<   2007年 08月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

梅田の居酒屋「磯浜」

曽根崎の狭い路地に小さな店がいくつも軒を連ねる中、比較的店の規模が大きく、2階にも座敷をもつ居酒屋がある。

「磯浜」だ。

1階のカウンターに腰をかける。
値段は手頃なんだけど、雰囲気、割烹か寿司屋かって感じ。
定番メニュー以外にも、今日のおすすめメニューが頭上に色々と掲げられている。

造りに太刀魚。
脂がよくのって甘味十分。

磯浜何かちょっとつつきたいな・・・
店のおかあさんが「こちらなんかどうです?焼いてね。」
万願寺とうがらしだ。

大きな唐辛子を軽く焼き目をつけて、サクサクっと切った上に削り節たっぷり。
唐辛子とは言っても辛いもんじゃなくて、どちらかと言えばピーマンだよね。
ん、そうそうこの歯ごたえとほのかな苦味がいいね。ビールがすすむ。

磯浜ちょっと酢のモン食べたいなあ・・・たこ酢をいただこうかな。
大きく切られた蛸が、いい塩梅の柔らかさ。

酢の加減も、酢が勝ちすぎることなく蛸の旨みがよく出ている。

今回は生ビールメインだったけど、この店には地酒が20種類くらいあるから、今度は日本酒にあう料理をいただきながら、チビリとやりたいもんだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:磯浜
場所:大阪市北区曽根崎2-12-19
電話:06-6311-8698

by nonbe-cclass | 2007-08-28 23:37 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(2)  

梅田の焼肉「味門」

幾度と通る道、紫の暖簾に赤提灯がどうしても頭から離れなかった。
ガード下で長年営業している感じの店構えなのよね。

居酒屋の話をしているようだけど、焼肉屋の話。
ガード下というのは、阪急梅田駅のこと。

「味門」(みかど)だ。
昭和の懐かしい香り満載の店内だ。

肉は、ガスコンロで焼くスタイル。

さて、生レバ(580円)からいただくかな。
臭みが全くなく甘い。このかかっている胡麻だれ美味いなあ。
e0173645_1649139.jpg

あと塩もので、たん塩(990円)につらみとはらみ(840円)にするか。
ここのメニューをみると、焼き物一つ一つの下側に括弧書きで、一言コメントがあるんだけど、
たん(話上手に)、つらみ(男前になる)、骨付きウインナー(ワンパクに)・・・ちょっとした茶目っ気もあるぞ。
女性がつらみ食べて男前になるとややこしいけどね。
e0173645_16492725.jpg

e0173645_16504764.jpg

e0173645_16493375.jpg

タレものはバラ(950円)にするか・・・全体的に価格は安めだよね。
ガスコンロでしみじみ焼いてると、家で焼肉やってる感じだね。
e0173645_16513724.jpg

時間が少し早めだったので店内は静かだったけど、頭上で梅田駅を出入りする阪急電車のゴトゴト音が、庶民的な感じを醸し出しグーだった。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:味門
場所:大阪市北区芝田1-7-11
電話:06-6372-9857
営業:17:30~23:00 日祝休
e0173645_16514736.jpg

by nonbe-cclass | 2007-08-26 23:04 | 食べ歩き(焼肉) | Trackback | Comments(0)  

梅田の鉄道模型フェスティバル

以前に比べりゃマシになったかなあ、アグレッシブなラッシュをお見舞いしてくれる朝の準急。

夏の暑い日には、いかにクーラーにあたれるポジションをキープできるかが勝負どころなのだが、意外とオロロロ・・っとあらぬ方向に追いやられ負け戦となることが多いわけ。
そんなけなげな日々を送る中、車内の吊り広告を見て久々に「おっ!すげ。」

「鉄道模型フェスティバル」だ。
阪急梅田駅のジオラマがキャッチなんだもの、そりゃ見ちゃうよ。やーよく出来てるなあ。
「パパも、電車が好きだったんだね。」なんてフレーズがあるんだけど、違う違う「今でも好きだから。」

早速、C級呑兵衛ファミリーは阪急百貨店へ。
どうやら、良妻とJr.は昨日行ってるみたいなのね。
「空いてたからNゲージ運転体験コーナーでだいぶ遊んだよー」なんて。
なんだい、俺がそもそも仕入れた情報なんだぞ。

ま、そうは言ってもJr.はまた行けるとあってノリノリ。
ただ、土曜日だから凄い人だ。Nゲージ運転体験コーナーだって30分待ちだって。
おいおい、それでも並ぶのかよJr.。家にもNゲージあるじゃん・・・。っていうか、昨日も来てんだろ?

