カテゴリ:激旅!ソウル2泊3日2011( 7 )

 

激旅!ソウル2泊3日2011(7)

足つぼも終わって・・・おっと、12時回るな。
昼飯の場所を探すか。時間的にもここから遠出はできないから、明洞の中ですませることにした。
焼肉やスープなどをいただいてきたので、ソウル最後の食事は海鮮に決めていた。
メイン通りから少し入ったところにある、海鮮料理専門店「明洞多島海鮮」だ。

「・・・。」
まあ、よくこれだけ入口をゴチャゴチャ感満載にできるな(笑)こういうの好き。

随分とメディアに取り上げられている様だが、ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」のハン尚宮役ヤン・ミギョンや、ペ・ヨンジュン、日本ではスマップ等も来店したことがあるようですな。
外観もごちゃごちゃするなら、店内も・・・壁や天井に、来店客の写真がびっしり張られている。
e0173645_1055249.jpg

さてさて、店のおかあちゃんが身振り手振りアーンド片言の日本語でおススメを話してくれる。
じゃあじゃあ、これとこれを・・・
すっかり慣れてしまった副菜の小皿並び。
e0173645_11192649.jpg

さて、やってきたのが、醤油蟹醤(中)w30,000(2,100円)。醤油漬けにした蟹なんだけど、カンジャンケジャンといった方が、ひょっとすると馴染みがあるかも。
醤油漬けの味もしつこくないので嫌みがないし、何よりも蟹の身が甘いこと。
e0173645_11193173.jpg
e0173645_11193660.jpg

Jr.は、どこかで食べたいと思っていた冷麺w6,000(420円)を注文。
量多い多い・・・麺は、極細麺でコシはあるんだけど、柔らかい感じですな。
e0173645_11194780.jpg

おいおい、これで小かよ・・・
海鮮湯(小)w30,000(2,100円)、具だくさんのヘムルタン(海鮮鍋)だ。
e0173645_11194274.jpg

火をかけて、ぐつぐついってきたら、おかあちゃんがやってきて、鍋の中に入るイカやタコなどをはさみで豪快にチョキチョキ。最初は分からなかったけど、この鍋にはいったいどれだけの魚貝が入ってるんだ?
e0173645_11195165.jpg

え、あ・・・すいません、器にまで装ってもらっちゃって。

はいドーン。

えび、わたりがに、いか、たこ、白子、ムール貝をはじめとした貝数種・・・巻貝も入ってますけど。店にある魚介全部入れてんじゃないのと思うくらいのボリュームだ。
ピリ辛感もあるけど、まあ、これだけの魚貝が入ってるわけだから、スープが美味いに決まってるわね。
旨味たっぷりのスープの味もクセになる。
e0173645_11195772.jpg

あかん、朝飯に牛テール食べて、マッサージの後に豪快な昼飯でしょ・・・腹がパンパンだ。
瓶ビール2本ほど飲んだかな・・・で、ぜーんぶで合計w83,000(5,810円)でございます。
平日ということもあってか、日本人はいなかったな・・・とにかく、サラリーマンメインの現地の人で満員御礼状態。お店の人も愛想良くて満足満足。

さ、ホテルに戻ろう。今回のツアーでは、ホテルのチェックアウトが14:00までOKだったのね。
今から、戻って荷造りしてチェックアウトするか。
って思い、ホテルに戻ったら、以外にチャッチャと片付きチェックアウトできてしまった。
おいおい、ガイドさんとの集合時間まで微妙に時間が・・・

さすがに、全く想定外時間・・・どうしよ。地図観たら、近くに市場があるみたいやな。状況分からんけど、行ってみるか。
市場に向かう途中で、すでにおかしいことになっている
どうもですな家具街のようで、店の外に商品が炸裂している。
e0173645_12114976.jpg
e0173645_1212238.jpg
e0173645_1212741.jpg
e0173645_12121724.jpg

