<   2008年 04月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

福島の居酒屋「晴屋」

「・・・それが、大事そうに箱だけ見せて飲ませてくれなかったんですよ。」

イニシャルN氏は東京のある店でのエピソードを、C級呑兵衛に語る。
それは焼酎「霧島」の話だった。
福島駅近くにある居酒屋「晴屋」のカウンターで、話は続く。

「「黒霧島」があって「赤霧島」があるじゃないですか。その上に「金霧島」があるんですよ。結局、それ飲ませてもらえなくて・・・」
「へー。ここもかなり焼酎おいてるので、聞いてみたら?」

晴屋 福島店晴屋 福島店・・・と、それとなしにマスターに聞くと、
「あるにはあるんですけどね・・・ただ・・・」
と、ほとんど空になりかけの瓶を出してきた。
「もう、こんなけなんでサービスしますわ。」と、その残りの酒を出してくれた。

「霧島」ゴールドラベルだ。

もともと、「芋なんだけどそう感じさせない飲みやすい芋焼酎を」というニーズを受けて、「黒霧島」とは全く異なる味わいに仕上げたもの。
「赤霧島」がまろやかなら、ゴールドラベルは更にまろやかでフルーティ。
高い酒ではないんだけど、もともと都城限定モデルだったこともあり、数も出回らない商品だ。
「一方では、箱を見るだけ。一方ではサービスで呑める・・・なんて極端な。」

晴屋 福島店晴屋 福島店C級呑兵衛は、前割りがいくつかあったので、
鹿児島の黒糖焼酎「わーのもん」あたりからエンジンがかかり出す。
だって、これ凄くまろやかで風味がいいんだもの。

あと、「宝山 綾紫」

それに、霧島は霧島でも、さつま霧島酒造の「奥霧島」。明るい農村などで有名なところだね。

晴屋 福島店晴屋 福島店「飲まれたことあります?」と尋ねられ、出されたのは「兼八」
イニシャルN氏は、口にしたことがなかったようで、「なんじゃこりゃ?何でこんなに香ばしいの」と驚いていた。

「兼八」ついでに出てきたのが「兼八 原酒」
・・・いや、マスター、「ちょっと飲んでみてください」と、そんな次から次へとサービスで出してくれなくても・・・

晴屋 福島店■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:晴屋 福島店
場所:大阪市福島区福島5-10-17
電話:06-6450-1005
営業:17:00~24:00(L.O.23:00)、金は26:00まで(L.O.25:00) 無休

by nonbe-cclass | 2008-04-26 23:45 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

福島の焼鳥「一本松」

福島の焼鳥、筆頭に挙がる一店「一本松」
突発的に行こうとすると、だいたい入れないので、今回は予約をして向かうことにした。

この店の人気はやはり鮮度。
九州地鶏をその日必要な分だけ挽いてもらって毎日直送してもらうという徹底振り。

一本松一本松焼鳥とは言っても串焼きではなく、自席で炭火で焼くスタイル。
単品にせず、おまかせコース(3150円)にする。

まずは付出しにお造りがやってくる。
造りはもも・きもの2種。
ももは噛むほどに甘く滋味な味わいが最高、きもは思った以上に柔らかく臭みなんて全くない。

暫くすると、目の前に七輪が置かれる。
そして、大皿に盛られた鶏、鶏、鶏。冒頭写真(2人前)なんだけど、この焼物盛合せ、ほとんど生で食べられる。

きも、モモ、胸、ささみ・・・これは生で、しっかり焼いて食べるのはつくね、皮、三角(しっぽのつけねのお肉)ですな。
焼き物やーっと言ってるのに、美味いから、ついつい生で食べてしまう。
お、三角うめー。

一本松今回は食べてないんだけど、皮の造りもあったね。美味そう・・・

シメにはとり茶漬けにアイスがあるぞ。
このとり茶漬け、酒飲みには嬉しい濃さ。山葵でなく唐辛子の辛味がアクセント。

牛焼肉じゃないんだけど、肉食った・・・
ボリュームもそうなんだけど、肉の味がしっかりと残る満足さが最高。

一本松■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とり焼 一本松
場所:大阪市福島区福島5-14-10
電話:06-6455-8787
営業:17:00~23:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-04-25 23:12 | ・食べ歩き(焼鳥) | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「くれは」

以前から一度は訪れなければいけない、そう思っていた店の暖簾をようやく、くぐることができた。
十三にある立ち呑み「くれは」だ。
中島酒店が酒類販売に加え、立ち飲みを営業している。

くれはん~確かに常連客が殆どと言わんばかりのまったり感。
でも、とても落ち着くこの空気は何だ?

