた。外にも出てくれて、地図と照らし合わせながら現在位置を確認してくれる。
ここに、さらに通りすがりの女性が「お困りですか?」と一緒に確認してくれた。

・・・どーもですな、全く場所が違うようですな。
だって、迪化街のある地図のページを開けているのに、「ゼンゼン遠イ、モットコッチノページ」

結果的にはここからタクシーに乗ったんだけど、
日本に帰ってから、漢字が1文字違う所だということが分かった。これは、その時撮った1枚の写真から分かった。タクシーを降りてから歩いた通りの入口、「臨江街夜市」というアーチ・・・

e0173645_11433197.jpg


行きたかった所は「迪化街」、間違って降ろされた所は「通化街」
実はこの「通化街」も、「臨江街夜市」などで賑わう所(通化街と臨江街はクロスしている)でもあるので、嫌がらせで降ろされたのではないことは分かる。
純粋に単純文字読み違えですな、ホテルマンもドライバーも。
悪気はないかもしれないけど、もーぐったりしちゃったよ。

ようやく迪化街に到着した。
タクシーから降りたのは、永楽市場前だった。すぐそばの露店が気になったりもするんだけど、ちょっとした人の流れがあったのが、霞海城隍廟だ。月下老人を祭る縁結びの寺廟なんだって。

e0173645_1143573.jpg
e0173645_114473.jpg


古い街並みは問屋街、乾物や漢方などの店が並ぶ。それらを見て回るだけでも面白いんだけど、レンガ造りなど時代を感じる建造物も魅力ですな。

■洋楼式
e0173645_11442637.jpg


■バロック様式
e0173645_11444066.jpg


■モダニズム様式
e0173645_1145059.jpg


どの店も所狭しと、色々と並べてますなあ。

e0173645_11452329.jpg
e0173645_11453291.jpg
e0173645_1145428.jpg


わ!
この店、ニンニク炸裂。青いネットによくもまあこれだけのニンニクを・・・
問屋ならでは、そして台湾ならではの光景ですな。

e0173645_1146199.jpg


ここでは、「李日勝」に立ち寄り、天然物のカラスミを買って帰ることにした。

e0173645_11461578.jpg

e0173645_11463647.jpg
e0173645_11464468.jpg


【次回に続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-20 23:50 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(0)  

激旅!台湾3泊4日(その6)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第6回:圓山~

10月20日(火)朝。

「ほら、とっととホテルを出るぞ。」
ホテルの朝食バイキングはとらずに8時半くらいには、昨日来た「中正紀念堂」を歩いていた。
朝、公園では太極拳をはじめ、ダンスみたいなんとか色んな光景を目にすることができる。

e0173645_1183823.jpg


今日、朝一のお目当ては豆漿(トウチヤン)だ。
台湾は共働きも多く、朝の時間を有効に使うために外食が多いそうな。そのために屋台も含めて朝飯屋が色々とあるわけ。
豆漿は、要は豆乳なんだけど、ここに塩や酢を入れて少し固めたもの(鹹豆漿)。
イメージは茶碗蒸しかな。

「中正紀念堂」の裏手、道を挟んだ向こう側に、時代がタイムスリップしたか、映画「少林サッカー」を観ているのか・・・そんな店が現れる。
「盛園」だ。

そのすぐ隣でプチ青空市、野菜はいいんだけど魚・・・歩道のそこでさばきますか。
でも、鮮度なのか安さなのか、主婦に囲まれてますなあ。

e0173645_113444.jpg
e0173645_114686.jpg


「盛園」も店の横で、何やら生地を練ったり切ったりしてますなあ。いやあ、オープンキッチンですな。
e0173645_2228054.jpg
e0173645_22292065.jpg

通勤の人達が次から次へとテイクアウトしていく。おー車でも乗りつけてますなあ。何か慌しい感じ。
C級呑兵衛ファミリーは、店の奥にテーブル席があったので、外で注文した後、中に入る。
すぐに、鹹豆漿がやってきた。
写真では分かりにくい(店内照明の関係で微妙に青っぽくなってるし)けど、豆漿の中には小エビやザーサイ、細かくした油條(揚げパンみたいなもの)などが入っている。ここに醤油、ごま油をたらして、ねぎがぱらぱらっとかかっているのね(NT$23:約69円)。ガイド誌だと、具材がきれいに表面に整えられて写真に収まっているが、あの作り方をみてると、「そんなことになるはずないわな」。

e0173645_115448.jpg
e0173645_115547.jpg


おーまさに朝食にやさしいなあ。この塩加減と食感が絶妙だなあ。美味い!
豆漿って、熱いの冷たいの、甘いの辛いのと色々あるわけ(そいういう点では今回は辛いの)。台湾はまだ暑い日が続くけど、冷房ガンガンきいた店内で、熱々の鹹豆漿はなかなかええもんですな。店内は新聞を読む地元の人達で埋まっていた。

