<   2008年 08月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

中津の居酒屋「大阪はなび」

キシーン、ゴゴゴゴ・・・ガッシャン・・ガッシャン・・

この空間は嬉しいなあ。

随分と前からイニシャルO氏と呑む約束をしていながら、こちらの都合でリスケばかりしてもらっていて、今日ようやく実現した。
どこで呑もうかと考えたが・・・
共に住まいは北摂地域ながら、阪急と地下鉄だし・・・よし、今回は中津といこう。
とは言っても、レパートリー少ないしな。ちょっと調べるか。

そうして訪れたのが、「大阪はなび」だ。
立ち呑みスタイルながら、ビールケースを椅子に見立て腰を掛けることもできる。
色々と事前に情報を集めていると、よさげな感じ。
・・・果たして、良かったわけ。

大阪はなび大阪はなびここへ来るまで、そんなに人が歩いていたわけでも無かった。
なのに、ここに来ると、何故か店は賑わっていた。

もともと立ち呑み向けにあるテーブル、ここにビールケースの椅子。
腰をかけると、テーブル位置が微妙に高いのがご愛嬌。
それにしても、色んなところにメニューが書いてあるのね。

大阪はなび大阪はなび目の前にも黒板から、ダンボールから、発泡スチロールのメニュー、そして食材が並ぶ。
泉州の水茄子(350円)は1個コロンとやってくる。からしを添えて。
裂きながら瑞々しいところを頬張る。

「適当に盛り合わせて」と言ったつもりなんだけど、造りが一通り出てきてしまった。
本鮪刺身(950円)、ホタテ刺身(550円)に紋甲いか刺身(500円)だ。この鮪は一口じゃ無理、食べ応え十分だ。美味い。

大阪はなび大阪はなび鳥の造り・焼物も充実してるねえ。鳥セセリ塩(350円)もらうかな。
ぬおー、この料金でこのボリュームは嬉しいねー。しかも美味いときた。

そして、何故かウインナーメニューも充実している。
赤ウインナー、普通のウインナー、激カラウインナー・・・イニシャルO氏はすかさず、世界のウインナー(650円)を注文。これがまたビールによく合うんだ。

大阪はなびとにかく立ち呑みスタイルなんだけど、まず生ものが充実していて、そして魚貝が安くて新鮮。
そして、酒の種類が充実。おーホッピーもあるじゃん。
焼酎もええ感じのが20~30種はあるんでないかい。ロックで頼んだら、グラスになみなみ入ってくるし。涙ちょちょぎれるサービスぶりだ。
店の兄ちゃんも、適度な感じで話しかけてくれたりして、終始和やかムード。

電車好きなC級呑兵衛、この店、JR貨物線沿いにあるのね。
だから、DE10や桃太郎あたりが貨物をがしゃがしゃいわしながら、移動するのを間近で見ることができる。
ポイントレールをゆっくりと通過する機関車の、金属音ときしむ渋い音が最高のBGMだ。

「大阪はなび」サイコー!

大阪はなび■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大阪はなび
場所:大阪市北区中津1-18-7
電話:06-6376-4648
営業:17:00~3:00

by nonbe-cclass | 2008-08-27 23:52 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback(2) | Comments(0)  

南船場の居酒屋「ごちどり」

イニシャルS氏と外出する仕事があった帰り、
「軽く呑んで帰るか」そう切り出しがあったので、色々と物色した結果、よさげな焼鳥の店に入ることにした。

ごちどりごちどり南船場にある「目茶旨地鳥焼家ごちどり」だ。
この店の鶏は奈良地鶏。奈良地鶏といえば大和軍鶏。
この店のために柳生の里からやってくるそうな。

まずは、刺身四種盛合せ(1280円)だ。
そして、鶏の昆布じめ(590円)。昆布がよくきいてるなあ。これは美味い。

ごちどりごちどりせせりポン酢に、大和もも炙り焼き(600円)。
もも炙りはやっぱり美味い。しっかりとした肉質で旨みたっぷり。
これを炭火で炙るから黒くなっている。でも、またこの炭の風味もいいわけだ。

さてさて、酒なんだけど気になるのが、もろみそのままのどぶろく(700円)。
「やたがらす」で知られる奈良吉野の北岡本店のものだ。

ごちどりこれって、季節限定の「やたがらす 夏越しのどぶろく」かしら。

イニシャルS氏は、それよりもさらにヒトクセある飲み物を頼んでいた。
どぶろくに、発泡性をもたせたオリジナル和風マッコリ風(800円)。
和でもなくマッコリでもない、一つのメニュー内に「風」が2つあるところが気に入った。

