カテゴリ:C級呑兵衛( 137 )

 

クリームチーズオブサンのライブ

折角の機会なので、クリームチーズオブサンのライブ情報を紹介しようかな。

今度の火曜日(2008.4.1)なんだけど、梅田SHANGRILAで、
クリームチーズオブサン企画「ディス娘とミラー坊ル」があるのね。

共演は、ArgyleALOHA(福岡)にツチヤニボンド(東京)だ。

クリームチーズオブサン時間は開場18:00、開演18:30。
料金は、前売2200円で、当日は2500円(1drinkは別途500円)。

チケットぴあ(P-コード284446)、ローソンチケット(L-コード59162)で発売中!

チケットの前売予約やクリームチーズオブサンのホームページはこちら。
http://creamcheeseofson.com/

クリームチーズオブサン・・・C級呑兵衛もクリームチーズオブサンと一緒に写真撮ってもーらお。

4月1日は、C級呑兵衛もライブを観に行くつもり~

by nonbe-cclass | 2008-03-22 23:59 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

「問わず語らず名も無き焼酎」

小倉駅に、土産店なんだけど酒を扱うコーナーが大きいところがあったわけ。
コーナー入口には大きな黄金千貫がデーンと鎮座している。焼酎では御馴染みの唐芋だけど、実際に見たのは初めて・・・黄金千貫ってホント白いのね。

焼酎ラインナップが充実していて、店員も色々と説明してくれる。
その中で、ふと目に止まった焼酎があったのね。「ふと」というのは、ラベルにインパクトがあったから。

芋焼酎「問わず語らず名も無き焼酎」だ。

鹿児島の大山甚七商店のお酒なんだけど、その「製造方法は全て蔵の秘密」ときたもんだ。
C級呑兵衛みたいに、なんちゃって酒好きには敷居が高いんだけど、「飲んで良さをわかって欲しい」意味がこめられているそうな。

家で酒のアテを買うたびに、こいつで一杯やってたんだけど、すぐになくなっちゃった。
飲み口がすごくすっきりしてるんだけど、ホワホワ~っと芋の香りが広がる。主張しすぎないから、アテのじゃまもしないしね。美味しいや。

「問わず語らず名も無き焼酎」か・・・
人も一緒、肩書きやブランドがなくても「いい」と思われる人間にならんといかんですな。

by nonbe-cclass | 2008-03-20 21:37 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

松竹梅の「いか酒」

我家のご用達コンビニエンスストアといえば、石橋のヤマザキデイリーストア
会社帰りに、酒のアテに乾きモノを買うなんてのは、すっかり生活の一部になっていたりする。

買うアテはいつも決まってるんだけど、一応ね、店内を一通り「他にアテないかなあ」と見て回るわけ。
いつから、ここに置かれてたのかなあ・・・ふと、目に止まるものがあった。

「いか酒」だ。
TaKaRaのワンカップ「松竹梅」なんだけど、北海道産するめを焼いて漬け込んだ一品だ。カップのデザインもいかのイラストだ。

「ほー」とか一瞬思ったけど、味のイメージはイカ徳利なんだろうね。
日本酒に炙ったいか、最高ですな。いか王でなくても、酒好きにはたまらないアイテムのはずだ。

早速、買って飲んでみる。
ん~いかの味がしっかり出てますなあ。
これ飲みながら、焼きするめ食べるとややこしいことになるだろうな・・・いか徳利で酒を飲むよりも酒に漬け込んである分、味がしっかり出てるね。
こりゃいい。

焼酎では北海道の昆布焼酎が同じ様な感覚で楽しめる。
酒の肴にひらめの昆布〆というのもなかなかなもんだけど、この昆布の味そのものが焼酎で楽しめる。
手軽に手に入るのが黄金譚(こんかねたん)かな、礼文昆布の焼酎だ。
北海道の焼酎って、色んな特産品を焼酎にしてるけど、牛乳焼酎なんてのもあるよん。

by nonbe-cclass | 2008-02-04 09:29 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

