<   2007年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

会社の納会

毎年、仕事納めには会議室で納会が催される。

nokai3.jpg納会には、寿司や菓子類がテーブルに並べられるんだけど、
差し入れやら何やかやで酒の量多くない?
缶ビールは分かるんだけど、焼酎にワイン、日本酒、泡盛まであるじゃないか。

中でも、泡盛「どなん」だし・・・
「どなん」は与那国島の泡盛なんだけど、60度ときた。
というか、与那国島は、日本で唯一アルコール60度の酒を製造・販売できる島なのよね。
社長が「はい、飲める人」と言いながらC級呑兵衛に紙コップを手渡す。
一口飲むだけで、ぼはあ~・・・食道が猛烈に熱くなる。美味いけどきついね~

nokai2.jpg納会のもう一つの名物と言えば「社長のおでん」だ。
仕事納めの日、夕方くらいから「ん?何かいいにおいするな。」
そ、社長が会社でお手製のおでんに腕を振るうのだ。

毎年のことなんだけど、実はこれまでこのおでんを食べたことがない。
いや、嫌でじゃなくて納会に間に合わなかったり、タイミングを逃したりしてありつけてないわけ。

・・・で、「今年は食べるぞ」と予めおでんセッティングポジションを確認しておくことにした。

「おっと」

蓋を開けてびっくり。そんなてんこ盛りに炊いてたのね。
上の方がじゃがいもやウインナーで塞がれていたので、おでんというよりポトフみたいだったね。

蓋を開けているところを社長に見つかってしまい、すぐメイン会場に運び込まれてしまった。
ま、そこは運び込まれたテーブルにスタンバるC級呑兵衛。

目を離した隙に、ワーッとおでんが次々と出ていく。おいおい、そんなにすぐになくなるのかよ・・・
スジやきんちゃく、大根、こんにゃくなどが下の方にあって、よくしゅんでそうだったので、ここらあたりをいただくことにした。
大根、ようしゅんどる~甘めなんだけど後を引かないダシがグー。今回は、しっかり食べたぞ。

ここのところ、忘年会&飲み会が連日だったこともあり、呑みすぎない程度にとどめ、一足早く家に帰ることにした。

by nonbe-cclass | 2007-12-28 23:48 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

豊中の居酒屋「六甲」

いい店を見つけた。

イニシャルI氏と「うめや」で呑んだ後、どう考えても家に帰るわけにはいかない。もう一軒、一人で呑もうと店を考えた。
冒険して、どこか適当に途中下車してみようかな。

・・・梅田から普通電車で宝塚線を北上しながら、どこで降りようかと考えた。庄内でもいいし服部でも構いやしない・・・
で、結果的に豊中で降りることにした。

豊中一番街商店街を中心に本町界隈をぶらついてみる。
どうなんだろうね、この時期までくるともう忘年会も落ち着いた頃かしら。
でも、外を歩いている人よりも、飲んで盛り上がる店内が目立つなあ。

メイン通りを外れコネコネ歩いていると、2軒居酒屋が連なる前を通り過ぎる。
1軒は年季の入ったおっさん好みの居酒屋、一方はまだ新しそうで、外から丸見えでかなり客が入っている模様。
一旦は通り過ぎたが・・・やっぱりここかな、と暖簾をくぐったのがその前者、居酒屋「六甲」だ。

e0173645_11122820.jpg

「いらっしゃい」とキレのいい大将の声で気が引き締まる。

奥の座敷では宴会をしているようだが、入口のカウンターには影響しない。
客はC級呑兵衛1人、静かな時間が期待できる。

熱燗とおでんをもらう。
大根がめちゃくちゃダシがしゅんでて思わず頬がゆるむ。
奥から熱燗をもったおかあさんが出てきて、一杯ついでもらう。

e0173645_11130415.jpg

大将は多くを語らず、時に口を開く。
「今、帰りか?」

こうして文字にすると、とてもぶっきらぼうな感じがするかもしれないが、
ぶっきらぼうだ。でもね、無愛想とは意味が違う。

実は途中下車をして偶然に店を見つけて入ったことを伝えると、
「そうか。」とだけ答えて、また沈黙が続く。

・・・少しして、「鮑の肝食えるか?」と唐突に聞かれ、あまり口にすることもないなあと思いながら「は、はい。」とたどたどしく答える。

「さっき宴会で出して肝おいといたから」と、そっと小鉢で出してくれる。
さっとポン酢で口に運ぶ。苦味が殆どなく滑らかな食感が酒をあおる。

この後更には「海鼠いけるか?」と聞かれるので「好きですね。」と答えると、「よっしゃ」と一言、ねぎともみじおろしを添えて出してくれた。
美味い。日本酒が好きでよかったと思う瞬間だ。