この後、MRTで圓山に向かう。
ホームに降り立つと、真上を軍用機が通り過ぎる。松山空港への着陸ルートなんだな。

e0173645_11115571.jpg
e0173645_1111371.jpg


台北から少し離れただけなんだけど、少し街並みは下町っぽくなったな。

e0173645_11124636.jpg


朝の通勤時間なんでしょうなあ、交通量が多いわ。
・・・というよりも、バイクの数が半端じゃない。日本だと集団だということで暴走族扱いになりそうだ。

因みに歩行者用信号、ぱっと見日本のと同じなんだけど、青のとき、その上に、赤になるまでの秒が表示される。
正直、「それで赤になるまでの時間はわかるじゃん」とか思ったんだけど、この「青の人」そのものも動いてるわけ。歩いてる動作なんだけど、はじめはゆっくり歩いて、これが赤に変わるに近づくにつれ、駆け足になる優れもの。
大阪のように「青になるまでの秒読み」ならぬ、「赤になるまでの秒読み」台湾。

e0173645_11144280.jpg
e0173645_1115183.jpg


ここで、まずは「孔廟」を訪れる。
C級呑兵衛はブログでよく「曰く」を使うけど、「子曰く」で御馴染みの孔子、他人とは思えなくて(失礼極まりないね)、吸い込まれるように廟に入る。
オレンジの瓦に鮮やかな青の縁取り・・・格好いいねえ。

e0173645_1116387.jpg


敷地内では尺八を吹くおとうちゃん、野放しになっているリスが走り放題、お、向こうの広場ではバトミントンでえらく盛り上がってましたなあ。
e0173645_22313995.jpg
e0173645_22315896.jpg

「孔廟」のすぐ隣には「保安宮」があるんだけど、何じゃこりゃ~装飾すごくねー
保安は、治安とかじゃなくて医学、無病息災ですな。まあ、それとこのきらびやかな装飾とどう結びつくのか分からないけど、ただただ凄いって感じですな。

e0173645_1120747.jpg
e0173645_11201810.jpg
e0173645_11202998.jpg


せっかくだし、ちょっとだけ庶民の街並みを散策しようかな。
「孔廟」から南へと伸びる大龍街という通りですな。
とにかく、よくある光景としては、店の外の歩道部分にテーブルがあって、ここでみんな食べてたりする。普通に歩道を歩こうとすると、通っていいんですかあと思っちゃうね。ここでは、それに加えて道路側にテーブルと椅子が並んでいたりする。

e0173645_1123255.jpg
e0173645_11231382.jpg
e0173645_11232564.jpg


Jr.が「小籠包食べたいなあ」、なんて言ってたんだけど、そうポンポンと店があるわけじゃなかったのね。それが、この何気ない通りに見つけちゃった。
セイロが積みあがってる・・・饅頭系の店ですな(店なのに、何故かその前に屋台を出している)。
店の名前どれ?隣との境も分かりにくし・・・一旦店を離れて建物の上のほうを見ると、「萬世香小籠包豆漿店 大龍店」とあった。
ここで、小籠包(NT$70:約210円)を食べてみるか。あ、あと素菜包(NT$10:約30円)もね。

e0173645_1125979.jpg


素菜包とは、キャベツをメインにした野菜まんというところですな。
うわうわうわっ、この生地ふわふわじゃん。写真では伝わりにくいかもしれないけど、きめ細かい蒸しパンのようにふわふわで、でもしっかりとコシがあるんだよなあ。この生地の状態で、小籠包もなんだよね。
「鼎泰豊」は薄い生地がいいと言ってるんだけど、それはそれでそうだとして、でも、それだけじゃないなと思ったね。名の知れた店じゃないかもしれないけど、これは絶品。

e0173645_11252984.jpg
e0173645_11253748.jpg


そこから、数軒先もまたヒットだった。
ここも饅頭店なんだけど、ここで立ち止まったのは、まさに映画「少林サッカー」に登場する饅頭の形と同じものが目に飛び込んできたからだ。、もー店の名前は分かりません。
椰香奶酥饅頭と芋頭饅頭(各NT$10:約30円)をひとつずつ。
椰香奶酥はココナッツバターといったらいいのかな。店ではカスタードみたいなものって言ってたけどね。
e0173645_2233653.jpg

e0173645_22331939.jpg

e0173645_22333520.jpg

映画「少林サッカー」では、「甜在心饅頭(甘み饅頭)」の店で、太極拳で饅頭を作るシーンがあるんだけど、この饅頭を食べた主人公シン(チャウ・シンチー)が「柔らかい中にコシがある」(柔をもって剛を制す太極拳だけに)といったんだけど、それそのまま使えるわ。
風味や食感は蒸しパンみたいなところなんだけど、生地がふわっとしていながら、実は粘りというかしっかりとしたコシがあるのね。
カスタードも芋頭も、遠くに甘さを感じる程度だからついつい食べてしまう。

