カテゴリ:食べ歩き(ラーメン)( 117 )

 

川西能勢口の台湾ラーメン「雲照」

1月末、川西能勢口の「ROCK」に行った後、
呑んだシメというほどでもないけど、小腹に何か入れとくか、と、「ROCK」そばの台湾ラーメン「雲照」に入った。
だいぶと以前からこの場所にある気がするんだけど、オープンして5年くらいなんだね。

e0173645_20571001.jpg

あら、なかなか混んでますな。
テーブル席もあるけど、ほぼカウンターの店内。「すんませーん」と、間に失礼してカウンター席に腰を掛ける。

ご飯ものや一品ものもあるんだろうけど、台湾ラーメン(680円)をいただこうかな。オーソドックスなもの以外に、カレー風味やチゲ風味なんてのもあるんですな。

e0173645_20571426.jpg

たっぷりミンチとニラが嬉しい。特にミンチがなかなかのボリュームで、味わいもスパイシーなんだよね。
台湾ラーメンならではのピリ辛さはもちろんあるんだけど、肉な感じの味わいが勝つ。それでいて、あっさりとまとまっているので、後味もさっぱりだ。
もちっと麺との相性も抜群ですな。

e0173645_20571775.jpg

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:台湾ラーメン 雲照
場所:川西市小花1-2-3 1F
時間:17:00~翌3:00 不定休
電話:072-759-8800

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-03-11 07:51 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(2)  

十三の台湾まぜそば「まぜる」 oishii

阪急十三駅西側、国道を挟んだ先にある繁華街、十三栄町商店街
ザ・十三な光景が広がる通りなんだけど、ここに台湾まぜそば「まぜる」が出来ている。

e0173645_07340587.jpg

奥へと続く縦長のL字カウンター席のお店。適当に席に座って注文したけど・・・あ、入口に券売機があったのか。改めて、チケット買って、と。
「台湾まぜそば」の店なので、餃子くらいはあるものの、メニューは台湾まぜそばシリーズだ。カレーとかパクチーとか10種類くらいあるのよね。

今回は、初参戦なので、オーソドックスな台湾まぜそば(780円)を。
豊中の「麺やマルショウ」以来かな、台湾まぜそば。

e0173645_07340632.jpg

卵黄が日の丸的に盛り付けられた状態だけど、店名の通り、これをよく混ぜる。とにかくまぜる。

麺は、町田製麺所のものだそうで、太麺だ。もちもちもっちりで、しっかり弾力で美味しいですなぁ。そして、底にある旨みタレは、15種類の調味料を配合したもので、自家製煮干し油とネギ油を加えたものなんだって。香ばしい風味が楽しめる。
ピリ辛なのは、肉味噌か・・・台湾ミンチの肉味噌は、鷹の爪、豆板醤、甜麺醤、生姜、オイスターソースで煮込んだもの。ここに、魚粉の味がかぶさってくる。

カウンターには、自家製昆布酢、自家製辛味などがあり、好みで味の変化を楽しもう。

で、恒例の麺を食べたあとは、残った具に追い飯。

e0173645_07340999.jpg

ん?
食べ終わったあと、器の底に「中吉」の文字。おみくじになっているのね。

e0173645_07341101.jpg

「丼ぶりの底に「大吉」「凶」が出ましたらスタッフに申し付け下さい。」
「凶」がでた時にどうなるのかが気になるな・・・

台湾まぜそば、おみくじが気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:まぜる 十三店
場所:大阪市淀川区十三本町1-7-33
時間:11:30~25:00(L.O.24:30)
電話:06-6304-0070

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-02-19 08:11 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(2)  

蛍池のラーメン「海宝」

国道176号線、蛍池から大阪国際空港に向かうT字交差点のところ、ラーメンのお店「海宝」にやってきた。隣りに、海鮮居酒屋「海ほたる」があるんだけど、兄妹店なんだって(本当に、兄と妹だそうで)。
海老味噌ってのがそそりますなぁ。

e0173645_07470231.jpg

海老ラーメンとして、スープに海老の香ばしさが加わったものは、これまでにも他の店で食べたことはあるけど、ここの海老味噌ラーメンは、海老そのものが入ってくる
店の外の看板にも、「海老営業中」「オマール海老まだいます」と、かなりの海老オシ。数量限定で、スープがなくなっても終了になってしまうので、それが分かるようにもしてあるんだね。

