カテゴリ:居酒屋めぐり(東京)( 97 )

 

東京の居酒屋「鳥やき 宮川」

東京出張、仕事終わりに八重洲で、いっぱい引っかけて帰ることにした。
サクッと軽呑みでいくと、焼鳥がいいかなーと思って店探していたら、居酒屋などが軒を連ねるギンギンぎらぎら通り、渋い店構えと赤提灯が目に飛び込んでくる。
e0173645_18593795.jpg

「鳥やき 宮川」だ。
なかなか風情のある昔ながらの空間が落ち着くねー
L字カウンターに、6人掛けテーブルが3つ。2階もあるみたいですな。白い割烹着を着た店員さんにカウンター席へ案内される。

生ビール(600円)を注文したら、付出しが出て来たんだけど、ウズラ卵を落とした大根おろしと、お漬物。もーこれだけで、随分呑ませていただきますよ、的な。
e0173645_18594229.jpg

肝心の串を注文しようと、見上げたところにあるメニュー板。でました、値段が書いてあらへん・・・ま、焼鳥だから、べらぼーなことにはならないとは思うけどね。
考えていたら、店員さんから「盛り合わせで、5本、7本、10本できますよ。」ということだったので、とりあえず5本の盛り合わせをお願いしてみた。
しばらくして、鮮やかな青い皿に串が盛られてやってきた。
e0173645_18594739.jpg

わ、でかい。全体的に大きい…
つくね、皮、合鴨、かしわ焼き(ねぎま)、手羽先・・・かな。
e0173645_19134646.jpg

お、この塩加減たまらんな。肉質しっかりしているのに、めちゃジューシー。

この店では、ねぎまのことを「かしわ焼き」と呼ぶ。関西では馴染みのある「かしわ」だけど、東京でも鶏のことをかしわと呼ぶところがあるんですな。
関西弁とかではなくて、「かしわ」はもともと全国的に使われていた表現のようだ。それが、いつの間にやら西日本で主に使われるようになったそうな。

あら、絶妙なタイミングでスープが出てきたぞ。付き出し同様、ちょっとしたところが心憎いですな。
このスープがまたええ感じ。椎茸に白葱ですな…大根おろしと同様、ここにもウズラが落としてあるな。
e0173645_1859518.jpg

ちょっと待って、5本しか食べてないんだけど、結構いい腹加減になってるぞ。ビール2杯、焼酎1杯合わせて、4000円くらいだったね。
また、行こー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鳥やき 宮川
場所:東京都中央区八重洲1-7-3
電話:03-3271-8136

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-07-11 19:13 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

本郷三丁目の居酒屋「鮮魚家」

出張で、東京ドームが比較的近くに見える後楽園で泊まることになった。
普段、泊まることのないエリアなんだけど、今回は、訳あって移動のしやすさを重視したかったのね。
ま、それはいいとして、ホテルにチェックインした時間だと、周辺に色々とお店もあって、こりゃ、一杯ひっかけるにもいいな、と楽観視していた。

が、いざ、飲みに行こうと思ったら、ことごとく店仕舞いしてやんの。
しょーがない、深夜でもやっている店探して行ってみるか…で、やって来たのは、東京大学お膝元、本郷三丁目「鮮魚家」だ。漁師直営の居酒屋か。

喉渇いちゃって・・・ビールと、海ブドウ(720円)を。えらい高いな・・・ほーなるほどなるほど。
海ぶどうって、沖縄特産のように思われえるけど、輸入ものが出回っていることが多い・・・フィリピン産ね。今回の海ぶどうは、「オジーのゆめ」というブランドで、あえて「純沖縄産の本生」をうたっている。
輸入物に比較して、粒の密度が高く、プチ感にこだわっている。テイスティングチェックを受けて出荷されているとか。
e0173645_9103077.jpg