串はどれを食べても滋味。素材の旨みがよく出ている。
ここのメニューにねぎまはないが、まぬけ(ねぎ串)はある。ユーモアの分かる店のようだ。

ごちどり■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:目茶旨地鳥焼家 ごちどり 南船場店
場所:大阪市中央区南船場3-7-28 第2ローズビルB1
電話:06-6245-4194
営業:17:00~24:00(金土~26:00) 日休

by nonbe-cclass | 2008-08-26 23:19 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー~松下製麺所

e0173645_8463870.jpg「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー6」

この店が今回紹介する最後の店だ。
今回は、どちらかというと善通寺寄りの店を中心に回ってきたんだけど、
四国に来るたび、Jr.は「高松駅は行かないの?」、確かに電車好きには避けて通れないスポットだろうね。

で、車を走らせ高松市内に入り、高松駅にも比較的近く、行ってみたい店があった。
「松下製麺所」だ。

おろろろ・・・メイン道路から少し入ると、一方通行だったり住宅街だったり。
あ、店発見!
店は見つけたけど、車はそこに止められないから、すぐ近くにあるコインパーキングに車をつける。

時間にして14時。

この時間なら少し落ち着いている頃かしら。
いやいやいや、えらい繁盛でございます。
店に入るのに列をなしていたわけではなかったんだけど、店内はガンガンうどんをすする人たちで満載でございます。

とにかく立ち食いスタイルで、食べている人達を横目に奥へ進んで注文。
十人十色、色んな食べ方をしてるのね。どれも美味しそうにみえちゃう。慌しい感じに見えながら、それぞれ満足げな表情をしてるんだよなあ。うどんのCM見てるみたい。

じゃあ・・・うどん1玉(180円)に生卵(40円)を一つ落としてもらおう。
熱い麺に卵という釜玉もいいんだけど、
個人的には、以前、三嶋製麺所で冷たい麺に生卵の組み合わせが凄く印象に残っていて、今回もそのパターンにしてみた。

今回のツアーの中では、C級呑兵衛として個人的にこの「松下製麺所」が一番かな。
「コシが」とか、「ダシが」とかじゃなくて、んー、何だろう・・・食べた瞬間に直感的に「美味い」と思ったのね。純粋に「うどんウメー」って感じ。

e0173645_8461962.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:松下製麺所
場所:高松市中野町2-2
電話:087-831-6279
営業:7:30~17:30 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-08-25 23:36 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

石橋商店街の「わくわく広場」

週末は白浜だった。もともと計画していなかったんだけど、急に予定が入っちゃった。
久しぶりに高速を走ったんだけど、みなべから更に、田辺まで伸びていた。
とにかく週末は酒をあおるだけあおって、日曜日は昼過ぎには白浜を出発した。

早めに大阪へは戻ってきたんだけど、みんな疲れてるし、夕食は外で済まそうと石橋商店街へ出た。

疲れてるところに衝撃の光景が・・・
石橋駅西口周辺から南へ向かう商店街が、どえりゃ~ひとだかりになっとるだぎゃあ。
ちょうちんには「わくわく広場」

決して広いとは言えないあの商店街、それを両サイド露店で盛り上げているのだ。
露店とは言っても、地元の人たちの手作りで、特にゲームは1回100円までで、どれも人気で列ができている。

半ば疲れで、行き倒れになりそうな如く「ば、晩飯を・・・」と人を掻き分けながら前へ進もうとするが、

商店街の横幅 - (両サイドに構える露店のスペース - ゲームに並ぶ人達 - 「お?何だ?何で並んでるんだ」と立ち止まり系ギャラリー)

で、はじき出されたわずかなスペース。
ここを更に往復路の通行人が行き交うわけだ。
疲れた身体に最高のエステですな。商店街抜けたら、身体フニャフニャだもの

それに・・・まっ、Jr.が黙って通り過ぎるわけないわね。
「輪投げするー!」「このゲームするー!」

・・・何も考えず、目に止まったものを順番に声出せば何かできるだろうという考えは止めてくれ。
それでも、Jr.も疲れが出ているのか、輪投げすら満足いく結果が出せないでいる。

