<   2007年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

渋谷の居酒屋「やまがた」

仕事帰り、渋谷で呑んで帰ることにした。

お洒落な渋谷で、コッテコテの居酒屋を見つけたので、早速入ってみることに。
黄色い看板が妙に目立つ「やまがた」だ。
店内のこの年季と客層が素晴らしい。やーサラリーマンというか、おっさん達のオアシスだね。

e0173645_11342823.jpg

とりあえずの生ビールをぐびっとやりながら、豊富なメニューに悩む。
旬のもので、さんま刺し(500円)にするか。
あとは・・・と、「たこ酢」ならぬ「いか酢」ねー、よし、じゃあこのいか酢(500円)もいただくことにしよう。

先にいか酢が運ばれてきた。酢の物なんだけど、あまり酸味がなくてあっさり。
イカ柔らかいなあ。この食感グー。

e0173645_11344566.jpg

一人でブツブツ言ってる間にビールが空いてしまったので、日本酒にかえる。
古澤酒造の生酒「天風」だ。
口当たりがやさしい呑みやすい酒だね。

e0173645_11354612.jpg

さんま刺しがやってきた。お頭つきでいらっしゃいませ。
甘くて脂がのってるね~美味い。日本酒が合う。

e0173645_11351106.jpg

店名が「やまがた」だから山形と関係あるのかなと思うでしょ?
関係はあるみたいよ。
だって、さっきの日本酒が山形のお酒だし、メニューに目をやると山形名物として、いも煮(650円)、玉こんにゃく(400円)、イナゴ(450円)、青菜漬(450円)などもあるぞ。

雑然とした中で一人放ったらかし。これがいい。
自由な時間を過ごすことができた。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:やまがた
場所:東京都渋谷区道玄坂1-6-5 萩ビル1階
電話:03-3464-8877
営業:16:00~24:00

by nonbe-cclass | 2007-10-24 23:11 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

粉もんパークで食べ比べ

10月20日・21日に大阪コナモン博覧会のアトラクションの一つ、粉もんパークが湊町リバープレイスで開催されたので足を運んだ。

粉もんパーク粉もんパーク会場には大阪屈強の粉もんの名店に加え、全国の名物粉もんの店舗も参加し合わせて15店舗。
来場者がどれが気に入ったかを投票するという食べ比べイベントだ。
いや~完売で間に合わなかった1店は除いて全店食べ比べたぞ。

お好み焼きもあればたこ焼きもあるし、同じたこ焼きでもコンセプトがそれぞれに違うから、競い合いって難しいと思うのね。
粉もんパーク粉もんパーク店にとっても「そういった競争は・・・」と思うかもしれないのに、ミナミを盛り上げるためにこれだけの人たちが立ち上がったんだなあ、と今さらながらに思うね。

それにしても、1店1店食べていくと、それぞれにやっぱり個性があるよなあ。
蛸が大きい、生地がふわふわ、新たな挑戦、昔ながらの味・・・面白いなあ。
あ、要所要所でビールね。

粉もんパーク粉もんパーク他県からの参戦は、多治見のピリッと辛い多治見焼き、キャベツたっぷりの浜松餃子、目玉焼きが魅力の横手焼きそば・・・
いやあ、初めて食べるのばっかりだから楽しいね。
こんな全国ご当地グルメイベントなら何度でも参加したいや。

食べ過ぎて、晩御飯ビミョーだったけどね。

by nonbe-cclass | 2007-10-22 23:36 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

石橋の四川料理「長光」

この通りも早く全店舗走破したいところですなあ。
え?あ、石橋駅西口出てスグ横にある細い路地、提灯通りのことね。

「え~これは中華の店なんかなあ・・・いやあ、やっぱり居酒屋かなあ。」
通るたびに気にはなっていたんだけど、今回、C級呑兵衛ファミリーで出かけてみることにした。

四川酒家「長光」だ。

勝手な思い込みなんだけど、中華料理の店と言えば4人掛けテーブル席が並ぶ店内をイメージしちゃうんだけど、
この店は入るとカウンターで、奥に座敷がある。ん~居酒屋な感じ。

