<   2007年 04月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

表参道の銭湯「清水湯」

出張中、同タイミングで東京に出張していたイニシャルH氏と食事をすることになり、表参道で待ち合わせることにした。
思ったよりも早く現地へ来てしまったので、そこはC級呑兵衛、既に赤提灯を探して通りを歩いていた。
ところがねえ、ここ表参道でしょう。期待する赤提灯が見つかるわけないのよね。

「・・・お、こんなところにあるか。」

それは居酒屋ではなく、銭湯だった。
赤提灯同様、こんなところに銭湯がある、その意外性に惹かれた。

e0173645_16331261.jpg

石橋の銭湯は、何かと設備が充実していたり建物がリニューアルしていたりと、比較的今風なんだよね。
けど、この清水湯は「懐かしい」、いや昔から変らない時間が流れていると感じた。
気がつくと男湯の暖簾をくぐっていた。

e0173645_16333269.jpg

全くの手ぶらだったんだけど、そういう客向けにタオルとシャンプー・ボディーソープをセットにしたものも用意されている(100円)。
入浴料金は430円。小銭をジャラっと番台におく。

客は他に2人程度でほとんど貸切状態だった。
浴場に入ると、大きな天井に、奥の壁面には細かいタイルで描かれた山の画(富士山じゃなかったね)。
男湯女湯も完全に区切っているわけでなく、天井は一つ、洗い場の壁を適度に高くしている程度なので、お互いの声が近い距離で聞こえる。

「ぬあっ!アツ!」
ちょっと熱めの湯船にゆっくりと浸かり、ぼーっと天井を眺める。

昔、池田西本町に住んでいた頃、家に風呂がなくて毎日家族で銭湯だった。
風呂あがりのジュースを楽しみにして、風呂からあがるタイミングを「もうあがるかー」「わかったー」なんてやり取りしてたなあ。懐かしい。

風呂からあがり、ラムネを飲む。瓶にあたるビー玉がカランカランとにぎやかだ。

e0173645_16345896.jpg

・・・ふと、縁側を見つけた。
年季の入ったガラス戸を開けると、小さな池があった。涼みがてら縁側に腰をかける。

e0173645_16351355.jpg

表参道は華やかな時間を楽しむ人たちで溢れているんだけど、
その同じ時間で、こうして静かに時間を過ごしている自分が何となく優越感に浸っている気がした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:清水湯
場所:東京都港区南青山3丁目12-3
電話:03-3401-4404
営業:16:00~24:00 月休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2007-04-30 09:44 | ・銭湯・温泉 | Trackback | Comments(4)  

石橋の居酒屋「おためしや」

そうそう昔あったのよ。石橋駅西口改札近くに喫茶「ドレミ」が。
何だかんだ言って、よく行ってたなあ。途中、リニューアルして喫茶「ドレミファ」になったのよね。冗談じゃなくって。

そんな懐かしい話の中、その「ドレミファ」に勤めていた人がシェフとして石橋で店をやっている。
「おためしや」だ。

以前に一度来たことがあるんだけど、少し雰囲気が変ったのかなあ。
でも、いい感じ。何度か入ろうと思ってたんだけど、いつもいっぱいなんだもの。

ota2.jpgota3.jpg店に入るとすぐにカウンター席があって、右手奥に座敷席がある。
Jr.もいたので、座敷席に落着くことにした。

肴も酒も魅力あるラインナップだ。
最初に天然鯛のお造り(630円)をいただく。一皿にそのままの造りと昆布〆の2種が盛られている。食感がモチモチ、噛めば噛むほど味わいのある一品だ。
あと、肉じゃがコロッケ(470円)が衣カリサクッで具沢山で美味しいぞ。

ota5.jpgota4.jpgコロッケもそうだったんだけど、Jr.にと甘めの玉子焼き(420円)を注文したのね。
するとね、オムレツのような状態で大根おろしが添えられて出てきた。この玉子焼きが美味いのよ。ほんのり甘くてしかも中身がトロッとした逸品だ。Jr.も絶賛。

箸休めには海老とアボガドのわさびマヨ(570円)。一見こってりそうだが、まったりとした食感でもあまり後を引かない。

テーブルに炭火がやってきた。
「お、焼いちゃうセット(1150円)がきたきた。」
あじの一夜干しとイカの一夜干しに、しいたけ、ししとう、焼じゃこ天が盛られている。焼じゃこ天部分は、本当はさんまのみりん干しだったんだけど、切れてしまったので替わりに入ったアイテム。
あー一夜干しウメー。

ota6.jpgota7.jpgもう、途中から焼酎に切り替わっていたんだけど、日本酒も焼酎もこだわりのラインナップだぞ。「村尾」と「兼八」を楽しむ。少し替わったところでは酒かす焼酎もあったぞ。