この後、タクシーで移動して、「忠烈祠」へ向かう。
ここは昔の日本の護国神社ですな。
e0173645_22345149.jpg
e0173645_2235366.jpg
e0173645_22352035.jpg
e0173645_22353456.jpg
e0173645_22355266.jpg

「中正紀念堂」ですでに見たんだけど、衛兵の交代が有名ですな。

交代の儀式は20~30分で、ピシッと動きをあわせて行進したりするのね。カメラをもった観光客が周囲を囲む囲む。

e0173645_1128083.jpg


これ、交代の儀式は確かに見ものなんだけど、この衛兵達は交代式で指定のポジションにつくと1時間は微動だにできないのが凄い。
まばたきもそうはしないぞ。だから、ネクタイを締めた人が後ろにいて、たまに服を直してあげたりしてる。
この衛兵は軍からの選抜でめっさエリートらしいよん。
e0173645_22365049.jpg

e0173645_2237277.jpg

【次回に続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-20 23:42 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(0)  

石橋の蕎麦「入船」

先日、Jr.と2人で蕎麦を食べに石橋に出た。

「新そば」の張り紙、「入船」にするか。
e0173645_1251473.jpg

奥の席に腰をかけると、明治時代に使っていたざるせいろにそば猪口が。ここは石橋の中でも歴史があって、明治の頃より営業をしてるわけ。 何よりも、阪急電鉄創始者の小林一三氏が通った店としても知られておりますわな。
e0173645_1251738.jpg

昔懐かしい感じと、「蕎麦を食べさせる店」感が強烈にやってくる。
店内の雰囲気にのまれると、ここは江戸ではないんだけど、つい「おう、おやじ、そば1つやっつくれ」なんて言ってしまいそうだ。

Jr.は「天ざるにするわ」・・・あ、お前また豪勢なところを言うね。他じゃ、そんなこと言わないでしょー「入船」に来るといつもこうだ。

蕎麦は国内産、こだわりの石狩沼田産。北早生種の手打ちだ。

C級呑兵衛は、蕎麦が出てくるまで酒「呉春」で渋い時間を堪能する。
e0173645_1252271.jpg

天ざるはボリューム満点、静かな店内で2人ズルズルと賑やかに蕎麦をたぐる。
Jr.の蕎麦好きは以前からなんだけど、ボリュームのある天ざるを1人前ペロッと食べるようになったか。
e0173645_12513547.jpg

Jr.曰く「やっぱり、入船の蕎麦は美味いわ」

「・・・」

大人になったなあと思った矢先に・・・やっぱり、こいつはおっさんだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:入船
場所:池田市石橋1-11-13
時間:11:30~22:00 木休
電話:072-762-3810

by nonbe-cclass | 2009-10-20 18:05 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

激旅!台湾3泊4日(その5)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第5回:龍山寺~

10月19日(月)夜、
永康街からホテルへ一旦戻って、喉を潤してやり、足をいたわってやり・・・
e0173645_2375226.jpg

e0173645_238961.jpg

このさきいか、思いっきり日本語で「北海いか」ってかいてあるんだけど、おもいっきり台湾メーカーの商品だ。日本からの輸入でもない。日本でも商品名を英語にしたりするのと同様、日本語にしているだけのことで、何ら問題はない。美味しいし。
ま、韓国の「かっぱえびせん」とか「きのこの山」ぱくりに比べればね。え?知らない?じゃ、参考までに韓国行った時(2005年)の写真を。ぱくるならちゃんとぱくれよ言いたいね、かっぱえびせんは全く味が違うから。

e0173645_10383249.jpg

さ、落ち着いたところでまた出掛けるぞー

夜は、ホテルから南へ歩いて龍山寺(ロンサンスー)へ向かう。
龍山寺は、台湾で最も古い寺院のひとつ。煌びやかであると同時に歴史を感じる佇まい。夜景に浮かび上がる姿が、一層、神聖さを浮き立たせる。
日本と異なり、老若男女問わず熱心に参拝する人達が後を立たない。だから、観て回るにも写真を撮るにも、立ち位置ミスらないように気を遣う。
e0173645_2394954.jpg
e0173645_2310114.jpg
e0173645_23101248.jpg

で、ここに来たのは龍山寺もあるんだけど、やはり夜市ですな。
夜市といえば、初日に行った士林夜市が有名なんだけど、このエリアの夜市もなかなかの規模ですぞ。屋台が並ぶ通りもあれば、アーケード商店街もあるのね。士林夜市ほどごった返すことがなかったから、気分的にもゆっくり見て回れる。

「・・・。」

このブログを書くまで分かっていなかった。
この夜市をガイドに載っている華西街観光夜市だと思っていたんだけど、それはアーケード商店街部分だけを言うようで、ここはそこへ行くまでの通り(廣州街)だった。
でも廣州街が、名前のない屋台通り夜市になっているってことだから、ガイドでイメージしていた以上の夜市になっているわけだよね。下の写真は廣州街なんだけど、賑わってるでしょ。
e0173645_23105626.jpg
e0173645_2311285.jpg
e0173645_23111298.jpg

