カテゴリ:阪急石橋 麺類( 51 )

 

石橋の蕎麦「入船」

先日、Jr.と2人で蕎麦を食べに石橋に出た。

「新そば」の張り紙、「入船」にするか。
e0173645_1251473.jpg

奥の席に腰をかけると、明治時代に使っていたざるせいろにそば猪口が。ここは石橋の中でも歴史があって、明治の頃より営業をしてるわけ。 何よりも、阪急電鉄創始者の小林一三氏が通った店としても知られておりますわな。
e0173645_1251738.jpg

昔懐かしい感じと、「蕎麦を食べさせる店」感が強烈にやってくる。
店内の雰囲気にのまれると、ここは江戸ではないんだけど、つい「おう、おやじ、そば1つやっつくれ」なんて言ってしまいそうだ。

Jr.は「天ざるにするわ」・・・あ、お前また豪勢なところを言うね。他じゃ、そんなこと言わないでしょー「入船」に来るといつもこうだ。

蕎麦は国内産、こだわりの石狩沼田産。北早生種の手打ちだ。

C級呑兵衛は、蕎麦が出てくるまで酒「呉春」で渋い時間を堪能する。
e0173645_1252271.jpg

天ざるはボリューム満点、静かな店内で2人ズルズルと賑やかに蕎麦をたぐる。
Jr.の蕎麦好きは以前からなんだけど、ボリュームのある天ざるを1人前ペロッと食べるようになったか。
e0173645_12513547.jpg

Jr.曰く「やっぱり、入船の蕎麦は美味いわ」

「・・・」

大人になったなあと思った矢先に・・・やっぱり、こいつはおっさんだ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:入船
場所:池田市石橋1-11-13
時間:11:30~22:00 木休
電話:072-762-3810

by nonbe-cclass | 2009-10-20 18:05 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋の蕎麦「弁慶」

C級呑兵衛にとって「弁慶」とは・・・
予期せぬアクシデントで思いっきりスネを猛打した時、痛すぎて思わず笑ってしまう「弁慶の泣き所」ですかな。あれ、何で痛すぎると思わず笑っちゃうのかしら。

ま、どーでもいい話はともかく、「弁慶」と石橋も接点があるわけ。
池田市からもうすぐ伊丹市に入りますよーあたりのところに、史跡「弁慶の泉」がある。

みなさまご存知の源義経。
お兄ちゃんの源頼朝から追討令が出て、西国街道を辿って尼崎(大物浦)へ逃げるのね。ところが、逃げるとこ逃げるとこに敵出没。義経も家来弁慶も、もー大変ですわ。で、戦で喉が渇いて、ここで喉を潤したんだそうな。

泉は整備されて、大きく立派な石碑まで建っているだけど、駅から離れているし住宅街ということもあり、ひっそりと静かにある感じだ。以前は水がはっていたんだけど、いまは空っぽ・・・ん?
e0173645_12232694.jpg

底の部分に正方形の排水溝みたいなのがあって、そこの中には水が。ひょっとしてこれが・・・あっ金魚が泳いでる。

「・・・。」

あまり深いことをこれ以上考えることは止めよー
止めたら、「喉が渇いた」ならぬ「小腹が減って」きましたよー

この史跡「弁慶の泉」の隣に、蕎麦屋があるので暖簾をくぐることにした。

その名も「弁慶」
e0173645_1223503.jpg

地元の蕎麦屋って感じで、のんびりしたムードが心地いい。さてさて、何を食べるかな・・・
その・・・目の前でさあ、結構いい感じでクタクタいってるおでんが気になるんだけど、今食べるにはちょっと暑いし・・・結局、冷たいものが欲しかったから、山かけそば(890円)をチョイス。
e0173645_1224748.jpg

しっかりした粘りの山芋と鮮度のよさそうな生卵がのった蕎麦。蕎麦がこれ、なかなかの歯ごたえで美味いですなあ。あと、泉の水ではないけれど、喉越しの良さで喉が潤いましたよー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:弁慶
場所:池田市豊島南2-2-7
電話:072-762-2353

by nonbe-cclass | 2009-10-01 00:35 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋の「道光庵」

