大鳥居の銭湯「観音湯」(大田区の銭湯13)

なんか、もー入口から斬新だわ・・・

京急大鳥居駅から、糀谷にもどる形で西へ。
三徳稲荷神社があるところまでやってきた・・・そのすぐ隣りにある糀谷観音堂が、ちょっといい雰囲気。聖観音を祀っているんだけど、夕方に灯る提灯が落ち着く。

e0173645_19265636.jpg

さて、そのすぐ近くにある銭湯「観音湯」にやってきた。
さっきの観音堂にちなんでついた名前なのかしら。
詳しいことは分からないけど、あの屋根の雰囲気からすると歴史のある銭湯なんだろうね。あの千鳥破風といい・・・

って、みえないじゃん!
銭湯の建物前に何かから守ろうとしているのか、入口には要塞的な壁(とはいいつつもお洒落な感じだけど)がドーンと立ちはだかっている。

e0173645_18460690.jpg

その圧に負けていられないと気持ちを切り替えて、看板に目をやると、
スチームサウナの下に人間洗濯機って・・・心折れそう(笑)

e0173645_18461032.jpg

中に入ると、お、色んなポスターが貼ってあるな。
どこの銭湯にもあるマナーポスター的なものはよく見かけるけど、色々あるんですなぁ。

e0173645_18461323.jpg

まあ、銭湯みんなで行こうぜー的なポスターの後に、超現実的な案内。
銭湯の継続も難しいし、高齢化も進むとはいえ、みなが快適に利用できるようにするには色んなことに気を遣わないといけないんだね。

e0173645_18461790.jpg

あ、自動ドアなのね。
中に入ると、番台があって・・・番台は番台なんだけど、低い台なのでフロントみたい。普通、番台なら脱衣場にせり出す形が多いんだけど、玄関側に少しはみ出す形だ。

脱衣場は、昭和の雰囲気たっぷり。浴場の前に、ここ脱衣場も天井が高いな。壁面にむき出しの蛍光灯もグー。振り返ると、入口側には庭もあるんだ。その手前にはソファーがあって休憩できるようになっている。
壁側のロッカー横のこのガラス窓はなんだ?あ、サウナか。

浴場は・・・
ドーンと正面奥上部に、宇宙だわ宇宙。これは他にないパターンやな。
モザイクタイル画なんだけど、ぐるぐるな・・・銀河系な感じのものが2つ描かれている。ここに水色の高天井が気持ちいい。
その壁画下に浴槽がならび、その手前には島カランが2列。カランは全部で32でシャワーは固定タイプ。入口部分に、カーテン付きの立ちシャワが2つ。
桶はケロリン。シャンプー・ボディソープ等の備えつけはなし。

浴槽は奥の壁に沿ってあるんだけど、
向かって左手から深風呂(あつめ)、中央に浅い浴槽、右手が円形。

深風呂はガリウム泉。
壁面に排水口のような柵があり、中にガリウム石が置かれている。確かに石に触れた湯が流れてきているんだけど、こういうのって、どの程度の効果があるものなんだろうね。とっても不思議。お湯は熱めの設定になっていて、42~43度。

そして、中央の浴槽はちょっと浅め。深風呂までは熱くないな。バイブラと2つの座ジェットか。湯の中でも赤とか緑のライトが光ってるな・・・

円形浴槽は、下からボコボコとバイブラ、浴槽の内面からはジェット流が出て湯を回してる。
あー・・・なるほど、これが人間洗濯機的な。

あと、スチームサウナがあるんだけど、これは追加料金なく入ることが出来る。
どうだろう、キャパは5人くらいまでかなぁ。

なんか、いつもの銭湯の雰囲気とは少し違うのが楽しかったな。
気になる人は是非。


■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:観音湯
場所:東京都大田区西糀谷3-24-16
時間:16:00~24:00
電話:03-3741-9410

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-02-25 23:00 |  L 大田区の銭湯 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25301175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 蒲田の居酒屋「大関」 穴守稲荷の銭湯「重の湯」(大田... >>