カテゴリ:C級呑兵衛( 137 )

 

携帯電話攻防戦

今のも、そこそこ使ってきたこともあって、
C級呑兵衛ファミリー揃って、新しく携帯電話を買い換えることにした。

みんな携帯電話をうまく使いこなしてるよなあ。
C級呑兵衛は、あまりブラウジングをすることもなく、本来の機能「電話」と、頑張ってメールくらいのもんだ。
そんなレベルだから、正直何でもいいわけ。

Jr.はGPS機能がついたもので比較的早く決まったが、
良妻は色がどうだの、機能がどうだの・・・「そんな使いこなし方いつしたよ」と思わせる程、ばっかみたいに悩んでいた。
店で「ええ加減にせー」とキレたもの。

で、C級呑兵衛は結局、
最近周りが持ち始めて、「これにしよ」と妙に勧められていたこともあって、「iPhoneG3」にした。
まあ発売当初から、その画期的な商品にかなり話題性があったよね。
タッチパネルしかなくて、指を動かせば画面も動くってやつ。

・・・ま、いいんだけど、いざ使おうとすると完全にヤラれる。
説明書がなくても、他の携帯電話なら、ある程度ボタン操作で分かったりするけど、これはそうはいかない。
電源の入切から悩んだわ。
電話番号は前と同じなんだけど、アドレス帳が簡単には移せないから長期戦にもつれ込むなこりゃ。

C級呑兵衛は携帯電話を買ってから、今までレベルまでの機能を理解するのに、ばっかみたいに悩んでいた。メディアとして「iPhoneG3」を使いこなすには少しだけ時間が必要だわ。

by nonbe-cclass | 2009-05-06 23:00 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

第2回池田学検定

おいおいおい・・・情けねーわー
自分の街のことだろうがよ。
・・・そうなめてかかったC級呑兵衛が間違っていたのだ。

ご当地検定「池田学検定」のことだ。

自分の街のことではあるんだけど、ちゃんと参考書も買ってさ、パラパラと読んでたんだよ。
それなのに・・・それなのにさ。3月1日の試験会場で唸っちゃったよ。
時系列には石器時代から現代、ジャンルは建造物や人物、文化、動植物なんでもござれ。
合格は正解率70%以上なんだけど、そこからは仕上がり具合で初級、80%以上で中級、90%以上で上級の認定証が発行される。

だったら、上級を目指さないと。
・・・試験直後、「出来んもんやなあ」とぐったりしてたんだけど、
その結果通知が郵送で自宅に届いた。

「IKEDA Meister」の称号がついたカードだった。
「おっと、中級か」
正直、初級かなと思っていただけに、命拾いした感じですな。
でも、思ったね。「これ覚えられへんわ」というところは意外と頭に残ってたんだよね。
どちらかというと、「ああ、これは分かるわ」という部分の方が、いざ試験に出たときに「あれ?これどうだったっけ?」状態だった。

会社は会社でこの間、筆記試験があったんだけど、そりゃもうボロボロ。
社長からも「勉強せえ」。返す言葉がありません。
そもそもさ、頭もC級だから人一倍努力しないと人並みにならんわね。

by nonbe-cclass | 2009-03-17 23:20 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

神戸の総合福祉施設「しあわせの村」

以前に福井「芝政」でパターゴルフをやってからというもの、Jr.が「またパターゴルフやりたい」とうるさい。
そんな、どこにでもあるもんじゃないんだぞ。
まして、「あ、ここにあるんだ」と見つけたとしても、場所によっては事前予約制になっていたりするわけ。

まあ、パターゴルフかどうかは別にして、そいうったものを備えるレジャー施設に連れて行かないことにはおさまらないようだ。

菊水山西鈴蘭台駅前で、日曜日に、神戸にある「しあわせの村」へ出掛けることにした。
車だと、全然近い距離なんだけど・・・よーし、今回はマニアックルートで現地入りするぞ。

阪急電車で新開地まで行って、そこから神戸電鉄に乗って西鈴蘭台まで。
ここからバスで10分だ。
今は廃止された菊水山駅、ホームはまだ残ってましたな。
子供の頃、鈴蘭台に住んでいたんだけど、西鈴蘭台の駅前ってこんなんだったけなあ。随分とマンションが建ってますぞー