チーズ酒盗(470円)は、チーズの角切りに鰹節と酒盗がのった酒呑み系の肴ですな。
お店の方が「よろしかったらどうぞ。」と大きなさざえをサービスしてくれた。うれしいサプライズだ。もー絶妙な食感ね。

こだわりをもって一つ一つに手間隙をかけている店だ。
気になる人は是非行ってみて。

otaru4.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒菜房おためしや
場所:池田市石橋1-2-17
電話:072-762-8530
営業:18:00~24:00 日休

by nonbe-cclass | 2007-04-29 08:24 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

東京の居酒屋「小樽」

今週は週半ばから連泊で東京だったので、ブログの更新が遅れてしまったね。

さて昨日、東京から大阪へ新幹線で戻るときの話。
のぞみの入線までまだ30分程度はあるかと思って、「どこかで軽く一杯ひっかけっか」と八重洲口へ向かった。

あまり時間もないので、駅近くの赤提灯を探した。
すると、サラリーマンにはええ感じの居酒屋が並ぶ路地を見つけた。

店の中を覗いた時は一杯だったが、丁度客が数名出たところだったので入れ替わりで入ってみることにした。
居酒屋「小樽」だ。

e0173645_11573984.jpg

あっ、カウンターがあるかと思ったらないのね・・・4人席に通されポツンと一人腰を掛ける。まあ、テレビが見える位置だからいいか。

生ビールを席に落着くまでに慌しく頼んだまではいいけれど、
何食べようかな・・・時間的にもがっつりいけないし。
すると「ギョーザ ト チャーシュー ハオススメ。美味シイヨ。」と中国語なまりの日本語で教えてくれたので、餃子(630円)は頼んでみることにした。
「あとね、魚で・・・〆サバ(420円)にしよ。」

酢の味にえぐみはなく、さっぱりとした一品。あーこれ食べると酒が欲しくなるなあ。
・・・いかんいかん、時間ないんだって。

e0173645_11574187.jpg

あまり広い店ではないけれど、店内はかなり賑やかだ。
かなりのご機嫌系、ぐったり系、泥酔系のサラリーマンが数名いて、「毎日仕事大変なんだろうな」と思わず、餃子待ちをしながら同情してしまう。

暫くすると焼きたての餃子がやってきた。王将の餃子のように一つ一つが大きめだ。
外側は焼きのパリサク感がいんだけど、中のあん、肉汁が出てジューシーなのよ。餃子食べて肉汁こぼさないように、ってあまり聞いたことないよね。
これはビールがすすんでしまうね。美味い。

e0173645_11574246.jpg

この空間にもう少し浸っていたいところだけど、もう新幹線くるころか・・・
慌しく店を後にした。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:小樽
場所:日本橋3丁目(詳細確認できず)

by nonbe-cclass | 2007-04-28 10:06 | ・居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(2)  

池田の老舗うどん「吾妻」

もーデジタルカメラの調子が悪くて、ちゃっと写真が撮れないなあ。
すっかり日常生活の必需品になっているから、困るんだよなあ。
壊れていても微妙に撮れたりするから、テクニックを駆使して撮り続けていたんだけど、もうええ加減修理しよ。

それでね、梅田のヨドバシカメラに持っていったわけ。すると修理内容を問わず、案の定「2週間はかかりますね」。これにゴールデンウィークくると更に・・なんて、言うもんだから、メーカーのサービスセンターを教えてもらい直接行ってみることにした。

・・・そしたらさ、1時間後には修理できてたっつーの。値段も安かったし

・・・さて、たまたまだけど、麺ネタが重なっちゃうね。
それに今回は地元の超有名店ときた。

「吾妻」だ。創業元治元(1864)年の老舗で、「ささめうどん」が有名。
この「ささめうどん」が有名な理由の一つには、谷崎潤一郎の奥さんが来店したことがきっかけで、谷崎潤一郎の著書「細雪」からその名をもらって名づけられているからだ。

「大阪うどん」の代表とも言われているけど、「大阪うどん」の中では暴れん坊将軍だよね(表現おかしいか)。
何でかっていうと、「大阪うどん」なんだから、ダシを吸いやすいように麺は柔らかくなくっちゃいけない。讃岐のようにコシがあるってのがおかしいわけ。
讃岐は麺を味わうから生醤油あたりがグーなんだよね。でもダシが麺と同じくらい重要な大阪うどんでは、同じようにはいかない。