悪いが、それには付き合ってられない。並んでいる間に、
梅田駅のジオラマもある、「阪急創立100周年特別企画ゾーン」に行かせてもらうぞ。

「おっ!すげ。」
このゾーン凄かった。

鉄道模型フェスティバル鉄道模型フェスティバル「おー、そうそう昔、池田駅ってこうだったよなー。」
なんて懐かしい写真パネルも良かったが、周辺のショーケースにこれでもかと並べられた阪急電車の模型。
歴代の、そして沿線別に並べられた700両展示って・・・さすがに圧巻。

そして、梅田駅のジオラマね。
写真でみるのもいいんだけど、実際に模型を見てみないとね・・・ちっちぇーなー

鉄道模型フェスティバル鉄道模型フェスティバルま、Nゲージ仕様だから当然のリアクションなんだけど、
それにしてもよく出来てるなあ・・・ぬおー、こっちは西宮北口駅ダイヤモンドクロスバージョンじゃあないかあ!
しかも、800系だよー。いやあ~懐かしい。

表示看板の展示も泣ける。「ポートピア」じゃん。
ホント幼い頃の記憶の引き出しが瞬間的に開けられる感じだね。
実際に、当時自分がこの目でみてきたものだからね。

「あ!」「へ~」「おー、これあったあった」「いやあ懐かしい」・・・

「・・・。」

「あっ、Jr.のこと忘れてた!」

by nonbe-cclass | 2007-08-25 23:02 | 鉄道 | Trackback(1) | Comments(0)  

阿波座の居酒屋「初都」

そのボリュームとネタの良さからランチには良く出かけるわけ。
前に速報ベースだけど、どんぶりを紹介したかな。

阿波座の「初都」だ。
魚介系なので、夜も行ってみたかったところで、ようやくその日が来た。

夜に来ても、昼のイメージと変ってなくてよかった。

この店の何が癒されるって、忙しくするおかあちゃんの背中の赤ちゃん。
昼夜夫婦が働く中、赤ちゃんはずっとおかあちゃんの背中でおとなしくしている。そ、今まで泣いてるの見たこと無いなあ。
またね、この子が目がくりっとしてかわいいのよ。
「ばぁ~」ってすると、ニカーっと笑うし。

「え?C級呑兵衛ってそんなことするんですか?」

「・・・。」

初都初都良く冷えた生ビールを一気に喉に流し込んで、メニューに目を凝らす。
太刀魚の造りか、よく脂がのってる。
ハモ霜焼き(600円)あたりも夏らしくてよろしおすなあ(冒頭写真)。

ん?なんだ?変ったメニューだなあ。

いももち(550円)。北海道直送か・・・
いももちとは北海道の郷土料理で、じゃがいもをゆでてつぶし、片栗粉をまぜて餅の食感のような団子状にしたものだ。
初めて食べたんだけど、分からないから、「ジャガイモの中に餅が入ってるのかよ」と純粋に思ってしまった。この食感と味がたまらない。

初都初都C級呑兵衛としては、ヤリイカ一夜干し(400円)も見逃せない。
色合いのいい柔らかいイカのおかげで、これまた酒を進めてしまうわけだ。

先ほどのいももちではないが、魚貝以外にも居酒屋メニューがリーズナブルに味わえる。
牛ユッケなんてのもあるぞ。鶏は薩摩知覧というこだわりよう。
都度都度内容も変るから楽しみだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:くいしんぼう初都
場所:大阪市西区江之子島1-6-2 奥内第8号ビル1F
電話:06-6443-0206

by nonbe-cclass | 2007-08-24 23:25 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

500系にN700系

300系新幹線で移動する時、これ偶然なんだか分からないけど、一番乗る確立が高いのが意外と300系(写真左)。
主にひかりで活躍する車両なんだろうけど、のぞみでもこれにあたることが多い。
ま、それでも、最近はカモちゃん(700系)の比率が上がってきてるかな。

そんな中、ここ直近ではマイナーだけど、500系(冒頭写真)にのる機会が続く。
別に、これに乗ろうと思って切符をとってるんじゃないんだけどね。

この車両が登場したとき、小さな頃に図鑑で見た「将来の鉄道」をイメージしたね。
イラストで、パイプの中を高速で進むために先頭車両がシュッととがって。

「あーこれから、新幹線ってこういう形になっていくんだなあ。」
って思ってた矢先、カモちゃんタイプになって爆笑したけどね。


「え?次世代はこんなお茶目な新幹線になるの?」なんて。

N700系同じ日、東京からの最終がN700系だった。初乗りですなあ。
向こうのほうから白いヘッドライトがまぶしい。

あ、車内おもったより明るいのね。
新しいからとかじゃなくて、座席シートも鮮やかな水色だし。照明も心なしか明るい気がするけど。

・・・色々チェックしようと思ってたら、いつの間にか爆酔してたみたい。
ま、浜松町で呑んでたし、新幹線でも頭出し缶ビールあおってたから。

by nonbe-cclass | 2007-08-22 23:45 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