「わくわく広場」のはずが「くたくた広場」になっちゃったよ。

それにしても、このスタイル去年もあったと思うんだけど、
明らかに人が増えている。すごい賑わいだ。
地元でこうした賑わいがちょくちょくあるのは嬉しいなあ(旅行帰りの疲れは全く別の話としてね)。

by nonbe-cclass | 2008-08-24 23:44 | ・池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー~山下うどん

e0173645_8525343.jpg「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー6」

昼時にうどん、絶妙なタイミングなんだけど
次で4軒目だから。今回のハシゴは、思ったよりもスムーズに進むねえ。

今回のツアーで、もっとも規模も大きく賑わいをみせたのが、この「山下うどん」だ。
わー駐車場も一杯だし、車の出入りも凄いや。
おっとラッキー、そこの車出るんだね・・・すぐに駐車場に車を止めることができた。

店内は大きな食堂という感じなんだけど、とにかく人が雑然としていて、まずどこへ行けばいいんだろう。並んでいる人がいるから、ここかな?
・・・と思ったら、すぐに店の人が人数を聞いて、席に案内をしてくれた。
すぐにその場で注文を聞いてくれる。セルフではないんだね。
ただ、あまりの忙しさに、席に着いたものの注文できない客もいるようで、結局、注文のために並んでいる人もいるみたい。

e0173645_853152.jpg注文できたら、来るのは早いわ。こんなに人が多いのに・・・セルフ並みですな。
山下うどんと言えばぶっかけなんだけど、今回は醤油うどんにした。

大根は自分で好きなだけすって入れる。
さっと醤油をかけて・・・と。
おっと、強めのコシがいいねえ。4軒目だけど全然入るわ。

朝から、かけうどんが続いていたから、ここでは醤油にしたんだけど、やっぱりぶっかけにすべきだったかなあ。
テーブルの上にある大きな徳利(だしが入ってるのね)が気になるわい。
でも、また来たいと思うから、お楽しみとしてとっておこ。

e0173645_8523077.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:山下うどん
場所:善通寺市与北町宮の前1015
電話:087-762-6882
営業:10:00~19:00 火休

by nonbe-cclass | 2008-08-23 23:29 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー~おはらうどん

e0173645_934562.jpg「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー6」
「まえば」「松岡」と立て続けに食べたところで、ちょっと休憩。
次の店に近いところで、何か観光できるところでもないかしら。

おーそうだ、「水曜どうでしょう」の四国八十八ヶ所シリーズで登場する寺にでも行ってみるか。

e0173645_9652100.jpg「73番!出釈迦寺!」(しゅっしゃかじ)
少し小高いところにある寺で、山門は新しく改修されたようだ。
山門から遠くまで景色が一望できる。すれ違う人すれ違う人、「こんにちはー」と挨拶を交わす。

「おー、これ「どうでしょう」で何度も登場してたな・・・」小坊主看板。
八十八ヶ所の寺には案内板としてあるんだろうね。善通寺にはあったから。

出釈迦寺と善通寺の間を行き来する間に、うどん屋を発見。
休憩のために観光しているのになあ、見ちゃうとダメだなあ・・・おーし、店入るぞー

いくつか看板があるんだけど、
「オハラうどん」「おはらうどん」と纏まっていない・・・ここは「おはらうどん」で書くね。
道路から少しだけ奥まったところに店がある。

カラカラと入口を開けると、いきなりテーブルが・・・地元の人達が数名うどんをすすっているところだった。
それを横目に奥にある厨房へ進み、うどんを注文する。
ここでもかけうどんを注文。

テーブル席の横には座敷もあるんだ。器をもって座敷へ。
Jr.がダシを絶賛。身体にすーっと馴染む甘めのダシ。
今回3軒目だけど、どれもシンプルなのに奥が深いなあ・・・

e0173645_941136.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:おはらうどん
場所:善通寺市善通寺町919-2
電話:087-763-2981
営業:10:00~15:00 木休

by nonbe-cclass | 2008-08-22 23:39 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

