2017年 10月 07日 ( 4 )

 

阿波のドライブイン「コインスナック御所24」

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」番外編。

25時前に、一体何をやっているんだというお話。
うどんを食べに香川入りする前に、実は徳島県を経由していた。徳島自動車道の南側を併走する県道12号線。

時間も時間だけど、周りもまっくらだな・・・
あっ!と、通り過ぎた・・・ここだ、ここ。

e0173645_14250183.jpg

阿波のドライブイン「コインスナック御所24」だ。
舞鶴の「ドライブインダルマ」に続き、レトロな自販機を求めて来てしまった。
暗い中、一列に並ぶ自動販売機群が浮かび上がる。

e0173645_15033543.jpg
e0173645_15033961.jpg

一番右端にあるアトム手袋の自動販売機
広島の作業用品各種を扱うアトム株式会社。地域的に必要なアイテムなのかもしれないけど、ここでゴム手袋を買わなければならないニーズがどこまであるのかは計り知れない。アトム製品「ゴム張りG」2双パック600円か。果たして、この自動販売機にして同じ製品が入っているのかしら・・・

e0173645_15365629.jpg

コカ・コーラも昭和感に便乗して、自動販売機は新しいものだけど瓶で飲めるようになっている。負けじと日清食品も参戦・・・あっ、さすが徳島。ラインナップの5分の2が、地元の徳島製粉「金ちゃん」のラーメンに差し替えられている。ここは5分の3でなく5分の2で留めている気持ちを汲んで、日清食品も大目に見てあげてほしい。

e0173645_17230889.jpg
e0173645_17231256.jpg

さっき、アトムのゴム手袋が600円と書いたけど、
ここに並ぶ自動販売機で一番単価が高いのかと思ったら、いやいや。
ここには、なんとあの「モヤモヤさまぁ~ず2」でもおなじみの、1000円自動販売機「王様の宝箱」が2機もあるんだよね。1夢1000円ですわ。

e0173645_19230362.jpg

舞鶴に同じく、こちらにもうどんの自動販売機がありますなぁ。
ここは、1つの販売機で、きつねうどんと天ぷらうどんがチョイスできるタイプだ。ま、ちょっと年季入ってて、チョイスできるのかどうか怪しい感じはするけど(笑)

e0173645_19252117.jpg
e0173645_19284490.jpg

あれ、箸は?・・・あ、自動販売機の下の部分にストックが。七味もあるのね。

e0173645_19333040.jpg

ここはそんなに食べるスペースがなくて、カウンターに2~3人程度で満員御礼だ。
あちち・・・こちら、きつねうどん(250円)。ダシに対して麺の量が多いって。
あ・・・ダシ美味しいじゃん。讃岐うどんないりこ系ではなく、関西風だ。

e0173645_19252363.jpg

さて、ここでのメインはやはりこれだな。
日本で唯一残っているとされる、ボンカレーの自動販売機だ。もー、笑福亭仁鶴師匠の若かりし頃のビジュアルがそのまま現存している。「新発売」プレートもそのままだもんね。

e0173645_19560789.jpg
e0173645_19561112.jpg

カレーは300円で、中辛と辛口のチョイスだ。おこちゃまには無理だな。
硬貨を入れると・・・ん?これランプついてる?あ・・・何か暗~いぼあぁっとしたランプがついてるわ。中辛にしよー

e0173645_20031970.jpg

何か作動している音がしたかと思ったら、カサッと出てきた。
あ、なるほど、お弁当な感じで出てくるのね。お~あったかーい。

e0173645_20014680.jpg

カレーライスと書かれた表の紙包をとると・・・
ライスが器に入り、カレーはパウチのまま重ねていたのか・・・ていうかさ、もはやボンカレーじゃなくて、ハウスの咖喱屋カレーじゃん
買うときに、ボタンを見るとカレーライスの前の文字を消していたのが気にはなっていたんだよな。まぁ、中辛は中辛だけど・・・

e0173645_20015436.jpg

ライスの上にカレーをかけるんだけど、
おいおいおい、大丈夫かぁ全部入るのか、これ・・・入るんかい!
もう、なみなみですよ。
え?味?そりゃ、ハウスの咖喱屋カレーの味だよ。