カウンターに腰を掛けメニューに目をやる。
ほー、ここのオリジナルはリンゴ餃子かあ。

まず、ビールのアテにクラゲの冷菜(900円)を頼むかな。
酢の酸味が強くなく、あっさりといただける一品。
酒飲みにこのクラゲの食感はたまりませんな。ビールがすすむ。
e0173645_17211360.jpg

リンゴ餃子(冒頭写真:500円。写真は3人用に用意してもらったもの)は、中にリンゴのスライスが入っていて、サクサクした食感とうっすらと感じる甘味が餃子の味を引き立てている。
リンゴもさることながら、あんを包む皮・・・いや生地が美味しいのよね。パイをイメージしてもらうほうがいいかな。
e0173645_17212745.jpg

揚げてあるから、サクッでもってもちっとした感じ。上から甘酢風味のあんかけがかかる。メディアでも結構取り上げているみたいね。
餃子のイメージとは少し違うけど、大きなこの餃子を是非頬張ってほしい。

もう一つのオススメがアオリイカの青じそ炒め(800円)。
このアオリイカがとにかく柔らかいんだから。「え?これイカ?」と思うくらい。ここに大葉の風味がいいアクセントになっているぞ。
e0173645_17224815.jpg

回鍋肉(980円)にレタス入りチャーハン(700円)。
チャーハンは他にも種類があったんだけど、シンプルなのをチョイス。炒めたレタスははんなりしてるけど、噛めばシャキシャキとあっさり風味。Jr.も大喜び。
e0173645_1723136.jpg
e0173645_17232368.jpg

四川料理なんだけど、辛くないから子供達も大丈夫だ。
Jr.は他の料理もきれいに残さず食べていた。店によっては「お前何様?」くらい何も食べないときあるからね。

ただ折角の四川、ここは辛いものも・・・ということで、陳麻婆豆腐(800円)を注文。豆板醤・山椒・辣椒麺を使っているんだって。
e0173645_17235676.jpg

これがね~美味しいの。辛いんだけど味わいあるんだよなあ。
まず、辛いと言っても「オ見舞イシテヤリマショカ」みたいな暴力的な辛さではないぞ。
食べるたびに口の中が充実する感じだ。味に深みがあるというのかな。これはオススメ。

いやあ、味わいのひととき・・・何か得した気分で店を後にした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四川酒家 長光
場所:池田市石橋1-2-18
電話:072-761-4888
営業:17:00~23:00 火休
e0173645_1724491.jpg

by nonbe-cclass | 2007-10-21 23:53 | ・阪急石橋 中華 | Trackback | Comments(0)  

石橋の中華料理「長光」

この通りも早く全店網羅したいよなあ~
え?あ、石橋駅西口スグ横の細い提灯通りのことね。

今回は、「ん~これは本当に中華料理店なのかなあ、それとも居酒屋?」と以前から気になっていた店に家族で出かけてみることにした。

四川酒家「長光」だ。

勝手な思い込みなんだけど、
中華料理の店と言えば、何故か4人掛けテーブルのイメージがあってね~
でも、ここは、入って数名座れるカウンターがあって、奥に座敷がある。形式は居酒屋だよなあ。

ま、それはいいとしてカウンターに腰をかけメニューを見る。
へー、ここのオリジナルはリンゴ餃子なんだ。

冒頭の写真がそう。
リンゴ餃子(500円:写真は3人用に用意をしてもらったもの)といっても、大きしイメージしている餃子とは随分と違うぞ~
確かに中にリンゴが入っていて歯ざわりはいいんだけど、この皮というか生地が美味いんだよな。パイをイメージした方が近いかな。
揚げてあるから、サクッでもってちょっとモチッとしたのが絶妙。これに甘酢風味のあんかけがトロ~。
確かにこのリンゴ餃子はオススメだね。ここに来て分かったけど、結構メディアも取り上げてるみたいね。

四川酒家 長光四川酒家 長光ちょっとビールのアテにでもと、最初にクラゲの冷菜(900円)を頼む。
酢の酸味があまり気にならない柔らかいお味。クラゲの食感が酒飲みにはたまりませんな。

次に、アオリイカの青じそ炒め(800円)。これオススメ。
「え?イカ?」と思うくらい、とっても柔らかい。
青じそがいいアクセントになってるわ。

四川酒家 長光四川酒家 長光そして、ご存知回鍋肉(ホイコーロー:980円)に、レタス入りチャーハン(700円)。
チャーハンは他にも種類があったけど、このシンプルさが良かった。
レタスは炒めてはんなりしてるんだけど、シャキシャキとした歯ごたえは残して食欲をそそる。

