<   2008年 03月 ( 23 )   > この月の画像一覧

 

讃岐うどんツアー~竹清

25日は平日だったんだけど、会社を休んで家族で出かけることになっていた。
Jr.の誕生日が3月だからって、
その前後で何かとイベントを企画されちゃって、困るんだよね~。

でね、結局どこ行くのかで悩んじゃって・・・
そんな時は、恒例の讃岐うどん日帰りツアーだ!
「思い立ったら四国 うどん三昧日帰りさぬきうどんツアー5」

11:00頃に高松市街に到着。
まず、1軒目に訪れたのは「竹清」(ちくせい)だ。

e0173645_11250325.jpg

開店時から並んでますなあ。それでも15分位で店内に入ることが出来た。
入口スグのところで、ピチピチと美味そうな天ぷらが次々と揚がっている。

最初に天ぷらをチョイス。ん~どれも迫力満点のビッグサイズ。
下足天と・・・あ、あれ?楽しみにしていた卵天がないぞ。
人気アイテムのようで、C級呑兵衛以外もお勘定だけして卵天揚がり待ちが数名いた。

とりあえず1玉(140円)の冷たいのんにした。
勘定するところに、麦茶入れみたいな容器にダシが入っているのでセルフで。そして、テーブルにはねぎとしょうが。
あったかいのだと、写真のように自分で少し湯通しして、その後アツアツだしを入れる。

e0173645_11262891.jpg

しっかりしたコシの麺。
それ以上に天ぷらのインパクトが大きいねえ~

e0173645_11274898.jpg

卵天は・・・これ普通の卵だよね。膨脹してるのか大きいなあ。
これを箸で割ると、半熟の黄身がトロッと出てくる。美味い!

満足の1杯を後にして、次の店へと向かう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:竹清
場所:高松市亀岡町2-23
電話:087-834-7296
営業:11:00~14:30 水土日休(祝祭日は営業)

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2008-03-27 22:28 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

石橋の串かつ「わか林」

石橋で人気のある串かつ店、長年の営業ですっかり地元の顔とも言える。
串かつ「わか林」のこと。
開店前から待ちの列ができることでも知られている。

今回、めちゃタイミングがよくて、すぐに座れた。

ここのお店の特徴は、おまかせコースがあるんだけど、単品の食材メニューを見てみると、他にはない変り種があるところ。

おまかせコースのパート1は8串で1150円。
にく、えび、玉ねぎ、れんこん、茄子、おくら、きす、白身魚しそ巻。
e0173645_843363.jpg
e0173645_844351.jpg

作業が全部目の前で見られるんだけど、次々と手際よく串を揚げるのをみていると気分がいい。
おまかせコースはパート1に始まり、パート2、パート3とあるそうな。

軽い衣でサクッてな感じ。
口の中に脂の嫌なまったり感を残さないから、次々と食べてしまう。

ビールもいいんだけど、日本酒もいっとこうかな。
能勢の酒「秋鹿」だ。常温でもらう。

コースはパート2へと進める。
手羽先(チューリップ)なんかも出てくるんだね。
e0173645_851100.jpg

家族連れは他にもあったんだけど、C級呑兵衛ファミリーも含めてバナナがよく出てましたな。
Jr.もおかわりするのかい、バナナを。

C級呑兵衛は変り種というところで、単品でたにし(180円)と加茂川(180円)を注文する。
e0173645_81950.jpg
e0173645_811668.jpg

甘く炊いたたにしを揚げてある。しっかりとした歯ごたえが酒を進めますなあ。
あと、加茂川というのは、簡単に言うとちゃわんむしの串だ。
玉子と出汁で固めたものを揚げてある。美味い。

・・・普段飲まないハイボールを頼んじゃったよ。
ハイボールというのはウィスキーのソーダ割りのことなんだけど、この店のウィスキーはトリスだった。
e0173645_821281.jpg

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:わか林
場所:池田市石橋2-12-10
電話:072-761-3043
営業:18:00~23:00 水休
e0173645_7575032.jpg

by nonbe-cclass | 2008-03-26 23:18 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(4)  

なつかし車両まつりin森之宮

日曜日、偶然にイベントを知って、ホテルバイキングの後、行ってみることにした。
大阪市交通局の「なつかし車両まつりin森之宮」だ。

JR森之宮駅に沿うように交通局の車庫があるのね。

露店が並ぶような大規模なイベントではないんだけど、タイトルにもあるように地下鉄やバスの昔の車両が見られるとあって、鉄道ファンだけでなく家族連れや当時を知る人達が懐かしむ姿が多く見られた。

構内に入ると、現役車両の検査もしてるのね。「ほー谷町線が持ち上げられてますなあ。」
わ、中央線(30系)確かにこんなん走ってたよなあ。
e0173645_15213332.jpg
e0173645_15213915.jpg

