カテゴリ:旅・街散策・遊びスポット( 442 )

 

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(8)~呼子朝市

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、
博多駅「因幡うどん」で朝飯の後、レンタカーで呼子に向かう。
1時間ほどで、青空の下、呼子港に到着だ・・・2日目もいきなり福岡からでて佐賀県じゃないか。

e0173645_17594924.jpg
e0173645_17595275.jpg

呼子といえば、言わずと知れたイカの町ですな。
早朝から、観光バスや車がひっきりなしにやって来る場所ではあるけど、基本、こじんまりとした静かな漁港。海沿いを歩いてみると、イカ釣り漁船に、潮風にはためくイカ干しがいい雰囲気を醸し出している。

e0173645_09265867.jpg

イカ干しの方法にも色々あるんですな。
でました、イカ干し回転マシーン。動画にすべきだったな・・・イカが吹っ飛ぶんじゃないかと思うくらいの、なかなかの高速回転だ。

e0173645_08472393.jpg

イカを食べるつもりでもちろん来ているんだけど、その前に名物朝市もぜひ散策しておかないと。イカ干しやイカしゅうまいなどイカ系アイテム以外にも、新鮮な魚介や野菜がずらっと並ぶ。

e0173645_08480108.jpg
e0173645_08492637.jpg
e0173645_08492226.jpg

新鮮な魚を販売しようと、陳列頑張っているお父さんがいたんだけど、クーラーボックスから出された小アジが、暴れん坊将軍でじっとしていない。トレイに並べても、道端に飛び跳ねちゃって、その対応に終始し販売が始められないでいる(笑)

e0173645_09465859.jpg

土産物の物色もいいけど、せっかくならナウで何かいただきたいところ。
お!ウニがありますなぁ。大きさによって1個400円とか500円、この朝市の通りの中に、ウニを売っている露店がいくつもある。
「1個ちょーだい」とお願いすると、「はい、手出して」とおかあちゃんが、ウニを殻から手に落としていく。何もつけずに、そのまま贅沢に口に放り込む。潮の香りと、ウニのコクのある甘味と味わいがたまらんわね。

e0173645_09470248.jpg
e0173645_09470456.jpg

さあ、一通り朝市も堪能したので、イカを食べに行くか!
ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-27 10:09 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(4)~門司港散策

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、
福岡に着いて早々に、山口県に行くという話のあとは、門司港エリアだ。
明治、大正ロマンの異国情緒漂う街並み・・・実際にその当時の建造物があるんだけど、その一角がおしゃれな観光スポットになっている。

e0173645_15232154.jpg

ま、一部、よく分からないものもあるんだけど(笑)
これは、ご当地キャラ「バナナマン」。門司港は、バナナの叩売り発祥の地なんだそうで、そこから出来た直球デッドボール的なアイデア感満載だ。これは置きもんだが、ここの干物屋の社長が扮するキャラクターのようですな。

e0173645_15265670.jpg

建造物も見とこか。
最初の写真は、旧大阪商船門司支店(現:北九州市旧大阪商船)で大正6年の建造物。あの一番上の丸いとこ、灯台としても使われたんだって。

e0173645_15231763.jpg

そして、下の写真は、旧門鉄会館(現:北九州市門司三井倶楽部)で大正10年のもの。アインシュタインが宿泊したこともあるそうな。

e0173645_15381445.jpg

明治・大正の建造物(修復含め)に紛れて、平成の建造物もあったりする。下の写真、国際友好記念図書館だ。中国大連市と門司市が友好都市を締結して15周年の記念に建てられたもの。ロシア帝国が明治時代に大連市に建築した東清鉄道汽船事務所を、そっくり複製し建築したものらしい。不思議なんだけど、ロシア帝国が建築したものなのに、ヨーロッパな感じだよね。

e0173645_15382191.jpg

このエリアに、ブルーウイングもじという橋があるんだけど、これ、全国でも最大級の歩行者専用のはね橋だ。普段は歩行者が行き来しているんだけど、指定の時間になると、こんな感じで橋があがる。どんなけでかい船が来るのかなぁと思って待ってたら、妙に小っちゃいのが1つ通過して終わった・・・

e0173645_17335159.jpg

さて、門司港レトロ地区散策のあとは、門司港駅を挟んで反対側にある九州鉄道記念館へ。

e0173645_10231165.jpg

車両展示は、やはり門司ならではのラインナップになっている。
ED72もありますなぁ。機関車が重たいから、台車に中間台車をつけたというけど、だったら、EFにはしなかったのか・・・という素朴な疑問が残る。この、くの字のフェイスが独特ですな。

e0173645_10231854.jpg

そして481系、ボンネットタイプですな。懐かしいですなぁ。C級呑兵衛が鉄道の写真を撮りに行ってた頃は、その後継の485系とか489系あたりなんだろうけど、国鉄を代表するフォルムだったよねー

