豊中の居酒屋「はる久」

豊中温泉に閉店時間までいると、
豊中駅周辺のお店も随分と営業を終え、静かな感じになってくる。

そんな中・・・
んー、風呂上がりの爽やかな喉越しを叶えてくれる店、どこかないかな…
お、なかなか年季の入った店看板を発見。この赤が、酒飲みを煽ってくるよなぁ。

e0173645_17411545.jpg

阪急豊中駅から、商店街通りにある居酒屋「はる久」だ。
すでに23時半は回っているが、まだ暖簾出てるし大丈夫そうだな。

e0173645_17480462.jpg

ザ・昭和な居酒屋、いい感じだ。
常連客らしき先客で席の半分くらいが埋まっていたが、入口近く、冷蔵ケースがあるカウンター席に腰をかける。厨房を囲むような感じで、赤い椅子で15,6人が座れるカウンターだ。店内にはムード歌謡が流れる。よーしゅんだおでんもあるな。

とりあえず、生ビール(400円)をもらおうか。

e0173645_17481267.jpg

メニューは、壁に整然と並んでいる短冊と、その日のおすすめかしら、ホワイトボードにもいくつか書かれている。揚げなすびやこいも煮など、和の惣菜を中心が中心ですな。酒は「呉春」に「白雪」・・・地元の酒がスタンバッている。

e0173645_17481927.jpg

まぐろの造り(600円)を。
大ぶり厚めの切り身でやってきた。もっちもちの質感であっさりといただける。

e0173645_17482837.jpg

店を訪れた日は7月1日、半夏生。半夏生といえばタコですな。
目の前の冷蔵ケースに立派なタコがあったので、たこぶつにでもしてもらうか。
たこぶつ(600円)。

24時前に注文して、出てきたタイミングで日を跨いでしまったけど、まあいいか。
ぶつ切りがこれまた、でかいなぁ・・・1つ口に放り込んだら、結構もぐもぐだぜ。このタコそのものも肉質しっかりで美味い。

e0173645_07395524.jpg

あ、やばい、ここ豊中やった。
最終の電車に乗り遅れたら最悪や。
24時を回ると、お店も暖簾を終い始めたからちょうどいいや。また、ゆっくり来よう~
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:はる久
場所:豊中市本町3-1-52
電話:06-6853-4338

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-07-06 07:48 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24508379
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の焼肉「みつる」 石橋のラーメン「一宇」 >>