カテゴリ:阪急十三 居酒屋( 78 )

 

十三の居酒屋「串揚げ くしちゅう」

9月4日が「串の日」というのを知ってしまったので、
その日の夜、串かつを少しつまみたいなぁと・・・串かつといえば新世界だけど、わざわざ感もあるし、十三に降り立った。

で、やってきたのは十三駅東口側、十三駅前通商店街の中にある「串揚げ くしちゅう」だ。

e0173645_17014208.jpg

この商店街に、前からこんな店あったっけかなぁ。いつから営業しているのかはわからないけど、リニューアルオープンは比較的最近のようで、綺麗で気持ちがいい。木の温もりと白を基調としたおしゃれな空間だ(ますます十三っぽくない笑)。

串につけるタレの皿と、キャベツが出される。タレは、何を注文するかどうかは関係なく、デフォルトで5種入ってくる。
まずは、生ビール(中:500円)をもらって、と。

e0173645_17014400.jpg

メニューを眺めると・・・ところどころにネーミングで引っかかるものがあるのはひとまず後回しにして、価格帯としては90円から400円。新世界の串かつなど庶民系と比較すると少し高めにみえるけど、創作でこの価格帯だと良心的だとお思うよ。

まずは、豚ヘレ(180円)から。こちらは、からしソースでいただく。
おいおい、ふかっと柔らかい豚肉ですなぁ。

e0173645_17014661.jpg

お次は、レンコン(90円)。これはソースかなぁと思ったら「塩でどうぞ」。
それにしても、衣が軽くて香ばしいですなぁ。ここに、レンコンのシャクっとした歯ごたえが気持ちいい。塩で食べるから、レンコンの甘味がダイレクト伝わってくる。

e0173645_17014846.jpg

ばくだん(160円)。
料理の「ばくだん」も色々あるけど、ボカーン!といく爆弾のイメージよりは、華が咲いたようなほわっとしたのが出てきたぞ。あ・・・なるほど、中身はわかったけど和物ではないのか。そうすると、ばくだんの名前をつけたのはやはり外見からかしら。中身は、行ってのお楽しみにしとこか。

e0173645_17015008.jpg

ばくだんよりもイメージが沸かない、ミラクル(300円)。
店長おススメというのはいいんだけど、なんだ?串が出てきた時、あれ?茄子頼んだっけ?と思ってしまったフォルム。
あーなるほどね。それぞれの食材自体は普通にあるものなんだけど、そのマリアージュぶりが絶妙というところかしら。いや、そこにまだ隠し味でもあるのかな。
ばくだんに続き、これも行ってのお楽しみにしておこうかな。

e0173645_17015183.jpg

そして、よもぎふ(160円)。カラフルあられがキュートですな。
生麩ならではのとろもちっとした柔らかさ・・・のおかげで、あっつ!
お!よもぎの風味がよく立ってるわー

e0173645_17015325.jpg

こちらは、九州産の国産和牛ヘレ肉(380円)。
ぬお!なんじゃこの肉の柔らかさは。肉の筋肉質な質感を残しつつも、ふわふわした世界観がサイコー。和牛の中でもA4ランクを使っているというのを後から知ったけど、まあ、美味しいお肉だわ。

e0173645_17015567.jpg
e0173645_17015647.jpg

お魚もいっとくかな。三つ葉のキス巻き(200円)を。
おー、この三つ葉、シャキシャキ感と風味がとっても豊かだわ。キスも淡白な白身とはいえ、「これキスですよねー」と分かる個性をガンガンに出してくるので、好きやわぁ。

e0173645_17015849.jpg

いやあ、満足満足ー美味しかった~
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:串揚げ くしちゅう
場所:大阪市淀川区十三東2-6-12 1F
時間:17:30~24:00(L.O.23:00) 月休
電話:06-6301-0039

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-13 09:37 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「イマナカ酒店」

