本町のラーメン「だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ」

大阪市営地下鉄本町駅から南へ、御堂筋の南久宝寺町3を西へ入ったところ。
大通りから少し入ると静かな通りにはなるが、飲食店がポツポツとあったりする。
先日、本町まで出た際に昼飯にとやってきたのは、
「だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ」だ。

e0173645_11150856.jpg

店の名前もそうだけど、重厚な一枚板看板も勢いがありますなぁ。
中に入ると、最初に食券を買うタイプ。
カウンターで10席ちょっとのキャパなんだけど、このカウンターテーブルも、さっきの看板みたくどっしりした木板なんだね。

さて、店名にこれだけはっきり書かれているんだし、やはり、塩らーめんを食べるべきなんだろうな。

だしが命の塩らーめん(780円)を。

e0173645_11151383.jpg

こりゃ美味そうなのがきたぞ。
スープは、厳選素材魚介スープに煮詰めあげた鶏ガラスープを合わせたもの。
なになに・・・手元に色んな説明が書かれているな。
熟成塩返し、沖縄の海水からとれた天然塩と岩塩をブレンド、干しエビ、干しホタテ、干し貝柱をくわえて熟成。魚介香味油植物油とラードをブレンド、ここに4種の魚介旨味成分を配合・・・んー魚介炸裂、まさにぎょぎょぎょだな。

おーっ!魚介の風味きいてるねー
少しオイリーな部分があって、麺ととても絡みやすい。しっかり塩なんだけど、後味あっさりなのと、このまろみがグー

ラーメンが出てきた時に、最初に目に飛び込んできたのがチャーシュー。
これ、鮪ほほ肉チャーシュー。漬けにしてさっと炙ったものだ。チャーシューというよりたたきみたいだな。ウメー
もうひとつが鶏檸檬チャーシュー。鶏もも肉を真空低温調理してるんだって。ここに、レモンの酸味が加わっている。こちらも、表面を炙ってある。鶏のしっかり弾力を楽しんでいると、レモンの風味がどこからかやってくる。

e0173645_11155240.jpg

あと、しゃきっと野菜も気になる。
白髪ネギ、青ネギ、ヤングコーン、スナップエンドウ・・・ん?このかいわれみたいなのは何でしょうなぁ。空芯菜の芽なのか。面白いラインナップというだけでなく、それぞれに歯ごたえ含め、主張してくるものがあるから楽しい。

麺は中細のストレートなところを、固茹で。表面はツルッとして喉越しがいい。ホント、スープとの絡み具合もええわー

気になる人は是非~

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:だしが命の塩らーめん ぎょぎょぎょ
場所:大阪市中央区南久宝寺4-3-2 Iビル1F
時間:11:00~15:00、18:00~22:30(スープ売切次第終了)日祝休
電話:06-6121-2775

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 グルメブログ
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-11-26 08:14 | 食べ歩き(ラーメン) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24971736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「ゆめ」 豊中市の銭湯「神州温泉」 >>