「また、Jr.はゲームか」
旅行前は「士林夜市にはゲームもあるんだあ」とか思ってたけど、どの夜市でもデフォルトですな。
エアダーツってか。ゲーム機には1盤50元(NT$50:約150円)と書いてるんだけど、その横に紙で「3盤100元」って張ってるよな。ん~商売根性むきだし。ま、結果、3盤させられることになるんだけどね。またこんなにボール渡されて・・・飽きるくらいエアダーツできるぞ。ほら、Jr.も最後の方になると、またやっつけ仕事みたいになってるや。
近くでは、おっさんが囲む屋台があったんだけど、なんだろ。賭け事かな。
e0173645_23115240.jpg
e0173645_2312343.jpg

さて、少し足を進めるか。
雑貨やゲームが多かったエリアから、再びグルメな通りになってきたな。
e0173645_2312196.jpg

せっかくだし、ここで臭豆腐にチャレンジしてみようかな。
おねんさんが切り盛りする「素食」と書かれた黄色い看板の屋台。
e0173645_23123590.jpg

臭豆腐(NT$40:約120円)をお願いする。
しゅわしゅわーと油の中で臭豆腐が軽快に踊る。ま、臭豆腐くんがどれだけ軽快であっても、その周辺がくっさいのは間違いない。
臭豆腐は知っていても、実際どう食べるのかってあまり考えてなかったから、手渡された時は新鮮な感じだった。
からっと揚がった臭豆腐に甘辛のたれがかかるんだ・・・ほー、そして白菜漬けが添えられるのね。
e0173645_23125772.jpg
e0173645_2313485.jpg

屋台裏のテーブルへ。
あっつ!くっさ!あ、でも・・・あ、くっさ!あつつ、くっさ。
・・・でも、あ、うまいうまい。臭豆腐は豆腐そのものがどうこうなってるんじゃなくて、豆腐を納豆菌などのタレに漬け込んでるから臭いわけ。
そういう意味では豆腐くん自体がもっとも災難なわけ。

華西街観光夜市(華西街)の一筋西側に悟州街という通りがあり、ここも屋台通りになっている。あっ、ここの屋台、悟州街ロゴが入ったオレンジ看板にみな統一されてるや。
士林夜市と比べると・・・ほー、こちらは生もの(特に魚介)を扱うところが多いですなあ。
それをそのままではなく、焼き焼きして食べるんだろうけど。
バーベキューが如く、海老や蟹を焼いて酒を飲む人たちもいたね。
e0173645_23132522.jpg
e0173645_23133531.jpg

さて、魚介でいくと、イカ王のC級呑兵衛としては、ちょっとおさえておきたい店が・・・
廣州街にある「兩喜號」だ。
e0173645_2314222.jpg
e0173645_2314920.jpg

とにくかくイカにこだわった歴史のあるお店で、ここで魷魚羹麺の小(NT$45:約135円)を注文。
とろみのあるスープの中に、イカがメンマの如くふんだんに入っておりますな。噛むほどに、イカの旨みがじわじわっとやってくる。スープも香ばしくてはまるわー
e0173645_23143960.jpg

さて、このアーケードからが華西街観光夜市だ。
この天井からぶら下がる青いプチプチ照明がチープで親近感がわく。
e0173645_231455100.jpg
e0173645_2315379.jpg

イメージしていた屋台夜市ではなく、こちらは完全な商店街スタイル。地元色が強い感があるけど、整然としているからか、ちょっと面白みに欠けるかな。「毒蛇研究所」なんて店も。
ただ、歩いていくうちに人通りが少なくなり、「あれ?ここ新世界の「動物園前1番街」だっけ?」と思わせる、少し危険な香りとディープさが全面に出てくる。
e0173645_23152360.jpg
e0173645_23153018.jpg

アーケードを抜けると、そこにまた店があったりもしたんだけど、そろそろホテルへ戻っていくことにした。繁華街と逆に出ると、人通りが殆どないなあ。
おっと、こんなところに寺院が。黄色い提灯がまぶしい。
e0173645_23154712.jpg
e0173645_23155491.jpg

これってさあ、夜市、全部見て回れてないよなあ、きっと。
ガイドには、龍山寺の周辺に、他にも仏具街とか西昌街観光夜市とかって書いてあるんだもの。
龍山寺駅の北側、東西に伸びる廣州街を底辺に、そこから北へ伸びる通りがいくつもあり、それが(西から)悟州街、華西街、仏具街、西昌街なわけ。
今回は、そのうちの前者2つと廣州街ということで、駅西側を散策したってことだね。

ま、帰りにいつもの「全家」には寄りますよ。
店内はホント日本のものもあるから全然違和感はないんだけど、外に出たとたんに店の前に屋台があるのは台湾ならではですな。
e0173645_23162056.jpg

あ、あと日本と違うのはレジでお金払うでしょ。袋には入れてくれない。エコだねー袋は有料。
だから、一番最初、支払い後レジ前は微妙な空気が流れたさ。
「いつ袋にいれんだよ」「こいつ、早くいけよ」のかけひきでね。