しあわせの村しあわせの村さて、現地に着いて早速、グランドゴルフ場に向かう。
時間制限60分で無料。パターではなくて専用の木製クラブで大き目のボールを打っていく。
8ホール1コースと小さく、前後の客を気にしながら進まないといけないけど、小さな子供も参加できるので、ほのぼの感が漂う。
Jr.は張り切るもんだから、おかげで2周させられちゃったよ・・・

その後、トリム園地へ。ここは子供達の遊び場で、アスレチックなどの遊具が集まっている。・・・Jr.が走りまくってる。

C級呑兵衛として有難かったのは、温泉があったこと。
結構規模の大きい温泉で、しかもジャングル温泉。熱帯の木々が温泉を囲んでる。Jr.も喜んでたぞ。

by nonbe-cclass | 2009-03-16 23:55 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

芦屋川のライブジャズ「Left Alone」

いやあ~C級呑兵衛も来るんだね、芦屋に
イニシャルS氏が以前よりイチオシだというジャズシンガー、
色々と情報はもらっていたんだけど、今度、芦屋でライブがあるから是非、と誘いを受けたわけ。

阪急芦屋川駅から線路沿いにテクテク歩く。
夜だけに少し冷え込みますなあ。
10分以上歩くとイカリスーパーがデーンと出現するんだけど、その向かいにあるライブハウスにたどり着いた。

「Left Alone」
中に入ると、2Fもある広い空間で開放的。壁や柱・・・至るところにサインが直接書き込まれている。歴史を刻んでますなあ。
カウンターに腰掛け、「山崎」のロックで喉を湿らせる。

青木カレンイニシャルS氏イチオシのジャズシンガーとは、青木カレンだ。
BS AsahiTVのジャズ音楽番組「 Groovin' Jazz Night」のメインキャストとしても知られる。
アルバムを出せば、東京を中心に外資系レコードショップなどでジャズチャート1位をバシバシ出す実力派だ。

・・・問題はC級呑兵衛が、その凄さについていってないじゃん。
が、曲が変わるたびに声色が随分と変化する。同じ人が歌ってるんだよなあ。
太く低音が響くのが、あの華奢な身体とビジュアルからは想像できない。かと思えば、とても優しい包み込むような声にもなるわけ。
そりゃ聞き入るわね。

久々にバーに来たこともあって、アイリッシュウィスキーあたりもいっちゃう。
小気味いいアップテンポなリズムが続く。
お客さん参加型の曲もあったりしてね。
いい時間ですなあ。

ライブ終了後、青木カレン本人とも少し話が出来て一緒に写真も撮ってもらうことができた。
海外生活や東京での活躍が目立つが、出身は関西。我々にとっては「おかえりなさい」だ。今後がとても楽しみですなあ。

青木カレン■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:Left Alone
場所:芦屋市東山町4-13
電話:0797-22-0171
営業:17:30~24:30 月休

by nonbe-cclass | 2009-03-15 23:32 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

ボンバルディア DHC8-Q400

福岡に出張ということで、朝から伊丹空港にいた。
東京出張の際と時間帯が変わらない、いつもな感じで保安検査場を通過する。

いつもなら9番10番ゲートなんだけど、今回は検査場から右へ歩き12番ゲートへ。
「あれ?飛行機いないじゃん」

暫くすると、どこからともなくブイ~ンと音を響かせながら飛行機が入ってきた。
「ちっちぇーなあ、おい」
ボンバルディア DHC8-Q400だ。
e0173645_17402112.jpg

福岡便なのにプロペラ機なのか・・・
ボンバルディアと言えば、一時期、事故・故障が続いた機種として知られているよね。
着陸時、前輪が出ないというアクシデントを何度も耳にしたことがある。
あと、プロペラが機体の上にあるので、着陸時は、頭から突っ込むような形で滑走路に入らないといけないという、何かとパイロット泣かせだとも聞いたことがある。

色々と実績をお持ちの機種なのでワクワクしますなあ。

搭乗は機体が小さいので、フィンガーから直接は乗り込めず、一旦、外へ出る。
小さい飛行機でも、直接間近でこうしてみるとやっぱりいいもんですな。
e0173645_17411392.jpg
e0173645_17412353.jpg

飛行機に乗り込んだ途端、機内が広くないことはすぐに分かるんだけど、
入口右手すぐにもう座席がある。加えて、その上には荷物入れがあるわけ。
この荷物入れの角が乗り込む際に注意しないと、頭をぶつける可能性があるわけ。
ただ、そこは航空会社も考えていて、マジックテープで脱着可能なクッションをつけている。
C級呑兵衛は、それにすぐ気付いた。
・・・気付いたんだけど、そっちに気を取られて、そもそもの機内の低さを考慮せずに乗り込んだら、いきなりおでこと頭部前面を上部にぶつけてしまい、首をグキッといわしてしまった。

