カテゴリ:仕事( 41 )

 

NHK番組に出演!?

朝一番から午前中いっぱいかけて、社内で番組の収録があった。
これまでケーブルテレビの番組にはいくつも出演してきたが、今回はなんとNHKだ。

NHK大阪「もっともっと関西」という番組の中で、「懸賞」をコーナーとして取り上げ、懸賞に応募する立場と応募を受け付ける立場の話を聞いてみようというのだ。
懸賞にもハガキで応募するものもあれば、インターネットで応募するものもある。
今回、インターネットでプレゼントやイベント募集をするわが社に取材申し入れがあり、実際、どのような抽選をしているのか、「厳正なる抽選」はわかっているんだけども、実際はどうよというあたりを聞かれるわけ。

この話、広報からの案件だったので広報が対応するのかと思いきや、この懸賞作業は営業のC級呑兵衛チームの業務なので、担当者対応で御願いしたいときた。

抽選方法はあまり公にすると・・・と、はじめイニシャルT氏は取材に対しネガティブだったが、営業対応と決まると急遽、敏腕マネージャに変身した。
結局、C級呑兵衛が取材に応じることが決まった

問題がなければ、週明け24日(月)の17時からのNHK「もっともっと関西」の中でほんのちょっとだけ登場する。

「厳正なる抽選」だから「実際はですね」とは言えないんだけど、「こういうことは気にしてますね」あたりを、こう・・しどろもどろに答えているC級呑兵衛を見たいという人は是非。

by nonbe-cclass | 2006-04-19 23:35 | 仕事 | Trackback | Comments(2)  

熱海で合宿会議

今日から一泊二日、熱海で東京のイニシャルA社と合同でオフラインミーティングだ。
ダイワハウスのCMみたいに、「何で熱海なんだ?」という疑問が有無を言わさず返ってきそうだが、
実際、東京大阪を行き来しながら会議をしている中、ある程度集中して議論を進めておきたい部分があるところと、これから実務に携わるメンバー同士での交流というものも図る目的があるんだと思う。

atami2.jpg熱海って初めてだなあ。
静岡までひかりに乗って、そこから熱海まではこだま。こだまだって乗るの何年ぶりだよ
JR熱海駅を降りると、何ていうのかなあ、ひと昔前の観光地。おしゃれ感は全くない。
でも、C級呑兵衛はこういういじりどころ満載な街が好きだ。時間があれば是非じっくり歩いてみたいところだが、駅前で軽く昼食だけをとり、ここからタクシーで山側にある健保保養所に向かう。

現地到着後、昼から夕方まで早速、会議が始まった。
ま、ここでは会議・仕事の話を除いたところだけ書くんだけどね。

風呂と夕食が終わった後は、二次会三次会へと続く。
二次会は施設内にあるバーにて。
他の客がカラオケで盛り上がり、「若い人にバトンタッチして盛り上げてもらおう。どうして歌わないの?静かだねえ」
どうでもいいんだけどさ、「中国人は全員自転車に乗れる」みたいに、「若い人は全て盛り上がる」という固定概念は止めていただきたいものだ。
「あなた方とは盛り上がれない」という空気をまず読むべきですよお

その後、そのまま三次会へ流れるが、今度は部屋で酒を持ち込んでのものだ。もう既に酒にヤラれている人もいたが、焼きおにぎりやつまみまで既に揃った用意周到な三次会だった。
時間の経過とともに自分の部屋に戻る人が出てきた中で、どんどんとぶっちゃっけトークになっちゃった。
ま、こういうところで出る話がむしろ仕事に直結する部分があったりするんだけどね。

結局、布団に入った時間は・・・あ、もう4:30か・・・

by nonbe-cclass | 2006-04-11 23:32 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

「テレ○情報局」にゲスト出演

はじめて、リニューアル後のくずはモールにやってきた。
こんなに変わってたのね。
このモールがオープンしたのが1年前だとすると、それ以上も前から京阪樟葉駅には降り立っていなかったのかあ・・・一時は仕事でしょっちゅう来ていたのに。

さて、そのくずはモールが1周年を記念して色んなイベントを開催している。
その中で、今日は、ケーブルテレビのケイ・キャットが目玉番組の「テレ○情報局」の公開収録が16時から行われた。

C級呑兵衛はその番組のゲストとして出演した。自称敏腕マネージャーのイニシャルT氏のおかげでね

予め台本は渡されていたが、C級呑兵衛のセリフ部分は全て「経緯をお話下さい」「世間話」など決まったものがなかった。
だから、「何をどの程度しゃべればいいんだろう」という、出番まではやっぱり緊張はするわね。でも、いざとなるともう開き直り

