<   2007年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

豊中のインド料理「HARI」

久々にインド料理が食べたくなって、家族で豊中にやってきた。
阪急豊中駅から少し北東に歩いたところにある、インド料理の「HARI」だ。
これまで足を運んだインド料理店の中では、店構えにしても周辺との溶け込み具合にしても、比較的おとなしい感じの店だった。

hari2.jpghari4.jpg注文は、やはりタンドリーチキンが食べたかったこともあり、ヒラーセット(1680円)に。
この店では、ワンプレートでなく、一品一品運ばれてくる。

最初にサラダ。案外しっかりした量なのね。
他の店だとナンの下敷きになっているキャベツがサラダだと主張する店もある中、かなり良心的。
そして、トマトベースのスープ。ほのかな酸味が食欲をそそる。

そして、タンドリーチキン
これはびっくりしたね。ステーキみたいに鉄板にのって、ジュージューいって出てくるんだもの。まった、でっかいタンドリーだこと。
アツアツだし、香ばしいし、身はプリプリでボリューム満点・・・だけど、まだナンやカレーは出てないんだよな。これでお腹いっぱいになりそう~

hari5.jpghari6.jpgささ、お腹が落着いたところでナンとベジタブルカリーの登場だ。
ここのナンは美味いね。モチモチ感とあれはバターかしら、ほのかな甘味が絶妙。また、こんがり焼けたところもあって、香ばしさもグー。

ベジタブルカレーがいいねえ。いつも目にするシチューっぽいカレーとは違って、野菜にカレーが和えてあるようなタイプだ。ナンをつけて食べるのはゴロゴロして難しいが、ヘルシーで味わいのあるカレーだ。インドではこうしたタイプも日常的に存在するように、豊富な種類のカレーがある。

hari7.jpgこれにラッシーとデザート。
デザートはフルーツに濃厚なヨーグルトがかかったやつね。

うわ~ビールも飲んだからかもしれないけど、腹パンパン・・・

言い忘れたけど、子供には子供向けのセットもある。カレーも辛くないから大丈夫だぞ。

hari8.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:HARI
場所:豊中市本町3-8-2
電話:06-6853-1984
営業:11:00~23:30(lunch:11:00~14:00)

by nonbe-cclass | 2007-07-30 23:50 | 食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

石橋の焼肉「情熱ホルモン」

相変わらず混んでるねえ。
石橋に新しくできた焼肉「情熱ホルモン」
ホルモンのメニューが豊富なことはさることながら、この安さと明るい店内が人気の秘訣かな。

とりあえず、タン(390円)とハナハナ(290円)を岩塩でいただこうかな(冒頭写真)。
ハナハナ(鼻)は、脂がええ感じでジュージューと焼ける。柔らかくていい感じ。
因みに、焼肉のタレはしょうゆ系とみそ系の2種類をお好みで。
e0173645_16565649.jpg

ちょっと酒のアテなところで、コリコリ(390円)とさくらユッケ(780円)を注文。
コリコリの左にあるのが、タレ漬けされたはらみ(390円)。
はらみは横隔膜なので、ま、ホルモン扱いということで。
e0173645_16572964.jpg
e0173645_16573710.jpg

そ、ホルモンメインなところはあるんだけど、ロースもカルビもはらみもあるわけ。

写真はジューシーカルビ(390円)。
e0173645_16571123.jpg

とにかく安いでしょ、さすがに正直心配なわけよ。
「肉かたくないかなあ」とか「量少ないんちゃうん」とか。
でもね、この内容だと全然文句ないと思うなあ。ハナハナあたり美味しいよ。
お腹一杯飲み食いしてもお財布安心だしね。

次きたときはハラミを塩にしてもらうとするか・・

しめはクッパにするか・・・
ここね、メニュー豊富なんだよね。
冷麺もビビンバもあるし、スープなどもあるぞ。子供にはデザートもね。
e0173645_16581599.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:石橋酒場 情熱ホルモン
場所:池田市石橋1-8-10 石橋ステーションプラザ1F
電話:072-760-5129
営業:17:00~26:00
e0173645_16582314.jpg

by nonbe-cclass | 2007-07-29 23:44 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback(1) | Comments(4)  

石橋まつり

昼間、なんとなしに雲行きが怪しくて、遠くでは数度ゴロゴロと雷が鳴っていた中、いや、それ位に油断をしていた矢先・・・

パッと閃光が放たれたかと思った瞬間、カーンッ!