ブイーンと軽快なプロペラ音をならして滑走路を進み、いざ離陸というときになると、「ほないきまっせー」と言わんばかりにヴォ~ンとパワーを上げ、一気に速度を上げて飛び立つ。窓から見える景色・・・地面に近いだけに体感速度が速く感じる。
e0173645_17415010.jpg

雲を越えるんだけど、下にみえる景色がジェット機よりも近いのかな、じ~っと見入ってしまう。
帰りもボンバルディアだったんだけど、同じようにじーっと景色を眺めていると、キャビンアテンダントがお手製のルートマップをくれたぞ。
こうしたアットホームなサービスもしてくれるんだね。
いやいやどうして、快適な空の旅でしたな。

by nonbe-cclass | 2009-03-10 23:14 | ・C級呑兵衛 | Trackback(1) | Comments(0)  

河口メロン農園の篤銘果実「馨珠」

岡山出身のイニシャルF氏曰く、「これはいいですよ」
電話口でその良さを聞きながら、目の前でそのいただいた物の封を開けていた。

わお、これまた素晴らしい姿形をしたメロンですな。
河口メロン農園の篤銘果実「馨珠」だ。

馨珠「究極のメロンを作ってみせる」という強い思いから生まれた逸品だ。
メロンの中でも最高級とされるマスクメロン、しかも、アールスメロン原種(アールスフェポリット純系)にこだわり続けている。
コクと旨み、そして特有の香りが特徴だ。

糖度も一般的な基準13度を上回る15度とか。
実際に食べてみると、まず香りが凄いわね。
こんなに口の中で広がるかーってなくらい。
その後を追う甘味なんだけど、確かに甘い・・・とても甘いんだけど、嫌味のない甘さなのよね。
「上品な」と言えばそうなんだろうけど、飽きの来ない爽やかな甘さに脱帽ですな。

ウェスティンホテルをはじめホテルでの取扱いがある他、かなりメディアにも取り上げられているようだ。

by nonbe-cclass | 2009-03-04 23:29 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

クリスマスはいいんだけど

何でこんなに仕事がばたつくんだろう。
もう明日で仕事納めだぜ~
こっちがばたついていても、自分には関係ないと思って残業せずにさっさと帰る奴がいると、純粋にむかつく。

世間はクリスマスですわ。

C級呑兵衛にとっては誕生日なんですな、これが。
・・・ま、おっさんに更に磨きがかかるだけなんだけどね

子供の頃には、「クリスマスプレゼントと誕生日プレゼントって一緒なん?損やなあ」と不必要な心配をしてくれる人が多かったが、
それはそれで、ええもん買ってもらったりして、着地点はそれなりに見出してたぞ。

ま、それはそれとして今はというと、
家に帰ればケーキが待っているわけ。これが、クリスマスとしてのケーキなのか誕生日祝いのケーキなのかはあえて問うてはいないが、Jr.ははしゃぐわね。
ケーキの上のデコレート、甘そうなサンタ人形やチョコ板を真っ先にかっさらっていく。
C級呑兵衛はあまり甘いものを食べないので、それを横目で見てチキン肌になっている。

で、誕生日プレゼントを用意してくれている。
涙ちょちょ切れるね、何かなあ~

「・・・。」

銀嶺「立山」に剣先するめ

by nonbe-cclass | 2008-12-25 23:48 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(2)  

ABCハウジングで講習会

土曜日、朝から万博にある住宅展示場「ABCハウジング」へ向かった。
よく新聞の折込チラシが入ってるのをみるんだけど、
住宅展示場とはいっても、その中では色んな催しがあるのよね。

まつり王なので、催しものを楽しみにいくように思われるかもしれないけど、
今回は講師として招かれた
そ、このブログきっかけで。

バーチャル駅長の中でも香ばしく微妙なラインを暴走するC級呑兵衛、何でこんなところに声がかかるんだろうね。
C級、つまり、そんじょそこらにいる酒呑みおっさんなんだけど・・・

お題は、大人の趣味を楽しむ暮らしの講座「ブログって何?簡単ブログ入門」
大学講義と同じ、時間は90分。

ブログ入門というと、「実際にブログを書いてみよう」なんて、パソコンを前に基本的な操作を学ぶイメージがあるんだけど、
C級呑兵衛は操作や機能よりもネタが大切、ここが持続しなければブログが成り立たないと思ってるのね。

