梅田の居酒屋「なじみ野」

そういえば、ファミリーレストランて、いつの間にか行かなくなったなぁ。昔は「フォルクス」「ロイヤルホスト」とか行ってたし、家族で外食の代名詞だったはず。
C級呑兵衛ファミリーの場合、気づけばホームグラウンドが居酒屋になっていた…

C級呑兵衛みたいに、「じゃあ、ファミリーレストランも居酒屋やればいいのに」とカオスな話をし出すとどうにもならないが、実はそういうのって普通にあったりするんだよね。

いま何かと熱い、大阪駅前ビル地下。
今回は、第2ビルにある居酒屋「なじみ野」にやってきた。オープンな感じで、かなりの賑わいを見せている。

e0173645_07233898.jpg

「なじみ野」は、高槻や大阪で展開する居酒屋だけど、こちらファミリーレストランでおなじみ、フレンドリーが展開している。

ドリンクは、ビールからウイスキーからワインから・・・と一通りあり、なかなかの充実ぶり。しかも。料金が280~380円が主なのが有難い。別格で「獺祭」「八海山」あたりもあって、それでもグラスなら480円だ。

さて、生ビール(中280円)をもろうて。
冷奴(180円)、きゅうりのぬか漬け(280円)から。

e0173645_07255610.jpg
e0173645_07255866.jpg

激安の居酒屋ではあるけど、刺身もちゃんとある。本まぐろとかもあるんだね・・・今回は、お刺身三種盛り(580円)を。ハマチ、サーモン、いかでやってきた。

e0173645_07235645.jpg

するめの天ぷら(180円)。
サクッと揚がった衣が軽快で、ついつい箸が伸びる。
一人飲みに優しい価格帯と、あとボリュームもなかなか良心的なんだよね。
そういえばこのお店、メニューカテゴリとして天ぷらがあり、野菜や魚介を単品で発注することができるようになっている。

e0173645_07235373.jpg

メニューがかなり充実しているから、悩むなぁ。
馬いっとくか。熊本からの直送、鮮馬刺し(480円)。あ、柔らかくて美味い。

e0173645_07235072.jpg

少し、和テイストなアイテムから、
長芋たたきのわさび醤油(280円)と、子持ちししゃも(280円)。

e0173645_07332521.jpg
e0173645_07333000.jpg

そして、少ししっかりしたものが食べたければ、
若鶏唐揚げ(380円)に、鶏もも焼き自家製玉ねぎソース(280円)。このあたりは、この料金に対してかなり満足度の高いボリューム。唐揚げは、さらっと揚がって醤油にんにくがきいてグー、もも焼きも肉に厚みがあってジューシーなところを楽しめる。

e0173645_07393406.jpg
e0173645_07393648.jpg

焼ギョーザ(280円)は羽根付きだよん。
鉄板でいい頃合いで焼き上げて、いい色をしてますな。皮薄目で、餡もしっとりした質感でいただける。野菜のシャキシャキ感もいい。

e0173645_07393856.jpg

出し巻き玉子(380円)。
ダシがたっぷり入っているから、香りしかり味もしっかりついている。しかも、ふわっと仕上がっているから、軽くて食べやすい~

e0173645_07394291.jpg

財布に優しいし、みんなでワイワイやるにはもってこいのお店ですな。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:なじみ野 大阪駅前第2ビル店
場所:大阪市北区梅田1-2-2 大阪駅前第2ビル
時間:14:00~23:00(L.O.22:30)
電話:06-6348-1551

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-29 11:20 | 阪急石橋 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25733073
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 豊中市の銭湯「長島温泉」 池田のラーメン「池田麺彩」 >>