赤穂地方のかきまつりリレー

毎年恒例の「かきまつり」がきましたなあ。
絶対行くど~

去年とは少し会場に変更もあるようなので要チェックだ。
いつも駅でみかけるチラシのPDFを岡山県の公式HPみつけたので、行こうかなあ~と思ってる人は見てね。

http://www.pref.okayama.jp/file/open/1201350613_794760_16979_49792_misc.pdf

因みに相生は明日だよん。

「坂越のかきまつり」は、今年から「赤穂のかきまつり」となるみたい。


↑PDF表示できない人に簡単なご案内を・・・

■相生かきまつり
1/27(日)9:30~15:00
相生市 野瀬公園東部グラウンド外

■邑久町漁協かきまつり
1/27(日)9:00~売り切れまで
瀬戸内市邑久町虫明 邑久町漁協周辺

■赤穂かきまつり
2/3(日)10:00~15:00
赤穂市 赤穂海浜公園赤穂広場

■ひなせ甚九郎市
2/3(日)9:30~15:00
備前市日生町 日生町漁協周辺

■真魚市かきまつり
2/10(日)・2/17(日)7:00~12:00
備前市穂浪 伊里漁協

■ひなせかき祭
2/24(日)9:00~15:00
備前市日生町 日生町漁協周辺

by nonbe-cclass | 2008-01-26 21:19 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

松浦酒造の「獅子の里 鮮」

しゅっとしたデザイン、個性ある味わいのお酒を紹介しとこかな。

年末に出かけた山中温泉で、酒造直営の店に行った。
「松浦酒造」
全国新酒鑑評会で直近2年連続金賞を受賞する老舗酒造だ。

松浦酒造高い天井に、壁には酒造ブランドが書かれた大きな看板。
悪いことはしてないんだけど、何となく気が引き締まる重厚な店構えだ。

酒造ブランドは「獅子の里」
獅子っていうのは、山中温泉だからこそ生まれたネーミングだったんだね。
獅子そのもののことを言ってるんじゃなくて、
その昔、山中温泉は宿泊場所に風呂がなかったそうで、湯治客は町まで出て風呂に入ったそうな(今の外湯・菊の湯のところだね)。
その案内人を湯女と言って、客を待ってる間、浴衣を頭からかぶって待っていたそうで、その姿が獅子のようだったことから「獅子」と呼ばれていたそうな。

sen3.jpgこの店では、月替わりに2種類の利き酒ができるぞ(200円)。
C級呑兵衛が訪れた時には、純米吟醸「旬」と活性純米吟醸「鮮」だった。
2つのお猪口にそれぞれを一杯ずつ入れてもらう。

最初に「旬」から。口に入れた瞬間にほわっとした甘味が広がるんだけど、とても後味のいい酒だ。
もう一つの「鮮」・・・ニャハハ、こりゃシャンパンだね。でも味は日本酒だわ。
猪口に酒を入れるときなんか、炭酸飲料のごとくシュワワワーと細かい泡が立つ。
瓶を新しく口開けするときは一気に栓を開けると、中身が飛び出すことも。

土産には、活性純米吟醸「鮮」を選んだ。
このシュワワワーは、活きた酵母をそのまま瓶詰めして発泡することから生まれるもの。
何かね「旬」は和の肴に合う正に日本酒って感じなんだけど、「鮮」は洋食にもきっと合う酒だね。
よ~く冷やして呑む日本酒だ。

松浦酒造■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:松浦酒造
場所:加賀市山中温泉本町2丁目ソ15
電話:0761-78-1125
営業:8:30~21:00

by nonbe-cclass | 2008-01-08 22:03 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

正月の酒は「雪の茅舎」

毎年、正月に飲む日本酒を年末に買うんだけど、
今回は川西阪急で「何にしようかな~」と選んでみた。
さすがに大吟醸はお高いもんですから、手が出ないわね。

「八海山」は好きなので、普段でもよく呑むほうだから今回は別のにしよう・・・

で、結果選んだのが秋田齋彌酒造店の「雪の茅舎」、純米吟醸(精米歩合50)だ。
とても口あたりのいい酒で、味わいがありながらさわやかな感じ。
こりゃあ、すぐ空いちゃうぞ~

