2017年 04月 02日 ( 2 )

 

激旅!釜山2泊3日2017(8)

激旅!釜山2泊3日2017、最終回。

3月22日(水)最終日。
ホテルのチェックアウトを済ませ、荷物だけホテルに預け朝御飯を食べに出る。
9時半過ぎにやってきたのは、
今回毎日来ている南浦洞・チャガルチエリア、国際市場にある「トルゴレ」だ。
朝とはいえ、周辺の店は閉まり、この先に動きがあるのかないのかが全く分かならない、この狭い中を入っていくのか。この道路に出ている自立式看板だけがかろうじて、「営業してますよ」的なサインを送っている。

e0173645_14224259.jpg

中に進もうとすると、
あ、中庭みたいなのをすぎて、あの奥の階段を上がっていくのか。この黄色い看板がさらに緊張感を高めるぜ。

e0173645_14262648.jpg

狭い階段を上がると、すぐに店の入口が。
おいおい、中の様子がまったく分からない・・・

e0173645_14265412.jpg

が、ご安心あれ。
中は、とっても庶民的な雰囲気の食堂で、おかあちゃんが忙しそうに動いている。
写真は他の客がいない間に撮ったけど、入れ替わりお客さんがやってくる。お店は意外と広く、テーブル席だけでも50席くらいあるかな、奥には座敷もある。

e0173645_14265842.jpg
e0173645_14532136.jpg

今日の朝飯は、スンドゥブチゲだ。
スンドゥブチゲと白飯というメニューがあって、W5,000(約500円))と激安。美味しくて安いとくれば、それは有名店になるわね。
パンチャンのキムチがきた後、ガンガンに煮立てたスンドゥブチゲがやってきた。思ったよりも小さな器ではあるんだけど、意外とたっぷり食べられる。

e0173645_14474840.jpg
e0173645_14474338.jpg

このスンドゥブチゲ、
まず豆腐がおぼろ豆腐が如く、柔らかくてふわっふわで美味い!
そして、このスープ、いい感じの辛さがありつつも甘味と深みがあるぞ。スープに牛骨を使っているらしいけど、豆腐も大豆100%など、随所にこだわりがある逸品だ。
ご飯にたっぷりかけて、熱々のところをかきこむ。ウメー
あとね、ここのキムチが美味い。辛さといいコクといい絶妙だ。
いい朝飯になったぜ。

とにかく食べないと。
この後、ロッテ百貨店で1時間ちょっと土産を見た後、今度は昼飯だ。
同じ、南浦洞・チャガルチエリアにある「ハルメカヤミルミョン」にやってきた。
メイン通りからちょと路地を入ったところ。あら、新しい感じで、気軽に入れる雰囲気がいいですな。

e0173645_15332673.jpg
e0173645_15334711.jpg

ここで食べるのは店名にもあるんだけど、ミルミョンだ。
昨日、焼肉で冷麺食べたけど、蕎麦粉ではなくて小麦粉で作る冷麺のことをミルミョンというんだよね。
さっき朝御飯を食べたところ・・・と思うところだけど、がっつりでもなかったので、引き続きいける感じ。ただ、ボリュームだけ気を付けないとな・・・
ミルミョンの小(W5,000(約500円))にしとこー

やかんが来たから、お茶入れよーと思って注いで飲んでみると・・・

「!」

ん?・・・これ、スープやん。え?飲んでいいやつやんな・・・
後から調べて分かったんだけど、牛骨と韓方薬剤をじっくり煮詰めた温かいスープなんだって。もちろん飲んでええやつ。

e0173645_15340924.jpg

きたきた。
ここも、麺は最初にハサミでザクザクっとカットね。
細麺は細麺だけど、昨日の冷麺よりは気持ち太め。半透明な白い麺で・・・お、なるほど、つるっと喉越しがいいですなぁ。
牛骨スープベースであっさり&旨みがウメー、ここにニンニクがきいた唐辛子味噌を合わせることで、全体の味がしまる。

