<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

坂出のうどん「亀城庵」

坂出に着いたはいいんだけど、昼ぐらいはちゃんと食べたいところですな。

「・・・」

駅の外に出たものの、何もないなあ。
あ、あそこに商店街があるなあ・・・来たものの、やっぱり殆ど閉まっていて、どうすることも出来ないなあ。

時間も限られているし、自転車に乗ったおばさんに尋ねてみることにした。
「ここらへんで、讃岐うどんをたべさせてくれる店ないですか?」

「駅の中にありますよ」
と言われたとき、正直「おいおい、やっつけ仕事で答えているのかよ」と思った。
確かに、改札を出たときにあったわ。

しかーし、これが正解だった。

「亀城庵」だ。

店の前に3名ほど待っていたんだけど、これなら並んでもしれていると思い、並ぼうとしたわけ。
が、ふと店の横の通路をみると椅子が並んでいて、そこにもずらっと人が待っていた。

Jr.は釜上げうどんにして、4種類の中から選べるつけつゆを、ゆずおろし(550円)にしていた。

e0173645_8235193.jpgC級呑兵衛は、やはり冷たいうどんを食べたいと思い、
この店で人気No.1の海老と揚げ餅のぶっかけ(780円)を注文した。
うどんのまわりに、海老と餅の揚げたものが盛られていて、うどんの上には大根おろしとたっぷりの海苔。
豪勢な感じですな。

うどん・・・美味いなあ。注文のときに、「これから湯がきますので10分ほどお時間かかりますがよろしいですか?」
そりゃもうお願いします。打ちたて茹でたてが楽しめる。

このしっかりとしたコシが凄いなあ。それに、麺の弾力と喉越しがサイコー。

e0173645_8232238.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:亀城庵
場所:坂出市元町1-1-1 JR坂出駅構内
電話:0877-59-1085
営業:10:30~20:00

by nonbe-cclass | 2008-12-31 23:41 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

青春18きっぷで坂出へ

今回の年末年始は、久々に休みが長いこともあって、
それこそ、旅行でも行くか!なんて言ってたんだけど、
C級呑兵衛も年末までバタバタして何ら企画も出来ず、結局は何もなし。

だからと言って、このアトラクションはどうか・・・
後から微妙に後悔したりなんかして。
買っちゃったよ、青春18きっぷ

でね、今日jr.と2人、日帰りで出かけたわけ。
朝9時の新快速で大阪駅を出発し、西へ西へと向かう。
新快速は、播州赤穂行き。
これを相生で降り、三原行きの普通電車に乗り換える。

姫路駅が高架駅になっていることにも驚いたんだけど、
三原行きの普通電車が115系で湘南色だったことに新鮮味を覚えてしまった。

やってきましたのは岡山駅。
ここまで来ると、普通電車からして大阪とは違う車両だからJr.は大喜びだ。
ちょうど、上郡からきた特急スーパーいなばが入線してきた。
e0173645_1511731.jpg

おやおや、どうみてもあれは117系ですなあ。
茶色でも緑のラインでもない・・・サンライナーとしてオレンジを基調としたお洒落なデザインになってるねー
e0173645_152892.jpg

そして、岡山といえばやくもだね。
帰省もあってか、四国方面、山陰方面共に乗客で賑わっている。
e0173645_1522264.jpg

Jr.は今回、1つ叶えたいことがあったそうな。
それは、マリンライナーに乗ること。それで、瀬戸大橋を渡りたいんだそうだ。
ま、確かに四国うどんツアーで、高松駅でいつも眺めてるだけだもんなあ。

マリンライナーは1両目以外は、普通の快速電車だが、1両目は2階建てになっていてグリーン車と指定席だ。
しかも、一番前の特等席、グリーンの4席だけはパノラマシートになっている。
e0173645_1532196.jpg

一応、みどりの窓口で聞いたんだけど、パノラマシートは夕方まで空いてない。
しょうがない、せめて指定席にしてやるか。おっと1階席か。
このホームと目線が同じなところが、なんとも感慨深い。

限られた時間だから、電車は坂出まで。
ここで降りて昼食だけとったら、また岡山へ引き返す。
まあ、ハードなこと。
帰り、Jr.は2階席に座りたいという。
坂出のみどりの窓口で2階席をお願いすると、2階席は全てグリーン席ということが判明した。
えー、グリーン席を選ぶと、青春18きっぷは使えないので、別途乗車券が必要になるんだよなあ。・・・仕方ない、ここは奮発するか。
瀬戸大橋を渡り海を見てると、悲しいかな、1階と2階の差がどこにあるのか分からなかったぞ。
e0173645_1544344.jpg

