十三の居酒屋「博多青魚さばさば」 oishii

前から気になっていたんだけど、
阪急十三駅西口を出てしょんべん横丁を抜け、阪急神戸線の踏切を渡った国道176号線高架下。
「博多青魚さばさば」にやってきた。

e0173645_07284488.jpg

店名から単純に鯖料理が楽しめる、と思っていたんだけど、博多とあるから九州料理のお店なんですな。
外からも中の様子が垣間見えたけど、店内は団体客もあって賑やかなことになっていたが、カウンター席であればということで案内をしてもらう。明るい店内、お店の人も気さくで、おひとり様でも居心地がいい。

定番メニューが手元にあるんだけど、それ以外に、今日のおすすめがホワイトボードにずらっと書かれている。九州もんを強調している部分はあるけど、それにこだわらず色んなメニューがあるんですなぁ。

生ビール(380円)がお越しになったのはいいが、何を食べるかなぁ。
色々食べたいし、でも九州もんは食べたいし・・・
あ、これいいな。福岡セット(1980円)にしよー

まず出てきたのは、博多の小鉢
その日によって内容が変わるみたいね。今回は、辛子明太子。口に放り込むと、ほんのり甘味から始まるんだけど、徐々に唐辛子のひりり感が広がる。

e0173645_07330906.jpg

そして、長浜市場からのおすすめ一品は、馬刺し
お店の人の話を聞くと、博多の人からすると、馬刺しといえば熊本でも山田なんだそうな。
こちら、熊本は山田の馬刺しで、上身を出してもらう。
馬肉ならではのあっさりさ、そして、この柔らかくも肉肉しい食感がいいなぁ。甘味のある醤油をかけて。

e0173645_07332230.jpg

続いて、胡麻鯖ハーフサイズ。
これ、昨年夏に、ボンバって福岡・佐賀1泊2日「おきよ食堂」で食べた、福岡の郷土料理、胡麻鯖ですな。「おきよ食堂」では鯖がなくて、鰤だったけどね。そうそう、先ほど書いた長浜市場、まさにここで食べたわけ。

その時にも書いたけど、
生の真鯖を醤油ベースのタレ・胡麻と和えたものを言い、ゴマ鯖という鯖の種類のお造りということじゃないぞ。
甘めの醤油で味付け、脂がのって非常に滑らかな質感、それでありながら、後味さっぱり。ウメー

e0173645_07333945.jpg

あかん、ビールあらへん。
鹿児島酒造の黒麹貯蔵酒「倉津」を。非常にナチュラルに喉を過ぎる爽やかさ。でも、黄金千貫の香り、コクがしっかりで美味い。

e0173645_07334893.jpg

いわし明太子。これも福岡・博多の名産だね。
お・・・これは、いきなりヒリヒリと辛いのがお見舞いされるぞ。
いわしが意外と肉厚でボリューミー、これ、白飯がほしくなるな。

e0173645_07341879.jpg

セット最後は牡蠣よ、牡蠣。
順番にセット料理を出してもらう中で、お店の方がタイミングをみてくれていて、焼くのは2、3分なので、いい時に言って下さいとのこと。
糸島産の牡蠣を炭火焼で。
牡蠣は小ぶりなんだけど、焼きすぎることなく絶妙な火の通し具合。とっても潮の香りが高くてウマウマ。

e0173645_07342742.jpg

もう1杯いただこうかな。
鹿児島は相良酒造、復刻版「兵六」。無濾過貯蔵・熟成させたもので、いい意味での芋臭さがいい感じだ。

e0173645_07344140.jpg

単品も色々食べたかったけど、このセットでいい感じになっちゃった。
また、来よ~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:博多青魚 さばさば
場所:大阪市淀川区十三本町3-3-2
時間:11:30~売切次第、17:00~23:30 不定休
電話:06-7182-0391

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-11-19 10:19 | 阪急十三 居酒屋 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24944833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 豊中市の銭湯「神州温泉」 石橋の居酒屋「旬彩居酒屋ふくろう」 >>