堺筋線60系。
そうかあ、何かねこの形は凄く親近感があるんだけど、今は走ってないのかあ。
e0173645_15215737.jpg

そして、千日前線50系(冒頭写真)。阿波座って・・・普段の仕事思い出すわ。
そうそう、この車両ね。
ま、車両もさることながら、「何でこの色やねん」と小さい頃から思ってたなあ。
だって、淡いグリーンのボディに千日前線カラーのピンク帯。どう考えても違和感のあるデザイン。
e0173645_15221640.jpg

因みに千日前線は難波など歓楽街を通るからピンク、市内の動脈・静脈で御堂筋線の赤、四つ橋線のブルー。
中央線は山や公園の緑、谷町線は寺が多いから紫、そして堺筋線は阪急電車色で茶となってるわけ。

技術遺産として保存されている市電も見ることができた。
展示車両801号車・2201号車だね。
e0173645_15223348.jpg
e0173645_15223890.jpg

ま、この車両をみるのには1時間弱かかって並んだんだけどね~

by nonbe-cclass | 2008-03-25 23:28 | ・鉄道 | Trackback | Comments(0)  

新阪急ホテル「オリンピア」

1日3個限定って・・・
新阪急ホテルの「阪急電車運行標識板ケーキ」、結局目にすることなく、販売期間が終わってしまった・・・
Jr.からもブーブー言われてさ。

・・・が、いま新阪急ホテルのバイキングで目にすることが出来るんだよね。
日曜日、ランチバイキングに早速行ってきたぞ。
そういや、ホテルのランチバイキングって、久々やなあ。

新阪急ホテルのB1Fにあるグルメバイキング「オリンピア」
事前に予約をしてその時間に行くと、同じ時間帯で予約した人達が順に名を呼ばれ中に入っていく。
入口すぐのところに、スイーツコーナーが。
ミニチュア阪急がスタンバッてますなあ。でも、ケーキはバイキングの後半で出てくるのかな、後のお楽しみにしとこ。

新阪急ホテル オリンピア新阪急ホテル オリンピアとりあえず、色々と食べてみたいもんですな。
列をなしているコーナー・・・やっぱりステーキが人気のようですなあ。
これがまた、柔らかいの。時間が経って落ち着いた頃に、何度かお替り行ったりして。

あと、その場で石焼きする鮪のステーキ。
さっと焼いて、手際よくタレとノリをかけて出される。これは美味。口の中でとけるような柔らかさ。

新阪急ホテル オリンピア「ん?」

中国料理のコーナーで、ベトナム春巻きあたりを皿に盛ってると、ある漢字に目が止まった。
「鮫?サメ?」
「鮫肉のヌックマム煮込み」だ。
ヌックマムはベトナムの調味料なんだけど、とにかく鮫肉が柔らかい。臭みが全くないんだなあ。

新阪急ホテル オリンピア新阪急ホテル オリンピアケーキの準備が出来た、とアナウンスが入ったので、スイーツコーナーにいってみると、
電車にのった表示板ケーキがお目見え。
切り分けられたケーキの上には、表示板ミニチョコプレートがのってくる。
準急梅田~宝塚だったぞ。

5月8日までは阪急電車、9日~は阪神電車になるそうな。

Jr.の誕生日のタイミングにいい催しがあったもんだ。大喜びだったぞ。
新阪急ホテルのホームページから、オンラインでも予約できるから興味のある人は是非。

新阪急ホテル オリンピア■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:新阪急ホテル オリンピア
場所:大阪市北区芝田1-1-35
電話:06-6376-2062
営業:11:30~21:00

by nonbe-cclass | 2008-03-24 23:19 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(1) | Comments(0)  

石橋の中華料理「蘭」

石橋では根強い人気で有名な中華料理「蘭」を紹介しようかな。
小さな雑居ビルの2階にあるもんだから、パッと見、スナックと間違えそうだし、外からだと営業しているのかどうかも分かりにくいのね。

U字カウンターで10人くらいのキャパ、おかあちゃんが一人で切り盛りしている。
「家庭北京」というショルダーがあるんだけど、円卓のあるような中華料理店でもなけりゃ、王将のようにオープンな感じでもない。
「おかあちゃんのところに来て御飯を食べに来た」感じ。おかあちゃん愛想いいしね。

蘭蘭「蘭」といえば、麻婆豆腐にトマトラーメンかしら。
今回、C級呑兵衛はトマトラーメンに焼飯の定食にしてみた。

トマトラーメンってピリ辛のイメージがあるんだけど、この店のはごま油の風味が香ばしくきいたあっさりタイプ。
溶き玉子とトマトの相性がいい。トマトたっぷり入ってますなあ。

