十三の中華料理「四川料理 芙蓉麻婆麺」

阪急十三で、中華料理でも食べようかな。
十三駅南側を東西に走る淀川通を東へ進み、淀川区役所の向かいくらい。

「芙蓉麻婆麺」
だ。
長堀橋に本店がある四川料理のお店だ。

e0173645_22064272.jpg

カウンター・テーブル席ともにあり、利用しやすい落ち着いた雰囲気だ。
生ビール(中380円)をもらって、と。

メインが来るまでに、焼餃子(6個250円)いっとくか。
焼きが頃合で、揚げたザクッと感とカリッと香ばしいのがいいね。中の餡はぎゅっと詰まっていて、これがまたふかっとしながら肉汁によるジューシーさもあり、こりゃビールが進むな。

e0173645_22065344.jpg

あ、きたきた。メインの芙蓉麻婆麺(小530円)。
芙蓉麻婆麺は小か並(730円)がチョイスできるのと、辛さ控えめ(普通)か本格四川味が選べるようになっている。四川料理の店なのに、辛さ控えめが普通とはどういうことなんだ(笑)こりゃ、本格四川味は相当に辛いんだろうな。

じゃあ、本格四川味。
注文時、店員さんに「辛イケド大丈夫デスカ?」と念押しされる。

e0173645_22070477.jpg

なるほど、これはなかなかに辛そうですな。
あ・・・確かにパンチが効いてるな。でも、味に深みもあるし、山椒のしびれもいい具合だ。豆腐はしっかり火が通っていても、ふわっとしながらもなかなかしっかりした質感だ。

麻婆豆腐の下には麺が。
あら、細い麺なのにもちもちいい食感。

e0173645_22070880.jpg

ビール飲んで、餃子食べてってしてたら、芙蓉麻婆麺は小でも十分食べごたえあるかも。あ、頭皮から首筋に流れる汗・・・外は寒いというのに。

すでに、お腹は満たされているが、やっぱり食べよ~
小龍包(350円)。

e0173645_22072106.jpg

中の餡が包みきれないくらいのボリューム。薄手のもちっとした皮なんだけど、下にひっついて簡単に破れる、みたいなあるあるがないから、中のスープが残念なことにならずに美味しく頂けるぞ。餡にしっかり味がついていながらも、主張しすぎないバランスのいい味わいがたまりませんな。

美味辛いの食べたいなぁ~と思う人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:四川料理 芙蓉麻婆麺
場所:大阪市淀川区十三東1-7-19 酒井ビル 1F
時間:11:00~23:00(L.O.22:30)
電話:06-4862-6996

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-12-05 20:22 | 食べ歩き(その他) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/26238496
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新今宮の大衆食堂「大寅食堂」 川西能勢口の居酒屋「まつかぜ」 >>