石橋商店街にある「道光庵」は、手打ちのうどん・そばに加えて、バラエティに富んだ惣菜を扱う店として知られているんだけど、
あのノボリが立ってからずっと気になっていながら、ようやく訪れることが出来た。

「熊本チャンポン」

どこかのメディアが既に取り上げたみたいだけどね、
やはり地元の話は、C級呑兵衛も紹介しておかないと。

で、何が気になっていたかというと、
まず、うどん・そばの店なのに「チャンポン」が後発で登場したこと、
そして、チャンポンは長崎のイメージが強かったから、石橋の地で「熊本」という文字に惹かれたわけ。
でも、ちゃんぽんって、長崎市だけじゃなくて、雲仙の小浜温泉、熊本は天草でもって日本三大ちゃんぽんなんですな。

熊本チャンポン(800円)を注文し待っていると・・・

「のわっ!」

凄いボリュームですなあ。
ラーメン鉢に並々じゃなくて、山になってますが・・・
e0173645_9592068.jpg

キャベツ、人参にもやし、きくらげ、ちくわ、蒲鉾、いかに豚肉を炒めたものがどっさり麺にのっている。
麺にたどり着かないんですけど。麺はストレートの太麺。
麺もスープもこの店で作られた完全オリジナルだ。
豚骨もベースになっていながらも、胡椒がうまく利いたあっさりした味わいで、こりゃ酒飲み好みですな。

腹を空かせていてよかった・・・
だって、それでも後半苦しかったから。
一方で、野菜もたっぷり摂れるし、ヘルシーだし、オススメですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:道光庵
場所:池田市石橋1-4-4
電話:072-761-7067
営業:11:00~19:00 火休
e0173645_959854.jpg

by nonbe-cclass | 2009-09-24 23:50 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「ラーメン道 天神」

昨年末にオープンしたラーメン店を訪れてみますか。

我家からほどなく近い、「ラーメン道 天神」だ。
黄金の塩らぁ麺(780円)をはじめ、塩ラーメンに力を入れるお店なんだけど・・・

「あら?限定メニューがあるのね」
それもC級呑兵衛好み「海老」のキーワード。

海老味噌麺(850円)。
特製味噌と海老油が入ったラーメンなんだけど、期間数量限定ということもあり、これにしてみよ。
あ、それと生ビールね。

このお店、マッキー情報で訪れたんだけど、偶然にもマッキー来店。
お互い、「あっ、どうもどうも」なんて。地元密着感があっていいですなあ。

きたきた。
優しい色合いの味噌ラーメン。
コーン、ねぎ、もやしなどのトッピングに、ボリュームのあるチャーシュー。
コクのある濃厚な味わいなんだけど、こってりしてるわけじゃないんだよね。だから、飽きがこない。
麺は細麺で、スープと絡ませながらズズズっといっちゃう。

ロール状態の輪切りチャーシュー、これがまた美味い。
柔らかく煮込んであるから、分厚いのに、ホロホロホロ~とくずれる。旨みも十分。

焼鳥に同じく、ラーメン激戦区の池田&国道171号線。
ビシバシ(石橋にかけて)と先手先手でオリジナル&ユニークで活躍して欲しいですな。

ラーメン道 天神■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ラーメン道 天神
場所:池田市天神1-2-5
電話:072-763-4140
営業:11:30~26:00

by nonbe-cclass | 2009-01-07 23:50 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(4)  

石橋の蕎麦「権八」(2)

年末年始は毎年、決まった動きをするんだけど、
31日夜は、蕎麦を食べた後に石橋温泉で身体を温める。
その後一旦、家に帰った後、初詣に出かける。

今回の年越し蕎麦は「権八」になった。
「入船」は今年、店頭販売のみで店内営業はなかったみたい。

ただ、「権八」も早くから蕎麦を食べに来る人が多かったようで、C級呑兵衛ファミリーがやってきた時には、温かいメニューが品切れになっちゃってた。
・・・じゃあ、天ざるにするか。

権八権八店内は満席状態。
蕎麦が出てくるまで、酒でも呑むか。

この店、BGMが流れないからホント静かなのね。
雰囲気も落ち着くし。
ここ来るといつも思うんだけど、時代劇に出てくる蕎麦屋みたいなのね。
昔はそれこそ店内で音楽なんか流れないから、蕎麦をすする音がBGMみたいなもんだわね。