ホテルの周辺は、文具街だし・・・なんか、まとめないとダメなのかしら。

お!すごいやん、この市場魅力!「中部市場」というそうな。
e0173645_12243278.jpg

ちょっと観光客には買い物は難しいと思う(基本、量り売りだわ)けど、このアジア感は是非、体験してほしいですな。野菜、乾物、魚介なんでもござれだ。
e0173645_12245696.jpg
e0173645_1225103.jpg

小魚の煮干しワールドに緑豆地帯、なんや分かれへん麩みたいなん。
e0173645_12264680.jpg
e0173645_12265458.jpg
e0173645_1227426.jpg

まるで、家の軒先みたい・・・
e0173645_1242729.jpg

わお、さすが韓国。
唐辛子や香辛料もこんな感じで売られてるんだね。
e0173645_12281853.jpg
e0173645_12282821.jpg

さ、15:30、ホテルのロビーでガイドさんと合流し空港へ向かう。
バタバタっと手続きを済ませた後、さらにバタバタさせてくれたのはJr.だ。
どうしても、仁川で飛行機を色々みたいという。土産もまだ若干買わないといけないのに・・・

もーここから、空港内をバタバタ歩き回る。
ただ、難しいのは、ハブ空港というのは大韓航空やアシアナ航空にとっての話であって、海外から色んな航空会社が乗り入れているかというと、これはまたちょっと違う。
まあ、大韓航空だらけ(当たり前だけど)。
e0173645_12502989.jpg
e0173645_12504188.jpg

おいおい、やばいって、もう搭乗時間が・・・
しかーし、最後の最後で。
オール2階建てのA380や
ガラス越しだから、いいショットは撮れないけど、と、とりあえず、シャッター切っとけー!
e0173645_12574591.jpg

この後、さらに驚いたのは、関西国際空港に到着し、滑走路を移動している時のことだ。
窓の外を見ていると、ハワイアン航空などが止まっているなーとか思っていたら、1機外れたところに・・・
「あー!ANAの787や!」
ボーイング社の塗装だからすぐに分かるわね。おいおい、また、カメラ使われへん時に・・・
え?今、関空にいるんかいな・・・最後のサプライズでしたな。

いやーバタバタの韓国だったけど、また機会があればまた行きたいですな。

韓国のブログはここまで。また、地元ネタにもどるね。
これ以外の韓国ネタがあれば、Facebookで展開するのでよければどうぞ。

激旅!ソウル2泊3日2011 完

by nonbe-cclass | 2011-10-22 13:13 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(1)  

激旅!ソウル2泊3日2011(6)

あっという間に最終日かよー
これで、午前や午後一便の飛行機だと厳しいよな。19時過ぎ発の便にしといてやっぱり良かった・・・

さて、出発までの時間、今日は買い物をメインにするとはいえ、有意義なものにしよう。
8:30。朝の南大門市場にやってきた。
e0173645_22253115.jpg

人出はまだまだこれからという感じだったが、実は、ここには買い物に来たわけじゃーない。
「おいおい、ここ入るんですか」・・・狭い道の奥、カオスな空間に入り込んでいく。
e0173645_22295595.jpg

で、やってきたのが、「チンジュチッ」
創業60年の老舗だ。ここで、朝飯朝飯~
e0173645_22355751.jpg

中に入ると、これまた地元感満載の食堂という感じですな。
e0173645_22415414.jpg

ここで、何を食べようとしているかというと、コリトマッだ。ぶつ切り牛テールのスープですな。
キムチが小皿でやってきた後、少し待っていると・・・かなりグツグツしたコリトマッがやってきた。
e0173645_2250332.jpg

これ、どうやって食べるかなんだけど、この中に入っているぶつ切り牛テールをまず、別の器に取り出す。
おいおい、ごついのが3つも入ってますけど・・・
で、この牛テールをほぐして、にんにく・ニラがたっぷり入った醤油ダレにつけていただく。
e0173645_22501839.jpg
e0173645_22502473.jpg

朝から、これはこってりではないか・・・と思ったら、全く。
まず、数時間煮込んであるから、牛テールがめっちゃ柔らかい。ホロホロと身がほぐれる。
スープも牛テールも、香辛料などで個性的な味がついているわけではないので、これくらいのタレにつけた方が確かに美味い。
スープも、このまま飲んでも悪くはないが、塩や副菜のキムチを入れて、自分流の味付けにするのが一般的なようだ。コリトマッには、カクテキがつくのが定番だそう。
スープには、ご飯をいれて、と。いやぁ美味しいなぁ。

