豊中市の銭湯「新双葉温泉」

阪急三国駅から庄内駅にもどる感じで、神崎川を渡り川沿いを少し北上する。
週末の夕方、神崎川からのゆるい風と、のーんびりした空気感がいい。

あ、煙突が見えた。
やってきたのは、銭湯「新双葉温泉」だ。住宅街の中にあり、入り組んだ細い路地を歩いていると、いきなり大きな構えが現れる。

e0173645_18281515.jpg

なかなか渋い構えで、歴史を感じますなぁ。
「ゆ」の暖簾は新しいが、この暖簾をくぐると、その先には何だか摩訶不思議な世界に引き込まれそうなワクワク感がある。

e0173645_18281810.jpg
e0173645_18282097.jpg

下駄箱の鍵は、鶴亀の図柄。
入口から男女分かれるので、番台タイプだな。

e0173645_18282677.jpg
e0173645_18282222.jpg

あ・・・まじか。
というか、この張り紙はいつ貼られたやつかも気になるな・・・

e0173645_18282482.jpg

おーっ、木組みの番台、年季入ってるねぇ~
脱衣場の床は籐タイプ、ロッカーは60ほど。天井は、あみだくじのような格子。
浴場入口上の欄干といい、大きな鏡面の上には、ガラス透かしで鯉が描かれているとは・・・これは渋い。
ドライヤーや扇風機などの設備は新しいんだけど、懐かしさ満載だ。ちなみに、ドライヤーはTIMETRONで、3分20円だ。
マッサージ機が、奥まったところに2機あるね。

浴場に入って、と。
あらぁ~高天井でもって、天窓部分が広いのでとっても明るいですなぁ。蛍光灯4つの照明で、壁面は白タイル。
カランは11、シャワーは10で固定タイプ。桶は無地の赤。

3m×4mの浴槽枠に、まずは2m弱四方の主浴槽があり、そして、この周囲に超音波寝風呂がある。主浴槽は、100cmほどの深さで結構熱め。超音波寝風呂は、結構、勢いがあり気持ちがいい。
電気風呂もきつめできたなぁ。アタタタ・・・
薬湯は2、3人くらいのキャパかな。この日は、温浴素じっこうだって。温まる~
反対側には水風呂・・・でもなぁ、サウナ壊れてるのかな、利用できなくて残念~
ちなみに、サウナ利用の場合、追加料金100円なんだけど、バスタオル持参なら50円なんだって。有難いねぇ。

いや~リラックスできたわぁ。
気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:新双葉温泉
場所:豊中市豊南町南5-3-11
時間:15:00~24:00 火休
電話:06-6333-6338

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 ぶらり旅
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

by nonbe-cclass | 2016-05-24 23:58 | 銭湯・温泉 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24406587
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 石橋の居酒屋「立ち呑みジョニー」 中山のラーメン「らーめん もん... >>