激旅 北海道3泊4日(5)

激旅 北海道3泊4日。

千歳基地航空祭を堪能した後、
JR南千歳駅から新千歳空港駅に移動してきた。ここからは、レンタカーを借りて今日泊まる宿に向かうんだけど、
その前に、ちょっとおやつ感覚で、ラーメンを食べることに。
空港ターミナルビルの中に、「北海道ラーメン道場」という一角があり、北海道の有名ラーメン店が軒を連ねている。夕方だけど、どの店もいっぱいだな。

e0173645_20205951.jpg

味噌ラーメンが食べたいなぁ…いくつかお店がある中で、札幌ラーメン「雪あかり」に決めた。麺が西山製麺なんだよね。
味噌バターコーンラーメン(1080円)にするか。

e0173645_20252466.jpg

この麺の縮れ具合とプリプリ感がたまらんですな。
スープは、見た目、バターものってこってりしてそうなんだけど、思ったよりあっさり。味噌の風味もしっかりしてるし美味いのは美味いんだけど、個人的にはもっとこってりの方が好みだな。

さて、新千歳空港から車で南下し、この日の宿泊地、登別温泉に到着。
北海道行きを決めてから当日までの期間もさほどなかったので、選択の余地がほぼなかったのと、宿自体にそれほどこだわることもなかったので、今回の宿は「滝本イン」

e0173645_07220100.jpg

とりあえず、素泊まりで宿をとってるから、
風呂の前にまず、外に食事をしにいかないと…食いっぱぐれるな。
滝本インは温泉街の北側に位置するんだけど、そこから南に400~500mほどの通りが目抜きで、土産店・飲食店が並ぶ。

e0173645_23501231.jpg

ただ、そんなに賑やかで店も多いという感じではないので、閉まっちゃう前に店探し急がないと。
で、入ったのが、「いせくら」だ。
へ~、各テーブルでも炭焼きができるようになっているのか。

e0173645_08155432.jpg
e0173645_08212572.jpg

まあ、「なんか食べないと」と言っても、さっき新千歳空港でラーメンを食べたところなんだよね。ちょこっとつまむ感じかな。
ハイボール(540円)をもらおうかな。もちろん、サッポロクラシック(650円)もあるぞ。

まずは、つぶ貝串を。
握りでしょっちゅう食べるつぶ貝は、ペラっと平たい形にカットされて出てくるんだよね。今回、札幌ではぶつ切りの握りを食べたけど、この店でも、サザエのようにぶつ切りで串刺しに。こうなると、コリコリ食感だけでなくムニムニっとした弾力も楽しめるよね。

e0173645_08261334.jpg

あと、一応、ザンギ(650円)はいっとくか。
鶏の唐揚げなんだけどね。
北海道と四国、なぜかこの離れた場所で、鶏の唐揚げのことをザンギ、せんざんきと呼ぶんだけど、不思議だよね。
「ザンギ」は料理名なので、鶏の唐揚げと同義とは言い切れないかもしれないが、ザンギが鶏の唐揚げというカテゴリにインクルードされているのは間違いないね。

出てきた唐揚げは、肉に味付けがされているけど、タレにつけて食べるものではなかった。まあ、由来はともかくも、衣サクッと鶏肉もふわっと柔らかくて美味い。

e0173645_08262053.jpg

フライドポテト(540円)やししゃももいただいて…
腹も落ち着いたし、ホテルに戻って風呂入るか。

e0173645_08262334.jpg
e0173645_08262628.jpg

さて、「滝本イン」のとなりに、ものごっつい大きな宿「第一滝本館」がある。この2つは姉妹ホテルなんだって。ま、姉妹と言っても、明らかに力関係がわかる程のスケールの違いを見せつけられる。
そうなんだけど、「滝本イン」に宿泊しても、「第一滝本館」の風呂には入れるメリットがあるので、そのおこぼれ的な特典を活用させていただく。

宿の入口からして全然ちゃうな…
ま、入口から浴場に向かうまでにも、「わー縁日やってるなぁ。お土産屋さん充実してるなぁ」…ホテルの中にいるというより、どこかの通りを歩いているようで、羨ましい限りだ。

e0173645_09151257.jpg

んー…浴場がでかすぎる。スーパー銭湯くらいのイメージだったけど、比じゃないな…ホントでかい。広さ1500坪って…35も湯船があるのか。
関西の人なら、スパワールドをイメージしてもらう方がいいね。

ただ大きくて湯船が多いだけでなくて、泉質の異なる温泉なんだよね。え?7種もあるのか。酸性含硫黄(ナトリウム) 塩化物・硫酸塩泉、ナトリウム・カルシウム 塩化物泉 (中性低張性高温泉)、ナトリウム・カルシウム 塩化物泉 (弱アルカリ性低張性高温泉)、酸性含硫黄・鉄(Ⅱ) 硫酸塩泉、ナトリウム・カルシウム マグネシウム 塩化物・炭酸水素塩泉などなど。見た目にも無色透明、白濁だったりと楽しい。

もちろん、源泉温度の都合で加水はしているが、いずれも源泉かけ流しだ。「金蔵の湯」だけは熱さそのままに100%の源泉かけ流しだ。
風呂に入りながら、ビールやジュースが飲めるのも珍しいサービスだし、随所に休憩スペースもあるし、ホント充実してますな。
ヘロヘロになるまで湯に浸かって、部屋に戻ることにする。

明けて最終日。
7時頃に「滝本イン」にある浴場にも行ってみる。
昨晩の「第一滝本館」の浴場がまるで夢であったかのような、現実感満載の雰囲気がたまらない。こういうの好きよ。
浴場入口の扉の建付を何とかして欲しいとは思ったけど、意外と広々としていい感じ。

e0173645_10054703.jpg
e0173645_10055195.jpg

お湯は、白濁した硫酸塩泉で、42度に保つために加水しているが源泉かけ流し。朝から一人独占して申し訳ないですなぁ。いやぁ気持ちいい。

e0173645_10055388.jpg

さ、午前中には新千歳空港にいないといけないから、
8時までに宿をでるか。

激旅 北海道3泊4日、続く。

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 ぶらり旅
にほんブログ村 グルメブログ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-08-28 10:33 | 旅・街散策・遊びスポット | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24621793
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 激旅 北海道3泊4日(6) 激旅 北海道3泊4日(4) >>