あ、造り出てくるまでにビール空いちゃったな・・・

板長おまかせ刺身の五点盛り(1480円)を頼んだんだけど・・・

「!」
e0173645_910477.jpg

それぞれのネタが、一切れか二切れかと思いきや、思いっきり盛られている…おいおい、凄いボリュームでこれだけでお腹一杯なるぞ。ネタは、鱧、アジ、メジマグロ、ミル貝、マダイだ。鱧だけ、ゴマ油使った中華風で勘弁はしてほしかったけど、それ以外は、脂ものって美味いですな。貝系も入っていたので、満足満足。

さて、酒は日本酒に。
和歌山は吉村秀雄商店の「車坂」吟醸(700円)を。造りも札つきだったけど、日本酒にも名前が書かれたプレートを下げてやってくるんですな。 
e0173645_9104083.jpg

さっぱり甘めですな。
よく、「料理に合わせて、それに合う日本酒を出してくれる」店ってあるけど、「魚に合う吟醸酒を作る」ってのはあまり聞かない。「車坂」吟醸がそれを実現した。魚に合うのであればさっぱり辛口、と思うかもしれないけど、魚のもつ生臭さや後味のさっぱり感を出すために、旨味とキレにこだわった酒なんですな。

日本酒のメニューに、「本日の隠し酒」があり、常時5種類おいているそうな。
そこから、長野は佐久の花酒造の「佐久の花」純米吟醸無濾過生酒。しっとり、まとわりつく甘みが濃い~ですな。
e0173645_9105421.jpg

ホント、刺身盛りでお腹いっぱいになっちゃった…
さー、この後は、どこかでラーメン食べよー(それは、別腹のシメということで)

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:鮮魚家
場所:東京都文京区本郷2-40-13 ベルショップ本郷2F
時間:16:30~26:00 日祝休
電話:03-3813-9997

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-06-08 10:38 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

阿佐ヶ谷の居酒屋「MiwaMiya」

「日本酒が楽しめる店があるんですよ。」、すっかり、こてこての民芸風居酒屋をイメージしていた。
おっと、イーゼルの店看板が、これからバルでも楽しみませんか的な誘いを仕掛けてくる。
阿佐ヶ谷にある日本酒ダイニングバー「MiwaMiya(ミワミヤ)」だ。
e0173645_1291635.jpg

この飲み会実現に乾杯でも・・・スパークリング日本酒(480円)を。既製品ではなく、カクテルなんだけど使った日本酒きき忘れちゃった。付き出しには、春キャベツと鶏の和え物。
e0173645_1292666.jpg
e0173645_1293188.jpg

前菜4種盛り合せ(780円)から。
プチトマト・鶏レバーのムース・マカロニサラダ・自家製お肉のパテ。
鶏レバーはしっとり滑らかで、コクがたまらない逸品。そんなに苦みも感じないしね。これをカリッと焼き上げているバケットに塗っていただく。自家製お肉のパテも食べ方は同じなんだけど、食感と肉の味が引き立ってますな。特製マカロニサラダは、自家製マヨネーズを使っているのね。プチトマトはビネガー漬けになっていて、柔らかな酸味がグー。
e0173645_129422.jpg

というか、日本酒飲みに来たのに、肴が思いっきり洋ものですな。味の濃い肴が最初から来るのであれば、酒も最初からしっかりしたものが選べるな。
まずは、「賀茂金秀」雄町純米吟醸生(500円)を。爽やかながら米の旨味がしっかり楽しめる酒だ。ウメー・・・あ、洋ものの肴とも合いますなぁ。
e0173645_1294742.jpg

そして、珍味4種盛り合せ(780円)。いぶりがっこ・いかの塩辛・熟成ゴーダチーズ・かつお酒盗だ。こちらは、和物メインな肴ですな。自家製の塩辛ウメー
e0173645_1295398.jpg

旬なところで、長ネギとホタルイカのマリネ、サラダ添え(850円)を。ホタルイカのプリッと感と長ネギの歯ごたえの相性がいいな。
e0173645_1210397.jpg