e0173645_10232087.jpg

あ、583系もあるじゃん!
しかも、「月光」って。この581系・583系タイプは、「月光」で運用を始めたから、「月光形」とも呼ばれている(ま、C級呑兵衛は呼んだことないけど(笑))。C級呑兵衛が、キハ40とともに大好きな車両だ。
寝台電車としては世界初なんだね。夜は寝台車、昼間は座席にできるという画期的なスタイルなんだけど、この記念館では車内にも入ることができ、現役当時の香ばしい雰囲気を満喫できる。

e0173645_10232437.jpg
e0173645_10232540.jpg

館内展示は、懐かしのヘッドマークや鉄道部品、ジオラマなどなかなかの充実ぶり。そして、外には、大宮鉄道博物館の「ミニ運転列車」に同じ、九州の車両仕様でミニ列車があるぞ。

e0173645_10234310.jpg
e0173645_10233598.jpg

いざ蓋を開けてみればEF30きっかけで、鉄分が多い旅になってるな・・・
facebookで先行して、九州に行ってることを言ってるので、どうも「ブログで、グルメ情報楽しみにしてます!」的な声がちらほらある。ここまでのブログで「んざけんなよ!早くグルメネタだせよ!」みたいなことになってないかしら。
でも、ここから先はグルメネタになっていくからね。

今日の夕食は美味しいもの食べようと思ってるんだけど、その前に少しだけ何か食べるかな。せっかく、門司に来てるんだし、ご当地グルメでもいっとくか。

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-23 11:25 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(3)~関門トンネル

ボンバって福岡・佐賀1泊2日。
赤坂の「おきよ食堂」で朝飯を済ませたあと、次の目的地をどこにするか悩んだが、福岡市内の観光ではなく、レンタカーを借りる話になった。
・・・まあ、福岡県といえば福岡県なんだけど、車で1時間ほどかけてやってきたのは、門司だ。だったら、北九州空港でよかったじゃないか!(いやいや、関西からの発着便がない空港だから)

とりあえず、関門海峡を見ようかな、とすぐそばまでやって来たが、あれ、どこか車停めるとこないかしら・・・

「!」

駐車場を探しながら車を走らせると、キランと光るものが。「お!」
急ぎ、車を止めて近くまで小走り。

e0173645_08563287.jpg

懐かしいーEF30じゃあないかぁ~
もう完全に引退し、こうした展示物になったりしてるけど、その昔、関門海峡をくぐるためだけの専用の電気機関車だったんだよね。下関と門司って、電気が交流・直流が変わるところなので、どっちにも対応できる機関車として開発されたんだけど、海峡下はちょっとした勾配になっているので、めっさ重たい貨物列車でも引っ張れる力持ちでもあるんだよね。
そして、なんといってもこのシルバー。いわゆる海をくぐるため塩害対策なんだけど、これが珍しかったので、一度は実際にみたいと思って、下関に行ったことがあったなぁ。下の写真、その時のもので、寝台特急あかつきだ。ちょろっと走って、すぐに他の機関車にバトンタッチするのに、ヘッドマークはいちいちつけてたんだね。

e0173645_09253748.jpg

ここ、ちょっとした公園になっているんだけど、あれ?駅があるな。
鹿児島本線の終点はもちろん門司港駅なんだけど、そこから別に、門司港レトロ観光線というのがあって、この公園までを走っていることが分かった。
あ、トロッコ列車なんだ。

e0173645_09480631.jpg

この公園の前が関門海峡なんだけど、この狭いところを大きな船が行ったり来たりするのが飽きない。背景がすぐ山なので、余計に狭さが強調されている。

e0173645_09493830.jpg

ていうか、EF30に振り回されている場合じゃない。もともと関門海峡をみようと来たんだよな・・・高台でないと・・・あ、ここから登るのか。行き過ぎてたな・・・和布刈公園に入る。これで、めかりと呼ぶのか。
そうそうそう、こうでないとね。わー絶景ですな。眼下に広がるエリアは門司港で、関門橋も目の前だ。

e0173645_10012343.jpg
e0173645_10012520.jpg

さて、高台から眺めたあとは、関門トンネルくぐりますか的な展開に。関門橋のたもとにある九州最北端、和布刈神社のそばに、これまた立派な人道入口がある。

e0173645_10352726.jpg

業務用エレベーターのようなものにのって、ゆっくりと下に降りる。降りたところには、関門トンネルの情報が展示されていたりするんだけど、そこから、下関に続く地下道がまっすぐと伸びる。

e0173645_10564546.jpg
e0173645_10353016.jpg

おー・・・これ歩くのか。ちょっとためらったけど、せっかく来たんだし歩いてみるか。距離にして780mだ(じゃあ、往復で1.5kmちょいってことね・・・)。
途中で、福岡県と山口県の県境に差し掛かる。県境&本州と九州の境目でもあるんですな。

e0173645_11030339.jpg

どうだろう、15分くらい歩いたら反対側、本州山口県、下関だ。
福岡に来たつもりが、山口県にきちゃってるし(笑)
このちょっと先に、唐戸市場があるんだけど、今からの移動じゃ時間がほとんどないから、結局、ここで景色少しだけ見て引き返すことにした。

e0173645_11132465.jpg
e0173645_11132281.jpg
e0173645_11132037.jpg

門司まで戻ってきたけど、この後は・・・
レトロな建物もあるという、門司港エリアの散策でもしてみるか。
ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-19 11:28 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(2)~おきよ食堂

