カテゴリ:食べ歩き(エスニック)( 88 )

 

万博公園の「レストランみんぱく」

e0173645_10414289.jpg

この間、C級呑兵衛ファミリーで万博公園に出掛けた時のこと。
芝生広場で、サッカーやバドミントンをやるのはいいんだけど、行くたびに必ずボール踏むか、カラ振りかなんかして・・・腰からこけるパターンが定番化してしまった。
そんな痛々しい話はいいとして、ランチランチ。

お金払って万博公園に入ってるから、やっぱり敷地内で済ませたいところ。とは言え、その辺の売店やスナック店でさらっと済ませるのも味気ないしなぁ。

「!」
なんや、これ。ガシカーラ・ランチ
e0173645_10414835.jpg

ほー、いま国立民族学博物館で、特別展「マダガスカル 霧の森のくらし」(6月11日まで)が開催されているんだけど、それにちなんだ期間限定ランチだそうな。
マダガスカルって、あの映画「マダガスカル」のイメージしかないわぁ(あのノリ好きだから何度も観てるわけ)。勝手に、ジャングルな島のイメージをもってるけど、島としては世界第4位の大きさなんだよね~

マダガスカルに因んだ限定ランチか・・・実は、「ガシカーラ」って、マダガスカル語で「マダガスカル」って意味なんだって。
それを食べることの出来る店が、国立民族学博物館内、「レストランみんぱく」だ。レストランだけの利用ももちろんOKだ。
e0173645_10415414.jpg

さて、C級呑兵衛のブログなわけで、ここから、どんな味なんだろうと期待をもたせておいて・・・まさかの売切れ。がっくり・・・

でも、このレストラン・・・なんでだか、エスニック料理だな。タイやベトナム料理メニューが並ぶ。ガシカーラ・ランチが食べれなかったので、えーい、やけくそや、酒や酒や酒持ってこーい。
で、チャーン!
e0173645_1042061.jpg

結局、フォー頼んでたりする。牛肉のフォー(フォーボー)ですな。
e0173645_1042588.jpg
e0173645_10421035.jpg

ま、悪くないよ。ボリュームもあるし。
でも、ガシカーラ・ランチ気になるじゃあないかぁ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:レストランみんぱく
場所:吹田市千里万博公園10-1 国立民族学博物館 1階
時間:11:00~16:30 水休
電話:06-6876-1293

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-05-18 12:27 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

梅田のタイ料理「バーンスキタイ」

この間、梅田で久々にタイ料理食べたな~
時間的に昼を大きく回っていたので、どこにするか悩んで、結局、「バーンスキタイ」へ。
e0173645_7573228.jpg

片言の日本語を話すタイ人のおねえさんに、クンパットピックパオ ナーカオカイダオ(950円)を注文。色んなランチメニューがあって、いつもなら、タイカレーや麺類あたり攻めるところなんだけど、今回は、この呪文のような長いカタカナメニューをチョイス。

冒頭の「クン」に反応したのね。あの酸い辛い「トム・ヤム・クン」の「クン」に同じ、海老のこと。
パッが炒める、パオは焼くという意味だそうなんだけど、海老のチリ炒めのことですな。後半のナーカオカイダオは、カオ=米、カイダオ=目玉焼という意味。
メイン以外に、サラダとスープ、デザートがついてくる。
e0173645_7573728.jpg

ナーカオカイダオはそのまま、ライスの上に目玉焼がのってますな。
この海老のチリ炒め、うま。チリ炒めと書いてあったので、辛いのかなと思いきや、ココナッツミルクの甘みとコクが勝っている。エスニックな独特のスパイスの香りも手伝って、食がすすむ一品だ。
e0173645_7574187.jpg

ホント、タイ料理好きだわ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:バーンスキタイ
場所:大阪市北区鶴野町3-17 First-Nビル 1F
時間:11:30~14:00、17:00~23:30
電話:06-6371-7757

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-04-13 06:57 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

川西能勢口のインド料理「クマリ」

ちょっと旅行会社に用事があり、阪急川西能勢口にやってきた。
ちょうど昼時ということもあり、旅行会社に行く前に腹ごしらえをすることに。ここんとこ、何かと麺率が高すぎて、ちょっと違うものを・・・