秋田は新政酒造の「新政 亜麻猫」特別純米白麹生(480円)。焼酎用の白麹を使い、フルーティな香りが特徴ですな。
e0173645_1210856.jpg

かきオイル漬け(870円)に、白神生ハム(750円)。白神生ハムは、ハモンセラーノの製法をベースに、秋田白神山地での環境にあわせ改良を重ねてできた逸品。グッと旨味が広がるわね。美味い!
e0173645_12101321.jpg
e0173645_12101874.jpg

豚トロ肉のソテー、うにバターのせ(980円)。肉が柔らかいねぇ。こんなにジューシーなんだ。かと言って、脂っぽくないから食べやすい。
e0173645_12102626.jpg

広島の今田酒造本店「富久長」山田錦純米吟醸 中組汲み槽しぼり(520円)。フレッシュな果実を感じさせる甘さがあるんだけど、何だろう、まろやかな旨味がクッととくるんだよね。
e0173645_12232276.jpg

そして、ご存知「飛露喜」は、純米無濾過生原酒(480円)を。さすが、安定感のあるしっかりした味わいだわ。
e0173645_12103441.jpg

最後にした意味合いは別にないんだけど、熱燗も一つはいっときたいなと思い、小笹屋「竹鶴」無濾過大和雄町純米原酒(530円)を。広島は竹原市の地酒だ。
あ、これは燗が正解だわ。原酒のぐわっとくる力強さがありながら、さっとすぐにその場を去って行ってしまう後味。でもって、コメの旨味がしっかり残る美味い酒だ。
e0173645_12104082.jpg

阿佐ヶ谷で初めて酒を呑めたし、美味い酒と肴にも満足でき、いい時間を過ごすことが出来ましたな。
いい店を教えてもらったことに感謝ですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:日本酒ダイニングバー ミワミヤ (MiwaMiya)
場所:東京都杉並区阿佐ヶ谷南3-1-23 東神阿佐ヶ谷ビルB1F
時間:18:00~24:00 日休
電話:03-6915-1387

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2013-03-10 16:20 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

東京の居酒屋「○金」

外で呼び込みをしているのを頼って店に入るのは良くない。
割引なんて話もしているが、そもそもの単価が結構高いし、品数も少ないではないか・・・最初に入った店がそんな感じで、店内でブツブツ。あかん、飲み直し。

・・・と、やってきたのが、八重洲にある焼鳥「○金」

何て言うのかなぁ・・・このコンセプトが分からん(笑)、がっつり食わせてくれよ~
e0173645_7531536.jpg

焼鳥って、だいたい1本120円とか150円とかあたりだけど、ここは60円という破格値。確かに、革命宣言できるとは思うけど・・・
e0173645_7532084.jpg

え?飲み放題が、30分299円?
実際に30分はありなのかというと、どこにも書いていないが、1時間以上でお願いします、と言われた。ただ、それにしたって、1時間で598円だぜ。居酒屋飲み放題メニューによくある90分で計算したって、900円切るからね。単純に安いわ。
そのからくりは、セルフサービス。それくらい、なんぼでも席立ちまっせ。生ビールもこんな感じで入れるわけ。ANAラウンジを利用していると、これと同じのがあるから妙にこなれてしまっている自分がいる。ドリンクは70種類から選べるのも凄いわね。
e0173645_7532864.jpg

このテーブルにあるのは…
あ、なるほど頼んだ焼鳥がテーブルにやって来ると、冷めないようにこの温めてある石の上に置くのね。
e0173645_7533355.jpg

焼鳥きたきた・・・

ちっちぇ!(笑)
e0173645_7534124.jpg

言っとくけど、これ、食べてる途中じゃないぞ。他の店の半分か、それ以下のボリュームだから安いってか。ま、これはこれでいいか。
e0173645_7534877.jpg