店内には、何人かの客がいたが、おそらくは市場の人達ですな。1チーム、おっちゃん連中が朝から焼酎も入ってご機嫌ご機嫌。ま、これが市場の元気の源かもしれませんな。

少しだけ、市場を散策して、この後、明洞へ向かうことにした。
e0173645_7594785.jpg
e0173645_759537.jpg
e0173645_80419.jpg

免税店があるロッテ百貨店、明洞で簡単に買い物を。
なんか、化粧品あたりは安いみたいねーJr.には好物の韓国のりを。
「海苔海苔天国」で。
e0173645_891892.jpg

朝の明洞はまた雰囲気が違うね。ドラマ「美男ですね」のロケ地、明洞聖堂も。
e0173645_7563717.jpg
e0173645_7564769.jpg
e0173645_7565213.jpg

この後、昨日諦めのつかなかった足つぼマッサージに再度チャレンジ。明洞の東端にある「伝統足マッサージ足道」にやってきた。
午前中ということもあってか、すぐに対応してもらえることになった。
e0173645_823098.jpg

テレビでよく見る椅子に座って足裏をゴリゴリされるタイプではなく、施術台に寝てふくらはぎなどのオイルマッサージも含めた足つぼマッサージ。45分でw18,000(1260円)だ。
結構歩いてるから、ふくらはぎのマッサージが気持ちいい。足つぼマッサージは、足指1本1本まで結構丁寧にしてくれる。ところどころで、痛い部分はあったんだけど、全体的には心地よかったな。
顔にタオルをしているから、状況はよく分からなかったけど、一方での良妻は痛いところ炸裂ー!だったようだ。あまりの痛さに足を反射的に引っ込めてしまっても、すぐに足をひっぱられてグリグリやられたようだ。絶対、身体どっか悪いんやで。
おまけに何故か頭皮マッサージまでされた。

by nonbe-cclass | 2011-10-22 10:51 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)  

激旅!ソウル2泊3日2011(5)

「韓国も日本と同じような感じでしょ?」と聞かれると、いやー街並からすると、何か台湾とかの方が近いとおもうなぁ。
地下鉄の駅階段上がったところで、野菜を販売(妙に売れ行きは良さそうだった)。
e0173645_2321189.jpg

トッポギやおでんの屋台があちらこちらにある。サラリーマンおっさん向けではなく、単純におやつ感覚などで色んな人達が立ち寄る。
e0173645_2321752.jpg

ソウルの地下鉄では、地下でも電車移動中でも携帯の電波がバリバリ入る。スマートフォン比率がめちゃ高く、街の色んな所にカバーが売られている。
e0173645_2321149.jpg

日本と同じように、お洒落なエリアもあれば、高層ビルもガンガン林立してるんだけど、
基本、ゴチャゴチャした所が多い。
e0173645_23293638.jpg

お、Jr.向けの店を発見。ぬいぐるみが炸裂しているが、射的ゲームのお店。1回w2,000(140円)。何か・・・鉄砲とかでなしに機関銃みたいな状態ですな。
e0173645_23364698.jpg
e0173645_23365388.jpg

BB弾を的に当てて、獲得した得点に応じて賞品がもらえる。
ものごっつい大きなクマのぬいぐるみが店内に炸裂してるんだけど、こんなのどれだけ金を投下しなきゃならないんだ・・・2回くらいやって、その合計数でせいぜい、そのクマのぬいぐるみ後ろの小さいペンギンだ。
e0173645_2337543.jpg

店のおねえさんが、身ぶり手ぶりだけど丁寧に教えてくれる。
「私の名前はキム・サムスン」に出てきたブタのぬいぐるみもあったぞ。
e0173645_2337875.jpg
e0173645_23371757.jpg