ただ幸い尺が結構あったので、かなり好き勝手しゃべることはできたのかなあ。ま、番組的にどう仕上がってるか分からないんだけどね。
それに司会の水津さん・池田さんの人柄や進行に助けてもらったところは大きいね。

照明があたることで結構熱いのと、全身を動かす体操をすることで額から今にも流れそうな汗、汗
息切れるしね
司会の水津さんに番組中、「お互いおっさんですわ」なんて失礼なことを言ったが、
実際問題、C級呑兵衛は「自分がここまでおっさんだったとは」と痛感していたのだった。いや、年齢よりも酒飲みの運動不足おっさんなのだろうね。

なんだかんだ気をもんでいたものの、うまく収録を終えることが出来たので結果的には楽しくできて良かった。

by nonbe-cclass | 2006-03-28 23:30 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

くずはモールで出演はいいんだけど、そういう展開?

枚方や八幡をサービスエリアにしているケーブルテレビ「ケイ・キャット」の自主制作番組として、地元のお得情報を伝える「テレ○情報局」というのがある。
地元のコミュニティチャンネルで見ることができる。

仕事の関係で、この番組のゲストとして2度出演したことがあるが、今月29日(水)に3度目の出演をすることになった
こういう話をつけてくるのは、いつものイニシャルT氏だ。
C級呑兵衛をテレビに出演させるときだけ妙にはりきり、自称、敏腕マネージャと称している

今回は、くずはモールというところで公開録画らしく、恐らく、買い物客の前でしゃべることになるんだろうねえ。
スタジオでの収録も緊張するけど、ロケと違って、こういうのは初めてなので緊張するなあ。
司会が、気さくな水津さんと池田さんなのがせめてもの救いだわ。

ゲストと言っても、個人が取り上げられるわけでなく、自社で制作した体操のPRをするわけ
どんな体操か、誰が作詞作曲なのかあたりを体操の披露と共に説明するんだろうけど、
どんな流れでどんな質問があるのか分からないので、事前に台本下さいと御願いしていた

・・・で、それが手に入ったので一通り目を通していたら、「ん?」

水津さん「皆で踊りたいと思うんですがいいですか?(MC・C級呑兵衛・キッズ前に移動)」
・・・一通り練習の後、音楽スタートで踊る・・・


おいおい、C級呑兵衛まで踊るなんて聞いてないぞ!
一体、どうなってるんだ、もう。早速、イニシャルT氏に確認をとる

イニシャルT氏:「あっバレました?」

「・・・。」

まさにガルマ・ザビの「シャア・・・謀ったな・・・シャア!!」状態だよ(機動戦士ガンダムより)。
・・・どこに、その敏腕を向けてるんだよ


■イベント告知
・くずはモールでのイベント告知
http://www.kuzuha-mall.com/anniv_event.html
・ケイ・キャットでの公開収録告知
http://cw1.zaq.ne.jp/kcat/new/

by nonbe-cclass | 2006-03-23 23:40 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

寒空でのロケ

主婦と一緒に制作しているコンテンツ「暮らし楽しみ塾」の動画ロケがあった。
4月号はガーデニングということで、外で撮影をすることになり、桃山台駅横にある桃山公園で進められた。

電車乗ってても分からなかったけど、駅の横にこんな大きな池がある公園があったのね。
とっころが、この池のせいかマンション群からの吹き降ろしの風か、ものごっつい寒いわけ
午前中かかったが、もう足の指の感覚が麻痺しちゃって・・・

loca2.jpgガーデンニングって言葉ではよく耳にするんだけど、実際に作る過程をちゃんと見たのは初めてだ。
確かに、凝りだすと面白いかもね~。
寒い中、手際よく作業を進める先生に感心してしまった。
仕上がりは4月のお楽しみ。

今、公開中なのはお花見弁当なので、気になる人はチェック!(キャロットジュースを使ったピラフはサプライズ

■暮らし楽しみ塾 http://magazine.zaq.ne.jp/lesson/index.html

by nonbe-cclass | 2006-03-17 23:46 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

お茶で心の温もり感じれて助かったよ

駒川商店街で会議があり、帰りがすっかり遅くなってしまった。
23時を回った地下鉄駒川中野駅で、今から帰る旨をわが家に連絡をした。

C級 「今から帰るわ」
良妻 「あ、そう。ビールないから買ってきて」
C級 「了解。ご飯食べて帰った方がいい?」
良妻 「どっちでも。でも、ビール買ってきて」
C級 「文吾で寿司食べて帰るか・・・」
良妻 「お茶漬けくらいやったら漬物あるしできるけど・・・」
良妻 「あ、ご飯ないわ。漬物だけやったらあるけど。食べて帰ってもええけど、ビール買ってきて」
C級 「漬物が晩飯はおかしいやろ。じゃあ、寿司を買って帰るわ」
良妻 「了解。とりあえずビールほしいから買ってきて」
C級 「・・・。」

お前は壊れたロボットか!ビール、ビールって。1回聞いたら分かるわい。リピート再生するな!