蘭蘭良妻は野菜炒めの定食をチョイス。
基本的にどの料理もボリュームがそれなりにあるねえ。

珍しいなあ、良妻は何で野菜炒めにしたんだろう・・・
普通なら人気アイテムを注文するはずなのに・・・え?何?昨日も来たの?!
身内テロみたいに、こんなところにも店のファンがいたのか・・・

メディアにも取り上げられる店なんだけど、気をてらわないアットホームなところが人気なんだと思うよ。

蘭■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:蘭
場所:池田市天神2-3-8
電話:072-762-1333
営業:11:30~14:00、17:00~22:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2008-03-23 23:20 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

クリームチーズオブサンのライブ

折角の機会なので、クリームチーズオブサンのライブ情報を紹介しようかな。

今度の火曜日(2008.4.1)なんだけど、梅田SHANGRILAで、
クリームチーズオブサン企画「ディス娘とミラー坊ル」があるのね。

共演は、ArgyleALOHA(福岡)にツチヤニボンド(東京)だ。

クリームチーズオブサン時間は開場18:00、開演18:30。
料金は、前売2200円で、当日は2500円(1drinkは別途500円)。

チケットぴあ(P-コード284446)、ローソンチケット(L-コード59162)で発売中!

チケットの前売予約やクリームチーズオブサンのホームページはこちら。
http://creamcheeseofson.com/

クリームチーズオブサン・・・C級呑兵衛もクリームチーズオブサンと一緒に写真撮ってもーらお。

4月1日は、C級呑兵衛もライブを観に行くつもり~

by nonbe-cclass | 2008-03-22 23:59 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

大淀のインド料理「ハリー」

売れっ子ですなあ・・・あのクリームチーズオブサンと飲める機会がやってきた。

店は、インド料理の「ハリー」だ。
「美味しいよ」って聞いて、1回足を運んだことがあるんだけど、
その日に限って臨時休業で、現地で「ニャハハ、マジかい!」と店にツッこんだことがある。

おまかせでお願いをすると美味そうな料理が次々と登場することに。

hary2.jpgハリー最初にパーパド(煎餅みたいにパリッとしたやつですな)がやってきて、その後にベジタブルパコラがやってきた。
美味しそー。へー、インド料理のランチではあまり見かけない一品ですな。
野菜の天ぷら・・・かき揚げみたいだね。
サクサクでボリュームたっぷり!

そして、チキンティカ
タンドリーチキンの骨ナシバージョンですな。ん~香ばしくてスパイシー。

ハリーハリーおやおや、これはチューリップのような一品ですな。
チキンロリポップというものだそうで、ジャンルは中華料理だそうな。
鶏チューリップと同じような感じでイメージすると、衣部分はもっとサクッとスナック感覚だ。

インドのお酒を飲もうかなと思ったんだけど、マハラジャなどはよく飲んでいるので、今日はレモンビールにしてみた。
ぬおっ!レモン・・・あ、これ発泡酒なのね。

ハリーハリーおー、これはまた、大きなナンがきたもんだ。
このナンね、もちっとした部分は勿論あるんだけど、ふわっとした食感は驚きだね。

それだけでも驚きなのに、ほうれん草ナンも出てきた。
いや~緑ですなあ。でも、食感は同じでふわもちっ、だ。

店のパンチャム氏が人懐っこい笑顔で、色々と対応してくれる。
帰り際、C級呑兵衛とパンチャム氏の共通の話題・・・インド映画、シャールクカーンとラジニカーントの話を少しする。久々にこの辺の話が出来て嬉しかったぞ。

クリームチーズオブサンとお馬鹿なトークに、シュールなタッチのボケツッコミなどあっという間に時間が過ぎちゃった。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:インド料理ハリー 福島店
場所:大阪市北区大淀南3-4-11 ルミエール上杉1F
電話:06-6456-5040
営業:11:30~15:00、17:00~22:00

by nonbe-cclass | 2008-03-21 23:14 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(2)  

「問わず語らず名も無き焼酎」

小倉駅に、土産店なんだけど酒を扱うコーナーが大きいところがあったわけ。
コーナー入口には大きな黄金千貫がデーンと鎮座している。焼酎では御馴染みの唐芋だけど、実際に見たのは初めて・・・黄金千貫ってホント白いのね。

焼酎ラインナップが充実していて、店員も色々と説明してくれる。
その中で、ふと目に止まった焼酎があったのね。「ふと」というのは、ラベルにインパクトがあったから。

芋焼酎「問わず語らず名も無き焼酎」だ。

鹿児島の大山甚七商店のお酒なんだけど、その「製造方法は全て蔵の秘密」ときたもんだ。
C級呑兵衛みたいに、なんちゃって酒好きには敷居が高いんだけど、「飲んで良さをわかって欲しい」意味がこめられているそうな。