「これからブログをやってみよう」というのであれば、何故いまブログをしてないのか、どういうきっかけが必要なんだろう・・・そうしたことを含みながら、自分の実体験を織り交ぜながら話ができれば・・・

午前午後と1回ずつだったんだけど、とても熱心に話を聴いてもらって随時質問も飛び出したり。アットホームな雰囲気で出来たからよかったな。
一応、時間をイメージして資料も準備したんだけど、最初は10分程度オーバーしちゃった。

そもそも、本職がインターネットの業界でブログサービスも提供しているんだけど、
こうして、これから始めてみようかなとか、ブログに興味がある人達の疑問というのが改めて確認できて勉強になったな。
それに対してどう話せば理解できるかを考えることにもなったしね。

1月に入ってからも、堺にある美原会場(1月18日(日))で同じ内容を話すので、興味ある人は是非!

by nonbe-cclass | 2008-12-21 21:52 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)  

個性豊かな「つり革」持ち

この間、仕事の関係で飲み会があった時に、
「つり革」の話をしたら、「それはウソでしょー」なんてことになった。

いやね、別に大した話じゃないんだけど、
みなさんは、電車に乗る時、つり革をどう持ってる?
まあね、みると色んな持ち方してるわけ。
でね、面白いもので、そうしたことをホームページで紹介しているのもまたあるんだわ。それを信じてくれないわけ。

「つり革持ち方考」については、随分と昔から語られてる気がするんだけど、
つい最近、会社帰りの阪急宝塚線にのって、ふと車内をみると、

「おっと、国士無双」
一列、面白いくらいにみんなバラバラな持ち方してんだもの。
どんなことか、ちょっとだけ紹介しておくと・・・

輪に対して、片手の4本指をかけて握るのを標準とするなら、

指一本だけかける「ひっかけ」、

輪そのものを手のひらでもつ「黄門」(印籠を持つ感じから)、

両手で「両手掛け」、輪じゃなくて革をもつ「革持ち」、

いやいや、1つじゃ足りない「2個持ち」

輪に腕を通して網棚のバー持ちとか・・・いやー奥が深い。名前は人それぞれにつけてるみたいだけど。

いま、忘年会シーズンでしょ。
笑うくらい、複雑な持ち方してる人いるから。
というよりも、つり革に操られている人がいる

「つり革のことをどこかで書くかもしれない」
と、6300系リニューアルの時に、つり革の写真を撮ってるC級呑兵衛もどうかと思うわね。

by nonbe-cclass | 2008-12-04 23:37 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(4)  

折り紙の「パクパク」

「何番?」

「じゃあ3番」

「1、2、3。次何番?」

「9番」

「えーと。アホ」

いやいや、おかしいやろ。

おかしいと言ってるのは、結果が「アホ」だからじゃない。
アホがアホと言われているのだから、それは自然体で受け入れられる。
そうじゃなくて、結果を出すまでの行程が短かったことだ。

折り紙の「パクパク」の話
折り上げると傘のような形になり、指を入れて動かすと、上下左右に口が開く(冒頭写真)。
子供のとき、よく遊んだ記憶があるんだけど、「パクパク」って名前がついてるんだね。
今はそれ以外に「パックンチョ」とも言ったりするそうな。

でね、C級呑兵衛の子供の頃は、
最初、表面に書かれた数字を選ぶと、その回数分「パクパク」をパクパクするわけ。
冒頭の話でいくと3回動かす、ここは同じなわけ。

で、3回数え終わった段階で開いているパクパクの中面、またここにも数字がかいてるので、一つ選ぶ。冒頭の話でいくと9だ。
ここも、9回動かす
そして止まったところで最後、もう一度数字を選んで結果の洗礼を受けていた(その頃からロクな結果じゃないんだけどね)。
だから、冒頭の話でいくと、一作業省略されていることになる。

知人ファミリーとホームパーティをしている最中に、何気なく子供達の遊びに参加したら、そんなことが分かった。
昔に比べると、「時間」に対する感覚が随分と変わってるよね。
言葉を省略したり、塾や習い事で時間に追われる、瞬間的な判断が求められるゲーム・・・

「パクパク」のゲーム開始から「アホ」までの時間がすごく短いので、「あ、俺って凄いアホなんや」と感じさせられる。

by nonbe-cclass | 2008-11-23 23:24 | ・C級呑兵衛 | Trackback | Comments(0)