日曜日の昼下がりに、ふらふらーっと十三。
まあ、相変わらずのごちゃごちゃ感なんだけど、やっぱり、昼間はおとなしいな。

e0173645_09544866.jpg
e0173645_09543760.jpg

阪急十三駅西側のエリアを少し歩いたんだけど、おとなしい以上に場末感がすごいな。もうちょっと、勢いが欲しいところですなぁ。

e0173645_09544616.jpg

さてさて、昼酒をしたいんだけど、十三の日曜昼間は意外と難しい。
「十三屋」も行ってるしなぁ・・・ひっさびさに、あの空間に潜り込むか。駅の東側に出て、十三駅前通商店街の「イマナカ酒店」にやってきた。
十三の角打ちでは超有名な店だよね。

e0173645_09484779.jpg

店先にはバリケードが如く、タバコやドリンクの自動販売機が並ぶ。その自動販売機の合間にある隙間から店の中へ入る。店内は手前が販売スペース、奥へと進むと、飲めるカウンター・テーブルが広がる。
立ち飲み、とりわけ角打ちは、店それぞれに独特の空気感がある。ここも一番最初の時は入りづらかったわぁ(笑)でも、それになれるとホンマ居心地がええもんで。

カウンターに陣取って・・・ビールもらおうかな。
生ビールもあるんだけど、ここは瓶ビール(大:380円)を。目の前には、酒はもちろん缶詰や作り置きの一品が並んでいる。

e0173645_09485088.jpg

アスパラベーコン串(230円)もらおうかな。
どう?みんなはアスパラベーコンといえばどうイメージする?C級呑兵衛は、アスパラをベーコンで巻いて、鉄板で串焼きにしたものをイメージするんだけど・・・

まさかの練り物
(笑)
え、練り物の中にアスパラが入っているのは間違いないんだけど、ベーコンはその練り物を巻いてる?オモロイがな。

e0173645_09484854.jpg

もう一品、いわし煮付(200円)。
ちょっとレンジで温めて、ホクホクなところをいただく。酒は日本酒でもよかったな。

e0173645_09485280.jpg

馬のレースを楽しみにしてるおっさん群、やたら場を仕切っているようで単に声がでかいだけのおばはんなど、濃い~客層がわっさー。これもまた楽しみの一つですな。

気にある人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:イマナカ酒店
場所:大阪市淀川区十三東2-6-11
時間:9:00~22:00(日は10:00~20:00、祝は9:00~21:00)
   不定休
電話:06-6301-3361

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-06-13 13:21 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「中島酒店(くれは)」

この間の平日昼間、阪急十三の「十三屋」で酒を呑んだ後、駅へ向かって歩いている途中に、「中島酒店(くれは)」の前を通り過ぎる。十三では、名の知れた立ち飲みの銘店ですな。
そのまま、通り過ぎて家に帰るつもりだったんだけど、中に客がいるようだし、もう開いているなら、と、ちょっとだけ立ち寄った。

e0173645_12285728.jpg

勢いよく店に入ったものの、店の人は視界の中にはおらず、おっちゃん1人が呑んでいた。
少しすると、店の人が出て来たんだけど、「開店前ですんで、出来るもん限られますけど。」
しまった・・・入口手前でおっちゃんが呑んでるから、もう営業始まってるかと思ったじゃないか。後から考えれば、暖簾まだかかってなかったか・・・
店の人のこのセリフは、純粋にそう受け取るべきなのか、「あんさん、出直してきなはれ」と言われているのか悩んだぞ。そんな時に、1人呑んでいるおっちゃんが、「いいんですよいいんですよ、もう飲めますから。」と、適当なトークで割り込んできた。店の人の思いが後者だと、おっちゃんに蹴りを入れたい衝動に駆られているはずだ。

