日生でかき三昧「五味の市」「海の駅しおじ」 2017

先日、朝っぱらから岡山は日生(ひなせ)にいた。
いやー毎度、この漁港の雰囲気に癒されるわ。

e0173645_08301731.jpg

さ、日生ということなので、
もう何をしに来たかはバレバレとして…早速、お買い物を。
まずは、漁港近くのスーパー「旬鮮食彩館PAONE」へ。魚介は後ほど買うので、ここでは、お肉やちょっとした調味料などを購入。

e0173645_08312298.jpg

そして、お馴染み日生町漁協の魚市場「五味の市」へ。
まだ、10時を回ったくらいなのに、駐車場がほぼいっぱいになっているじゃないか。


e0173645_08313377.jpg

場内には、新鮮な魚介がたくさん。この市場の雰囲気に自然とテンションが上がる。殻つき牡蠣は、いつもの感じで、ざるやバケツにどっさり入って1000円や2000円などの単位で販売されている。施設内にはいくつもの商店が入っているが基本、同じスタイルだ。

一通りみて回ったあとに、おかあちゃんが一人、数かごだけ出して売っているところがあって、これ、どうみても他より量が多い感じするんだけど…と思い、ここに決めた。2000円のを1つね。

e0173645_08314916.jpg

あとは、さざえ(2個500円)に有頭えび(2匹500円)もいただくかな。BBQすることを前提にした、魚介串なども色々取り揃えられているんだよね。

e0173645_08315266.jpg
e0173645_08315524.jpg

買い物を終えて、「五味の市」向かいの「海の駅しおじ」へ。
店舗内を通過し、奥のBBQスペースへ。

e0173645_08331370.jpg

これまでにも書いたことはあると思うけど、
BBQはスペース貸しで、座席料90分で1テーブル(4~5名)1500円。
この1500円には、網、トング、軍手、牡蠣メスに加え、ポン酢、醤油、割り箸、紙皿までついてくる良心的なシステム。時間の延長や、炭を足したいなどは別途料金で可能だ。

車で来てるからアルコールは飲めないけど、ノンアルコールをぐびっとやりながら、さっき買った牡蠣どのくらいあるのかを確認…

e0173645_08321258.jpg

え…粒の大小はあれど、70粒くらいあるぜ。
過去に50粒くらいあってビビったことあったけど、それを上回ってきたか。
単価が30円切っちゃって、もう駄菓子感覚だな(笑)

いい形のものもあるけど、今年の牡蠣は、全体的に少し小ぶりな気がする。
ただ、その分、味がいつもに比べてしっかり濃いと思う。うまい!

e0173645_08322660.jpg
e0173645_08322458.jpg

油断してたけど、さざえがでかすぎ。
醤油垂らして、頃合みて食べようと思うんだけど、身が大きいから一気が無理で、もたついている間に激アツがお見舞いされる。くーウメー

e0173645_08323603.jpg

90分間+30分延長して、ひたすら牡蠣を食べ続け…何十個食べたかな。
ご飯も食べずに、牡蠣だけで腹パンパンって(笑)
「あーこれでしばらく牡蠣いらんわー」と瞬間的には思っても、またすぐに食べたくなるんだろうな。いや~満足満足。

あれ、こんな建物、前にあったかな…
「海の駅しおじ」の隣に、食事できるお店ができてるな。
「ぼろ小屋」って…店名はすごいけど、日替わり定食をはじめ、牡蠣を使った料理が色々あるようだ。

e0173645_08324903.jpg

牡蠣好きは是非。

2013年時点情報はこちら
2015年時点情報はこちら

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2017-01-28 09:37 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/25249328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 十三の居酒屋「大衆酒場 玉一」 石橋の居酒屋「鶏バル OKAYAN」 >>