阿波座の居酒屋「波津馬」

「ウマ、ウマイ。」
「・・・。」

たちの悪いダジャレのように思うかもしれないけど、
「ウマ、ウマイ」と言わしめる店の紹介だ。

阿波座にある馬肉料理専門「波津馬」だ。
鯨料理専門店なんてのはあるけど、馬肉料理専門店とは珍しいですな。吹田に本店があり、新宿にも店を構える。

波津馬波津馬何にしますかなあ。やっぱり生ものいかないとね。
馬さし三点盛り(3000円、ハーフ1800円)いきますか。暫くすると、紅白に盛られた造りがやってきた。
あかみ、こーね、特上だ。こーねというのは、タテガミの下の肉。ゼラチン質が多くヘルシー。
特上はロースのいい部分って言ってたかな。
とにかくね、どれを食べても甘い。はじめ何かで味付けをしてるのかなと思うくらい。これは美味ですな。

あと、生で食べるにはあまり手に入らなくいということで、肝ぞう(1180円、ハーフ680円)を出してもらう。
生レバは牛・鶏とも食べるけど、鶏ほどあっさりしてなくて牛ほどねっとりしていない、絶妙なバランスの上にこの馬はあるんですな。

波津馬波津馬あと、美味かったのが馬さしのスモーク
食べた感じは、ローストビーフなんだけど、肉の味がしっかりと出てるし、このしっとりとした食感がたまらない。

・・・んー、とにかくメニューに馬の文字が多いねえ。
馬ベーコン(650円)に馬ウインナー(580円)か。馬汁って・・・興味そそりますなあ。
馬ウインナーはしっかりとした歯ごたえと肉の旨みがいいぞ。

焼酎も充実していて、すっかり呑んじゃったよ。
一緒だったイニシャルS氏もテンション高め。店の大将とのトークに華が咲いていた。

波津馬■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:馬肉料理専門 波津馬 阿波座店
場所:大阪市西区京町堀3-18-3 フドウ京町堀ハイツ1F
電話:06-6447-4129
営業:17:30~23:30 第1・3日休

by nonbe-cclass | 2008-08-21 23:05 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー~手打ちうどん 松岡

e0173645_919859.jpgおっと・・・「手打ちうどん まえば」から近いなあ。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー6」
次にやってきたのは「手打ちうどん 松岡」だ。
10時開店だから、まだ開いてないや。
すぐそばの道の駅で時間をつぶし、10時過ぎに再びやってくると、
おー危ねー、今度は車がバンバン来てるじゃん。
車が店の横に数台だけ止められる小さなところなのに・・・でも何とか止めることが出来た。

どちらかというと、こじんまりとシンプルな店構え・・・店かどうかも分かりにくいけど、そこに気が引き締まる青い暖簾。
でも、暖簾には店名がないから、ボケッとしていると見過ごすぞ。

中に入ると、手前にテーブル席、奥にカウンターがある。
その場で、かけうどんにげそ天を注文する。「やまうちうどん」に同じく大きなげそ天だ。

思わず「おっ」
そう、エッジのきいた麺はしっかりとしたコシとこの喉越し、美味い!

はじめは静かな店内だったが、次々と客がやって来てすぐに満員御礼だ。
はいはい、ささっと食べて次行くぞ!

e0173645_9183651.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:手打ちうどん 松岡
場所:香川県綾歌郡綾川町滝宮1722-3
電話:0878-76-0988
営業:10:00~14:00

by nonbe-cclass | 2008-08-20 23:15 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー~手打ちうどん まえば

e0173645_9122633.jpgいつもなら、淡路島の実家で週末を過ごすと大阪へ戻るだけなんだけど、
今回は月曜日に夏休みを取って、淡路島から四国へ渡り、恒例の讃岐うどんツアーを敢行することにした。
日曜日夕方に、こんぴらさんでお馴染み、琴平までやってきた。
まさに、こんぴらさんの参道入口にある旅館に泊まることになった。

旅館そのものは、C級呑兵衛ファミリーには十分だったんだけど、
ま、ハプニングを一つ

期待の温泉ですなー
男湯の暖簾をくぐると、数人が入っているようだった。で、中に入って身体を洗っていたわけ。すると湯舟につかる親子の会話。
「あれ?温かくないよなーこれじゃ温まんないよな。寒いし出るか・・・」
頭洗いながら耳はそっち向くわね。
「そんな大袈裟な」と思いながら、足を入れたら極めて水風呂に近い湯加減で撃沈。どうやら昨日からボイラー調子わるいみたい。