e0173645_20015755.jpg

そうかぁ、カップ麺の自動販売機だとお湯と箸がでるから、カップ麺だけもってくる奴がいるのか。悪いねー
あと、舞鶴「ドライブインダルマ」もそうだけど、結構、補充が大変だと思うんだよねぇ。うどんがうまく出てこないときはインターホンで呼んでください・・・って、こんな深夜とかに押しづらいよね。ま、自動販売機の上という微妙に高い位置にインターホンがあるところが笑うけど。

e0173645_20020452.jpg
e0173645_20020702.jpg

25時を回って静かで暗い中、キャーキャー言いながら楽しんだわ。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:コインスナック御所24
場所:阿波市土成町吉田市の一66
時間:24時間営業

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-10-07 21:57 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー21 むぎ屋

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」

高松空港から国道193号線に出て北上し、高松自動車道を目指していたわけだけど、途中、交差点を過ぎてすぐくらいのところで、繁盛してるうどん屋さんが目に入った。どうするか悩んだけど、結果、すぐに車を折り返し入ってみることにした。

手打ちうどんと大きく書かれた「むぎ屋」だ。

e0173645_13114661.jpg

わ~、町の食堂って感じでいい雰囲気だなぁ。店内の中央におでんコーナーがあるのね。地元の人でとっても賑わっているぞ。
「むぎ屋」はセルフではなく一般店なので、席についてから注文をする。

注文は・・・この店では夏季限定になるのか、冷かけうどん(280円)を発注。
かけうどんなんだけど、天かす・青ネギに、かまぼこまでトッピングされてきたぞ。

e0173645_13114984.jpg

エッジのきいた太めの剛麺がいいねぇ。お、結構ぷりんぷりんな弾力で歯切れがシャープだ。ダシは、いりこだしがしっかりきいている中に、酸味がいい感じであって、さっぱりとして美味いわ。

e0173645_13115299.jpg

あ~食った食ったぁ。
さすがにもう食べられないわ。さ、大阪に帰ろう。

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」 完。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:むぎ屋
場所:高松市香川町川東下300-1
時間:9:30~17:00 火休(祝日の場合は営業)
電話:087-879-3006

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-10-07 13:58 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー21 谷川米穀店

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」

C級呑兵衛の讃岐うどんツアーを見ていると、早朝から営業する製麺所やうどん店が多いようにみえるかもしれないけど、実際には、10時11時くらいの開店が多いと思うんだよね。

この光景、相変わらず並んでますなぁ・・・まあ、でも国道のところまでじゃないし楽勝楽勝。今まで、直前で玉切れでゲームオーバーなんてこともあったからなぁ。

e0173645_09113220.jpg

次に訪れたのが、おなじみ超有名店の「谷川米穀店」。
11時開店とおもって10時半くらいに着いたんだけど、10時半開店だったのね。先頭勢はすでにモグモグ始めてるのか。営業時間も短いので、計画的に動かないとね。

e0173645_09121859.jpg

中に入ると右手にカウンターがあり、すぐ注文することになるんだけど、メニューはシンプル。大か小か、温か冷かだけ(1日50玉の限定モデルなそばもあるんだけどね)。温も冷も食べてみたいと思ったら、とりあえず注文の時はいずれか1つを注文すれば、席についてからは追加注文ができることになっている。

まずは小(150円)の冷を。
も~つやつや。

e0173645_09123193.jpg

うどんを手にしたら、空いた席へ。
テーブル席には、ねぎや醤油以外にもお酢があったり、そして、オリジナルの青唐辛子の佃煮が(はよ食べたいが故に写真がブレちゃったけど)。

e0173645_09123956.jpg

この佃煮、調子こいてガサっと入れるとドツボ踏むので、気持ち程度に。
下の写真、これくらいでもそこそこ辛いぞ。
青ネギに、醤油をさっとかけたところで全体を混ぜて頬張る。

e0173645_09125166.jpg

やっぱり、美味いな。
麺が瑞々しくて、程よい弾力とコシが絶妙なバランス。講釈を垂れても仕方がなくて、何も考えていなくても、自然とついつい無言で食べ進めてしまう自分がいる、ただそれだけ。