久々にエスニックいくか。ネパール料理専門店「クマリ」だ。
e0173645_94156.jpg

あら、店内お客さんで一杯ですなぁ。なかなかの人気ぶり。
他のインド料理店に同じく、ランチはAセットBセット・・・といくつかのセットメニューから選ぶ。やっぱり、タンドリーチキン食べたいから・・・この、エベレストセット(Eセット:1200円)にしよ。

ビール飲むかな・・・生ビールだとアサヒスーパードライと具体的にかいてあるんだけど、ネパールビール(650円)と、インドビール(600円)は、いきなりばっくりしてるな…ま、でもこれにしよ。ネパールビールは・・・え?リアルゴールドって。栄養ドリンクみたいですな。クセのない呑みやすいビールですな。良妻は、インドビール・・・これは、ブラックイーグルエクストラストロングビール
e0173645_9404690.jpg

エベレストセットは、スープ、サラダ、ライス、タンドリーチキン、シークカバブ、タルカリ―、ナン、デザート、ランチドリンクがセットになっている。
タルカリ―(おかずのこと:ここではカレーのチョイスを指している)は数種類から選べるんだけど、今回はチキンで。
e0173645_9405118.jpg

カレーは中辛をお願いしたんだけど、そんなに辛くないな。むしろ甘口くらいなマイルドさ。そういえば、小さな子供を連れた家族も何組もきていたんだけど、子供向けの味付けもしてくれるみたい。
タンドリーチキンも、いいボリュームですな。シークカバブは少しスパイシー~
e0173645_9405615.jpg

ネパール料理専門店だけど、結果的に思いっきりインド料理食べたな。ま、ネパール料理を食べようと思ってたわけではないので全然いいんだけどね。他もそうだけど、夜に食べに行かないと、意外とネパール料理って口にできないよね。ダルバートくらい、ランチであってもよさそうなのに~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:クマリ 川西店
場所:川西市中央町3-3 川西中央ビル1F
時間:11:00~15:00、17:00~22:30
電話:072-758-8787

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 グルメブログ

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-02-03 10:50 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

梅田のベトナム料理「サイゴン オペラ」

LCCの就航で、格安で海外、特にアジアが近くなったよなぁ。
く~どっか旅行にいきたいよな~
と、考えてはいても、そうそう行けるもんじゃないし・・・仕方ない、アジアな雰囲気だけでも味わうか。

で、やってきたのが、梅田ブリーゼブリーゼ。
ここにベトナム料理のお店があるんだよね。エスニック久々やな。
「サイゴン オペラ」だ。なかなかスタイリッシュなデザインのお店。

さてさて、何を食べるかなぁ・・・
シーフードフォーランチセット(1050円)にするか。
イカやエビはもちろんなんだけど、お肉も入った一品。そうそう、この香草がたまらん。フォーもいい感じのもちっと感ですな。
e0173645_11495291.jpg
e0173645_11495674.jpg

セットは、これに海老せんべい、サラダ、ドリンクorデザートがつくんだけど、意外とこのフォーがボリュームあるのよね。デザートはタピオカをココナッツミルクで。
e0173645_11554218.jpg

あと、これとは別に単品で、ベトナム生春巻き(1本200円)を注文。
おー中の具材がぎゅっと詰まって、食べ応えあるね~美味い。
e0173645_1150195.jpg

今回はフォーにしたんだけど、バインミーも味わえる店なので、また立ち寄ってみることにするか。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:サイゴンオペラ
場所:大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼブリーゼ5F
時間:11:00~23:00 不定休
電話:06-6344-1277

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-05-30 19:19 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

本町のカレー「バンブルビー」

仕事の打ち合わせで、先日、本町に出た時だ。
昼時に打ち合わせを終えて、スマイルスタイルの塩ちゃんと近くでランチをすることに。
「近くに、結構有名なカレーの店があるんですよ」と連れてこられたのが、「バンブルビー」だ。
随分とメディアにも取り上げられている有名店のようですな。
e0173645_22261181.jpg