ボンバって福岡・佐賀1泊2日。
さて、福岡空港にしばらくいた後は、地下鉄で移動し、博多・天神を越えて赤坂というところにやってきた。

e0173645_07211595.jpg

とりあえずは、まず朝食。
駅から少し北へ歩くと、福岡市中央卸売市場があるんだけど、向かった先は、その隣りにあるビル。

e0173645_07211734.jpg

・・・なんか、福岡銀行にきました的な感じになっているけど、別にお金を下ろしに来たわけではなく、このビルの1階に用事があるわけ。
入口から奥に進むと、土産物や飲食店がいくつかあるんだけど、その中の「おきよ食堂」に入る。すでに時間は10時を回っているけど、おそらく市場で働く人もいるからだろう、朝6時から営業している。

e0173645_07221382.jpg

「おきよの定食メニュー」ということで、色んな魚の塩焼きや煮付、フライの定食がいくつかあるんだけど、やっぱり、刺身は外したくないよなぁ・・・
ということで、海鮮丼(1750円)。

e0173645_07221590.jpg

まぐろ、いか、えび、たこ、サーモン、いくら等・・・に、蟹身とウニまでのった盛りだくさんな丼だ。これで、この値段だと良心的じゃないか、と。

さて話変わって、福岡の郷土料理のひとつ、ごまさば。ややこしいんだけど、魚の種類でいう「ごまさば」じゃなくて、料理の方ね。新鮮でなきゃできないと思うんだけど、鯖は生のままに、醤油ベースのタレや胡麻と和えたものだ。因みに、ごまさばでごまさばを作るのではなく、真さばを使った料理なんだそうな。

今回、それを食べようと思って何度かチャンスがあったんけど、最後まで売切だなんだでありつけなかった。そのかわり、この「おきよ食堂」では、鯖でなくブリで提供されていた。
胡麻ブリ(650円)。鯖以外でも、こうして新鮮な魚で作られるんだね。なるほど、これでご飯が食べたくなるな。厚めにカットされたブリの風味よろしく、ついつい箸が伸びてしまう一品だ。

e0173645_07221796.jpg

特段、観光向けな感じもなく、飾らない街中の食堂という雰囲気がええですな。
さあ、何も考えずに福岡に来たけれども、この後どうするよ。

ボンバって福岡・佐賀1泊2日、続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:おきよ食堂
場所:福岡市中央区長浜3-11-3 市場会館1F
時間:(昼)6:00~14:00(土は~14:30、日は11:00~)
    (夜)18:00~22:00  昼は第1日休・夜は第1月休
電話:092-711-6303

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-18 08:36 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

ボンバって福岡・佐賀1泊2日(1)

発端は、夏休みをどう過ごすかという話の時。
マイルが貯まっていることもあり、ボンバルディアに乗ってどこかへ行くかという話を切り出したところ、Jr.も飛行機好きなので即決だった。
大阪国際空港からボンバルディア利用の運行路線はいくつもあるが、現地行ってから移動が大変なのも難儀なので、食べ物が美味しく利便性が良い福岡に決めた

8月後半の週末を利用して、C級呑兵衛ファミリーは大阪国際空港入りした。
「ボンバルディアに乗る=ボンバる」旅のスタートだ。

さて、ボンバルディアと言われても、なんだよそれ?と思う人も多いと思うので、説明しておくと、簡単にいえばプロペラ機だ。
飛行機の機体って、アメリカのボーイング社フランスのエアバス社がほぼほぼな感じなんだけど、カナダのボンバルディア社もオラオラーと追随している。ボンバルディア社は、宇宙関係や鉄道とかも作っている複合企業なんだけど、あの「スノーモービル」の元祖開発企業としても知られているんだぞ~
ま、そのボンバルディアのプロペラ機、今回はDHC8-Q400という機種に乗るんだけど、とにかくトラブルが多い機体で、国内でも胴体着陸とか車輪でませんけど事件等で一世を風靡したもんだから、もーみんな不安かつ揺れる機体という先入観がすごい(笑)

大阪国際空港の搭乗口・・・大きなジェット機だと普通は9番や10番とかなんだけど、今回は、ハリーポッターのホグワーツ特急、9と3/4番線みたいな感じで9Cだ。搭乗口のフロアから階段を降りたところに搭乗ゲートがあり、その先にはバスが待機している。
バスは、ターミナルビルの南側に移動。モノレールからも見えるエプロンに、いくつかのボンバルディアやIBEXなどがいるんだけど、まさにそこへの移動ですな。

