2017年 04月 30日 ( 2 )

 

豊中市の銭湯「島田温泉」

豊中銭湯シリーズ。
今回も電車で行こうとすると、ちょっと距離があるなぁ。
豊中の銭湯といえば恒例の、阪急庄内駅下車。
駅から西へてくてく歩き、もう豊中ICのそば。一時期、国を挙げて話題になったあの森友学園も近いわね。

e0173645_10515423.jpg

駅から少し離れてはいるけど、スーパー「サンディ」やコンビニエンスストアなどがある南北に走る広めの道路に出る。この通りにある銭湯が島田温泉だ。
他の銭湯と違うのは、主副の関係はよく分からないけど、整骨院が併設されているところだ。

e0173645_10182323.jpg

いくつか銭湯をめぐる中で、久々に外観から渋い感じの銭湯だ。
外観の写真を撮っていると、自転車に乗った男性が「何撮ってんの?」と近寄ってきた。これから銭湯に入るのと、外観の写真を撮っていたと話すと、「インターネットに上げるんやったらええように書いてくれな。」
あ、ここの人だったのね。
話を聞いていると、ネットで色々ここの銭湯のことを悪く書かれているんだそうな・・・

e0173645_10183167.jpg

外観の渋さもいいなぁと思って暖簾をくぐったところ、外観とはまた違う木造の入口がいい味を出している。下駄箱の鍵は大日之出だ。

e0173645_10182745.jpg

中に入ると・・・おーこれは見事な番台。飴色の木柱が素晴らしい、縁の部分には白の曲線が入る。格子天井に、籐床タイプ。そして、男女仕切りの棚上には立派な神棚が祀られている。ぶら下がりの蛍光灯もいい感じ。ロッカーは77。

入口側にも部屋があり、お、灯篭のある庭がありますなぁ。
マッサージは2機設置されている。

浴場内は、体育館タイプ。広々した空間を蛍光灯5本が照らす。
奥の壁には、ちぎり絵タイルで虹が描かれている。
カランは18、シャワーは固定タイプで17。赤い桶と、椅子は固定の長椅子になっている。
今回、ボディーソープがちょうどなくなったタイミングだったので、ここで買おうと思ったんだけど、ボディソープはなく固形石鹸(60円)だ。こいつがまた、銭湯情緒を増幅させてくれる。

浴槽だけど、主浴槽は約2m×1.5mで深さ100cmほど、湯温は40度くらいで頃合だ。さらに奥には低周波電気風呂、約2m×1.5mで60cmほどの浅瀬風呂が控えている。
右奥には、赤い赤外線ライト照らされたドリームバスと、座り風呂。いずれもジェット水流でのリラックス効果を狙いたいところだが、残念ながらこれは起動していない。
この浴場で一番びっくりするのは、浴場内中央にあるスチームバス。ガラス張りになっていて、大きめの電話ボックスのよう。このタイプ、他ではみたことはないよな。

いやぁ、色々と懐かしさと驚きを堪能したな。
気になる人はぜひ。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:島田温泉
場所:豊中市庄内栄町1-11-1
時間:14:00~24:00 第3土休
電話:06-6331-1908

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-30 12:29 |  L 豊中市にある銭湯 | Trackback | Comments(0)  

豊中市の銭湯「長島温泉」

ナガシマリゾートの話じゃないぞ。
豊中の銭湯シリーズ。

今回は、阪急庄内駅の南東へ。
阪急宝塚線と国道176号線とが交差するあたり、ここから東に向かうんだけど、狭い道が入り組む住宅街の中を進む。
天竺川を跨いで、すっかり住宅街に溶け込んでいるんだけど、煙突見えてますよ~とやってきたのは長島温泉だ。

「好きやねん おふろ」のキャッチフレーズを筆頭に、お風呂の種類を掲げたカラフルな看板が明るい感じでいいねー・・・長島温泉という文字はおどろおどろしいんですけど(笑)

e0173645_14132819.jpg

こちらの銭湯は、フロントタイプ。
レイアウトなどは違うんだけど、なんだろう・・・どっちがどうとかという話ではないんだけど、なんとなく、石橋の平和温泉を想起させる。

脱衣場、籐床タイプでロッカーは58。
イウチスケールのアナログ体重計が渋い。「オートショップあらい」「マルイチ本舗」はまだ存在するお店なのかしら、広告もついている。

浴場に入ると、あれーホント平和温泉みたいだわ・・・というのも規模感、サウナ・浴槽のレイアウト、色合いまでそっくりなんだよね。今でこそ色んなスタイルの銭湯があるけど、当時は床面積から、ある程度雛形的なレイアウトがあったのかもしれないね。

壁に沿ってカランが16。シャワーは固定タイプ。
やはり、充実の浴槽が嬉しいね。1.5m×1.8mほどの主浴槽(深い・浅い)をはじめ、電気風呂、バスクリン風呂、ジェット(超音波)風呂など、それぞれは独立槽ながら、続きで奥へと続いている。
奥には、3段ほど階段を上がったところにスチームサウナと水風呂がある。
脱衣場も含めて、明るく清潔感のある印象。リラックスしてお湯に浸かれるわ~熱いすぎない湯加減もいい。

気になる人は是非ー

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:長島温泉
場所:豊中市豊南町南2-2-3
時間:15:00~24:00 金休
電話:06-6334-9396

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-30 10:08 |  L 豊中市にある銭湯 | Trackback | Comments(0)