外観からは分からないけど、店内のこのエスニックで薄暗く怪しげな空間はなんじゃらほい、でもって、それが嫌いじゃない自分がいるわけ。
カウンターメインで、少しテーブル席があるんだけど、とにかく満員御礼な状態だ。

何がおススメなんだろうなぁ・・・分かんないけど、このジビエ三兄弟版3色カリー(1250円)というのにしてみるかな。馬肉、猪肉、鴨肉orマトンか・・・マトンよりも鴨肉をチョイス。

で、やってきたのがこちら。
インド料理もよく行くけど、こんなタイプはあまりお見かけしたことないですなぁ。
ぬおっ!かなりスパイスな香りが~
e0173645_22262313.jpg

普段、インド料理で出てくるカレーはもっとさらっとしているもんだけど、これは、キーマ的?というのか、こってりどろっとした感じに仕上がっている。でもって、かなりのスパイス技をきかせているようだ。
おっと、なかなか刺激的な・・・辛っ
結果的に、馬肉、猪肉、鴨肉だったのかよく分からなかったが、鶏はレバーだったな。それぞれに、気になるクセもなかったぞ。辛さでマヒしてたらわかんないけど・・・
個性があるカレーだから、ハマる人はハマるだろうな。味に深みもあるから美味いしね~

塩ちゃんは、3色カリー(950円)でとり肉、キーマ、野菜のはずだったんだけど、どれかがカニに変わってましたな。何か、それはそれで豪勢な感じ。
e0173645_2226362.jpg

汗かきかきで美味いカレーを頬張る・・・気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:バンブルビー
場所:大阪市西区西本町1-14-2 住吉ビル1F
時間:11:00~16:00 日祝休
電話:06-6534-0894

by nonbe-cclass | 2011-11-30 23:26 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

梅田のタイ料理「チェディルアン」

Jr.がこの間、修学旅行だったのね。
その間に、辛い物を食べに行こうと、良妻と梅田に出てきた。
辛い物であれば、やはりタイ料理ですな。
やってきたのは、西梅田ハービスENT にあるタイ国政府公認のレストラン「チェディルアン」だ。
店内のインテリア、独特な空間がエスニック情緒をかきたてるね~
e0173645_912325.jpg

まず、ビールは・・・シンハ。
お、グラスもオリジナルですか。
e0173645_8422572.jpg

さて、まずは、早々に辛いところいきたいから・・・お、やっぱりあるね。
ソムタム タイ(980円)。フレッシュな青パパイヤにパームシュガー、カシューナッツの入ったサラダだから、あっさり甘めの野菜サラダじゃんと思いがちなんだけど、唐辛子やニンニクが入るので基本辛い。
うめ~
e0173645_8422864.jpg

そして、御存知生春巻きですな。
ポピァソット(780円)、鶏のササミとエビが巻かれた生春巻き。フルーツで作られた特製ソースと、ちょい辛ソースの2種類で。
e0173645_8423770.jpg

野菜をふんだんに使った料理が多い中、チェンマイ名物ベジタブルディップをいただきますかな。
ナムプリック ワンニー(980円)、その時その時で野菜のラインナップがかわるのかな。
シェフ手作りの本日のディップはこちら。
見た目も華やかなら、カン・トーク(ランナー王朝(チェンマイ)時代に王族が来客をもてなす際に料理を盛る丸い篭)も雰囲気いいなぁ。
エビの入ったディップは、ミンチの入った辛口タイプ。
実は、この時点で結構口が辛いことになっていて、ビールはお替りするわ・・・なんだけど、このガツッとあるキャベツ助かる~もーうさぎ状態だ。
e0173645_8424150.jpg

そして、みなさま御存知、トムヤムクン。
・・・なんだけど、今回はせっかくだから、ちょっとえーやつにしよ。
「クン」は海老という意味なんだけど、ここの海老のクラスを変更して・・・トムヤム ロブスター(1480円)。
はい、ドーン。
e0173645_8424862.jpg

250gクラスのロブスターの半身が入るビッグロブスターのトムヤムクン。
トムヤムクンは、世界三大スープの一つなんだけど、甘いんだか、酸いんだか、辛いんだかの複雑な味わいを醸し出すスープ。基本、酸い辛いスープのイメージがあるんだけど、これは、いい甘みとコクが先行する。海老の味噌でもたっぷり入ってるのかい?というようなコク。
これは美味い!