はい、きましたボンバルディア。航空会社はANAでございます。
改めて間近で見て思うけど、ちっちぇーなー(笑)

e0173645_07323127.jpg

機内は、通路を挟んで2列2列、全部で74席。満席ではなかったけど、結構乗ってるね。意外と欧米系の観光客が多いな。
因みに、福岡便だったら、羽田や札幌と同様、主要都市路線なわけだからプロペラ機ってないやろ!と思う人もいるだろうけど、これは、大阪国際空港の問題。騒音問題対策で、1日にジェット機はこれだけ、プロペラ機はこれだけ、と乗り入れできる本数に制限がかかっているからだ。

ブウィーンと、プロペラの独特な振動と音がいいねー
定刻通り、ボンバルディアは大阪を飛び立った。飛び立った直後の恒例の旋回部分で、伊丹昆陽池の中に浮かぶ日本列島もしっかりチェック。

e0173645_07323457.jpg

とにかく、今回の旅行中どうなるかなぁ・・・と、天気が心配だったんだよね。
でも、いざ旅が始まると、有難いことに青空が広がる。機内からの景色も、地上の景色をしっかりと楽しめたぞ。あ、あれ明石大橋やな。

e0173645_07373170.jpg

まだ絵葉書ってあるんだ。
機内サービスでドリンクなどはあったんだけど、それとは別に、絵葉書もよければどうぞと配っていた。

e0173645_07384793.jpg

窓際の席に座っていたんだけど、
ジェット機の場合、翼の付け根あたりのところだと、景色があまりみえなかったりするけど、ボンバルディアの場合、翼の話もあるけど、着陸態勢に入ると、プロペラの下から車輪が出てくるというサプライズもあるぞ。

e0173645_07400014.jpg

福岡空港に到着。朝一便に乗ったので、まだ8時過ぎだ。
Jr.が飛行機を見たいということで、少し、空港で飛行機を眺めることに。離発着が多くて、見てて飽きないや。

e0173645_07400234.jpg

さ、ボンバったし、これから福岡・佐賀の旅の始まり始まり~
続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2015-09-16 07:52 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

阿波座の「中之島漁港」

先日の話。
あー雨が面倒だなー、せっかく漁港まできたのに・・・
どこの漁港に来たかというと・・・下の写真の右手奥の方に、梅田スカイビルが見えているんだけど、分かるかしら。

e0173645_07332704.jpg

そう、ここは大阪市内。
場所は、大阪市中央卸売市場の南、安治川沿いの「中之島漁港」だ。

「え?あんなところに港なんてあったっけ?」と思うよね。
そう、「中之島漁港」は本当の漁港ではなく、施設の名前なんだよね。阿波座駅から歩いて10分くらいかしら。倉庫や工場が集中していて、人がぞろぞろ歩いているようなエリアではないんだけど・・・そこを安治川サイドに抜けると入口が見える。

e0173645_07340902.jpg

どんな施設かというと、
船が行き来する水揚げこそないが、全国の港からイキのええ鮮魚が集まってきてるんだよね。建物の中には、水槽がいくつもあって、いろんな魚が泳いでいる。市場みたいな感じだけど、なるほど、街の中に港が出来たというコンセプトなんだね。

e0173645_07341931.jpg

ほーサバが泳いでますなぁ。水槽で泳いでいるものもあれば、切り身になって販売されているものもある。

e0173645_07344305.jpg
e0173645_07344555.jpg

ここの人気は、中之島みなと食堂で、海鮮料理のほか、浜焼きBBQも出来るのか。なるほど、川に沿って飲食スペースがあるわ。

少し待って、中之島みなと食堂へ。
中に入ると、その日の仕入れ情報がホワイトボードに書き込まれている。

e0173645_07290375.jpg

さて、何を食べるかな・・・
雨が降っている上に、ムシムシと暑い。そこに来て、BBQをやっている客も当然いるわけで・・・んー暑いから、今回はBBQやめとこ。海鮮丼にするか。

e0173645_07385271.jpg

日替わりの海鮮丼(1500円)。
サーモン、タイ、ハマチ、いくら、まぐろが盛り付けられている。活きのいい魚を丼にしているんだろうね、脂はのっているけどあっさりで身がコリッコリだ。

e0173645_07413295.jpg

恵比寿さばが名物っぽいんだけど、残念ながら今回はないみたいだな・・・恵比寿さばというのは九州ブランドのさばで、水揚げした後、不純物を取り除くために綺麗な海水で一定期間泳がしてから出荷しているんだって。

この日の仕入れでは、鹿児島の活けサバか。
じゃあ、単品で鹿児島活サバをハーフ(1300円)で。しっかり脂がのって、まろやかな舌ざわり。美味い。

e0173645_07413459.jpg
週末どこ行こうかなぁと考えている人、海鮮丼が気になる人は観光気分で是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中之島漁港・みなと食堂
場所:大阪市西区川口2-9
時間:
中之島漁港 10:00~18:00 木・第3水休
中之島みなと食堂
【平日】11:00~15:00 (L.O.14:30)、17:00~22:00 (L.O.21:30)
土日祝+イベント開催時】11:00~22:00 (L.O.21:30)
※最終入店は21時迄
電話:中之島漁港 06-6581-3315
   中之島みなと食堂 06-6581-3166


