梅田のラーメン「揚子江ラーメン 総本店」 oishii

いやぁお恥ずかしい話ね、関西でこれだけ有名なお店なのに、これまで一度も行ったことがなかったんだよね。

「揚子江ラーメン」

創業が昭和39(1964)年の老舗なんだけど、
今でこそバラエティに富んだラーメン店がたくさんあるけど、昔は、ラーメンは味噌だの醤油だのいう中、透明なスープであっさりというのがかなり話題になってたよね。それだけ情報は得ていたのに行ってないんだよなぁ。

それが、今年に入って「揚子江ラーメン」に入る機会が訪れた。

e0173645_11295351.jpg

「揚子江ラーメン 名門」みたいに、人通りの多いところにカウンター席が見えるような外観とは異なり、ここはあまり派手な外観でもなく、さりげなく店がある感じだな。狭い入口、階段を降りて地下に店内がある。老舗ではあるけど、店内は綺麗だ。4人掛けテーブル席が2島あるんだけど、4人掛けの真ん中に衝立があって、結果的にはカウンター席仕立てになっている。

さて、何にするかな。
初体験なので、シンプルにラーメン(610円)でもいいんだけど、これもよさげだな・・・おし、ワンタンメン(660円)にしよ。

店の人にワンタンメンを発注。
スープの濃淡と麺の固さを変えることができるとあったので、「濃いめで麺固め」と付け加える。

しばらくすると、やってきた。
なるほど、話には聞いていたが、ホント、白湯が如く透明なスープなんだぁ。

e0173645_11295573.jpg

「揚子江」自身もウリにしているあっさり塩ラーメン。近頃のこだわりーラーメンとかとビジュアルは異なり、中華な様相を呈している。これだけ透明度のあるスープなんだけど、鶏がらだけではないようで、豚骨も煮込んであるそうな。

「あーなるほど」
C級呑兵衛はスープを「濃いめ」でお願いしたんだけど、なるほどしっかりだけど、塩味といいコクといい、酒飲んだあとにいい塩梅だわ。
デフォルトのスープも少しもらったんだけど、んー確かにあっさりなんだけど、ちょっとあっさりすぎるかな。若いのんが食べたら、薄いって言うだろうな。でもね、年を経るとこれが頃合になったり、奥行きを感じるようになってくるんだね。C級呑兵衛の場合は、そこから輪をかけて濃いめが好きだから、濃いめで良かったわ。

シャッキシャキの水菜がうまい。もともと菊菜だったみたいだけど、いまは水菜になっているんだね。塩ラーメンにとってもよく合う。

e0173645_11295923.jpg

極細麺はとてもなめらかなストレート麺で、このスープとよく絡む。
チャーシューは柔らかい中にも肉肉しさがあるし、ワンタンは餡がしっかり入って、皮のプルン感との相性ばっちり。噛むほどにジュワッと肉汁が口の中に広がる。

こってりじゃないのに、満足な一杯だったなぁ。
気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:揚子江ラーメン 総本店
場所:大阪市北区角田町1-20 フキヤビルB1F
時間:10:30~23:00(L.O.22:45)第2・4木休
電話:06-6312-6700

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-04-09 22:19 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25683283
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 三国の銭湯「第二末広湯」 加古川の「かつめし いろはーず」 >>