e0173645_15335649.jpg

色々食べ続けてきたけど、そろそろ帰路に向けて移動しないとな。
一旦ホテルに戻り、荷物の整理と休憩をして、金海国際空港に向かう。

e0173645_15353154.jpg

チェックインは列ができてしまうと時間がかかるので、開始時間すぐに手続きができる様に少し早めに空港に到着。
開始前の段取りとか、手続きをしてくれたお姉さんのカジュアルさに笑ってしまうところもあったけど、基本、親切でてきぱき対応してくれる。
おかげで、すぐに手続き完了。

e0173645_15353644.jpg

全然関係ないけど、
あら、この空港内にあるゴミ箱がスーツケースの形してるー

e0173645_15355142.jpg

出国手続きをして、搭乗までの時間に土産を買う作戦だったんだけど、すんなり行き過ぎて時間に余裕ができるくらいになった。
ま、1つあったとすれば、手荷物検査でひっかかる。ロッテ百貨店で買った味噌ですわ、あの焼肉とかにつける味噌・・・そうか、これも液体になるのか。
今回、荷物を預けていないのね(ジンエアーは一定量なら持って入っても無料なんだよね)。だから、捨てるか、もう1回外へ出て手荷物を預けてくるかという選択を迫られる。スーパーで数百円だったから諦めるか。
で、諦めて中に入って免税店とかに入ると、同じの売ってやんの。

搭乗口は間違わないように・・・
どこ行くか想像つかない名前もあるからな

e0173645_16153978.jpg

飛行機が小さいというのもあるかもしれないけど、
往路と同様、お客さんが早めに全員揃うので、ばっちり定刻で出発できる。

e0173645_15353954.jpg

快適な空の旅で無事、関空に到着。
まあ、観光ほぼなしで食べっぱなしやったな・・・

今回の釜山の旅でわかったことは、

・トイレは、地下鉄の駅・デパート・商業施設に普通にある
 (タイの時はめっちゃ大変だったからな)
・ホテルにはタオルとかはあっても、ハミガキセットはない。
 なかったら韓国で買えばいいやと思って持って行かなかったんだけど、
 コンビニとかで買おうとするとあまりないのと、あっても結構高い。
・コンビニやスーパーは基本袋には入れてくれないので、ちょっとした
 買い物バックがあると便利(店によっては入れてくれることも)。
・ホテルはある程度考えてチョイスした方がいい(ディスってないぞ(笑))
・日本語対応がすごい

これにて、釜山旅終了~

激旅!釜山2泊3日2017、完。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-02 16:41 | 激旅!釜山2泊3日2017 | Trackback | Comments(0)  

激旅!釜山2泊3日2017(7)

激旅!釜山2泊3日2017。

釜山2日目の夜は、西面(ソミョン)で焼肉や。
やってきたのは、「ポドチョン(捕盗庁)」だ。

e0173645_18582927.jpg

外から中の様子がよく分かるんだけど、なかなかの繁盛ぶりだ。
中に入ると、カジュアルな感じの焼肉レストランで、明るくてにぎにぎやかやか。人数を伝えると、奥に案内される。カジュアルなテーブル席を抜けると、奥には少し落ち着いた懐かしさのあるフロアになっている。というか、もともとここが店内で、ここまでの空間はテラスだったところをリニューアルしたようだ。

e0173645_19185852.jpg

従業員は若いスタッフで、きびきび動いている。
注文だけど、1人の場合は初注文は2人前以上、2~3人の場合は初注文3人前以上というシステムになっている。あと、日本の焼肉と異なり種類は限られている。見た感じ、焼肉は豚カルビ2種、牛カルビ2種、あとはサムギョプサルとして3種だ。