これでもか、というほどに豊富なメニュー。
しかも、興味のある一品がちらほら目に入ってきますなあ~
・・・何よりも破格値。びっくりやな。

くれはくれは瓶ビールに、朽木村の鯖なれずし(280円)と冷やっこ(130円)を。
なれずし、写真で見ると茄子の漬物みたいに見えるね。
それにしても、ここで、食べれると思わないわね、普通。
ん~、この酸味と独特の風味がええですな。美味い、これ日本酒にかえんと・・・

冷やっこもドーンとボリュームたっぷりだ。

日本酒なんだけど、にごり酒が3種ほどあり、「立山」のにごりがあるということで、それにしてみた。100mlで200円、グラス1杯(200ml)で330円。
これにいか細造りとたこの2品盛りを(300円)。
造りは1品170円、2品盛りになると300円になるという涙モノの大サービスだ。

コップがまた渋い。
酒の銘柄が入るグラスはよく見かけるが、これは「大阪府小売酒販組合連合」ときた。

隣の男性も近所からきている常連のようなんだけど、
注文1回ずつにお金を支払って、酒を美味そうに呑み、肴には一つ一つ頷きながら味わっていた。
それ横で見ててね、本当にこの人は酒を楽しんで呑んでるな、と思ったのね。少し話もしたんだけど、本当に今の時間を楽しんでいるようだった。

C級呑兵衛の呑み方は、まだまだ修行が足りない、そんな気がしたね。

くれは■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:くれは(中島酒店)
場所:大阪市淀川区十三東3-28-4
電話:06-6304-6096
営業:土日祝休

by nonbe-cclass | 2008-04-24 23:05 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback(1) | Comments(2)  

梅田の居酒屋「入船」

久々の新梅田食堂街。

長居をするつもりはなかったので、サクッといける立ち呑みの店を探す。
で、決めたのが「焼酎道場 入船」だ。

焼酎が1杯300円や400円とかなり良心的だぞ。
最初は「九耀」(300円)に赤かぶ漬(300円)をチョイス。
赤かぶ、久しぶりだなあ。フランキー堺の「赤かぶ検事」思い出すわ。
この店のは甘酢漬けタイプ、ブリブリ言わしながら焼酎をチビッとやる。

入船次にチョイスしたのは、「龍神蔵」(400円)。
呑んだことのない焼酎なんだけど、ラベルのデザインが凄くインパクトがあって目に入ってきたんだよね。
商品名がボーンと書かれているラベルが多い中、龍のデザインが力強く、何か日本昔話の絵本に出てきそうな感じだったのね。

で、これ呑んだらまた、あたりのふわっと柔らかい焼酎なわけ。芋の味がしっかりと残る焼酎だ。お気に入り~
うるめの若ぼし(300円)を頭からかぶって・・・、おっと口直しの添え物に赤かぶ、だぶちゃったな。
でも、美味いからいいや。

後から調べて分かったんだけど、ラベルのデザイン片岡鶴太郎氏なんだって。
彼自身がこの酒に惚れ込んで、デザインしたって話。

入船■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼酎道場 入船
場所:大阪市北区角田町9-25 新梅田食道街
電話:06-6367-6464
営業:17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2008-04-23 23:20 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

築地の居酒屋「うまいもん屋」

店は相席だった。
テーブルの向かい席に座る、歳もそこそこの会社員。
取引先であろう同伴の人にこう話していた。

「ここわねえ、結構美味い魚を食わせてくれるんですよ。」
静かに語っていたんだけど、妙に説得力があった。

今回は、事前に調べてやってきた店なんだけど、先の会社員に同じく、口コミでの評価が高い店だ。
築地にある「うまいもん屋」だ。
卸売市場からは少し離れたところにある。

店内には「携帯電話お断り」をはじめ、一見や観光客には敷居の高い張り紙が張られているんだけど、店の人をみていると、偏屈とかそういうのではなくて、「美味いものを食べるときはしっかり食べましょうよ」的な実直さが見え隠れする。

居酒屋として紹介したいところなんだけど、今回は定食ということで。
色々とメニューがあったんだけど、
あこう煮定食(900円)に決めた。

うまいもん屋暫くすると、お膳がやってきた。
大盛りのご飯に豚汁、それに一品としてマグロ刺身、切干大根、小松菜浸しと香の物。
もう、これだけで定食は完結しちゃってるよ状態。

「すぐに魚ももってきますので。」
すると別の大皿にあこう煮がどーん。

脂ののった1尾まるまる、身がぷりっぷりで柔らか。
甘辛く煮てあるんだけど、甘すぎずさらっとしていて、ご飯がご飯が進む君だ。
隣の人はサバ食べてるんだよね、それも美味そうなんですけど。