完全に気まずい状態のまま、芋焼酎(290円)ロックを注文する。
出来るもんが限られていると言われても、何が出来て出来ないのかが分からんな・・・
そこで、あんぺい(200円)を。もう夏ですなぁ・・・ひんやりと柔らかな食感がグー。こんな感じの一品メニューがたくさんあるぞ。

e0173645_12290705.jpg

いくら気まずいといっても、焼酎1杯に一品で締めて500円以内ということになれば、ますます店との距離を作ってしまいそうだ。店の人は、そんなことを思ってはいないはずなのに、小心者というのは妄想の世界がすごい。

で、焼酎をおかわりしつつ、つぶ貝煮付(260円)を追加でお願いする。
ここでは、酒の値段も肴の値段も破格なんだけど、缶詰や乾きものなどもメニューになっている。このつぶ貝煮付も缶詰じゃないかなと思うんだけど、冷蔵庫から出したかと思えば、そのままレンジで一度温めてから出てきた。あーこれで十分十分。つぶ貝美味いなぁ。

e0173645_12290903.jpg

結局、営業が始まるくらいの時間に、店を出ることになった・・・
おー外はまだ明るいぜ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中島酒店(くれは)
場所:大阪市淀川区十三東3-28-4
時間:16:00~21:00 日祝休
電話:06-6304-6096

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-06-15 13:07 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「十三屋」

最初に。
十三の居酒屋って今まで、「居酒屋めぐり(関西)」というカテゴリでネタを書いてきたんだけど、過去のネタも含め、新たに「阪急十三 居酒屋」というカテゴリを設けたよん。十三で飲もうかな・・・と思う人は参考にしてねー
パソコンでブログをチェックしている人は、ブログページの右側のカテゴリからどうぞ。


さて先日、平日に休みを取ったので、午後から十三に向かった。
しょんべん横丁の解体工事が始まり、また、焼肉「請来軒」の仮オープンなどがメディアで話題になっている中、
十三駅東口側で営業を始めている「十三屋」に行ってみることにした。

e0173645_10385632.jpg

「!」

おいおいおい、平日の今は・・・14時半少し前。満員御礼状態じゃないか!
ま、この路地入ってから、店の盛り上がりが漏れ聞こえてきたから、まじか!とは思ったけども。
しょんべん横丁の店舗ほど、もちろん広くはない。でも、あの活気や雰囲気は健在ですな~
ちょうど人が出て、かろうじてカウンター席が空いたので、おじゃますることに。
カウンターは7席、テーブル席は4人掛けが4つというキャパだ。

いつものおやっさんもいて、何だかホッとするな。
じゃあ、ビールを大瓶(450円)で。

カウンター一番奥に座って、店入口のホワイトボードを遠目に眺める。
あれ?鯖造りあるんちゃうん?と、おやっさんに注文して厨房に通ると、「え?鯖なんか書いてる?」と返りが・・・雲行きが怪しいなと思ったら、鯖ではなくて鯛って書いてあることが判明
おやっさん頼むでーとか思いながら、ボードも何かを消した後のと一緒になって、鯖に見えたんだよな。

じゃあ・・・恥ずかしい思いをしたところで、トーンと本鮪造(700円)いただこうかな。注文では「上マグロ~」って言ってたな。
もちもちもちとした質感がええですな。

e0173645_10385019.jpg

店のキャパは小さくなっても店員の数は今まで通り?なので多い気がするな・・・厨房の勝手も違うだろうし、狭い中を工夫しながらって感じ。でも、和気藹々としているところが店の雰囲気にもなっているんだよね~

子持ちいか塩焼(350円)を。
小ヤリイカ?飯イカ?よく分かってないんだけど、ホントいかめしが如く、ご飯が詰まっているかのような食感でウマウマ。イカそのものの食感は柔らかいんですなぁ。

e0173645_10385246.jpg

あと、生しらすポン酢(350円)。
ねっとりもったり感が満載の生しらす。つるっといって、滑らかな食感を楽しむ。ウメ~
あーこりゃ、日本酒が欲しくなるなぁ。

e0173645_10385409.jpg

いい昼酒が出来てよかったーまた来よ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:十三屋
場所:大阪市淀川区十三東2-11-14
電話:06-6309-8816