さてさて、立ち食い焼肉を中途半端な時間に食べてるから、Jr.には悪いが、酒飲みもってもう一回何か食べるか・・・
で、やってきたのは同じ新村で、こちら「泡石亭」(名刺には「鮑石亭」ってあるんだけど・・・)。
e0173645_23504233.jpg

居酒屋というか、マッコリバーというのか。入口から階段を下りて地下へ、ドアもなくそのまま店内へ。こんな感じ。
e0173645_2350597.jpg

分かるかな・・・テーブルの中に、マッコリが川のように流れているのが。
席に着くと、こういう光景を目の当たりにする。
いやいや、こういうことをすると、マッコリ飲み放題じゃないか!・・・そう、3時間マッコリ飲み放題というメニューがある。それも、驚くことなかれ、その料金w4,000(280円)
280円で飲み放題はやばいですな笑
蓋をとって、勺でマッコリをいれたら、すぐに閉めるのがお約束。
e0173645_23511710.jpg

酒の肴は・・・海鮮チジミ(w10,000(700円))に、おでんスープ(w10,000(700円))。
おでんスープっていうけど、思いっきり具だくさんじゃん。
e0173645_2351228.jpg
e0173645_23513316.jpg

そして、手長だこの炒め物(w13,000(910円))。ピリ辛仕立てなんだけど、添え物に素麺。これと一緒に食べると辛さが抑えられる。うめ。
e0173645_23514075.jpg

メディアに取り上げられたりで、日本人観光客が多く来ているんだろうけど、行った時は自分たち以外は最初1組だけで、後から、日本人客が1組来ただけだった。この、後から来た女性2人組がフラッシュバシバシ光らせて写真を撮るから鬱陶しかったんだけど、こういうことが理由で現地の人達の客足が遠のいていたら日本人として申し訳ないと思う。
e0173645_23515827.jpg

外に出ると、昼間の風景からネオンな街に・・・
e0173645_2019386.jpg

おや、路上にダーツの露店ですか・・・そのでかいぬいぐるみは、このエリアではデフォルトなのか?
e0173645_20191068.jpg

この後、「足つぼマッサージでも行ってみるか」なんて目論みながら、地下鉄で移動し、お馴染み明洞(ミョンドン)へやってきた。
もー賑やかいですなー
ここはもー日本と同じような感じ。写真は20時半くらいの光景ですな。鶴橋風月まで・・・
e0173645_2028206.jpg
e0173645_20364695.jpg
e0173645_20365795.jpg
e0173645_20282924.jpg
e0173645_20303076.jpg

ま、日本と違うとすれば、この賑やかい中で、雑貨から飲食までの露店が並ぶんだけど、おかあちゃんが一人、カルメラをひたすら焼いていたり、酒飲みおっさん好みのぎんなんや乾きものを売るのがあったり・・・
e0173645_2031269.jpg
e0173645_2031347.jpg

ぶらっと散策をした後に、足つぼの店に行ったんだけど、先客炸裂ですごい待たなきゃならなかったので、断腸の思いで諦め、トボトボとホテルへと戻って行くのだった。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-10-18 20:40 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(1)  

激旅!ソウル2泊3日2011(4)

「プゴクッチプ」で食事を済ませた後、北へ向かって歩くとすぐ近くに、「私の名前はキム・サムスン」で登場したコーヒーショップと役所、「アイリス」に登場した通りなどがある。
e0173645_17294622.jpg
e0173645_17295845.jpg
e0173645_1730373.jpg

それらを見て回ってから、最寄りの地下鉄5号線光化門駅から移動し、安国駅へ向かう。
これから、昌徳宮を観に行こうとしているんだけど、この周辺には伝統工芸品などの店が多いですな。
e0173645_17352779.jpg
e0173645_17353282.jpg

で、ボーっとしていると、全然昌徳宮にたどり着かない。
えー、こんなにたくさんの人が歩いてるんだから間違いないでしょー、とか思い、たまたま、そこにいた日本語ガイドスタッフが立ってたので聞いてみた。
そしたら、方向的に逆に歩いていることが判明。え?じゃあ、この賑わいのここは何よ?と尋ねたら、仁寺洞(インサドン)であることが分かった。全く、想定していなかったが、今注目の観光スポットじゃないか…どおりで、日本語ガイドも立ってるわけだ。
古き良きものと新しいものが融合するお洒落なエリアだ。日本人も多いですなぁ。
e0173645_1743338.jpg
e0173645_1743426.jpg
e0173645_17435243.jpg