e0173645_11140084.jpg

酒をおかわりしながら、惣菜が気になっていたから、

「すみません、お野菜食べたいんですが。」
「よっしゃ。」と次々と小鉢が並ぶ。おひたしに甘辛煮、「じゃがいも食えるか?」と言われ、ポテトサラダもやってきた。
どれもホッとする味わい。1人チビチビやりながら、向こうの壁をボーッと見つめる。

e0173645_11141672.jpg

大将の頭上には黒板に書かれた「今日のおすすめ」。
「今日のオススメはどれですか?」と尋ねたところ、
「それはあんたしか分からん。食べたいものを言うたらええ。」

突き放すような一言だったが、蛸の文字があったので「蛸好きなんですよね~」とだけ答えると、
「よっしゃ、ほしたら後は任しとけ。これ活だこや」と言うが早いか、さっと塩茹でだ。

アツアツの蛸がやってきた。

e0173645_11143326.jpg

一噛みすると、中はとても半生の如く柔らかく、噛めば噛むほど素材の旨さがどんどんと引き出される。
たこ王として幸せですな。

昭和45年から営業しているそうだ。
隣りは3年ほど前に出来たそうで、グループメンバーでの飲みには強い店だそうだが、この店との客層は異なるようだね。

e0173645_11145305.jpg

そうした店の話を少しして、そろそろ店を出ることにした。

「今日はあんたの名前を聞かねーよ。」

「今日は僕も言わんときますわ。次の機会、ですよね。」

「そや、またおいで。」

酒と料理と人に気分良くなっちゃった。
大将とおかあさんに御礼を言って店をでた。

きっと、また訪れる店の一つだな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:六甲
場所:豊中市本町1-13-6
時間:17:00~22:00 日祝休
電話:06-6849-2364

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2007-12-27 23:42 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

梅田の居酒屋「うめや」

イニシャルI氏と軽く呑もうと待ち合わせ、梅田にやってきた。
待ち合わせ場所を確認すると、「あの食堂街のカレーうどんのとこ。」

店の名前は分からなかったようだが、C級呑兵衛はすかさず「あ、うめやね。」
新梅田食堂街の立ち呑み「うめや」だ。
ややこしいんだけど、「立ち呑み」と「カレーうどん」の店だ。

C級呑兵衛の立ち位置だからややこしいだけで、基本カレーうどんの店で夜は居酒屋って感じなんだよね。
C級呑兵衛は夜しか知らないから

うめやうめやイニシャルI氏はのっけから、そのカレーうどん(500円)を注文。
C級呑兵衛は、その間、たこぶつ(300円)としめさば(300円)あたりをいただくかな。

カレーを少しもらったけど、
家庭の味というのか日本のカレーというのか、懐かしい感じがする甘めのよくダシのきいた一品だ。

豚キムチ(300円)を追加で注文しながらも、ビールが進む。

「あれ?」
イニシャルI氏と呑むときはいつもハシゴするんだけど、今日はジョッキ3杯目で、イニシャルI氏の顔が真っ赤で挙動不審だ。
イニシャルI氏自身も不思議なようだ。
珍しいこともあるもんだと思っていたんだけど、これ以上は厳しいと思い、店を出るとそのまま阪急梅田駅で分かれた。

呑む前にうどんをすすりすぎじゃない?
しかもとろみのあるカレーだったし・・・


うめや■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うめや
場所:大阪市北区角田町9-17 新梅田食堂街内
電話:06-6312-3361
営業:11:30~14:00、17:00~23:00(土日16:30~22:30)

by nonbe-cclass | 2007-12-26 23:55 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

釜たけうどんでコナモン博覧会打ち上げ

25日に大阪コナモン博覧会が終了した。
それを受けて急遽、打ち上げが「釜たけうどん」で催されることになった。

uchiage3.jpguchiage2.jpg「釜たけうどん」へやってくると、目の前にはカニが広がる。
そして、次々に関係者が集まってくる。
釜たけうどんの他に「龍旗信」「芋蛸」「くくる」「赤鬼」等の経営者、経済産業省、生産者などバラエティに富んで、かつ、凄い面々だわさ。