焼ものは、下味がついていない素焼き。テーブルには、壺が置かれ、「これに漬けて食べて下さい」とのこと。これは、ニンニクだれですな。串かつに同じく、二度漬けせず、串をどぼっと漬ける。C級呑兵衛の場合、タレより塩派なので、あまりこってりなタレは困るんだけど、タレ以外にも、塩などで食べることも出来るぞ。
e0173645_7535373.jpg

焼鳥串のメニューも豊富で、手羽先やつくねもあるね。あ、つくね、柔らかくて美味いじゃん。
e0173645_7535861.jpg
e0173645_754763.jpg

シメも色々あって、焼そばやチャーハンなどなんでもござれ。その中で、なぜか、にぎり寿司(1貫100円~)が充実している。イカ頼んじゃったよ…
e0173645_7541726.jpg

わいわいがやがやの飲みにはもってこいですな。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:○金 八重洲本店
場所:東京都中央区日本橋3-2-3 ユニバース第一ビルB1
時間:16:00~4:00 (土日祝は15:00~23:00)
電話:03-6841-6022

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-12-03 07:57 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

浅草の居酒屋「酒蔵駒忠」

先日の東京出張、浅草に泊まることになったんだけど、一杯飲みは東京駅下で済ませていた。そもそも、仕事を終える時間が遅かったから、半分は諦めていたんだけど、ホテルにチェックインしたら、近くの銭湯に行こうと考えていた。

で、実際にホテルにチェックインした時間が微妙で、「え、今から行ったら間に合うかなぁ・・・営業時間終了かつかつだよなぁ・・・」
悩むだけ悩んだけど、やっぱり向かってみることにした。
浅草寺から少し西に向かったところにある、「蛇骨湯(じゃこつゆ)」だ。なんと、江戸時代から続く老舗中の老舗。先日の蒲田温泉もそうだけど、銭湯ながら天然温泉が楽しめる。こちらも、蒲田温泉に同じく「黒湯」。
広い通りから路地に入ったところに入口がある。ちょうど、銭湯から出てきた人もいたので、とにかく入口まで向かってみる。
e0173645_102457.jpg

自動ドアを開けようとしたその先に番台が見え、おねえさんが座っていた。
こちらの存在に気づいて、おねえさんは両腕いっぱい使ってバツ印を披露してくれた。グレート義太夫の懺悔の神様か。寸止め閉店と相成りました。

ぶつぶつ言いながら、ホテルの方に戻って行くんだけど、何かせっかくだしなぁ・・・
お、なんかええ感じの店構えがあるな。「酒蔵駒忠」か。田舎料理とか、夜鳴きうどんって看板に書いてるし、ちょっと入ってみようかな。
e0173645_9564520.jpg

入ってすぐにカウンター席があるんだけど、おやっさんは奥のテーブル席をすすめてくれた。あら、中広いのねー
e0173645_9565310.jpg

壁にはメニューがずらっと、そして白板にもおススメメニューがさらさらっと書かれている。

時間はすでに24時を回っていた。
客は、C級呑兵衛以外に、先客1組。この1組はサラリーマン2人で常連客のようだ。うち1名が完全に酒にのまれている。聞きたくなくても耳に入ってしまうほどの声で、「何であいつが俺よりも良くて」云々。大手広告代理店D社だということまで分かってしまったじゃないか。でもね、仕事の愚痴を酒で晴らそうと思っても絶対に晴れないよ、その「俺よりも良くて」のその理由は、あなたの様にそんなふるまいや考え方をしないからだと思う。
e0173645_957188.jpg

ま、そんなことは、どーでもええわ。おやっさん、瓶ビールね。小柄なおやっさん、言葉少な目ながら温かみを感じる人柄で、とっても今、居心地がいい。D社の酔っぱらいトークが聞こえなければ。挙句におやっさん巻き込んで、「娘さん今日はいないの?なんでだよー」、こいつ最悪。