新橋の中国ラーメン「揚州商人」

東京出張で、昼を食べようと新橋に出た。
なんかなあ、気分的には麺がいいなあ・・・この暑さだけにがっつりというノリでもないし。

なんとなしに歩いていると、交差点の角に独特の店構えを発見。
「麺は麺なんだけど、この激暑に熱いラーメン耐えられるかなあ・・・」
そう思いながらも、店の2Fから垂れ下がる垂れ幕に大きく書かれた「夏のおすすめトマ玉ラーメン」が気になっていた。

店の一番奥カウンターに案内され、やっぱりトマ玉ラーメン(西紅柿蛋麺)780円に決めた。
あまり劇的にお腹が空いているわけではなかったが、メニューを見ていると餃子も食べたくなった。
「まあ一皿3個ならいけるか」と考えたが、「御飯とセットかあ。ま、食べよ」と注文した。

おっと、ラーメンのボリュームが結構あるじゃあないかあー。
餃子3個はクリアしても御飯がやばいかも・・・

「失礼します餃子です。」
までは良かった。が次の台詞、
「ちょっと失敗しちゃったんで、後ほどお持ちしますので・・・。」

パッと見分かりにくかったんだけど、
恐らく焼いている間に皮が破れちゃったんだろうね。でも、次まで時間がかかるから待たせることなく、先にこれをサービスとして食べてもらって、後でちゃんとしたものを出そうという配慮だろうね。

普通なら「ラッキー」だろうね。ま、半分はそう思ったから。
しかし、餃子が早くも倍か・・・

まま、ボリュームの話はこれくらいにして、
このトマ玉ラーメン、いい感じ。表面にふわふわっとした玉子が敷き詰められ、その間からいくつかのトマトが顔を覗かせている。食感としては、レタスが入っており、このラーメンとの相性がいい。
トムヤンクンじゃないけど、すい辛い、でも後味すっきりというのがいい。トマトを口に放り込んだ時にジュワっとすい味が広がる。
スープに味わいがあって、飲みだすとずっとスープを飲んでしまう。

餃子も美味しくいただいたが、残る白米は、ラーメンを食べた後に残ったスープ、この中に入れてリゾット風にして食べる。これおすすめ。

揚州商人■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:揚州商人 新橋店
場所:東京都港区新橋4-10-1 SB新橋ビル
電話:03-5473-0775
営業:11:00~4:00 無休

by nonbe-cclass | 2007-08-21 23:32 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback(1) | Comments(0)  

難波パークスの「KUA'AINA」

以前、ハワイオアフ島北部の田舎町ハレイワで食べたハンバーガーがバツグンに美味かった。

「KUA'AINA」(クアアイナ)だ。

とにかくミートパティが香ばしくて、それに肉の旨みがジューシーなのよね。
一緒にオアフでクアアイナバーガーを食べたイニシャルT氏もぞっこん惚れ込んだ逸品だ。

このクアアイナバーガー、本場ハワイには2店舗しかないんだけど、何故か日本には10を越える店舗がある。
でもね、大阪には1店舗しかないんだわ。

それがなんばパークス

おすすめは、やっぱりアボガドバーガー
注文してから作るので、テーブルで少し待つわけ。
暫くすると、プレートにのったハンバーガーが登場。大きいからバーガーが分けられて出てくるのね。

ん~やっぱりオリジナルグリルのミートが美味いなあ。
食べ方は色々あるんだろうけど、C級呑兵衛はオーソドックスにこの分けられたバーガーを一つにして、大きいけど一気にかじるね。

クアアイナバーガー■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:KUA'AINA なんばパークス店
場所:大阪市浪速区難波中2-10-70
電話:06-6635-1610
営業:11:00~22:30(L.O.22:00)

by nonbe-cclass | 2007-08-20 23:25 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

ボリショイサーカス

以前、文吾寿司で寿司をつまんでいる時に、大将から「うちは行かんから良かったら」と、ボリショイサーカスのチケットをもらったのね。
開催期日もあることなので、今日、家族で出かけることにした。

今日も暑いね~難波の街が、熱気でゆらゆらしてる。

それにしても「サーカス」という響きが久々だなあ。
サーカスそのものは「キダム」や「アレグリア」などもそうで、人気のエンターテイメントになっているんだけど、昔ながらのサーカスってあまりメディア的にも目にする機会が少なくなった気がする。