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-05-25 14:10 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「炭焼やきとり一番」

先週の日曜日、十三にいた。
阪急十三駅西口側は、火災の影響でまだまだ復興には時間がかかりそうだが、
しょんべん横丁の前では、復興に向けての署名や募金活動が行われ、アーケード
商店街の屋根からは、十三トミータウンを応援するアリナミンVの垂れ幕がかかる。

e0173645_09495142.jpg

どっかで昼酒しようかなぁ・・・
しょんべん横丁は当然無理だし・・・

「!」

いや、無理じゃなかった!
しょんべん横丁を北側に回ってみると、もちろん通り抜けは出来ないが、一部店舗が営業してるじゃないか。

e0173645_10031617.jpg

営業を開始しているのがスナック・居酒屋なので、営業は基本夜だわね。この日曜昼間の今、営業している店なんて・・・おー!あるやないかーい!

横丁の入口で署名・募金活動しているテントがあるので、そこの人に「お店やってますか?」と聞いてみると、「明かりはついてますけど、営業しているかは分からないので、行ってみて下さい」とのことだったので、行ってみることに。

進める所まで行ったところで、「えんむすび」「炭焼やきとり一番」の照明がついていた。
「えんむすび」は営業していたかもしれないけど、入口で何やら作業をしていたので、今回は、その手前「炭焼やきとり一番」の縄のれんをくぐることに。外から様子を伺っていたら、大将が店から出てきて「よかったらどうぞー」と声をかけてくれた。

e0173645_09034520.jpg

「炭焼やきとり一番」は、京都を中心に全国展開する焼鳥店なんだけど、ここ十三でのオープンは比較的新しく、昨年の夏だ。
話によると、この横丁は常連客が多いエリア(ま、このコテコテ感からすると間違いないわ)で、なかなかそういった店に入れない人が、この店に流れてくるようだ(笑)これ分かるわ~
新しいお店だけど、常連客もしっかりつかんで、すっかりこの横丁に馴染んでいるんですな。

朝引き大山鶏を使っていて、柔らかい肉質に適度な弾力が特徴ですな。1本単位で注文できる。
生ビール(380円)をもらって、まずは、こころ(120円)。少し甘めのトロッとしたタレがかかる。

e0173645_09034879.jpg

そして、はさみ(130円)は、あっさりタレで。鶏身が柔らかくて美味いなぁ。

e0173645_09035081.jpg

ねっく(130円)に、しそ巻き(130円)。
あら、しそ巻きが、予想以上にふわっと柔らかくてウメー

e0173645_09035599.jpg
e0173645_09035380.jpg

表面をカリッと焼き上げた手羽先(150円)、中はジューシーだわ。

e0173645_09035252.jpg

ささみあっさりポン酢(380円)。
ポン酢はご存知、旭ポン酢で。大根おろしと合わせていただく。ムニムニ食感がたまらん。酒が進むなぁ、黒霧島(290円)もらおうかな。

e0173645_09035785.jpg

おーっ、ふわっと仕上がった月見つくね(320円)。
この鮮度抜群の濃厚な黄身をたっぷりつけて・・・つくねにしっかりまとわりついて、まろやかな味わいに。

いかだ(200円)は、太めのしっかり白ねぎで、かぶりつくと、独特の鼻にツーンとくる辛さがきて、その後のシャキシャキ歯ごたえがたまらん。

e0173645_09040005.jpg
e0173645_09035917.jpg

火災以降、営業しているということがあまり知られていないようだ。
C級呑兵衛もそうだったんだけど、火災直後に「大丈夫か?」と見に行った時に、横丁全体が封鎖されていたので、当面の営業はないと思ってしまって、そのまま横丁への足が遠のいていた(十三で飲むにしても)。それは、常連さんも同じようだ。
でも、「炭焼 やきとり一番」は営業してるよん。