じゃあ、オマール海老味噌ラーメン(980円)のリゾットランチ(+130円)にしようかな。
しばらく待っていると・・・はい、ドーン。

e0173645_07470436.jpg

おゴージャスな感じになってますな(笑)
これ、オマール海老に目が行きがちなんだけど、このラーメンには、オマール海老以外にも、甘海老丸ごと、干し桜海老も入った海老三昧スープだったりする。

最初に、そのままスープを頂く。お、海老の香りを存分に感じながらも、コクがある濃厚なスープですな。麺は、細めの縮れ麺で、スープによく絡む。

食べ進めながら、このオマール海老の頭にある味噌をホジホジして、スープの中に。かに食べるときのフォークを使うだけでなく、手でパカッと開いて、奥にある味噌までかきだす。

海老風味が一層に増すわね。

e0173645_07470506.jpg

すだち餃子
(5個390円)ももらっとこうかな。
ちょっと変わっていて、すだちを絞って黒胡椒で食べる餃子なんだよね。すだちもそうだし、にんにくを使っていないこともあって、餃子は非常にさっぱり頂ける。ラーメンが濃厚なので、いいバランスだ。

e0173645_07470867.jpg

ラーメンを一通り食べた後、器は一旦下げられる。
しばらくすると、小さな器に変わり、あっつあつの海老チーズリゾットがやってきた。海老海老の香ばしいスープにこのチーズが合うね~。ウメー

e0173645_07470911.jpg

あ~食べた食べた。
海老好きな人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:海宝
場所:豊中市蛍池東町2-4-7
時間:11:00~14:00、18:00~24:00(日は18:00~22:00) 木休
電話:080-3765-0171

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-01-15 07:35 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

和歌山のラーメン「丸高中華そば 六十谷店」

白浜に行った際の帰り。
行きも食べたんだけど、また、和歌山ラーメンを食べるため、和歌山市内で高速を降りちゃったよ。今回、おじゃましたのは「丸高中華そば 六十谷店」だ。

e0173645_07053345.jpg

店内は、ラーメン店というより街中にある食堂って感じ。
時間が遅かったこともあってか、早すしが品切れになっていて残念。じゃあ、中華そば(600円)をお願いしようかな。

・・・きたきた。
ここの中華そばも、豚骨醤油系で見た目こってり感満載だ。チャーシューの他、メンマ、青ネギ、千代巻がトッピング。美味そうじゃあないかぁ~

e0173645_07053550.jpg

あ…少し塩味が効いてコクもあるんだけど、見た目に反して、ことの外あっさり。でも、後味はこの味をそのまま引っ張る感じだ。丸みのある滑らかなスープだけど、醤油はばっちり主張している。この塩味は醤油なんだろうね。

e0173645_07053790.jpg

麺は、中細のストレート麺で、少し固めの状態で茹でてある。いい感じでスープと絡んでグー。チャーシューが薄切りなもんで、合いの手の如く、いい感じで途中で口に放り込めるわけだ。このチャーシューも、しっかり味が付いていいね~

あー満足満足。
和歌山ラーメン食べたくなった人は是非〜

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:丸高中華そば 六十谷店
場所:和歌山市六十谷69-11
時間:11:30~22:00 水休
電話:073-461-0086

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-02 23:29 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

和歌山のラーメン「井出商店」

先日、家族で久々に、ばあちゃんのいる白浜へ出かけることになった。
いつも、金曜日の夜に出発して、現地に24時頃に到着するんだけど、今回は一度、和歌山で降りて腹ごしらえを・・・