【次回に続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-19 23:57 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(2)  

激旅!台湾3泊4日(その4)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第4回:永康街~

10月19日、九份観光を終え、瑞芳から台北駅まで戻ってきた。
台北駅はMRT利用で、ずっと地下を行き来してたけど、台鐵台北駅の中央コンコースに出てみる。吹き抜けで、広いしでかいですなあ。
e0173645_23195310.jpg

さて、台鐵台北駅で台鐵グッズが売られている「台鐵本舗」に立ち寄ってみる。
はじめ場所が分からなくて駅の人に尋ねたりしたんだけど、なかなか通じなくて。
e0173645_23202127.jpg

葉書や切符、時刻表やステーショナリーなどが充実している。へーTOMIXのNゲージって、台湾の車両も作ってるんだあ。
今回の旅行で乗った「自強」号、「莒光」号のコースターや、チョロQみたいなのを記念に買う。Nゲージは、さすがに土産としては買えん・・・
e0173645_23214121.jpg

ここからMRTに乗って、中正紀念堂に向かう。
中正紀念堂駅、何か、駅のホームからしてちょっとゴージャス?
e0173645_2322733.jpg

駅を出てすぐのところに中正紀念堂はある。中正とは蒋介石のことね。駅からすぐなんだけど、敷地が広いから・・・
正門からして立派なんだけど、ここをくぐって最初に目に飛び込んでくるのは、左右にそびえる巨大な建物。鮮やかな朱の柱と、紫禁城を思わせる瑠璃瓦。
e0173645_23223323.jpg

下の写真、
最初のほうが國家音楽廳(コンサートホール)で、その後が國家戯劇院(オペラハウス)だ。おーおー、人間がちっちぇーなあー

さっき、紫禁城を思わせる瑠璃瓦って書いたけど、台湾の中でも「あれどっかで似たのをみたような」と思う人がいるかもしれない。そ、圓山大飯店グランドだ。空港から台北市街までの移動中にも、堂々とその姿を見ることができるわね。
実は、國家音楽廳・國家戯劇院ともに、圓山大飯店グランドを建築設計した人と同じわけ。だから、歴史的には浅いわね。
e0173645_23234641.jpg
e0173645_23235499.jpg

そして、この広場の先にある建物、これが中正紀念堂だ。遠くで観てると分かりにくいんだけど、そばまで来ると・・・でかいわ。高さ70m、万博記念公園の「太陽の塔」と同じ高さなんだけど、ずっしりと安定した建物は、覆いかぶさるような圧迫感すらある。
目の覚めるような青い瓦に白い壁。この壁・・・大理石ってか。まさに白亜の殿堂ですな。
ここで、想定してなかった衛兵の交代式に出くわす。
e0173645_23242033.jpg
e0173645_23242731.jpg

敷地を、端から端まで歩くだけでも結構な距離ですな。
なのに、ここからさらに東へ歩く。そして、永康街(ヨンカンチエ)に入る。
ここ永康街といえば、あの小籠包で超有名な「鼎泰豊」(ティンタイフォン)があるところですな。もちろん行くよ。

「鼎泰豊」といえば、ニューヨークタイムスで 「世界の10大レストラン」に選ばれたことで有名だけど、小籠包というものを世界に広めたという老舗ですな。
めっさ超行列ができる、という話は聞いていたので、中途半端な時間15:00で攻める。
e0173645_2325918.jpg

道路沿いだし、分かりにくい場所でもないのね。
相当に人気店だと聞いていたから、「中途半端な時間に行っても列は出来てるんだろうな」という先入観でこっちは店を探してたわけ。
そしたら、全く列がない状態だったから、「あれ?ここであってんのかな?」と疑ってしまった。
入口にミニスカートのお姉さんがいて、3Fへどうぞ、と案内される。
3Fにくると、客はほとんど日本人。どのスタッフも日本語が出来てたから、入口で振り分けてるのかもしれませんな。
e0173645_23254036.jpg

とりあえず、ビールもらおうか(居酒屋ノリになってるけど)。台湾おつまみの小菜(NT$60:約180円)、これと一緒に。生ビールを頼んだんだけど、ジョッキではなく瓶で出てくるのね。
メニューは、写真つきでそれぞれ英語、日本語で書かれているから全く困ることはない。また、写真ではわかりにくいボリュームについても、ものによって大中小があったりするから安心。

酸辣湯(中:NT$120:約360円)も頼むか。
小菜にも入っていた細切りの豆腐をはじめ、たけのこなどがはいった酸い辛い~スープ。とろっとしたあんかけのようなスープが濃厚で美味い。
e0173645_23261892.jpg
e0173645_23262635.jpg
e0173645_232715.jpg