色んなホームページでは営業は夜だけの書き方をしているけど、日曜日の昼間から営業しているというのが有難い。
しょんべん横丁で昼酒できまっせ。是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:炭焼 やきとり一番 十三西口店
場所:大阪市淀川区十三本町1-4-19
時間:17:00~25:00(日祝は~24:00) 不定休
電話:050-5799-2719

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-04-29 11:07 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三火災と居酒屋「得一」

阪急十三駅すぐ西側にある「しょんべん横丁」の火災は、その規模も大きく、メディアで随分と取り上げられることになったけど、普段から、酒を飲むおっちゃんの聖地なだけに、C級呑兵衛としては悲しいの一言に尽きる。ここのところ、案外と十三率も高かっただけに、ひとしおだ。
現在でも、阪急十三駅の西口改札口は閉鎖されている。

火災は、3月7日(金)早朝に発生し、その週末に仕事で大阪市内に出たので、帰りに十三に立ち寄ってみることにした。十三駅は東口から出て、高架をくぐって反対側へ。

西口改札前は、消火活動による放水で水浸しだった。

e0173645_10204382.jpg

あぁ・・・これは厳しい・・・
報道ニュースで、パッとは見てたけど、目の当たりにすると言葉が出ないわ。このタイミングでは、どの店が実際に火災に遭っているのかというのが分からなかったのね。お気に入りの「十三屋」は大丈夫かな・・・などと思っていたけど、実際にみると、それどころの話じゃなかったね。

e0173645_10203873.jpg

昨年の11月、「十三屋」に隣接する「串徳」に行ったんだけど、その時の写真がこれ。

e0173645_11075941.jpg

それとほぼ同じ位置から今回撮影したものがこれ。
「串徳」の建物はかろうじて2階部分が残っているけど、「十三屋」から奥の店舗、跡形もなくなっている・・・

e0173645_10214288.jpg

十三駅西口出てすぐに入れる路地の部分も、ご覧の通り。
「トリスバー」「請来軒」など、名店中の名店も軒並み焼失してしまった・・・復活に向けてコメントをする店舗もある中、全く同じ状態での復旧というのは、色々と難しい面も出てきそうだ。でも何とか元気な形で、賑やかな横丁に戻ってほしいな。

e0173645_10203597.jpg


「しょんべん横丁」の反対側の入口に回ってみたんだけど、横丁自体の立ち入りができない状態だ。

e0173645_10204007.jpg

さて、沈んだ気分のままじゃ駄目だね。
「十三バル」も、こういう時だからこそ予定通り開催するという事だし、十三火災をきっかけに、足が遠のくということがないようにしたいな。

少し、「得一」に立ち寄ってみる。

のれそれポンズ
(230円)。今が旬の、のれそれとは、穴子の稚魚ですな。つるっと喉越しが良くて、ほんのり甘め。酒にぴったりの珍味ですな。

e0173645_10253482.jpg

そして、さばきずし(280円)。
生のさばがしっとり美味いねー、酸味が強くなくて刺身を食べているよう。

e0173645_10253677.jpg

お!まじか!お手頃だし注文しよー
活とらふぐてっさ(530円)に、日本酒(一合200円)。

e0173645_10254036.jpg

ふぐのてっさなんて久々だよ~しかも、とらふぐだっせ。
いやん、この食感最高やん。ぐみぐみ、噛めば噛むほど味が出てくるー
く~日本酒に合うー

e0173645_10253957.jpg

十三の益々の発展を祈りながら、また、十三に足を運ぶとしよう。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:立呑み 得一 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-9-6
時間:15:00~23:00
電話:06-6886-7724

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-03-16 11:43 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「吾菜場」