ここを讃岐うどんと同様に考えてしまう人がいて、麺にコシがあるないで賛否両論分かれるのもこの店の特徴だ。
大阪うどんなのにコシのあるうどんというのが、この店の特徴だ。

うんちくどうこうよりもさ、
とりあえずダシも欲しかったし、アクセントも欲しかったから、天婦羅うどんをささめうどんバージョンに変えて(普通のうどんメニューをささめに変えると30円up)注文。
Jr.はささめざるを頼んでいたが、食べ比べたけど、ダシの温かいささめをオススメしようかな。おダシがええ味しとります。

時間が良かったのか、すぐに座れたんだけど、その直後からわさーっと人が来て、店内で待つ人であふれた。
ま、興味のある人は一度行ってみて。

azuma2.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:吾妻
場所:池田市西本町6-17
電話:072-751-3644
営業:10:30~18:30 火休

by nonbe-cclass | 2007-04-23 09:08 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(2)  

嵐山の蕎麦処「いわを」

みなさんはうどん派?蕎麦派?
それに温派?冷派?

C級呑兵衛はうどんも蕎麦も好きなんだけど、
うどんで温かいのならシンプルにきつねうどん、それ以外は讃岐うどんで冷たいの、生醤油サイコー。
蕎麦はいつも盛りだから、冷たいのしか基本頼んでいないなあ。蕎麦の歯ごたえを楽しみたいのよね。

そうそう、DVDレンタルして「UDON」見たのよ。昨日も「あ、行ったとこ出てる!」と家で大騒ぎだ。
また讃岐うどんツアーしたくてしたくて・・・きっと近々だな。

話し戻って・・・
でもね、その中でもたま~に食べたくなるのがにしんそば

にしんそばといえば京都の松葉が有名だけど、そこでにしんそばを食べた時、にしん棒の美味さにハマッた。
しょっちゅう食べたいわけじゃないんだけど、ふと食べたくなるときがあるのよね。

久々ににしんを頬張った。
嵐山天竜寺前の「いわを」だ。観光向けに色々とこじゃれた店が並ぶ中、渋い昔ながらの蕎麦屋が目を惹く。

にしんそばは900円・・・なんだけど、「ん?なんじゃこりゃ?」
いやね、お品書きをみていると、にしんそばの下に冷しにしん(900円)なんてのがあるから。
あまり見かけないので、これにしてみた。にしんは食べられるし、冷たい蕎麦だし・・・C級呑兵衛のためにあるようなメニューだね。

ざる蕎麦のようにつけ汁タイプではなくて、ぶっかけだ。
生姜とネギをまぶしてたっぷりとダシをかける。
器いっぱいのにしん棒もステキ。にしん棒味わい深くていいなあ。

あ、ダシも味が濃くなくて美味いなあ。写真見てもらってわかるかなあ、意外とそばのボリュームがあって、食べ応えも十分。
冷たいにしんそばアリだね~
次来るときがあれば、温かいにしんそばも食べてみよう。

iwao2.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:いわを
場所:京都市右京区嵯峨天龍寺造路町19番地
電話:075-861-3853
営業:11:00~17:00 木休

by nonbe-cclass | 2007-04-22 10:53 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(1) | Comments(2)  

石橋の酒菜家「はた田」

石橋駅前の飲み屋街から少し離れたところにある居酒屋を訪れてみた。
酒菜家「はた田」だ。夫婦でもてなしてくれる。

カウンター数席に、4人掛テーブル席が2つ。奥にも掘りごたつ式の座敷テーブルが2つある。

hatada2.jpghatada3.jpgさてさて、最初にお造りといくか。
鯛の造り(780円)は脂がのって歯ごたえよろしく、噛めば噛むほど甘味が出る。

それと、生春巻きのピリ辛ソース(710円)は、具がしっかり詰まっていて食べ応え十分。
結構、店によってはスカスカの時あるからね。

hatada4.jpghatada5.jpg湯葉を使った料理もいくつかあったが、湯葉刺し(580円)を注文。久々に食べるなあ。
もうビールじゃなくて焼酎に切り替えよう。佐藤(黒)のお湯割りを。

特にこの店で美味い!と思ったのが、筍とホタテの木の芽ソース焼き(冒頭写真:980円)と鰻のれんこん蒸しだ。
木の芽ソースはあまり積極的に食べる方ではないんだけど、これは何だろうバターかなあ、凄く味にコクがあるんだよね。筍とホタテの他、海老も入っている贅沢な一品だ。

