銭湯「新呑川湯」(大田区の銭湯11)

銭湯は、生活に密着しているから成立するのであって、決して、交通の利便性がいいところにあるとは限らない。そういや、東京にきて思ったけど、鉄道の駅から結構遠いのに、とても栄えた商店街があったりするんだよね。

今回もその一つ。
京急大鳥居駅から京急大森町駅を結ぶ国道131号線(産業道路)沿いにあって、どの鉄道駅からも遠いわけ。
なので、京急蒲田駅前から蒲36系統森ヶ崎行きのバスに乗っていくことに…銭湯入りに。
…バス、20分に1本なんだよな。

北糀谷でバスを降りて、少し歩いたところ、マンションの1階部分にあるんだよね。
「新呑川湯」
だ。この看板の書体が何ともレトロ感満載だ。

e0173645_20542467.jpg

下駄箱に靴を入れた後、ウィーンと自動ドアを開けて中に入る。
券売機で入浴券を購入したあとに、フロントで渡すタイプ…ってか、なかなかしっかりした造りの銭湯ですな。フロント横にも広い休憩スペースがある。

脱衣所…
ロッカーは60以上あるけど、上下2段の棚で位置がみな低いから、空間が広く感じるな。

浴場に入ってと。
場内の手前が洗い場、奥が浴槽。入口すぐ左手にはサウナ、右手には水風呂がある。洗い場は島カランが中央に2列、右手壁側でカランは36。
やはり目に止まるのは、奥にある主浴槽の形状で、大きく波をうったようになっていて角がないんだよね。主浴槽は、ジェットとぼこぼこ付き。そこに繋がるように、右手にバイブラの円形槽がある。主浴槽左手には、ガラス壁で仕切った珍しくラドン浴槽がある。

お湯は42~3度かな、ちょっと熱め。

ここで特筆すべきは、浴場入ってすぐ右手の水風呂だな。
他の銭湯の主浴槽か、ちょっとした宿の大浴場レベルの広さの浴槽があるわけ。
はじめ、これがメインかなと思って入ろうと思ったら、微妙に冷たいんですけど…冷水でもなく、ぬるま湯みたいな温度。
おいおい、こんな大きい水風呂見たことないぜ…というか、この浴槽を、もっと有効に使ってくれーと、ちょっと思ってしまった自分がいる。こりゃ、子供がはしゃぐぜ(笑)

でも、湯温といい浴槽の広さといい結構いい感じだったよ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:新呑川湯
場所:東京都大田区大森南1-21-11
時間:15:00~24:00、日は5:30~10:00、13:30~24:00 金休
電話:03-3741-9406

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2015-03-14 23:00 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25287206
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 築地の洋食「豊ちゃん」 蒲田の居酒屋「うえ山」 >>