先月のお話。
いやぁ最近、十三率が高いなぁと思いつつ、また、十三にやってきた。しかも、平日の夜ではなくて、昼間。
昼酒になると、同じ居酒屋でも雰囲気や客層が違うんだよね~

久々に、暖簾をくぐった「吾菜場」
しょんべん横丁の中でも、比較的、店の中外から招き呼び込みが活発な店ですな。以前、店の外からちょっと覗いたら、店員どころか、カウンターに腰を掛ける数人の客からも一緒に、手招きをされた記憶がある

e0173645_07473286.jpg

平日の昼間だというのに、なかなかの客入りですな・・・注文を聞いて回るおかあさんが、常連客との会話を交わしながらやってくる。
「なにしましょ?」、相変わらずの人懐っこい感じは、すぐに体感できるぞ。

店内に、「本日のおすすめ」と書かれたホワイトボードがあるんだけど、それが、4つも5つもあるんだよね。座る位置によって見えない人もいるからか・・・と思ったら、「全部内容ちゃうやん!」
メニューが結構豊富なので、とりあえずは、挙動不審でも、一通り店内を見てから注文しよう。お造りは、一部を除いて500円以内ですな。

さて、生ビール(380円)にきずし(450円)。
あ、そんなに酸味も強くなくていいや。

e0173645_08475453.jpg

「?」

あれ、暫く待てど来ないな・・・
「ごめん、なんやったっけ?」・・・おいおい、そんなに注文してないぞ(笑)
「あかんわー向こうのお客さんのと、ごっちゃになってるわー」、そんなことをブツブツ言いながら、話しかけてきては謝ってきたり。いや、急いでないからいいよいいよ。

で、やってきたマグロ造り(500円)。
大衆居酒屋らしい、筋入りまぐろ切り身をでっぷりと。
ゆっくり流れる時間に合わせて、ムニムニと味わう。
もっと、えーやつを食べたいなら、上マグロ造り(700円)なんてのもあるよん。

e0173645_07473542.jpg

焼酎の芋を・・・「田苑」(300円)にして、と。

「よー来てはるんですか?」「まぁ、たまにですけどな」
一人客のおっちゃんが、隣の一人客のおっちゃんに声をかけている。会話が、目茶苦茶大阪弁でドラマみたいなんだけど、そういう光景は十三では珍しくない。それを楽しむ人も多いだろうしね。

ホント、軽い飲みだったけど、居酒屋ワールドは満喫したな。
また、来よー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:吾菜場
場所:大阪市淀川区十三本町1-2-5
電話:06-3608-1732

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-03-01 09:10 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(2)  

十三の居酒屋「家庭料理 うさぎ」

東京出張の帰り、日本酒をちょっとだけ飲みたいと思い、ふらっと立ち寄ってみた。
阪急十三にある「うさぎ」だ。
東京駅を出る時に、立ち食い蕎麦を食べて腹もちが良かったのか、また一から食事というほどでもなかった。うまい具合に、付き出しで牛肉たたきやスペアリブなど、小腹を満足させる惣菜が並んだ。

酒は、「獺祭」磨き三割九分純米大吟醸 夏仕込しぼりたて生酒
華やかな吟醸香が素晴らしい。美味しいーわー

e0173645_12052684.jpg

そして、奈良は桜井、今西酒造「三諸杉」純米吟醸 露葉風 無濾過生原酒
口に含むと、深みのある甘みにぐっと引き込まれる。美味い!


e0173645_12053159.jpg

「鴨あるけど食べる?」と聞かれて、それが刺身であることが分かると、即「いります」返事。刺身ということは・・・と思って聞いてみると、やはり、ツムラ本店の河内鴨だ。それを確認できただけで、すでにパブロフの犬状態。

e0173645_12052910.jpg

この河内鴨、適度な脂からか、滑らかな質感に噛むほどにコクのある味わい。
いやぁ、酒の肴に贅沢な一品ですなぁ。

さらに一杯。宮城、山和酒造店「山和」純米吟醸無濾過生原酒
日本酒度は+1なんだけど、ぐびっといくと、タン元に辛味。でも、さっと引いて後味がめちゃ爽やか~
くーウメー