年末、豊南市場をはじめ買物を慌しくし、酒の肴系おせちを準備していたので、元旦早々から呑んだくれだ。
ビールもそこそこ呑んでたんだけど、結局、初日で一升瓶空いちゃった・・・

ニッショーストア、2日から開いてくれてて助かったよ。
でね、結局、そこで「八海山」買ってんの

・・・もうそれもないんだけどね。

by nonbe-cclass | 2008-01-04 20:04 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

会社の納会

毎年、仕事納めには会議室で納会が催される。

nokai3.jpg納会には、寿司や菓子類がテーブルに並べられるんだけど、
差し入れやら何やかやで酒の量多くない?
缶ビールは分かるんだけど、焼酎にワイン、日本酒、泡盛まであるじゃないか。

中でも、泡盛「どなん」だし・・・
「どなん」は与那国島の泡盛なんだけど、60度ときた。
というか、与那国島は、日本で唯一アルコール60度の酒を製造・販売できる島なのよね。
社長が「はい、飲める人」と言いながらC級呑兵衛に紙コップを手渡す。
一口飲むだけで、ぼはあ~・・・食道が猛烈に熱くなる。美味いけどきついね~

nokai2.jpg納会のもう一つの名物と言えば「社長のおでん」だ。
仕事納めの日、夕方くらいから「ん?何かいいにおいするな。」
そ、社長が会社でお手製のおでんに腕を振るうのだ。

毎年のことなんだけど、実はこれまでこのおでんを食べたことがない。
いや、嫌でじゃなくて納会に間に合わなかったり、タイミングを逃したりしてありつけてないわけ。

・・・で、「今年は食べるぞ」と予めおでんセッティングポジションを確認しておくことにした。

「おっと」

蓋を開けてびっくり。そんなてんこ盛りに炊いてたのね。
上の方がじゃがいもやウインナーで塞がれていたので、おでんというよりポトフみたいだったね。

蓋を開けているところを社長に見つかってしまい、すぐメイン会場に運び込まれてしまった。
ま、そこは運び込まれたテーブルにスタンバるC級呑兵衛。

目を離した隙に、ワーッとおでんが次々と出ていく。おいおい、そんなにすぐになくなるのかよ・・・
スジやきんちゃく、大根、こんにゃくなどが下の方にあって、よくしゅんでそうだったので、ここらあたりをいただくことにした。
大根、ようしゅんどる~甘めなんだけど後を引かないダシがグー。今回は、しっかり食べたぞ。

ここのところ、忘年会&飲み会が連日だったこともあり、呑みすぎない程度にとどめ、一足早く家に帰ることにした。

by nonbe-cclass | 2007-12-28 23:48 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

釜たけうどんでコナモン博覧会打ち上げ

25日に大阪コナモン博覧会が終了した。
それを受けて急遽、打ち上げが「釜たけうどん」で催されることになった。

uchiage3.jpguchiage2.jpg「釜たけうどん」へやってくると、目の前にはカニが広がる。
そして、次々に関係者が集まってくる。
釜たけうどんの他に「龍旗信」「芋蛸」「くくる」「赤鬼」等の経営者、経済産業省、生産者などバラエティに富んで、かつ、凄い面々だわさ。

カニは焼いて炊いてと美味しくいただいたが、参加者からの差し入れもすごいことになってきた。
「あっ、美味い。」
そ、山芋がコロコロと入って食感が最高、「芋蛸」のたこ焼きも食べることが出来たぞ。

uchiage4.jpguchiage6.jpgテーブルの周りにみんないるんだけど、なかなか気を遣ってか鍋に手をつけない。
あー鍋がふいてるよー

そんなところに、「このまま生でも食べられるよ」と出てきたのが鴨。
鍋に次々と入って、頃合のところで皆に振舞われる。
C級呑兵衛は「いや、あ、あのその鍋に入れる前の状態で食べたい・・あ、ちょ、ちょっと待って」と一人、ロボットダンス状態で皆の間をくぐり抜けながら、生の鴨に箸を伸ばす。