カニは焼いて炊いてと美味しくいただいたが、参加者からの差し入れもすごいことになってきた。
「あっ、美味い。」
そ、山芋がコロコロと入って食感が最高、「芋蛸」のたこ焼きも食べることが出来たぞ。

uchiage4.jpguchiage6.jpgテーブルの周りにみんないるんだけど、なかなか気を遣ってか鍋に手をつけない。
あー鍋がふいてるよー

そんなところに、「このまま生でも食べられるよ」と出てきたのが鴨。
鍋に次々と入って、頃合のところで皆に振舞われる。
C級呑兵衛は「いや、あ、あのその鍋に入れる前の状態で食べたい・・あ、ちょ、ちょっと待って」と一人、ロボットダンス状態で皆の間をくぐり抜けながら、生の鴨に箸を伸ばす。

んー、全く臭みなんてないし、ねっとりとした舌触りなんだけどあっさりしていて、噛むほどに味わいが出てくる。こりゃあ、酒が進むわ。
そ、酒は酒で凄いんだよね。
「浪花正宗」の大吟醸あるんだもの、全国新酒鑑評会で金賞受賞歴9回ときた。

顔だけ出してすぐ帰る予定が、片付けるまでいちゃった。
店出るときは完全にロボットもネジがとんで壊れてたね。

by nonbe-cclass | 2007-12-25 23:47 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

石橋の蕎麦「権八」

「軽く蕎麦でも食べてから買物に出かけるか。」
とC級呑兵衛ファミリーがやってきた店は、石橋の蕎麦「権八」だ。
石橋在住の人はすっかりおなじみだね。
メイン通りから微妙に外れた路地に店がある。

広くない店内とはいえ、そこそこに客が入っているのにとても静か。
テーブル席について、巻物を・・・
え?ドロンするわけじゃないよ。お品書きが巻物になってるからね。
天ぷら食べたいし、天ざる(1300円)にするか。
e0173645_151676.jpg

注文してから、ふとテーブルに目をやると妙に小さい鍋が・・・鍋蓋を開けると・・あっ七味ね。
e0173645_15162425.jpg

そんな暇つぶしを地味にやりながら暫く待っていると、まずは蕎麦がやってきた。
その後を追って天ぷら盛り合わせが運ばれてくる。
e0173645_15163449.jpg

蕎麦は少し歯ごたえが柔らかいものの、香ばしいつけ汁と合う。
天ぷらも軽い衣がサクッと心地いい。
e0173645_1516424.jpg

少し肴もあったので、次に来るときは蕎麦が出てくるまでに酒でも呑んでみるか。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:権八
場所:池田市石橋1丁目8-15
電話:072-762-3585
営業:11:00~19:30 水休
e0173645_15165745.jpg

by nonbe-cclass | 2007-12-24 23:30 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(2)  

博多中州のうどん「かろのうろん」

「うまいうどんが食えるらしいんですよ。」

そこまではいいんだけど、店の名前になるとどうも聞きとりにくい。
最初、何を言ってるのかよく分からなかったんだよね。
「え?何て?はっきり言ってくれよ」と思いながら、連れてこられて「あーなるほど」と思った。

博多うどんが味わえる「かろのうろん」だ。

店の外観写真を見てもらったら分かると思うんだけど、角地にあるうどん屋なわけ。
そ、「かどのうどん」の「ど」が博多弁では「ろ」になることから、こういう表現になるのね。

博多といえばラーメンばかりに気を取られがちだが、麺や饅頭などは九州が発祥と言われるほどだ。
博多うどんもその一つで、関西と同じように昆布だしのあっさりした味わいに、やわらかな麺が特徴。
トッピングに練り物や天ぷらがのるところもご当地ならでは。

かろのうろんかろのうろんC級呑兵衛は、店の方おすすめのごぼう天うろん(470円)にしてみた。
イニシャルM氏が丸天うろん(470円)、イニシャルN氏がからし明太子うろん(750円)を注文したんだけど、からし明太子そのままシンプルに麺にのってやってきたねえ。

ごぼう天は器一面のかき揚げがのってやってきた。
とりあえず、ネギは入れ放題なのでたっぷり入れて、まずはダシをすすってみる。
あっ美味い!昆布の味がしっかりでてるなあ。
あっさりはしてるんだけど、深みがあるね。ここにサクサクのかき揚げなんだけど、凄く相性がいい。これははまるわ。