「ありがとうございました!」と店内に通る声を背に、満足のC級呑兵衛は店を後にした。

うまいもん屋■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うまいもん屋
場所:東京都中央区築地2-10-5 寿ビル1F
電話:03-3545-5455
営業:11:30~13:30、18:00~22:00 土日祝休

by nonbe-cclass | 2008-04-22 23:43 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の居酒屋「もっつ」

「あれ?ここって、もともとセンチュリー21あったとこやんなあ。・・・あ、あっちに移ったからか。」

まだオープンして間はないんだけど、石橋にもつ鍋が味わえる居酒屋ができてるのね。
良妻も冒頭の台詞を開口一番に話していたんだけど、他のお客も同じような台詞をいってるわけ。
ここにもともと不動産の「センチュリー21」があったということを、みんな認識していたということなのね・・・どんなけ地元~
その「センチュリー21」は、交差点を挟んだ反対側、もともとローソンがあったところに移転している。

旬菜板前料理ともつ鍋の「もっつ」

もっつもっつさて、店内は満員御礼状態。
もつ鍋は2種類、和風(819円)かチゲ(924円)。
追加で具材、しめのラーメンや雑炊などもある。

一応、ピリ辛ということが言いたいのかな、という想像の元にチゲにはしたんだけど、チゲは辛い鍋のことじゃなくて鍋料理の総称なので、ホントは和風もチゲなんだよね・・

ま、それはそれとして。
知人ファミリーと一緒なので、一人鍋ならず大鍋に。だからチゲでなくチョンゴルになるのかな。

もやしやニラがもっさーっと盛られた鍋がテーブルにやってきて、煮立つまでの間、枝豆や造り三種盛(714円)を肴に酒を呑む。

鍋がやってきた時、ダシの色を見て「あれ?これ和風じゃない?」
他の店で見るオレンジ色のダシとはだいぶとイメージが違うぞ。
和のテイストが強いのかな。食べてみると辛いというよりはあっさり感が勝つ。

野菜がシャキシャキしているのと、あっさりしたダシでついつい食べてしまう。
具材と豚、追加で頼んじゃったよ。

安くてヘルシーな鍋だから、場所柄もあって学生に支持を得そうだね。女性も多かったよ。
店は広く開放的な感じなので、ファミリーにもオススメだ。

もっつ■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:旬菜板前料理ともつ鍋 もっつ
場所:池田市石橋3-2-1 大空ビル1F
電話:072-760-4055
営業:17:00~25:00

by nonbe-cclass | 2008-04-20 23:24 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

羽田空港の居酒屋「黒長兵衛」

羽田空港での一杯のみシリーズ。
そういいながら、今回が何回目だか全く理解してないんだけどね。

そういや関係ないけど、この間、伊丹空港でゴールドジェットみたなあ。
あれ、伊丹空港にくるのね。

さて、今回おじゃました店は、
入口の大きな店名がひときわ目立つ「黒長兵衛」だ。

e0173645_12172688.jpg

空港内の居酒屋は集客力があるから、C級呑兵衛がよくいくようなこじんまりとしたのってないんだよね。
今回もテーブル席がいくつもあるそこそこの規模の店なんだけど、その中でC級呑兵衛は、カウンター席の端っこに腰をかける。

〆さば刺身(600円)をもらうかな。
店の入口に「くいだおれ焼鶏豚」というショルダーがあるにもかかわらず、魚を注文してるんだよなあ、これが。
いやね、目の前にさ、九州焼酎がずらっと並んでるんだよね。
それみて、何か、焼物の前に造りあたりがほしくなっちゃった。

e0173645_12172525.jpg

その後に、ねぎま(680円)とぼんじり串(500円)を追加する。
確かに空港内なので、他の焼鳥店と比較すると値段はかなりはるんだけど、粒の大きい食べ応えのあるものが味わえる。ぼんじり、やわらかいや。

e0173645_12172840.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:黒長兵衛
場所:東京都大田区羽田空港3-4-2 第2旅客ターミナルビル本館中央5F
電話:03-5757-6096
営業:11:00~22:00

by nonbe-cclass | 2008-04-19 22:25 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

十三「うさぎ」で酒三昧

イニシャルK氏、イニシャルF氏と共に十三の「うさぎ」で一献。

うさぎうさぎ今回は、「うさぎ」で最近入ったという酒を色々と呑んでみることにした。

まずは「雁木」(がんぎ)。純米吟醸・無濾過生原酒だ。
普段、東北地方の酒を呑むことが多いんだけど、これは山口は岩国、八百新酒造の酒だ。
しっかりした主張の強い味わいですな。