わんこそば的に一気に食べちゃったよ・・・
あかん、おかわりしよ。

器を差し出しておかわりを告げると、すぐに対応してもらえる。
今度は、同じ小でも温にして、ここに生卵(1個50円)を落としてもらう。
おいおい、ウメーなおい。
水で締めたのとはまた違って、弾力とコシはそのままに、釜あげほかほかのふわっと感が、卵のまろやかさとばっちりなんだわ。

e0173645_09130052.jpg

あー満足満足。

お腹も一杯だからちょっと休憩もしたいんだけど、
そうそう、ちょっとお土産もほしいからどこか・・・そうか、観光スポットにいるわけじゃないからどうするかな。
こういう時に助かるのが、高松空港。こんぴらさんや高松市街まででなくても、お土産買えるもんね。

e0173645_09130915.jpg

高松空港も国際線の乗り入れがあって、チャイナエアラインや春秋航空の他に、香港エクスプレスやアシアナ系LCCのエアソウルもやってくる。

e0173645_09131517.jpg

ん?
あ!YS-11がいる~
これニュースでみた気がするなぁ。航空局所有のラスト1機を、大阪の民間会社が入札でゲットしたんだよね。塗装はすでにその民間会社「エアロラボ」仕様になっている。羽田から高松に移ってきているけど、いつかまた、飛ぶ時がくるのかしら。楽しみだね。

e0173645_09131223.jpg

この時点でまだ13時にはなっていないんだけど、
そこそこお腹いっぱいだし、少しずつ大阪に向かって戻っていくかな・・・空港から国道193号線に出て北上し、高松自動車道を目指す。

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:谷川米穀店
場所:香川県仲多度郡まんのう町川東1490
時間:10:30~13:30 日休
電話:0877-84-2409

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-10-07 13:08 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)  

讃岐うどんツアー21 山とも

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」

「やなぎ屋」の肉うどんをしっかり平らげたところで、坂出から少し西へ移動し丸亀市へ。
次にやってきたのは、「山とも」だ。

e0173645_20374212.jpg

わぁ、なかなかの繁盛ぶりで活気づいているな。
中に入って右手に厨房カウンター、店内中央にテーブル席、左側にカウンター席、そして、奥には座敷がある。
カウンターのところで注文はするものの、湯掻き上がるのに少し時間を下さいということで、数字の書かれた小さなマグネットを渡され、席に着く。
わぁ、ここも天ぷらが充実しているなぁ。コロッケとかもあるよん。

e0173645_20380419.jpg

各テーブルには、おろし金に生姜。必要な分だけ自分ですって入れる。

e0173645_20381827.jpg

うどんきたきた。
注文したのは、ひやあつ(小230円)。
店主のおすすめがひやあつだったから選んだんだけど、今回のツアーでは、ひやあつは2回目。ひやあつがおすすめで、充実した天ぷら(しかも藤原屋)、セルフの生姜・・・そう、昨日行った「山内うどん」のスタイルだよね。「山とも」は「山内うどん」の流れを汲むお店なんですな。

e0173645_20382649.jpg

ひやあつだから、やっぱり麺が気になるねよね。
「山とも」の麺は細めでつるつるな喉越し。そして、コシがばっちり、噛むほどに小麦の風味がよく出てくるわぁ。塩味もあってウマウマの一杯だ。

e0173645_20382940.jpg

とりあえず、モーニングうどんを3軒巡ったところで、9時半も回ったしそろそろ移動しないといけないな。

e0173645_20384372.jpg

讃岐富士な飯野山の麓を通り、国道438号線を南下。
こう書いただけで、行ったことがある人は「あぁ、あの店に行くのね」と分かるかもね。間違いなく並ぶから、早めに移動移動。

「思い立ったら四国 うどん三昧さぬきうどんツアー21」続く。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:山とも
場所:丸亀市土器町東9-194
時間:9:00~14:00 日休

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-10-07 09:05 | 食べ歩き(さぬきうどん) | Trackback | Comments(0)