Jr.がどの料理もすぐに平らげてしまった。
これ実はポイントで、店によっては殆ど料理に手をつけない「お前はいったい何様のつもりだ」バージョンもある中で、チャーハンあたりはがっついてたね。
そ、四川料理だから辛いイメージあるけど、子供達も大丈夫。

四川酒家 長光しか~し、大人としてはやはり辛いものも食べたいところ。
陳麻婆豆腐(800円)だ。四川料理の代表格だね。

豆板醤に山椒、そして辣椒麺を使っているとのことなんだけど、確かに辛い。辛いんだけど、ウマミたっぷりなんだよね。
辛さも「オ見舞イシテヤリマショカ」的な暴力的辛さじゃないから安心して。
食べるほどに口の中が凄く充実する感じ。味わい深い。

家族みんなが満足したひとときだったね。是非!

四川酒家 長光■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四川酒家 長光
場所:池田市石橋1-2-18
電話:072-761-4888
営業:17:00~23:00 火休

by nonbe-cclass | 2007-10-20 23:57 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

のせでんレールウェイフェスティバル

今回遊びに来るのが2回目なんだけど、
のせでん平野駅横の車庫で開催された「のせでんレールウェイフェスティバル」

以前にも書いたと思うんだけど、手作り感覚満載のイベントだ。
前回来た時と内容も違っていて楽しめそうだ。
敷地内にはゲームや飲食のコーナーが出ている。Jr.好みの表示幕・信号・踏切の操作体験もあったなあ。
e0173645_12413824.jpg
e0173645_12414986.jpg

敷地内の真ん中で、なにやらモクモクと煙がでてるなあと思って近寄ってみると、あー餅をついてるんだ。
ここで薪炊いて蒸すところからやってるんだ。
e0173645_12423123.jpg

つきたての餅をきな粉の入った紙コップにいれて、無料配布だ。
子供によっては、餅をつかせてもらってたみたいだね。

あまり事前に内容を見ずに来ちゃったんだけど、
イベント列車というのがあって、ここから貸切列車にのって川西能勢口や日生中央に行けるようだ。
かなり並んで待ったけど、何とか乗ることができた。
e0173645_12431771.jpg
車庫から平野駅へは関係者が移動する道筋でホームへと向かう。
たまたま一番前の車両に乗ったんだけど、この列車の写真を撮ろうと多くの人たちがシャッターを切ってる。

・・・ホームに途中から赤い絨毯が敷かれた。何やらセレモニーがあるようですな。
そこに登場したのが、木村裕子というアイドルだ。

全然知らなかったんだけど、鉄道アイドルなんだって。というか、そういうアイドルというのがあるんだ。
なるほど、同じカメラ持ってても、何であさっての方向に向いてるのか不思議だったんだよなあ。そうかあ、彼女狙いかあ。
彼女の出発進行の合図で、イベント列車が動き出した。
e0173645_12433732.jpg

笑ってしまったのが、のせでんでは御馴染みの鉄橋「猪名川橋梁」
車掌がいつもと同じような口調で、これから先のルートや時間を説明したかと思えば、
「今日は特別に猪名川橋梁を時速10kmで走行いたします。」
e0173645_12435953.jpg
で、橋に列車がかかったかと思えば、いきなり、
「ご覧下さい、この素晴らしい景色を!」・・・ま、皆「いっつもみてるよ」みたいな感じで、笑いが出た後に、
「素晴らしい景色にヤッホーを」と、車掌の「ヤッホー」の合図で乗客も一斉に「ヤッホー」ときた。
ほのぼのした感じが、のせでんらしくていいですな。

by nonbe-cclass | 2007-10-20 23:57 | ・鉄道 | Trackback | Comments(0)  

土佐堀の居酒屋「心」

会社の歓送迎会で、雨の中、会場へと向かう。
会社からはほどなく、土佐堀川そばの和創作料理「心(SHIN)」だ。

飲食店が並んでいるようなところではないんだけど、このあたりはいい感じの店がちらほらとあるエリアなのよね。
この「心」もポツンとある感じで、大きな黒看板に「心」の文字が照明で浮き上がっていた。