【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-09-12 07:49 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

関西(特に北摂)のお祭り・イベント情報2015

今年もやってきました、夏のお祭りー
そろそろ始まっているところもあるようなので、これから先のおまつり・イベント情報を簡単にまとめるね(C級呑兵衛調べ)。「どのイベントがいつあるのかなぁ~」という人向けの情報なので、詳しい内容は各自調べてちょ(イベントの中止や変更があるかもしれないので、それは確認してね)。

最終更新日:2015年7月5日 9:30現在 ←ここも追加したら変えますわ。


■7月
12日(日) 【豊中】「夏まつり」(春日神社)
13日(月) 【茨木】「茨木神社夏祭り」(茨木神社)
14日(火) 【茨木】「茨木神社夏祭り」(茨木神社)
17日(金) 【箕面】「サマーフェスタ箕面公園2015~火と水と光の祭典~」
                            (~8月31日 箕面大滝・滝道)
17日(金) 【豊中】「夏祭・縁日祭」(豊中稲荷神社)
18日(土) 【箕面】「みのお東 de 愛 納涼大会」 (粟生ショッピングセンター前催事広場)
18日(土) 【箕面】「箕面地区納涼の夕べ」 
               (みのおサンプラザ北側~みのお本通り商店街)
18日(土) 【吹田】「第46回吹田まつり」
         市民ふれあいフェスティバル・ハートフルコンサートの夕べ」(メイシアター)
18日(土) 【伊丹】「笹原まつり」 (笹原小学校)
18日(土) 【伊丹】「瑞穂小校区ふれあいまつり」 (瑞穂小学校)
18日(土) 【伊丹】「第27回鈴原まつり」 (鈴原小学校)
18日(土) 【伊丹】「鴻池夏祭り」 (鴻池小学校)
18日(土) 【伊丹】「昆陽里夏祭り」 (昆陽里小学校)
19日(日) 【箕面】「箕面地区納涼の夕べ」 
               (みのおサンプラザ北側~みのお本通り商店街)
19日(日) 【豊中】「第14回新田南夏祭り」 (新田南小学校)
19日(日) 【伊丹】「第27回鈴原まつり」 (鈴原小学校)
19日(日) 【伊丹】「鴻池夏祭り」 (鴻池小学校)
19日(日) 【伊丹】「昆陽里夏祭り」 (昆陽里小学校)
19日(日) 【伊丹】「ありおかふるさと夏祭り」 (有岡小学校)
20日(月) 【豊中】「2015年豊中南部フェスティバル in 野田公園」(野田中央公園)
23日(木) 【池田】「てるてるビアガーデン」
         (~8月21日毎週木・金曜 17:00~21:00 池田駅前てるてる広場)
24日(金) 【大阪】「天神祭」宵宮 (大阪天満宮、川崎公園大川一帯、桜宮公園一帯)
25日(土) 【池田】「石橋まつり」 (石橋駅前公園)
25日(土) 【茨木】「第43回茨木フェスティバル」(茨木中央公園 南グラウンド他)
25日(土) 【箕面】「第30回箕面まつり」(芦原公園ときめき広場)
25日(土) 【大阪】「天神祭」本宮・奉納花火
          (大阪天満宮、川崎公園大川一帯、桜宮公園一帯)
25日(土) 【芦屋】「第37回芦屋サマーカーニバル」
          (潮芦屋ビーチ・潮芦屋緑地・芦屋市総合公園)
25日(土) 【伊丹】「摂陽地区夏祭り・盆踊り大会」 (摂陽小学校)
25日(土) 【伊丹】「第24回伊丹ふれあい夏まつり」 (伊丹小学校)
25日(土) 【川西】「東谷ミニ夏祭り」 (見んな野ふれあい広場)
25日(土) 【川西】「盆踊り大会」 (川西北小学校)
26日(日) 【池田】「石橋まつり」 (石橋駅前公園)
26日(日) 【茨木】「第43回茨木フェスティバル」(茨木中央公園 南グラウンド他)
26日(日) 【箕面】「第30回箕面まつり」(芦原公園ときめき広場)
26日(日) 【伊丹】「第24回伊丹ふれあい夏まつり」 (伊丹小学校)