プァー(レモングラスとハーブの冷製)の中から、殻付きフレッシュオイスターを(1個398円(3個より))。生ガキの上に、香草とチリペーストがたっぷり。
e0173645_8425123.jpg

そして、シャンハイ パットキーマオ(1480円)。板春雨入りタイバジルの辛口酸っぱらい炒め。
ホーリーバジルと唐辛子、コクのあるカピ(シュリンプペーストで蝦醤)やナンプラーで味付けされたもの。
これは、されほど辛くなくなぁ。この板春雨がもー結構腹にきますな。
e0173645_8425861.jpg

麺かご飯を食べようと思ったんだけど、お腹いっぱいで・・・
エスニック料理、気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:本格タイチェンマイレストラン&ヌードル チェディルアン
場所:大阪市北区梅田2-2-22 ハービスENT 5F
時間:11:30~14:00、17:00~24:00 日祝休(土曜日不定休)
電話:06-4790-4578
e0173645_843114.jpg

by nonbe-cclass | 2011-10-30 13:20 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

豊中のタイ料理「アロイスキタイ」

良妻が「辛いものが食べたい」というので、久々にタイ料理を食べに行くことにした。
阪急豊中駅近くにある、「アロイスキタイ」だ。
「サワディクラッ」の挨拶とともに店の方が迎えてくれる。
e0173645_9185361.jpg

さてさて、メニューたくさんあるなあ・・・何にしようかなあ。
とりあえずビールを・・・ここはシンハを。くーうめー
e0173645_913405.jpg

まずは、パックブンファイディン(997円)から。これはご存じ、空芯菜炒めですな。
お、うめ!しかも、ここからピリ辛が始まるんだな。
因みに、食べてみて辛いな~とか、もうちょっと辛く~とか思ったら、お店の人に言ってみて。
辛さは調節してくれるよ。
e0173645_914983.jpg

そして、ヤムウンセン(997円)。これは、イカとエビの春雨サラダ。人参の端っこの部分で、花飾りを作ってくれるんだね。香草の風味もきいてアジアムードたっぷり。
e0173645_9141679.jpg

これはですねー、プーニムトッ(840円)というもので、柔らかいカニの唐揚げ。
ソフトシェルクラブですかな、要は脱皮直後のカニで甲羅も柔らかい状態のものだ。
ふわっとした衣で揚げられている。甘辛ソース(ナムチムガイ)との相性がよろしいなぁ。
e0173645_9142445.jpg

これはおかずというより、ちょっと酒の肴にいいかなと思って注文したソムタムタイ(997円)。 青いパパイヤをつかったサラダなんだけど、
店の人曰く、青いパパイヤが手に入らなくて品切れ状態だったらしい。それが、今回ようやく入ったところらしく、有難くいただけることに。
爽やかな食感と味わいなんだけど、どこからか辛さがやってくる。
e0173645_9143216.jpg

センレックトムヤムは、すいから~い味わいのトムヤムクンあるでしょ、あれの汁麺ですな。
麺とともに、調味料もやってきましたな。砂糖、酢、唐辛子、ナンプラー・・・
そうそう、タイの人って、これらを結構がっつり入れるよね。しかも、どれかだけというよりは、まんべんなく。どんな味になるんだか。
e0173645_9144110.jpg
e0173645_914497.jpg

何も入れなくてもばっちりの味わいなんだけど、C級呑兵衛はナンプラー好きですねん。
少しだけ入れて、塩味強化アーンドこくを出してみる。
まだ、焼き飯くらいいこうかと思ったら、意外とお腹がいっぱいに。
美味かった~また行こ。

アロイスキタイのアロイはタイ語で美味しい、スキタイはタイすき鍋のことなので、
今度はタイすき食べてみたいところですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:タイ料理 アロイスキタイ
場所:豊中市本町2-1-2
時間:ランチ11:30~14:00、ティータイム14:00~17:00、ディナー17:00~23:30
電話:06-6858-6388

by nonbe-cclass | 2011-08-13 10:10 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