心心店のカウンター上には焼酎や日本酒が色々と並んでいたので眺めていたんだけど
・・・あ、そうか、コース料理で飲み放題か。

こうしたコース料理では、あまりがっつり食べない方で、どちらかというと呑む方に力を入れている。
・・・が、出だしに鶏のスモークからきたから酒がすすんでしまう。

他には、これ美味しかったんだけどジャガイモ揚げたやつ。
コロコロと切られたものがカラッと揚がってるんだけど、外は香ばしいんだけど、中がホクホク。
だし巻きは、上からたっぷりのあんかけ。どれも、一手間かかってるね。

心心海老マヨに・・・・
ん?これ牛タンかな?また分厚く切ってあるね~こりゃ食べ応えあるわ。

C級呑兵衛のいる部署は女性が多いんだけど、これがつわものの酒豪揃いときた。
割合が多いんじゃなくて全員だから。

心今回、新しく一緒に仕事をすることになった女性が、はじめてあまり飲めないということがわかった。
いや呑まない人大歓迎よ。
呑んで断ち悪い人の方が大変だから。

え?・・・ま、今そうした人がいるのかいないのかは別にして。


心■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:うまいもんや 心(SHIN)
場所:大阪市西区土佐堀2-3-23
電話:06-6441-8589
営業:11:30~13:30、17:30~23:00
土日は17:30~22:00 第3日祝休

by nonbe-cclass | 2007-10-19 23:23 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

堂島のダイニングバー「みつい村田」

おやおや~ちょっといい感じの店じゃない?

イニシャルS氏と呑むことになって、大阪近くまで出て来たんだけど、
探していた店が見つからなくて、他にしようとあたりを見回したところ、妙ちくりんな店構えを発見。

壁面・・・これは瓦だね。
規則的に並んでいるから、じ~っとみていると、何か絵が見えてきそうだ。
でもね、中はちょっとオシャレな感じ。落とし気味の暖色系の照明が格好いい。
さりげないんだけど、枡びっしりの壁。このインテリアデザイン、あの有名な森田恭通氏なんだって。

みつい村田みつい村田料理は外の看板にもあったんだけど、旬の食材を使った家庭料理。
まま、そうは言っても最初はお造り盛り合わせを。あと、サーモンのルイベ。
このルイベがなかなか美味。

店内は静かな時間が流れる感じで、カウンターには女性一人の客もいた。
確かに、他も結構女性が多いな。

みつい村田みつい村田あと、この店は各種アルコールが充実してるのよね。日本酒も焼酎も。
イカの一夜干しを味わいながら、焼酎をぐびっとやる。

お洒落なんだけど家庭料理っていうのがいいですなあ。
いやあ、どの料理も丁寧な感じするし、美味しいしね。
デートスポットとして、よろしんじゃないでしょか。

みつい村田■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:みつい 村田
場所:大阪市北区曽根崎新地2-4-6
電話:06-6442-4180
営業:17:00~24:00(L.O.23:00)日休

by nonbe-cclass | 2007-10-18 23:16 | ・居酒屋めぐり(関西) | Trackback(1) | Comments(0)  

築地の「かんの」

久しぶりに築地にやってきた。
今日は、何を食べる気分だろうなあ・・・天ぷらか海鮮丼あたりかしら。

あまり、時間がとれる環境でもなかったので、今回は恒例の立ち食いに決める。
やっぱり、ラーメンの気分じゃあないんだよなあ・・・海鮮丼にするか。

e0173645_15332688.jpg少し並んでいたが、威勢のいいおかあちゃんの声につられて、ここで待つことにした。
「菅野商店」だ。

うおがしどんぶり(900円)に、シジミ汁(100円)をつけてもらおうかな。
暫くすると、彩り鮮やかな丼が目の前に置かれる。
ウニたっぷりのまぐろ、イクラの3色丼だ。

ラーメンの時はそうでもないんだけど、この丼を立ち食いしていると、通行人が覗き込むようにみるわけ。
「店の看板にウソ偽りはないな。」なんてね。
・・・というよりは、みんな昼ごはんを何にしようか悩んでるときに、何かきっかけがほしいんだろうね。「ここなかなか良くない?」なんて。