21:30頃かな、「井出商店」にやってきた。
和歌山ラーメンの代名詞か、というくらい超有名なお店ですな。そうではあるんだけど、恥ずかしながら、初井出商店なんだよね。

e0173645_14212400.jpg

待つこともなく、中に入るとほとんど客はいない状態。まぁ、時間も遅いし、人気店とはいえ、普段はこんな感じなのかな。

e0173645_14212879.jpg

和歌山ラーメンと言えば、ラーメンと一緒に寿司をつまむのが一般的だけど、この早すし好きなんだよね~。井出商店では、シンプルにすし(150円)というメニューだ。
テーブル席に最初から積んであるので、ラーメンが出てくるまでに、1つ手に取ってパクつく。程よい酢〆が食欲をそそる。

e0173645_14212663.jpg
e0173645_14213169.jpg

和歌山ラーメンとはいわれているけど、現地では中華そばね。
オーソドックスに、中華そば(700円)を。井出商店では、あれこれメニューがあるわけではなく、中華そばか、特製中華そば(チャーシュー)で勝負している。

おすすめPOPが貼ってあったので、味付煮玉子(100円)も追加でお願いする。すると、ラーメンより先に小皿に入って出てきた。いい色に仕上がってますなぁ。

e0173645_14212971.jpg

待ってました、中華そば(700円)。
和歌山ラーメンっていくつか種類があるようだけど、大きくは醤油系、豚骨醤油系に分かれるそうで、井出商店は後者だ。「和歌山ラーメンといえば」の内容も、この後者スタイルで全国区に伝わっているが、地元では必ずしも多数派というわけではないようですな。
かまぼこの形状がキュートですな。

e0173645_14213414.jpg

濃い目の醤油色で、少しとろみを感じる質感・・・濃厚なスープ。
食べ進める間、こってり豚骨のはずでそう感じるんだけど、臭みがないのでくどくなく、自然と身体に馴染む。醤油の香ばしい塩辛さもいい感じ。
ここにストレートの細麺。スープによく絡むわ。さっきの煮玉子の黄身も、とろっとした食感がたまらん。
このままでいくと、食べた後こってりかなと思いきや、びっくりするほど後味がスッキリしている。

あれ?
食べるのに集中してたから気が付いてなかったけど、店を出る時、満員御礼になってた。やっぱり、たまたま空いたタイミングだったんだ。もうすぐ22時になろうというのに、すごいな。

うまかった!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:井出商店
場所:和歌山市田中町4-84
時間:11:30~23:30(L.O.23:30)木休
電話:073-424-1689

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-28 07:08 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

池田のラーメン「中華そば ハチ」

それにしても暑いですなぁ。
でもまあ、暑くてもラーメンて食べたい時には食べたいわけで。
阪急池田駅から、ちょっと歩くことにはなるんだけど、行ったことがないということで、池田にある「中華そば ハチ」にやってきた。
ランチだけでなく、飲んだあとの締めの一杯に立ち寄りたい雰囲気がムンムンの店構え。

e0173645_16584995.jpg

池田は、ご存知、何かとラーメンについてはわーわー言っとりますが、
この「中華そば ハチ」、他との違いは、高井田系でございます。
中に入ると、カウンター席、テーブル席含めて、どうだろう20人ほどのキャパかしら。メニューをみると、中華そば、チャーシューメンのみで勝負だ。
ちょっと、歩いてきて暑かったので、取り急ぎ、瓶ビール(500円)を貰うとして、シンプルに、中華そば(650円)を食べてみることにした。
麺の茹で時間が少しあるので、ビールでとにかくクールダウン。

しばらくして、中華そばがやってきた。
なんということでしょう、この見事なビジュアル。食欲そそるよね~
青ねぎのざっくりカットとボリューム感に泣ける。メンマもたっぷりね。

e0173645_16585160.jpg

高井田系ラーメンは、何度か食べたことがあるんだけど、
特徴としては、鶏がらと昆布ベースの醤油に、極太の丸麺。もちろん、「中華そば ハチ」もその特徴通りだ。
鶏がらベースでも、透明感はなく色は醤油な濃い~色のスープ。色味に反して、醤油の味はしっかりありながらも、とってもまろやかで優しい。そして、甘い。かつて播州ラーメンを食べた、あの甘さが蘇る。スープかタレに、野菜などを煮込んだりしたものが入っているとか、砂糖を入れているとか・・・内容は分からないけど、この甘さもクセになる。

e0173645_16585386.jpg

丸麺は、固めのストレート。茹で時間に7分ほどかかりますって書いてたけど、それだけ茹でても、これだけしっかり固いってすごいな。箸ですくい上げると、麺がスープの中に戻ろうと、ぴょんと反り返る勢いだ。
丸麺ならではの喉越しよろしく、この弾力も楽しいねぇ。
塩味の勝つチャーシュー、味付けメンマもグー