暫くして逆に自宅から携帯に電話が入る。
Jr.「あ、パパ?あのね~玉子とまぐろ、それと甘エビお願いね」
ikari2.gif
・・・テメーら。

24時頃、石橋まで戻っていつもの文吾寿司に立ち寄った。店内はお客で賑わって忙しそうだ。

持ち帰りのにぎりを頼んだ。

並にぎり(800円)には玉子とまぐろは含まれているが、甘えびが入っていない
一応、「甘えびあれば入れてもらえます?」と聞いたが、「今日はないです」とのことだったので、残念半分、ざまあみろ半分

bungo2.jpg握ってもらっている間、外で待っているわけだが、
店のお母さんが「寒いところでごめんなさいね」とお茶を出してくれた

こういうのって嬉しいよね。普段の動きの中で自然と出る気遣いで、さらっとさりげなくしてくれるところが格好いい。
きれいに出た月を見ながら熱いお茶を飲む。ここで寿司握ってもらおうかなとおもったよ

後から、大将も声をかけてくれて少し世間話もできて、気持ちが落ち着き温かくなった。さっきの駒川中野駅とは大違いだ、まったく

酒は呑んでいなかったが、寿司の折り詰めを持ったサラリーマンが一人、家路を急いでいた。

by nonbe-cclass | 2006-03-15 23:56 | 仕事 | Trackback | Comments(2)  

ロハスという概念

仕事に直結しているわけではないが
仕事で色んなところで人と話している中で、ここ直近で出てきたキーワードが「ロハス」(LOHAS)だ。昨日も少し、このロハスについて話を聞いた。

ロハスは、 Lifestyles of Health and Sustainability の略語で、地球環境であったり健康という面の意識を高めたライフスタイルのこと。
すでにアメリカなどでは定着している概念のようだが、日本ではまだまだこれからというところのようだ。

例えばスーパーに買い物一つ行くにしても、スーパーのビニール袋をもらわず、自分が用意したバッグに入れて帰る。これって、エコな取り組みで日本でも結構している人いると思う。バッグそのものも、廃材生地等を使ったりして。

日本人て、こういうことをすると「ケチクサイ」とか「せこい」とかイメージを抱きがちだし、奥ゆかしいかな、何かこういう取り組みをしていることへの後ろめたさというか、あまりおおっぴろげに人に言わないのよね。

で、こういったことをスタイリッシュに見せていこうよというのが、このロハスなのかなあ。
「取り組んでいることが格好いい」イメージに変えていくことで、ライフスタイルに定着させようということなんだと思う。

昔の人って、物を大切に長い間使う、化学的な力を利用せずに自然の力で物を作り上げることなんてのは、内容的には当たり前にやっていたことかも知れない。
同じことを今の時代にしようとすると、かえってお金かかっちゃったりするかもしれない。でも、そこにはお金をかける。だって、無農薬野菜を買おうとすると高いものね。

「資源を有効に活用する」(良い意味でのケチる部分)ことと、「健康や環境にやさしい取り組みには必要であればお金をかける」こと。そ、おしゃれにね。

個人的には、是非「ブーム」で終わらず、ライフスタイルに自然と溶け込む形で普及させることを意識してほしいと思う。
スタイリッシュという概念が変な方向に向いて、ロハス自体をブランドみたいに祭り上げたり、それを金儲けに利用しようとか考えるのが必ずいそうだから。

by nonbe-cclass | 2006-03-03 23:55 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

霞ヶ関へ

たまにある東京出張だが、今回はいつもと少し目的地が異なり霞ヶ関へやってきた総務省だ。

ま、すんごい話のようだが何てことはない、地下講堂で開催されるセミナーを聴きに来ただけなのだ。

ところが、ところがだ。ここからプチアクシデントが発生する
地下講堂へは一旦、総務省の正面入口を入って左手に折れるのだが、この正面入口のところで警備員に止められる。