おっと、24時になる前に店を出るとするか。
また、来よー


「・・・。」
話が終わるようにみせかけて・・・

そういえば、昨年11月にここを訪れていた。
10周年を迎えたということで、ひっさびさに訪れて超満員だったんだよね。何とか店に入ることは出来て、その時、初対面の人とも仲良くなり、一緒に呑んで楽しかったわー

いかのわた煮に、きずしを肴に・・・

e0173645_14213927.jpg

酒は、伊賀は若戎酒造「真秀(まほ)」育酛純米吟醸(650円)から。クリアな喉越しに程よい旨味が広がる。
ちょこちょこっと、牡蠣やお肉など一品を出してもらいながら、神戸市の小山本家酒造「空蔵(くぞう)」全量雄町 無濾過生原酒 純米吟醸(750円)。お米の香りが引き立つ旨口な酒ですな。

e0173645_14213866.jpg

そして、山形は鶴岡市竹の露合資会社の「白露垂珠(はくろすいしゅ)」純米吟醸限定無濾過しぼりたて生原酒 美山錦
濃厚な中にも、上品な香りがいいね~お肉との相性もピッタリ。

e0173645_14214163.jpg
e0173645_12080105.jpg

超満員でバタバタしているはずなんだけど、何だかんだ言いながら、美味しい肴と美味しいお酒でバッチリ満足。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:私選旨酒 家庭料理 うさぎ
場所:大阪市淀川区十三東3-27-22
営業:11:30~14:00、17:30~22:30 日祝休
電話:06-6309-0321


【 C級呑兵衛からのお知らせ】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-22 15:30 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「丸一屋」

絶対、以前に入ったことあると思うんだけど、ブログには書いてないんだよななぁ…日曜日の夕方、仕事帰りに阪急十三駅で途中下車。西出口から続く商店街を抜け、交差点を渡ったところにある居酒屋。

「丸一屋」だ。

e0173645_07482909.jpg

かけつけに瓶ビールをもらい、ホワイトボードに書かれた今日のおすすめを確認する。
基本的になーんでもある感じなので、その時の気分でチョイス出来るのが嬉しい。なるほど、お造りあたりもあるので…さざえのお造り(600円)をもらおうかな。

2個のさざえが、手際良く調理され盛り付けられる。きも(尻尾の部分)は、鉄板で少し焼き目をつけて。
ぬぉ!こりっこりやな。歯を当てても、ゆっくり噛みきれる弾力ある肉質。ウメー

e0173645_07483129.jpg

きもが、これまた全く臭みがなく、大人な苦味だけがまとわりついてくる。いかん、こりゃ日本酒に切り替えなきゃ。

e0173645_07483376.jpg

そして、わけぎ酢みそ(350円)。
湯引きしたタコとわけぎに、どわっと酢味噌がかけられる。わけぎが、しゃきしゃきで美味い!なかなかいいボリュームで、酒飲みには有難いアイテムだ。

e0173645_07483743.jpg

「おいおい、うどんかよ・・・」

と思わせた、湯豆腐(300円)。
豆腐はどうだろう…半丁くらいかしら。これが、うどん鉢みたいなのに入って出てくるんだけど、ダシも、とろろ昆布込みで、うどん並みに入ってるわけ。
でも、このダシを肴にこれまた酒が飲めるので、実は有難い。
三つ葉、ゆずがいいアクセントになっている。

e0173645_07483547.jpg

いい感じで、ちょい呑みが出来たな。こういう店はホント有難いですな〜
気になる人は是非〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸一屋 本店
場所:大阪市淀川区十三本町1-8-14
電話:06-6390-0018

