石橋のラーメン「麺屋 一得」

阪急石橋、4月11日にオープンしたばかりの「麺屋一得」
開店早々、行列が出来ていることは知っていたので、どこかのタイミングで行かなきゃなぁと思っていたら、その日がすぐに来た。

開店時間少し回ったところくらいかしら、
ちょうど客がぞろぞろっと入っている感じだったので、一巡目の客入りが始まったところかな。後ろに続いて入ったら、自分でほぼ満員御礼状態。あぶねー

e0173645_15454855.jpg

それにしても、塩らーめんの「一宇」美味かったのにね~、1年と経たずに閉店とは。まあ、その前の「JUPITER」も短命だったけど・・・味もよく客もそこそこ入るのにすぐ閉店するって・・・なんか、マーケティングに使われてるとか、本出店に向けての登竜門なのか?(笑)と勘ぐってしまう。

その「一宇」のあとに、この「麺屋一得」がオープンしたわけだけど、
今回は、完全に二郎系だ。店名のショルダーにも、「ガツ盛りラーメン」って書いてるし。
石橋の他の場所で近々、同じく二郎系で開店する店があると聞いてるけど、またラーメン激戦の予感ですかなぁ。以前、カレー屋ができたらカレー屋が続いて開店なんてことがあったけど、そんな流れ作るの誰の入れ知恵やねん(笑)
まぁ言うても、
美味しいもんが石橋で色々食べられるようになるし、石橋がワイワイなるのはいいことなので、大人の事情は気にしないとして。

さ、何を食べるかなぁ。ラーメンがいくつか、まぜそばもあるのか。
へー、高校生・大学生には、学生限定の学生ラーメン(580円)があるのか。わーがっつり~これいいよなぁ。

e0173645_16164591.jpg

店内は、「JUPITER」「一宇」からの居抜きなので、キャパはそんなに変わらなくて、カウンター6席に、2人がけテーブル席が2つ。

学生客の中におっさん一人混じったとしても、さすがに学生ラーメンを注文はできないので・・・あ、この味玉ラーメン(730円)にしよー
注文の時に、「野菜大盛り無料ですが?」と確認が入ったのでもちろん大盛りで、続いて「ニンニク入れますか?」と来たので、こちらも入れてちょーだい。

しばらくすると、お、きたきた。

e0173645_15455057.jpg

あ、上から撮ったら分かりにくいな、横からも・・・はい、マウンテン。

e0173645_15455427.jpg

豚骨と鶏がらベースなところに野菜も大量に煮込んだスープで、醤油ラーメンだ。背脂たっぷりでギトギトしていそうだが、実はそうでもない。さらっとしたスープは、豚骨と野菜から出る甘味やこくがグー。
ついつい、スープが飲みたくなる味だな。美味い。

e0173645_15460149.jpg

甘味が続くと飽きがきそうなところだが、
飽きのくる甘さでもないし、ここにニンニクのいいアクセントが加わることで、味がよりしまってワシワシ食べ進めることが出来るぞ。ただし、二郎系はどこでもそうだけど、ニンニクはまんべんなく散らして混ぜるように。まとめて口に入れた日にゃ、えぐいことになりまっせ。

e0173645_15455661.jpg

麺は平打ちの太麺。もちもち食感ながら、表面がツルッとしていて喉越しもいい感じ。ワシワシいくには、やっぱりこの感じなんだよなぁ。

味玉は、最初カットせずに丸々1個が出てくる。割ってみると、オリジナルタレで煮込んだ味しっかりの黄身がとろっと。あと、このチャーシューの分厚いこと・・・28時間かけて作るんだって。これだけ分厚くてもやわらけー、肉食べてますっていう満足感がいいね。

e0173645_15455817.jpg
e0173645_19352961.jpg

あー食った食った。麺の増量はしなかったんだけど、これで十分だわ。
安くてしっかりボリュームで満足出来る一杯だよん。

気になる人はぜひ~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:麺屋 一得
場所:豊中市待兼山町21-8
時間:11:00~15:00 17:00~22:00 不定休
電話:06-6841-9108

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-19 19:43 | 阪急石橋 麺類 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25708921
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 塚本の居酒屋「海ぼうず」 十三の銭湯「新木川温泉」 >>