伊丹の「中華バル らいじん」

阪急石橋にある「やまざき屋」のグループとして、伊丹にバルがオープン。阪急伊丹駅東側にあるビルの地下1階、「中華バル らいじん」だ。

気軽に立ち寄れるバルスタイルなんだけど、伊丹で中華バルというのは新しい。

e0173645_07384269.jpg

中華バルなんだけど、アジアテイストでなくワインが似合いそうなお洒落な店内だ。10人弱のカウンター席に、カジュアルな丸いテーブル席が4つほど。

e0173645_07390175.jpg
e0173645_07393587.jpg

今回、オープン前のレセプションにおじゃまさせてもらったので、料理の写真は、実際に出されるボリュームとは異なる部分もあるので、飽くまで参考程度にどうぞ。価格については、オープン後の実際の提供価格で記載するね。
基本的に小皿料理は全品1皿450円、3皿で1300円だ。小皿料理以外にも坦々麺や一品、デザートなどもあるぞ。
あと、ドリンクだけど、こちらも基本ALL380円だ。生ビールはプレミアムモルツ、ハイボールやチューハイ、焼酎、白雪のお酒、紹興酒、梅酒などなど。ソフトドリンクもあるよ。

まずは生ビール(380円)をもらって、と。
「焼き上がったところです」と最初に出されたのが、本格焼き豚(4枚450円)だ。
当日に1本1本焼き上げて作り置きをしないそうだ。

甘めのタレが絶妙で、肉肉食感の中に旨みがジュワ~っと広がる。

e0173645_07401745.jpg

箸休めアイテムのザーサイ(200円)。
甘めの料理の後に、漬物感覚でポリポリと。

e0173645_07402533.jpg

こちらは、葱蒸し鶏(450円)。
冷製で、
お~ふわっふわの身だな。ここに、ひりりな山椒とラー油がきいて美味い。

e0173645_07404541.jpg

豚肉のせいろ蒸し(450円)。
粒山椒をちらして。蒸篭が来るとテンションあがるよね~
豚肉の下には、もやし、人参、レタスが敷いてある。ポン酢ベースのタレでいただく。あれ、豚肉は口に入れた瞬間、結構油っぽく感じたはずなのに、なんでこんなに爽やかな後味なんだろう。
敷いている野菜もしっかり食べなきゃ。

e0173645_07461070.jpg

枝豆も、ニンニクの刻みと和えてあるのね。

e0173645_07420479.jpg

骨付スペアリブ豆鼓蒸し(450円)。
まず、お肉そのももの味付けがしっかり甘いのがいい。単純な甘味だけでなく、中華料理独特の風味があるんだけど、聞くと、中華料理で使われる五香などは使っていないんだって。
豆鼓(トーチー)とは、簡単に言うと乾燥納豆。これを細かくきざんで一緒にいただく。これ自体もいい風味で、食を進めるいい仕事をしている。

e0173645_07421817.jpg

ALL380円のドリンクとは別にある、らいじんサワー(480円)。
ジンジャーとライムのきいた、さっぱりすっきりなオリジナルなドリンク。このまぜまぜマドラーの先についてるのは唐辛子。これが直接的な攻撃を仕掛けてくることはないが、ずーっと放置していると辛いのお見舞いされるかもよ。
中華にもってこいのドリンクだ。

e0173645_07464285.jpg

らいじんしゅうまい(3個450円)。
あら、焼売なのに肉汁もすごいなぁ~餡にもしっかり味がついて美味い!