そして、お待たせ小籠包(NT$180:約540円)ですな。
1つのせいろに、計算と技による均一な小籠包が10個入ってる。
皮は薄めで、もたつくことなく、中のスープがかなりたっぷり入っておりますな。餡のしっかりした味わいがクセにるわ。
あと、蟹粉小籠包(NT$310:約930円)も注文。こちらは先の小籠包よりもお値段はりまして、蟹みそ入りですな。
あっ、さっきよりももっと濃厚さが勝つな。ジューシーさをとるなら最初のオーソドックスな方がいいかも。
実際に美味しかったんだけど、インパクトがあったかというと正直微妙で、期待以上ではなかったのよね。誤解のないように言っておくけど、これ多分ね、前評判で滅茶苦茶期待して行ってるからだわ。
e0173645_23272836.jpg
e0173645_23273732.jpg

さ、腹も落ち着いたところで、永康街の散策だ。
道幅はそれほど広くないのね。
e0173645_2328252.jpg

「鼎泰豊」からすぐ近くにある「冰館」、マンゴーカキ氷の元祖ということでこちらも有名ですな。
ここはやはり、「新鮮芒果奶酪冰」(NT$160:約480円)を。
初日に食べた「綿綿冰」と違い普通のカキ氷。でも、新鮮なマンゴーがたっぷり目に入って満足できる一品だ。これ家族3人で分けて食べる(C級呑兵衛一人では食べきれないわ)。
e0173645_23281996.jpg
e0173645_23283093.jpg

食べ続けることもできないし、平日だからかイマイチ盛り上がりに欠けるところもあり、永康街を一通り巡った後は、もと来た道を戻り一旦ホテルに戻ることにした(もー足がー)。
もちろん「全家」(もう覚えましたね、ファミリーマート)でビールとアテを買って。

【次回に続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-19 23:50 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(0)  

激旅!台湾3泊4日(その3)

激旅!台湾3泊4日(full ver.)
~第3回:九份散策~

10月19日(月)、どんよりとした曇り空で朝を迎えたが、今日も雨の心配はなさそうだ。
少し早めに起きて、ホテルの朝食バイキング会場へと向かう。

出発までに色んな口コミを見てきたから、ここの食事にはあまり期待をしていなかった。
どちらにしても、外で食べることをメインに据えているから、そこは気にしないところではあった。

「・・・。」
問題はそこではなかった。
中国人観光客のマナーの悪さにびっくりするわ。以前メディアで香港のディズニーランドでも同じような話があったけど、それは遊園地での話しだから「人のこと言えんやろ」くらい日本人のマナーの悪さも指摘されてたと思う。
いま、ここで起こっているのは食事においてであって、これはちょっと問題じゃないかしら。

箸でロールパンをつかんで食べるのはかわいい。
でも、サンドイッチを手でもって食べながらバイキングのところにやって来て、次取るものを物色するのやめてくれるかな。ちょいちょいちょ!そのはさみはここの皿で使うものだって、あんた専用じゃないよ。そのまま持って次の皿で使うなって。しかも・・・おいおい、順番関係なしかよ・・・

こんなことで今日一日を台無しにしたくないので、ホテルを出てMRT西門駅へ向かう。
e0173645_23325231.jpg
e0173645_2333281.jpg

途中、小さいながら煌びやかな「天后宮」、歴史的建造物「西門紅樓」へ立ち寄ってみる。そして、その後、台北駅へ。

さあ、台鐵で向かう先は瑞芳(ルイファン)だ。
実は、昨日のうちに切符は買っておいたのよね(夜市でクッタクタだったのに途中下車して)。
自動券売機でなく、有人窓口になるわけ。だから、いざ切符買うときにめっさ並んだり、買い方分からなくて遅れたりは嫌だったのね。
台鐵台北駅の1Fには大きな切符売場があるんだけど、MRTとの乗り換えで地下1階を歩いてたら、このフロアにも窓口がある。ここなら空いてるし、慌てることもないよね。

乗りたい列車と行先、そして「席有」と紙に書いて窓口に渡す。すると、暫くその紙を見て・・・ひとつ頷いて発券してもらえた。
「席有」なんだけど、日本と違って「指定」「自由」の概念がなくて、どっちも料金は一緒。「自由」=「席無」は空いている席に座ればOKなんだけど、同じ料金でいきあたりばったりで座れなきゃヤダから「席有」に。
e0173645_23335093.jpg

台北駅は結構大きくて、これから乗る9:00発の特急「自強」号は地下ホームからの出発だった。どの列車もMRTや日本の鉄道と違い、ちょっと威圧感のある大きさかな。何だか、「鳥ですか?河童ですか?」みたいな列車もおりますなあ。「自強」号は、外見なんとなしに東武のスペーシア。
e0173645_23342658.jpg
e0173645_23343334.jpg

瑞芳までは2つ停車駅を経て40分弱。長閑な風景の中を走る。車内の感じは・・・う~ん485系(国鉄時代からのL特急)。
e0173645_2335242.jpg
e0173645_23351128.jpg