ショー開始までに、ステージまで行ってホワイトタイガーや犬達との記念写真がとれる。1枚1000円だけどね。

照明が落ち、いよいよ始まるなと思ったら、生演奏だ。
一瞬、「お、ショーの間生演奏かあ」とか思ったけど、そりゃそうだよね。
タイミングあるし、動物のアトラクションなんかだとテープBGMだとてんやわんやになりそうだ。

客は結構入っていて、歓声が絶えない。
やっぱり見てると、凄いよね~空中ブランコ。
子供達だけじゃなくて大人も楽しめるショーだわ。

by nonbe-cclass | 2007-08-19 23:46 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

伊賀の忍者博物館

白浜に行くのにレンタカーを借りてたわけ。
渋滞なんかで金曜日の夜に返すのが厳しいかも・・・と思ったので、土曜日朝一返すと言ったら、「土曜日丸々使ってもらっても同じ料金です。」

貧乏性だねえ~車があるならどこかへ行こうとなる。
しかも、車でないとなかなか行けないところって・・・運転するのは俺だって。

でね、また恒例の無計画暴走行動だ。
・・・気がつけば、車は近畿道を走っていた。松原JCTを天理方面へ・・・

行先は伊賀だ。
え?何で伊賀かって?

忍者だから。

1時間半もあれば、伊賀上野市街に入り、簡単に忍者博物館に辿り着くことができた。
早速、博物館へ向かう。

わらぶき屋根の建物は、からくり屋敷だ。忍者の格好をしたガイドが、からくりを順番に説明してくれる。

「どなたか体験してみませんか?」
そのガイドの投げかけにC級呑兵衛はJr.にすかさず「行け!」

まさにドリフターズで、壁にもたれてくるっと回転し姿を消す。
これが「どんでん返し」(冒頭写真)というやつですな。
さすがJr.、普段の行いが微妙なだけに、いやにスムーズな身のこなし様だ。

伊賀 忍者博物館もうJr.は興味津々だ。

一通り、からくりを見た後は地下に続く、展示室だ。
忍者の衣装から、色んな種類の手裏剣などが展示されている。

お~まきびしがあるじゃないかあ。普段、使ってやりたいよお。

伊賀 忍者博物館伊賀 忍者博物館あと、入場料とは別に200円必要なんだけど、忍者ショーがある。
刀や手裏剣など本物を使ったショーだ。
地味な感じがするだろうけど、手裏剣や鎌みたいなものをなげつけるのは、意外と迫力ある。
それに、面白おかしくもショーは進行されるので、大人も子供も楽しめるアトラクションだ。
このショーの後には、本物の手裏剣を投げることができる体験コーナーもある。意外と難しいぞ。

週末の遊びスポットの候補として検討されては?

因みに忍者に扮する貸衣装は、この施設内ではなくって、街中の数店で貸し出しされている。これで、街中も歩けるようだね。
普段から怪しい動きをしているアナタ、是非。

by nonbe-cclass | 2007-08-18 23:31 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

白浜での海水浴なんだけど

昨日は白浜アドベンチャーワールドから帰って、家の前でバーベキューをした後、花火なんぞして時間を過ごしていたんだけど、
海から聞こえる波の音くらいの静かな場所で、どこからともなく耳に入ってくる放送。地方で見かける町内のスピーカーから流れてくる・・そんな感じだ。

夜の海に反響して、よく聞き取れないんだけど、恐らく白浜町中心地にながれているんだろう。
耳をすませると、地震による津波注意報が発令されており、注意を呼びかけていることが分かった。
そう、16日の19時前に発生した南米沖地震による影響だ。

明日の朝7時の段階で云々と言ってたが、
何にせよ夜のスピーカー放送は不気味だ。

で、今日は朝早く起きてニュースをひたすらチェックする。
何がって、子供達は昨日の段階で、海水浴を楽しみに浮き輪を既に膨らました状態で寝ているわけだ。これで海に入れないとなれば、暴動が起きる。
ま、そうは言っても安全は第一。

ニュースでは、海水浴を「するな」ではなく「控えるように」という微妙な表現。どうなんだろう・・・そうだ、白良浜へ行ってみよう。大きな海水浴場だし、ダメなら遊泳禁止になっているはず。
すると、もうかなりの人手があり、海にバンバン入ってる状態だった。

白浜我々一行は、家からすぐのところにある、入江の更に入江くらいの海岸に出てみる。
おだやかな波だ。

最悪、海に入れないことも想定し、子供達を退屈させまいと、すいかを調達してきて、すいか割りなんかもやってみた。
よーそんなけ外すなあってなくらい、空振りが炸裂する。

昼近くに浅瀬の海につかったくらいだけど、それで十分。
昼過ぎには近くの温泉に出向いて露天風呂に入って汗を流し、一路大阪を目指すのだった。

by nonbe-cclass | 2007-08-17 23:43 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)