雷さんも段取りを踏んでやってくるわけではないので、突然の出来事だけに驚いたが、あまりの音の大きさにマンションの1Fの人が表に出たほど。
ま、外を歩いていた人はもっとびっくりしたと思うんだけど、聞くと、うちの前に落ちたんだって
マンション下にある自動車に放ったそうな。
それを見た通行人は「俺は見たんだ、確かに見たんだよ」とUFOばりの興奮だったそうだ。

bon2.jpg微妙な天候の中、石橋駅前公園のまつりにでかける。
駅前のまつりはこの週末2日間の開催。

とりあえずビールだけ買って、Jr.に付き合う。
ま、だいたいお決まりのラッキーボールや、外れナシのくじとかなんだけどね。でね、間違いなくかき氷食べるから、彼は。

bon4.jpgbon3.jpgそれにしても、くじものは子供達に人気あるよなあ。

傍から見てるとさあ、3等とかって「ここから好きなのとって」て言われても、「おいおい、このラインナップでどうしろって言うんだよ」と思うんだけどね。
ま、子供のことだから喜んで選ぶんだと思うでしょ?でもね、子供たちも微妙なリアクションしてるんだよね、喜びきれない消化不良の言動。
それを見てるのが楽しいわけ

C級呑兵衛はひっさびさに射的をやってみた。
鉄砲にコルク玉こめて商品を撃って倒すやつね。あれ、倒れるだけじゃなくて後ろに落ちないとダメなんだよね。
みんな大きいの狙うんだなあ・・・C級呑兵衛は基本的に人間が小さいので、堅実に堅実に。
小さくて軽そうなお菓子あたりを大人気なく撃って、2個ばかりゲット。

わわわ、雨が降ってきた。
あまりゆっくりせず、一回り見て変えることにした。

by nonbe-cclass | 2007-07-28 23:06 | 池田/石橋の話題 | Trackback | Comments(2)  

能勢でミヤマクワガタ

この間の水・木、仕事で能勢の青少年野外活動センターに泊まったんだけど、やっぱりイベントに参加した子供達は、昆虫採集に必死だね。
街中ではセミ採りする子供達も殆ど見かけなくなったんだけど、こうした自然の中では期待感も大きいようね。

やっぱり期待されるのはカブト虫やクワガタあたり。
聞くと、クワガタに関しては、川西から能勢にかけての一帯にいるんだけど、カブトムシはあまり能勢では見かけないそうだ。

nose0702.jpgnose0703.jpg今回もコクワガタは結構いたみたいだけど、ミヤマクワガタ(冒頭写真)を何人かがゲットしてたね。
親の方がテンション高めだったりするんだけど。
貫禄ある姿に、他の子供達はいいなあと羨望の眼差しだった。

あと、トンボなんだけど、日本にいるトンボの中で最大のオニヤンマもみることができたね。
でっかいトンボにみんな興味津々。

黄金色すぎるカナブンなんかもいたりして・・・

夏休みにはいい体験かもね。

by nonbe-cclass | 2007-07-27 23:20 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

池田の居酒屋「鼓仁志」

靴を買いに池田まで出たときのこと。

いやあ暑いし、買物終わりで軽く一杯ひっかけていくとするか。

前から一度は入ろうと思っていた店、立ち呑みの「鼓仁志」だ。
まだ夕方で明るいというに、店内には既に数名の客が自分達の時間を楽しんでいた。ま、自分もそこに仲間入りするんだけどね。

ひとまず瓶ビールをいただいて、と。
しまった・・・立ち位置まずったな。メニューが書いてあるボードが見にくいじゃあないかあ。

何だか手作りものを食べたくて、茄子の煮物(200円)を頼んでみた。
冷たいのがいいか温めるのかが選べたが、ここはひんやりといただこうかな。
あ、ほんのり甘く茄子が柔らかくて美味いぞ。
e0173645_23461743.jpg

ちょっと醤油ものがほしかったので、板わさ(150円)をつまみながら時間をすごす。
それほど広くない店で4~5名ほどがいるにも関わらず、意外と静かな空間。テレビからの音声だけがBGMがわりだ。
e0173645_23472911.jpg