結果的には、仁寺洞のメインストリート、仁寺洞ギルを散策がてらに通り抜け、駅を跨いで昌徳宮へ向かう。すると、昌徳宮の入口、敦化門がいきなり目に飛び込んでくる。
世界文化遺産に登録されていることもあって、海外からの観光客も多いですな。本当は名園も見ることが出来る後苑まで行きたかったんだけど、時間制ガイド付きでないと見学できないので、時間も合わないし今回は自由観覧だけにした。
この昌徳宮は、ドラマ「宮廷女官・チャングムの誓い」のロケ地としても有名ですな。
e0173645_831301.jpg
e0173645_8313536.jpg

国家儀式などが行われた仁政殿、この正殿の前には官位順に石塔が。
当時、自分の位のところに並んだんだろうけど、広いから、正殿から後ろの人達よく分かんなかったと思うよ。いつの時代も、偉くならんとあきまへんな笑
e0173645_8315065.jpg
e0173645_83155100.jpg
e0173645_832419.jpg

ちょっと気になるソーセージ屋。
e0173645_22352825.jpg

そうねぇ、一通り鍾路地区、昌徳宮観て回ったから、ちょっと西へ移動し、新村へ。
弘大・新村地区は学生街ですな。特に、新村は安くて美味い店があるみたい。
e0173645_22353839.jpg

で、ここに何をしに来たかというと、立ち食いの焼肉屋狙い。
やってきたのは、「ソソモンヌンカルビチプ」だ。おぅ、ディープ!
e0173645_22422480.jpg

勇気を出して入ると、店の人が場所を決めてくれる。
んードラム缶を改良して出来た炭火ロースター。これをC級呑兵衛ファミリーが囲むわけ。
e0173645_2248832.jpg

注文も何も1種類、牛カルビのみ。
え?スライスしたカルビ?違う違う・・・3人だから、3人前きちゃったね・・・
はいドーン。
店のおかあちゃんが手際よく、鉄板に肉をのせる。
e0173645_22464190.jpg
e0173645_22465179.jpg

ちょっと、焼けて来たら、チョキチョキチョキ・・・はさみで一口サイズにカットしていく。
これ、ちょっとボリュームある気が・・・
店が混みだしても、ここまでの作業は店の方でやってくれるみたい。
e0173645_2250345.jpg
e0173645_22501381.jpg

ねぎのたっぷり入ったタレでいただくもよし、鉄板にのっているニンニク入りタレにつけて食べるもよし。
焼肉屋のこってりタレじゃないから、飽きがこない。
肉、うっめ!この肉肉した感じたまらんな。柔らかいし~
Jr.が大絶賛。
ビールも飲んでw50,000いったかな・・・ちょっと定かじゃないんだけど、カルビ1人前1000円までだったと思うよ。
店に入った時はまだ空いていたんだけど、帰るときには大賑わい。まだ、16時になってないんだけど・・・
入るときはドキドキしたけど、こうして子供たちや老若男女問わずに人気の店だったぞ。
e0173645_2371818.jpg

さ、もうちょっと新村を散策するか。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-10-17 23:15 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)  

激旅!ソウル2泊3日2011(3)

ソウル2日目。
昨日は、かなり街がガスってたんだけど、今日は天気も良くて視界もクリア。

朝8時ごろにホテルを出発し、まず向かったのは南山
ソウル市内の真ん中にある山で、Nソウルタワーなどがある。
ホテルからは地下鉄2駅と近く、地下鉄4号線会賢駅から山に向かって歩く。この会賢駅は、南大門市場の最寄駅としても利用する。
道中フォト、駅そばの売店に、南山へ向かう道。
e0173645_16163772.jpg
e0173645_16164380.jpg