岡山に戻ってくると、向こうに2両編成の車両が。
キハ47、このガラガラ音久々に聞いたぞ。
愛嬌たっぷりだなあ。大阪では、見れないものね。
e0173645_154560.jpg

良妻に土産を買うのもそこそこに、
15時頃には岡山を出発し、一路大阪へ。
また途中の相生で、播州赤穂からの新快速に乗り換え。
乗り換え時間は1分、この時に席取りバトルが繰り広げられるが、何とか2人は座ることができた。
Jr.は目的が達成できたこともあって、芦屋まではぐっすり眠っていた。

ま、12月30日にすることかどうかは問わないように。

by nonbe-cclass | 2008-12-30 23:13 | ・鉄道 | Trackback | Comments(0)  

池田の中国料理「青冥」

「大阪の中国料理」として挙げられる店の一つだよね。
大阪の堂島を本店とした中国料理の「青冥」

落ち着いた雰囲気の店内でありながら、料理がリーズナブルに味わえるとあって人気が高い。
池田にも、駅と一体化している阪急池田プランマルシェ内に店舗を構える。

特にランチはお得感があるんだけど、日・祝限定なんてのものあるのね。
サンデーランチ(1000円)だ。
エビマヨ、小鉢3品、五目焼そば、ご飯、スープ、デザートとボリューム満点だ。
e0173645_7495736.jpg

Jr.はがっつり気分でもなかったようで、単品で点心を注文していた。
点心2種に、いか団子1個って・・・
一応、メニューには単価があるから注文はできるんだろうけど、1個って、作る人には面倒くさそう。
皿に1個のってでてきたら、何かすごい高そうないか団子にみえるんですけど。
でも、このいか団子、ころもがカリサクでJr.えらく気に入ってたね。
点心の蒸し餃子もプリプリだったみたい。
e0173645_7503794.jpg
e0173645_7504768.jpg

店内は結構広いんだけど、あの奥の扉の向こうには円卓が。
いやあ、あの円卓で池田にちなんだ「五月山コース」や「池田コース」あたりを食べてみたいもんですなあ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:青冥 阪急池田店
場所:池田市栄町1-1 阪急池田プランマルシェ三番館1F
電話:072-752-8508
営業:11:00~22:00
e0173645_7505811.jpg

by nonbe-cclass | 2008-12-28 23:06 | ・阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「初音」

ひっさびさの新梅田食堂街。
行ったことがない店にしよう。

そうそうそう、新梅田食堂街に来るたびに、
「おいおい、ここいっつも一杯やなあ」と横目に通り過ぎる店。
今回はいけそうだ。

「初音」だ。

初音全品300円という分かりやすいシステム。
少し冷えるから酒を呑みたいんだけど、その前に喉かわいちゃって・・・
生ビールをまずはもらおうかな。
そして、目の前でグツグツしているおでん。おでんは2品で300円だ。
大きな大根とこんにゃく、器にとると食べやすい大きさにカットして出してくれる。
これが、またダシがよくしゅんで美味いこと。大根もホクホクだ。体が温まる。

初音ふー気持ちが落ち着いたところで、
酒を燗してもらう。

メニューが結構充実してるんだよね。
おすすめのなまこ酢にするか。大きめにカットされたなまこが、しっかりした歯ごたえで美味い。
そして、小松菜のあんかけ。
豚肉と和えた形になってるんだけど、あんかけが少しピリ辛になってるわけ。これで、また酒進むのよ。

店に入ってきて早々「焼酎はお湯割りできるん?」と尋ねる客。
寒い中、少しひっかけて温まりたいところ。おでんと共に温かい酒が全身にしみる。

初音■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:初音
場所:大阪市北区角田町9-26 新梅田食道街1F
電話:06-6361-3249

by nonbe-cclass | 2008-12-27 23:54 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

十三の餃子専門店「ひとは」

いやあ、十三十三。
およよ、「はながさ」の隣に餃子の店ですかあ。

餃子専門店「ひとは」だ。
間口は狭いが、2階で宴会も可能なようだ。餃子専門店なのに宴会か・・・

e0173645_00185746.jpg

1Fのカウンターに腰をかける。
まずは肉餃子(6個:240円)とビールを注文。

e0173645_00190169.jpg

国産の食材にこだわり、ひとつひとつ店内で手包み。
へー、すでに阪神百貨店御影店、和歌山近鉄百貨店の食料品売場でも「仁葉」として販売されてるんだ。
餃子が出てくるまでに、先に箸休めとしてきゅうりの一本漬け(150円)ももらっておこうかな。