駅を降りると、九份までのバス乗り場はすぐ分かったが、あの行列ですか・・・ここはタクシーを使お。バスよりもちろん値段は高いが、乗り場のところに九份までの料金が明記されている(NT$180:約540円)から良心的で安心。
うねうね~っと山道を登っていく。えーっ結構、駅から離れてるんだね。
e0173645_2336569.jpg

海が望めるちょっとした見晴台の前でタクシーは止まった。すぐそばにはセブンイレブンもあるのね。基山街の入口ですな。ここが九份(チョウフン)だ。
e0173645_23363227.jpg
e0173645_23364167.jpg

時間が早いからまだ店のシャッターも目につくが、店の散策は後でもいいや。まずは先へ進もう・・・おやおやあ、マップ見てもどれがどの道だか・・・訳も分からず歩くと、「終点」みたいなとこに出たりする。もー朝から汗ばむ感じで暑いし。

「ん?」
e0173645_23371791.jpg

営業してるかどうか分かりにくいながら、「阿柑姨芋圓」が気になる。メディアにも取り上げられてる感じだが、どうやらスイーツのお店のようだ。これ、まずいっとくかい。

刨冰とな・・・芋圓+総合豆(紅豆・緑豆・大豆)というのを選んでNT$40(約120円)。
スイーツであることは間違いないんだけど、ジャンルはカキ氷になるのかなあ。それとも、おしるこが近いかしら。
e0173645_23373963.jpg

入口の雰囲気からして立ち食いを覚悟していたが、商品をもらうと奥へ進めという。
「いやいや、普通に作業してるところですよー」
店内というのか作業場というのか、照明もあるかないか分からないほど暗いし。両サイドには材料や作業をする人が・・・企業秘密盗み放題じゃあないですかあ。
でも、抜けて右に曲がって、さらに左に曲がって奥へ進むと、急に眺望の良いフロアにでるんだよね。
テーブルには、いろんな人の名刺やメッセージの書かれた手紙が敷き詰められていた。
e0173645_2338617.jpg

景色がいいところで、さっそくいただきますか。
カップの下には冷たい氷と小豆、そして、その上にあったかい芋や豆の餅がコロコロと盛ってあるわけ。ぬおっ、この餅のもっちもち感が絶妙。これ美味い!
e0173645_23381849.jpg

そして、九份といえばここ、狭い石段とその両サイドに赤い提灯。映画「千と千尋の神隠し」に影響を与えたとも。実は、結構ここ気づくまでに歩いてんだよな。基山街を道なりに歩くと、この提灯石段は脇道になるのよね。
e0173645_23385070.jpg
e0173645_23385766.jpg

ここのメインとも言える、映画「非情城市」で登場する「九份阿妹茶酒館」もみてきたぞ。
あと、カフェ「天空之城」は残念ながら工事中で概観だけチェック。
e0173645_23392739.jpg
e0173645_23393547.jpg

さてさて、ここにきたからには、やはり「茶」ですな。
築100年は超えるという歴史ある建物の中に、ハイクオリティなセンスが見え隠れする「九份茶坊」に入る。スタッフの人が親切で、日本語での対応もしてくれたぞ。奥のテラス、とても眺望のいい席に案内してもらう。
e0173645_23401357.jpg
e0173645_23402149.jpg

せっかくだったらええもんにしよう、ということで、お店の人のススメもあり頂級北埔東方美人(800元:約2400円)にしてみる。
テーブルにいろんな茶器が並びますよー。そして足元には、やかんのような急須がやってきた。スタッフの人が、親切にお茶そのものや入れ方の説明をしてくれる。
e0173645_23404925.jpg
e0173645_23405660.jpg

飲む前に香りも楽しむんだけど、確かに「え?こんなに香るもんなの?」って驚いちゃった。というよりも、これまで、こうした茶の楽しみ方ってしてないものね。
1回の茶葉で7~8回飲めるんだけど、回数を重ねるごとに湯を入れてからの待ち時間などを少しずつ変えていく。色・味わいともに変化していくんだよね。それにしても、きれいな琥珀色。
e0173645_234122100.jpg

途中からはJr.が茶を淹れる。
茶菓子には、凍頂茶梅(NT$80:約240円)とパイナップルケーキ(NT$100元:約300円)をチョイス。この凍頂茶梅、凍頂茶葉漬けの梅なんだけど、梅干のようにすっぱいんじゃなくて、甘いお菓子。干しぶどうに近い食感かしら。
茶はこれまでの屋台と比較すると高くみえるけど、これ一袋の値段で残りは持ち帰れるようになっている。
e0173645_2342633.jpg

もと来た基山街を下っていくと、店もみんな開いて観光客も増え賑やかになってるな。
なんか、酔拳のジャッキー・チェンが飯食ってそうな食堂が。一旦は通り過ぎたものの、やっぱり戻って吸い込まれるように店内に入る。
「九份魚丸店」だ。
e0173645_23423197.jpg