難波のシンガポール料理「宏亜楼」

何か久々な感じでエスニック料理。

この間、生まれて初めて吉本新喜劇を観に行ったのよ。テレビでは、ほぼほぼ毎週見ているというのに。我家のマイブーム、松浦真也が出演するところを狙って、まあ、爆笑してきましたよ。

で、その帰り。ランチにするか、と色々考えていたんだけど、
今回は、久々にアジア系にしてみるか。シンガポール料理か・・・「宏亜楼」だ。
e0173645_1965338.jpg

エスニック料理ってだけで、色んなメニューにテンションがあがるんだけど、
そういえば、シンガポール料理っていうものを意識して食べたことってないかもなぁ。中華系のメニューもあったりはするし、もともと中華料理との関係は深いんだろうね。
せっかくなら、シンガポール料理というものを食べてみたいもんですな。

そこで、海南鶏飯をチョイス。
シンガポールの名物料理なんだって。
鶏そのものは、朝引きのつくば鶏なんだけど、これをボイルして冷製にし、色んなソースでいただく逸品。

注文したのは、海南チキンライスセット(1080円)。
炒め物、揚げ物、スープに、鶏スープなどで炊きこんだチキンライスがセットになっている。
e0173645_197859.jpg

鶏には最初から、海南ソースがかかっていて、ここからチリソース、ジンジャーソースを好みでつけていただくのね。

わお~鶏が柔らかいー。
鶏も調理の仕方によってはパサついたり硬くなったりするけど、これはしっとりしているし旨味たっぷいですな。で、このソース・・・ここが、やっぱりエスニックですな。うまいー
あと、このさりげなくあるチキンライスが、これまたあっさりしてるんだけど、しっかり味がついて美味いなぁ。
e0173645_1050723.jpg

Jr.はフカヒレ入小龍包(680円)を。
熱いところに、うまくレンゲにとれずスープがもれたりと悪戦苦闘してたね。
e0173645_1971721.jpg

シンガポール行ったことないんだよなー
このお店は、シンガポールやマレーシアに人が好む味にしているとのことで、シンガポール政府公認レストランでもあるんですな。日本では手に入りにくい食材を、現地から送ってもらっているんだとか。
お店は満員御礼で、みんな同じものじゃなくて色んなものを注文してるから、どれも美味しそうで・・・
また行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:シンガポール料理 宏亜楼
場所:大阪市中央区難波3-7-3
時間:ランチ(金土日のみ営業)11:00~14:30、ディナー17:00~23:00(定休日以外営業) 月休
電話:06-6643-5788
e0173645_1982067.jpg

by nonbe-cclass | 2011-06-12 11:25 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

新橋のペルー料理「荒井商店」

先週の話。
東京出張だったので、いつもの如く少し早めに東京へ出て、昼食をとることにした。
んーやっぱり、新橋にするか。

どうするかなぁ・・・魚の定食が多い気もするしなあ。
おし、久々にエスニックにするか。ペルっちゃお。
・・・とか言いながら、やってきた店の名は「荒井商店」

え?

ペルー料理の店なのよ、これが。
e0173645_21213426.jpg

なかなかの人気店のようで、並びすらしなかったものの店内は満員御礼だ。

さてさて、ランチメニューから、
じっくりコトコト 完熟トマトと牛肉の煮込み(890円)にしよ。サラダ・ライス付きね。
e0173645_2121229.jpg
e0173645_21212844.jpg

プレートにライスが可愛く盛りつけられ、たっぷりのトマトソースがかかって出てきた。
牛肉が、ごろっと入ってますな。
ぱっと見た感じ、ちょい辛なのかなーとか、味濃いのかなーとか思うんだけど、
トマトの味がしっかりベースになった、あっさりソース。
これで十分美味しいんだけど、
ここに、「こちらをつけながらどうぞ」と何やら黄色いものが出される・・・イエローホットペッパーペースト。
黄色い唐辛子(アヒアマリージョ)ということですな。
これがねーハマるわ。ピリッとは来るんだけど、何だろう果物チックな甘さというか後を引かないんだよね。
だから、スプーンにご飯をのせるたびにガンガン入れちゃったよ。
肉もほろほっと柔らかいねー