e0173645_00185929.jpg

鉄板でジュワーっといい音と湯気を立てた後、焼き餃子が出てきた。
お、餡の肉の旨みと甘味がぐっと口の中に広がる。
これはビールにあうわ。

おかけで、1人前焼いて落ち着いたところに、すぐに「もう一人前下さい」と言ってしまったぞ。「1回で2人前頼めよ」って感じだよね。
いや、でも美味いって。

で、もういっちょ、水餃子(6個:360円)。
丁寧に湯がかれた餃子、これが円を描くように皿に盛られて出てくる。
焼き餃子に比べて、あっさりした感じにはなるんだけど、この皮の瑞々しさがいいね。プリンプリンのトゥルントゥルンだ。

e0173645_00190334.jpg

ビール好きな人は是非、行ってみて。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:餃子専門店 ひとは 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-13
電話:06-6886-1039
営業:12:00~26:00、土祝12:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2008-12-26 23:19 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

クリスマスはいいんだけど

何でこんなに仕事がばたつくんだろう。
もう明日で仕事納めだぜ~
こっちがばたついていても、自分には関係ないと思って残業せずにさっさと帰る奴がいると、純粋にむかつく。

世間はクリスマスですわ。

C級呑兵衛にとっては誕生日なんですな、これが。
・・・ま、おっさんに更に磨きがかかるだけなんだけどね

子供の頃には、「クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントって一緒なん?損やなあ」と不必要な心配をしてくれる人が多かったが、
それはそれで、ええもん買ってもらったりして、着地点はそれなりに見出してたぞ。

ま、それはそれとして今はというと、
家に帰ればケーキが待っているわけ。これが、クリスマスとしてのケーキなのか誕生日祝いのケーキなのかはあえて問うてはいないが、Jr.ははしゃぐわね。
ケーキの上のデコレート、甘そうなサンタ人形やチョコ板を真っ先にかっさらっていく。
C級呑兵衛はあまり甘いものを食べないので、それを横目で見てチキン肌になっている。

で、誕生日プレゼントを用意してくれている。
涙ちょちょ切れるね、何かなあ~

「・・・。」

銀嶺「立山」に剣先するめ

by nonbe-cclass | 2008-12-25 23:48 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

箕面クリスマスカーニバル

23日の祝日、15時から夜にかけて
阪急箕面駅前のロータリーで「箕面クリスマスカーニバル」が催されてたのね。

箕面クリスマスカーニバルそうしたイベントがあることを知らなかったんだけど、
ブログでの、能勢酒造の子安さんからのコメントで知ったので出かけてみることにしたわけ。

箕面駅を降りてすぐのところで、特設ステージが設けられ子供達のダンスが繰り広げられていた。
で、その横にご当地モン、箕面ブランドの商品が色々と販売されていた。

箕面クリスマスカーニバルまずは、「桜川サイダー 箕面限定モデル」を手に取る。
実際に、子安さんにも会えたぞ。
朝日新聞で紹介された記事は「あっ新聞出てるやん」と読んでたんだけど、ホントこの夏はよく売れたそう。

今回は、紅葉ラベルだ。
そうそう、この味この味。Jr.もお気に入りだ。

赤がまぶしい箕面焼、いつも活気がある箕面ビール、冬空に湯気立ち上る行者そば・・・
箕面づくしのクリスマスイベントでしたな。

by nonbe-cclass | 2008-12-24 23:51 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

梅田のインド料理「アルナ」

梅田はそれこそ通勤経路上にあるし、ショッピングにしても酒を呑むにしても歩き倒してるはずなんだけど、
みんなもそうだと思うんだけど、何か目的が無ければ、あまり通らない道がやっぱりあるのね。

C級呑兵衛にとっては、新御堂筋からエストとHEPファイブを挟む道もその一つ。

でも、今年前半で、ここにある「蛸之徹」にきた時に、
「あ、ここにねぎ焼きのやまもとやインド料理の店があるんや」とディスカバリーな気分を味わっていた。

梅田に出てくる用事が出来たんだけど、
その記憶が頭の片隅にずっとあって、ここ最近、インド料理も食べてなかったから、そのインド料理の店に足を運んでみることにした。

エストの東側にある「アルナ」だ。

「えっ!こんなところに、お洒落でリッチなインドレストランがアルナぁー。」

・・・。

え?C級呑兵衛じゃないぞ。「アルナ」のチラシにかいてあったんだから。

ランチは数種類あるんだけど、Bランチ(1000円)にした。
カレー2種(野菜とチキン)にナン、チキンティッカ、シークカバブ、サフランライス、サラダのワンプレート。

カレーは「辛さ何倍」とカスタマイズできるんだけど、
基準の辛さが分からないので標準にした。
本場インドの味からすると、恐らく日本人向けにスパイスの使い方は控えめにしてるんだとは思うんだけどね。