家で酒のアテを買うたびに、こいつで一杯やってたんだけど、すぐになくなっちゃった。
飲み口がすごくすっきりしてるんだけど、ホワホワ~っと芋の香りが広がる。主張しすぎないから、アテのじゃまもしないしね。美味しいや。

「問わず語らず名も無き焼酎」か・・・
人も一緒、肩書きやブランドがなくても「いい」と思われる人間にならんといかんですな。

by nonbe-cclass | 2008-03-20 21:37 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

梅田の居酒屋「神門」

おいおい・・・

番組制作立会いで、思った以上に編集作業がかかっちゃって、終電まであとわずか。
でも、このまま帰っても御飯ないし・・・結局、梅田で適当に店を探して入ることにした。

お初天神通りから少し路地に入ったところにある「神門(みかど)」だ。
テーブル席が先にあって、奥にカウンター席がある。落ち着いた雰囲気だね。

神門神門和歌山のかんぱち(880円)に富山産ホタルイカ酢みそ(480円)。
厚めに切られたかんぱちは、あっさりした味わいながら脂がしっかりのって美味い。
バトミントンの羽根をイメージしちゃったかなあ・・・と、しみじみ考え込んでしまうような器に入ったほたるいか。
ん~1つ1つがふくよかで大きいなあ。

焼酎が手頃な価格帯で充実してるなあ、途中で「佐藤 ・黒」のお湯割りを注文する。
背後にはボトルキープの焼酎がズラズラ。へ~「赤霧島」もボトルキープできるんだあ。

神門ホタテと春野菜の味噌バター陶板焼(冒頭写真:780円)がよろしいですなあ。
火をつけて暫くすると、上蓋の隙間から「できましたよ~」と白い湯気がふわっとあがる。
菜の花やしめじがグツグツいってるね。
バターがたっぷり入ってるから、コクが味噌といい感じでコラボしている。帆立うめー。

生麩って美味しいよね~これを田楽仕立てでいただく。
外側を少しかりっとした感じで仕上げて、中がモチモチー。酒が進みますなあ。

神門■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:神門
場所:大阪市北区曽根崎2-13-1
電話:06-6367-3678
営業:月~木17:00~24:00(金土祝前は~26:00)

by nonbe-cclass | 2008-03-19 23:20 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

浅草の「駒形どぜう」

駒形どぜう青い暖簾をさっとくぐる。

「おやじ、鍋やっとくれ。それにお酒もだ。・・・おや、源さんも一杯やってるね。随分とご機嫌じゃないか。」

な~んて小芝居が映える店を紹介しておこうかな。
浅草の「駒形どぜう」だ。

会社でイニシャルF氏が、「この間行って美味かった」と絶賛しパンフレットまでもらったので、機会があれば行ってみようと思っていた。

どじょうですな。

都営浅草駅をでるとすぐのところにあんるんだけど、ここだけ妙に江戸時代。
それもそのはず、創業享和元(1801)年。徳川家斉の時代ってか。

中に入ると、目の前に広い桟敷席がひろがっている。
靴を脱ぐと番号の書かれた大きな木札を渡され、その桟敷へあがる。雰囲気あるねえ。
そのまま座布団に腰をかけて、メニューをみる。やっぱり、どぜう鍋は食べてみたかったので、なべ定食(2450円)にする。

駒形どぜう駒形どぜう暫くすると、田楽と、炭の入った一人用の鍋がやってきた。
浅い鍋には既に煮込んであるどじょう。

「既に煮込んでいますので、こちらのネギをお好みでいれて食べてください。」

刻んだねぎがよこにわさわさ盛ってあるので、どわっと鍋の上に落とす。
これで、小皿に装って七味や山椒をかけて食べる。
どじょうの臭みは全くなくて食べやすいぞ・・・ねぎがうまいね~。これねぎたっぷりいれないと。
炭だから鍋のダシがなくなってくるんだけど、割り下で調整できるのね。

駒形どぜう御飯にもあいますなあ。酒が呑めないのが辛い。

定食の中にはどぜう汁もある。
とろみのある味噌、甘味があって美味しいぞ。
これもたっぷりのねぎと七味でいただく。

関西にはない味と雰囲気が良かったですな~
次来るときは、こだわりの酒を楽しんでみたいもんだ。

駒形どぜう■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:駒形どぜう
場所:東京都台東区駒形1-7-12
電話:03-3842-4001
営業:11:00~21:00

by nonbe-cclass | 2008-03-18 23:47 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(2) | Comments(0)