ごま油で炒めた付きだし、しゃきしゃきっとした食感が小気味いい。
e0173645_9565932.jpg

すでに一杯やってきてるから、ちょっとだけでいいんだよな・・・それだと、この店の魅力が全然伝わらないと思うけど。ん?ダチョーがおススメ?至る所でダチョーの文字が目に入って来るな・・・じゃあ、それにするか。
ダチョー刺(700円)。
e0173645_95784.jpg

地元石橋でも実は、ダチョウは何度も食べたことがある。「とり竹 partⅡ」が扱ってるんだよね(今は扱ってないのかしら?最近気にしてかったからな)。「とり竹」ではダチョウと書かずに、確かオーストリッチって書いてたと思う。

さて、このダチョーだけど、見ても分かるように赤身で脂肪分が殆どないんだよね。ということは、熱を加えすぎると、絶対硬くなるんだろうな。だったら、生に近い状態で食べたいところ。特に、国産ものなら刺身でもいける。今回は、ルイべ(半解凍)で出てきた。これを馬刺しの感覚で、おろしにんにくと醤油でいただく。

味も馬刺しに近いのかなぁ、臭みとかも全くないので食べやすい。凄いのは、低カロリー・低脂肪・低コレステロールのめちゃヘルシーなお肉ってこと。機会があれば、皆さんも是非~

外の看板にも書いてあった「夜鳴きうどん」、やっぱりこれ頼もう。
夜鳴きうどん(600円)。こういう表記って、あまり見みかけないので新鮮。昔はもっと一般的だった表現かもしれないよね。落語に登場しそうだわね。

あ、なるほど、鍋焼きになるのか。これは美味そうだ。シメにうどんは有難い。
身体が温まるー
e0173645_9571591.jpg

銭湯入れなかったのを引きずってたら眠れなかっただろうけど、これで今日は締めくくれる。
皆さんも是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:酒蔵駒忠 蔵前店
場所:東京都台東区蔵前3-12-10
時間:17:00~25:00(土は~23:00) 日祝休
電話:03-3851-5614

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 ぶらり旅

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-11-17 11:29 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

東京の居酒屋「夢とり」

「え?そうでしたっけ?」
全体の会話の中では、結果的にはスルーしたんだけど、「そうかぁ、分かっているようで分かってないなぁ。」
先日、東京出張の際、仕事の時間がおして大阪に帰れなかった時、入った居酒屋「夢とり」でのことだ。
e0173645_1221456.jpg

それは、「枝豆」の話。
この店にも定番メニューとして枝豆(420円)はあるんだけど、この日は別のメニューとして「茶豆」があったので、それを頼んでみた。
e0173645_1215494.jpg

そう、その「茶豆」だ。
「香ばしくて美味いですよね」という話をきっかけに、

「茶豆は、茶で湯掻いてるから茶豆言うんやで」

「え?そうでしたっけ?」と返したものの、その言葉の後ろには、「違う」という否定ではなくて、「おやおや」・・・完全に、頭はもやもやさまぁ~ずだ。

あかん、ちょっと確認しよう・・・

茶豆は、枝豆グループの一つですな。そう、「枝豆グループの一つ」という表現をしたということは、調理法ではなくて、品種ということだよね。別に、黒豆というのもあるわね。
「茶豆は、茶で湯掻いたものではない」ことはこれで分るけど、じゃあ、「茶で湯掻いたもの」って何だろう?という話。
茶豆は、「だだちゃ豆」などブランドもんも流通しているけど、普通の枝豆よりもお値段も高いわね。でも、この香ばしい味わいが魅力なわけ。それを、普通の枝豆で少しでも味わえないか・・・その解決が「お茶」というわけだ。普通の枝豆を緑茶で湯掻くと、ええ感じになるそうな。このあたりが、「茶豆」「お茶」ワードの混乱した部分ではないか、と。