「お手数ですが、IDカードお願いします」
んなもの持ってるわけないじゃん。で、セミナーで来たことを告げると、

「では、受講証かプリントアウトしたものお持ちですか?」ときた。

おうおう、今回のセミナーを聴くために以前から所定のメールで申込をしてんだ。
その時に受講証とかプリントアウトして持参することなんて一切なかったぞ。・・・っていうことを告げると、

「では、あなたの会社の社員証を見せて下さい」

これでよけりゃ見せてやるよ!これでいいかい?あ?いいの?そう・・
何だか、意外と簡単に通れたので驚いたが、いやいや、俺は悪者じゃないんだから

で、これで講堂に向かうと、各席に整理番号がついている。
「あれ?指定だな。自分の番号はどうやって知るんだ?」

スタッフに聞くとパソコンで確認してくれる・・・が、名前が無いときた。おいおい、登録されてないじゃん!
状況を説明すると、とりあえず「少々お待ち下さい」
ま、一所懸命何か確認をしてくれたり走り回ってくれたりはしてくれてるんだけど、結局ホーチミン

もうセミナー始まっちゃってるじゃん
事の経緯を追求することより、今どうすれば問題が解決できるかをよく考えた方がいいですよおお~。

最終的には別のスタッフが、この二人のただならない怒りの様相に声をかけ、すぐさま最前列に誘導をして事なきを得た

by nonbe-cclass | 2006-02-28 23:21 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

CMの撮影現場

今日は朝から茨木市の彩都に向かう
3/11から放送予定の自社CMの撮影現場に立ち会う

まず彩都。
初めて足を踏み入れたが・・へ~結構家が建ってるんだねえ。コンビニエンスストアもあるし。
ただ、モノレールの線路がにゅーっと伸びているわりには何処に駅ができるんだろう?

さて、CMだが15秒のCMのために丸一日を要した
素人目には、「同じ作業を何度やんのよ」くらい同じ作業を細切れに進めていく。相当のこだわりようなのね。

出演する女の子は風邪気味なのか、ずっと咳き込んでいて可哀相だったし、顔出しがない男性のタレントさんもずっと定位置で立ちずくめ状態で見ていられない。
色んな思いやイメージを15秒で伝えたい、そのためにはディテールにもこだわるそんな現場を目の当たりにする。

それが良い悪いではなくて、本当は制作の裏側の苦労話もあわせて公表してあげると、出演者やスタッフも報われるのになあと思う。
ま、縁の下の力もちに徹しているんだとは思うが。

by nonbe-cclass | 2006-02-27 23:41 | 仕事 | Trackback | Comments(0)  

やっぱり外せない・・・

土曜日、太秦でのイベントは佐藤ひろみちお兄さんを招き、親子で体操をしようという企画だった。

イベントは1年前から企画されたもので、それだけでもひろみちお兄さんの多忙さが伺える。いまやアイドル的存在ともいえる人だ。

本当は親子の絆や子供たちの健康を願って活躍したいと思っているのだろうが、実際メディアというものは残酷なもので、
ここまでメジャーになるとタレント以上のタレントになり、思うようなこともなかなか出来ないのではないだろうか。

そういう意味では今日は、コンサートでもトークショーでもない、本当の体操教室だったので、
ひろみちお兄さんのペースで進行してもらえたのではないかと思う。

C級は映像記録の担当だったが、親と一緒に体を動かす時の子供の顔は本当に嬉しそうだ。
普段、こういったコミュニケーションをどの程度できているだろうと自分自身にも問いかけたなあ。
60分間、みっちししごかれた親はヘトヘトだ
そりゃあ、子供がおんぶからそのまま、足をつけずに親の体を回ったり、組体操みたいなこともあったり、普段使わない筋肉も相当使ったことだろう。

イベント終了後、スタッフが全員召集され記念撮影をすることになった。全くの想定外だったので驚いた。
正直、企画した側とはいえ、マネージャ止まりでひろみちお兄さんとは挨拶することはないものと思っていたのだ。

ところが、ツーショットも快く撮ってもらえたし、少し話も出来たので、この時ばかりは役得感があったね。

権利関係もあるので、画像は「越後屋」メインの、右下ちっちゃくで勘弁いただきたい。
昼食後に少しだけ映画村内を歩いた際に、どうしても黙って通過することが出来なかった「越後屋」。何か、共鳴するものがありますなあ

やっぱり、きつね丼だけじゃダメだ。越後屋の画像は外せない。

by nonbe-cclass | 2006-01-23 23:21 | 仕事 | Trackback | Comments(1)