麺も柔らかいとは聞かされていたものの、茹麺みたいなふにゃふにゃじゃないぞ。
弾力のあるもちもちっとした食感がグー。

かろのうろん■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:かろのうろん
場所:福岡市博多区上川端町2-1
電話:092-291-6465
営業:11:00~19:00 火休

by nonbe-cclass | 2007-12-23 23:43 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

上本町の鉄板焼き「うえの」

焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえのブログの更新が遅れてるね。忘年会が続いて続いて・・・
絶好調だわ

さて、今回は「酒を呑んだ~」というよりも「美味いもんを食べた~」というお店を紹介しようかな。
上本町にある鉄板焼きの店「うえの」だ。

まずは、チャンジャやっこに牛生レバー。まあ、これだけでビールどんなけ呑めるよ。チャンジャうめ~。レバーも甘いや。

焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの蛸の柔らかさと旨みが最高の生たこのぷりぷり焼きとうえの風だし巻き玉子。
このだし巻き、玉子のふわっとした柔らかさに中に、あれ何だったっけ?
牛スジだったかな・・
あのね、この後飲みすぎて忘れちゃったんだけど、中の甘さと食感が格別だったんだよね。
これオススメ。

焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの






ホルモンキムチに生牡蠣の鉄板焼き。牡蠣は幾らでも食べれるよなあ。ホクホクの牡蠣にネギが合うよなあ。

焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの特選和牛タタキにしてもコロコロステーキにしても、これがまた柔らかいんだ。
コロコロステーキのこの柔らかさはナンだ?

いやいや、でも肉という意味では山形産三軒豚香草焼きも味わいある逸品。
柔らかいだけじゃなくて、噛むほどにジワッとジューシーさが口の中に広がる。
・・・さっきから、出てくるもの全てが美味いんだよなあ。

うえの焼きはヘルシーでかつ美味いのでオススメ。豆腐が下地のお好み焼きなわけ。
ソースと豆腐って合うもんですなあ~

焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの焼き焼き料理 うえの






焼き焼きホルモンうどん、ピッザお好み、トマトンペイに山芋チーズ焼き・・・創作メニューが次々と登場。あ、ピッザお好み美味い。

次々と現れるコナモンの合間には、キムチ盛り合わせ。
もうねえ、焼酎を呑む手が止まらなくなって、後半は若干ネジが外れましたな。

焼き焼き料理 うえの■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:焼き焼き料理 うえの
場所:大阪市天王寺区上本町5-2-4
電話:06-6761-7201
営業:17:00~25:00 月休

by nonbe-cclass | 2007-12-22 23:11 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(4)  

福岡天神のホルモン「みすみ」

イニシャルS氏が曰く「結構うまいよ。」

そう言って連れてこられたところがホルモンの「みすみ」だ。
九州出張では、もれなく美味い店に連れて行ってもらえるのね。
今回は、イニシャルS氏の他にイニシャルO氏、イニシャルM氏の4人だ。

みすみ繁華街から少し離れて、「確かここら辺を曲がるんだけど・・・」とあやふやな記憶を頼りにイニシャルS氏が足を進める。
「あ、ここだ」とその曲がり角、その少し向こうに見えた明かりがそうだと直感的に感じる。

10人も座れるかなあというL字カウンターだけの小さな店だ。
でも、C級呑兵衛が生まれる前から営業してるベテラン選手だ。

カウンターの2箇所で串もつが煮込まれている。
串もつは1串160円だ。白味噌ベースのだしで煮込んでいる。
メニューはこれだけ

みすみみすみ最初に皿に3本入れて渡してくれるが、それから先はセルフだ。
浅い鍋で煮込んでいる中、客側に串を向けられている側の串もつを自分のペースで取っていく。

別にきざみねぎが器に盛られテーブルに置かれる。
串もつにこのねぎと七味をかけて頬張る。
見た目、もっとこってりしてるかと思ったんだけど、あっさりといける。
串食べた後の残ったダシが飲めちゃうもの。おでんと同じ感覚だね。

はじめビールにしてたんだけど、日本酒が欲しくなった。
久留米の酒「冨の寿」のとっくりが味があっていいねえ。チビチビやりながら、串をすすめる。
酒飲みご用達の店ですな。