もひとつ、ややこしい話をすると、「茶豆」と「だだちゃ豆」の関係。
めちゃうまの「だだちゃ豆」は、「茶豆」品種の一つ。ここまではいいんだけど、ここで「だだちゃ豆」を「だだ茶豆」と書くとおかしくなる。だって、「だだちゃ」という言葉は、昔使われた言葉(方言)で「おやじ」を意味するからだ。「どこの、だだちゃが作った豆だ?」から、今のようになったという説がある。
じゃあ、それが100%正解かっていうと、ビミョー。別の説に「伊達の茶豆」がなまったという話もあるからだ。これでいくと、「だだ茶豆」でもおかしくはない。ただ、調べた感じ、「だだちゃ豆」という表記が多いようですな。

え?どこまで枝豆の話してるんだって?

ほたるいかの塩辛(580円)
e0173645_1215440.jpg

さっぱりうまうまのあかね鶏のとりわさ(550円)。
e0173645_122487.jpg

これも甘酸っぱいタレとネギの香ばしい風味がたまらん、あかね鶏もも肉の唐揚ネギソース添え(800円)。
e0173645_122495.jpg

串は、はつ(220円)、かわ(230円)、ねぎま(230円)・・・
先の一品でもでてきたけど、鶏は「つくば茜鶏」。しっかりした肉質なんだけど、噛むとじゅわっと旨味が出るジューシーさ。
e0173645_1221474.jpg

元プロゴルファーだった人がされてる店のようで、随所にゴルフなデザインが・・・
気になる人は是非!

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:夢とり
場所:東京都中央区八重洲1-5-10 八重洲井坂ビルB1F
時間:11:30~13:30、17:00~24:00 日祝休
電話:03-3245-1678

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
実は最近、ブログ・twitterとは別の小ネタをちょくちょく出しています笑

「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」
「まちの宣伝部長」役で出演中!全国各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2012-08-26 20:22 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

新宿の居酒屋「萬太郎」

この間、出張で新宿に泊まった時の話。
もうこの後は、ホテルに戻って寝るだけという状況。でも、「あと、少しだけ飲みたいな」と思って、ホテル前の歌舞伎町に向かう・・・と見せかけて、はいドーン。
e0173645_9270100.jpg

ま、歌舞伎町は歌舞伎町ではあるんだけど、その気配を感じさせない「萬太郎」だ。
2回目の訪問になるかな・・・もう4年くらい経つかぁ。

アニメ「じゃりんこチエ」の中で、レイモンド飛田がホルモンを焼くチエに向かって、「お前ンとこの下品なホルモン食うたるわい」というセリフがあるんだけど、「萬太郎」を見ると、そのシーンが頭によみがえり、目の前の現実と妙にシンクロする(誤解がないようにいうけど、あくまでイメージね)。
昭和の香りが漂う店内、焼鳥屋ではあるんだけど、雰囲気はホント何でもある大衆居酒屋って感じ。

生ビール(550円)に、ヤリイカの塩辛(300円)もらおうかな・・・
e0173645_927397.jpg

このブログを書くときに、4年前の記事を確認したんだけど、ブログ移植の影響で、画像が反映されていなかったので、当時のものを探し出し修正した。その時に、思わず笑ってしまったんだけど、年月は経っても、酒の飲み方って変わらないんだなぁって思ったよ。当時と同じの頼んでるし・・・

ヤリイカの塩辛・・・お、キムチ辛いですなぁ。ビールが進むじゃないか。

焼物は、ねぎま・ハツ・ハラミ(各130円)にしいたけ(150円)を。
e0173645_9275363.jpg

ま、確かに上品な食べもんではないか(笑)
でも、上品なものを食べに来てるんじゃなくて、この雰囲気で一人飲みという醍醐味を味わいたいんだよな。
一人客がそれなりにいるので、グループが1組2組騒がしくても、何となしに静かな空間が確保されている気がする。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:萬太郎
場所:東京都新宿区歌舞伎町1-28-6
時間:16:00~25:00 日祝休
電話:03-3209-4253