■8月
1日(土) 【吹田】「第46回吹田まつり」前夜祭(江坂会場、千里南会場)
1日(土) 【箕面】「桜井地区納涼の夕べ」(阪急桜井駅北側)
1日(土) 【豊中】「豊中まつり2015」 (豊島公園)
1日(土) 【高槻】「第46回市民フェスタ高槻まつり2015」
          (桃園小学校グラウンド(けやき大通り・みずき通り)
1日(土) 【富田林】「教祖祭PL花火芸術」 (光丘カントリー倶楽部)
1日(土) 【摂津】「第40回摂津まつり」(摂津市青少年運動広場)
1日(土) 【島本】「島本夏まつり」(水無瀬川緑地公園スポーツ広場)
1日(土) 【伊丹】「第32回はなさと盆踊りと夏祭りの夕べ」 (花里小学校)
1日(土) 【伊丹】「稲小納涼ふれあい夏まつり」 (稲野小学校)
1日(土) 【川西】「北陵ふるさとまつり」(北陵多目的広場)
1日(土) 【川西】「ふるさと大和納涼盆踊り大会」(牧の台 平木谷池公園グラウンド)
1日(土) 【川西】「サマーカーニバル2015」(陽明小学校)
1日(土) 【川西】「清和台地区納涼祭」 (清和台中央公園)
1日(土) 【川西】「けやき坂納涼祭」 (けやき坂中央公園)
1日(土) 【川西】「夏祭り・盆踊り」 (川西小学校)
1日(土) 【川西】「桜小学校区盆おどり」 (桜が丘小学校)
2日(日) 【吹田】「第46回吹田まつり」本祭り(JR吹田駅前一帯)
2日(日) 【箕面】「桜井地区納涼の夕べ」(阪急桜井駅北側)
2日(日) 【豊中】「豊中まつり2015」 (豊島公園)
2日(日) 【高槻】「第46回市民フェスタ高槻まつり2015」
          (桃園小学校グラウンド(けやき大通り・みずき通り)
2日(日) 【摂津】「第40回摂津まつり」(摂津市青少年運動広場)
2日(土) 【伊丹】「第32回はなさと盆踊りと夏祭りの夕べ」 (花里小学校)
2日(土) 【伊丹】「稲小納涼ふれあい夏まつり」 (稲野小学校)
2日(土) 【川西】「ふるさと大和納涼盆踊り大会」(牧の台 平木谷池公園グラウンド)
2日(土) 【川西】「サマーカーニバル2015」(陽明小学校)
2日(土) 【川西】「清和台地区納涼祭」 (清和台中央公園)
2日(土) 【川西】「夏祭り・盆踊り」 (川西小学校)
2日(土) 【川西】「桜小学校区盆おどり」 (桜が丘小学校)
5日(水) 【宝塚】「宝塚観光花火大会」 (武庫川観光ダム一帯)
5日(水) 【伊丹】「桜台まつり」 (桜台小学校)
6日(木) 【伊丹】「桜台まつり」 (桜台小学校)
8日(土) 【大阪】「第27回なにわ淀川花火大会」
         (新御堂筋淀川鉄橋~国道2号線の淀川河川敷)
8日(土) 【池田】「2015Jazz picnic in Inagawa」(猪名川運動公園)
8日(土) 【神戸】「第45回みなとこうべ海上花火大会」
         (神戸港(新港突堤~メリケンパーク南側海上より))
8日(土) 【茨木】「第59回辯天宗夏祭奉納花火大会」 (冥應寺境内)
8日(土) 【伊丹】「荻野小学校地区ふれあい夏祭り盆踊り大会」 (荻野小学校)
8日(土) 【伊丹】「南小地区フェスタ」 (伊丹南小学校)
15日(土) 【池田・川西】「第67回猪名川花火大会」(猪名川河川敷)
22日(土) 【伊丹】「第35回いたみ花火大会」(猪名川神津大橋南側河川敷)
22日(土) 【伊丹】「神津夏まつり」(神津小学校)
22日(土) 【川西】「盆おどり大会」(多田小学校)
23日(日) 【池田】「いけだ・いらっしゃいフェスティバル」(池田小学校・市役所周辺)
24日(月) 【池田】「がんがら火祭り・大文字献灯・大一文字点灯」
24日(月) 【池田】「いけだ・いらっしゃいフェスティバル」(池田小学校・市役所周辺)
24日(月) 【豊中】「夏天神祭 本祭」(服部天神宮)
25日(火) 【豊中】「夏天神祭 本祭」(服部天神宮)


【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-07-04 12:11 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(4)  

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日(7)

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日、最終回。

車で移動をしながら、昼飯どこに行くか…なんて話をしていたんだけど、
「町の食堂がいいねー」ということになり、空港近くに香ばしそうな店を発見したので、そこへ向かうことにした。

JR千歳駅の南、東大通沿いにお店発見。
長屋のような続きの建物の中、食堂「伊勢屋」がある。北海道へ観光に来て、こういう店をチョイスするところが我々一行だ。
くすんだ黄色い暖簾が渋すぎるぜ。

e0173645_10362246.jpg
e0173645_10362811.jpg

昼時も過ぎて、数名の客はいるものの静かな感じ。
メニューは色々あるんだけど、何を食べようかな…この、ミックスフライ定食(970円)にしようかな。

しばらくすると、先にご飯がやってきた…

「!」

e0173645_11052885.jpg

あー、写真じゃ伝わらねー
このご飯、丼飯まではいいんだけど、その量が半端ない…これ3~4人前あるんじゃないか。おいおい、ちょっと待てよ、ご飯がこんなことになるってことは、メインのおかず大丈夫なんだろうか…