鰻のれんこん蒸しは、饅頭が表面はもちっとしているんだけど中はふわっ。これが、あんかけと相性バツグン。

行った時は、女性客の割合が高く、でなければ夫婦や家族などの客が目立っていたね。

hatada6.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒菜家 はた田
場所:池田市石橋1-22-15 TMビル1F
電話:072-760-4355
営業:17:00~23:00 日休

by nonbe-cclass | 2007-04-22 09:36 | ・阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

大阪中央卸売市場の「ゑんどう」

「ホンマ、すんません。」

店を出てから、イニシャルH氏にそう謝るしかなかった。
「行ってみたい店があるんですよ。」と気軽に話したことがいけなかったのかもしれない。

イニシャルH氏と昼を食べに行こうと会社のビルを出た。
「行ってみたい店があるんですよ。」というのは、ビルの向かいにある大阪中央卸売市場の中にある「ゑんどう」だ。
とにかく、ここだけ待ちの列ができてるんだよね。

しばらく待って、カウンターに通された。・・・が、全くメニューがないし料金も全くわからないじょー。
そ、C級呑兵衛もさあ「行ってみたい店」なんだったら下調べしとけよって話。

お茶が来たと同時に「おまかせでよろしいですね?」と聞かれたので、「はい。」とは言ったものの内心ドキドキだ。
もう二人でキョロキョロ挙動不振・・・なんでかって言うと、普通「ランチ」とか「定食」みたいなのがあって、それを他の客が食べていれば、同じものって言えるでしょ。
でも、ここはみな長皿でにぎりを食べていて、「2枚目」とか「3枚目」とか言ってるわけ。

endo4.jpgendo3.jpgさすがに気になって店の人を呼び止めて聞いたさ。
すると、一皿おまかせ5貫1000円だそうで、皿をおかわりするたびにネタが変るというシステムだ。

ここの特徴は、握り寿司ではなくつかみ寿司なこと。握りこんでいないので、寿司がふわっと軽い感じ。
あたたかいシャリもいいねえ。
おいおい、大トロもはいってるよ~ネタが美味い!イニシャルH氏も1貫1貫味わっては頷いていた。

endo2.jpgしかし、どこで止めるかだなあ・・・実は2皿で止めている客がいないのよ。
「5枚目お願いします~」なんてのも聞こえるわけ。

で、二人申し合わて「いっとくか」と3皿目を追加した。お互い変なプライドが許さなかったんだろうね。
というのと、この美味さをもう少し味わいたいというのもあるのよね。

うまい赤だしもあわせて、是非堪能して欲しい寿司だ。ま、昼飯で3500円近くしちゃったけど。

endo5.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ゑんどう
場所:大阪市福島区野田1-1-86 中央卸売市場内
電話:06-6461-7773
営業:5:00 ~14:00 日休

by nonbe-cclass | 2007-04-21 11:50 | ・食べ歩き(その他) | Trackback(3) | Comments(0)  

エキスポランドでの洗礼

この間の週末のことだ。
Jr.が「遊んでー」とボールを持ってくるから、天気もいいし万博公園に出かけることにしたわけ。
過ごしやすい時期だから、阪急もモノレールも人が多いや。

リュックにサッカーボールを入れてここまで来たのにさ、
親二人はエキスポランド入口手前で、
「あれ、Jr.ってあれから背が伸びてるから、結構アトラクション乗れるようになってるんちゃうん?」
となったわけ。
実際、パンフレットで確認してみると、親同伴の条件付まで含めると概ね乗れてしまうことが分かった。

「で。Jr.よ、どうする?」
ボール蹴る気満々で来ているJr.に対して、その強引な問いかけはないだろうとお思いだろうが、我家では当たり前だから

・・で、Jr.からの返事は「まあ、どっちでもいいんだけどね。」

「・・・。」

微妙な空気が3人を包んだが、結局はエキスポランドに急遽予定を変更することにした。

遊園地に入るとJr.もテンションが上がってくる。
今まで乗れなかったものが乗れるようになったことも嬉しいようだ。

そこで、一発目のアトラクションとして選んだのが「ワイルドマウス」だ。
通称「ねずみ」なんて言ってるが、小さな乗り物に乗ってジェットコースターみたいにアップダウンを繰り返すんだけど、急カーブでカックンカックンなるのが怖いのよね。

いざ、乗り込んで最初の昇りまでは調子の良かったJr.だったんだけど、その後から襲う急カーブには黙り込んだまま瞳孔が開いていた。
実は、C級呑兵衛もひっさびさに乗って微妙に怖かったんだけどね。

で、アトラクションから降りて暫くすると、Jr.、ビエ~~~~。泣いとんねん。
それから後のアトラクションには警戒する警戒する。でも、急流すべりなんかは喜んでたけどね。