目の前の鉄板で色々焼いているのを見ていたら、何か焼き物がほしくなったな。
焼鳥串・砂ずり串(各100円)あたりを注文。
山椒がさっとかかって出てくる。
いやあ、串ものは立ち呑みの醍醐味ですからなあ。
e0173645_23474212.jpg

この店のメニューは300円までくらいで色々とあるんだよね。
もっと何か食べたい感じだけど、ここは瓶ビール大瓶1本だけにして店をでよう。
しめて1010円なり。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鼓仁志
場所:池田市満寿美町1-4
電話:072-751-4853
営業:17:00~21:00 日祝休

by nonbe-cclass | 2007-07-26 23:20 | 阪急池田駅周辺の店 | Trackback | Comments(0)  

羽田空港の寿司「日乃出」

7:15発ANAで伊丹から羽田に向かい、仕事を終えて今度は羽田13:00発で伊丹へ戻るというスケジュールの中で、帰り、空港で何とか少しだけ時間ができたので軽く昼を食べようとターミナルのレストランフロアをうろついたわけ。

ところがねえ、混じりっ気ナシのランチタイムだったから、軽く食べようにも、そういう店ばっか混んでるわけよ。

・・・。

決して空いているわけじゃなかったけど、待ちの列がないだけすぐに入れそうな店があった。
・・あったんだけど、「値段は軽くないねえ~」

時間ないし、かと言って立ち食いもやだし、えーい、ここに決めちゃえ。
寿司「ぎんざ日乃出」だ。

創業明治33年の大阪寿司の老舗なんだけど、本店は東京銀座にあって、その羽田空港店で食べようというわけ・・・ややこしわ。

一人なので、カウンター席へ。
ん~握りで一番安いやつだと「月」か・・・。これにしよ。1680円。

実は、この空港のターミナルがリニューアルするまで、この「ぎんざ日乃出」には大変お世話になっていたのよね。
ランチでなく夕方便で帰る時に、日之出セット(1600円)というのをいつも頼んでたのよ。
寿司とお造りや煮物、枝豆など数品に生ビールが1杯ついてくるサラリーマンには嬉しいセットなのよね。

だから寿司が美味しいのは知ってるわけ。
大皿に玉子焼きを中心とした握りと巻きのセットが吸い物と共にやってきた。
ん~、これを5分10分で食べてしまうのは辛いのう・・・

hinode2.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ぎんざ日乃出 羽田空港店
場所:東京都大田区羽田空港3-4-2
電話:03-6428-9088
営業:9:00~20:00

by nonbe-cclass | 2007-07-25 15:54 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

つかの間の風景

ガタン・・ゴトン・・ガタン・・ゴトン・・
キシーン、ゴゴゴゴ・・・コトンコトン・・・

ゆっくりと大きくカーブを描きながら、宝塚本線から箕面線に滑り込む3000系の回送。

雲雀丘花屋敷からの車両は石橋駅を出て、トーエイ前あたり、梅田方面の線路上で一旦停車する。
その後、方向転換して宝塚方面の線路に入ったかと思いきや、すぐに箕面線に入るから、余計大きくうねったようにみえる。

雲雀丘花屋敷でリフレッシュしてきた箕面線車両だ。
たま~に、この光景に出くわすことがある。

石橋駅ホームの南端にいると、ポイントレール&線路の継ぎ目の上を電車が通過するたび、ガタンゴトンの音が必要以上にでかい、迫力あるサウンドが楽しめる。
ま、でもここまで典型的なガタンゴトン音が聞けるというのも珍しい。

by nonbe-cclass | 2007-07-24 23:46 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)  

石橋の焼鳥「とり勝」

石橋駅前のコチャコチャした狭い道。
互いに肩を寄せ合うように店がひしめき合う。

そんな中に「とり勝」が、大きな木看板を掲げて営業をしている。
すでに記憶が薄れつつあるが、もともと、この「とり勝」はC級呑兵衛ご用達の「文吾寿司」の隣にあった。
当時は、もっと小さな店(カウンターだけだったかな)でいつも満員御礼の状態、外に鳥を焼く煙がもうもうと出て、通行人の興味をそそっていた。
・・が、この一画が火事にあう。
「文吾寿司」は唯一現存で営業をしているが、「とり勝」は今の場所に移転をした。

torika2.jpgtorika3.jpgずり刺しをまずはいただこうかな。
このボリュームで500円を切るから嬉しい。歯ごたえよろしく、ビールが進む。

目の前では主人が忙しく、串を焼いている。
他店に比べて強火でしっかり焼くタイプのようだ。ねぎまと手羽先を頼んでみる。

torika4.jpg常連客が多いようで、焼酎をボトルキープしカウンターで一人チビリチビリやっている人の姿もちらほら。
主人もおかあちゃんも気さくだから、人が集まってくるわけだ。