「!!」

でたでた、完全にアトラクションだな…

e0173645_11053939.jpg

一人で食べる量じゃないよね。「あれ?今からホームパーティするんですか?」的な盛り合わせなんだけど。フライは、イカ・エビ・チキン・ウィンナー・サーモン・ちくわの6種。チキンが下敷きになって分かりにくいんだけど、通常のチキンカツ定食レベルの大きさはあるからね。

e0173645_11054216.jpg

食べても食べても減らない…泣
実は、他のメンバー4人は、それぞれに違うものを注文していたが、全員撃沈。何を頼んでも量が凄い。途中から完全に戦いだ。

途中で、店の主人がやってきて、「ご飯おかわり大丈夫ですか?」と尋ねてきたからひっくり返りそうになったが、冗談ではなくて、いたって普通に聞いてきたので驚いた。ここに食べに来る人は、どれだけ食べる人達なんだ…

一つ助かったのは、ご飯のお供に、いかの塩辛が食べ放題だったことだ。所々で、味を変えていかないと、この爆裂ボリュームは対応しきれない。

e0173645_11053373.jpg

男5人だったが、完食はC級呑兵衛だけだった。
暫く、食べることから遠ざかりたいくらいの破壊的ボリュームだった。店を出て、車に乗り込んだ後、あまりの苦しさで、みな言葉を失っていた。

この後、空港に到着。
5人は「任務完了」と言わんばかりに、バラバラに散っていった。

C級呑兵衛は、土産を少し見たあと、ANAラウンジでシメの一杯。
ANAラウンジはアルコールが飲み放題で、生ビールもサーバがあるんだけど、この新千歳空港はサッポロビールだったので、そいつをぐびっと。

e0173645_11555508.jpg
e0173645_11555714.jpg

相変わらずの恒例忘年会、今年も慌ただしく終わっちゃったな。

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日(完)。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:伊勢屋
場所:北海道千歳市青葉8-2-1
時間:11:00~21:00(15:00~17:00は休憩)月休
電話:0123-42-1510

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-29 12:11 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日(6)

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日。

この毎年恒例の年末忘年会も、回数を重ねるごとにメンバーも年を重ねていく。かれこれ10年目か…夕食も済ませて、部屋飲みが始まってから、みんな寝るのが早くなったよねーいびきグースカも慣れちゃったよ…
夕食前に風呂入ったけど、もータバコくさいし、25時半頃、一人また風呂へ。

c級呑兵衛は、まぁ酒は強いしそんなに飲んでなかったから、全くもって普通に湯に浸かってたんだけど、泥酔している宿泊客が、一人はジェットバス浸かりっぱなし、一人は身体を洗った後、ふらふらと歩き始めたが、とうとう浴場内で大の字で寝てしまった。泥酔状態での風呂は危険だよなぁ…

e0173645_08191441.jpg

さて、明けて日曜日。登別は、朝から雪。夜も降ってたみたいだな。
8時頃に、皆で朝風呂。少し入っただけでも温まる~

e0173645_07591457.jpg
e0173645_08210702.jpg

朝食は、館内のレストラン「ステラモンテ」でバイキング。なかなかの充実ぶりで、北海道の食材を和・洋で楽しめる。プレートが格子に区切られているので、色んなものを少しずつ。
最初に御飯からスタートし、パンもいって、最後、蕎麦まで食べてお腹パンパン…

e0173645_08000021.jpg
e0173645_08000622.jpg

のんびり、10時頃にホテルを出発。
車を出したものの、1分もしないところで車を脇に止めて…源泉公園に立ち寄る。温泉街のメインストリートにあり、鬼の金棒が園内を囲むように立っている。

e0173645_08162567.jpg
e0173645_08162840.jpg

勢いよく湯けむりが上がっている。湯けむりの元を辿ってみると、間欠泉がありぼっこぼこ湯が湧き出ている。

e0173645_08163346.jpg

そして、源泉公園から少し坂を上ったところにある駐車場に車を止め、地獄谷へ。火山が噴火した際に出来た爆裂火口の後で、いくつかのポイントで噴気孔や湧出口がある。見た目が何やらおどろおどろしいところから、「鬼の棲む地獄」ということになったそうな。だから、さっきの源泉公園も金棒なわけね。

e0173645_08224692.jpg

遊歩道があって、その先には鉄泉地がある。約80度の温泉が吹き出す間欠泉がある。遊歩道、途中で凍っているところがあって、何回もズルッといったな。後で分かったんだけど、地獄谷の入口にあるサービスセンターで、長靴の貸出もしているぞ。

e0173645_09043650.jpg
e0173645_09251704.jpg

吉本新喜劇くらいでしか聞かない…三途の川だ。六文銭もなければ、石を積んでいる人も見かけない。それどころか、自分の歩幅でまたげそうな川だ。別の場所では、温泉が川に流れ込むことによって、黄色い川になってたぞ。

e0173645_09053504.jpg

昼前くらいから、千歳の方に向かって車を進める。
太平洋沿いの国道36号線を走り、途中、苫小牧で国道276号線へ、内陸へ向きを変える。
このまま、空港に向かっても味気ない…ということで、やってきたのが支笏湖。水の透明さが日本一クラスなのが有名ですな。