静かに酒を呑む。
C級呑兵衛だけに、酒に始まり酒に終わる・・・年末に、こうして静かに酒を嗜めるのは幸せなもんですなあ。

酒が呑み終わる頃に蕎麦が出てきた。
ずずずっと一気に蕎麦を頬張り、サクサク天ぷらを楽しむ。

落ち着いたところで家に戻ろう。
24時近くには、また寒空の中、初詣に出かけるとするか。

権八■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:権八
場所:池田市石橋1丁目8-15
電話:072-762-3585
営業:11:00~19:30 水休

by nonbe-cclass | 2009-01-01 23:33 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「博多ラーメン げんこつ」

すっかりおなじみの「博多ラーメン げんこつ」なんだけど、
石橋にもお店があるわけ。
今日、久しぶりに暖簾をくぐった。

「げんこつ」というほどだから豚骨、これと鶏がらで仕込んだスープは、
あっさりはしてるんだけどコクある仕上がり、これがここのラーメンの特徴だわね。

で、その中で今回紹介したいのは、石橋店と川西店にしかないメニュー。
「煮干醤油ラーメン」(700円)だ。
限定20食か・・・

博多ラーメンげんこつたっぷりの白葱に、のり、げんこつ特製あぶり焼き豚、トロッとした黄身がくせになる煮玉子がトッピング。
豚骨ベースの醤油なんだけど、少し黒を主張する濁りスープ。これが、特製たまご麺とよく絡む。

餃子とビール頼んじゃお。
・・・ビール頼むと、枝豆ついてくるのね。

暫くすると、鉄板面の焦げ目がまだら模様の餃子がやってきた。
餃子の大きさに比較して餡の割合が高いのかな、一粒一粒に食べ応えがあるし旨みが口の中に広がる。

あー昼間からのビールは美味い。

genkotu3.jpg■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:博多ラーメン げんこつ 石橋店
場所:池田市井口堂1-13-5
電話:072-761-3310
営業:11:00~23:00

by nonbe-cclass | 2008-12-01 23:25 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(3)  

石橋の蕎麦「珍吉」

「・・・。」

もうねえ、最近身体が重たくて重たくて。
身長に対しての体重比率は決して太りすぎとかじゃないんだけど、
おっさん特有の「お腹出てますけど」状態で、ちょっとした座る動作とかで「ちょ、ちょっとお腹が邪魔なんですけど」と感じる今日この頃・・・

だからというわけでもないんだけど、
一人になる時間があったので、昼飯の店を探しがてら、ちょっと歩くか。
石橋でランチとなると、どうしても利便性で駅近くになったりするんだけど、今回は山手に向かって歩いてみよう。
国道176号線、「洋服の青山」がある交差点から北へ伸びる道、山手の池田箕面線のへとつながるバス通りをてくてくと歩く。

曇り空に風もあるから、歩きやすいんだけど、
まあ、ロングな上り坂だから後半は少し汗ばむわね。

店を探す前にこの上り坂を上りきろうと、呉羽の里・石澄を過ぎ東畑の交差点までやってきた。
そこからもう少しだけ北に歩き、石澄の滝への獣道手前まで足を伸ばす。
どうだろう、片道40分強かな。

そこから引き返して、ひたすら下る。
目新しい風景が広がるわけではなかったけど、新しい戸建てが随分と多かったね。

往路で目ぼしい店を2軒チョイスしていた。
で、結局、蕎麦「珍吉」に決めた。

渋谷高校の南側にある。
人通りが少ないのに、店内はよく人が入っているんだよね。

ざるが食べたかったから、天ざる(1150円)を注文する。
更科系かしら、白い麺だ。柔らかいかなあと思ったけど、ちょっとした弾力と喉越しは、何とも自然な感じで喉もとをすぎていく。

定食をがっつりいく仕事中の人達、近所のおばちゃん達が仲間で来て会話が弾むテーブル・・・地元に根強い店、というイメージだ。

珍吉■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:珍吉
場所:池田市畑1丁目20-9-101
電話:0120-31-1065

by nonbe-cclass | 2008-09-15 23:08 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋のパスタ「アルバール」(2)