で、やってきました南山入口の階段。
e0173645_16174297.jpg

この階段も、「私の名前はキム・サムスン」で登場した所(ここから先もちょいちょい、このドラマのロケ地探訪があるぞ)。

実際に来ると、思ったより急な階段ですな。
この階段を上がった先には、一体何があるんだ・・・駐車場だった時、結構がっかりする。
e0173645_16201022.jpg

駐車場を左手に向かうと噴水があって、ここからタワーも見ることが出来る。
e0173645_16201824.jpg

ここから今来た道を戻るのと同じくらいの距離で、ソウル駅がある。ロッテマートもあるし、そっちに向かって歩いてみる。
ソウル駅前に来ると、車、バス、人が炸裂してるな・・・
e0173645_16281791.jpg

ソウル駅は、それこそ空港みたい。
e0173645_1630911.jpg
e0173645_16301620.jpg

インターナショナルな感じがするけど、外国人泣かせな表示板。
これじゃ、切符買えない・・・
e0173645_16312013.jpg

Jr.にちょっとでも列車見せられるといいなぁとか思っていたら、え?なんだ、ホームまではそのまま下りられるんだ。スケールでかいホームですな。日本にはないよねー
e0173645_16331577.jpg

絶対に当たったら痛そうなディーゼル機関車重連。
e0173645_16355629.jpg

決して車両基地にいるわけではないのに、きれいに整列する、韓国の新幹線KTX。
e0173645_1636150.jpg

さ、朝飯朝飯・・・とか言っておきながら、ソウル駅、ロッテマートで意外と時間くったから、微妙な時間になったな。
ソウル駅から1駅、地下鉄1号線市庁駅まで行き、「プゴクッチプ」へ向かう。
ムギョントン飲食文化通りなどもあり、飲食店が並んでいるんだけど、店が密集してごちゃごちゃしとるな。
e0173645_16475889.jpg

正直、店をすぐ見つけられず、ぐるぐる探したぞ。ようやく見つけたけど、何でこの店だけ入口小さいのよ。思わず通り過ごしそうになるわ。
あ、ブログでは「プゴクッチプ」と書いてるけど、看板は当然ハングルなわけ。だから、このごちゃごちゃした中から、同じ文字を探さなきゃならない苦労を分かってほしい
e0173645_1648695.jpg

席に案内され座ると、何も注文しなくても勝手にテーブルに並び始める。専門店だからメニューは1つだけなんだね。
プゴクッというものなんだけど、牛スープに、じっくり煮込んだ干しスケトウダラが入ったスープ。
ご飯と、それのお供にキムチスープとアミエビの塩辛。
e0173645_16563987.jpg
e0173645_16565778.jpg

スープはそのままでも、あっさりながらコクがあって美味しい(鱈の風味がええ感じ)んだけど、
アミエビの塩辛を入れて、塩味をきかせると美味さ倍増。
e0173645_1657231.jpg

テーブルには、胡瓜、白菜、ニラのキムチが常設されていて、もちろん食べ放題。
もーニラがっつりいっちゃったよ。
e0173645_16573447.jpg

ご飯用のアミエビ塩辛があったから、半分はご飯そのままたべたけど、残りはこのスープの中に投入。うめー
e0173645_16574344.jpg

朝昼兼用みたいな食事になっちゃったな。
プゴクッの料金だけど、一人w6,500(455円)なり。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-10-15 17:21 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)  

激旅!ソウル2泊3日2011(2)

ロッテ百貨店・ロッテホテルのすぐそばに、地下鉄2号線の乙支路駅があるので、ここから三成というところまで移動することにした。
地下鉄での切符の買い方だけど、タッチパネルなのね。最初から日本語ボタンを押せば、全く不自由なく買うことができる。
e0173645_9303080.jpg

・・・が、一つ難があるとすれば行先の選択。
これは英語表記で、駅コード検索でアルファベットの頭文字を選択する。すると、該当する駅名がざっと並んで、目的地を選択する。
e0173645_9524177.jpg
e0173645_939529.jpg