e0173645_07424257.jpg

らいじん春巻(450円)。
実は、「らいじん」と名が付いているアイテムはお店で完全手作り。手間隙かかるのに凄いよなぁ。それ以外のメニューも、お店ではないもののみんな工場で手作りなんだそうな。
春巻き、皮が薄くてパリッと。 
甘い餡・・・このお店は甘めが特徴なのかな。甘いといってもスイーツの甘さではなくて、「あれ、この食べ物ってこの甘さじゃないとダメだよな」と思わせるバランスのいい味わいなんだよね。

e0173645_07455193.jpg

クラゲは、辛くなくマスタードの風味が爽快!
コリコリでウメー

e0173645_07432056.jpg

麻婆豆腐は結構ひりりだぞ。
とろみを少しきかせた麻婆豆腐は、山椒でシビレがきいている。
辛さの好みは人によって違うので、デフォルトはそこそこシビレくらいでおさめておいて、それ以上に辛いのを求める人には、セルフで辛さを調節できるコーナーが設けられている。
ラー油にも自家製山椒油が入っていたりするらしいんだけど、
辛いのが好きな人は、とにかく、山椒、唐辛子、ラー油をお好みでどうぞ。
これは、結構クセになるコクと辛味、シビレがたまらんなぁ。

e0173645_07433581.jpg
e0173645_23152882.jpg

美味い!
小龍包が美味いーらいじん小龍包(3個450円)。
ツルンと薄めの皮ながら、もちもちした質感がたまらん。そして、おいおい肉汁たっぷりですなぁ。バルでこんな小龍包がいただけるとはたまりませんなぁ。いくつでもいけるわ。

e0173645_07435460.jpg

サラダは・・・老虎菜(450円)。
葱と唐辛子と香草の辛味サラダだ。生唐辛子を使っているそうで、そこそこパンチのある辛さだが、辛さ増しもお願いできる。サラダながら、酒飲みアイテムやな。
葱など、水にさらさない生の辛さもだしつつ、パクチーなども使っているので、アジアンテイストでもある。お・・・あとから辛いのがやってくるなぁ。
使う野菜は、その時々で変わるそうな。味のベースは塩ダレでいい感じ。

e0173645_07441487.jpg

天使の海老にんにくソース蒸し(4尾1200円)。
ブランド「天使のエビ」を使ったメニューで、自家製ねぎにんにくソースで蒸し上げたもの。聞いただけで美味そうだ。
柔らかくふっくら仕上がっている天使のエビが美味い~
あら、ナンプラーでアジアな味わいだ。ピーナッツ油、海老のエキス、葱やニンニクの刻みでしっかり味。中華だけでなく、アジア好きにもたまらんわね。

e0173645_07442785.jpg

らいじん水ギョーザ(450円)。
四川ソースでピリ辛仕立て。つるっとプリンプリンの皮が美味い。
酸味も甘みもあるんだね~。実は、餡がいい塩加減と旨味。

e0173645_07445446.jpg

エビマヨネーズ(450円)。
コクのある甘みに、海老がプリンプリンと弾力が心地いい。

e0173645_07452082.jpg

あかん、食べ過ぎた・・・
お口さっぱりと軽めに飲みたい・・・ベデット(650円)。ベルギービールだ。さっぱり柑橘風味が爽やか~、これ美味しいなぁ。
それまで実は、紹興酒古越龍山をグビグビいってたのよね。

e0173645_07450756.jpg
e0173645_07453334.jpg

ある程度すれば、
その日のオススメなどもメニューに出すことを考えているようだから、ますます楽しみですな。
日曜日は24時までとのことだけど、平日はとりあえず、25時とかは全然オープンしますって。夜遅くても美味しいもんと酒が楽しめるのは有難いですな。

気になる人は是非。

■「行ってみたい」とふと思った人へ
店名:中華バル らいじん
場所:伊丹市中央1-5-3 ボントンビルB1F
時間:17:00~
電話:072-762-1690

【C級呑兵衛からのお知らせ】■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
C級呑兵衛facebook
C級呑兵衛facebookでは、飛行機や鉄道の写真、グルメサブネタを掲載しています!facebookされている方はC級呑兵衛facebookに来ていただき、タイトル部分にあるぜひ「いいね!」ボタンをポチッとお願いします~!
にほんブログ村 居酒屋料理(グルメ)
にほんブログ村 関西食べ歩き
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


by nonbe-cclass | 2016-05-19 00:12 | 居酒屋めぐり(関西) | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://cnonbe.exblog.jp/tb/24391524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 難波のうどん「千とせ」 石橋の居酒屋「結月」 >>