立ち食いだと、もれなくその店の広告塔になっちゃうから。
あー、そこの外人さん写真撮らないで~

e0173645_15335799.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:菅野商店
場所:東京都中央区築地4-8-7
電話:03-3546-0300
営業:4:30-14:30

by nonbe-cclass | 2007-10-16 23:51 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

篠山の「味覚フェア楽市楽座」

週末の日曜に篠山に出かける。
毎年、黒枝豆を調達しに出かけてるんだけど、今年は中心地の味覚まつりをうっかりして日を逃してしまった。
しかーし、味覚まつりはそれで終わっていなかった。

味覚フェア楽市楽座味覚フェア楽市楽座篠山、草山温泉でのイベントだ。
あ、丁度、日帰り温泉も楽しめるし、こりゃあ行くしかない。

草山温泉・観音湯駐車場でイベントは繰り広げられる。
各テントでは、篠山の特産などが販売される。
焼き栗が列をなす人気だねえ~まあ、こんがりと網焼きされる栗を見てると口に放り込みたくなるよね。

味覚フェア楽市楽座味覚フェア楽市楽座あと美味しかったのが、もちっとした食感、甘味のあるお米「草山のお米」(草山さとづくり協議会)だ。
ほのぼのと、でも原点に振り返った、まっすぐなコンセプトのお米なのかな。カレーで食べる。

観音湯は、設備も新しい感じ。
内湯には大きな浴場の他に、丸い浴槽で茶褐色の温泉。有馬温泉の「金の湯」みたい。他にサウナや打たせ湯もある。
露天風呂もあって、こちらも丸い浴槽で茶褐色の温泉。
もー、ゆっくり入っちゃったよ。茶褐色の温泉も久々だったしね。

夕方、篠山から国道173号線で池田方面に戻るんだけど、
黒大豆枝豆は少し走って、国道173号線まで出てから、次々に現れる路肩の販売をチョイス。相場は600円~700円。
写真は、小原生産組合のもの。帰って食べたら、粒が大きくてプリプリなんだから。
他にもう一つ立ち寄って、結果3株を車に積み込むことになった。

by nonbe-cclass | 2007-10-15 22:53 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

第13回インターナショナル・ビール・サミットOSAKA

会社で親切な人がいるわけ。
「C級呑兵衛さん、これチラシ持って帰ってきましたから。念のために。」

なに?なに?
「第13回インターナショナル・ビール・サミットOSAKA。」
ほー、世界のビールが楽しめるイベントかあ・・・
確かにC級呑兵衛にとって食いつくネタではあるわね。ただ、足を運べるかどうか・・・

果たして、土曜日の夜、梅田スカイビルへと向かった。

「わっ・・・。」

第13回インターナショナル・ビール・サミットOSAKAものごっつい人だった。イベントは12~14日で、会場を人が埋め尽くす。
会場中央では、踊りや音楽が披露されるステージ、その周辺で世界のビール(20ヶ国)や料理が味わえるブースがある。

お、タイの舞踊が繰り広げられてるぞ。いやあ、やっぱりアジアですなあ。
この周辺の熱気もグー。
去年、ここであったクリスマス時期のイベントもそうだったけど、このイベントの客層は半分が外国人?くらい国際色豊か。
日本でこんな雰囲気が味わえる、しかも酒が呑めて美味いものが食べられるとあっちゃあ、このサミットの親善大使になるしかないね。

第13回インターナショナル・ビール・サミットOSAKA第13回インターナショナル・ビール・サミットOSAKAお、日本からは箕面の地ビールも参戦しとりますなあ~結構、結構。

どこのイベントでもそうだけど、インド料理とタイ料理は人気だねえ~
インド料理はかなりの行列になっていた。そりゃあ、あれだけ目の前でチキンをジュージューされたとあっちゃあ、買って食べた後に手の指をしゃぶる自分を想像してしまうのも無理はない。

ビールだけど、普段飲まないようなやつにしようと選んだのが、「TAYBEH BEER」(タイベビール)。パレスチナのビールだそうな。少し、個性のある感じだけど、グビグビいかせていただいたよ。

ビールという切り口で、その味を楽しむだけじゃなくて、世界の文化や人にに触れ国際交流する、凄くいいコンセプト。

C級呑兵衛は、「インターナショナル・ビール・サミットOSAKA」を応援します。

by nonbe-cclass | 2007-10-14 23:40 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)