あーそっくりさんなスペルもあるなぁ・・・というのが難ではなくて、そもそも目的地の駅名の英語表記をどこで確認するかだ。券売機のそばにパネルでもほしいところだ。路線図見つけたとか思ったら、オールハングルだったりするし。結局、持ってきたガイドブックで確認することになる。
あと、日本と違うのは、切符はカード方式になっていて、デポジットタイプなこと。
目的地を選ぶと金額が表示されるんだけど、保証金が加算されている(降車後に専用機で返金できるようになっている)。
e0173645_9395694.jpg

乗り方は日本と同じ、カードを改札機のところでピッとかざす。
e0173645_940257.jpg

さて、江南(カンナム)地区は三成駅に到着(40分くらいかかったな…)。
まず、最初に向かったのは、駅から少し歩いたところにある建物へ。
韓国ドラマ「私の名前はキム・サムスン」で、レストラン「ボナペティ」として使われた建物だ。
「TODAI」という店に変わった等、色んなブログに書かれていたんだけど、「ARIBANN」という韓国料理の店名で、廃墟化していた
e0173645_10143965.jpg

ここから、タクシーに乗って、地下鉄9号線新論見駅へ向かってもらう。三成から地下鉄で4駅分くらいの距離なんだけど、ここからだと、電車より車の移動の方がよさそうだ。
ただ、乗ったのはそれ一度きりで、以降、タクシーは乗らないことにした。タクシーそのものは全く問題ないんだけど、道路事情が良くないというか、渋滞であれ信号待ちであれ、とにかくスッスいかないのね。妙に時間がかかる。

新論見駅から、少し北に歩いたところにある「元祖サムパプチプ」にやって来た。
野菜に色んなものを巻いて食べるサムパプの専門店だ。
まだ16時なんだけど、お腹空いているし、かっつりいこ。
e0173645_10371126.jpg

あー疲れた。と、とりあえずビールビール。
e0173645_10372395.jpg

さて、注文したのはサムパプ定食。メニューが壁にあるんだけど、ハングルで読めん・・・こういう時は、ガイドブック指差し。
すると、カールした薄切りの豚三枚肉(テペサムギョプサル)が出てきた。
e0173645_10374148.jpg

こらこらこら・・・テーブルにこれでもかと小皿が並ぶ。包み野菜も30種以上の有機野菜がわさーっと並ぶ。
韓国では一般的らしいけど、野菜・副菜がおかわり無料なのが泣ける。
e0173645_10471512.jpg
e0173645_10472413.jpg

食べ方は、肉をまずはタレにつけて焼く。焼きあがったら、包み野菜に乗せていくんだけど、ご飯もここに乗せるんだって。キムチあたりものせて・・・
e0173645_10473035.jpg
e0173645_10473837.jpg

うまー、肉もう一皿お替りしちゃったよ。日本ではなかなか体験できないので、これでもかと包み野菜を頬張る。
調子のってると、かなり後半苦しくなってきた…

さてさて、気になる料金・・・伝票を見ると、サムパプ定食がw9,000、おかわり皿がw7,000、瓶ビールがw4,000(を3本)で合計w37,000。日本円(w100=7円)に換算すると、約2,600円
そう、これ一人分じゃなく家族分で、しかも、酒まで飲んでこの料金。
素晴らしい。

お腹が苦しい思いをしながら、地下鉄に揺られてホテルまで戻ってきた。

実は、今回、どこかのタイミングで舞台でも見に行くかと目論んで、クッキングスタイルのパフォーマンス「NANTA」を考えていた。空港からの車中で、ガイドにも「観ニ行クンデスカ?予約シテアゲマショウカ?」といわれお願いしたんだけど、予約がかなり入っていて滞在中は難しかったので、「JUMP」を予約してもらった。これもいっぱいそうだったんだけど、こちらの希望時間で枠がたまたまあったみたい。
「JUMP」は、武術とコミカルな演技が融合した面白そうな舞台で、これを、早速、今日の夜に観に行くことにしていたのだ。

ホテルからてくてく15分ほど歩いて、劇場へ向かう。
チケットに交換し劇場に入る。
e0173645_1127317.jpg
e0173645_1127936.jpg