店内には軽快なリズムの曲がずっと流れていて、気分も軽く心地よい雰囲気でグー

ん?あんなところに三国清三氏のサインが・・・
どうも、この店の名にもなっている荒井シェフは、フレンチ「オテル・ドゥ・ミクニ」で修行経験を積んできた人みたい。ここに、南米の要素を加えることで、今のスタイルが確立されたんだね。知らんと入ってすんません。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:創作料理レストラン 荒井商店
場所:東京都港区新橋5-32-4 江成ビル1F
時間:11:30~15:00、18:00~23:00 土日休
電話:03-3432-0368

by nonbe-cclass | 2011-01-24 22:16 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(0)  

少路のスントゥブ専門店「OKKII」

少し前の話。

わざわざ病院には行かないし、ゆっくりするつもりもないけど、鼻声・微熱が続くなあ。
こんな時は、ちょっと温かいもの、辛いものでも食べたいところ。

で、前から行ってみたい店に足を運ぶことにした。
北摂では有名ですな、少路の「OKKII」(オッキー)だ。
このあたりではめずらしい、スンドゥブ専門店だ。
e0173645_16201664.jpg

もはや定着したメニューだとは思うけど、
スンドゥブとは韓国料理に登場するんだけど、要は豆腐のこと
ただ、固まった豆腐ではなくて、おぼろ豆腐というとイメージが沸きやすいかしら。
豆乳ににがりをいれて、完全に固まるまでに引き上げたもので、口当たりが柔らかい。
漢字表記になると、「純豆腐」と書くことが多いわね。

で、このスンドゥブを鍋(チゲ)でいただくわけ。この鍋まで込みで、スンドゥブということも一般的ですな。
この「OKKII」は、もちろん韓国料理なんだけど、オーナーはL.A.でのスンドゥブ専門店仕込みというのが面白い。アメリカンスタイルですな。そうは言っても、奇抜なとかそういうことではなくて、食材や調理にこだわる店なわけ。

さて、ランチメニューは10種類弱かな。色んなスンドゥブがあるんですな。
おし、海鮮スンドゥブにするか(1680円)。えび、広島産かき、あさりが入る。
ランチメニューを注文すると、スンドゥブのほかにおかず3品、石釜ご飯にドリンクがセットになってるぞ。

辛さは5段階で、今回は3辛いに。
0辛だと、辛みなしのスープになるらしく、子供たちでも大丈夫なようだ。

おかず3品がやって来た。おかずが、おかわり自由なところも嬉しい。
特に、オイキムチが美味い(オイはきゅうりね)。見た目辛そう、ま、辛くないわけじゃないんだけど、どちらかというと、味噌の甘みのような部分が強調されているので、ついつい口に運んでしまう。
e0173645_16214499.jpg
e0173645_16215050.jpg

お、韓国石釜きたきた。
おースンドゥブがぐっつぐついってるべ。
e0173645_16263338.jpg
e0173645_1626431.jpg

最初に、釜のご飯をお茶碗に全部よそおって、ここに、スンドゥブチゲをかけて食べる。
・・・釜で炊いてるから、おこげというか、釜にご飯が随分とひっついてるな。
しかーし、ご心配なく。
このおこげは、とうもろこしのお茶を入れてお茶漬けのようにして食べるわけ。ヌルンハプって言うんだって。これも、香ばしくて美味い!
e0173645_16281499.jpg

チゲうめー!
かきやあさりの具材がたっぷりなのも嬉しいし、このスープのコクがクセになるね。
平日のランチ、しかも前の時に行ったんだけど、満員御礼でしたな。
年齢層関係なく女性客の比率が圧倒的に高かったな。

是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:純豆腐チゲ・スントゥブ専門店 OKKII 豊中店
場所:豊中市上野西3-17-18
時間:11:00(土日は11:30)~15:00(L.O.14:15)、17:00~23:00(L.O.22:15) 水休
電話:06-6852-0110
e0173645_16282536.jpg

by nonbe-cclass | 2010-12-01 16:49 | ・食べ歩き(エスニック) | Trackback | Comments(2)