「強力推薦・純手工製作」、ま、あえて訳さなくても意味分かるわね。
じゃあ、そのご自慢の五味綜合魚丸麺(NT$70:約210円)をお願いするかな。あと、手工花枝丸湯(NT$40:約120円)もね。
五味ということで団子などの練り物がぼこぼこっと入った一品。器は大きくないけど、ボリュームはあるんでないかい。もやしやネギも入って、塩味ベースでいただく。花枝丸はいか団子のことですな。
e0173645_23432195.jpg
e0173645_23434181.jpg

それにしても、この店内にやたら張られているおばちゃんの写真は何だ?ここの名物おばちゃんかいな?メディアによく取り上げられるのか知らないけど、張りすぎだって。
e0173645_23441435.jpg

さらに降りていったところで、「お、何か貝焼いてるで。」
「魚之郷」、店の看板で店名の頭の文字だけが不自然に消えてるんだけど、恐らく魚だと思う。
ここで、翡翠螺という巻貝をいただく。貝王としては外せませんからなあ。うんウメー。ビールがほしい。
e0173645_23444629.jpg
e0173645_2344546.jpg

そして、もうすぐ基山街入口だというところで、また足を止めてしまう。
少し、人がたかっていたから。

おっちゃんはひたすら、大きなボールに入った食材を団子にし、おかあちゃんはそれをひたすら揚げている。
e0173645_23452327.jpg

炸蝦球(NT$50:約150円)というのか・・・
野菜と海老を餡にしてそれを揚げて、ケチャップのようなソースをかけて食べる。仕上がりをみると、揚げたたこ焼きみたくなってる。「日式口味」ってあったけど、「日本人のお口に合う」ってことかしら。
でもね、これ美味しいよ。ま、食材と調理法は至ってシンプル、コロッケみたいだし、イメージわきやすいでしょ。
e0173645_23454685.jpg

13時までには瑞芳駅まで戻ってきた。帰りの列車あるのかあ・・・
特急「自強」号は15時くらいまでないのか・・・駅に日本語対応のおばあちゃんガイドがいて、一番早く台北まで帰ることができる列車を聞いてみる。すると、窓口まで一緒に来てくれて買うところまでしてくれたぞ。感謝だね。
e0173645_23462919.jpg

列車は13:02発の急行「莒光」号だ。
行きの「自強」号と違って、機関車+客車スタイルだ。なんかごついというか、ふてぶてしいというか・・・「うりゃー莒光じゃいー」という雰囲気たっぷり。日本の車両にはない威圧感ですな。
e0173645_23471282.jpg

「おいおい、通り過ぎるの早くねー」の車内販売・・・ん~車内の雰囲気は、これもやっぱり485系ですな。
e0173645_23473432.jpg


【次回へ続く】

by nonbe-cclass | 2009-10-19 23:44 | ・激旅!台湾3泊4日2009 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「笑恵処家」

先週の金曜日、その場のノリでとんとんと話が決まり、4名で十三へ呑みに行くことになった。

イニシャルI氏が予めチョイスした中で、店名がユニークな「笑恵処家」に向かう。これで、「ええとこや」と読むんですな。阪急十三駅東口を出てすぐのところにある。
e0173645_12411119.jpg

今回は単品ではなく、2時間飲み放題付の鍋付コースにする。
これ、結構充実してて、枝豆・ゴボウチップス・ヘルシーサラダに、牛ユッケ+牛塩ユッケ盛、焼鳥盛合せ、お鍋、カキフライにだし巻きときた。ゴボウチップスあたりは、牛蒡そのものの味とカリッとした揚げ具合で香ばしいわね。ビールのアテにぴったり。
e0173645_124304.jpg
e0173645_12435486.jpg
e0173645_12435945.jpg

ユッケに塩だれ、ありそうで、あまり他では見かけないかなあ。たまに甘ダレがかかっている店があったりするけど、それよりは全然ありですな。
e0173645_12413156.jpg

鍋は4種類(鶏ちゃんこ、塩ちゃんこ、豚キムチ、キムチもつ)の中から選べる。チョイスを託したイニシャルO氏は塩ちゃんこに決めた。あっさり食べられるし野菜がたっぷり採れるからええですな。コースとは別に、単品でてっちゃんも注文し鍋の中へ。
e0173645_1242650.jpg

だし巻きはこの店自慢の一品ということもあり、ふわっとクリーミーな味わい。
e0173645_12415176.jpg

自慢という点では、C級呑兵衛的には、お酒の部分もそうじゃないかなと思うね。このコースでいくと、飲み放題メニューが結構充実している。60種類くらいあるのかな。焼酎もいくつかの中から選べるしね。

コースでなかった場合はなかった場合で、ええ感じの焼酎が結構充実しているぞ。
いやあ、結構呑んだのかなあ・・・後半の記憶がビミョー。 

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ワイワイ酒場 笑恵処家
場所:大阪市淀川区十三東2-9-2 今中ビル1F
時間:17:00~3:00
電話:06-6305-8900

by nonbe-cclass | 2009-10-19 12:32 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)