スパイスの効いた、でも辛くなく深みのあるカレーがグ~。

アルナ■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:インド料理 アルナ
場所:大阪市北区角田町2-3 エスト1・102号
電話:06-6367-1001
営業:11:00~14:30、17:00~22:00 月休

by nonbe-cclass | 2008-12-23 22:41 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

ABCハウジングで講習会

土曜日、朝から万博にある住宅展示場「ABCハウジング」へ向かった。
よく新聞の折込チラシが入ってるのをみるんだけど、
住宅展示場とはいっても、その中では色んな催しがあるのよね。

まつり王なので、催しものを楽しみにいくように思われるかもしれないけど、
今回は講師として招かれた
そ、このブログきっかけで。

バーチャル駅長の中でも香ばしく微妙なラインを暴走するC級呑兵衛、何でこんなところに声がかかるんだろうね。
C級、つまり、そんじょそこらにいる酒呑みおっさんなんだけど・・・

お題は、大人の趣味を楽しむ暮らしの講座「ブログって何?簡単ブログ入門」
大学講義と同じ、時間は90分。

ブログ入門というと、「実際にブログを書いてみよう」なんて、パソコンを前に基本的な操作を学ぶイメージがあるんだけど、
C級呑兵衛は操作や機能よりもネタが大切、ここが持続しなければブログが成り立たないと思ってるのね。

「これからブログをやってみよう」というのであれば、何故いまブログをしてないのか、どういうきっかけが必要なんだろう・・・そうしたことを含みながら、自分の実体験を織り交ぜながら話ができれば・・・

午前午後と1回ずつだったんだけど、とても熱心に話を聴いてもらって随時質問も飛び出したり。アットホームな雰囲気で出来たからよかったな。
一応、時間をイメージして資料も準備したんだけど、最初は10分程度オーバーしちゃった。

そもそも、本職がインターネットの業界でブログサービスも提供しているんだけど、
こうして、これから始めてみようかなとか、ブログに興味がある人達の疑問というのが改めて確認できて勉強になったな。
それに対してどう話せば理解できるかを考えることにもなったしね。

1月に入ってからも、堺にある美原会場(1月18日(日))で同じ内容を話すので、興味ある人は是非!

by nonbe-cclass | 2008-12-21 21:52 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

石橋の焼肉「一望」

石橋にまた、焼肉の店が出来ましたなあ。

今回の店は、他の焼肉店とは少し違う。
旭丘の「一望」だ。
他の店とは少し違うというのは、肉が「石垣牛」であること。
本格的な焼肉で、石垣牛を使っているところはそう見当たらない。もともと、希少価値の非常に高い牛ですな。

あとね、沖縄ということで、今帰仁のアグーも味わえるぞ。

鮮度抜群生レバー(735円)に上ユッケ(735円)。
ユッケは肉自体が甘くて柔らかく、ついつい箸が出る。
e0173645_113149100.jpg
e0173645_11315760.jpg

いつもの感じで、タン塩(840円)と、上ハラミ(1260円)・バラ(892円)・赤身肉(840円)を注文しようかな。
メニューをみると、チマキ薄切り(525円)やネック薄切り(630円)、特上マルシン(1365円)に極上イチボ(1575円)、特選くらした(1785円)などの稀少部位も充実しているぞ。

バラ・赤身肉・上ハラミが一皿に盛られてきたんだけど、賞をとった厳選牛だそうだ。
肉は、あぶる程度で口に運ぶ。
いつも食べる焼肉に比較すると、硬いとはまた違って、弾力が結構ある肉質だ。
これが、石垣牛の特徴でもあるようで、締まった食感が楽しめる。
e0173645_11322960.jpg
e0173645_11323440.jpg

食べているうちに思ったんだけど、これだけ弾力のある肉で、肉の味が楽しめるなら、赤身やウデ系のしっかりした部位があうかも~そういう意味で赤身肉は正解だったな。

実は肉以外の部分で、北海道や九州など各地から直送の海鮮もあるのね。
香住産赤イカ(577円)もらおうかな。柔らかいですな~
e0173645_1133381.jpg

仕上げには冷麺(892円)、良妻は五目クッパ(682円)。
冷麺はスープ全体に細かい氷が入ったタイプで、極細麺ですな。
たっぷりめに酢をかけてズルズルっといっちゃう。
e0173645_1133162.jpg

清潔感ある店内で落ち着けるので、近所の方は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼肉・海鮮の匠 一望
場所:池田市旭丘1-5-31
電話:072-762-2950
営業:17:00~23:00 月休
e0173645_11334018.jpg

by nonbe-cclass | 2008-12-20 23:41 | ・阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)