何だかんだ言って、パスタ食べること多いのかなあ。

この店は一度、紹介したことがあるんだけど、
季節限定メニューも充実しているし、改めて紹介しておこうかな。
阪急石橋駅すぐの「ALBAR(アルバール)」だ。

暑い・・・夕立炸裂の日がたまにあったりするけど、とにかく毎日暑い。

そんな時には冷たいもの・・・冷製パスタもあるんだけど、
いやいや、ここはあえてホットにいきたいところだ。

「海の幸カレー」(980円)。
え?カレーライスじゃないよ。カレースープパスタだ。

「おやおや?俺だけラーメンか?」
他のパスタと違って、少し深めの器でやってくる。
あさりにサーモン、イカに海老・・・たっぷりの魚貝にミンチ。
カレーは、辛さよりも具材を炒めた香ばしさやコクが出ているので食べやすいぞ。

食べた後はアイスコーヒーでクールダウンするつもりが、
ホットコーヒー頼んじゃってたよ・・・

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:ALBAR(アルバール)
場所:池田市石橋2-2-12 2F
電話:072-761-6300
営業:11:30~(ラストオーダー23:30)、日祝11:30~(ラストオーダー22:30)

by nonbe-cclass | 2008-08-09 16:58 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋のラーメン「昇龍」

とうとう出しちゃったかなあ、ってところなんだけど。
ま、C級呑兵衛ですから・・・

ラーメン「昇龍」だ。

「え?どこそれ?」って?
んー住所は言えないなあ、だって屋台だもの。

昇龍夜、早い時間は池田・箕面の市内をくるくる回って、夜23時頃になると、阪急石橋駅近くで暫く車を止める。
帰りが遅かったり、タクシー帰りでもよく見かける。
セブンイレブンと石橋文化幼稚園の間、国道176号線高架の下が常位置だ。

前の大将の時は、それこそ常連でよくしゃべって帰ったものだ。
今、その大将は独立し、すぐそばでうどん店「やたい」を構えている。
何故ラーメンじゃないかというと、そう、バトンタッチした、今の「昇龍」のライバルにならないため。

ラーメンは600円。
酒を呑んだ帰りに有難いのは、細いストレート麺とあっさりスープ。
笑ってしまうくらい、スープがしっかり絡んだ麺を一気にズーっとすすれる。

イスも4つほど用意してある。
酔っ払いがわーわー目の前で「次どっかいきますかあ」と騒いでいるのを見ながら、ラーメンが食べられるわけ。
酔い覚ましに風にあたりながらラーメン食べるのも悪くはないよ。

by nonbe-cclass | 2008-04-17 23:16 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

石橋の蕎麦「権八」

「軽く蕎麦でも食べてから買物に出かけるか。」
とC級呑兵衛ファミリーがやってきた店は、石橋の蕎麦「権八」だ。
石橋在住の人はすっかりおなじみだね。
メイン通りから微妙に外れた路地に店がある。

広くない店内とはいえ、そこそこに客が入っているのにとても静か。
テーブル席について、巻物を・・・
え?ドロンするわけじゃないよ。お品書きが巻物になってるからね。
天ぷら食べたいし、天ざる(1300円)にするか。
e0173645_151676.jpg

注文してから、ふとテーブルに目をやると妙に小さい鍋が・・・鍋蓋を開けると・・あっ七味ね。
e0173645_15162425.jpg

そんな暇つぶしを地味にやりながら暫く待っていると、まずは蕎麦がやってきた。
その後を追って天ぷら盛り合わせが運ばれてくる。
e0173645_15163449.jpg

蕎麦は少し歯ごたえが柔らかいものの、香ばしいつけ汁と合う。
天ぷらも軽い衣がサクッと心地いい。
e0173645_1516424.jpg

少し肴もあったので、次に来るときは蕎麦が出てくるまでに酒でも呑んでみるか。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:権八
場所:池田市石橋1丁目8-15
電話:072-762-3585
営業:11:00~19:30 水休
e0173645_15165745.jpg

by nonbe-cclass | 2007-12-24 23:30 | ・阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(2)