さてさて、こちらはぼんじりでもいただくか。
ぷりっとした身を噛むとジュッと旨みが口の中に広がる。

この後、主人からたたきが美味いとすすめられたが、既に腹がいい感じになっていたので今回は諦めて店を出た。

torika5.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:とり勝
場所:池田市石橋2-2-8
電話:072-761-3231
営業:17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2007-07-23 23:51 | 阪急石橋 焼鳥 | Trackback | Comments(2)  

石橋の焼肉「五色亭」(新店舗)

今日は最初っからマッコリの気分。
甘いのが苦手のC級呑兵衛にとっては、このとろみと甘味が得意でないはず。
いつもそう思ってるんだけど、飲みたいときがあるんだよね~肉を食べた後に飲むと口の中がすっきりするしね。

今日は、移転して気持ち新たに営業をしている「五色亭」に行ってみる。
この並びに店がないから、この店の照明が煌々と輝いて目立っている。

店に入ると、いきなり靴を脱ぐスタイル、座敷タイプになっていた。

生レバ、塩タンのあとは焼肉盛り合わせ(2835円)を注文して、肉にはサンチュセットをつけることにした。
野菜はとらないとダメですよ~
ま、それ以前に「肉食べすぎですよ~」の声の方が大きいかもしれないけどね。
e0173645_1743677.jpg
e0173645_17432.jpg
e0173645_1742470.jpg
e0173645_1741198.jpg

青とうがらしが輪切りで出てるんだけど、これが激辛で・・・でも、巻く時にはアクセント欲しいし、あー結局酒がすすむ結果に・・・

シメには冷たい冷麺を。
あさっりスープと歯ごたえ十分の麺はやっぱりええですなあ。
e0173645_1745384.jpg


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:五色亭 石橋店
場所:池田市石橋1-22-18 パークプラザビル1F
電話:072-762-0429
営業:17:00~26:00
e0173645_175163.jpg

by nonbe-cclass | 2007-07-22 23:01 | 阪急石橋 焼肉 | Trackback | Comments(0)  

船場のたこ焼き「風流」

堺筋本町・・・
ん~北摂の人間には、梅田で最初に御堂筋線に乗るべきなのか~谷町線に乗るべきなのか~悩んでしまう駅だ。

furyu2.jpgま、そんな話はいいんだけど、今日はその堺筋本町でロケ。
クリームチーズオブサンに出演をしてもらっている番組で、今回で3作目だ。
活動が忙しくなっているのに、皆頑張って協力してくれている。有難い話だ。

初回のトークではどうなることかと肝を冷やしたが、前回あたりから持ち前の暴走トークが炸裂し、面白いことになっている。
ま、番組上使うかどうかは別問題として。

でも、彼らのキャラクターも手伝ってか、現場の雰囲気は終始和気藹々。

収録が終わった後、行けるメンバーで船場センタービル内、ジョイ船場50にあるたこ焼き店「風流」に流れ込むことになった。

furyu4.jpgfuryu3.jpg何とも昭和の雰囲気を残した風情ある店構えだ。
早い時間なので他に客はいなかったが、とにかくたこ焼きを注文。ソースとダシとあるんだね。
このたこ焼き、大き目のタコがしっかりと入っているのも嬉しいんだけど、ナンだろうねえ懐かしい感じがするな。
外側カリっと中がトロッ系だ。

いや~ビールがすすむ。
ありゃ、この店は居酒屋メニューも豊富じゃあないかあ。

びっくりしたんだけど、帰る頃には店内、満員御礼。それも色んな客層。
土曜日でこのセンタービル内の人の流れからして、考えられない状況。こりゃあ、地元の人に支持されているなあ。

魅力たっぷりの店の暖簾をくぐれてラッキー。

furyu5.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:風流
場所:大阪市中央区船場中央1-4 船場センタービルB2F
電話:06-6271-1400
営業:17:00~ 日祝休

by nonbe-cclass | 2007-07-21 23:53 | C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)