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中華そば ハチ
場所:池田市鉢塚1-1-20
時間:11:30~14:30、18:00~21:30 月休
電話:090-9620-6869

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-08-02 09:01 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

京都のラーメン「東大」 oishii

先日、仕事で京都に行った時のこと。
次の仕事もあり、ランチは大阪へ戻って摂る予定だったが、ラーメンだったらささっと食べれるかと思い、JR京都駅ビルにある「京都拉麺小路」にやってきた。

e0173645_07283774.jpg

色んなジャンルの店が並ぶ中、「そういえば、徳島ラーメンて食べたことないかも」と思って、気になったところで、すでに暖簾をくぐっていた。
徳島市に本店がある、徳島ラーメンの「東大」だ。
京都に来て徳島ラーメン、しかも「京大」でなく「東大」とは。んでもって、大学の「東大」と関係ないと思うでしょ?ところが、ラーメン界の頂点を目指すから「東大」という意味だったりする。

e0173645_07284031.jpg

席に案内されると、目の前には生卵・・・

e0173645_07284102.jpg

徳島ラーメンというと、生卵とお肉が乗っているイメージなんだけど・・・どんな味なんでしょうな。知らなかったんだけど、徳島ラーメンって「茶系」「黄系」「白系」と複数の系統があるんだね。徳島ラーメンというと、この卵のイメージしかないんだけど、それは「茶系」だそうで、それ以外では卵は乗らないようですな。

肉増し(850円)。

e0173645_07284475.jpg

スープは、豚骨ベースの濃口醤油なんだけど、豚のバラ肉も甘めに煮込んであってか、全体的には味濃い目の甘めな印象。
とりあえず、生卵を一つ落として、と。生卵は無料だけど、これ2つも3つも入れる人いるのかしら。

e0173645_07284622.jpg

あ!なるほど、すきやきみたいな感じになるな。
ストレートの中細麺がしっかり醤油によく絡む。美味いもんですなぁ~

e0173645_07284883.jpg

こりゃ、他の系統も含めて徳島ラーメン食べ比べないとな。
気にある人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:東大 京都店
場所:京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町901 京都駅ビル10F 京都拉麺小路内
時間:11:00~22:00
電話:075-344-3802

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-07-04 15:07 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

東京のラーメン「大手町ラーメン」

JR東京駅から、JR高架下を神田に向かって歩く。昼間でもちょっと薄暗くて、積極的には歩きたくない道だ。
そんなところに、突如ラーメン店が姿を現す。「大手町ラーメン」だ。

何ラーメンが食べられるんだ?

e0173645_13585593.jpg

あ、博多ラーメンか。入ってみるか。
博多ラーメンだけかと思ったら、東京ラーメンと称してしょうゆもあるのね…

注文は…とんこつネギラーメン(850円)にしようかな。まさか、ここでチョイスするものがあるとは思わなかったのだが、青ネギか白ネギをチョイスできる。というか、博多ラーメンなんだから、青ネギしか考えられないんだけど…

でまあ、もちろん青ネギチョイスで待っていると…
おいおいおい、青ネギ入れすぎ(笑)ラーメンが見えん。

e0173645_10262991.jpg

博多ラーメンということで、細麺が、青ネギの下からお目見え。あ~スープは、結構あっさりと仕上げた感じなんだな…博多ラーメンというのであれば、個人的にはちょっと物足りないけど。
でも、c級呑兵衛は青ネギ好きなので、これはこれでグー。しかも、替え玉サービスだったので、がっつりいただいたぞ。

e0173645_10263156.jpg

ランチ時、飲んだ後にどーぞ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:大手町ラーメン
場所:東京都千代田区大手町2-5-18
時間:11:00~14:50、18:00~21:45(L.O.21:15) 土日祝休
電話:03-3231-0441