…風が強くて激寒。

e0173645_09424961.jpg

湖畔に、環境省のビジターセンターがあるんだけど、これが、なかなかの設備で驚き。支笏湖の自然をしっかり学べる。

e0173645_09574517.jpg

何だかんだしていると、時間は14時近く。新千歳空港そばまで帰ってきた。
ホテルの朝食を結構がっつり食べているから、めちゃくちゃお腹が空いているわけでもなかったが、北海道での最後の食事、遅めのランチを探すことになった。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-29 10:12 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日(5)

食べ過ぎ危険 激旅・北海道1泊2日。

我々4人一行は、札幌駅にいた。
今から向かう先は、登別温泉だ。JRの駅に行くまでにバスターミナルを見つけたので、バスでの移動に決めた。あ、あと10分ほどで出るバスがあるんだ。
乗り場に行ってみると、意外に人が多かった。座れないということはないだろうけど、結構な列が出来てるぞ。

e0173645_11373103.jpg

バスが入ってきた。16時発、室蘭行の道南バス「白鳥号」だ。
果たして、無事シートには座れた。すすきの近くのバスターミナルとかから途中乗車しようとしてたんだけど、それだと、完全に補助いす使用だったな。なかなか人気の路線なんだね。

e0173645_11401251.jpg

札幌から登別までは、1時間37分。料金は1850円だ。チケットは販売所で買ったんだけど、切符くれるのかと思ったら金券だったりする。
なかなかの距離に思えるけど、JRの特急で移動しても1時間以上はかかるから、そんなに変わらないんだよね。料金も倍違うし。

あら、バスの車内で、飛行機のように音楽が聴けるようになっているのね。いい時間つぶしになるかと思ったんだけど、ちゃちいヘッドフォンだから、音が漏れ漏れなのよね…ちょっと静かな車内なので控えとこ。

e0173645_11470367.jpg
e0173645_11470557.jpg

途中、雪や人の乗り降りもあって、ほぼほぼ2時間かかったって感じだな。

おいおい、こんなところに下ろすんじゃないよ…と言いたくなるような、寂しげなバス停。登別に到着だ。すっかり、真っ暗ですな。
先に、レンタカーで現地入りしていた1名は、JR登別駅近くのコープにいるということだったが、それは、偶然にも我々一行が乗っているバスの停留所前だった。

e0173645_11470676.jpg

コープで酒肴を買い込みし、5名はレンタカーで登別温泉を目指す。JR登別駅から、ちょっとだけ離れていて、車で10分ほど走ったところにある。
今回、お世話になる宿は、登別万世閣だ。いくつもの旅館がならぶ温泉街だが、大きな建物だからすぐに発見できた。

着いて早々夕食と言われたら、「しずる」で食べた4名は撃沈していたかもしれないが、20時設定だったので、先にひとっ風呂&お腹休憩ができるというものだ。有難い。

登別万世閣の風呂は24時間入ることが出来る。
温泉の素くらいでしか見たことがない乳白色の温泉、これが登別なのね。
屋内の浴場も大きくて開放的だし、露天風呂もなかなか広いね~
御飯時に入ったからか、貸切状態だぜぃ。
この色合いが、滑らかな感じを想起させるけど、入ってみると、軽いピリピリ感を覚える。ここは硫化水素型の酸性低張性高温泉だ。アルカリ性の美肌効果というよりは、殺菌や自然治癒力にいいとされている。

e0173645_12180115.jpg
e0173645_12180368.jpg

風呂上がりに部屋で軽く一杯やった後、ホテルの食事処「郷の味しらかば」で夕食だ。なるほど、居酒屋としても使えるお店なんだ。

e0173645_12505943.jpg

食事は会席料理になっていて、豚肉ときのこが入った鍋、鮭と帆立のチャンチャン焼きを中心に器が並ぶ。

e0173645_12515187.jpg

鍋、案外といいボリュームだったりするんだよね。醤油ベースで、こってりしてないから食べやすいや。

e0173645_12520811.jpg
e0173645_12521270.jpg

先付と向付。

e0173645_12524200.jpg
e0173645_12524512.jpg

これは、止め肴なのかな…分かんないけど小鉢に、茶碗蒸し。

e0173645_12524811.jpg
e0173645_12525001.jpg

色々食べて、そろそろまたお腹のピークが来るというところで、追い打ちで揚げ物に炊き合わせがやって来る。舞茸の天ぷらが美味いなぁ。

e0173645_12540844.jpg
e0173645_12541149.jpg

もともと素泊まりで一人6000円くらいという話だったところに、食事込みにしようと、後から2000円ほど追加したんだよね。8000円くらいで、この温泉と食事(朝食も入って)だったら、十分だと思うよ。
あー苦しい。時間おいたとはいっても、ラーメンがまだ腹に残ってるから。

この後、部屋に戻り飲み直し。
氷も部屋まで持ってきてもらい、焼酎片手に一献。
明日は、どういう動きになるんだろう。ま、楽しみにするか。

続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2014-12-25 07:48 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)