いいねえ、そういうハプニング。
それでも湯船つかるぞ
口から出る温泉がいやー心地いいほど水だね。
多分、出出しから途中まではご機嫌だったと思うんだよ、このぬるさだから。
・・・いつまで経っても絶対に温まらないと思って、適当にはあがった。
その後、酒の肴を買おうと旅館内の土産店に入ると、風呂に一緒に入っていた人が店員に状況を説明して、旅館サイドは事態を把握した次第だ。
店に入ったとたん、「そうそう、この人も入ってて、冷たかったですよね?」と通りすがり証人だ。
ま、絶妙なコンビネーションで状況は説明したけどね。

次の日の朝、早朝6時に起きて、絶妙な湯加減の温泉にじーっとつかったぞ。

「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー6」
・・・また、やりますか。
さー9時には宿を出て、近いところから攻めるぞ~攻めたてよ~

1軒目は「手打ちうどん まえば」だ。
店の「うどん」の文字が妙にでかくてごつごつした感じがグー。
平日の開店直後ということもあり、空いていた。

どう注文するんだろう・・・
入って正面に天ぷら棚があるなあ。まずこれから?すると、その背面から店の人が注文を聞いてくれた。

かけうどん小(160円)にお揚げさんのせるかな。ここからはセルフ。
天ぷら棚左隣にかけだしの入ったタンク。ここで熱いダシを入れて、ねぎをわさーっ・・・と。

支払いを済ませてテーブルにつくと、壁には子供達の自由研究などが貼られている。

程よい麺の弾力も去ることながら、このおダシがええ按配ですなあ。
朝一にうれしい一杯だ。
それとこのお揚げさん。甘くてダシがよーしゅんどります。何か得した気分だ。

今日も5軒回れるかな~幸先いいスタートだ。

e0173645_913282.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:手打ちうどん まえば
場所:丸亀市綾歌町栗熊東420ー2
電話:0877-86-2014
営業:9:00~17:00 木休

by nonbe-cclass | 2008-08-19 23:54 | ・食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(1)  

鳴門市の観光スポット「渦の道」

これまで讃岐うどんを食べに四国に渡るときは、大阪から高松市内まで高速乗りっぱなしなもんだから、鳴門で降りるってのがなかったのね。

今回も淡路島で1泊はするものの、その後、四国に入る時は善通寺までは高速を降りる予定はなかった。
ところが、行きの淡路SAで配られていた淡路島マップなどのチラシをみていると、鳴門の渦を真下に見ることが出来るスポットがあることを知り、途中、立ち寄ってみることにした。

渦の道渦の道鳴門北ICから大鳴門橋のたもとまではすぐ。
それまで交通量大したこと無かったはずなのに、近くまでくると車で一杯だった。

有料駐車場に車を止めて、少し歩くと
おー、大鳴門橋を見上げる橋桁の下にやってきたぞ。
「渦の道」か。

ガンガンの渦を見るには潮の満干のタイミングを狙わないといけないが・・・おいおい、このタイミングじゃ全然無理じゃん・・・ま、いいか。折角来たし。
入場料を払って、橋を淡路島方面に向かって歩き出す。
遊歩道から見える橋の鉄骨。改めて凄いですなあ・・・こんなもの造っちゃうんだもの。規則正しくみえるのも、まさにアートですな。

遊歩道、微妙にビビらせてくれる。
側面と床面のコーナー部分がガラスになっていて、海の下が見えるようになっている。45mほどあるというから高さも結構なもんだぞ。

・・・いやいや、それよりも大変なのがあった。
床面がところどころでガラスになっていて、真下が覗けるわけ。
このガラス面で飛び跳ねたりしないように注意書きがあるんだけど、
立つことすらためらう人がいる中で、そんなことする奴いるかよ!

渦の道渦の道「・・・!!」
ぬぉー! Jr.、そこで飛び跳ねるんじゃない!
ここに立つことは問題なかったんだけど、さすがに飛び跳ねるには勇気いるわ。
・・・じゃなくて、注意書きを無視するな!

「渦の道」そばに、大鳴門橋の眺望が素晴らしい千畳敷展望台がある。
数軒の土産物店も並ぶ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:渦の道
場所:鳴門市鳴門町土佐泊浦字福池65
電話:088-683-6262
営業:9:00~18:00(入場は17:30まで)
GW・夏休み期間:8:00~19:00(※入場18:30まで)
冬季(10~2月) :9:00~17:00(※入場16:30まで)

by nonbe-cclass | 2008-08-18 22:07 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)