参加型ゲームがいくつも並ぶ「ジャックポット」では、恒例のバケツ玉入れ競争ゲームの「カンアレー」荒らしだ。
ちょうどスタンバイ状態だった。参加人数によってトップ賞品が変るんだけど、我々一家が追加で入ることでトップ賞品がグレードアップした。
もう、みんなスタート前からボールをもって気合十分だ。
だがね、TOPは僕がもらうよ。

で、ディズニーのキャラクターMARIEのぬいぐるみをゲットし、
この後、良妻の得意とする競馬ゲームでも、たまたまC級呑兵衛がトップになりスヌーピーのぬいぐるみをゲットした。
「おい!Jr.遊園地を楽しめよ!」

記事にするとこうなんだけど、
実際Jr.はあれ乗りたい、ここ行きたいとはしゃいでいた。蛍の光が流れるまでたっぷりと楽しんだ。

by nonbe-cclass | 2007-04-21 11:02 | ・旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(2)  

石橋のラーメン「ラーメン 一大事」

細い路地の奥に「博多ラーメン」の赤提灯
数年前は石橋にもラーメン店が乱立していたんだけど、自然淘汰される所も多く、結局、今あるところで落着いたんだろうね。

石橋に住んでいれば、見たことあるでしょ。
「ラーメン 一大事」だ。

石橋駅前アイゼン横にある、カウンターだけの小さな店だ。

焼きめしなどもあるがラーメンで勝負している。博多ラーメンなので、もちろんとんこつ
一大事ラーメン(700円)がベーシックタイプで、白濁したスープにネギと紅しょうがが添えられる。
見た目あっさりそうなんだけど、意外と脂のこってりさが後から追いかけてくる。
関西は特にギトギト系(香りと味ともに)が苦手みたいなんだけど、C級呑兵衛は、この店のあっさりしすぎていないくらいのが合っている。
そもそも博多ラーメンは酒呑みに合うラーメンなのよね~。

C級呑兵衛自身は、一大事特製ラーメン(850円)を注文した。
ベースはとんこつなんだけど、その上に炒めた豚キムチなどがのったピリ辛ラーメンだ。
ベーシックと食べ比べたけど、個人的にはこのピリ辛の方が好きかな。
e0173645_1541933.jpg

え?何で店の名前が一大事なんだって?
脱サラしていきなりラーメン屋始めるわけよ、そりゃ人生にとって一大事でしょ。

今日も赤提灯が光る。
もう随分と営業しいてる店だ。一大事もひと段落しているといいが。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン 一大事
場所:池田市石橋2-2-1
電話:072-763-2710
営業:12:00~23:00 月休
e0173645_15405181.jpg

by nonbe-cclass | 2007-04-20 23:27 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

築地の「浜茂鮨」

e0173645_15252053.jpg居酒屋を探す時もそうだが、メイン通りだけでなく、ちょっとした路地や雑居ビルの中などをウロウロするのも楽しい。

せっかく市場内でお昼を食べようと思ったら、市場が休みで店も殆ど休みときた。人気のない市場は寂しい・・・・

しょーがない、いつものように場外市場を散策するか。
ちょっと前から気にはしていたんだけど、
「寿司は、どこで食べても同じと思っている方はご遠慮ください」というキャッチを堂々と掲げる店がある。

「浜茂鮨」だ。

他の店に負けず劣らず、メニューを写真つきで店先にガンガン立て掛けている。
店は2Fなので様子が分からないが、ここは一つチャレンジしてみるか。
細く狭い階段をトントンとあがると、オープンカフェ(そんなオシャレなもんじゃないんだけど)のようにテラスでのテーブル席、その隣に店の入口があった。
何か、寿司屋じゃないみたい。

店に入ると、めっちゃ寿司屋だった。
しかも、下の通りからは分からないが、店内は客で一杯だった。どうやら人気店ね。

注文したのは、ばらちらし(1000円)だ。
ちらし寿司というよりも、海鮮丼だね。
豪勢にさ、うに・いくら・とびっ子・なかおち・玉子・かまぼこ・のり・ごまなどがふんだんに盛られているのよね。
ネタが新鮮で美味いね~。で、しかも安いときた。

やっぱり築地に来たら海の幸だね。

e0173645_1525373.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:浜茂鮨
場所:東京都中央区築地4-9-5 山一漁業ビル2F
電話:03-3541-9206
営業:11:30~14:00、17:00~22:00 日休
土は11:30~14:00、17:00~21:00

by nonbe-cclass | 2007-04-20 07:26 | ・食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(2)