んー、全く臭みなんてないし、ねっとりとした舌触りなんだけどあっさりしていて、噛むほどに味わいが出てくる。こりゃあ、酒が進むわ。
そ、酒は酒で凄いんだよね。
「浪花正宗」の大吟醸あるんだもの、全国新酒鑑評会で金賞受賞歴9回ときた。

顔だけ出してすぐ帰る予定が、片付けるまでいちゃった。
店出るときは完全にロボットもネジがとんで壊れてたね。

by nonbe-cclass | 2007-12-25 23:47 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

生活病検診にて

もう1年経つかあ。
会社の健康診断とは別に、去年から誕生月に生活病検診があるのね。
身長・体重などの身体測定の他に、胃検診などもあるわけ。

誕生月の検診ね・・・
いいんだけど、普段から酒をたしなんでいるとは言え、1年の間でも最も摂取量が多いわけ。
今回もさあ、検診の前後で忘年会炸裂だよ。

それにしても体重増えてきたよなあ~身長は微妙なラインで縮んでるし。
メタボリックシンドロームまっしぐらかしら。

え?そんなに呑み食いしてりゃ当然だって?

一通り検査を終えて、
受付で「はい、これで全て終了しましたのでお帰りいただいて結構です。」と言われたので、帰り支度をしてエレベータに向かう。

・・・すると、受付の女性がツカツカとC級呑兵衛のところにやってきた。
手続きの不備でもあったかなと思いきや、いきなり、

「ブログいつも見てます。」

一瞬、緑のスリッパで後ろから頭をはたかれたようなシャープな衝撃が走る。
状況が飲み込めなくて、微妙なリアクションをしてしまった。

このブログをよく見てもらっているようで、C級呑兵衛ってブログのところで顔出してるでしょ、で、検診に来たC級呑兵衛をみて「ひょっとして!声かけよ」と思ったそうな。
そうですよ~本物のC級呑兵衛ですよお。

昔、ケーブルテレビのレギュラー番組で博士役をやってた時は、「博士!みてますよ」なんて言われたこともあったけど、このブログを始めてから、こうした形で声をかけられたというのは初めてじゃないかな。

その人、このブログをみたら「キャー記事になってる!」なんてことになるんだろうね。
しっかりと書かせていただきましたよ。是非、コメントなりメールなりしてね(笑)

これだけ阪急電鉄のカラーにふさわしくない暴走ブログなのに、ありがたいものですな。
というのと、悪いことは出来ませんな(笑)

by nonbe-cclass | 2007-12-19 23:34 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

ダルビッシュねえ

いかん・・・週末電気風呂で肩・腰の痛みをとっちめてやろうと調子に乗っていたら、体がロボットみたくこわばって、かえって痛くなっちゃって週明けを迎えてしまった。

仕事を終え、今日は軽くうどんでもすすって帰ろうと石橋まで戻ってきて、C級呑兵衛ご用達「つるつる」に入った。カウンターで6席しかない三角形の店だ。
いつものように、瓶ビール(500円)に牛タタキ(380円)を頼む。

客の一人がいきなり「よっしゃ!」と叫ぶからびっくりしたけど、なるほど、北京五輪アジア地区予選だね。
昨日の韓国戦、ハラハラしてみてたけど、これほど野球って面白いのかって思ったよね。
C級呑兵衛って普段全くプロ野球みないんだけど、今日の台湾戦も含めて、この予選は釘付けだね。

・・・そうそう、うちのJr.なんだけど、色んなところで「お、ダルビッシュに似てるなあ」と言われているのね。
今日のダルビッシュは苦しい展開に迫られたけどね。

全然似てないと思うんだけどなあ、でも、昨日も焼肉「みつる」の大将からも「ダルビッシュに似とるで」と言われた。
Jr.本人はあまりピンときていない、というかあまりに色んなところで言われすぎて嫌気が差してるみたい。

とまあ、Jr.はダルビッシュをはじめ、ジャニーズみたいと言われてるわけ。
そしたらさあ、その生みの親も注目されて良くなくない?

何ひとつさ、似てるって言われることなく、
いやそれどころか、そんな話をしたとたんに動物かモノにたとえられるC級呑兵衛だった。
おかしいなあ・・・

by nonbe-cclass | 2007-12-03 22:11 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)