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-07-08 10:12 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

恵比寿の居酒屋「魚Bar 一歩」

恵比寿でちょっと気になっていた居酒屋があって、この間、ようやく足を運ぶことが出来た。
ま、天気はびっくりするほど最悪だったけどね。恵比寿駅降りた時の嵐・・・豪雨にカミナリ、こんな中でも行かないといけないのかと、さすがに悩んだわ。
で、やって来たのは、「魚BAR 一歩」。魚BARって響きが気になってたんだよね。
杉玉を吊るす細い階段をトントンとあがると、これまたいい雰囲気のカウンターが広がる。
e0173645_22501091.jpg

席についた場所が、たまたまスタッフが料理をする前だった。ホントBarなり、ワインでも持ってきそうなお洒落な店のように、白のシャツに黒のパンツ、ソムリエエプロン・・・ハンチングまで身に着けたいでたちなわけ。
これで、魚さばいてるんだもんな・・・

刺身盛合せ五点(1700円)は、たい、しめさば、アオリイカ、かつお、ひらまさ。特に、たいが絶妙な歯ごたえと甘みでたまらんね。しめさばも、とろけるような舌触りとコクのある味わいがグー。
e0173645_22493571.jpg

盛合せと別に、おすすめのくろむつ(850円)ももらっちゃおうかな。ん~このしっとり感がいいですなぁ。美味い!
e0173645_22495927.jpg

そして、生かき(2ケ:650円)。この時期で、こんなうまい牡蠣たべられるとは。喉越しがつるっとして瑞々しいわ。
e0173645_22493832.jpg

こりゃ、ビール飲んでる場合じゃないな。客はそれぞれに色んな飲み方しているけど、やはり、日本酒が充実しているし、日本酒が欲しくなるメニューだと思うわ。40種類以上はあったぞ。1合で800~1000円強、小(120ml)で500~700円強の価格帯。

さっきから、前でトントコトントコ何を叩いてるんだ。なんか、みんな頼んでるみたいだな・・・
あ、なめろうか。おいおい、美味そうじゃん。
頼も~あじなめろう(950円)。結局、自分の注文したものも、続いてトントコトントコされることに。こりゃ、うまうまですな。なんぼ酒あっても足りんぞ、こりゃ笑
e0173645_7435374.jpg

んーあまり食べたことないな・・・めひかり。目が大きく、きらっきら光るから「めひかり」という名がついたそうな。マルアオメエソという魚らしいんだけど、あまり、メニューでみかけることないよね。めひかり天ぷら(750円)食べてみるか。あ、しっとり白身で美味いわね。
e0173645_22495689.jpg

スタッフは客との距離をいい感じで保ってるんだよなぁ。寂しくなくうるさくなく・・・気さくで、ちょっとしたきっかけで会話が出来るのが嬉しいですな。
美味い肴と酒、そして人とのふれあい、とってもいい時間を過ごせたぞ。
是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:魚Bar 一歩
場所:東京都渋谷区恵比寿1-22-10 カマスヤビル 2F
時間:18:00~翌3:00
電話:03-3445-8418

【C級呑兵衛からのお知らせ】
C級呑兵衛facebookでは飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!
「まちの宣伝部長ぶらりきまま旅」に出演中!各地のグルメやおすすめスポットを紹介!

by nonbe-cclass | 2012-05-20 18:23 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

上野の居酒屋「大統領」

先日の東京出張で、その日最後の打ち合わせが御徒町だった。
20時を回ってから仕事を終え、軽く呑みに行くことになった。何でも近くに美味いと評判の居酒屋があるそうな。
で、来てみると、JR高架下も高架下、店の外にもテーブルと椅子が並び、「お前らこぼれイクラか!」と思うほどに、店の内外に満員御礼のサラリーマンおっさん。まじりっけなしの大衆酒場炸裂モードだ。
まあ、数軒が同じ体をなしていて、どこも満員ですなー
ここの1軒「大統領」が、実は目的地だったんだけど、まぁとても入る余地がない・・・
すると、店のおやっさんが「向こうに姉妹店があるから、そっちよかったら。」
んー姉妹店とか言われると、あふれた客をカバーするサブ的な感じに聞こえてヤダったんだけど、現場に来て爆笑。