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-02-01 11:59 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

川崎のラーメン「ラーメン 鳥竹」

ちょっと前の話。

この一画、大きなマンションでも建つのかなぁ。結構な敷地なので、再開発かな。
みると、周辺にはマンションが建ち並んでいるんだけど、ここだけ、一部古い建物が残っている。敷地を囲うように目隠しがされてはいるが、具体的に工事が進んでいる気配はない。

e0173645_08473538.jpg

その敷地を分断するように歩行者道路が確保されているんだけど、その入口部分に「ラーメン鳥竹」の案内が…

その歩行者道路を歩くと、どこをどうとっても不自然な形でラーメン店があった。明らかに、この土地をめぐってモメモメしている感じだよな。
その佇まいにも驚くが、ラーメンの価格が220円という破格値…

e0173645_08473801.jpg

入るの勇気いるな…ま、チャレンジしてみるか。
京急川崎にある「ラーメン鳥竹」だ

外観からも想像に難くないが、店内はカウンター5席のみ。

e0173645_08474178.jpg

入ってしまえば全然普通の感じで、へんこなおやっさんでも出てくるのかと思えば、若いお兄さんが切り盛りをしている。
ま、一つ、すんごい気になるところがあるとすれば、カウンターから厨房がまったく見えないように、布で完全シャットアウト状態にしているところかな。

さて、メニューはラーメンのみ。
他には、缶ビール・缶チューハイ、つまみにベビースターラーメンがある。
ラーメン(220円)を注文しよう。

e0173645_08474210.jpg

220円ではあるけど、ちゃんとしたラーメンが出てくる。
どうなんだろう、インスタントなのかなぁ…麺は多加水の丸麺。スープはしっかり醤油で、ごま油がきいてるぞ。この黒胡椒もアクセントだ。
トッピングには、ゆで卵、青梗菜、もやしに海苔。これ、仮にインスタントだとしても、これで220円は安すぎるよな。

e0173645_08474418.jpg

ここからは全部は見えないんだけど、「公示書」がいくつも壁に掲げられている。
細かいことは分からないけど、要は、この場所の所有なのか営業の権利なのかが、きちんと認められているという内容だな。外の雰囲気、この立地状況からして、相当揉めている感じはしたが、果たして、そんなところだったな。
調べてみたら「川崎案件」と称される、かなり泥沼な地上げ係争地なようですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン 鳥竹
場所:川崎市川崎区東田町9-3
時間:11:30~20:00 土休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-10 21:39 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

東京のラーメン「ばいこうけん」

北海道というと、勝手に味噌ラーメンのイメージがあるんだよなぁ…
でも、広ーい北海道、各地で個性あるラーメンが炸裂だ。

よく、お昼ご飯に、東京駅近くにある旭川ラーメン「番外地」に行くんだけど、味噌ラーメン以外食べたことがない。ラードで表面を覆い、冷めない仕様が特徴なんだけど…が、そもそも、旭川ラーメンは醤油なんだよね。

今回は、東京丸の内「KITTE」の中にある、「ばいこうけん」に。
旭川に本店がある「梅光軒」が東京に出店している。

e0173645_17140868.jpg

店先でスタッフに尋ねると、「やっぱり、醤油ですね」ということだったので、ここは醤油ラーメン(750円)を注文しようかな。

e0173645_17141159.jpg

薄めのチャーシュー2枚、ふっといメンマに白ネギ…シンプルだが、しっかりがつんとくる醤油だな。ベースは、動物系と魚介系のWスープで、これも旭川ラーメンの特徴のようだ。Wスープって、旭川発祥なのか。
細めの縮れ麺は、コシがしっかりあって美味い。

店内奥のカウンター席に座ると、外の景色が見えるんだけど、JR東京駅がよく見える。新幹線を眺めながら、ラーメンをすすることが出来るぞ。

e0173645_17141363.jpg

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ばいこうけん
場所:東京都千代田区丸の内2-7-2 JPタワー KITTE丸の内5F
時間:11:00~23:00(L.O.22:00)、日祝は~22:00(L.O.21:00)
電話:03-6256-0852

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-05 08:14 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)