うさぎうさぎそして、「寳劔」(ほうけん)、純米吟醸。
「雁木」に続いて、こちらも中国地方は広島・呉の酒だ。
透明の一升瓶に金文字ラベルが貫禄、湧き出る名水で仕上がった逸品だ。

特別純米「東北泉」は山形の高橋酒造店の酒。
すっきりとした味わいで料理との相性がいい。

うさぎうさぎ関西からは「梅の宿」なんだけど、ラベルには大きく「雄町」。
山廃純米吟醸なんだけど、備前雄町100%というすぐれもの。
大吟醸になると飛行機のファーストクラスで出された実績をもっている。

そして最後は大吟醸、「洗心」
新潟の朝日酒造の中でも最高品種・・・これ一升瓶で1万円くらいするよね。
精米歩合28%ときた。これは口に含んだ瞬間にふわっと上品な香りが広がり、「美味い!」と思わず口に出してしまう一杯だ。

うさぎ毎度毎度、美味い酒を呑ませますなあ、「うさぎ」は。

左の写真は、ほおずき・・・ほおずきなんだけど、食べられるほおずき。
ストロベリートマトと呼ばれるものだそうだ。
食べると甘酸っぱい、ほんとトマトみたい。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
電話:06-6309-0321
営業:11:30~14:00、17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2008-04-18 23:07 | ・阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「昇龍」

とうとう出しちゃったかなあ、ってところなんだけど。
ま、C級呑兵衛ですから・・・

ラーメン「昇龍」だ。

「え?どこそれ?」って?
んー住所は言えないなあ、だって屋台だもの。

昇龍夜、早い時間は池田・箕面の市内をくるくる回って、夜23時頃になると、阪急石橋駅近くで暫く車を止める。
帰りが遅かったり、タクシー帰りでもよく見かける。
セブンイレブンと石橋文化幼稚園の間、国道176号線高架の下が常位置だ。

前の大将の時は、それこそ常連でよくしゃべって帰ったものだ。
今、その大将は独立し、すぐそばでうどん店「やたい」を構えている。
何故ラーメンじゃないかというと、そう、バトンタッチした、今の「昇龍」のライバルにならないため。

ラーメンは600円。
酒を呑んだ帰りに有難いのは、細いストレート麺とあっさりスープ。
笑ってしまうくらい、スープがしっかり絡んだ麺を一気にズーっとすすれる。

イスも4つほど用意してある。
酔っ払いがわーわー目の前で「次どっかいきますかあ」と騒いでいるのを見ながら、ラーメンが食べられるわけ。
酔い覚ましに風にあたりながらラーメン食べるのも悪くはないよ。

by nonbe-cclass | 2008-04-17 23:16 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

羽田空港の蕎麦かっぽう「あずみ野」

また頼み方間違っちゃったよ・・
えー頼み方間違ってんのか?

羽田空港内での蕎麦屋の話。

「あずみ野」だ。
帰りの飛行機、搭乗前に小腹が減っていたこともあり入ったんだけど、「蕎麦かっぽう」とみると、蕎麦の前に一杯やりたいところだ。

e0173645_12210741.jpg

で、酒と肴とそばを頼んだんだけど、
以前、違う店で注文したときは「そばは後で」といったら、飲み終わっても蕎麦は出てこず、飲み終わったら頼むことになった。
「蕎麦が出てくるまでの間に飲みたい酒」なのね、ほしいのは。

よーし、今回は失敗しないぞ・・・
注文のタイミングで「一緒に」といったんだけど・・・やっぱりダメだった。

蕎麦が出てくるまでじっと待って、酒と肴と蕎麦が一緒に出てきた。
まったく、意味ないじゃん・・・
こうなると、酒よりも先に蕎麦を食べなきゃならない。

どう頼めばいいんだろう・・・「先に酒、後で蕎麦」でダメなんだから。
ま、どうであれ、店の人達が悪いわけじゃないから、注文の仕方研究するわ。

・・・せいろそば(750円)から食べるか。
チクショー美味いじゃねえか。風味がいい。
とにかく、早く食べて酒呑まないと・・・また時間なくなっちゃう。

e0173645_12220464.jpg

酒は、島根の「石見」辛口開春限定。猪口は自分で選んで、と。
喉にどっしりきて、ぴりりと残る辛口。男前な酒だ。

肴は小松菜と粒そばの煮浸し(600円)。
濃い目のダシがきいた浸し、こりゃあ酒に合う。

e0173645_12210620.jpg

ま、いつもの出張帰り、
一人でこんなことブツブツ言って呑んでるんですわ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蕎麦かっぽう あずみ野
場所:東京都大田区羽田空港3-4-2 第2旅客ターミナルビル5F
電話:03-6428-8521
営業:10:00~22:00

by nonbe-cclass | 2008-04-16 23:18 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)