なんてでかい、しかも、迫力のある店なんだ・・・ここも、こぼれイクラ状態じゃないか。
なのに、席があるというのが凄い。
「大統領 支店」だ。店の中には、副大統領って書いてあったけど。
e0173645_215804.jpg

カウンターに腰を掛けると、目の前にもつ煮込みの大鍋が「もちろん食べるよね」と高圧的だ。
e0173645_2221390.jpg

じゃ、その大統領特製煮込み(420円)を。白葱がたっぷりかかって・・・これ、実は馬モツ。モツ自体もあっさりだし、味付けもしつこくないので食べやすい。こりゃ、ビールが進むって。
e0173645_222464.jpg

そして、アジのなめろう(400円)。
今回、日本酒は呑んでいないんだけど、日本酒にあう肴だよね~
e0173645_22171260.jpg

こちらは、馬刺しくんせい(350円)。
柔らかいんだけど、スモーク香ばしい厚切りハムを食べてる感じ。
e0173645_22172495.jpg

もつ焼き盛り合わせ(5串:450円)を。豚串なら、単品だと2本で180円。
でも、粒が大きくて食べ応え十分。美味い。塩焼きもいいね~串は、牛・鶏・豚が勢揃いだ。
e0173645_2217415.jpg
e0173645_22174963.jpg

テーブルにある定番メニュー以外に、壁にもぶら下がりメニューがある。
ぎんなん、なんていいですなぁ。大粒のいい形をしていらっしゃる。
e0173645_22175721.jpg

ビールとハイボールをガンガン呑みながら、有意義な話が出来たので気分が良かったですな。
また行こ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:もつ焼 大統領 支店
場所:東京都台東区上野6-13-2
時間:11:00~24:00
電話:03-3834-2655

by nonbe-cclass | 2011-11-14 22:40 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)  

新橋のラーメン「後楽」

呑んだシメにラーメンでも食べるか・・・と。
この間、銀座・・・いや、新橋にホテルをとったもんだから、呑んでホテルに入る前に食べよっかなーと思って。
そんなにウロウロするのも面倒なので、駅近くにある「後楽」に。
e0173645_18181421.jpg

ん?
濃紺の暖簾には、「岡山中華そば」とあるな。
じゃあ「後楽」というのは、岡山の「後楽園」からきてるのかな。
おやおや、時間も遅いというのに一杯呑みのサラリーマンで賑わってますなぁ。

中華そば(550円)を注文するんだけど、その前に瓶ビールと・・・餃子(330円)もらっちゃおうかなー「シメに」って言ってるのにね・・・
e0173645_18182081.jpg

この餃子が美味しいのよん。
餃子の皮が薄めなんだけど、ぷりぷりむちむち感が印象的。
で、この餡がまた結構ぎっしりめなところが嬉しい。
e0173645_18182776.jpg

あ、ラーメンがきたきた。
細麺は、自家製麺でエッジがきいてる。
醤油ラーメンなんだけど、鶏ガラだけでなく豚骨も入っているからか、コクのあるしっかりした味わい。
麺とスープの相性がいいのか、一気に平らげてしまった。

確かに中華そばなんだけど、
「岡山ラーメン」なのかどうかは分からなかった。というか、「岡山ラーメン」というワードを初めて聞いたし、どんな定義かも分からないものね。知っている人がいたら教えてね~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:後楽
場所:東京都港区新橋2-18-2
時間:10:00~翌7:00
電話:03-3289-2055

by nonbe-cclass | 2011-06-27 09:32 | 居酒屋めぐり(東京) | Trackback | Comments(0)