この公演も満席みたいですな~団体客もガンガン入ってるようだ。
公演中はもちろん撮影禁止なので、写真はないけどまあ盛り上がったね。面白かった。
公演開始前から、一人の演者が観客席側ですでにウロウロ始めていて、客いじりを始めたり、舞台の途中では、実際に体験ということで、2名ほどステージに上がらせて、演技に参加させるなどで楽しませる。
何よりも、もーJr.がバカうけ。分かりやすい笑いだから、どんな国や年齢層にもウケるんだろうね。
コミカルな要素満載ではあるんだけど、武術も凄くて、技の披露も魅力たっぷりだ。

舞台が終わると、演者のサイン会もあって、Jr.もプログラム買って、一緒に写真をとってもらったり、サインをもらったりで大喜びだ。
e0173645_11271695.jpg
e0173645_11272239.jpg

いやあ~満足の初日でしたな。

続く。

by nonbe-cclass | 2011-10-15 12:01 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)  

激旅!ソウル2泊3日2011(1)

まぁ、なかなか予約できなかったな。
9月に行けるかな、と旅行会社で色々話を聞いたら10月、しかも平日巻き込みの旅となってしまった。

韓国ソウル2泊3日の旅でございます。

希望日をいくつか伝えたんだけど、まずホテルが押さえられない。
次に、2泊3日だから、滞在時間をできるだけ長くとりたいと思うでしょ。そうすると、飛行機は往路は朝一便、復路は一番遅い便にしたいわけ。これがなかなか取れない。
いやー韓国、台湾あたりがかなり人気なようですな。

10月10日(月)、阪急蛍池駅5:50発の空港リムジンバスで関空へ向かう。
9:30発なんだけど、飛行機はアシアナ航空でございます(だって、スターアライアンスでないとマイルが…)。
機種はB767で、スターアライアンスデザインだった。
e0173645_83958.jpg
e0173645_831590.jpg

飛行時間は1時間50分。近いよねー
あ・・・近いから座席にテレビついてないやつか。映画観られへん(というか時間短いと見きれないよな)。
機内食はサンドイッチが出てきたぞ。
e0173645_8392069.jpg
e0173645_8392531.jpg

あっという間に仁川に到着。
え?阪急今津線じゃないぞ、仁川と書いてインチョンね。大きな国際空港だ。
入国審査を終えた後、荷物を受け取るんだけどここで案内板チェック。
関空でチケットもらう時に案内されてはいたんだけど、ここで、荷物を受け取る番号だけでなく、出口がどこかも確認しておかないといけない。出口が大きく2つに分かれていて、間違うと現地ガイドの人と会えない、ということが発生するのだ。
e0173645_843533.jpg

なるほどねー2005年に初めて仁川に来た時、ガイドとすぐに会えなかったんだよな。
このシステムが原因だったのか。その時は、「ガイドしっかりしろよ!」とか思っていたが、しっかりしないといけなかったのは我々サイドだったようだ。
当時の様子→ 激旅!韓国3泊4日2005 (2)

今回は、問題なくすぐに現地ガイドさんと合流できた。
他の観光客はなく、C級呑兵衛ファミリーだけだった。だから、観光バスでなくマイクロバスで移動することに。
ガイドは女性で、ソソンエさん。明るくて愛想のいい段取りやさんだ。
車中で色んなことを教えてもらうんだけど、有難かったのは、今回のツアーでは、免税店に寄ってからホテルに行くことになっているんだけど、我々だけなので、プライベートの時間を多くとるために、先にホテルへ行って、その後、免税店までは行くけど、その段階で解散というプランにしてくれた。

ホテルでチェックインを済ませ、荷物だけ置いたら再び車に。
で、やって来たのは、ロッテ百貨店。韓流ストリートみたいなのものもあって、観光客が多く訪れている。
e0173645_916943.jpg
e0173645_9161350.jpg

ここで、両替だけ済ませ、ガイドとは別れる。
さ、免税店での買い物は後回しにして、早速、出掛けるぞー

続く。

by nonbe-cclass | 2011-10-15 09:25 | 激旅!ソウル2泊3日2011 | Trackback | Comments(0)