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ ●C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-19 07:23 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

十三の居酒屋「きっちん喜多村」

梅田で野暮用を済ませ、十三にやって来た。
1人なら、駅周辺の大衆酒場の暖簾に直行だったかもしれないが、今回はファミリーなので、もう少し食事の出来るところへ。
阪急十三駅西口から、塚本へ向かう府道16号線を15分程歩く。北野高校、新北野中学校を過ぎたところで左に折れ、すぐ。

「きっちん喜多村」だ。

e0173645_11455707.jpg

みんな知っていると思うけど、タレント、トミーズ雅さんの店ですな。
窓越しの棚には、ボトルキープされた焼酎が並んでいるんだけど、さすが、芸能人の名が並んでいる。

e0173645_11462205.jpg

まずは、マグロのカルパッチョ サラダ仕立て(750円)。
適度な酸味のドレッシングに、少し塩も振ってあるのかしら。まぐろのしっとりとした質感がいいですなぁ。アスパラやパプリカなどがちりばめられているんだけど、野菜の食感が新鮮でシャキシャキだ。

e0173645_11475152.jpg

こちらは、マサのおかんのほうれん草サラダ(500円)。
雅さんの家では、ほうれん草はこうやって食べていたんだそうだけど、密度の濃いほうれん草をこれだけ食べるってなかなかないよなぁ。卵の白身と一緒に、あっさりマヨネーズで和えてある。

e0173645_11500161.jpg

カキのアヒージョ
(750円)。
お、いい感じの牡蠣がぱっと見た目よりもコロコロと入ってるな。あ、この味付け美味いなぁ。いい感じでニンニクが効いて、バケットにつけて食べても、味がしっかりつくので、バケットお替りしたかったくらいだ。
牡蠣ウメー

e0173645_11513885.jpg

Jr.はカルビ丼を注文。紫蘇がちりばめられているんですな。
柔らかいカルビがお気に召したようだ。

e0173645_11520426.jpg

これは、めちゃうまハンバーグ(700円)。ぎゅっと密度の濃いハンバーグも、肉の脂の旨味がよく出てウマウマなんだけど、このかかっている軽い甘めのソースもグー。これ、玉ねぎの甘さで、白ワインで煮詰めて作ったオリジナルソースなんだそうな。

e0173645_11524621.jpg

白ワイン(400円~)に、プリッツパスタ(200円)。
あ…これ、食べ出したらやめられへんわ。カリッカリに揚げてあるところに、絶妙な塩加減~

e0173645_11524916.jpg

海老のオーロラソース(680円)は、海老チリみたいなものが出てくるのかと思ったら、アメリカンドッグのような衣に、淡いピンク色のソースがおちゃめ。
ふわふわ海老がたまらんわね。このソースも嫌みな甘さがなく、でも濃厚さがほしいというわがままを叶えてくれている。

e0173645_11525179.jpg

とびっことツナのトマトクリームパスタ(800円)。
トマトに…クリームの濃厚ソースなんだけど、このこってりな感じがたまらんわぁ。このこってりな味わいと質感に、とびっこのわんぱくなプチプチ感が炸裂する。

e0173645_11525300.jpg

シメは、どんどこライス(650円)。
洋食な感じのところに、庶民的なメニューがあるのも嬉しい。
たっぷりの玉ねぎ、キャベツ、ベーコンを炒めたところを、卵でとじる。にんにく醤油で味付けしてあり、これを皿に盛られたご飯に、わっさーとのせる。
わー、美味い。学生のノリでがっついてしまう。

e0173645_11525576.jpg

居酒屋でお酒を飲むというよりは、お酒もしっかり飲んで、食事もしっかりいただくスタイルですな。
満足満足~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:きっちん喜多村
場所:大阪市淀川区新北野3-9-14
時間:18:30~翌3:00 火休
電話:06-6885-3009

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています! facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ) ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-02-04 22:17 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)