お肉を注文すると、パンチャンと焼肉と一緒に食べる野菜やキムチがやってきた。ぱっと見、野菜が少ないように見えるけど、所々で言うように、野菜やキムチなどは無料なので、おかわりできるぞ。

e0173645_19091557.jpg
e0173645_19092082.jpg

まずは、ソヤンニョムカルビ(牛の味付けカルビ)(W12,000(約1,200円))。
220gなんだけど、出てくるときクルクルと巻いて出てくる。網において広げると・・・お、これ1枚なのか。

e0173645_19344276.jpg
e0173645_19344462.jpg

韓国といえば焼肉というイメージだが、牛もあるにはあるけど、基本、豚肉なんだよね。サムギョプサルとかもそう。このお店も、人気のアイテムはやっぱり豚なんだそうな。
テジスップルワンカルビ(王豚カルビ)(W7,500(約750円))も220g、先ほどと同じように長い1枚を巻いて出してくる。

e0173645_19344862.jpg

そして、こちらがノーマルで人気メニューの、テジスップルカルビ(豚カルビ)(W6,500(約650円))で200gだ。

e0173645_19345352.jpg

肉のクオリティがどうなのかはよく分からないけど、
この漬けに浸かっている特製タレ、果物とか野菜から出る甘さが食欲をつついてくる味わいで美味い。あと、肉もタレにしっかり漬け込んで48時間は寝かしているらしく、タレなしでもしっとり柔らかく食べることができる。
確かに、豚がこの柔らかさで食べられるんだったら、わざわざ倍近くの値段がする牛肉をチョイスする必要性ないよな。

瓶ビール(W4,000(約400円))を飲んでいたんだけど、周りの客のほとんどがビールを飲まず焼酎を飲んでいるので、自分も焼酎にしようかな(W4,000(約400円))。飲み方は、小さなグラスでストレートにやるのが韓国流。ちょっと甘めだけどいい感じ。たまたま、この焼酎会社のプロモーションで、注文したテーブルにキャンペーンガールがやってきてクジを引かせてくれた。焼酎と関係ないけど、フェイスパックが当たった。

e0173645_19345613.jpg

お腹がいっぱいになってきたな。
シメに冷麺をもらうか。ムルレンミョン(冷麺)(W4,000(約400円))を。
日本でも食べることのある水冷麺だけど、まずスープは氷でみぞれ状になっている。でも味はしっかりついててグー。
そして、麺はごく細で、これは蕎麦粉になるのかな。この麺はみょーんと長いので、ハサミで食べやすい長さに切ってから食べる。
そのままでも十分味はついているが、ここに酢とカラシを適量入れて自分好みにカスタマイズを。
このボリュームで400円は安いよなぁ。

e0173645_19345939.jpg

ほどよくお腹がいっぱいになったところで、店を出る。
西面の夜は、ネオンが賑やかなことになってますな。

e0173645_23462790.jpg

そうそう、そういやさっき「ポドチョン(捕盗庁)」に向かう道で、おでんの屋台を通り過ぎたな。
お、まだやってるやってる。お客さんもいるな。
今、焼肉を食べたところなんだけど、ちょこっとだけ寄ってみるか。
わー、おでんやトッポギ、天ぷらなどが並んでいる。

e0173645_23461930.jpg

食べ方なんだけど・・・
店の人は何にも言ってくれないのでオロオロしていると、隣りの女性がコレコレみたいな感じで段取りを教えてくれる。
まずは、小さな平たい小皿には醤油ベースのタレを入れる。もう一つ、とんすいにはおでんのダシを入れる。おでんを煮ているところにお玉があって、これも勝手に掬って入れるんだよね。
あとは、好きなのを自分でとって・・・100%セルフだな。

e0173645_23462334.jpg

おでんだけど、具材は太めの長串にささって煮込まれている。内容はこんにゃくはあれど、基本、練り物かな・・・韓国では練り物全般を指すようだけど、実はこれを韓国語でもオデンというんですな。
こんにゃくと棒状の練天いただくかな。ダシはあっさり目なので、確かにタレにつけるかおでんダシに浸しながら食べるのがいいね。
2人で、串3本と天ぷら1つでW2,500(約250円)だった。1つ50~60円が相場のようだ。

さ、22時も回ったし、そろそろホテルに戻るか。
明日はもう最終日だな・・・

激旅!釜山2泊3日2017、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-02 14:08 | 激旅!釜山2泊3日2017 | Trackback | Comments(0)