みすみ■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:みすみ
場所:福岡市中央区春吉3-24-21
電話:092-731-4779
営業:17:00~22:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2007-12-21 23:16 | ・居酒屋めぐり(その他) | Trackback | Comments(0)  

八幡から博多へ

20日・21日は九州に出張だ。
新幹線で小倉まで行き、在来線に乗り換え八幡まで向かう。

ま、八幡の仕事を終えて博多へ出るんだけど、距離が微妙なんだよなあ。鈍行で行くと結構かかるしなあ。

とりあえず小倉まで一旦戻って、みどりの窓口へ行ってみる。
すると、「新幹線ですか?特急ですか?」という返りがあったので、やっぱり特急に乗るレベルなんだよね。
時間的・料金的にも新幹線の方が得みたいなことは言われたんだけど、特急があるならそれにするかな。

さっきから何度か目にしてるんだけど、あの青いソニック格好いいよなあ。あれ乗りたいなあ・・・
でも、時間的になくって結局、有明に乗ることになった。

指定席って言うと、「グリーン車と1両指定席があるんですが、それ以外の車両は自由席開放なっていますので。」
ふ~ん、と思いながらホームに上がる。

すると、しぶい色の有明が止まっていた。重厚なデザインだし・・・
e0173645_15381669.jpg

普通の座席車両もあったんだけど、「あれ?これも自由席じゃん」と入った車両は、半個室みたいだった。
4人掛けのクロスシートをガラスで仕切っている。
クロスシートの間には木製のテーブルがあり、照明までついている。
へー、凄いなあ。
e0173645_15382473.jpg

それにしても、九州のJRは斬新なデザインの列車ばかりだね。
なんか、おもちゃをみてるみたい。
ちょっと紹介しとこうかな。

写真は、ソニックと白いソニック。未来感覚ですなあ。
e0173645_15385510.jpg
e0173645_1539118.jpg

これは、知ってる人も多いかな、ゆふいんの森だ。
このゆふいんの森もいくつか種類があって、車両も全然違うのね。
e0173645_15392780.jpg

鮮やかな色んな色の列車が次々と入れ替わり立ちかわりやってくる。
遊園地にきた感じだね、駅全体が明るい感じだ。

by nonbe-cclass | 2007-12-20 23:50 | ・鉄道 | Trackback | Comments(2)  

生活病検診にて

もう1年経つかあ。
会社の健康診断とは別に、去年から誕生月に生活病検診があるのね。
身長・体重などの身体測定の他に、胃検診などもあるわけ。

誕生月の検診ね・・・
いいんだけど、普段から酒をたしなんでいるとは言え、1年の間でも最も摂取量が多いわけ。
今回もさあ、検診の前後で忘年会炸裂だよ。

それにしても体重増えてきたよなあ~身長は微妙なラインで縮んでるし。
メタボリックシンドロームまっしぐらかしら。

え?そんなに呑み食いしてりゃ当然だって?

一通り検査を終えて、
受付で「はい、これで全て終了しましたのでお帰りいただいて結構です。」と言われたので、帰り支度をしてエレベータに向かう。

・・・すると、受付の女性がツカツカとC級呑兵衛のところにやってきた。
手続きの不備でもあったかなと思いきや、いきなり、

「ブログいつも見てます。」

一瞬、緑のスリッパで後ろから頭をはたかれたようなシャープな衝撃が走る。
状況が飲み込めなくて、微妙なリアクションをしてしまった。

このブログをよく見てもらっているようで、C級呑兵衛ってブログのところで顔出してるでしょ、で、検診に来たC級呑兵衛をみて「ひょっとして!声かけよ」と思ったそうな。
そうですよ~本物のC級呑兵衛ですよお。

昔、ケーブルテレビのレギュラー番組で博士役をやってた時は、「博士!みてますよ」なんて言われたこともあったけど、このブログを始めてから、こうした形で声をかけられたというのは初めてじゃないかな。

その人、このブログをみたら「キャー記事になってる!」なんてことになるんだろうね。
しっかりと書かせていただきましたよ。是非、コメントなりメールなりしてね(笑)

これだけ阪急電鉄のカラーにふさわしくない暴走ブログなのに、ありがたいものですな。
というのと、悪いことは出来ませんな(笑)

by nonbe-cclass | 2007-12-19 23:34 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)